狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

溶解する「県民大会」、政治臭プンプン

2016-06-16 06:53:30 | 普天間移設

 

 

お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

 
 
 

 尖閣諸島周辺の…

 尖閣諸島周辺の接続水域に中国軍艦が初めて侵入し、八重山住民に不安が広がっている。これまでは中国公船「海警」が頻繁に領海侵入を繰り返してきたが、軍艦の出現は、中国が尖閣強奪に向け、実力行使をエスカレートさせる第一歩という見方が支配的だ◆同時にロシア軍艦も接続水域に入ったことから、中ロが連携して日本を揺さぶっているという分析もある◆八重山住民の間では、台湾の李登輝元総統が7月に石垣島を初訪問することから「中国が石垣市民に反発している」という珍説も流れている◆今、沖縄本島では米軍普天間飛行場の辺野古移設が進み、石垣島では陸上自衛隊の配備計画が浮上している。反対派は「基地は要らない」と訴えるが、中国の脅威が現実化すると、その論拠は足元から崩れてしまう。中国が今回の行動で何を意図したのかは不明だが、中国が挑発を強めれば強めるほど、辺野古移設や自衛隊配備の追い風になるだけという皮肉な結果に終わっている◆それにしても不可解なことに、当事者であるはずの翁長雄志知事の顔が全く見えてこない。米軍関係者の事件には饒舌にコメントする知事が、中国の軍艦航行には沈黙を続けている。県議選勝利の余韻にいまだ浸っているのだろうか。八重山住民としては寂しい。

>今、沖縄本島では米軍普天間飛行場の辺野古移設が進み、石垣島では陸上自衛隊の配備計画が浮上している。反対派は「基地は要らない」と訴えるが、中国の脅威が現実化すると、その論拠は足元から崩れてしまう。中国が今回の行動で何を意図したのかは不明だが、中国が挑発を強めれば強めるほど、辺野古移設や自衛隊配備の追い風になるだけという皮肉な結果に終わっている

>◆それにしても不可解なことに、当事者であるはずの翁長雄志知事の顔が全く見えてこない。米軍関係者の事件には饒舌にコメントする知事が、中国の軍艦航行には沈黙を続けている

 8日未明、中国海軍の軍艦が尖閣近海を侵犯、その一週間後の15日、今度は中国海軍の情報収集艦が、鹿児島県口永良部島西の領海に侵入した。

5日の沖縄県議選で翁長県政の与党が過半数を維持して以来、東シナ海近海の中国海海軍の動きが活発化している。

安全保障問題で国と対決中の翁長県知事は、「多弁」で知られているが今回の中国海軍の尖閣侵犯に関して「だんまり」を決め込んでいる。

「多弁」な翁長知事が「だんまり」作戦を撮っている案件が他にもある。

19日に開催予定の県民大会への「参加諾否」の表明だ。

2013年の東京行動で、「オール沖縄」の旗振り役を果たした翁長知事なら、今回「オール沖縄会議」が主催する「県民大会」にもいち早く参加を表明し、「多弁」を証明して欲しいものである。

■名ばかりの「県民大会」に、脱落者続出!

うるま市の女性遺体事件を政治利用しようと企む「オール沖縄会議」が、6月19日に行われる政治集会を全県的大会にすべく、各政党や各首長の参加を要請した。

ところが、あまりにも政治臭があからさまなので、次々と参加を見合す団体が増え、肝心の翁長県知事は、参加・不参加については無言のままである。

 

自民沖縄県連は不参加 米軍属事件抗議の県民大会 「開催手法、決議内容が一方的」

 

 自民党沖縄県連は14日、米軍属女性暴行殺人事件に抗議する19日の県民大会について、党派を超えた実行委員会が組織されていないことや、米軍普天間飛行場の県内移設断念などを盛り込む見込みの大会決議内容が一方的だなどとして「今の状況では参加することができない」との見解を発表した。

 会見で県連の照屋守之副会長は、大会を主催するオール沖縄会議から正式な協力依頼がないとして「開催や大会決議を決める前の段階で、超党派の取り組みを模索すべきだった」と批判。「県民大会を選挙の最中に行うことにも一つの疑問を感じる」などと超党派での取り組みを求めた。

 これに先立つ14日午前、島尻安伊子沖縄担当相は閣議後会見で県民大会について「自民党県連としては出席しない」と述べ、参加しない考えを明らかにした

 

県民大会、自公参加せず=米軍属事件抗議「実行委で」-沖縄

 米軍属による女性暴行殺人事件に抗議する県民大会について、・・・・ 自民県連の具志孝助幹事長は那覇市で記者団に「純粋な追悼大会であるべきで、政治的要望を持ち込むべきではない」と述べた。公明党沖縄県本部の糸洲朝則代表も「党派を超えて県民が集まる大会にしてほしい」と語った。 (2016/06/14-19:26)

 

「オール沖縄」にシンボルともいえる翁長知事が、県民大会に参加するのは当然と思われた。

ところが、県議選の結果「オール沖縄」内部で共産党の発言権が相対的に強くなった結果、翁長知事の影響力が極端に弱くなった。 

県知事選の前は「腹は八分」などといって共産党を取り込んでは見たが、逆に共産党の圧力を抑えきれず、ミイラ取りがミイラになった状況の最近の翁長知事である。

19日の「県民大会」でも共産党が「全基地撤去」をスローガンに掲げたが、「日米安保を理解する」という翁長知事が拒否反応を示すのを恐れ、「オール沖縄」内部でゴタゴタがあった模様である。

■「知事も乗れる」妥協案

 そして「知事も乗れる」とした妥協案が、共産党が主張する「全基地撤去」を引っ込めて「海兵隊撤退」である。

「知事も乗れる」動き出した海兵隊撤退論【検証・在沖海兵隊(1)】

 
2016年6月12日
 「海兵隊撤退は、『建白書』を逸脱するものではない。知事も乗れる」

 元米海兵隊員の軍属による女性遺体遺棄事件に抗議する19日の沖縄県民大会について、主催団体の代表らは6日夜、那覇市内の幹事会で方向性を確認した。

 繰り返される事件、事故に対する県民の怒りをどう表現するか-。

 議論は動いた。

 「基地がある故の事件、事故」。元自民県議の仲里利信衆院議員は「全基地撤去だ」と口火を切った。

 賛同もあったが、まとまったのは「海兵隊撤退」だった。正式名称は「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し、沖縄から海兵隊の撤退を求める県民大会」と決まった。

 「オール沖縄」を掲げる翁長雄志知事は普天間飛行場の名護市辺野古移設反対とオスプレイの県内配備撤回を訴えてきた。2013年1月に県内41市町村の代表や県議が安倍晋三首相に手渡した建白書の内容だ。

 一方、ことし6月に県議会が「海兵隊撤退」を盛り込む抗議決議案を可決した際には「(自分の思いとは)紙一重の差ですから、政治的にどう表していくか、議論をしたい」と慎重に言葉を選んだ。

 知事の考えと差異があるように見えるが、出席者の1人は「辺野古移設もオスプレイ配備も根源は海兵隊の沖縄駐留。撤退すればすべてが解決するので建白書を逸脱しないと判断した」と強調。「事件、事故がなくならない現状を見ればそこに踏み込むのは当然」と付け加えた。

 海兵隊は在沖米軍の兵力の6割、面積の7割を占める。さらに10~20代の若い隊員が数年のローテーションで配備される。幹事会では「事件、事故を起こすのはいつも海兵隊員」との指摘が上がった。具体的な数値はないが、県民の肌感覚かもしれない。

 沖縄戦で軍事占領した土地をきっかけに駐留を続ける米軍だが、海兵隊はもともと沖縄に存在したわけではない。

 戦後に撤退し、朝鮮戦争の後方支援のために岐阜や山梨・静岡に配備された部隊が50年代に沖縄に移ってきた。ベトナム戦争時にいったん移動したが、再配備され、増強された。

 在沖海兵隊に関する研究が進み、米国の軍事戦略以外に、日米の財政や政治のバランス、本土の反基地運動などの要因が大きく影響していることが分かってきた。さらに専門家の間で抑止力や地理的優位性といった機能面でも沖縄駐留の必要性に疑問を投げ掛ける意見が相次いでいる。

 全基地撤去に比べれば、海兵隊撤退は単なるスローガンではなく、「現実的」になりつつある。(特別報道チーム・福元大輔)

 ◆     ◆

 これ以上の事件、事故を許さないと、19日の県民大会で「海兵隊撤退」を求めることが決まった。これまでの研究や報道をもとに、在沖海兵隊の歴史や意義、役割などを検証する。

                  ☆

共産党との妥協案で翁長知事を「乗せる」(参加させる)事ができるか否か。

結局、19日に予定の「県民大会」は、自民党、公明党、おおさか維新が参加を見合わせ、各市町村長への招待も促すというが、県内11市のうち参加が確実視されているのは那覇市と名護市のに市長のみ。 

肝心の翁知事の出席表明は、当日を三日後に控えた本日とのこと。 翁長知事が「県民大会」への参加に「乗るか。降りるか」いずれにしても、県民大会とは名ばかりの「政治利用そのもの政治集会」に成り下がることは衆目の一致する所である。

溶解する名ばかりの「県民大会」。

この手の政治集会への参加を要請された仲井真前知事は、しばしば次のようなコメントで、出席を拒否していた。

「このような政治集会に行政の最高責任者が参加するのはいかがなものか」

沖縄2紙の脅迫的な「参加要請」を拒否した仲井真前知事に対し、沖縄2紙が狂犬のように牙を剥き出し、仲井真知事のバッシング報道に励んだことは記憶に新しい。

 改めて、仲井真前知事の名言を引用しよう。

「沖縄2紙は特定団体のコマーシャルペーパーなので購読していない」。

至言である。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宜野湾市住民訴訟、「取り消... | トップ | 舛添氏の百倍の売国知事、翁長氏 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2016-06-16 08:18:08
「翁長知事、県民大会参加へ 公明は18日に単独で集会 2016年6月16日 05:04」
米軍属女性暴行殺人事件 県民大会 翁長知事
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-298728.html

>主催団体のオール沖縄会議は15日、翁長雄志知事に参加を正式に要請した。
>翁長知事は参加の方向で最終調整に入った。
>16日に正式表明する見通し。
>県民大会を巡ってはオール沖縄会議が県議会野党の自民や中立会派の公明、維新などの参加も視野に入れ、公式または非公式に協議していた。
>このため翁長知事は大会の枠組みを見極め、自身が参加する場合の発言内容などを精査する必要があるとして、参加表明を保留していた。

翁長知事、出席と返事し、当日病気になって、「あいさつ」を安慶田副知事が代読かな。
挨拶する写真を残さないwwwって作戦かも。

でも、タイムス、新報は「出席」すると返事したと書きたてるだろうし、ネット民は覚えていてサルベージ。
出席(の返事)をすれば、翁長知事は自民とは永遠のお別れ~~。
保守ではなくなる。
「根っからの保守」は使えなくなる。
Unknown (東子)
2016-06-16 08:20:05
県議選翌日のBSフジのプライムニュースで、もし、「『埋め立てが違法でない』と判決が出たら、翁長知事はどうするか?」の反町キャスターから質問がでた。
森本氏 「『和解に判決に従う』とあるから、その後反対行動はないはず」と答えた。
前泊先生「いや、翁長知事にはまだまだ権限が沢山残されており、その権限を使って阻止を続ける」
森本氏 「『和解に判決に従う』とある」と繰り返し
前泊先生「翁長知事は「法に従う」と“余計なこと”を言ったと言われているんですけれどね。でも、権限があるから、それで阻止を続ける、……でしょう」

笑えた。
翁長知事は「法に従う」と“余計なこと”を言ったwww
反対派の中で、言質をとらえた、翁長は下手打った、と虐められているだろうなぁっと思わせた。


で、そんな中、「県民集会という政治集会」に出席しなかったら、さらにつるし上げでしょうwww
翁長知事としては、なんとか自民にすり寄るチャンスを掴みたいところだろうが、「言質」のせいで「不参加」は難しいでしょう。
Unknown (東子)
2016-06-16 08:20:41
数字のマジック。


①「県民等」の分母を大きくして人口比で大きく見せる。

「復帰後の米軍凶悪犯、沖縄県人との人口比3.5倍 本紙調べ 2016年6月16日 05:01」
統計・調査 注目 事件・事故 社会・くらし
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=173492

>米軍関係者を除く県人や観光客、在住外国人などを含む「県人等」と比較した。

同じ件数(分子)でも、分母が大きければ、人口比は小さくなる。
と言っても、米兵5万人と140万人の県民と比べてなら、まだ理解できる。
だが、「観光客、在住外国人などを含む」で比較?
観光客は550万人以上。
県民の4倍で薄めて、3.5倍。
薄めないなら、「復帰後の米軍凶悪犯、沖縄県人との人口比」0.7となる。


②件数をカウントする期間を件数の多かった復帰後すぐからにして犯罪件数を多くする
 (復帰前は日本政府が米国に申し入れができなかったので野放しとも言えた。が復帰後は日本政府日米で話し合いを持ち、件数低下に努力している)

「沖縄の米軍属の犯罪の推移をグラフ化して驚く 2015年6月16日」
https://www.landerblue.co.jp/blog/?p=20429



【参考】
集計の仕方によっては、基地米兵の犯罪率 0.14%~0.16%


「被害者ぶる沖縄~基地米兵の犯罪率~ 2012-03-01」
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/e04c466d7ec732d4a074cae0d7d52052

>米軍 @ 沖縄     0.14%    刑法検挙人員/滞在数


「 犯罪率・在日米軍、在日韓国人(朝鮮人)、沖縄県民など比較・基地がなくなっても犯罪はなくならない 2016/5/22(日) 午後 6:18」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/49309162.html

>・米軍
>42÷25993×100=0.16%
>・沖縄県民
>5058÷1401730×100=0.36%
>・結論
>沖縄県民の犯罪率は、対沖縄米軍比で225%(2.25倍)。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-06-16 10:46:13

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「高校野球出場 辺土名に期待」の大宜味村・新城繁正さん(84)は、3月7日、4月10日に続き今年3回目の掲載。
「永遠の平和へ 核なき世界を」の糸満市・山下久雄さん(86)は、昨年8月14日以来の掲載。
「献血の大切さ 家族で考える」の豊見城市・大城奈月さん(35)は、1月19日、4月6日、5月1日、6月1日に続き今年5回目の掲載。
「60年安保闘争 犠牲者を悼む」の那覇市・松川和弘さん(75)は、1月30日、2月22日、3月7日、4月10、16日に続き今年6回目の掲載。
「低下する学生の英語力」の豊見城市・金城宏幸さん(64)は、2012年12月13日以来の掲載。
「鉄道新線乗り比べ」の那覇市・ゆたかはじめさん(88)は、1月20日、3月25日に続き今年3回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。 

Unknown (マイク)
2016-06-16 11:00:44
米軍関係者5万人と同じ程度の石垣や宮古などと比べたらいいですよ。
圧倒的に米軍犯罪が少ないのが明らかです。
Unknown (宜野湾より)
2016-06-16 13:06:36
共産党香川県委員会と民進党香川県連の間で6月3日に結ばれた確認書では
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-05/2016060502_01_1.html

>両者は04年共産党新綱領の趣旨に従い、改めて以下を確認する


軒を貸し 母屋を取られ シロアリに
多くの方々がご存知の通り、04年共産党新綱領(http://www.jcp.or.jp/jcp/Koryo/)は、言い方がソフトになっただけで路線は不変。

一事が万事。
せめて民進党の前ナントカさん程度には警戒できなければ、政治的無能以下かも。
ちょっと待て そのオール沖(以下略
Unknown (amai yookan)
2016-06-16 16:36:00
県民大会と言うよりも


選挙に向けての 「オール・サヨク集会」って言うほうが的確でしょうね。


県内11市長の内、9市長が建白書から脱退、残るは那覇と名護の左きき市長のみでしょうに


「オール沖縄」っていうのは、県民全部って感じがして、誤解を生むので


「オール・サヨク沖縄」と表現するのが正解。


保守系でも軽はずみにオール沖縄って、使っているようですが、これは、いけません、間違いです。


 
的を得たネーミング (清島清)
2016-06-17 01:33:09
.
甘い羊羹さま
「オール・サヨク沖縄」、非常に分かりやすい名称ですね!

狼魔人さまの名ネーミング
「発狂二紙」
「極悪複合体」
の様に、とても気に入りました(^^)


極悪複合体 熱烈支援の
「オール・サヨク沖縄による県民ヘイトスピーチ大会」

日本最悪2大知事 舛添と翁長。
舛添が片付いた次、残るは翁長雄志。
県民ヘイトスピーチ大会出席の売国奴 翁長に、まともな県民 国民の怒りの火が点きます様に...。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL