狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「河野談話を検証」、逆切れの朝鮮日報

2014-06-19 11:52:44 | 県知事選

 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄県内の「告別式」最新情報

 

 

ボクシングなどの格闘技で、強力なアッパーのKOパンチ一発で相手をノックアウトすれば気持ちのいいもの。

だがノックアウトに拘ると、空振りで逆に相手のパンチを食らうリスクもある。

その点ボディへの連打は一見地味ではあるが徐々にダメージが効いてきて、そのうち相手の動きが止まりノックアウトできるチャンスもある。

現在韓国が日本を攻撃し続けている「慰安婦問題」で、安倍首相が「河野談話」を撤回しさえすれば、慰安婦問題の根拠が崩れ、この問題が一気に解決する可能性はある。

日本のノックアウト勝である。

その一方で、韓国側が世界に撒き散らした嘘の情報を根拠に「慰安婦の像」が各地に建立されている現状で、安倍政権がいきなり政府見解である「河野談話」を撤回したら、理屈を度外視した日本バッシングが世界中で起きるリスクもある。 

あの「橋下発言」のように。

そこで安倍政権は「撤回」というKOパンチの代わりに「検証」というボディブローの連打で、最終的には相手をじわじわと追い詰める作戦を選んだ。

「河野談話」を引き継いだままの「検証」なら世界の世論が感情的に日本バッシングはしないと予測したからだ。

野次馬根性丸出しの世界の目は、「検証」によって次々と明らかにされる「河野談話」の実像を興味を持って見守ることになる。

そこで一番困るのは韓国だ。

「検証」により明らかにされる「河野談話」の真相が、それこそボディブローのように韓国側にダメージを与え、最後にはノックアウト勝ちの可能さえある。

 これに関連し、朝鮮日報社説を紹介してくださった読者のウチナー鬼女さんからコメントを頂いたので紹介する。

安倍総理が「河野談話」を撤回しないが「検証」するといった事にもどかしさを感じていたものですが、意外とというか、相当にGJかもしれないと思う記事があります。確かに「撤回」すれば隣国は炎上どころか爆発するでしょうし、国内反日勢力もこれを機に「安倍政権打倒」を加速させる事は日を見るより明らか。しかし、「検証」となると日本がどんだけ韓国に「配慮」したか、逆に韓国が日本にどんだけ「圧力」をかけてきたのかが明らかになります。そしてその過程と結果を全世界に発信すれば…( ̄∀ ̄)
やることなすことエグすぎる第二次安倍内閣でした(^_^)v

 安倍首相の「ボディーブロー作戦」に真っ先に悲鳴を上げたのが朝鮮日報。

社説で次のように喚いている。

記事入力 : 2014/06/17 09:09

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
 
【社説】河野談話を検証するなら談話を取り消せ

 日本の安倍内閣はこれまで「河野談話」の検証を進めてきたが、その結果が今週末にも発表される予定だという。1993年に18カ月かけて調査を行い、当時の河野洋平・官房長官が発表したこの談話で、日本政府は初めて慰安婦を強制的に動員した事実を認めた。河野談話はかつての日本によるアジア侵略および植民地支配全般について謝罪した村山談話と共に、これまで20年間にわたり韓日関係を支えてきた二つの大きな軸のうちの一つだった。ところが安倍内閣は2012年12月に発足した直後から、機会あるたびに河野談話の根本的な趣旨を覆そうとしてきた。しかも今年に入ってからは談話が発表されるまでのプロセスについても検証すると表明していた。

 日本のメディア各社は「河野談話は韓日間における政治交渉の産物」という趣旨の内容が含まれそうだと報じている。例えば河野談話の中の「慰安所は当時の日本軍の要請によって設置されたもの」という文言のうち、「要請」という表現は本来「意向」だったが、韓国側がこれを「指示」とするよう求め、最終的に「要請」という形で落ち着いたという。また日本政府が談話を作成する際に韓国人の元慰安婦16人から聞き取り調査を行ったことについても、「韓国側の要請を受けて実現した」という内容が含まれる可能性があるという。つまり河野談話は客観的・歴史的調査に基づくものではなく、韓日間の政治交渉あるいは韓国側の圧力により生み出されたものと言いたいようだ。

 韓国政府は当時の資料に関する調査に協力はしたが、妥協を求めることや、文言についての話し合いを行ったことはなかったと反論している。仮に日本の主張通り両国の実務担当者の間で部分的な協議があったにしても、重要なのは、外交交渉の課程で常に行われる実務者間協議の内容までほじくり返し、河野談話の根本的な内容を覆そうとする安倍内閣の意図だ。安倍内閣は今回、河野談話の検証結果を発表することを通じ、慰安婦動員の強制性を認めている日本政府の公式の立場を覆す意図があるのだ。慰安婦問題は世界メディアの怒りを呼び起こした代表的な事案だ。そのため今回の検証結果の発表により、日本政府は今の追い込まれた状況から逃れようとしているのだ。

 韓国と日本は現在、米国の仲裁によって対話に向けた環境を少しずつ造成し始めている。ところが安倍内閣が河野談話作成過程における外交交渉の内容まで自分勝手に解釈し、その結果を一方的に公表するのであれば、韓日間の外交関係について事実上の断絶を宣言するようなものだ。今回の検証結果発表は日本自ら韓日間の外交が成立する基盤を否定する形になるからだ。日本は河野談話の検証結果が韓日両国の外交関係を後戻りできない破局に追い込む危険性があるという事実を忘れてはならない。この結果、韓米日3カ国による安全保障体制まで崩壊する結果を招いてしまえば、その責任は全面的に安倍内閣にある

                 ☆

ボディーブローの連打によるダメージを恐れた朝鮮日報の逆切れには笑わせてくれる。

「河野談話」の「検証」で動きが取れなくなるのが怖いんのだろう

 

【動画】2013-06.02 田原総一朗×ケビン・メア×片山さつき×池田信夫「日韓の歴史問題 慰安婦」-1

 

 

【おまけ】

筆者は「橋下発言」当時から既に橋下徹氏に対し三行半を突きつけていたが、この度「日本真性保守党」を旗揚げした田母神俊雄氏も「橋下徹さんは真の保守ではありませんでした」と明確に発言している。

憲法改正などと言ったら諸外国から変な目で見られますよ」などと発言する結いの党と連立を組む橋下氏に呆れたようである。
 
ちなみに石原慎太郎共同代表が橋下氏と袂を分かった理由も日本維新の会と結いの党との連立にある。
 
元航空幕僚長・田母神俊雄が「日本真正保守党」を旗揚げ!
 
 
 昔から私は大きな目標を持つのが大好きです。この真保党の結成も私が1人で決めただけの話で、賛同者などは、全てこれからとなります。誰とも相談しておらず、スケジュールも白紙状態です。
 
 現職のセンセイ方は「国会議員でもない人間が新党を立ち上げてもうまくいくわけない」と思うでしょうが、意志のないところに成功はありません。必ず失敗すると決まっているわけでもないので、挑戦する価値は十分あると思っています。
 
 石原新党との合流は、近い将来考えていますが、政界再編はどのようになるかわかりません。まずは新党を立ち上げ、党をまとめるのが先決です。そのうえで、石原慎太郎さんを筆頭に平沼赳夫さん、西村眞悟さん、三宅博さん、中山成彬さん、山田宏さんら真正保守の方々と一緒に行動できれば、これまでの第三極を巡る離散集合をせずに、うまくいくだろうと思います。楽観的であることも成功の大きな要因です。
 
 実は、(分党前の)旧「日本維新の会」には、自民党を叱咤激励する役割を期待していましたが、残念ながら橋下徹さんは真の保守ではありませんでした。
 
 「憲法改正などと言ったら諸外国から変な目で見られますよ」と発言する結いの党と連立を組む方に日本の再生など不可能です。
 
 日本は2674年という長い期間、天皇陛下を中心として、同じ民族が同じ土地で歴史を紡いできました。その間、政治、経済、金融、雇用などにおいて多くの人が幸せになれる形が作られてきましたが、20年ほど前からアメリカ発のグローバリズムを担ぐ人が現れ、「アメリカに合わないシステムは壊そう」と、日本のあらゆるシステムをぶち壊してきました。それにより日本のよさがどんどん失われています。「改革」は日本ぶち壊しのかけ声でした。改革でよくなったものはゼロだと思います。
 
 例えば昔は、父の財産を長男が受け継ぎ、親の面倒を見て先祖代々の墓を守ってきました。しかし、こうした家督相続制度も壊されました。核家族化が進んだ結果、子供がおじいちゃんやおばあちゃんと触れ合わず、きちんと教育されなくなった結果、我が子を虐待したり、子供が親を殺すようになっています。年金や介護の問題が起きているのも家督相続制度、大家族制度が壊されたことに起因していると思います。
 
 今、東京では独り暮らしのお年寄りが70万人おり、20年後には100万人を超えると言われています。亡くなっても1週間も2週間も気づかれない、そんな町であっていいわけがありません。昔ながらの、隣近所が助け合う町作りが必要です。
 
 都知事選でも、同様の公約を掲げましたが、有権者の方々からは、拍手喝采を受けました。私と意見を同じくする日本人は、数多くいることでしょう。
  
 
元航空幕僚長・田母神俊雄が「日本真正保守党」を旗揚げ!
(1)“裸一貫”で活動をスタート
Posted on 2014年6月13日 ◆アサヒ芸能6/10発売(6/19号)
 
 かねてから新党結成の噂が絶えなかった元航空幕僚長の田母神俊雄氏が、ついに新党「日本真正保守党」を立ち上げることを明らかにした。今年2月の都知事選では、61万票を獲得し、国政への意欲を示していただけに、政界再編への期待も高い。中国との緊張も高まる中、憂国の士は何を思うのか。独占直撃する。
 
 5月末、私は講演で、ブラジルを訪れました。その講演先で、私はブラジル在住の日系移民の方々から熱烈な歓迎を受けました。参加者の一人からも涙ながらにこんな訴えを聞きました。
 
 「日本はアメリカや中国、韓国から文句を言われるとすぐにへこたれる。どうして強い日本にならないのだ。中国や韓国の言うことのほうがおかしい。総理の靖国参拝ができない、慰安婦強制連行など事実でないことで責められる。祖国が残虐だったなどと言われたら、私たちは祖国を隠して生きていかねばなりません。どうか誇りある日本を取り戻してください」
 
 祖国日本を思う気持ちは実に熱いものでした。こうした声を耳にして、新党の設立を決意したのです。かねてより政界進出については考えていましたが、日本を愛する皆さんの気持ちが、今回の決断に至った最大の後押しとなりました。
 
私は今65歳ですが、病気さえしなければ、あと15年ぐらいは頑張れるでしょう。残りの人生を国政に懸けようと決心したわけです。
 
 そう熱い思いをブチまけるのは、週刊アサヒ芸能「田母神大学校」で連載中の田母神俊雄元航空幕僚長だ。かねてから、日本の防衛・外交などについて積極的な発言を続けてきた田母神氏だが、今月2日の講演で新党「日本真正保守党」(以下「真保党」)の立ち上げを宣言。次期国政選挙に向けて活動することを発表したのだ。これまで「田母神新党」待望論が出てきたが、今後は、「日本維新の会」の分党による野党の政界再編なども視野に入れ、幅広い政治勢力との結集を目指す構えだ。
 
 (今年2月の)東京都知事選のあと、全国の支持者から「田母神新党を作って立ち上がってほしい」との要望がたくさんありました。最終的に61万票をいただきましたが、それは全国で相当数の方が「今の日本ではダメだ」と感じている証しだと思います。
 
 今、自民党は腹黒い諸外国の脅威に対応しようと集団的自衛権の解釈変更について、国会で議論を進めています。そうした中で、集団的自衛権の行使における事例集を作り、「これはOK、これはダメ」と国民にわかる形で議論しようとしていますが、これは相手に作戦計画を教えるようなもので、根拠規定(ポジティブリスト)で動く自衛隊のシステムともども、本当にバカなことです。
 
 どうして自民党はこんなことすら気づかないのでしょうか。国の守りを真面目に考えることよりも、やっているフリをすることのほうが大事なのです。安倍総理を筆頭に正しい考えを持つ政治家はいるものの、与党内には左派もおり、一枚岩ではありません。そこで、自民党の右側にしっかりとした柱を立て「自民党よ、安倍総理よ、もっとしっかりやれ」とする健全野党が必要なのです。それが「真保党」結成の目的です。
 
 ましてや、自公連立政権にも限界があります。公明党は今や“与党内野党”です。石原新党や田母神新党が自民党と連立できれば公明党を切り離せますし、そうなって初めて日本を取り戻せると思います。
 
 いわば、現在の安倍政権による「安心を取り戻す」政治、ひいては「積極的平和主義」の実現のために、必ずや真保党を成功させなければいけないと覚悟を決めています。まずは、“裸一貫”で2年後の国政選挙に向けて活動をスタートさせるというのが当面の目標です
 
 
<form id="u_0_23" class="live_680647515339042_316526391751760 commentable_item autoexpand_mode" action="/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{&quot;tn&quot;:&quot;]&quot;}" data-live="{&quot;seq&quot;:680760788661048}">

御知らせ■

</form>
<form id="u_0_23" class="live_680647515339042_316526391751760 commentable_item autoexpand_mode" action="/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{&quot;tn&quot;:&quot;]&quot;}" data-live="{&quot;seq&quot;:680760788661048}">

日本と台湾は運命共同体、沖縄はその絆の中心たれ!

黄文雄先生の講演会があります、学生以下無料です。

若い世代にも是非聞いて頂きたい内容です。

 

日時:6月21日(土)開演18時30分(開場18時)

会場:沖縄県立博物館美術館 講堂

会費:500円(学生以下無料)

講演者:黄 文雄氏

演題:自由アジアの生命線、日本と台湾の絆は慰霊碑建立から

 

 

 第四回「島守・防人に感謝する集い」、「殉国沖縄学徒顕彰六十九年祭」

【日 時】平成26年6月23日(月) 13:30~

【ところ】沖縄県護国神社 大ホール、社殿

※参加費無料(カンパ大歓迎でございます。)

 沖縄戦は壮絶を極めましたが、鉄血勤皇隊や通信隊、また、ひめゆりなどの学徒看護隊は家族と郷土を守るべく、自らの意志で沖縄戦を戦ったのであり、その思いを無視することこそが、戦争の歴史の風化へとつながると思います。
 集団的自衛権行使が容認されれば、「戦争する国になる」、「沖縄戦の悲惨さが繰り返される」等と、現在の問題と短絡的に結び付けたり、イデオロギーに囚われた目で見るのではなく、壮絶を極めた沖縄戦の事実や、学徒隊の方々の思いをありのままに記憶することが大事ではないでしょうか?
 慰霊の日に、我々沖縄の大学生で、沖縄戦を戦われた学徒の方々に「鎮魂と敬いの心」を捧げる顕彰祭を行います。お気軽にご参加くださいませ。

【主催】琉球大学公認サークル「沖縄から日本を考える学生の会」(実行委員長:琉球大学3年 野田拓志)
【お問い合わせ】070-5279-1139(部長:外間) new.okinawa.proud.japan@gmail.com



天皇陛下奉迎沖縄県実行委員会からの御知らせ


天皇陛下、皇后陛下のご来県が今月26日(木)、27日(金)に予定
されています。


昭和19年8月22日の学童疎開船「対馬丸」の事件より70年を迎える本年、那覇市若狭の「小桜の塔(対馬丸慰霊碑)」と「対馬丸記念館」を慰霊の為ご訪問されます。

下の予定表をご参考に、出来る限りご参加くださいませ!!
6月26日(木)
集合時間
13:00    那覇空港国際線ターミナルビル1階(ANA側)
13:30    安次嶺交差点、赤嶺交差点、瀬長交差点
13:40    西崎球場前、JAファーマーズ前、糸満市役所前
13:50    平和記念公園中央口(入り口付近)
14:10    平和記念公園中央口(入口付近)
14:20    西崎球場前、JAファーマーズ前、糸満市役所前
14:30    豊崎にじ公園の向かい側
14:35    瀬長交差点
14:40    沖縄産業支援センター前
14:45     明治橋交差点~旭橋交差点間の歩道(琉球銀行側)
6月27日(金)
集合時間
9:30  松山公園前(那覇商業高校付近)
9:30  若狭中通り(「味の店三郎」側)
9:35  波之上自動車学校前
11:20   久米交差点(若狭大通りの公園側)
11:20  松山公園前(那覇商業高校付近)
13:00 県民広場(県庁前の広場)前の歩道
13:00 明治橋交差点~旭橋交差点間の歩道(県庁側)
13:05 産業支援センターの向かい側
13:15  那覇空港国内線ターミナルビル1階(ANA側

 

     blogランキングへ クリックお願いします

</form>
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 那覇高生の恩人、高山大尉 | トップ | 続・那覇高生の恩人、高山大尉 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2014-06-20 06:03:21
慰安婦問題は、アンタッチャブルだった。
しかし、橋下市長のぶっちゃけ発言で、知らない人にも知られ、多くの人がネットで調べ、何が問題なのか、広まった。
国会で質問しても、マスコミを撥ね退けるだけの下地ができた。
と、「功」の部分を認めていただけに、「性奴隷」には失望という言葉で表せられないほどの失望だった。
そのうち本人から「そんな言葉は言っていない」の反論が出るかと待ったが、出なかった。

石原氏と分かれる原因に「新憲法制定」への見解の相違があった。
このときも相当がっかりしたが、「性奴隷」発言は決定打だった。

「憲法改正などと言ったら諸外国から変な目で見られますよ」と発言する結いの党と連立を組む方に日本の再生など不可能。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL