狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「集団自決」、手榴弾軍命説は粉砕された

2016-04-11 06:31:09 | ★集団自決

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 「狼」の画像検索結果

お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 
●ボランティア募集●
 4月16日(土)櫻井よしこ沖縄講演会開催にあたり、ボランティアを募集しております。
当日ご協力いただける方は是非下記の連絡先までご連絡下さい。
よろしくお願い致します!
担当(090-2588-5051)
実行委員会準備会
 

辺野古移設をめぐる国と県の訴訟合戦は現在、和解協議中。

沖縄タイムスの紙面の関連記事は開店休業の状態である。

暇ができると想いだしたように、沖縄戦時の「残虐非道な日本軍」のデタラメ記事を書くのが沖縄2紙の定番である。

 

沖縄タイムス 2016年4月8日 05:00

 

社説[「集団自決」記念碑]戦争風化させぬために

 

「集団自決」をめぐる裁判と、それに伴う教科書の記述後退など戦争証言に対する近年のバックラッシュが懸念の背景にある。日本軍「慰安婦」問題も同根だ。共通するのは、証言者の高齢化と、軍隊の行為をめぐる証言への攻撃である。

 

■    ■

 

 並里さんを勇気付けたのは村による碑建立だった。戦争の実相の継承に今、行政の知恵と工夫が求められている。

 

 碑建立では、証言を基に村があらためて検証。当時9歳の並里さんが100メートルに感じた壕の長さは、実際は50メートルほどだったと判明した。

 

 しかし壕で起こった事実は、そのことで少しも揺るがない。記念碑には「日本軍から渡された手榴弾で住民約80人が集団自決した」との証言が記される。

 

 「戦争を風化させない」ために。行政が証言者に耳を傾ければ、戦後71年は継承の再スタートとなろう。

 

                                                 ☆

何度でも言うが「集団自決・軍命説」は否定されている。

大江・岩波訴訟で被告大江・岩波に対する名誉毀損は棄却されたものの、軍命は立証できず原告側の濡れ衣は雪がれている。

2007年9月29日の「11万人集会」では、「軍命派」は、高校教科書から「軍命による集団自決」という従来の記述を削除するように指示した文科省検定意見の撤回を求めた。

だが、撤回要請は拒否され現在も当時の検定意見は有効である。

したがって「軍命による集団自決」という記述は教科書はもとより新聞報道でも禁じられている。

>「日本軍から渡された手榴弾で住民約80人が集団自決した」

ところが、上記のような「軍命」を印象つける記事を書くことにより読者に「軍命による集団自決」を印象操作するのが沖縄2紙の常套手段である。

集団自決をした住民の大部分は鍬、鎌などの農具を自決の道具に使用したが、なかには手榴弾を使用したものもいた。

「軍命派」は、手榴弾が軍の備品であることを根拠に「軍の命令」とこじつけする。

だが、座間味島の集団自決の生き証人である宮平秀行さんによると、当時村の兵器保管庫は管理が緩やかで、手榴弾を盗み取るのは容易であったという。(親しい兵隊さんから万が一のため手榴弾を貰った人もいた)

確かに手榴弾の管理が行き届かなかったのは軍の責任かも知れない。

だからといって「手榴弾で自決したから軍命」という主張はこじつけであり、現在は否定されている。

現在で例えて言えば、警官が拳銃自殺した場合を考えよう。

警察の備品である拳銃を自殺の手段として使用したからという理由で、「警察の命令による自殺」とはいえない。

 

 渡嘉敷村で慰霊祭 米軍上陸から71年、体験者ら平和誓う

 

                     ☆

「残虐非道な日本軍」の象徴といえる「軍命による集団自決」の教科書記述が出来ないので、反日サヨクの沖教組は副読本によりこのような反日思想を吹き込んでいる。

 八重山日報 4月6日

慰安婦「朝鮮から連行」 副読本記述、識者疑問視 市教委

 

慰安婦が「朝鮮から連行された」などの記述がある中学校の副読本「八重山の歴史と文化・自然」慰安婦が「朝鮮から連行された」などの記述がある中学校の副読本「八重山の歴史と文化・自然」

 石垣市教育委員会が昨年12月、全中学生に配布した副読本に、太平洋戦争時、八重山にいた慰安婦について「朝鮮から連行されてきた女性」という記述があり、識者から「子どもに誤った情報を与える」と懸念する声が上がっている。八重山に慰安所が存在したことは歴史的事実だが、政府は軍や官憲が慰安婦を強制連行した証拠はないとの立場を示しているためだ。

 副読本は「八重山の歴史と文化・自然」と題され、一括交付金を活用して中学生向けに約1600部作成された。市教委から委託された各分野の専門家が分担して執筆している。

                 ☆

>八重山に慰安所が存在したことは歴史的事実だが、政府は軍や官憲が慰安婦を強制連行した証拠はないとの立場を示しているためだ。

同じように沖縄戦で「集団自決」が行われたのは歴史的事実だが、軍の命令ではなかったというのが文科省の立場である。

 沖縄でまともな新聞は八重山日報くらいのもの。

次のような記事は沖縄2紙では決して見ることは出来ない。

八重山日報 2016年4月06日

軍事力否定のメッセージ 副読本、市民から批判も

 石垣市教育委員会の副読本からは「慰安婦」以外の記述でも、旧日本軍の非人道性や、軍事力の否定を訴えるメッセージが伝わる。ただ市民の意見は多様で、副読本の記述は特定の価値観に基づいているとの指摘も出そうだ。
 日中戦争時の「南京事件」について副読本では「日本兵は敗残兵の一掃を口実に『南京事件』といわれる一般市民への無差別の虐殺や略奪を行いました」とある

                   ☆

集団自決に軍の命令があったか否かの論争は、すでに決着が付いている。

軍の命令があったという客観的証言や証拠は皆無だ。

 次は「集団自決」は、軍命ではないよりの抜粋である。

「集団自決」犠牲者に祈り 読谷チビチリガマ

 チビチリガマでは、米軍上陸に際して住民が避難していた。米兵が投降を呼び掛ける中、殺されると思い込んだ男がガマ内の布団などに火を付け、避難していた住民140人のうち83人が「集団死」した。そのほとんどが煙による窒息死だったが、注射や刃物で命を絶った人もいた。
 背景には、米兵に捕らえられれば残虐行為をされるとの考えが住民らの間に広まっていた状況がある。一方、チビチリガマにほど近いシムクガマでは、ハワイから帰国した英語を話せる住民がいたため、避難民ら約千人が投降して全員の命が助かっている。
 チビチリガマでの「集団自決」が起きた4月2日の時点で、大本営はすでに沖縄を見捨て「本土」襲来を想定していた。
 本島上陸に先立つ慶良間諸島での「集団自決」も合わせて、ガマでの犠牲は、米軍の侵攻に伴って住民を巻き込んだ沖縄戦の象徴的な出来事であり、「軍隊は住民を守らない」中で、南部戦線に拡大していく悲劇の幕開けの一つとも位置付けられる。
                

 【おまけ】

 岡田民進党代表は、ガソリーヌ山尾氏の釈明会見を十分だと納得し、天に投げたブーメランが額に突き刺さってしまった。

ところが、額のブーメランを放置したまま、甘利氏の追求チームを再開させて証人喚問を要求するとのこと。

「岡田 フランケン」の画像検索結果

これが安倍政権閣僚や自民党幹部なら、一回の釈明会見だけで納得するだろうか。

するはずはない!


辞任するまで審議拒否などの嫌がらせに終始するだろう。

自分たちは「山尾釈明」を棚に上げして、甘利氏の追及を続けるようでは、党利党略がミエミエだ。


 

民進党の岡田代表は三重県川越町で記者団に対し、甘利前経済再生担当大臣の事務所を巡る問題で東京地検特捜部が強制捜査に乗り出したことに関連して、「政府の中の問題だ」と述べ、安倍総理大臣も説明責任を果たす必要があるという考えを示しました。

続きを読む

この中で岡田代表は、甘利前経済再生担当大臣の事務所を巡る問題について、「甘利氏本人が説明することが基本だ。病気だという診断書が出ているが、記者会見などが本当にできないのか、説明責任を果たす必要がある」と述べました。
そのうえで、岡田氏は「甘利氏は当時、現職の閣僚であり、UR=都市再生機構の問題なので政府の中の問題だ。本当は調べればもっと分かるはずで、安倍総理大臣も任命責任があると言ったわけなので、しっかりと責任を果たしてもらいたい」と述べ、安倍総理大臣も説明責任を果たす必要があるという考えを示しました。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山尾釈明、岡田氏が援護ブー... | トップ | 10年前の「タックス・ヘイ... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2016-04-11 07:04:46
>「朝鮮から連行されてきた女性」という記述

こういう文章の卑怯なところは、主語がないこと。

現物を見ていませんから、この副読本がそうか分かりませんが、仮に書いてあれば、八重山日報は、主語を入れて書くでしょう。
だから、この副読本も、主語を無いと思われる。

以前より「日本軍がー」があるので、賢い子ほどそう想像するでしょう。
Unknown (心配性)
2016-04-11 07:29:12
客観的事実と主観
「大本営はすでに沖縄を見捨て「本土」襲来を想定していた。」

物は言いよう、新聞は書きようですね。沖縄を見捨てた事実があったのか、それを示唆する文書でもあったのかな。事実は沖縄での防衛にとどまらず、本土決戦も視野に入れたいた感じではないのかな。善悪は別にして。

「軍隊は住民を守らない」
どこかの知事が言う「銃剣とブルドーザー」の類ですね。
Unknown (東子)
2016-04-11 10:16:44
「陸自配備、月内に説明会 推進派の請願採決へ地固め 自衛隊問題 · 2016年4月7日」
http://www.yaeyama-nippo.com/2016/04/07/%E9%99%B8%E8%87%AA%E9%85%8D%E5%82%99-%E6%9C%88%E5%86%85%E3%81%AB%E8%AA%AC%E6%98%8E%E4%BC%9A-%E6%8E%A8%E9%80%B2%E6%B4%BE%E3%81%AE%E8%AB%8B%E9%A1%98%E6%8E%A1%E6%B1%BA%E3%81%B8%E5%9C%B0%E5%9B%BA%E3%82%81/

>石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、防衛省が今月下旬に住民説明会を開催する方向で調整
>説明会で情報開示が進んだと判断されれば、請願の採決に向けた流れが固まりそうだ。

反対派は、説明会に参加すれば反対派が切り崩されるという心配で説明会を拒否しながら、反対理由に防衛省の情報開示が少ないことを挙げていた。
説明会に参加すれば反対派が切り崩されるのは、説明会に納得する人がいるということ。
配備の正当性があるということ。


説明会に不参加でありながら、説明不足を訴える。
今までなら、説明会開催の情報と反対派の欠席は別個に報道され、リンクはなかったが、ネットのせいで反対派の矛盾は炙り出される。
ダブスタでは、賛同は広がらない。

出席して、あれでは説明不足と騒ぐ魂胆なのか、4月下旬の説明会には、出席を決めたようだ。
だが、反対派の説明会の不参加の事実は、消せない。
説明会は4月下旬だけでなかったと言われれば、ぐうの音も出ない。



【参考】
「「闘いは正念場」 東京での活動を報告 2016年04月10日」
社会・経済 , 地域・教育
http://www.y-mainichi.co.jp/news/29631/

>今後は防衛省が4月末に予定している住民説明会に参加し、6月までに反対署名を1万5000人分集めることを目指している。
Unknown (東子)
2016-04-11 10:17:33
「「闘いは正念場」 東京での活動を報告 2016年04月10日」
社会・経済 , 地域・教育
http://www.y-mainichi.co.jp/news/29631/

>自衛隊配備を止める住民の会
>報告後の意見交換では参加者から「東京の人たちは辺野古のことは知っていても石垣島の自衛隊配備については知らない人が多かった。もっと情報を発信すべきだ」

もっと情報を発信すべきだ=反対派の作り出すイメージの浸透が十分でない


>「市民のなかでも関心が低い。平得大俣地区に配備されるということは島全体が標的になるということを市民に伝えていく必要がある」などの意見があった。

地元は反対だーっと「地元の民意」を強調するかと思えば、島全体でと言う。
「地元の民意」を強調していたのは、島全体だと配備賛成の方が多かったからではなかったか。



【参考】
「自衛隊配備問題質疑 市議会 自衛隊問題 · 2016年3月16日」
http://www.yaeyama-nippo.com/2016/03/16/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E9%85%8D%E5%82%99%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%B3%AA%E7%96%91-%E5%B8%82%E8%AD%B0%E4%BC%9A/

>11日の石垣市議会総務財政委員会で、石垣島への自衛隊配備計画に関する請願2件の紹介議員に対する質疑の要旨は次の通り。
>配備の必要性
>施設の安全性
>中国の脅威
>攻撃の可能性
>災害時の対応

国会でこれほど防衛について真剣に意見を交わしているだろうか。
石垣市議会に敬服する。
Unknown (東子)
2016-04-11 10:18:06
「沖縄県紙の市長選「介入」報道は許されるのか 『月刊正論』 2014年5月号」
http://ironna.jp/article/989

>沖縄タイムスは3月8日の社説で、自民党の石破幹事長が「将来的にはアジア版の北大西洋条約機構(NATO)が必要だ」と語ったことについて「中国を除外し、中国を封じ込めるという考えなのだろうか。危険な発想である」と述べている。八重山の住民にとっては、中国の脅威を直視しないマスコミの論調こそ危うい。

中国の脅威を隠し、自衛隊=戦争だけを煽って大浜氏を応援したタイムス、新報の報道が、逆に石垣市民の疑問を呼び、石垣市民のリアリズム(現実主義)が、中山氏の再選という結果をよんだのは、皮肉なものだ。
タイムス、新報は、今も変わらずこの方法をとっている。
だが、それでは、リアリズム(現実主義)の石垣市民を説得することは、できない。

特に「標的の島」になるという情緒的な理由は、説得材料にならない。
が、実際の「脅威」を感じていない、情報に疎い石垣島以外の人々に訴える力を持つ。

だから、東京で訴える。
辺野古反対と一緒。
地元の民意を、関係ない人々の民意で潰す作戦をとっている。
だいぶ反対派は虚実を混ぜてイメージを作り上げるということが知られてきたので、イメージの浸透がし辛くなってきたが、それでも情報に疎い人たちはいる。



【参考】
「「闘いは正念場」 東京での活動を報告 2016年04月10日」
社会・経済 , 地域・教育
http://www.y-mainichi.co.jp/news/29631/
Unknown (東子)
2016-04-11 10:19:29
「菅長官、民進・共産の共闘を批判 民進党では「国を守れない」 04/10 21:47」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00321262.html

>菅官房長官は「共産党、党の綱領に、日米安保条約破棄です。自衛隊解散です。こうした政党が、民進党と一緒になって、今度は候補者を擁立しています。日米同盟を破棄して、自衛隊を解散して、国民の皆さんの安全を守ることができるでしょうか」と述べた。


赤旗「安倍政権打倒へ 参院選あと3カ月 野党・市民の共闘 12選挙区に 2016年4月10日」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-04-10/2016041001_01_1.html

>1人区では、戦争法廃止をめざし活動している市民グループと日本共産党を含む野党の共闘で統一候補の擁立が進んでいます。

12選挙区の一つに、沖縄がある。
「沖縄 イハ洋一 オール沖縄」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-04-10/2016041001_01_1.jpg

オール沖縄とすることで、共産党色を消したつもり?
無理でしょ。


「共産党が5中総 志位委員長「参院選で安倍政権打倒」 衆院選協力「急務だ」と呼び掛け 横に置いた国民連合政府構想なお主張 2016.4.10 14:03」
http://www.sankei.com/politics/news/160410/plt1604100024-n1.html

>志位氏は、2月に野党党首が国政選挙の協力に合意したことを報告し、参院選の1人区で「野党統一候補」が12選挙区で実現したと紹介した。
>他にも「十数選挙区で野党統一候補のための協議が進んでいる」とした。
>比例代表については従来の「850万票以上、8議席以上」の目標について、市田忠義副委員長が引退を撤回して「9人目の比例候補」として出馬することを念頭に「8議席を絶対に確保し、9議席に挑戦する」と微修正した。
>衆院選の協力に関する協議に否定的な民進党に対しては「協議に入ることを重ねて強く呼び掛ける」と訴えた。
>「国民連合政府こそが安倍政権に代わる現実的、合理的な政権構想だと確信する。野党連立政権を樹立するまで共闘を発展させなければならない」と述べ、引き続き構想の実現に意欲を示した。

一人区を使って、850万票以上を集めようとしている。
前回(3年前)は、どうだったか。


赤旗「 参議院選挙の結果について 日本共産党中央委員会常任幹部会 2013年7月22日」
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2013/07/post-542.html

>改選前の3議席から8議席へ大躍進しました。
>参議院で非改選と合わせて11議席となり
>比例代表選挙の得票では515万4千票(9・68%)を獲得し、前回参院選の356万票を159万票、昨年の衆議院選挙の369万票を146万票、それぞれ上回りました。
>わが党が推薦した沖縄選挙区(改選1)の糸数慶子氏は自民党にうち勝って当選をはたしました。

負けた自民党候補者は、安里政晃氏。
3年前は、共産党色濃くても、糸数氏は当選した。
Unknown (東子)
2016-04-11 10:19:55
「「平和条約締結したい」「返還を切に願っている」 島尻安伊子沖縄北方担当相が領土問題啓発視察で 2016.4.10 14:05」
http://www.sankei.com/politics/news/160410/plt1604100007-n1.html

>島尻氏は「約70年前に北方四島でどういうことがあったのか学習し、感じてみてほしい」とあいさつした。
>政府は、この映画の上映を増やすための経費を2016年度予算に新たに盛り込んだ。若い人を対象とした啓発に生かしたい考えだ。

沖縄が、70年前の沖縄戦ばかり学習しているのと、大違いなのね。
Unknown (東子)
2016-04-11 10:26:33
「【高額ガソリン代釈明会見】山尾氏“炎上”は蓮舫のせい? 2016年04月08日 06時30分」
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/527725/

民進党、内ゲバ?
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-04-11 10:32:10

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「普天間の不安 移設先も同じ」の那覇市・横田等さん(68)は、1月6日、2月16、28日、4月2日に続き今年5回目の掲載。
「うりずんの月 みなぎる活力」の那覇市・山根光正さん(72)は、1月8、22日、2月7日、3月13、28日に続き今年6回目の掲載。
「栄町市場散策 面白さに驚き」の浦添市・安東民夫さん(62)は、1月15、31日、2月21日、3月5、19、29日に続き今年7回目の掲載。
「豊見城の玄関 心地よい植栽」の豊見城市・上江洲由昌さん(72)は、今年初掲載。
「那覇空港 民間専用早く」の今帰仁村・伊波栄信さん(67)は、1月26日、2月19日、3月13日に続き今年4回目の掲載。
「娘と私(看板)」の宜野湾市・新川秀明さん(67)は、1月24日に続き今年2回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (狂歌)
2016-04-11 10:58:51

シナに行き 尖閣侵犯 口つぐむ

   売国知事の 本領発揮

シナに行き 尖閣侵犯 抗議せず

   売国知事に 天罰やある

Unknown (東子)
2016-04-11 12:03:31
「普天間返還合意あす20年 閉鎖訴えゲート前で集会 2016年4月11日 05:03」
普天間移設問題 普天間飛行場 社会・くらし 注目
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=163066

>約200人(主催者発表)
>集会は「建白書を実現し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議・ぎのわん」が主催

アングルの低い写真。
http://www.okinawatimes.co.jp/article_images/20160411/PICKH20160411_A0001000100100005_r.jpg
画像から勘定できたのは、80人。

鋭い人ならもうお気づきだろう。
「辺野古反対」のプラカードは1枚もない。


残念なことに「全基地撤廃」の手作りプラカードがど真ん中で写ってしまい、「辺野古反対」の共産党主導だとバレている)
その点、新報の写真は、
http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201604/5633516146fa261339a862432a561a05.png
「全基地撤廃」の手作りプラカードをカットしているが、その分、人数が少なくなって盛り上がらなかった感を醸し出す。

「全基地撤廃」の手作りプラカードをカットか、「全基地撤廃」の手作りプラカードを入れて少しでも多く見える写真か、究極の選択ね。


宜野湾市長選で志村氏が「辺野古反対」を打ち出して、「ならばどうやって普天間を閉鎖するの?」に答えられず、「「普天間の“早期の”危険性除去」だけを訴えた佐喜眞氏が当選したのを見て、とりあえず宜野湾市では「辺野古反対」を封印しようだろう。
だが、「辺野古反対」を封印しても「『普天間の“早期の”危険性除去』にどうやって結びつけるの?」の問いには、答えられない。
佐喜眞氏は、「普天間の“早期の”危険性除去」に一番近い「辺野古容認」を言う余白を持っているが、辺野古反対派は、「辺野古反対」しかない。
「『辺野古反対』で、どうやって『どうやって普天間を閉鎖するの?』」に答えられない問題は、残ったまま。


>同会議・ぎのわんの伊波洋一共同代表は、1996年の返還合意以降、同飛行場の西側を米軍ヘリが飛ぶようになったとし「政府は危険性除去を言いながら、普天間はますます危険になった」と批判した。

翁長知事の「取り消し」によって「普天間飛行場が固定化し騒音などで生存権侵害が続く」と宜野湾市民が訴えている裁判で県(翁長知事」は次のように答えている。


「翁長知事提訴:市民、生存権の侵害主張 県「訴える相手違う」 2015年12月23日 06:00」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=146990

>翁長知事の承認取り消し無効確認などを求めた裁判で初回口頭弁論
>原告は普天間飛行場が固定化し騒音などで生存権侵害が続くと主張
>被告の県側「騒音の原因は米軍と日本政府にあり、訴える先が違う」

伊波氏に宜野湾市民が起こしている裁判について感想を聞いてみたいものだ。
Unknown (東子)
2016-04-11 12:03:48
「200人、普天間撤去要求 市民ら宜野湾で集会 返還合意あす20年 2016年4月11日 05:05」
普天間返還合意
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-254442.html

>決議文は「沖縄の事は沖縄で決める、誇りある豊かな沖縄へと歯車が回り始めた」と指摘

だが、建白書勢力の頭目の翁長知事は、「騒音の原因は米軍と日本政府にあり、訴える先が違う」と、「沖縄の事は沖縄でだけで決められない」と白状してますよん。


>「建白書を実現し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議・ぎのわん」が中心となって実行委員会をつくり、集会を主催した。
>実行委員会は、普天間飛行場の固定化阻止を訴えて再選した佐喜真淳宜野湾市長にも招待状を送ったが姿は見られなかった。

佐喜眞市長は「建白書」から卒業していますからね。
いくら「辺野古反対」のプラカードを掲げず「とり戻そう普天間」だけ掲げても、「建白書を実現し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議・ぎのわん」主催では、「建白書=辺野古反対」は隠しようがない。

佐喜真淳宜野湾市長の欠席で思い出したのは、
 ・仲井真知事は、2012年9月7日のオスプレイ配備反対県民大会へ出席の強い圧力を受けながらも、欠席した
 ・仲井真知事は、一貫して、オスプレイの安全運航を要請しているが使用禁止は要請していない
 ・仲井真知事は、オール沖縄の「建白書」に署名していない
だった。
Unknown (東子)
2016-04-11 12:50:28
毎日新聞「講演:沖縄経済「基地依存は誤解」 「琉球新報」島部長、下京で /京都 2015年06月25日 09時00分」
http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=%2Farticles%2F20150625%2Fddl%2Fk26%2F040%2F588000c

>太平洋戦争で国内唯一の地上戦「沖縄戦」が終結した「沖縄慰霊の日」の23日、沖縄県の地元紙、琉球新報の島洋子東京支社報道部長が京都市下京区で講演した。
>米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設問題に…

天下の毎日さえも、沖縄のことを紹介するときは、「国内唯一の地上戦『沖縄戦』」とするとは、呆れる。


「琉球新報」2010年5月22日付け
「「沖縄戦を矮小化」 「国内唯一」表現変更 識者から疑問の声 (33面)」
http://itokazu.exblog.jp/13793522/

>沖縄戦を「唯一の地上戦」とする表現について政府が「必ずしも正確ではない」とする答弁書を閣議決定したことに、県内の沖縄戦研究者から「沖縄戦を矮小化する意図を感じる」などの指摘が相次いだ。
>沖縄戦に詳しい石原昌家沖縄国際大名誉教授も「今、米軍基地が問題になっているが『沖縄だけでなく全国にも基地がありますよ』と言うのと同じように『地上戦は沖縄以外でもありました』と言うことで、沖縄戦を矮小化する意図が隠されている印象を受ける」と強調。
>「全体的に住民が巻き込まれ。日本軍が直接殺害したり、死に追いやったりした沖縄戦の意味合いを薄める大衆操作の狙いを感じる」と語った。

「国内唯一」が「国内最大」になったのが、矮小化??
「沖縄だけ特別感」が無くなっただけでしょ。


>沖縄戦の歴史認識に詳しい高島伸欣琉球大名誉教授は「日ロ交渉の結論が出せない中、苦し紛れに出した答弁だ。北方領土のややこしい問題を沖縄に絡めることで、住民が多く犠牲になり、日本軍にも殺された沖縄戦の実態をきちんと認識しようという議論が棚上げにされる恐れがある。沖縄戦への日本軍の責任問題があいまいにされるのなら『日本軍によって住民が死に追い込まれた唯一の地上戦』と言い換えることを呼び掛けたくなる」と話した。

敦賀の「舞鶴引揚記念館」を見ても、↑のことを言えるだろうか。
「舞鶴引揚記念館」には、敦賀の人々が引揚者を受け入れた様子だけでなく、シベリア抑留の辛い体験が分かる展示が多くある。
私は、今年2月観てきた。


「日本軍によって住民が死に追い込まれた唯一の地上戦」は、「軍命による集団自決」に繋ぎたい気持ち、有り有り。



【参考】
「沖縄地上戦 国内唯一→国内最大 政府が閣議決定 2010年5月22日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-162452-storytopic-3.html

>政府は21日、「沖縄戦」が先の大戦で国内「唯一の地上戦」とする表現に関し、「沖縄本島及びその周辺のみでそのような地上戦が行われたという認識は必ずしも正確ではない」とする答弁書を閣議決定した。
>その上で「沖縄戦」の表現を「国内最大の地上戦」とした。
>前原誠司沖縄担当相が山岡達丸氏(民主)の「日本国内では樺太などでも地上戦があった」との指摘を受け、「沖縄戦が国内唯一の地上戦であるという表現は必ずしも正確ではない」、「訂正した方がいい」と答弁した
>樺太ではソ連軍による避難船への攻撃や陸上での無差別攻撃で、計約3700人の民間人が死亡したとされる。
手榴弾 (坂田)
2016-04-11 13:25:47
>「渡された手榴弾で住民約80人が集団自決した」

本島2紙は必ず、況や慰霊碑にも手榴弾で皆が自決

と流布しますが、死人に口なしとは良く言えた話です。

手榴弾で皆と書く新聞は観て来た様な嘘を吐く講釈師

と見做して下さい、嘘書いても所詮生存者はいないか

ら、皆地元新聞を信じ易いのです。

ところが、生存者がひとり居ました、皮肉にも救出した

のは鬼畜米兵でしたが。

※昨年3月27日西日本新聞に証言記事が在ります。

本島2紙ではなく、内地の新聞に証言したから報道が

成されたのです。

もちろん、沖縄では報道は在りません。つまり沖縄で

報道したら、先週の鹿屋基地空自墜落事故死6名の

様に、12年前の普天間墜落ヘリ批判社方針と矛盾

します、鹿屋はこの1年で2回8名殉職していますが、

沖縄では報道周知が無い筈です、何故なら鹿屋を報

道したら普天間海兵隊の航空群安全管理が際立って

良く視えるから、新聞には実に都合が悪いからです。


※渡嘉敷島出身大城正光氏79歳証言

みんな、一生懸命手榴弾叩くけど、爆発しないもんだ

から、棒を持って自決が始まったわけよ。

大人達は捕まると手足切られ、無残に殺される前に

死ななくてはならないと話していた。

家族を想うゆえに、子や親を手に掛けて行く人達。

(叔父が)小さい子から始まった。

帯を片一方は木に縛ってね、動かなく成ったら次々に

(叔父は)悪いとは思わない、かえってあの当時の立場

から考えると殺してくれてありがとうと思ってるよ。


※渡嘉敷島の集団自決死者数は1日で329人です。

本島2紙は、自決は上記の様に帯や農具で、家族や

親戚が手を掛け合ったと沖縄県史で開示されている

が、配信記事には今迄手榴弾だけを強調しています

その姿勢とは、しょせん新聞ですから幾ら偏向しても

法に触れずとやかく言う限りは在りません。

然し、偏向ではなく随時この様に情報操作をする事は

真面で善良な社会人のすることでは在りません。







Unknown (Unknown)
2016-04-11 17:58:17
そういや、どこかの掲示板で
島ぐるみで悪だくみ会議って書かれてて
その通り過ぎて笑った!!!
売国2紙の罪は非常に重い。 (清島清)
2016-04-11 19:42:58
戦前戦中のプロパガンダは「鬼畜米英」で集団自決。

今は売国 沖縄タイムスと琉球新報のプロパガンダによって、県民は中国によって民族浄化。

売国2紙の罪は非常に重い。


鬼畜米英 - 朝日グラフ:
http://www.tanken.com/kitikubeiei.html
Unknown (東子)
2016-04-12 08:48:03
「映像が語る島の悲劇 渡嘉敷中、戦後70年で平和学習 2015年3月8日 11:20」
http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-240001.html

>生徒は、2009年8月13日にNHKが放送した「シリーズ証言記録 市民たちの戦争“集団自決″戦後64年の証言~沖縄・渡嘉敷島~」の録画ビデオを視聴した。
>番組では「集団自決」体験者で村住民の小嶺正雄さん(85)、大城政連さん(81)、大城正光さん(78)らが戦前の教育と住民の生活、日本軍の渡嘉敷島での陣地構築などや住民の「集団自決」の様子などを証言している。
>生徒は、約45分のビデオ視聴後に感想文を書いて先生に提出した。
>社会科担当の崎濱秀昭教諭を通じてNHK放送局に送り、5月3日再放送予定の同番組で生徒の感想文がエンドロール(終幕)で放映されるという。
>ビデオを見た1年の玉城風香さんは「戦争は愛する家族同士が殺し合うことになる」と話し、2年の東恩納郁弥君は「日本兵は住民を守らなかった」、また、3年の金城優希君は「集団自決の悲惨さが再確認できた。このことをずっと語り継いでいきたい」とそれぞれ感想を述べた。

「戦争」から一気に「愛する家族同士が殺し合うことになる」に飛躍させるのが、沖縄の平和学習。
「日本兵は住民を守らなかった」と「日本軍=悪者」に飛躍させるのが、沖縄の平和学習。
「集団自決の悲惨さが再確認できた。このことをずっと語り継いでいきたい」、ただし、「日本軍による強制があった」は付け加えないようにね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL