狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

取消し詐欺払拭?知事13日に承認取り消し会見

2015-10-12 07:04:14 | 普天間移設

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

  お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 
翁長知事が、いよいよ明13日、仲井真前知事が行った辺野古埋立て承認を取り消すという。
 
取り消しの切り札と考えられている第三者委員会が「法的瑕疵あり」と結論付けしたのが7
月16日。
 
すぐにでも取り消しを実施するかと思いきや、9月14日の記者会見で「口先だけ」の取り消し表明でお茶を濁した。
 
さらに、国連演説などで時間稼ぎをして内外の同情を集めようという魂胆だったが、我那覇真子さんに「知事の話は嘘です!」と冷や水をぶっ掛けられ、政府との集中協議が決裂に終わったことなどを受け、取り消す方針を表明している。
 
帰任後の県議会では、野党の自民党に「琉球独立を主張するNGOの世話で国連演説の枠を供与され、独立を主張するシンポに参加した」として、厳しい責任追及を受け議場が混乱する場面もあった。(【おまけ】動画参照)
 
このまま取り消しを先送りしていたら「取り消し詐欺」との噂も浮上する有様。
 
進退窮まった翁長知事が最終決断をしたようだ。
 
これまで翁長知事の「優柔不断な先送り」に我慢を重ねてきた沖縄タイムスが、今朝は狂喜乱舞の大見出しで一面トップを飾っている。
 
■一面トップ
 
承認取り消しあす発表
 
辺野古埋立て 知事、午前に会見
 
防衛局、即対抗か
 
会見ライブ配信 沖縄タイムスHP
 
■二面トップ
 
知事の最大権限行使
 
知事発言と取り消し経緯
 
慎重作業固い決意
 
県と前例なき対立
 
見通しをシミュレーション
 
 
■三面トップ
 
辺野古阻止へ第一歩
 
法廷闘争にらみ周到準備
 
国、手続きの正当性主張
 
■社会面トップ
 
新基地阻止 決意新た
 
辺野古承認取り消しへ
 
市民「決意後押し」

辺野古承認、13日取り消し 知事、移設阻止に着手

琉球新報 2015年10月12日 5:05 

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設計画をめぐり、翁長雄志知事は11日、連休明けの13日午前に前知事による埋め立て承認を取り消すことを正式に決めた。辺野古新基地建設に対して県が法的権限を行使した阻止行動に踏み切るのは初めてで、移設問題は重要な局面を迎える。 承認が取り消されれば政府の建設作業は法的根拠を失う。このため沖縄防衛局は取り消し処分の13日には法的な対抗措置の手続きに着手し、取り消しの無効化を求める不服審査請求と、その裁決まで取り消しの効果を止める執行停止を14日午前までには国土交通相に請求する。県は取り消しをめぐり法廷闘争も辞さない構えで、県と政府の対立はより鮮明となる。
 県庁で県幹部や弁護士らと詰めの協議を終えた翁長知事は11日午後、記者団に「その時に報告したい」と述べ、取り消し当日に記者会見を開く考えを示した。記者会見は13日午前10時に開く。ほぼ同時に県職員が取り消し文書を沖縄防衛局に提出する段取りとなる。
 辺野古の埋め立ては2013年3月22日に沖縄防衛局が県に申請し、同年12月27日に仲井真弘多前知事が承認した。一方、翌14年11月16日の知事選では「新基地建設阻止」を公約した翁長氏が仲井真氏に約10万票の大差で勝利し、知事就任後に法律や環境の専門家で構成する第三者委員会を発足させた。第三者委はことし7月16日、前知事の承認に「瑕疵(かし)があった」と結論付け、翁長知事は承認取り消しの意向を固めていた。
 翁長知事は9月14日に埋め立て承認の取り消しを表明し、防衛局側の言い分を聞く「聴聞」手続きを行ってきた。防衛局側は「陳述書」を提出し、「承認手続きに瑕疵はなく、承認の取り消しは違法だ」と反論していた。

                                         ☆

15-10-11-03

>県が法的権限を行使した阻止行動に踏み切るのは初めてで

えっ!初めて?

♪ 思えば遠くへ来たもんだ~♪

昨年11月、仲井真前知事の埋立て承認を取り消すと主張して知事当選。

以来、既に11ヶ月経過してる。 

今年の9月16日の第三者委員会の「瑕疵あり」結論以来3ヶ月も過ぎている。

これで初めて、とはね~。

>沖縄防衛局は取り消し処分の13日には法的な対抗措置の手続きに着手し、取り消しの無効化を求める不服審査請求と、その裁決まで取り消しの効果を止める執行停止を14日午前までには国土交通相に請求する。

埋め立て承認の取り消しによって、沖縄防衛局は、移設先での工事を行うための法律的な根拠を失うことになる。

そこで防衛局は、「承認に瑕疵はなく、取り消しは違法だ」と主張していて、移設に向けた工事を続けるため、直ちに、承認取り消しの効力停止と無効を求める申し立てを行うだろう。

移設阻止に向けて、最大の権限を行使する翁長知事に対し、防衛局も、真っ向から対抗することになる。 今後、両者の対立は法廷闘争へ持ち込まれる公算が大きい。

 

ただ、法廷闘争になった場合、大方の見方では県が敗訴する公算が大きい。 それを一番承知しているのはほかならぬ知事本人。

知事が敗訴を承知の上で取り消しに踏み切るだろうか。

明日になってみないと最終的にはわからない。

現時点では、翁長知事の「取り消し詐欺」の疑念が完全に払拭されたわけではない。

【追記】

海兵隊を悪鬼のように報じる沖縄2紙が決して報道しない感動の記事・

 

64年前の少女は 元米兵の願い

 

【おまけ】

沖縄2紙が決して報じない、沖縄県議会の混乱ぶり。

下手な田舎芝居より面白いですよ!

 

【動画】【沖縄の声】特番!あっぱれな自民党4人の県議会議員、第7回沖縄県議会(定例会)[桜H27/10/10]- 長さ: 53 分。

平成27年10月10日金曜日に放送された『沖縄の声』。本日は、10月5日に行なわれた第7回沖縄県議会(定例会)にて、4人の自民党県議会議員から「埋立承認取り消し」や、「知事の国連演説」、「キャンプ・シュワブゲート
 
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 翁長理事の「取り消し詐欺」... | トップ | 虎の尾を踏むか?翁長知事、... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白くなってきましたね。 (loghouse1736)
2015-10-12 07:37:41
愈々国と沖縄県の全面戦争の火蓋が切って落とされるわけですね。汚萎蛾に勝ち目はありませんけれども、今後が楽しみですね。これで県が敗訴したら汚萎蛾の辞任と稲嶺の辞職は決定的になるでしょうけれどもね。
では、アルプス一万尺の替え歌で…
♪1.い~くら汚萎蛾がゴマメの歯軋り並べたところで法律相手に撃沈するぜ!お前らみたいな無法者には鉄槌を下されるがオチだぜ!
2.結論ありきの聴聞なんか最初からやる必要なんかない!当たり前過ぎて笑っちまった、防衛局も織り込み済だ!
3.到頭国との全面戦争火蓋が切って落とされました!裁判の中で法律論で汚萎蛾は見事に木っ端微塵だ!
4.それで琉球独立煽って暴動起こせば言うまでもなく外患誘致で一発死刑、法律によって討首同然!
…お付き合いいただき有難うございました。
Unknown (東子)
2015-10-12 07:59:50
>知事が敗訴を承知の上で取り消しに踏み切るだろうか。
>明日になってみないと最終的にはわからない。
>現時点では、翁長知事の「取り消し詐欺」の疑念が完全に払拭されたわけではない。

防衛局が受取拒否という予想も出ていまして、どんでん返しもあります。
受取拒否で、翁長知事は「一応、出した」のアリバイ作り。
受付拒否で「取り消し」は発効せず、工事続行。
シュワブ・ゲート前の反対派、発狂。
違法テント撤去と違法駐車の取り締まり、公務執行妨害で逮捕。
を、予想(ふふふ
取り消し詐欺 (狢)
2015-10-12 09:13:50
>すぐにでも取り消しを実施するかと思いきや、9月14日の記者会見で「口先だけ」の取り消し表明でお茶を濁した。

既に記者会見は済んでいるので、黙って実行してから記者会見すべきではないか。

最後まで、「取り消し詐欺」の疑念は消えない。

体調不良を訴えて先送りかも。
Unknown (パパドプーロス)
2015-10-12 09:43:14
菅官房長官が今月末にグアムで在日米軍の負担軽減の視察を行くので
それを踏まえ取り消しの判断をしたいと思うので今回は先送りします。
とか言うのかな?翁長さん(笑)
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-10-12 10:47:30

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「核で平和維持 政府に違和感」の沖縄市・親泊善雄さん(62)は5月13日、6月6日、10月1日に続き今年4回目の掲載。
「『平和の日』に 歌が生まれた」の宜野湾市・神里勇さん(73)は2月14日、4月13日、8月2日に続いて今年4回目の掲載。
「戦争には反対 自衛隊は肯定」の沖縄市・仲川松江さん(74)は2月11日、3月12、30日、4月21日、5月18日、6月30日、8月8日、9月2、23日に続き今年10回目の掲載。
「中国語に挑戦 ニーハオマ?」の沖縄市・金城明男さん(69)は1月24日、2月19日、3月20、31日、4月9日、5月31日、6月1日、16、26日、7月16日、8月2、19、31日、9月13、26日に続き今年16回目の掲載。
「新基地 二見以北に負担」の名護市・森山憲一さん(73)は1月11日、2月1日、8月11日に続いて今年4回目の掲載。
「尖閣諸島、天気晴朗なれども波高し」の那覇市・新垣隆男さん(68)は8月1日に続き今年2回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


名護市・森山さんは6月30日の社会面にシュワブ前で座り込みをしているのが報じられている。


コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL