狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

メア氏に暴行容疑、書類送検、石垣市議ら

2012-03-02 07:10:57 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

朝っぱらから沖縄タイムスの動揺振りには、大爆笑である。

知事選、宜野湾市長選、八重山教科書問、それに司令部壕の説明板問題と、このところ極悪複合体の政治活動は連戦連敗の醜態を晒している。 司令官壕の説明板では知事に、削除するのは「良識」の問題と言われ、さらにしつこく迫ると今度は「常識」の問題と決め付けられた。

反日左翼複合体も昔日の勢いをすっかり無くしたのか、と思っていたらこんなニュースが飛び込んできた。

朝っぱらから爆笑させてもらったのは、これを報じる沖縄タイムスの苦し紛れの記事を見たからである。

昨日予告した「ひめゆり学徒隊には慰安婦がいた」という高嶋教授の妄言に関しては順延です。

メア氏に暴行容疑、書類送検=石垣市議ら09年寄港で―沖縄県警

時事通信社

 沖縄・石垣島で2009年4月、米海軍の掃海艦2隻が寄港した際に在沖縄米国総領事だったケビン・メア氏らに暴行したとして、沖縄県警は1日までに、寄港反対の抗議活動を行っていた石垣市議や市民団体幹部ら男女計3人を暴行容疑で書類送検した。

 送検容疑は09年4月3日、石垣港から歩いて市街地に入ろうとしたメア氏や米軍関係者に対し、暴行を加えた疑い。 

          ☆
 
同じ記事を沖縄タイムスはこう報じている。
 
石垣入港反対の横断幕 窃盗容疑
 
米兵ら書類送検
 
あれ? 送検されたのはプロ市民ではなかったのか。
 
記事の大半は米兵の窃盗容疑について占められている。 
 
メア氏らに対し暴力行為に及んだ市民団体が港に放置して去った横断幕(5千円相当)を米兵2人が記念に持ち帰ったものを後で知った市民団体が窃盗だと騒いだものだが、横断幕は後日返却している。 メア氏に対する暴力行為についてはスルーかと思ったら、最後の部分で申し訳程度に次のように書いていた。
 
一方、寄港時、罪沖米総領事だっただったケビン・メア氏らが住民らをかいくぐってゲート外へ出ようとした際、同氏を押すなどしたとして、県警は1日までに、暴行の疑いで市民団体の役員や石垣市議ら計3人を書類送検した。≫
 
暴力行為に及んだ石垣港に放置されていた横断幕を米兵が遺棄物と思って持ち帰ったが、後に「窃盗だ」さわぎだしたのでその時点で返却されている。
 
県警はバランスをとる意味で一応書類送検はしたが、遺棄物と勘違いしたことを「窃盗」で立件するのは困難だろう。
 
 
 
この石垣市のプロ市民によるメア氏に対する暴行事件は、極左ペンギン市長独裁政権時代の2009年、ペンギン市長自らの陣頭指揮の下に行われた。

まるで戦争勃発!米軍艦の石垣寄港 市長・地元、反対の声

2009-04-04 06:33:18 | ★米兵事件
 
当時の朝日新聞はこう報じている。

米軍艦、本土復帰初の石垣寄港 市長・地元、反対の
2009年4月3日15時0分
石垣港に入港する米海軍の掃海艦パトリオット。岸壁からは抗議の声が続いた=3日午前8時15分、石垣市、松川敦志撮影
 在日米海軍の掃海艦2隻が3日午前8時すぎ、沖縄県石垣市の石垣港に入港した。米軍は「乗組員の休養と友好・親善のため」としている。同港に米軍艦艇が入るのは沖縄の本土復帰後、初めて。入港に反対してきた港湾管理者の大浜長照市長は緊急記者会見を開き、「強制された友好・親善はあり得ない。基地のない島に軍艦が停泊しているのは大変異様な光景だ」と憤りをあらわにした。

 入港したのは、佐世保基地(長崎県佐世保市)の掃海艦「パトリオット」と「ガーディアン」。米軍からの通知によると、上陸人数は計128人で、5日正午に出港予定。

 2隻が沖合から港に近づくと、岸壁では労働組合や平和団体などが抗議集会を開き、約50人の参加者が「軍隊は来るな」「市民は反対してるぞ」と大声を張り上げた。

 遠巻きに見守る市民も多く、ある主婦(60)は「この島は基地ではないし、軍港でもない。米軍はいつでも自由に立ち寄れる港にしたいのだろうか」と不安げだった。

 市は3月初めに米側からの通知を受けて以降、一貫して反対の立場を取ってきた。しかし、日米地位協定は米軍の民間港湾の使用を認めており、自治体に拒否する権限はない。米軍は07年5月にも同港への入港を市に打診したが、大浜市長が反対したため断念。同6月に沖縄・与那国島の祖納(そない)港に入港した経緯がある。外務省によると、全国の民間港湾への米軍艦の寄港は過去5年間、17~28隻で推移している。

■知事「地元の意向に反し入港、疑問」

 沖縄県の仲井真弘多知事は「地元自治体の意向に反し、親善・友好を目的として入港したことには疑問を呈さざるを得ない。米軍基地が集中する本県においては、米軍は米軍施設を使用すべきで、緊急時以外は民間港湾を使用しないよう自粛を強く求める」などとするコメントを出した。

当時の沖縄タイムスの見出しを見ると、一面と社会面のトップをまるで戦争でも勃発したような刺激的な見出しが躍っている。

一面

米艦、石垣入港を強行

2隻 相次ぎ停泊

大浜市長抗議声明  市民団体も反発 明日出港へ

 

三面

にらみあい緊張5時間

米艦船入港 住民「髪逆立つ恐怖

>日米地位協定は米軍の民間港湾の使用を認めており、自治体に拒否する権限はない。

国防・外交は国の専管事項であり、石垣市長が同盟国である米国の艦船の入港を拒否する権限を持っていない。

これに対して、沖縄タイムスは得意技の「識者談話」として、仲地博沖縄大学教授を引っ張り出している。

<政府が「国防・外交は専管事項である」としているのはその通りだが、地方自治体が何も発言できないということはない・・・>

仲地先生、この後苦しい談話を続けているが、大浜市長や市民団体が行ったことは単なる「発言」ではなく「実力行使」だろうが。

地元紙の更新が遅いので地元テレビの動画をリンクする。

2009年4月3日 QAB琉球朝日放送

米軍艦が石垣港に入港

 

アメリカ海軍の掃海艦2隻が3日朝地元の自粛要請を無視する形で石垣港に入港しました。午前8時過ぎに石垣港に入港したのは佐世保基地に所属するアメリカ海軍の掃海艦パトリオットとガーディアンの2隻です。 ...続きを見る (動画あり)

                  ◇

市町談話で「乗組員が街に出て市民とトラブルを起こすのは困る」とあったが、トラブルを起こしているのはどう見ても「市民側」であり、紳士的に行動しているのは艦船側で、市民側の態度は無法集団のゲバ学生と同じだ。

入港の真の目的は、有事に備えて港の水深や島の地形を調べる事だと分析する専門家もいるというが、石垣市は台湾や中国にも近い国境の島であり、中国が頻繁に領海侵犯をする尖閣諸島は石垣市の行政区域のはずだ。

だったら有事の備えて同盟国の米艦船が島の地形を調べてもなんらおかしくは無い。

それよりも石垣市長が頻発する中国の領海領海侵犯に対して一度でも抗議声明を出したことがあるか。北朝鮮のミサイル乱射に一度でも抗議したか。

それどころか、この市長は自衛隊の吹奏楽団が市民会館を借りるのを拒否するような「九条教信者」である。

さらに、市長は乗組員が繁華街でトラブルが心配というが、繁華街で酔っ払って「路上寝」をするトラブルメーカーが沖縄一多いのは石垣市。

人口千人当たりの路上寝込み者が一〇・四件で沖縄一、・・・と言うことは、日本一と言う不名誉な栄冠を得た島だ。

いくらなんでも三面見出しの「髪逆立つ恐怖」は、一寸オーバーではないか、と思うのだが、ひょっとしたらペンギン・大浜市長の逆立つ眉毛を見間違えたのでは・・・。

結局「髪逆立つ恐怖」に怯えたプロ市民が「暴力容疑」送検されるのだから、これもとんだ大笑いである。

暴徒を指揮したペンギン市長が、その後「婦女暴行事件」で告発されるのだから、当時の石垣市はまさに無法状態であったことがわかる。

八重山教科書問題で騒いでいる「ゾンビの会」の面々が、ペンギン市長の下に無法行為を繰り返してきた連中とと言えば、八重山s教科書問題もわかり易い。

 

関連エントリー:

飲んだら寝るな! 飲酒運転多発

【おまけ】

メア氏、沖縄勤務時代の受難の数々

 

イデオロギーまみれの伊波市長はともかく、地元の識者なら給水拒否には批判するだろうという向きもあるが、常識が通用しないのが沖縄の論壇である。

沖縄紙では我が物顔にご高説を垂れ流している地元在住の芥川賞作家の目取真俊先生なら、紛れも無く相手が海軍病院なら、

「水や電気では足らない。 ガスも止めろ!」と仰るに違いない。

何しろ目取真先生は、米国総領事が喫茶店でコーヒーを楽しんでいる時、沖縄の不らち者にコーヒーをぶっかけられる事件が起きても、たしなめるどころか、

「もっと熱いコーヒーをかければよかった」となどとはやし立てるくらいの常識の持ち主だから。

あちこーこーから、うさがらせー

病院への給水拒否なんて理の当然とでも考えているのだろう。

そうそう、外交官」である米総領事にコーヒーをかけるという暴挙を先導するようなざれ歌を恥じも無くブログに書いた先生を批判したところ、筆者が沖教祖の動員を勘違いしたことを取り上げ、無知・妄言とお叱りを受けた。⇒ 狼魔人の無知と妄言

確かに先生方の組合活動には知識が無いので無知のご指摘は逆に光栄に思うが、後に出てくる「漢奸」には吹いてしまった。

誰が誰を裏切ったのでしょう。(爆)

本題に戻って、

イデオロギーのためには、人命に関わる病院への給水をも拒否する伊波市長の暴挙を許せないと思う方ご支援お願いします。

 

【おまけ】

海軍病院への給水拒否から、コーヒールンバ、目取真センセと脱線してしまった。

脱線ついでに、目取真先生の破廉恥な戯れ唄に関する部分を「ウソつきは誰だ!疑惑の銃弾 メア総領事とコーヒー」から抜粋する。

<沖縄人が米国総領事にコーヒーをかけ、暴行を加えても沖縄ではたいしたニュースではないとおもったのか、地元紙はこの程度の小さなベタ記事の扱い。

メア総領事、コーヒーかけられる 無職の男を逮捕(2009.4.6)

                     ◇

被害者のメア総領事は、「沖縄県人すべてが犯人のような考えでないことはよく理解している」と寛大なコメントを出している。

まぁ、被害者のメア総領事がいうように、どの国にも不逞の輩はいるもので、コーヒーを総領事にかけたからといって驚くに当たらないという向きもある。

だが、沖縄の知識人として沖縄マスコミで頻繁にご高説を垂れる作家先生が、「(メアは人相も悪いが、根性も曲がった最悪の総領事」と罵倒したあげく、

「よくやった!」「遠慮せず顔にかけておけばよかった」と自身のブログで戯れ歌を歌っているのにはあきれ果てた

この作家先生がどのような思想を持とうが日本に住む限り思想の自由は保障されるとしても、

暴力を肯定するような戯れ歌のご披露は、日頃の平和主義、暴力否定主義或いは「命どぅ宝」のお題目と矛盾するのではないか。

作家先生の迷作を下記に引用する。

なおタイトルは「お熱いのをご馳走させなさい」とでも言うのですかね。

M:昔アメリカの悪い総領事さんが♪ 乞いを忘れた怒れる男に♪ 痺れるようなあちこーこーの♪ 琥珀色した飲み物をぶっかけられました♪ やがて心わじわじー♪ とっても不愉快このムード♪ たちまち男は悪いメアと喧嘩した♪ コンガマラカス楽しいサンシンのリズム♪ 南の国の情熱のアロマ♪ それは素敵な飲み物コーヒーモカマタリ♪ みんな陽気にかけて怒ろう♪ 愛のコーヒールンバ♪
S:ぬーえんばーが、うぬ歌や?
M:メア在沖米総領事んかいホットコーヒー掛(は)きてぃ、逮捕さってーぬ男(いきが)ぬ記事ぬ新聞かい載(ぬ)とぅてーとぅよ、うり見っち作(ちく)たんばーてー。(以下省略、続きは⇒
あちこーこーから、うさがらせー

作家先生がいくらお嫌いでも、少なくとメア総領事は同盟国の総領事。 

たとえ思想が異なるからといって総領事への暴力行為をけし掛けるような作家先生が、知識人として大手をふるう沖縄は、少なくとも「守礼の邦」でないことは間違いない。

メア総領事は熱いコーヒーだけでなく、火炎瓶もご馳走になっていたのですね。

米総領事館に火炎瓶か 黒スクーターが逃走
2008年7月14日

火炎瓶らしきものが投げ込まれた現場で、捜査する県警捜査員=14日午前5時54分、浦添市当山の米国総領事館敷地内

 14日午前1時15分ごろ、浦添市当山の米国総領事館敷地内の庭に火炎瓶らしきものが投げ込まれ、コンクリート製のステージに当たって発火し芝生30センチ四方を焦がした。・・・

 

【追記】

ブログを読んだ友人からメールが入った。


「学生時代革マル派の活動家だったという目取真先生のこと、相手が海軍病院なら、水道、電気、ガスの停止に留まらず、火炎瓶でも投げ込めと扇動するかも知れない」と。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 



 

 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ひめゆり学徒にもいた慰安... | トップ | 妄言!ひめゆり学徒は日本軍... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (石垣20代男)
2012-03-02 09:11:53
狼魔神様毎日読ませて頂いてます。いつもありがとうございます。
団体のメア氏に対する暴行現場見ました。本当に異様でした。拡声器で「市長(大浜長照)も反対している!」的なことを言って暴行を加えてました。当時民間人で後に市議に成られる方(保守)が訝しげにその様子を眺めてらしたのが印象的でした。携帯カメラで暴行写真撮りました。
その時の団体が9.8の時にも傍若無人に騒ぎ散らしてました。その中に私の中学時代に教壇に立った年配女性教師もいました。いま思えば当時から異様な先生でした。
目取る魔氏も元教師? (安仁屋正昭)
2012-03-02 09:46:15
石垣のヤングマン殿
ブログ主命名のゾンビの会は、有志のみなさんで、二度と公衆の面前にでられないように、その暴挙の数々をビラなり、街宣なりで周知させては如何でしょうか

目取る魔のサングラスは、不気味ですよね
だいたい、グラスを掛ける人は、顔を表に出せない人か、目の悪い人がおもです。
有名人で人目を気にする人もいれば、世間様に顔向け出来ない人もいます
また、視力の弱い人も居れば、目付きのきつい人もいます
昔、神の手を言われていた大山倍達氏は眼力が強過ぎるとグラスをかけていましたが、

目取る魔氏は
グラスのしたの目が異様なのだと、氏をよく知る人物が言っていました
Unknown (石垣市民)
2012-03-02 10:48:58
狼魔人様、毎日のブログ更新、誠に頭が下がる思いです。

私もその現場を見に行きました。
反対集会に参加されてる方は5、60名程じゃなかったかと記憶しています。

その騒ぎが起こっている、わずか100メートル先の公園では青空フリーマーケットが盛大に開催されていました。
そのフリマに参加している人たちは何の騒ぎなのって感じであまり関心が無い様でした。

要は反対闘争をしている人たちはごく少数の同じ顔ぶれの反日左翼プロ市民集団であります。

教科書問題等でもゾンビの会は2週間前から宣伝カーを回したり、半ば強制的に育鵬社公民教科書採択反対集会への参加を呼びかけをしていましたが400名足らず(主催者発表)の参加でした。
その後の開催された県の防災訓練で入港した自衛隊の護衛艦の見学会には入港予定当日の地元新聞で小さい告知にも関わらず石垣市民2200人の見学者(記名受付してるので人数の水増しは無し)がありました。
この差を反日集団はどう見るかですね。

石垣市民は最近の中国の領海侵犯の頻発等を恐怖と肌で感じていて、自衛隊容認の意見の方が圧倒的に多いと思います。
Unknown (宜野湾市民X)
2012-03-02 11:07:44

石垣市民の証言で今回、暴力行為で書類送検された「犯罪者集団」と八重山教科書問題でバカ騒ぎしたプロ市民が一つ穴の狢であることが暴露されましたねwwww
Unknown (東子)
2012-03-02 16:54:48
持ち去られたのは掃海艦二隻が寄港を強行した三日早朝の抗議行動後に、米艦が接岸したF岸壁から見えるようにと「いしがき女性9条の会」がフェンスに掲示した縦一メートル、幅三メートルの横断幕と看板。
英語で「軍艦はいらない 米軍ノー」と書かれてありました。
【しんぶん赤旗 2009-04-09】

そもそも、そんな私物の看板を、港湾管理者の許可なくフェンスに結び付けていいのかな?
野立て看板は屋外広告物法や各自治体の条例に基づいて、設置の際には各都道府県知事に許可申請する必要があるんじゃなかったっけ?


玉津教育長がなさってくださったように、厳格に法律を運用したら、かなり彼らは、追いつめられると思います。
Unknown (嘉手納)
2012-03-02 17:24:11
そういえば、沖縄の17歳の少年に殺害された米軍属の息子オールズハウスさんの事件も扱いが恐ろしく小さかったですね。
オールズハウスさんが殺害された日、沖縄市の某病院にアメリカ人がたくさん駆け付けていたそうです。
蛇足ですが (宜野湾より)
2012-03-02 20:50:59
狼魔人様、コメント欄の皆様、石垣島の現場情報ありがとうございます。
実に面白いです♪
今日のエントリーを拝見してから沖縄タイムスを見てみると。
仰る通り、口角が上がっちゃいます。
それ以外ないなと思っていたら、文化16面で粘着している第32軍司令部壕説明板のことで、渡名喜 守太沖縄国際大学非常勤講師の文がちょっとだけ目に止まってしまったので。

「ある事実、現象があったことを証明する場合、事例を一つでも挙げれば存在は証明され、なかったことを証明する場合、全てにおいてなかったことを証明しなければなかったことは立証できないのである」

だいたい合ってる。
科学的に、「無いこと」の完全証明は不可能です。
この世界のありとあらゆることを調べなければならないから。
「有ること」はひとつ証拠があれば、その事についてあったと立証できる。
それゆえに、「ある」という方が証明しなければならない。
科学じゃジョーシキです。
でもね、必要なのは証拠です。
決定付けるのは「事例」でも「証言」でもありません。
事例や証言ひとつで存在が証明されるなら、幽霊もUFOも存在が証明され、エルヴィス・プレスリーもまだどこかで生きていることになります。
もし渡名喜氏が無実の罪で裁判にかけられたら、「前にもそんなことをしていた」とか「やるのを見た」と証言する人がいるだけで有罪になる。
バカバカしいが、この人が言っているのはそういうこと。
そんなことにはならないから、証拠を追い、追試や再現で検証し、証明するのです。

なので、存在の証明に足る証拠がないうちは「あった」とは書けない、というのは妥当ですから、上の引用に続く

「したがって、証言のある日本軍による住民虐殺や日本軍『慰安婦』の事実は証明されたのであり、県側の論は成り立たない」

は全くお門違いです。
あ、それと削除した側は、「なかった」と否定してませんよ。

で、目に止まったのは、
「草の根保守、草の根ナショナリズムといわれる動きもかなり活発になってきた」
「沖縄の保守勢力は沖縄の平和運動の勢力を殺ぐことに自信を持っているのだろう」
「これに対して対抗する側は相変わらずの優等生的態度、教条主義で対抗している」
と、すこ~し反省中なところ。
で、その解決策は、
「保守勢力による草の根ナショナリズムに対抗するには沖縄人のパトリオティズム(愛郷心)、アイデンティティーに立脚した運動が必要だと思う」

ふわっとしてますねー。
どんなアイデンティティーなんだか。

狼魔人様、毎日のご負担をひとつだけ減らしてみようかとふと思ったのですが出過ぎました、ごめんなさい。
Unknown (涼太)
2012-03-02 23:39:58
狼魔人様

辺野古の環境評価書を、県庁に運び込もうとした運送業者の車を取り囲んだり、県庁の廊下を占拠した映像が全国に流れ、沖縄は無法地帯かと多くの国民が感じたものです。
自治労などの旗もあり、そんな暇があったら仕事しろと思ったものです。
運送業者もチャント法律に従って営業しているのですから、れっきとした営業妨害です。
根底にあるのは甘えですね。
今回の様に他人様に暴力を振るった時は、厳格に法律を適用すべきです。そうすれば甘えも無くなるでしょう。
目取真氏も沖縄の極悪複合体に守られて言いたい放題ですが、逆の立場で考えてみるべきですね。
街を歩いていて、いきなり熱いコーヒーをぶっかられたらどんな思いがするのか、一度考えてみたら良いでしょう。
メア氏にはコーヒーをぶっかけても良いというのなら、目取真氏にもコーヒーをぶっかけても良いという論理も成り立ちます。沸騰したばかりの飛び切りアチコーコーをね。
Unknown (涼太)
2012-03-03 01:45:57
狼魔人様

何度も書きますが、私には沢山の沖縄在住の友人達がいます。
本当に他人のことを自分のことの様に心配し、家族を養うため、決して高くない給料の中で共働きで一生懸命に生きています。
一方で、日本本土への恨みを剥き出しにする人達も多くいます。
その違いが私には旨く表現出来ないのです。
日本本土への恨みを剥き出しにする人達にも、色んな人達がいるからです。
公務員の様に上から目線の人、生理的にヤマトンチューが嫌いな人、イデオロギーに染まった人、ヤマトンチューみたいにあくせくしたくないと言う人と様々です。
その根底にあるのは、反日感情です。
離島故の文化の違いなのか、歴史的背景なのか。
一つ確信を持って言えることは、左翼団体はその様な県民感情を旨く利用していますね。
沖縄と本土のズレ (福岡のアラカンジン)
2012-03-03 03:51:21
興味深く読ましてもらっております。日本を取り巻く状況、特に中国の拡張路線の中で、余りにも卑屈のなっている日本が、悔しく、心配でなりません。そうした中、日本防衛における沖縄の米軍のプレゼンスは欠かせないと思います。確かに、終戦時の「沖縄犠牲」には、本土の我々も心を痛め、余り沖縄に無茶な要求はできいないと思いますが、もし、沖縄の米軍が撤退したら‥と、考えただけで恐ろしくなります。間違いなく、中国の攻勢が執拗に続くであろうことは明瞭です。ケビン・メア氏の発言はまともであり、彼は大好きな日本のことを思って苦言を呈しています。それに、まともに応えようとしない我が国政治家、左翼知識人が情けなくなります。沖縄の良識陣野発言や皆さんの活動がもっと大きく報道されることを期待します。
嬉しい (宮古島より)
2012-03-03 07:16:15
福岡のアラカンジンさんへ^^。

>確かに、終戦時の「沖縄犠牲」には、本土の我々も心を痛め、余り沖縄に無茶な要求はできいないと思いますが、

 ネックネームから福岡在住の方だと推察致しておりますが、本土の方のこのようなご意見を、一人の沖縄県民として嬉しい気持ちでいっぱいです。

 東アジアの実状に伴う日本の国防上、また、沖縄の地政学上の重要性を一義的に主張し、米軍基地の存続をこれまで通り望む本土の保守論調が多く見受けられるなか、福岡のアラカンジンさんは、戦後の沖縄が日本の国防の一翼を担ってきたことを理解しておられます。このようなコメントは、沖縄の良識陣にとって勇気が湧いてきます。

 憲法改正しない限り、現在のところ日米同盟を機軸とし在沖米軍のプレゼンス低下を招くことなく日本の安全保障をいかに構築するか?沖縄県民は現実的に考えなければなりません。
(いわゆるヘイワ団体と反日左翼の方々へ)「命どぅ宝」の理想は大切です、ならば命を守る手立てを持つ必要が現実的にあります。

 沖縄は本土と運命共同体です(国として当たり前だけど)。沖縄の良識陣営は中国の覇権主義には屈することはない。
Unknown (東子)
2012-03-03 19:57:47
>その根底にあるのは、反日感情です。

本当に沖縄の反日感情は、やっかいです。

ところで、いつから、なぜ、反日感情は育ったのでしょう?
本土復帰を目指して、結成された沖縄県祖国復帰協議会は、沖縄教職員会が中心団体です。
教職員が、日本復帰を願ったにもかかわらず、今は反日行動。
戦争で酷い目にあわされた(と思っている)相手(=日本)になぜ、復帰を願ったのかが、私の疑問です。

「復帰運動は反米・反戦色を強めるようになり、事あることに琉球列島米国民政府と対立するようになった」という資料を見つけました。

つまりは、沖縄県人は、いつも、時の政府に反旗を翻すということでしょうかねぇ。
今の反日感情は、日本が嫌い、中国が好きというより、「反対、反対」を言う相手に日本政府を選んでいるだけで、「結果、反日」になっているだけということでしょうか。
「基地」を人質にとって、今が一番、「反対、反対」を言い易い環境なんでしょうか。

そうではなくて、
まず、アメリカから離れ
次に、日本から離れ
最後は、中国と一緒になる
という壮大な目論見があって、今は、その途中?
沖縄の言論界は? (福岡のアラカンジン)
2012-03-04 04:19:12
沖縄には、「反対、反対」が言い易い環境にあって、皆と同じ行動をとると「小さな誤謬」に「寛容」である。「ぬるま湯」的状況があるのでしょうか?。組合活動に熱心な人々は、違った考えの他人の揚げ足取りには熱心ですが、自分たちの行動には、余りにも「寛容」な傾向がありました(公務員、教職員が特に)。
 我々の周囲ではそうした状況は自制されてきていますが、沖縄はマダマダ?。それとも、宜野湾市長選前の報道等からは、無法地帯に近くなっているのでしょうか?。以前、櫻井よしこさんが「『集団自決に軍命はなかった』と口に出せない沖縄『言論封鎖社会』」で沖縄マスコミの異常さを書かれていました。それを読んだ時は、半信半疑と彼岸の事のように思っていましたが、このブログ及び反対論を唱えてある方々のブログを見るにつけ、沖縄・言論界?の異常さが気になります。
私見ですが (宜野湾より)
2012-03-04 16:35:21
東子様

復帰前の公務員や教員が復帰を熱望したのは、そのほうが自分たちの給料が高くなるからということですから、「人権はカネになる」というシンプルな話が、手を変え品を変えながら今に至っているように感じます。
ただ、中味が虚ろなことを叫び恨み辛みを言い募る姿には、どうしても半島人のメンタリティを見てしまいます。
韓国には「親日財産還収法」「親日行為真相究明法」という、盧武鉉政権が制定した法律があるそうで、過去に遡って親日行為をした者を罰し、一族の財産を没収するといいます。
私たちからは考えられないメンタリティです。
沖縄の半島人がいつ頃からどれだけ増殖していたのか、私には正確にわからないので感覚なのですが、半島人とその影響を受けた者も多いのではと。
こうした反日行動を取る者たちは「とにかく沖縄、日本を貶めたい思想+カネ」な行いで結果的に中国に誤ったメッセージを発していますし、こういった者たちに混じって利用する中共のエージェントはいて、離反工作に励んでいるだろうと思います。
Unknown (東子)
2012-03-04 17:03:30
宜野湾より様

私見をありがとうございます。

>人権はカネになる

激しく同意します。
まさに、それが、沖縄に限らず、全国に共通していると思います。

「弱者救済」「差別解消」、日本にそれらが必要な時期はありました。
「思いやる心」のある人は高尚であるということから、進歩人と言われる人、票が欲しい人が、「弱者救済」「差別解消」を連呼してきました。
その結果、どうなったか。
貶すことは上手になりましたが、努力した者を評価しない世の中になりました。
評価しないだけでなく、評価する能力も失いました。

「反対、反対」と言っているとお金が降ってくるような世の中は、変えなければなりません。
法を守っている者、努力している者が、報われるような世の中にしなければなりません。

生意気なことを書きましたm<>m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【 日々の感謝 】 記事タイトル一覧・5 (【 日々の感謝 】)
「藤原大士の一日一言」 タイトル一覧 1090話~1118話 「神道へのいざないブログ」 タイトル一覧 第26話~第46話 森羅万象すべてのものに、神様は宿られる 目に見えないものは、存在しないのか 在(あ)りて在(あ)るもの 『わが子であっても、親の...