狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「教科書問題」臭いものは元から絶たなきゃ駄目!

2007-12-29 12:57:10 | 教科書

昨日に続いて本文が消失です。

17時55分頃には本文記事の存在を確認しているのですが、某ブログにTBを張った瞬間、消失しました。

少なくともコメント下さった松五郎さんは本文を読んでいます。

意味不明ですが意気消沈、がっくりです。

二度あることは三度あると言うので次回は保存してからエントリします。

                     ◇

【追記】18:35

校正前の下書きが残っていましたので再エントリします。

                     ◇

臭いものは元から絶たなきゃ駄目!

臭いものを芳香剤等で誤魔化しても消臭の根本解決にはならない。

いやむしろ臭いが混ざって以前より不快なにおいを放つ場合だってある。

どんな難問でも、キチンと正面から向き合って真剣に対処しないと後にに必ず禍根を残すことになる。

臭いものに蓋をしては駄目!

                      *

今回の教科書騒動に対する文科省の決定は、臭いものに蓋はしないまでも、

芳香剤を振りかけて臭いを誤魔化したという結果に終わった。

テレビなどでよく映される裁判の判決の場面などで、

勝訴した側は「前面勝訴」と書いた紙を掲げ歓喜の声をあげ、

敗訴した側は「不当判決」という紙を掲げ怒りの拳を突き上げる。

今回の文科省の決定を判決に例えるなら、当初は両陣営とも「不当判決」と怒りの拳を突き上げた場面だろう。

ところが実際は両陣営にも賛否両面に評価が分かれていた。

「強制なし派」(注1)の藤岡拓大教授は今回の決定を「反軍イデオロギー」を全面的に認めた愚かな決定と全否定している。

反軍イデオロギー」全面容認の愚、「パンドラの箱」開けた文科省 拓殖大学教授 藤岡信勝 (世界日報)

こんな記事もあった。
自民党歴史教育議連、教科書“再検定”を批判

その一方同じ「強制なし」派で「免罪訴訟裁判」の徳永弁護士は次のように今回の決定を評価している。 

 <回の検定に関するわたしの評価ですが、すでに述べたように、本当によかったと考えています。検定審議会の委員の方々は、理不尽な政治的圧力に屈することなく、その職務をよく尽くされたと評価しています。

まず、「隊長命令」はもとより「軍の命令」も「軍の強制」までも否定し、全教科書から「軍命」も「軍強制」が削除されたことは、本当によろこばしいことです。>(草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN

「軍命」も「軍強制」も教科書から消えたのなら、責任が,大江被告が言うように、タテの構造に有ろうとも、現場の戦隊長の責任では無いことになる。

個人の名誉毀損を争う裁判の原告代理人であれば、裁判自体を考えれば、この決定を評価して当然だろう。

注1)当初、軍の命令の有無が争われていたが「軍命」を証明する客観的証拠が無い現在、「軍命あり派」は「軍命」から「軍強制」に摩り替えて議論されているので、以後等日記では「軍命あり派」、「軍命なし派」をそれぞれ「強制あり派」、「強制なし派」と」表記する。

「強制あり派」の評価も大きく分かれた。

「強制」認めよと抗議集会 検定審に評価割れる沖縄 (12月27日 22:07) 

 「9.29県民大会」 の仲里実行委員長は、当初「不満は残るが記述はほぼ回復され、検定意見は事実上撤回されたと理解する」と一定評価を表明していた。

この仲里委員長は沖縄県議会議長の要職にあり、衝撃的な「毒おにぎり」証言と、政府要人への数多くの抗議会見等でマスコミには顔と名前を十分に売り込んだと思ったのか、当初「実行委員会」の解散を示唆していた。

ところが「実行委員会」は役員に「女子供」関連の団体会長を立てて、その本来持つ政治臭を薄める作戦を立てた。

玉寄哲永副委員長は「沖縄子ども連」の会長だし、

役員の中山きく女史は元女子学徒隊でつくる「青春を語る会」の会長で、どちらもご高齢の様子。

「実行委員会」が解散したのではやることが無くなってしまう。

彼らの反対や平和団体や教職員組合の反対表明により、結局はこんなことになってしまった。⇒ 「軍が強制」認めず/関与記述復活

仲里議長も逃げられなくなったようだ。

こうなったら仲里議長も、毒おにぎりを食らわば、・・・じゃない、毒を食らわば皿までの心境なのだろう。

いずれにせよ今回の文科省決定は、いくら検定意見が付いても大声で騒ぎ立てれば教科書は書き換えられるという悪しき前例を作ってしまった。

それに自信をつけた「強制あり派」年明け早々上京して抗議行動するという。⇒ 証言否定「容認できない」 実行委、年明けに上京へ  

 

だったら、「強制なし派」も負けずに大声を出して欲しい。 

「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝会長は、かつてこんなことを言っていた。

政治介入への違法性指摘 教科書検定 撤回求める動きで有識者ら
<・・・「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝会長は、教科書検定が撤回された場合、「文科相を相手取って訴訟を起こす」ことを明らかにした。>(世界日報 12月14日)
 
今回の決定は事実上の(検定意見撤回」だといっているのだから、是非とも提訴に持ち込んで欲しい。
 
冒頭に述べたように今回の文科省の決定は臭い汚物に芳香剤を振りかけて臭いを誤魔化したようなもので、後で前にも増した悪臭が噴出しないとも限らない。
 
いずれにせよ文科省は今回の決定で大声を出して騒げば教科書は書き換えられる悪しき先例を作った。
 
だとしたら「強制なし派」も、「強制」は勿論、
 
「関与」といったあいまいな表現は全て削除するように大声を出して文科省に働きかけるべきである。

ご賛同の方、クリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福田首相は小渕元首相の対中... | トップ | 権威と権力 左翼勢力の攻撃... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蓋を開けて臭い物を除去しよう (松五郎)
2007-12-29 14:37:04
はじめまして。決定報道があった日に朝日の社会面はほとんど1ページを使って「軍の強制が消えた」と煽っていました。そして林博史で締めくくったかと思いきや、最後に秦郁彦元千葉大教授の談話を載せていました。わずか13行しかなかったが最後だったから特に目立ちました。「旧軍のせいにしてお手軽なことだ。死者をおとしめてはならない。尊厳死ではないか」というものでした。真実はここにあります。さかしらにどんなに複合要因を引っ張り出してきても、最終的に自決を決断したのは本人以外にはありえないのですから。複合要因説は今後両刃の刃になるかも知れません。
Unknown (狼魔人)
2007-12-29 18:26:06
松五郎さん

ご来訪ありがとうございます。

折角コメントをいただいたのですが、ご覧通り本文が消失してしまいました。

>最終的に自決を決断したのは本人以外にはありえないのですから。

仰るとおりで、生き残った人たちは家族を殺して自分は生き残った贖罪意識で、軍に責任を擦り付けていますが、 

死んだ人たちも「軍の命令」で死んだなんていわれたら、彼らを意思の無いロボット扱いしたことになり、結果的には死者を冒涜することになります。

ところが「軍命あり派」それに気がついていないか敢て知らん振りをしています。

次回から消失させませんので又コメント下さい。
申し訳ありません (KAZUKAZU)
2007-12-29 18:34:56
せっかくTBいただいたのに申し訳ありません。
とりあえず送っていただいたTBは
はずさせていただきました。

私も今回のエントリーの本文は読んでいますし、
なぜかTOPのページからは途中まで出ているのが今も見えます。
とりあえず、拙ブログからのTBを外してみて
いただけないでしょうか。
Unknown (狼魔人)
2007-12-29 18:54:10
KAZUKAZUさん

わざわざコメントありがとうございます。

貴ブログの拙ブログへのTBで消失したわけではないことは確かです。

6時ちょっと前にこちらから貴ブログにTBを張った直後に消失しましたが原因が貴ブログのせいかどうかは不明ですので、気になさらないで下さい。

ご覧の通り書きかけの原稿が有りましたので気を取り直して再エントリーしておきました。

どうも良く分からないというのが本音です。
関与 (沖縄の憂鬱)
2007-12-29 19:04:00
こんばんは

保守系の方の中には、強制が消えてよかったと仰るむきもあるようですが、狼魔人さんも仰るように、関与
の記述は左翼特有の言葉遊びで、慰安婦のときと
いっしょですね。反日の連中の運動は、5を要求する
場合、5の運動ではなく、8~10の運動で要求して
きます。そして、最終的に5~7の成果をだしてきます。保守系はその点、おとなしく5の要求には
5か4ぐらいの運動になってます。ですから、成果としては、2~3ぐらいのものですね。少し彼らに学ぶ
時かもしれません。
足りない (ヒロシ)
2007-12-30 09:15:17
今回の検定は結局物足りないですよね。
沖縄の憂鬱さんもおっしゃっていますが、慰安婦のときと同じですね。
保守ももっと頑張らなければいけません。

来年もよろしくお願いします。

Mikaさんからも狼魔人さん、沖縄の憂鬱さん、よろしくお願いしますとのことでした。
Unknown (狼魔人)
2007-12-30 12:58:30
◆沖縄の憂鬱さん

>反日の連中の運動は、5を要求する
場合、5の運動ではなく、8~10の運動で要求して
きます。そして、最終的に5~7の成果をだしてきます

この手の駆け引きには連中は慣れていますね。

暴力団か暴力バーの手口です。

法外な値段を請求して脅しておいて、途中で大幅に値引きすると、思わずホッとして支払ってしまう心理をついているのですかね。

おっと、私は暴力バーに遭遇したことはありませんヨ、念のため。(笑)

>少し彼らに学ぶ
時かもしれません。


◆ヒロシさん

>今回の検定は結局物足りないですよね。

不満な気持ちは同じですが、落ち込んでしまっては相手の思う壺で、敵は既に年明け早々抗議だんを上京させるといっています。

気を取り直して頑張って生きましょう。

>Mikaさんからも狼魔人さん、沖縄の憂鬱さん、よろしくお願いしますとのことでした。

Mikaさんのブログ、消失していますがどうしたのでしょうか。

こちらからもよろしくと伝えてください。

私も昨日、一昨日とブログ記事消失で気が抜けましたが、多分自分が何かポカを遣ったのだと思います。

来年も又よろしくお願いします。









彼らに学ぶのは癪ですが、これも情報戦争の一つだとみなせば、敵を侮って敵に学ばざれば戦いに勝てませんね。
Unknown (Unknown)
2007-12-31 18:24:17
◆沖縄の憂鬱さん

上記コメントの

>少し彼らに学ぶ
時かもしれません。

の下に

<彼らに学ぶのは癪ですが、これも情報戦争の一つだとみなせば、敵を侮って敵に学ばざれば戦いに勝てませんね。>と書くべきを、ヒロシさんへのレスの下に書いてしまいました。

元々校正能力が弱いのに例の文科省決定以来、校正力が崩壊、いや、それどころかPC操作までおかしくなって二日連続で記事を消失させてしまいました。(笑)


◆ヒロシさん

意味不明な文末ですみませんでした。
Unknown (狼魔人)
2007-12-31 19:03:58
又記名漏れです。

上記コメント狼魔人です。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
シリーズ沖縄・公文書秘録その3 (そしてぼくらは途方にくれる ~人権という名のファシズム~)
新里銀三君 ダレス特使は一月二十五日より十八日間に亘って東京で各層の人々と 講和会議につきまして色々と談じております。その中に領土問題に論究致しましたが、 私はポツダム宣言の条項を変更に来たのはないと明らかにするし、 早く日本の主権を回復させる、その領土...