狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

棄却!日本人の誇りを捨てた裁判、沖縄戦被害・国家賠償訴訟

2016-03-17 07:33:07 | ★集団自決

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

  ※お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

今朝の沖縄タイムスは三日連続で一面トップを「米兵暴行事件」でかざり、さらに合計4面を使って狂気乱舞の余韻に浸っている。

犬が人間を咬んでもニュースにはならない。

が、人間が犬を咬むとニュースになる。

犬が人間を咬むという良くある出来事は報道されないが、滅多にない出来事は大きく報道されるという例えだ。

沖縄メディアが連日このように大騒ぎするということは、沖縄県民の性犯罪はニュースにならないが、滅多に起きない米兵の性犯罪だから、大騒ぎすのだろうか。(笑)

一面トップは「米兵婦女暴行」関連に譲ったものの

■一面左トップはこれ。

沖縄戦被害 賠償認めず

那覇地裁 住民の請求棄却

憲法施行前 国を面免責

■社会面トップ

裁判3年半 判決10秒

沖縄戦国陪訴訟

怒り・涙原告ら落胆

平均79歳「勝訴まで闘う」

国を免責原告へ配慮なし

各地で原告側敗訴

裁判官は法律の専門家であっても、全知全能の神ではない。

したがって法廷は法律論で判決を下すものであり、感情に動かされて判決を下すものではない。

今回の「国家賠償訴訟」は、真っ当な判決である。

 

沖縄戦被害・国家賠償訴訟 住民の訴え棄却

沖縄タイムス 2016年3月16日 14:15
 沖縄戦で身体・精神的被害を受けたとして、住民とその遺族79人が謝罪と1人あたり1100万円の損害賠償を国に求めた「沖縄戦被害・国家賠償訴訟」の判決が16日午後、那覇地裁(鈴木博裁判長)であった。鈴木裁判長は、住民ら原告の訴えを棄却した。

» 沖縄戦体験者の訴え…訴訟の争点は

 太平洋戦争当時、空襲などの戦火に巻き込まれた民間被害者たちが損害賠償などを求める集団訴訟は、名古屋、東京、大阪でも起きたが、いずれも最高裁で訴えは退けられている。

 住民側は、元軍人らは法律にのっとって救済されてきたのに対し、国が住民や遺族らを救済する法律を作ってこなかったことを指摘し、平等を保障する憲法に反するなどと訴えていた。

 一方、国側は太平洋戦争当時、国の賠償責任を認める法律はなく、民法で認められた賠償請求できる20年が過ぎていることを挙げ、住民側の権利が消滅しているとして却下を求めていた。

                 ☆

 

昨日那覇地裁で、沖縄戦の遺族らが国を訴えた「国家賠償訴訟」が全面的に棄却された。

 

沖縄メディアの報道を見ると、あたかも沖縄戦の遺族全員が「オール沖縄」でこの裁判に参加しているような印象を受けるが、これは大きな間違いである。

 

この裁判は約3年前に原告代理人の瑞慶山茂弁護士が新聞の協力を得て原告団を募り、急ごしらえで訴訟に及んだものである。

 

【必読】 ⇒人権派弁護士の売名行為、捏造された慰安婦問題と集団自決問題

 

■「オール遺族」の裁判ではない。

この裁判を遺族全員が支援するどころか、むしろこの裁判を冷ややかな目で見る遺族の方がはるかに多い。

 

沖縄県民は沖縄戦において愛国心にあふれ、国軍とともに勇敢に戦った。

 

それは海軍太田實中将の打電文が詳しく報告している通りである。

 

「…沖縄県民斯ク戦ヘリ県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ…」

 

圧倒的物量を誇る米軍の猛攻撃に対し、沖縄県民は必死の抵抗をしたことは太田中将の電文にあるとおりである。 沖縄県民は本土防衛の防人となり、米軍の本土上陸を防いだため、祖国を救ったという自負と」誇りに満ちていた。

 

ところが祖国復帰前後、沖縄に流入してきた反日サヨク勢力と」沖縄メディアの蠕動である。

 

彼ら、沖縄県民の誇りを汚し、沖縄戦は「日本軍と沖縄県民の戦い」であるかのように沖縄と本土の分断を目論む。

 

その象徴が「国家賠償訴訟」である。

 

彼らは戦没者に対し、「犬死だ」「捨て石にされた」などと冒涜の限りを尽くし、国に対して強請りたかり、をしているに過ぎない。

 

戦後、この特殊な集団が拡散した国の誇りを冒涜する嘘の数々は、「軍命による集団自決」、「南京大虐殺」、「従軍慰安婦」など枚挙に暇がないくらいだ。

 

記事では無視されているが、沖縄戦の遺族に限って、民間人にも援護法が適用されている事実を忘れてはいけない。

本来軍人・軍族の遺族を対象にした援護法を沖縄戦の遺族に限ってゼロ歳児を含む民間人にも適用した。

これは、前述の太田中将の「県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ…」との電文に対し、国が報いたものと考えられる。

ところが、民間人を「軍人と看做す」根拠に、「軍の命令による自決」「軍の壕追い出し」「軍の食糧強奪」など、「軍に関わる事で被害を被った民間人」、としたため思わぬ事態が発生する。

反日サヨク団体や沖縄2紙による「残虐非道な日本軍」を喧伝する大キャンペーンだ。

「残虐非道な日本軍」の暴挙を援護法の請求書に記述したら、ほぼ無条件に援護金が支給されたのだ。

「集団自決軍命派」の先導者である石原昌家沖国大名誉教授などは、「国の指導で歴史を捏造させられた」(嘘の軍命を書いて援護金を貰った)などと延べ、「軍命はあくまで援護金請求の方便だった」などと証言していながら、その一方では「集団自決は軍の命令による」と大嘘をつく有様である。

おっと、肝心の裁判の争点に言及する前に、少々熱くなってしまったが、法律論はあまりにも明白すぎて「10秒」で充分であった。

最後に繰り返すが、「国家賠償訴訟」は、沖縄の「オール沖縄」ならぬ「オール遺族」が支援しているわけではない。

原告は、戦時中の沖縄県民が日本人としての誇りを持って闘ったことを忘れ去って、あたかも被植民地の人間が強制労働で戦わされたかのような主張をしているが、これは現在慰安婦問題などで損害賠償を求めている朝鮮人と軌を同じくする。

強請りたかりの「国家賠償訴訟」の成り行きを醒めた目で見ている日本人としての誇りを守る沖縄県民(の遺族)が多数いることを忘れてはいけない。

沖縄戦被害・国家賠償訴訟きょう判決 那覇地裁

2016年3月16日 10:30
 
 
【おまけ】
 
読者の東子さんが「国家賠償法」関連の記事を多数リンクして下さったので、以下に保存記録として引用します。 

 

 

■「沖縄戦被害・国家賠償訴訟きょう判決 那覇地裁 2016年3月16日 05:00」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=158737

>原告の住民は「集団自決(強制集団死)」の強制や壕追い出し、10・10空襲などの被害者や遺族。
>旧日本軍は沖縄戦で住民を守らず戦闘を続け、一般人への被害を拡大させたと指摘。
>民法の不法行為に当たるとしている。
>また戦後、民間人の被害を補償する法律を制定してこなかったと国の不作為を批判。
>国は国家賠償法に基づき、賠償責任を負うべきなどと主張している。
>一方国側は、旧日本軍の戦時中の行為や国家賠償法施行以前での国家の行為から生じる損害について、国は賠償責任を負わないと主張。
>また「原告らの請求は法に基づかない」と指摘。

「原告らの請求は法に基づかない」と指摘。
そう、なんです、「原告らの請求は法に基づかない」のです。
だからこそ、「民間人の被害を補償する法律を制定してこなかった」と言って、賠償請求している。


>「沖縄戦の実態や原告らの被害の事実を確定するまでもなく、棄却されるべきだ」としている。

東京、大阪に似た訴訟が起こされているが、いずれも原告敗訴。
それでも沖縄で訴訟を起こすのは、「沖縄戦は特別だから、沖縄を特別扱いせよ」が根底にある。

彼らには、東京大空襲、大阪大空襲の被害は、頭にないのか。
広島、長崎の原爆被害は、頭にないのか。


米兵犯罪、爆音などを理由に基地に関して米軍を非難するが、戦争被害で米軍を非難するのを、見ない。
日本軍と日本政府が悪いという非難ばかりである。



【参考】
「痛み「70年消えたことない」=戦争被害、国に謝罪求める―沖縄戦訴訟・地裁 2015年6月17日」
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150617/Jiji_20150617X827.html

沖縄戦訴訟は、南洋戦訴訟と一対をなす↓。


「民間戦争被害者、統一原告団を結成 謝罪と賠償求める 2013年10月13日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-213750-storytopic-1.html

>昨年提起された沖縄戦被害訴訟と、ことし8月に提起された南洋群島の戦争被害訴訟の両原告団の上部組織として「統一原告団」を結成した。
>「統一原告団」は両原告団をより効率的に運営するのが狙い。
>名称は「沖縄戦被害・南洋戦被害国家賠償統一原告団」とし、団長には沖縄・民間戦争被害者の会の野里千恵子団長(77)が就任した。
>瑞慶山茂弁護団長は「裁判の目的は戦争をした国に謝罪と補償を求め、それを通じて恒久平和を確立することだ。法廷の外でも大きな世論をつくっていきたい」と話した。


「沖縄戦」訴訟
  那覇地裁(酒井良介裁判長)
  弁護団長:瑞慶山茂弁護士
  訴訟原告団長:野里千恵子氏
  賠償金:1100万円
  母の一緒にと言う言葉を聞かず父が引き揚げ船に家族を乗せた。
  パラオからフィリピン、台湾を経て引き揚げる途中、マラリアや栄養失調で母やきょうだいなど家族4人を失った上原和彦さん(2013/11/14 75歳)現在=南城市=は6歳の時にグラマン機に狙われて機銃掃射をあびた記憶が「今でもフラッシュバックし、生涯忘れることができない」と言います。
  上原さんの父親(引き上げ後、父と会えたのですね)は戦後に援護法に基づき補償を申請したが、役場の担当者に「台湾では戦争はなかった」として認められなかったという。

「南洋戦」訴訟
  那覇地裁(鈴木博裁判長)
  弁護団長:瑞慶山茂弁護士
  訴訟原告団長:野里千恵子氏
  賠償金:1100万円
  宮古島市下地上地で生まれ育った豊見山貢宜さん(2015/03/05 76歳)=南城市=は、6歳のころ日本軍に飛行場建設作業を強制され、米軍機から攻撃を受け、両足4カ所に弾が貫通する重傷を負った。
  2000年に援護法適用を申請したが、宮古島市では地上戦がなく軍属には当たらないとして却下された。


訴訟原告団長:野里千恵子氏は、4月28日を「屈辱の日」と呼ぶ人。
宮古島の(陸軍、海軍共に)飛行場は終戦の1年前の昭和19年9月までに完成していたと思う。

「東京大空襲巡る損賠訴訟」の弁護士でもある瑞慶山茂弁護士は、「東京大空襲巡る損賠訴訟」や「大阪大空襲訴訟」で勝利すれば、「沖縄戦訴訟」と「南洋戦訴訟」の勝利に繋がると言っていたが、完敗というたいへん残念な結果に終わっている。


「東京大空襲巡る損賠訴訟、被災者らの敗訴確定 2013/5/9」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0901Z_Z00C13A5CC0000/

>最高裁第1小法廷(横田尤孝裁判長)は9日までに、原告側の上告を退ける決定をした。
>一審・東京地裁判決は「当時の日本国民のほとんどが何らかの形で戦争被害を負っていた。裁判所が救済基準を定立し、選別することは到底困難」と指摘。
>「立法を通じて解決する問題で、違憲とはいえない」として原告の請求を棄却した。
>二審・東京高裁判決も支持した。


「大阪大空襲訴訟、原告の敗訴確定 最高裁、上告退ける 2014年9月17日」
http://www.asahi.com/articles/DA3S11353665.html

>最高裁第一小法廷(横田尤孝〈ともゆき〉裁判長)が11日付の決定で、原告側の上告を退けた。
>11年12月の一審・大阪地裁判決は「戦争被害に対する補償は国会の広い裁量に委ねられる」と指摘。
>「軍人らへの補償との差が明らかに不合理とは言えない」とし、請求を退けた。
>13年1月の二審判決は、過去の最高裁判決で示された「戦争被害は国民が等しく耐え忍ばねばならない」とする「受忍論」を引用。
>一審の判断を支持していた。



「沖縄戦訴訟 那覇地裁、原告の賠償請求棄却 国の責任否定 2016年3月16日 15:23」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-239851.html

>沖縄戦で被害を受けた民間人や遺族ら79人が国に謝罪と損害賠償を求めた「沖縄戦被害国家賠償訴訟」の判決が16日、那覇地裁(鈴木博裁判長)で言い渡された。
>鈴木裁判長は原告の訴えを全て棄却した。
>原告の全面敗訴となった。
>判決後、瑞慶山茂弁護団長は「国の主張を引き写したような1晩2晩で書ける内容で歴史的な悪判決だ」と述べた。

どこで裁判しようと、何度しようと、論理は同じだから、同じ結果になる。


東京大空襲の被害の訴えに対する東京地裁の裁判長の言葉が、心に響く。
「当時の日本国民のほとんどが何らかの形で戦争被害を負っていた」

そうなんですよね。
戦争被害を負ったのは、沖縄戦だけが特別でないし、沖縄だけが、特別でない。

昭和天皇は全国を回って、国民を励まして回られた。
日本国民は、必死に復興に取り組んだ。


本土は米軍施政が7年だったが、沖縄は27年で本土より20年、長かった。
沖縄戦が特別と思わないが、それでも米軍施政が長かった分、本土とは違う苦労があっただろうと、早く本土並みになって欲しいと沖縄を援助した。
そう思って援助して、もう44年になる。
20年の倍、援助している。

 

【参考】
「東京大空襲巡る損賠訴訟、被災者らの敗訴確定 2013/5/9」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0901Z_Z00C13A5CC0000/

>一審・東京地裁判決は「当時の日本国民のほとんどが何らかの形で戦争被害を負っていた。裁判所が救済基準を定立し、選別することは到底困難」と指摘。

「大阪大空襲訴訟、原告の敗訴確定 最高裁、上告退ける 2014年9月17日」
http://www.asahi.com/articles/DA3S11353665.html

>過去の最高裁判決で示された「戦争被害は国民が等しく耐え忍ばねばならない」

■何度も、同じ内容で訴訟を起こすのは、なぜ?

繰り返される訴訟といえば、「爆音訴訟」がある。


「【米軍基地反対闘争】」
http://kenjya.org/okinawa3.html

>●これと同じ話しを別の男性から聞いたことがある。
>女性にアンケートを強要したのと同じ男が「ウン万円を払えば百万円をとってやるからお前も参加しないか」と勧誘された。
>その男は普天間基地周辺のいろんな人からカネを集めているという。
>そして、信じられないことにこの男、なんと現職の宜野湾市議なのである。
>裁判とは「普天間爆音訴訟」のことで、現在、第二次訴訟団が組まれて訴訟を行っているが、現在3千4百名の原告がいるという。
>そして前に実際にこの裁判に参加して百万円をもらったり、それで新車を購入したりして喜んでいる人もいるのだ。
>●他にも大勢の人々が勧誘活動をし、カネを集めている。
>普天間基地で騒いでいる左翼が、基地のフェンスに勝手に掲げている赤い旗の下には、「普天間爆音訴訟団」と書いてある。
>彼らが勝訴し慰謝料を国からむしり取ったあとは、参加者一人当たり100万円から150万円が渡る。
>そしてその中から成功報酬として5~10%の成功報酬を取るととんでもない金額になる。
>これがオスプレイや基地に反対している沖縄左翼の実態なのである。
>《ボギー・デドコン チャンネル桜2013/12/22 http://www.youtube.com/watch?v=lmqdlqI0YmQ》 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【速報】沖縄戦被害・国家賠... | トップ | 是正指示再提出、これで争点... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-03-17 10:37:10

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「保育士の待遇 改善が急務だ」の那覇市・田畑浩一郎さん(56)は、昨年11月10日以来の掲載。
「中学生の自殺 指導の再考を」の宮古島市・小禄勇さん(58)は、3月3日に続き今年2回目の掲載。
「老人の貧困も 国は対策必要」の浦添市・東内原克憲さん(66)は、1月20日、2月5日に続き今年3回目の掲載。
「身の丈に合う 公金の使用を」の北中城村・外間裕さん(73)は、2014年4月17日以来の掲載。
「慰安婦問題 台湾に目を」の那覇市・蘇啓誠さん(58)は、2月13日に続き今年2回目の掲載。
「下町の美しい心」の那覇市・仲間義勝さん(75)は、昨年12月27日以来の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


Unknown (宜野湾より)
2016-03-17 12:59:37
報道テロ・言論テロ・訴訟テロ…それを加速させていくしかやれる事が無い人々はやがて、それ以上の手段を選ぶことになるのかねぇ。


沖縄独立派に対してかねてから投げかけられていた「琉球民族って今どうやって定義するの?」という質問に、彼らが答えた模様。
と人から聞いたのでググってみると。
3月12日に沖縄国際大学で琉球民族独立総合研究学会が開いたシンポジウムで、松島泰勝氏が「先住民族は血によって定義されるものではなく、抑圧の歴史を共有した人民という政治的概念で、人民自らが決める」と説明した、とある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160313-00000003-ryu-oki

あはははははは!
正直だ。
先祖代々沖縄の人よりも、自称「日帝に抑圧されたニダ!アル!」で国造ろう!ってwwもうそう言うしかないよねぇ。
世間がお断りし易くなる。
沖縄県民斯く戦えり (ウチナー鬼女)
2016-03-17 13:46:18
「日本人の誇り」を棄てた輩が、まるで「沖縄県民代表」のような顔して訴訟をおこすことに非常に憤りを覚えます。彼等により、私達沖縄県民が貶められたことを逆に「訴えたい」くらいです。

私が聞いた話
①ある島に米軍が上陸しようとした時、小銃一つ手にして、少年は海岸に走った。自分の手で米軍上陸を防ぐつもりで。上陸して来た米軍は機関銃で応戦。かなうはずもなくやむなく撤退。その時、片目をやられ、義眼になった。現在、じっちゃんは、祖国復帰大会に参加し、みんなと一緒に万歳三唱する。

②南部を逃げ回っているうちに、米軍の艦砲射撃で右だか、左だか脚に被弾した少年。歩けなくなるかもしれないと言われたが、なにくそ、こんなもんに負けるかと、一所懸命頑張った。そして那覇マラソンには一回目から参加し、毎年完走してると朗らかに自慢する。じっちゃんは、8月15日護国神社での「御霊祭り」に参列し、みんなといっしょに君が代をたからかに歌う。

③私の両親も戦時中、宮古島の飛行場作業に参加した。「あれはきつかったね」「滑走路やられるとさ、コンクリートないし、固める時間ないから、ドラム缶を埋めていくよ」
私は、ドラム缶を埋めた滑走路をどうやって飛行機が走るのかと驚いた。両親ともに戦争に対する恨み辛みは一言も言わない。ましてや、国訴えるなんて考えは寸分もない。
学業を中断されたり、貧乏で高等教育は受けられなかったが一所懸命私達を育ててくれた。そんな両親は今、穏やかに暮らしている。私はこの両親に感謝している。育てられた恩だけではない。70年も国を恨んだりする不条理な感情に支配されなかったこと、人として「健全」であることに感謝している。

沖縄県民斯く戦えり
<(^_^)
Unknown (東子)
2016-03-17 16:21:00
「沖縄戦民間被害、国の賠償認めず 那覇地裁、大戦時「法規定なし」 2016年3月17日」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-240228.html
沖縄戦被害国家賠償訴訟

70年経っても、「金くれ」。
それしか見えてこない記事。


アメリカに文句を言うのが筋だが、アメリカは「国家無答責」の法体系になっている。
米軍による無差別爆撃被害、原爆被害をアメリカの裁判所で裁判を起こせない。
だから、「国家無答責」の法体系になっていない日本で起こす。


>軍人・軍属や一部民間戦争被害者などに補償がある一方で、民間戦争被害者への補償立法を放置してきたことは「法の下の平等に反する」などとする「立法不作為」の主張

補償立法を放置?
私に言わせれば、「国家無答責」の法を作ってこなかった国の不作為が、70年経っても「金くれ」裁判が起きる余地を作る。

「金くれ」の言い訳に「戦争すれば民間人にも国家が賠償することになれば、どれだけの金があっても足りない」から、今後、「戦争を起こさなくなる」だ。
反戦運動の一環らしい。
国は、賠償より軍備した方が安いとなれば、軍備に今以上の金をかけて、ハリネズミのようになって、どこからも攻撃されない=戦争にならない国にするかも。
または、「国家無答責」の法を作ってから戦争を始めるかも。
そんな可能性もあるのに、「賠償」が「戦争の抑止力」になるとするのは、「金くれ」を卑しいと思って、少しでも正義あるように見せたいのかと、思う。


ところで、国家賠償は国の金というが、もともとは国民の税金。
国民が戦争被害にもめげず、なにくそ!と真面目に働いて納税した税金である。

国家賠償代わりに戦後何年かは無税にすれば良いという理屈も成り立つ。
納税が無くなるなら、戦争しよう?
もともと無税のランクだから、無税になっても恩典ないから、戦争反対?
ここまで考えたら、国家賠償のおかしさに、さすがに、気づくでしょ?
Unknown (東子)
2016-03-17 16:21:33
「<社説>沖縄戦訴訟棄却 国民全てに平等な補償を 2016年3月17日 06:02」
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-240222.html

>沖縄戦の特徴は「住民を巻き込んだ国内唯一の地上戦」という言葉に示される。

はい、ダウト。

「沖縄地上戦 国内唯一→国内最大 政府が閣議決定 2010年5月22日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-162452-storytopic-3.html

>政府は21日、「沖縄戦」が先の大戦で国内「唯一の地上戦」とする表現に関し、「沖縄本島及びその周辺のみでそのような地上戦が行われたという認識は必ずしも正確ではない」とする答弁書を閣議決定した。
>その上で「沖縄戦」の表現を「国内最大の地上戦」とした。
>前原誠司沖縄担当相が山岡達丸氏(民主)の「日本国内では樺太などでも地上戦があった」との指摘を受け、「沖縄戦が国内唯一の地上戦であるという表現は必ずしも正確ではない」、「訂正した方がいい」と答弁した
>樺太ではソ連軍による避難船への攻撃や陸上での無差別攻撃で、計約3700人の民間人が死亡したとされる。


社説が、未だに「国内唯一の地上戦」というレベルの新聞なのね、新報は。
Unknown (東子)
2016-03-17 16:34:24
「【誤解だらけの沖縄基地】(20)日米地協定は「平等」か(4) 2016年3月15日 07:01」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=158554

 ↓
「【誤解だらけの沖縄基地】(20)日米地協定 騒音規制は形骸化 2016年3月15日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=158554

2日しか経っていないが、もう、閲覧不可。
「9秒でわかる!サクッとニュース」に選ばれているのに、閲覧不可。
Unknown (東子)
2016-03-17 16:34:57
「水上正史沖縄担当大使「稚拙」と陳謝 米兵暴行事件「不起訴」発言 2016年3月17日 06:10」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=158914

>水上正史沖縄担当大使は16日、米兵の事件に抗議した公明党県本部との15日の面談で「仮に不起訴や起訴猶予など事案として成立しなくても」などと発言したことについて、「誤った印象を与えたのであれば私の(表現が)稚拙だった」と陳謝した。
>記者団に語った。
>発言の真意については「仮に法律上無罪となったとしても、逮捕されたのは事実であり何もなかったということはないと思う。(米兵が)逮捕に至るような行為をしたこと自体が遺憾だという意味だった」と説明した。


仮に法律上無罪となったとしても??
冤罪を助長する発言。
これ、重大発言ですよ。
沖縄に媚びるから、こんなとんでも発言してしまうのです。

だが、タイムスはこのとんでも発言を非難しているのではなく、「無罪でも問題」という発言を引き出せたと喜々としているのだ。


辺野古ゲート前で逮捕された人の記事。
タイムス流「逮捕されたら、罪の有無に関係なく、即罪人扱いすべし」。


「辺野古ゲート前、市民に初の逮捕者 工事再開へ警戒続く 2015年1月12日 10:02」
http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-237180.html


辺野古ブルーの船長で警官にヘッドロックして逮捕された仲宗根和成氏は、東恩納琢磨市議のショップ「じゅごんの里」のスタッフ。
狼魔人日記「ヘッドロック男」はプロ活動家だった! 2015-04-02」
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/295bce7160bdccc70e8fba1110243a24


「辺野古で韓国人逮捕、公務執行妨害の疑い 「妊娠の妻押され腹が立った」 2015年9月22日 14:13」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=133971

>職業不詳の韓国人男性(29)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

逮捕された韓国人の名前は、キム・ドンウォン。
キム・ドンウォンに、平和ガイドで通訳の沖本裕司さん(69)=八重瀬町=と一緒に糸数議員は韓国・済州島で会っている。


「辺野古 抗議の市民と機動隊がもみ合い1人逮捕 2015年12月17日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=146239


「活動家を初の起訴 シュワブ前で機動隊員を蹴る 反対派の活動実態を解明へ 2015.12.26 14:10」
http://www.sankei.com/politics/news/151226/plt1512260002-n1.html

>キャンプ・シュワブのゲート前で、抗議活動の際に県警機動隊員を蹴ってけがを負わせたとして、那覇地検は25日、住所不詳、無職の北島義久容疑者(77)を傷害と公務執行妨害の罪で起訴した。

逮捕どころか、起訴までいっている。


>今年に入り反対派の活動家らは15人が逮捕され、うち2人が略式起訴されて罰金を科されたほかは釈放されている。

「逮捕」された15人は、無実でも「逮捕されたのは事実であり何もなかったということはない」と断定でOK。
と新報は言っている。


時事「辺野古抗議の52歳男逮捕=警官の足ひいた疑い-沖縄県警 2016/01/15」
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016011500963&g=soc


「辺野古ゲート前男1人逮捕 100人がブロック積み上げ抗議 2016年1月26日」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-210558.html

>午前9時ごろ、移設工事の関連車両を基地内に入れないよう市民らが積んだブロックを機動隊が排除する際、男性1人が公務執行妨害の容疑で逮捕された。
>名護署によると、機動隊の手にかみついたとしている。
>男性は、かみついたことを否定している。
Unknown (東子)
2016-03-17 18:09:13
「辺野古抗議で1人逮捕 「プラカードが警官に接触」 2016年3月17日 12:10」
注目 事件・事故 普天間移設問題 普天間移設問題・辺野古新基地 政治
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=158980

>市民グループによると、男性が持っていたプラカードが県警の隊員に接触したという。
>県警は沖縄タイムスの問い合わせに「当時の状況などを詳しく調べる」としている。
>市民らは「プラカードが触れたぐらいで拘束するなんてあり得ない」と反発。
>男性の拘束をめぐり、市民ら約100人と警察のにらみ合いが続いた。

「プラカードが触れたぐらいで拘束するなんてあり得ない」と反発。
でも、逮捕されたんでしょ?
ならば、「逮捕されたのは事実であり何もなかったということはない」を贈ろう。
Unknown (東子)
2016-03-17 18:45:18
「「電磁波リスクは極小」 セミナーで2氏が講演 2016年3月17日」
http://www.yaeyama-nippo.com/2016/03/17/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AF%E6%A5%B5%E5%B0%8F-%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%A7%EF%BC%92%E6%B0%8F%E3%81%8C%E8%AC%9B%E6%BC%94/

>セミナーでは、(一財)電気安全研究所電磁界情報センターの飯田真生さんと大久保千代次所長が講演し、飯田さんは「電磁波とは何か」、「電化製品からどれほどの電磁波が生じるのか」を説明し、その上で電磁波と病気発生に因果関係はなく、WHO(世界保健機構)も同様の見解を述べているとした。

以前より、八重山地区で「電磁波は体に有害」というセミナーは開かれていますが、「電磁波と病気発生に因果関係はない」のセミナーは、初めて聞く。
「電磁波は体に有害」を説明する説明に必ず加わるのが、「Xバンドレーダーの電磁波」。


「「レーダー電磁波の健康影響」講演会大盛況!2014年08月24日」
http://isobanokai.ti-da.net/e6675149.html

>8・23(土)開催されました講演会、レーダー電磁波の健康影響」は大盛況でした。
>講演の内容は
>・携帯電話中継基地局の電磁波による健康被害について
>  実例をあげて電磁波の実害を紹介
>・電磁波とは
>  波長と周波数の説明(物理学)
>・電磁波による生体の影響を調査した研究結果
>  世界各国の研究データを解説(医学)
>レーダー電磁波の話です。
>まず講師の故郷である糸満市与座岳に設置されています固定式警戒監視レーダーJ/FPS5 のお話です。
>北朝鮮を監視しているらしい強力な電磁波を発するレーダーです。
>与座岳の標高168m 最近接住宅までの水平距離580mにあります。
>京都府経ケ岬のXバンドレーダー(米軍)のお話です。
>海面から20mの断崖絶壁の場所から朝鮮半島に向けて照射するので船舶、民家に影響は無いと防衛省は説明しています。
>与那国島の沿岸監視レーダー予定地 標高56m 最近接住宅までの水平距離180m
>教授に実際に建設予定地に立ってもらい集落を見下ろしてもらいました。
>また集落から予定地を見上げてもらいました。
>電磁波発射面が久部良集落を向いています。
>「絶対にこの場所に建設させてはいけません!」とおっしゃる賀数名誉教授
>さぁ どうしましょうか?
>あきらめますか?
>立ち上がりますか?

THAAD、Xバンドレーダー。
運用されて困るのは、中国。



【参考】
「終末高高度防衛ミサイル 2015/12/03-18:31」
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120300793

>終末高高度防衛(THAAD)ミサイル 米国が開発した地上配備型・移動式迎撃ミサイル。
>大気圏外で迎撃できなかった弾道ミサイルを、大気圏内に再突入する段階で撃ち落とす。
>車載式のミサイル発射装置、移動式の早期警戒レーダー「Xバンドレーダー」を併せて運用する。
>地対空誘導弾パトリオット(PAC3)よりも高い上空で迎撃できるため、広範囲をカバーできる。
>核弾頭などを搭載した弾道ミサイルを破壊した場合も、地上への影響が少ない。
>また迎撃に失敗しても、PAC3でのカバーが可能となるため、ミサイル防衛の精度が上がるとされる。


「[ルポ] 強い電磁波放つ京都経ヶ岬THAADレーダー基地 登録 : 2015.06.29 00:51 修正 : 2015.06.29 14:20」
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/21168.html

>レーダーは北朝鮮のミサイルの動きを捉えるため海岸側の北方に向かって設置されている。
>レーダーは濃い緑色の建物の裏側に設置されている=キル・ユンヒョン特派員//ハンギョレ新聞社
>基地に近づくと嘔吐・めまい
>ここでレーダーが稼働されてから6カ月間、住民たちは大小の被害を訴えてきた。
>最大の懸念は、3000キロメートル以上の距離のミサイルまで探知できるXバンドレーダーが放つ強力な電磁波による健康・環境被害だ。他にも発電機から発生する低周波騒音による被害を訴えている人も多い。
>基地から300メートル離れた大輪町で会ったある住民は、「基地周辺に行くと、嘔吐とめまいを感じると訴える人々がいる。夜には多くの人々が発電機の騒音でよく眠れない」と話す。

私は、今年1月、近づいたが「基地に近づくと嘔吐・めまい」はなかった。
電磁波 (狢)
2016-03-17 19:06:56
東子さん

こんな学者バカの記事も有りましたね。(笑)

狼魔人日記「爆笑!基地の騒音で心筋梗塞、脳卒中など 北大教授が被害推計」2016-02-26 07:00:23
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/s/%C5%C5%BC%A7%C7%C8
Unknown (東子)
2016-03-17 21:10:44
狢さま

ほんと、ほんと。
こんなのもありましたね。
とんでも学説の発表特区ですね、沖縄は(爆

コメントを投稿

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL