狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

『うらそえ文藝』があばく集団自決の真相

2009-05-16 18:05:17 | ★集団自決

 沖縄戦「集団自決」の謎と真実
秦 郁彦
PHP研究所

 

『うらそえ文藝』の論考に蛇足のようなコメントを書き連ねているが、しばらく我慢してお付き合い願いたい。 本来なら同誌を入手して読んで頂くのが一番だが、読者によっては直ぐ手に入りにくい方もおられることと思い、同誌の宣伝の意味もかねてしばらく蛇足エントリーを続けたい。 同誌は書庫に留め置くべき歴史的文献になると筆者は思う。 集団自決問題に関心のある方は右、左の立場に関係なく是非購読してほしい。

ちなみに同誌の入手先はここ。

浦添市文化協会
沖縄県浦添市牧港3丁目40番6号浦添市立中央公民館分館

TEL/FAX 098-878-4553 
価格・1200円(+送料)

                     ◇

『うらそえ文藝』(4号)に掲載の集団自決特集は星雅彦氏執筆の論考「集団自決の断層」と、上原正稔氏執筆の論考「人間の尊厳を取り戻す時ー誰も語れない“集団自殺”の真実ー」そして執筆両氏の対談という三部構成になっている。

前稿で星氏の論考の結論部分を紹介したので、次に進みたいが、星氏は大阪地裁の判決を批判した後、「援護法が出来る前から軍命は鉄の暴風にあったから軍命を援護法は関係ない」という被告側の主張に対して反論しているで、これを追記しておく。

 <大江健三郎は「沖縄ノート」を『沖縄戦記・鉄の暴風』を根拠に執筆したと陳述書で強調している。だが間違いだらけのその『鉄の暴風』の根拠たるや、曖昧な上に脆弱で稀薄なのだ。しかも日本軍の関与が命令の相当性ありとするには、無理な論理があり飛躍がある。問題の接点を考えてみる。
 「軍命」と「援護法」は直接関係ないのに、軍命の記述は援護法が出る前から「鉄の暴風」にあったから、「捏造」が崩れたとしている。しかし援護法は、「戦闘協略者」という規定に当て嵌めて適用したのであって、自決者は戦闘協力者であるとしたので、その視点から方便が使われたということは確かだ
。(「集団自決の断層」ー星雅彦)>


上原正稔氏の「人間の尊厳を取り戻す時ー誰も語れない“集団自殺”の真実ー」は後に譲って、

沖縄戦記の実証的調査の先駆者とも言える沖縄在住の知識人のお二人の対談から要点を抜粋引用する。(太字強調は引用者)

:・・・単刀直入に質問します。
沖縄戦において集団自決は、果たして隊長の命令で行われたものなのかどうか。そのことを簡単明瞭に答えて下さい。

上原: 結論的に言いますと、隊長の命令は全くなかったんです。これが隊長の命令があったと喧伝された背景については、何度も書きましたけれども、読者はほとんど読んでないので、読んでも古いから今改めてこういう質問と問題が提起されているから答えますけれども、とにかく隊長命令はなかった。これはもう動かしがたい事実です。・・・・・

・・・(略)・・・・

それからこの裁判で、証言者たちが前言を翻して、逆な発言をするのも不思議な現象だ。例えば、宮城晴美さんのお母さんの宮城初枝さん、以前は宮平初枝さんだが、その人が軍命について嘘の証言をしたことを告白したのを、娘が証言したことを告白したのを、娘が後でまた裏返してあの告白は嘘だったという経緯がる。その上、戦後生まれの宮城晴美さんは自分の証言の真実性を訴えたりする。また、二重の虚言的な操作をする人が出てきたりして、非常に疑心暗鬼になる。ただ、住民が本当のことを言えなくて、奥歯にものの挟まったような状態で証言するのを、私は数人から何度も感じてきたわけです。
また、四十年ほど前に渡嘉敷島に宿泊して、私は当時の村長と駐在巡査と宮城初枝に会って話を聞いたわけです。そのとき何かしらしっくりせず隠しているなと感じたものです。
隊長命令があったとは誰も言わなかったし、なかったとも言えないふうに、非常に曖昧だった。
「潮」に「集団自決を追って」という文章を物語風に書いたけれど
ある程度の確信はあったが、あの私の逃げ口上的な表現に対しては、今でも忸怩たるものがある。

上原:  
集団自決と関係者の発言はまさに援護法というものが作用しているんです。
実は一九五一年九月八日に「サンフランシスコ平和条約」が締結され、それで沖縄は日本から切り離されて、沖縄から抗議の声上がったわけですよ。どこにもこの記録はないんですが、僕の推定では、沖縄の声を日本政府は聞き入れて、沖縄はアメリカに自由に使ってくださいと提供したが、そこで沖縄に申し訳ないという気持ちがあったわけですよ。そのために沖縄にお金を落とすことにしたわけですよ。これが援護法の拡大適用というやつです
それで、この援護法というのは、本来は軍人と軍属だけにしか下されないものなんです。
ヤマトでは東京でも大空襲の被害者にはお金は一銭も下りてません。また、原爆被害者にもお金は一銭も下りていません。それは原爆手帳というかたちの診療を受ける権利しかないわけです。
それなのに、日本政府は自国民には一銭も出してないが、沖縄には集団自決者にも援護法を拡大適用にして給付金を出した。沖縄の人たちはそれを隠し通したわけですよ。

:  一般住民にも遺族年金が支給されたのは、『鉄の暴風』が隊長命令で集団自決が起きたと書きたてたために、後で援護法が適用されるようになっあっと、そんなふうに解釈している人もいる

上原: いや『鉄の暴風』が書かれても書かれなくても援護法は、拡大解釈されたのです。沖縄だけです。

: 「沖縄住民に特別配慮を賜った」わけだ。

上原 :
この援護法というものに、厚生省は条件を付けた。それは軍協力者であるということ。
そうであれば五歳以上の者は受ける権利がるということだった。後年、幼児も含めるようになったようです。

: 隊長の命令とは関係ないが、追いつめられ住民は軍民一体にさせられた…。

上原:  それでね、渡嘉敷村役場でも、それから座間味村役場でも偽の報告書を作ったわけですよ
それぞれ「赤松隊長の命令によって我々は集団自決をしました。」と。
座間味でも、「梅澤隊長命令によって集団自決をしました。」と出して、遺族年金がもらえるようになったわけです。それで、それに立ち会った県援護課の照屋昇雄さんは非常に重要な証人なんですね。まだ那覇には健在の照屋さんは、二〇〇六年の一月の産経新聞インタビューの中で、そのことを証言している。

<「潮」に「集団自決を追って」という文章を物語風に書いたけれどある程度の確信はあったが、あの私の逃げ口上的な表現に対しては、今でも忸怩たるものがある。>集団自決を追って


外にも沖縄タイムスの謝花記者が見たら泡を吹いてひっくり返りそうな、沖縄タイムスの「隠蔽された秘密」も話題にでてくるが、これは同誌を購入の上、自分で確かめてほしい。


 

沖縄戦「集団自決」の謎と真実
秦 郁彦
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

 

 

あばかれた「神話」の正体
鴨野 守
祥伝社

このアイテムの詳細を見る

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死についての論考ー星雅彦氏... | トップ | 「11万人」の次は「35万... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2009-05-19 03:21:40
狼魔人様

沖縄の人達は、もう皆わかっているんですよね。
集団自決が軍の命令ではないことを。
私は、集団自決もスパイ虐殺も赤ん坊殺しも、問題の根本は同じだと考えます。
スパイ虐殺の件で考えると毒おにぎり議長も証言しているように、「壕の中はスパイが居ると疑心暗鬼だった。」と。つまり被害者と加害者が渾然一体と現在も同じ集落内で生活している。誰かが証言することは、集落の秩序を乱すことを意味します。
その辺が、沖縄問題をよりわかり難くしています。
県民の弱みを巧みに、反日左翼に利用されてしまった。
今回の集団自決裁判は、そのような沖縄の事情を浮き彫りにしました。
上原正稔さんが「沖縄ショウダウン」に書かれているように、「自分達の罪を1人の軍人に押し付けた県民の罪は大きい。」と思います。
Unknown (狼魔人)
2009-05-19 12:11:33
涼太さん

>沖縄の人達は、もう皆わかっているんですよね

沖縄マスコミとそれに媚を売る一部知識人だけが、知らない振りをしている構図です。

星氏と上原氏の沖縄マスコミへの反逆は彼らにとって打撃でしょうが、おそらく黙殺続けるでしょう。

流れは変わりつつあります。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL