狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

沖縄県知事選、再説・海軍病院問題

2010-11-25 08:00:26 | 未分類

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

今朝の沖縄タイムスの知事選特集記事で仲井真陣営の 翁長雄志選対本部長の談話として次の記事が掲載されている。
 
民主党は、自公政権と違い、ドライな政党。 仮に日米安保を全否定する伊波さんが知事になるようだと、全ての協議がとまってしまう。 普天間以外の基地の解決も2,3年はストップする。 情報通信産業、那覇空港の沖合い展開、那覇港湾などの振興計画も動かなくなるだろう」
 
翁長氏は基地問題の解決も2、3年はストップと控え目に言っているが、i伊波県知事の下では、普天間移設が14年前の情況に逆戻りすることは誰の目に見ても明らかである。
 
翁長氏の発言を見て、米軍統治下の沖縄で那覇市長に当選した隠れ共産党の瀬長亀次郎氏の「事件」が脳裏をよぎった。
 
民主党よりドライな当時の米民政府は、共産党は禁じていたはずなのに「人民党」という隠れ蓑で那覇市長に当選した瀬長市に対して援助金の凍結というドライな手法で対処した。
 
そのお蔭で当時の琉球政府(県庁)や那覇市役所と現在の国道とを結ぶ交通の要所に建築途中の泉崎橋の工事が、文字通り途中でストップしてしまった。
 
反米闘争の象徴のような瀬長氏が市長を務める那覇市に米民政府が援助金を出すいわれが無いという理由からだ。 それに瀬長氏は本人は否定していたが日本共産党の支援を受けており、日本復帰と同時に「人民党」の仮面を外して正式に日本共産党に入党し書記長まで務めている。
 
選対本部長を務める翁長那覇市長としては、先輩市長の瀬長氏が反米政策を掲げながら援助金だけは要求し、それをドライな米軍に凍結され辞任に追い込まれた例と、
 
政府方針の日米安保維持に反対しながら援助金だけを要求する伊波候補を重ね合わせて見えたのだろう。
 
人間は感情の動物であり、自分の政策を全否定する首長に「アメ」の支給を渋るのは米民政府も民主党政権も同じだとい翁長那覇市長の人間洞察は正しい。
 
伊波候補の支持者の中に「在沖米軍基地の存在意義は認めるが普天間基地(海兵隊)の存在意義は)認めない」と主張する自称中道主義者もかなり含まれているようだ。
 
だが、結局伊波候補の本心はは「日米同盟に反対」、「安保廃棄」、と全ての米軍基地の撤去であるから、中途半端な中道主義者は伊波候補に取り込まれ意図しない反米運動に利用されていることになる。
 
先日の北朝鮮の暴挙に対しても韓国が毅然としておれるのは米韓同盟のお蔭であり、尖閣近海の中国の理不尽な領海侵犯でも、現在のわが国が日米同盟を破毀してどうやってヤクザ国家に対処できるのか。
 
小学生でもわかる理屈である。
 
ちなみに伊波候補は昨日のテレビの中継インタビューで「ミサイルが飛んできたら平和的に話し合いする」と発言していたが、
 
沖縄がミサイルで破壊され、屍累々の瓦礫の中で、
 
「平和的に話し合いましょう!」と呼びかける「伊波県知事」の姿を想像し笑いを通り越して悲しくなってきた。
 
この人物、もしバカでないとしたら中国の工作員だといわれても仕方が無い発想である。
 
何度も繰り返してきたが、伊波候補の米軍憎悪の象徴ともいえる出来事がが、米海軍病院に対する給水拒否事件である

ちなみに27日の同日選挙となった宜野湾市長選挙で仲井真候補とタッグを組む安次富修候補は、海軍病院を地域に開放し、地域開発の柱にするということで海軍病院の誘致賛成を表明している。

少し古いが海軍病院問題の経緯を比較的分かりやすく報じた琉球新報の記事を引用する。

海軍病院受け入れ拒否/宜野湾市伊波市長  琉球新報 2003年6月19日        
 
【宜野湾】伊波洋一宜野湾市長は18日の市議会で、前市政の米海軍病院の移設容認方針を転換し、受け入れ拒否を表明した。伊波市長は「基地のない市を目指す立場から、海軍病院のような恒久施設を造ることは到底容認できない」と強調した。移設先として想定されるキャンプ瑞慶覧の普天間ハウジング地区は「普天間の旧集落地と重なる」として、歴史的観点からも同地域への軍施設の固定化に強い懸念を示した。澤岻安政市議(民政クラブ)の質問に答えた。
 
1996年の日米特別行動委員会(SACO)最終報告で合意されたキャンプ桑江の大部分返還(約99ヘクタール。2007年度末目途)は、海軍病院のキャンプ瑞慶覧への移設が条件となっており、伊波市長の移設受け入れ拒否表明は、キャンプ桑江の返還作業に影響を及ぼすのは必至だ。
 
比嘉盛光前市長は99年、救急、難病患者の受け入れなど地域に開かれた国際医療機関としての位置付けや、移設先に近い普天間神宮周辺一帯の市街地整備事業などを要望し、キャンプ瑞慶覧内の市域への受け入れを表明した。
  海軍病院の移設先については、現在も「明確に示されていない」(同市基地政策部)という。普天間神宮周辺のハウジングエリアを除く一帯は、倉庫地帯やがけ地になっていることから移設場所としての可能性は低いとみられ、今回の拒否表明が海軍病院の移設に具体的にどのような影響を及ぼすか未知数だ。
  市は2002年度から「普天間飛行場周辺町づくり構想策定事業」として防衛庁の9割補助を受け、普天間神宮周辺開発の構想を策定中。
伊波市長の拒否表明は同開発構想への影響にとどまらず、SACO合意そのものの在り方を含め、政治問題に発展しそうだ。
 ◇県「真意確認したい

  宜野湾市の伊波洋一市長が海軍病院の移設受け入れを拒否したことについて、県の久場長輝基地対策室長は18日、「前市長が受け入れを表明しており、伊波市長の真意を確認したい」と戸惑いを見せた
 
同室長は、「県は国と連携してSACOを着実に進めることが基地問題解決の最善策だと認識している」と述べた上で、海軍病院の移設撤回となれば「米軍住宅統合などほかの市町村への影響も出る」と懸念を示した。

                       ◇ 

海軍病院はこれまで北谷町のキャンプ桑江内に所在していたので、宜野湾市長にとっては管轄外の基地内施設であった。

ところがキャンプ桑江が2003年に返還され、それに伴い海軍病院の移設先が宜野湾市の管轄地域に決まった。

もちろん同病院の移設は日米両政府の合意に基ずくものであり、当時の比嘉盛光宜野湾市長の同意も取り付けてあった。

海軍病院は米国本土以外では世界最大の施設と最先端の医療技術を備えているといわれ、これまでも地域の救急医療や琉球大学病院等のインターン生の受け入れなどでも地域と協調して医療サービスを提供してきた。

海軍病院でのインターン

一方の宜野湾市は、海軍病院を地域振興の目玉にすべく受け入れに同意した。

2000年、当時の比嘉盛光前市長が、かつて市の中心地で映画館などもあって賑わっていた普天間神宮界隈を活性化させるため海軍病院の移設に正式同意したのだ。

だが、2003年に当選した現在の伊波洋一市長が新たな火種に火をつけることになる。

伊波市長は日米合意にも反対し、比嘉前市長の同意も反故にして移設反対を表明しているが、現在工事は進んでいる。

これに対し伊波市長は海軍病院の移設は、宜野湾市の反対を押し切った形で進行していると理不尽な主張をしている。

日本側の防衛施設庁は「既に市の公式文書で了解を得ており、それに基づいて粛々と作業を進める。市の理解を得るため、話し合いは続けていきたい」と述べているが、伊波市長が在任の限り、市の理解を得ることは不可能である。

伊波市長が比嘉前市長の合意文書を反故にして、独断で海軍病院への水道水供給を拒否したことは、人道的見地からも厳しく追及すべきだが、それ以外にも同病院建設のための地元業者の参入を拒否し、地域業者振興にとって大きな損失を及ぼしている。

呉屋等宜野湾市議の調査によると、工事では186もの業者の入札があったが、宜野湾市内の業者は一社も入札していないという。

呉屋議員は「市長は電気配線、造園、館内設備等の建設工事に関して、市内業者の優先受注の配慮もしないだけでなく、緊急患者の受け入れ要請もしないことを明言している」と述べ、市長の市民生活を無視した姿勢に首をかしげている。(世界日報 2010年8月22日)

宜野湾市民が 伊波市長のイデオロギー優先の独断行為のためこうむった損失はこれだけではない。

海軍病院への水道供給の拒否は人権問題の他に市への財政収入を大きく減少させているのだ。

市水道局によると、海軍病院への水道水供給の水道代は年間で約2700万円になるというが、伊波市長が独断で供給を断った結果市が蒙った損失は大きい。(世界日報)

「米軍基地反対」のイデオロギー貫徹のため、人命はおろか、宜野湾市の地域活性化の機会も踏みにじる伊波宜野湾市長は県知事として相応しくないと思う方、応援お願いします。

                       ☆

「沖縄『正論』友の会」第4回セミナー

 日時:平成22年12月16日(木) 

     17:00~17:30 受付

     17:30~19:00 セミナー

     19:00~20:30 忘年会

 場所:かりゆしアーバンリゾート・ナハ 『ニライの間(セミナー) カナイの間(忘年会』 

 講師:宮本雅史 産経新聞社那覇支局長 『沖縄リポート』 

     山本秀也 産経新聞東京本社東アジア室長兼日本工業新聞社取締役   『虎口の沖縄ー中国の視点でみた戦略拠点』

 会費:セミナーのみ参加=1,500円(食事はありません)

     忘年会のみ参加=3,000円

     セミナーと忘年会参加=4,000円

  ※12月10日頃までにお申し込みください。

  ✿お問い合わせ✿

  沖縄「正論」友の会事務局(産経新聞社那覇支局内)
  
TEL 098-861-6778 FAX 098-860-3070

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バカの大行進、朝鮮学校無償... | トップ | 緊急事態に「空っぽの官邸」 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2010-11-25 09:05:02
狼魔人様、初めまして。
今朝「ニートな2ちゃんねら~日記」というサイトに「仲井真知事が危ない」という書き込みがありました。
なんでも保守票の一部が幸福実現党の金城氏に流れているとか。
書き込みを読んで心配しています(確かに私のアパートには仲井真知事の選挙チラシがまだ投函されていません。伊波さんや金城さんのは投函がありましたが)。
沖縄知事選 (okinawazin)
2010-11-25 17:52:29
狼魔人様は、仲井真さん支持みたいですが
仲井真さんのシンボルカラーは伊波さんと同じ
中国海軍のシンボルカラー黄色ですよ

日頃の主張やシンボルカラーから見ても
金城候補支持が自然ではないですか?

新興宗教にも理解が、有る様ですし(世界日報)

たまに引用される、恵隆之介氏も苦言を呈していますよ

http://www.youtube.com/watch?v=tm2Zc65qIHc
Unknown (狼魔人)
2010-11-25 18:19:33
okinawazinさん

伊波候補を熱烈支援の方がわざわざ冷やかしですか。

>金城候補支持が自然ではないですか?

泡沫候補を支援させて分裂させるおつもりなら迷惑な話です。

消去法でいっても、安保破毀で自衛隊配備反対の共産党主導の極左政権には絶対反対というだけです。
仲井真候補以外は考えられませんよ。

冷やかしのコメントをする暇があったら伊波応援ブログに声援でもしたらいかがですか。
Unknown (涼太)
2010-11-25 18:21:56
狼魔人様

縁側様のブログで書いてありますが、伊波氏側は高教組や公務員、左翼団体が丸抱えの選挙ですね。
まるで無法地帯です。
普天間が辺野古に移転すると嘉手納以南の大きな基地はなくなります。沖縄県の人口もほとんどが嘉手納以南に集中しています。左翼陣営にとっては、その基地群が返還されると、反米闘争の根拠を失いますね。死活問題ですからそりゃー必死になるでしょう。翁長那覇市長が仰る様に伊波氏が当選した暁には沖縄は孤立します。ただ鳩山元総理の迷走振りを見てきた国民の大半は、この期に及んでは辺野古移設も仕方ないと思っています。国民の支持が無い運動がどんな結果になるか、沖縄に逃げ込んだ左翼団体が良く知っているはずです。国民の支持を失った社民党の福島瑞穂が支援するのもマイナスです。
「北朝鮮による拉致は無い。」と発言した人達ですから。
今、北朝鮮が端から見れば破滅への道をまっしぐらに進んでいますが、北朝鮮はそうは思っていないですね。今までの様にごね得を狙っているようですが、アメリカも今度ばかりはどうでしょうか。
そのことは沖縄に篭った左翼陣営にもいえますが。

Unknown (涼太)
2010-11-25 19:42:12
狼魔人様

恵さんの苦言は沖縄県民への苦言ですね。
確かに仲井真知事も本音を中々言わないですが、仲井真氏をそこまで追い込んだのは、鳩山元総理の軽率な発言です。政府も鳩山氏が引責辞任し、辺野古移設に方向転換しています。
ならば、伊波氏が当選し国との交渉を一切拒否し地獄を見るより、国との門戸を開いている仲井真氏の方が、沖縄の将来には展望が開けます。
もちろん、政府民主党が鳩山元総理の非礼を謝罪し、誠意を持って当たることが最低条件ですが。
もっとも、国も今日の国会中継を見ても、もう政府の体を成していないし、また自民党が政権を取ると思いますが、どちらにしろ伊波氏では交渉は無理でしょう。
Unknown (hiromasa)
2010-11-25 21:07:03
私は考え方として、金城候補の主張はまったくもって正しいと思いますが、では三つ巴の選挙戦のなかで、金城候補が万が一にも勝てるとは思っていません。
有権者の行動としては、自分の支持する候補に投票するのが正しい選挙のあり方だとは思いますが、伊波勝利のニュースを見るよりは、まだ将来に展望を持てる仲井真候補に勝ってほしいと思います。
仲井真支持の人でも、辺野古移設に賛成は多いはずです。
ただ、大きな声で主張できないだけだと思います。
仲井真再選で、再び辺野古移設に賛成したところで、それが沖縄県民のためになるのであれば、私は納得できます。
私は今回の選挙で、何の選挙運動もせず、ただネット上で自分の意見を言っているだけです。
沖縄県民の、この「狼魔人日記」を読まれている方々は、何か行動を起こしているのでしょうか。
選挙まであと二日しかありませんが、できることがあるなら教えてください。
後悔したまま沖縄がなくなってしまうのは嫌です。
国を愛する (青葉の笛)
2010-11-25 21:30:39
二日前、明けさんと酒を飲んだ、
彼は知る人は少ないが旧軍の雰囲気を求めて
引きずる人物である。

共に都市を取った、明治維新の話をした、
大正ロマンの話もした、そして昭和、昭和維新の
話になった。

軍記にそむくことを是としない事は共通しているし、彼らがエリート路線から外れた熱血の士である
ことも共通の話題になった。

だが、二人の心に共通する心は、なんで昭和維新を責められようか、現在の日本似た不況にあえぐ国家に対する憂国の情は私にも彼にも言葉に出来ない燃えきれない何かが残った。

何と弱き国家になったものよ、
あの大日本帝国のどこを批判する根拠があろうか。

我々は何もする事はできない、悔しいけれど
老体に鞭打ち国家の縮小を嘆くのみである。

木の下影に駒止めて、散るは涙かはた露か、

憂国の士、沖縄の地に現れん事祈っている。
訂正 (青葉の笛)
2010-11-25 21:33:24
<二人とも都市を取った>

二人とも年をとった、

失礼しました。
Unknown (Unknown)
2010-11-25 22:07:37
幸福実現党、現在表立って主張している事は大体正しいように見受けられますけど、噂では天皇陛下を敬わないとか。

(本当かどうかは、わかりません)



あちらこちらにこの党の旗が立てられていて、何種類かある内容のうち、
「県外国外移設の主張は、普天間基地の固定化につながる」
の旗だけがいつの間にかグルグル巻きにされて、書かれた文章を読めなくされていました。


職業左翼の仕業でしょうか。

よっぽど、その文言が目障りなのでしょうね。
沖縄知事選 (okinawazin)
2010-11-25 22:11:07
狼魔人様

私は伊波候補を熱烈支援していませんよ
トラックバックさせて頂いたエントリー
を読んで頂ければ解ると思います。

>伊波候補の支持者の中に「在沖米軍基地の存在意義は認めるが普天間基地(海兵隊)の存在意義は)認めない」と主張する自称中道主義者もかなり含まれているようだ。

私の様な者を指していると思いますが
知事候補者の中では、まさに仲井真候補が
成ってしまってますね?

当選しても、普天間基地の県外移設、県内移設
どちらも言えなくなってしまうと思います。
抜き差しならない事態になってしまいますね?
Unknown (涼太)
2010-11-25 23:07:00
狼魔人様
hiromasa様


>仲井真再選で、再び辺野古移設に賛成したところで、それが沖縄県民のためになるのであれば、私は納得できます。

仲井真氏に投票する人は、同じ気持ちだと思いますよ。八ツ場ダムなども結局当初の予定通りに建設する方向になりました。普天間もそうですが全ての責任は、全て民主党の迷走にあります。仲井真氏を責めることは出来ないと思います。


Unknown (狼魔人)
2010-11-26 08:22:04
okinawazinさん

>私は伊波候補を熱烈支援していませんよ

確か拙コメント欄で伊波市長を支持するとのコメントを見たような気がしたのですが、間違いでしたら、お詫びして「熱烈支持」は撤回します。

どの候補者も100点満点の候補者はいません。

ご承知のように当日記は仲井真候補を応援するのも消去法です。

>当選しても、普天間基地の県外移設、県内移設
どちらも言えなくなってしまうと思います。
抜き差しならない事態になってしまいますね?

仰るとおりですが、出来もしない理想論だけで「抜き差しならない事態」に追い込んだのは「最低でも県外」を掲げた鳩山前首相であり、仲井真候補ではないことにご留意下さい。

鳩山前首相も理想論だけという点では伊波候補と同じですが、伊波候補はイデオロギー優先の極左なのでその分だけ鳩山氏より始末が悪いです。

伊波候補も仲井真候補にも反対で、金城候補を支援するのなら、

これ以上のコメントはご遠慮下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
イデオロギスト伊波洋一氏は、米軍基地撤去の為なら住民の利益も無視する人物である。 (一知半解なれども一筆言上)
選挙まであと3日と迫ってきたので、沖縄県知事選挙について再度思うところを書いておこう。 伊波洋一氏が知事になっても、仲井真弘多氏が知事になっても普天間移設反対で違いがないじゃないかという議論が...
沖縄知事選 (okinawazinの疑問)
いよいよ11月28日(日)は沖縄知事選投票日です。 3人の方が、立候補していますが、誰に投票しようか迷っています。 元々は、普天間基地国外移転実現の為、伊波候補支持でしたが 伊波候補は、自衛隊に批判的です。 私は憲法改正、自衛隊増強の為 に、 米軍の段階的縮小...