狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「防衛費は人殺し予算」、共産党藤野議員

2016-06-27 07:08:13 | 外交・安全保障

 

「狼」の画像検索結果

お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

 

 沖縄お悔やみ情報局

 

 

26日のNHK番組で、共産党の藤野保史政策委員長は、防衛費について「人を殺すための予算」と発言した。

自民党や公明党などが反発し、発言の撤回を求めたが、藤野氏は応じなかった。

藤野氏は、国民生活をめぐる議論の中で「(2016年度予算で)軍事費は戦後初めて5兆円を超えた。人を殺すための予算ではなく、人を支え育てる予算を優先する改革が必要だ」と述べた。
これに対し、自民党の稲田朋美政調会長は「言い過ぎだ」と反論。公明党の石田祝稔政調会長らは発言の取り消しを求めた。 

ちなみに共産党と連携する民進党の民進党の山尾議員は発言の撤回を求めていない。

それもそのはず民進党の前身の民主党の仙谷官房長官は国会答弁で自衛隊は暴力装置、 2010-11」と発言し、後に訂正させられたさせられたことがある。

問題発言に対し批判が多くなり、『Twitter』上で撤回らしきものを掲載、藤野氏は発言を撤回したと主張したが、謝罪もない。

 

防衛費は人を殺す予算」共産・藤野政策委員長 他党議員は発言取り消しを勧めたが…

産経新聞 6月26日(日)13時50分配信

 共産党の藤野保史政策委員長(古厩正樹撮影)(写真:産経新聞)


 共産党の藤野保史政策委員長は26日出演したNHK番組で、防衛費が初めて5兆円を超えた平成28年度予算を念頭に「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」と述べた。

  これに対し、自民党の稲田朋美政調会長は「それは言い過ぎだ。(防衛費は)日本を守るためだ」と即座に反論。公明党の石田祝稔、おおさか維新の会の下地幹郎両政調会長は「人を殺すための予算」の取り消しや訂正を勧めた。

  日本のこころを大切にする党の和田政宗政調会長も「政治家の発言としてまずい。国民の命を守るために国防がある」とたしなめたが、藤野氏が番組中に応じることはなかった

                    ☆

共産党の本質を知るものにとっては、本音が出ただけで特に驚くことでもないが、調子に乗った藤井議員、多少の問題発言はメディアがかばってくれると自信満々で番組中は撤回を拒否していた。

その後の批判殺到で驚き撤回はしたが、対案として「防衛費をかけずに国民を守る方法」をご伝授願いたいものである。

 


NHKの番組の前、藤野氏はフジtvの「報道2001」にも出席、「自衛隊は憲法違反」と発言していたが、自衛隊創設以来ひとりも殺さず、国内では多くの人を救い海外でも平和貢献し評価されている自衛隊に対して失礼すぎる発言ではないか。

 

これでは安倍首相でなくても怒るのは当然であり、共産党は自衛隊の恩恵を受けている全国民を敵にまわすことになる。

参院選・長野 安倍首相「とんでもない侮辱だ」 共産の防衛費は「人殺しの予算」発言に

 

参院選沖縄地方区では共産党が支援する伊波候補がやや優位との報道だが、伊波氏は「全基地撤去」「海兵隊撤去」を主張し、「中国の脅威」を問われると「脅威はアメリカ軍。 中国には親しみを感じると」と答えている。

 

この伊波氏の矛盾に対し、ひと言の言及もないのが沖縄の二つの地元紙実態でである。

わが国の防衛政策の最前線たる沖縄で、中国に利する伊波候補が有利との報道。

これでわが国の防衛は大丈夫だろうか。

 

【おまけ】

呟き:

「夏風邪で体調は最悪」

「すべてに思考停止状態」

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 

 

 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県、国との協議にサプライズか? | トップ | 首尾一貫!日米安保に拘る翁... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ウチナー鬼女)
2016-06-27 07:10:51
参議院選挙公示されましたが、奇妙なことにハガキが来ていません。他にも届いていない人が数人います。那覇市だけでしょうか?期日前投票所に問い合わせに行ったところ、届いている所と届いていない所があるそうです。ハガキが無くても、運転免許証など身分証があれば投票所で照合し投票出来るということなので早速、期日前投票してきました。
その日、ざっと見、6割位の有権者がハガキなしで期日前投票していました。どういうこと?
イヤーな妄想しました。県議選挙では、自民党議員(無所属)が落選から当選へと、とんでもない「ミス」もありましたよね。今回は発送ミス?それとも、何らかの事情で郵便局で滞りが生じているとか(;・∀・)。なーんかイヤーな妄想ですけど、どこぞの裏選挙対策本部の一番重要なお仕事は、「ハガキ無くても投票出来ますよ」を伝える事だったりして((((;゜Д゜)))

ハガキが届いていない方へ!
大丈夫!ハガキなしでも投票出来ます。期日前投票も出来ます。必ず、選挙に行きましょう。知らない人には教えてあげましょう。

以上でございます
Unknown (東子)
2016-06-27 07:30:15
安保法をうちわで「戦争法、人殺し法」と言っている分には、大受けだったのだろう。
他党は、きれいごとを言っているが、わが党は、はっきり言う、みたいな変な自負もあったのだろう。

で、ここぞとばかり、言ってみた。
そして、世間との落差に愕然。
というところでしょう。

ただ、我々と彼らの愕然とする理由が違う気がする。
彼らは、世間との落差を、まだまだ「世間は分かっていない。こういうぶっちゃけ話は、次期尚早だった」と分析している気がする。
Unknown (東子)
2016-06-27 07:30:37
軍隊と規定されていれば、軍人が軍人を○すのを、殺人と言わない。
だが、自衛隊は、憲法に軍隊と規定されていない。
だから、共産党の言うように、防衛費は人殺し予算とも言える。

自衛隊が災害等で活躍する、自衛隊は誰も○していない。
ということをもって、防衛費を人殺し予算でないとする意見ばかり。

自衛隊員を「殺人者」にしないために、憲法を改正して「軍」にしなければならない。
どの党も、これに言及していない。
Unknown (東子)
2016-06-27 07:31:30
「静岡空襲日米慰霊祭 犠牲者、墜落の搭乗員悼み 2016年06月26日」
http://www.yomiuri.co.jp/local/shizuoka/news/20160625-OYTNT50226.html

東京の大学に進学して、東京では沖縄の「慰霊の日」知らない人ばかりで驚いたという記事があった。
では、沖縄では、「静岡空襲日米慰霊祭」を知っていますか?
黙祷を捧げますか?

沖縄の「慰霊の日」知らないことを是とはしませんが、互いに知らないことはあるのでは?
沖縄の学生は日本中の慰霊祭を知っているのに……、というなら構いませんが、「沖縄の慰霊の日は全国で知られていて当然」と思うなら、沖縄のことしか見えていないということで、井の中の蛙でしょう。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-06-27 10:42:47

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「係争委に従い 国は即協議を」の那覇市・横田等さん(68)は、1月6日、2月16、28日、4月2、11日、5月4、24日、6月6日に続き今年9回目の掲載。
「障がい者就労 沖縄型に期待」の那覇市・浦崎直幸さん(64)は、今年初掲載。
「優しかった父 一周忌に想起」の那覇市・田場ヨシ子さん(72)は、2月27日、5月1、18日、6月2日に続き今年5回目の掲載。
「生きぬく努力 慰問から学ぶ」の宜野湾市・神里勇さん(73)は、4月17日、5月13日に続き今年3回目の掲載。
「上杉茂憲県令 光る功績」の八重瀬町・照屋直さん(62)は、今年初掲載。
「亡き父をしのぶ」の那覇市・松原須奈子さん(68)は、1月9、25日、2月9日、3月11日、4月19日、6月4日に続き今年7回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。 

Unknown (宜野湾より)
2016-06-27 13:01:23
藤野のお脳の酷いところ

増えている防衛費を「人を殺すための予算」であるとして、防衛予算を認めている国民が殺人者であると言った

憲法9条があるから自衛隊は創設以来ひとりも殺したことがないというのが護憲論者の主張で、そうであれば、ガイ・フォークス氏が指摘するように、人を殺すためである防衛費は全く不要ということになるが、自衛隊の存在を当面は認めると共産党はいっているので、藤野が自身で述べた費目通りに人を殺すよう予算を執行しないと無駄になる、ということになる

NHKで述べた発言をTwitterで取り消した

Twitterでの言い訳によれば、「安保法制=戦争法と一体に海外派兵用の武器・装備が拡大していること」と「限定をつけ」れば「人を殺すための予算」で適切であるということになり、安保法制と防衛予算を認める国民を殺人者扱いするのは変わりがなかった


↑もちろん共産党に限ったことではなく、インテリジェンスの左翼・左派離れの例はここにも。

憲法には改正の手続きも規定されていて、我々の権利のひとつ。
事実に基づく情報で議論した上で「変えなくてよい」が優勢ならば、国民投票で否決されるだろう。
初議すら絶対にさせない、というのがこの人たちなわけで。

幸いにも人を殺したことがない自衛隊だが、極左に殺されてしまった上に、犯人を朝日ジャーナルの記者が支えていた「朝霞自衛官殺害事件」という重大事件があったがな。
Unknown (坂田)
2016-06-27 13:40:29


沖縄には奇妙な詭弁、「戦争反対、軍隊が居る島は

攻められる、戦争になる、軍隊がいないと国際法上

は攻める事出来ないから平和に成る」つまり、「日本

が武装解除したら平和な国に成る」と平気で嘘を吐

く人達が居る。


では、どこの国が攻めて来るのかと質せば、「中國  

は攻めて来る訳在りません、中國は日本にお金を   
落としますが爆弾は落としません、中國と仲良くしま  
しょうよ」と親中国路線を演説する、どこか判らん国

が攻めて来るのかと再度質すと、途端に激高して

「日本は原発に5~6発ミサイル攻撃で終える」と恫

喝仕出すから、それは中國のことなんだろうと聞くと  

「中國のミサイルとは言ってない」と開き直り、何処

かが攻めて戦争に成るとオオカミ少年ごっこを毎朝

辺野古や宮古や石垣や与那国で繰返し布教してる。
 

そして、昔から軍隊が居ない平和で友好の海である

南シナ海で、南沙西沙の珊瑚礁を埋立して、この1

年で軍事基地を完成させ自分の海だと他国の海洋

権益を侵奪した中國の悪行へ「武装解除したら平和

な国」の奇妙な平和論が破たんしてるのを弁解すら

していない。

「戦争仕掛ける国は勝算あるから仕掛ける」尚且つ

「戦争を仕掛けない国は勝つ見込みがないから仕掛

けない」の国際常識を欠いた侭だ。

戦争はしないと誓っても、襲われたら戦わざるを得

ない。

戦争をしない国は、戦っても決して負けないから戦う

要がない、この負けない国体構築が戦争をしない事

に成る事実を「平気で嘘を吐く人達」は直視できない。

なぜなら、連中の断言や〆文句は「信じる」と言う観

念論の域を出ておらず、意見は掘り下げて考え抜い

たものではなく、哲学的思想ではないからです。


Unknown (坂田)
2016-06-27 14:27:26
>「防衛費は人殺し予算」、共産党藤野議員

元民主党官房長官仙谷由人氏「自衛隊は暴力装置」

の赤い赤い発言以来の笑劇発言ですね。


然し、ある意味で全国の新聞が問題発言として報じ

ない風潮には、何がしかの新聞界の荒んだ風潮を

見出します。

なぜなら、自分の価値観で汚い言葉で自衛隊員を

罵った共産党藤野議員の頭こそがヘイト思想です。




71年前、7月22日の読売報知新聞読者投稿欄には

共産党や民主党より過激な一般人投稿が載りました。


①報道陣や指導者にお願いが在る、「神機来る、待

望の決戦、鉄壁の要塞、敵の補給線」等々は何たる

我田引水の言であろうか。かかる負け惜しみは止め

て貰いたい。もうこんな表現は見るのも聞くのも嫌だ。

俺達はどんな最悪の場合でも動ぜぬ決意を持って

日々やっている、もはや俺達を安心させるような(そ

の実反対の効果を生む)言葉は止めてくれ。

(一国民)

②政治家達も戦え、政治家も日本人らしく戦ってくれ。

食糧事情において、兵器事情において、誰一人とし

て出来なかったことの責任に、日本人らしく腹を切っ

た政治家がいない。(吉郎)


これが国家総動員且つ戦時下態勢敷設言論統制

翼賛新聞の投稿記載です。もちろん、軍から処分

は在りませんでした。と言うことは、伝えられる8月

8日最後御前会議で昭和天皇が陸軍参謀に「勝つ

見込みは(もはや)ないっ」と一喝した理由のひとつ

が忍ばれます、終戦の3週間前は陸軍参謀以外の

国民は厭戦機運で日本国中はおろか最前線兵迄

不満が充満していたことに成ります、何を発言しよ

うと官警から問われないほど荒んでいたのですね。



Unknown (ayumi61)
2016-06-28 00:02:42
東子さま
>ただ、我々と彼らの愕然とする理由が違う気がする。>>彼らは、世間との落差を、まだまだ「世間は分かっていない。こういうぶっちゃけ話は、次期尚早だった」と分析している気がする。

もちろんそうです。共産主義者が内心大衆を蔑視しているのは、そもそもマルクスやレーニンの頃からの伝統です。彼らのテーゼは、そもそも大衆に対する抜きがたい不信感から生まれています。その大衆蔑視の感情は、インテリ特有の「俺は全てのことが分かっている。なのにあいつらは何も分かっていない」というところからきています。

ちなみに、このような鼻持ちならないエリート根性は、とりわけいわゆるアカデ二ズムの学者先生のそれと親和的です。それゆえに、東西問わず、自由主義圏内の大学って基本左傾化しやすいのですね。本心「俺は全てのことが分かっている。なのにあいつらは何も分かっていない」と思っているインテリ集団にとって、その大衆蔑視感情を正当化してくれる共産主義思想って、ものすごく魅力的なのでは、と思います。
Unknown (島ないちゃー)
2016-06-28 04:15:13
ayumi611さま
本来資本主義の走狗である広告代理店のみなさんも同じような傾向がありますね。
学者・代理店マン・マスコミに共通しているのはayumi61さんの言われるエリート根性ってやつですよねw
世間はボチボチあいつらってホントにエリートなのか…?と気づき始めているというのに…。
「真心」を利用する共産党、発狂二紙 (清島清)
2016-06-28 06:49:48
共産党にとって、当たり前の事を言ったに過ぎない。

「防衛費は人殺し予算」、

安全保障関連法の事を
「戦争法」「戦争が出来る国になる」、

小学生へ「戦争法で親が死ぬ。」


...それらに共通しているのは、『あなたが死ぬぞ。』ではない事。
日本人特有の「人には迷惑をかけてはいけない。」、「人を助けよう。」という優しい精神文化を巧みに悪利用している。

目的の為には平気で嘘をつき、人を洗脳煽動する卑劣な犯罪行為をする共産党、そして沖縄タイムス、琉球新報は人類の敵だ!!
.
Unknown (ayumi61)
2016-06-28 20:44:42
島ないちゃーさま
>本来資本主義の走狗である広告代理店のみなさんも同じような傾向がありますね。
>学者・代理店マン・マスコミに共通しているのはayumi61さんの言われるエリート根性ってやつですよねw

確かにそうですね。もっというと、実は「あいつらと俺様は違う」という悪い意味での優越感情は仏教で言えば「煩悩」そのものですから、別に学者・代理店マン・マスコミだけの専売特許ではなく、政治家や官僚でも当てはまりますし、それ以外の全ての人々が潜在的に持ち合わせている感情でもあります。その意味でも、とても人間的な感情(煩悩)です。

ただ、それだけなら「人間的な感情(煩悩)」の範疇なのですが、まずいことに左翼思想とか共産主義、というのは、そういう感情を抱くことを正当化した上で、如何にそうではない振りをして、大衆たちをだまくらかすか」という方向に思考を向けるのです。その努力の成果が「ロシア革命」という形で示されたので、その成功体験を忘れらない人々が多い、というのが問題ですね。

>世間はボチボチあいつらってホントにエリートなのか…?と気づき始めているというのに…。

まあ、それは確かにその通りですね。
日本と日本人は決して仲間を見捨てません (通りすがりの愛国者)
2016-06-28 23:20:08
2016.6.28 22:20更新
【共産「人殺す予算」発言】
藤野保史政策委員長が辞任「深く反省しおわび」
http://www.sankei.com/politics/news/160628/plt1606280059-n1.html

共産 藤野氏 政策委員長を辞任
6月28日 22時08分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160628/k10010575681000.html

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL