狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

全国的注目の沖縄県知事選

2014-10-30 20:01:33 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

 

沖縄県知事選に関するブログの紹介です。

              ☆

             

 
(前略)
 
 世界一危険な普天間基地を、リスクの少ないキャンプシュアブに移転するかしないかが争点となっている沖縄県知事選。普天間の危険を無くすのか、普天間に危険を残すのか(移転反対派は、県外、国外の念仏を繰り返すだけで、具体的案はなく、県外、国外への移転で生じるリスクには全く触れていない。)の政策論争となっていることは救いです。しかし、国の安全保障にかかわる結論を、県政で論じて導くものではなく、菅官房長官が言う様に、県政での権限は、埋め立ての承認の是非であり、そこは既に結論が出されていて、しかも知事が変わっても動かせない事実なのですね。

 それは、翁長氏も十分承知しているとみえ、当初唱えていた、埋め立て承認の取り消しについては公約への明記は拒否しているのですね。
 当然、移転(新設と言う声が散見されますが、キャンプシュアブへの基地の移転・統廃合)反対派の不審を買うこととなり、喜納氏が立候補するゆえんとなります。
 このあたりの地元情報は、遊爺が勉強させていただき、いつも紹介させていただいてる以下の「狼魔人日記」さんを参照ください。
 翁長氏「埋め立て撤回」の明記拒否! - 狼魔人日記

 中国は、最近では尖閣を通り越して、琉球は中国領だと言い始めています。下地氏は、この流れに乗ろうとしているのかは不明ですが、琉球として独立すれば、ウイグルやチベットの様に呑み込まれることは明らかです。
 
人民日報「沖縄帰属問題議論を」 中国の領有権示唆  :日本経済新聞
 たかじんのそこまで言って委員会 日本最悪のシナリオ徹底討論SP 10月12日 バラエティ動画を視聴!バラ動画  ←中国国内のサーバに接続される様ですので、自己責任で閲覧してください。

 危険な普天間基地の移転を求めない日本国民はいません。普天間とキャンプ・シュアブと二つの基地を一つに統廃合してリスクを軽減する埋め立て滑走路を造り、普天間の危険性を無くそうというのに、反対する人が何故居るのでしょう。しかも、地元の辺野古は受け入れ容認している。
 中国が、ウイグルやチベットの様に占領すると言っているのに、何故ウィグルやチベットと同じ境遇の道を選ぼうと、抑止力をなくす県外、国外への基地移転や、独立を唱える人がいるのでしょう。
 沖縄県民の方々の、日本国を護る為の英断をおねがいします。
 
                           ☆
 
 
 
2014-10-16 11:15:44

沖縄・辺野古米軍基地建設問題

マスコミは、特集は、打ち切り、

喜納氏の陣営の動きを
伝えない暴挙 !

安倍政権と対峙する覚悟を示す

事が、「撤回または取消の確約」だ !

翁長氏発言:反対すること

で振興策が多く取れる !

翁長氏は、安倍政権の

考え方と「90%は同じ」と発言

 

 

(「植草一秀の『知られざる真実』」:

2014/10/10より抜粋・転載)

 

 

1)埋め立て承認撤回なくして、
辺野古は守れない !

2)基地建設反対派の翁長候補は、

「埋立申請承認撤回」を確約しない

3)「埋立申請承認撤回」の
喜納氏の邪魔をする民主党

4)喜納氏出馬問題の検索サイト
が迫害で検索不能

5)翁長氏の曖昧な公約で
「撤回の実効性は、ゼロに後退』!

6)「翁長氏が撤回を確約すれば

知事選出馬を見送る」を報道しない !

以上は、前回投稿済みです。
以下は、その続きです。

 

7)翁長氏が「撤回または取消」

の確約を拒絶する場合、建設阻止

候補とは、認められない。

 

 

その場合には、翁長氏は、必ず落選することになると思われる。

したがって、重要なことは、翁長雄志氏が、「埋立申請承認の撤回」または「取消」を確約
することが必要である。

もし、翁長雄志(おながたけし)氏が、「辺野古に米軍基地を絶対に造らせない」と考えているなら、埋立申請承認の「撤回または取消」の方針を確約しないことが、あまりにも不自然になるのである。

「撤回」と「取消」の間には、法的な意味の違いなどがあるから、どちらの方法を取るのかは、法律の専門家とよく協議して決定すればよい。

しかし、そのいずれの措置も取らなければ、辺野古米軍基地建設は、「粛々と進む」のである。

これは、現在の政権である、安倍政権の官房長官を務めている、菅義偉(すがよしひで)氏が、公式の記者会見で明言しているのだから、否定のしようがない。


8)特集は、打ち切り、喜納氏
の陣営の動きを伝えない暴挙 !

 

琉球新報が、9月27日から9月29日にかけて、「走り出す‐2014知事選」と題する特集記事を掲載した。知事選に出馬を表明している各陣営の動きを伝えた。

27日が、仲井真弘多(なかいまひろかず)氏、28日が翁長雄志氏、29日が、下地幹郎(しもじみきお)氏であったから、当然、30日は、喜納昌吉氏の陣営の動きを伝えなければ、
天下の公器であるメディアの役割を果たさない。
ところが、特集は、3日間で打ち切りになった。

政治権力に対して批判精神を有する琉球新報社の、驚くべき側面を示す事例になった。

逆に言えば、それほどまでに、喜納氏が突き付ける問題が、核心を衝いているということなのだと思われる。

メディアのこうした「偏向」した取扱いが、強まれば強まるほど、喜納氏が提示している問題
の重みが、クローズアップされるという、逆の効果が生まれている。


9)翁長氏発言:反対する
ことで振興策が多く取れる

 

琉球新報社が伝えた、選挙戦の特集記事のなかに、以下の記述があった。

「オスプレイ配備撤回と県内移設断念を求める「建白書」をまとめた際、翁長(おなが)氏が、保守系首長らに対し「反対することで振興策が多く取れる。
どんな情勢になっても県政を支えよう」と発言したと主張した。

それにもかかわらず、仲井真氏と対峙して出馬表明したことに「不信がある」と批判した。」

これは、仲井真氏陣営が、翁長氏陣営を批判する理由として示したものであるが、こうした
経緯が、もし本当にあったとするなら、翁長氏の「辺野古基地建設反対」の方針については、
翁長氏が最終的にどのような着地を頭に描いているのかを、よく考察する必要が出てくる。

9月13日の記者会見で、NHKの記者が、翁長氏に対して、いまの安倍政権と対峙してゆくのかどうかについて質問した。これに対して、翁長氏は次のような発言を示した。

やり取りの模様は、YouTube映像「翁長那覇市長、県知事選、記者会見1」

https://www.youtube.com/watch?v=-VUlrQ_jj70

の12分44秒から15分47秒で確認できるので、ぜひご覧いただきたい。


10)翁長氏は、安倍政権の
考え方と「90%は同じ」と発言

 

NHK:えーすいません。NHKのクロカワと申します。

えとー、基地問題大きな争点だと思いますが、やはり、沖縄県知事となると、沖縄振興であったり、基地以外の政策、いろいろあると思います。

で、そのなかでーやはり、あのー、まあっ、えー、こうした政府の対決姿勢というのは、あの、基地問題以外では、えー、えーどのように対応されていくおつもりでしょうか。お願いします。

翁長:えー、沖縄の振興ということであります。

まあ、私が0.6%に74%置くというのがですね、これはいくら何でもあんまりじゃありませんかというのは、日本政府に対抗したことなんですかね。

これは、もうお願いしますよと誠心誠意お願いしているところなんですよね。

ですから、何も日本政府を私、対立しようという気持ちはまったくございません。

これを、反対をするということが対立するということでありましたら、私たち沖縄はですね、主体的な考えというのは、一切言うな、ものを言うな、ということになるわけでございまして、私たちは、この時々の問題に対してですね、いくらなんでも、戦争中もあんなに尽くして、戦後もこんなに尽くして、なお

かつ0.6%に74%も69年たってもですね、置くということについて、異議申し立てをするということがですね、日本政府に対する、いわゆる反抗とかですね、そういうもんでありましたらですね、私たち沖縄はですね、一体どういう立場の県になるのかという、そういうふうに私は思います。

ですから、あの、よくー、言われるですね、振興策、平行滑走路を造る、あるいはあのー、科学技術院大学をつくる。

官僚は必ずですね、お前たちは、基地を預かっているから作ってあげようなあって言う話をするんです。

私はそのとき何を言うのかと言いますと、これでスタート、本州から四国に橋。あの本州と四国に橋。

あれは、四国が何か、基地の負担とか、原発の負担とかやってるから、作ってあげたんですか。

九州に2,3年前に、えー整備新幹線ができましたけれども、あれに1兆円近くかかってますけれども、あれも九州に何か負担をしたから作ってあげたんですか。違うでしょ。

四国も九州もそういうものを土台としてですね、四国と九州を発展させて、そして、日本国に貢献しなさいと言って、あの橋も新幹線も作ったと思うんですね。

なぜ沖縄だけが、平行滑走路や、そういった科学技術大学院をやる場合に、基地を預かっているというのを暗に匂わせてですね、やるというものは、私は、日本の国のあり方としてですね、これはどうだなーって思っているんですよ。

ですから、日本政府とは協力的にやっていきますし、もう90%位私は考え方一緒ですから、何にもー、オー、向うと対立することはですね、ございません。
ですから、あの、しっかりと議論を重ねてですね、すべての分野において、沖縄がむしろ日本国にどうやって貢献できるのかなあ、日本を沖縄がこれから経済的にどうやって引っ張っていけるフロントランナーとしてできるのかなあと、こういうものの考え方でやっていきたいと思います。」

沖縄振興策は、基地問題とは切り離して実行するべきものである。

基地を受け入れるから振興策を実施、受け入れないから振興策をやらない、という対応がおかしい。

しかし、翁長氏は、いま安倍政権の考え方と「90%は同じ」とまで言っているのである。

言葉の行間からにじみ出てくるのは、安倍政権とは対立せずに、沖縄振興策を進めるという匂いである。


11)安倍政権と対峙する覚悟
を示す
事が、「撤回または
取消の確約」だ !


 

沖縄が安倍政権の強行に推進する辺野古米軍基地建設を阻止する場合、安倍政権と対峙することは避けられない。

つまり、時の政権と対峙してでも、この問題を貫く覚悟と意志があるのかが問われている。

その覚悟と意志を示すことが、「撤回または取消の確約」なのだ。

したがって、翁長雄志氏が最終的に「撤回または取消」を確約しない場合には、翁長氏の辺野古米軍基地建設阻止の方針は「フェイク」(偽物)であると判断せざるを得ない。

恐らく、問題を論理的に考える人の大半が同じ結論に至るだろう。

翁長雄志氏は、こうした理に適った疑念を払拭するためにも、埋立申請承認の「撤回または取消」を確約するべきである

              ☆

 【拡散依頼です】

 

【動画】チャンネル桜で喜納昌吉候補が登場、大いに語る!

 

 

平成261027日月曜日に放送された『沖縄の声』。本日月曜日の沖縄の声では緊­急特番としまして、沖縄支局キャスターのボギーテドコンと江崎 孝を進行役に迎え、1116日開票の沖縄県知事選挙に立候補した「喜納 昌吉」さん、そして「喜納昌吉応援団 団長」の斉藤まさしさんをゲストにお招きし、出馬を決めた理由、そして知事選にむけて­のお話などをお伺いします

 

 

                             ☆

 観光産業は沖縄経済の柱ですけど? 何故か翁長氏逃亡!

 

■緊急の御知らせ■

 

奮ってご参加下さい。

 

「なかいま弘多総決起大会」

日時: 11月7日(金) 午後6時開場、午後6時30分開会

場所: 沖縄県立武道館(奥武山公園内、アリーナ棟)

■当日はモノレール、バス、タクシーをご利用下さい。

主催:「沖縄21世紀vビジョンを実現する会」 電話098-866-0139

    那覇市牧志2-17-12(いとみね会館)

                  ★

 

■電子書籍出版の御知らせ■

県知事選挙の告示日(30日)まで余すとこ三日に迫りました。

仲井真県知事をして「特定の団体のコマーシャルペーパー」と言わしめるほど、常軌を逸した沖縄2紙の偏向報道により、新聞から情報を得る以外に術のない高齢者層を中心に「翁長氏優勢」の噂が絶えない今日この頃ですが、この選挙は先の沖縄市長選と同様に「新聞vsネット」の戦いになるものと考えます。

そこで電子書籍『そうだったのか「沖縄!』〜国家レベルの問題が山積する沖縄。その歴史と現在を新しい視点で解説〜、を緊急発刊することになりました。

告示日を目前にして特に三章と四章(江崎が執筆)は知事選挙にかかわる部分なので、取り急ぎ多くの方にこの二つの章を読んでいただきたいと思っております。

新聞等の捏造報道に惑わされることなく正しい判断で選挙権を行使するため、是非ともご購読くださいますようお勧めいたします。

 

cover

 

 

            拡散依頼

 

 

 

そうだったのか「沖縄!」』

〜国家レベルの問題が山積する沖縄。その歴史と現在を新しい視点で解説〜

価格:300円

著者:
 仲村覚(沖縄対策本部代表)
 仲村俊子(初代沖縄防衛協会婦人部長)
 石井望(長崎純心大学准教授)
 江崎孝(ブログ狼魔人日記管理人)

 

序章:沖縄問題の本質(仲村覚)
一章:今明かす、祖国復帰の真実(仲村俊子)
二章:「沖縄祖国復帰の真実について」解説(仲村覚)
三章:沖縄県知事選挙の裏に潜む琉球独立工作(仲村覚)
四章:習近平も注目の沖縄県知事選「ネットvs新聞」の代理戦争(江崎孝)
五章:祖国との一体感を求めて開催された東京オリンピック沖縄聖火リレー(仲村覚)
六章:日本開国の拠点として狙われていた「琉球」(仲村覚)
七章:明治維新」と「琉球処分」(仲村覚)
八章:琉球國はチャイナ領土だったのか(石井望)

電子書籍『そうだったのか「沖縄!」』を発売しました。

購入は下記サイトからお願い致します。

【購入サイト】

 

<示現舎電子書籍ショップ(クレジットカードまたはBitCash)>
https://print.cssj.jp/ebook/buy/item.php?id=A00003-32

 

<示現舎電子書籍ショップ(PayPal)>
http://www.jigensha.info/wp-content/plugins/pripre/pages/dist-item.php?id=642070657544b1ae

 

<ブクログのパブー>
http://p.booklog.jp/book/91432

 

※ 近日、Google Play、Google Books、楽天Kobo、ConTenDoでも配信予定です。

 

 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

*解説:

1)菅義偉(すが・よしひで、1948年12月6日~)は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(6期)、内閣官房長官(第81代)。

自民党幹事長代行、総務大臣(第7代)、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)、郵政民営化担当大臣、横浜市会議員(2期)等を歴任。

2)下地 幹郎(しもじ・みきお、1961年8月14日~)は、日本の政治家。政党そうぞう前代表。

内閣府特命担当大臣(防災)・郵政民営化担当大臣(野田第3次改造内閣)、衆議院議員(4期)、国民新党代表代行・幹事長(第3代)・国会対策委員長(第3代)・政務調査会長(第3代)、経済産業大臣政務官(第1次小泉内閣)等を歴任。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国との法廷闘争も視野に、翁長氏 | トップ | どうにも止まらぬ辺野古移設... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本土#人)
2014-10-30 22:45:25
普天間でも辺野古でも中国に睨み効きますから、県民の80%が辺野古反対なら、無理に辺野古に基地を造らないでもいいと思います。
税金も使わなくてすむ。
普天間の人が困っているのを辺野古の人が解決してあげましょうというのを国が応援しますという話を、沖縄県民の80%が反対する理由がよくわからない。
普通なら、美談です。
報ステの立候補者のビデオ見ていたら、「世界へ発信」とか大袈裟過ぎ。
普天間か辺野古かなんてコップの中の嵐。
Unknown (東子)
2014-10-30 23:21:04
>県政での権限は、埋め立ての承認の是非であり、そこは既に結論が出されていて、しかも知事が変わっても動かせない事実なのですね。
>翁長氏も十分承知しているとみえ、当初唱えていた、埋め立て承認の取り消しについては公約への明記は拒否しているのですね。

私も翁長氏が公約に明記しない理由をそのように考えていましたが、間違っていると指摘されました。

>Unknown (Unknown)
> 2014-10-10 17:59:37
> 東子氏が良く書き込んでる持論の中で明らかに間違っている点があるので指摘させて頂きます。
> >辺野古移設は覆せないことを翁長氏は嗅ぎ取ったと。

> 確かに翁長はそこは嗅ぎ取っていると思いますが、翁長が埋め立て承認撤回・取り消しを削除したのはそういう理由ではありません。
> 仮に撤回・取り消しが出来ても100%翁長はやらない。
> 翁長は汚れ仕事の普天間危険性除去は政府にやらせて(事実上移設を容認する)、自分は沖縄振興予算の増額などで保守首長や経済界を取り込み、保守からも革新からも好かれる人間になりたいだけです。
Unknown (非左翼)
2014-10-31 00:06:25
> 翁長は汚れ仕事の普天間危険性除去は政府にやらせて(事実上移設を容認する)、自分は沖縄振興予算の増額などで保守首長や経済界を取り込み、保守からも革新からも好かれる人間になりたいだけです。

同感です。
でも、翁長さんはしくじりました。
ウソつきがバレバレになった上に、共産党とズブズブになってしまったことをみんなが知ってしまったからです。
共産党とガッチリ握っっている人に公明党は投票しませんし、すでに基地政策が破綻していることがこれから浸透していくからです。
保守からも革新からも嫌われる人間になるでしょう。
翁長氏 (遊爺)
2014-10-31 15:16:45
東子さん、ご教授をありがとうございます。

> 私も翁長氏が公約に明記しない理由をそのように考えていましたが、間違っていると指摘されました。

>> 翁長は汚れ仕事の普天間危険性除去は政府にやらせて(事実上移設を容認する)、自分は沖縄振興予算の増額などで保守首長や経済界を取り込み、保守からも革新からも好かれる人間になりたいだけです。

 こんな人物が沖縄県知事になったら、沖縄県民の方々のみならず、日本国民の不幸を招きますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL