狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

防衛担当大臣はお飾りか 背広の実力者と制服の実力者

2007-08-30 07:11:08 | 普天間移設

人気blogランキングへ参加しましたクリックお願いします。 http://blog.with2.net/link.php?514420

 

 

2007/08/29 中国国防相が来日=高村防衛相と会談へ

【東京29日AFP=時事】中国の曹剛川国防相(写真)が29日、来日する。中国国防相の訪日は9年ぶり。日中両国が関係修復を進める中での訪問となる。
 曹国防相は、先の内閣改造で就任したばかりの高村正彦防衛相と会談する。(略) 〔時事〕

                                              ◇

【追記】

日中防衛首脳、4年ぶり会談

日中防衛首脳、4年ぶり会談
会談を前に握手する高村防衛相(右)と中国の曹国防相。日中防衛首脳会談は約4年ぶり。会談では、両国の軍事ホットライン開設や海上自衛隊と中国海軍の艦艇相互訪問などが議題となる見通し(30日、防衛省) 【時事通信社】

>曹国防相は、先の内閣改造で就任したばかりの高村正彦防衛相と会談する

自由時報によると、中国の軍艦が沖縄本島と宮古島の間を今年になってから二度も横断している。(後述)

一方、尖閣諸島へ視察に向かった石垣市議が海保によって検挙されるという異常事態が発生している。(後述)

日本と中国の間には友好の文字だけでは解決できない諸問題がある。

この制服の国防大臣に対して媚中派といわれる高村新大臣がどれだけ国益を主張できるか。

写真でも分るとおり中国の防衛大臣(国防相)は軍服を着ているので軍を指揮する実力者と思い勝ちだが、東京新聞によると、本来は国防相は実力のないお飾りの大臣だという。

ただ今回来日の曹国防相は党中央軍事委副主席を兼務しているため、軍の統帥にも参与する実力者だという

逆に背広を着ているので分り難いが、守屋防衛事務次官は武力集団である自衛隊員のトップに君臨する実力者である。

人民解放軍が実力行使しても抑えられないお飾りの国防大臣と大臣に反旗を翻す防衛事務次官。

中国の国防省と日本の防衛省が良く似ているというのが東京新聞【私説・論説室から】の論旨。

下記引用の記事は文末の一行≪防衛庁から省への昇格は、早過ぎたのではないか。≫を除いて全面的に同意である。

弛んだ組織はいくら時間をかけても腐敗するだけ。

「天皇」と呼ばれる防衛事務事務次官の存在は中国の人民解放軍と同じ危険性を感じる。

自衛隊という実力集団に属する次官が大臣に負けない力を示した。大臣は「飾り」といっては言いすぎか。これが、制服組の人事なら、文民統制を根本から揺るがす深刻な事態であったことが、もっと、はっきりしたに違いない。(東京新聞)

防衛省に内在する問題を浮き彫りにしたのは小池前大臣の功績である。

「防衛省人事騒動」について東京新聞もやっとことの重大さがわかってきたようだ。

久しぶりのG記事だ。

東京新聞【私説・論説室から】
防衛担当大臣はお飾りか(8月29日) 2007年8月29日

 最近、訪中した軍事研究者から、中国の国防大臣は「飾り」にすぎないと聞いた。

 人民解放軍は国の予算で支えられているが、共産党の軍隊を自任し、組織も革命以来の党軍のままだ。国防省はあるが、軍の運営・指揮は党中央軍事委に直属する総参謀部など各部門が行っている。

 国防相に実権はないが、各国との交流窓口に設けたという。ただ、二十九日に来日する曹剛川国防相は党中央軍事委副主席を兼務しているため、軍の統帥にも参与する

 しかし、国防省に次官は存在しない。外国との次官級交流になると、軍の組織上は、国防相より実権を持つ総参謀部副総参謀長が担当する「逆転現象」が起きるという。

 小池百合子前防衛相と対立の末、退任する守屋武昌事務次官も二年前の訪中では副総参謀長と会談した。この点で、日中は奇妙に似ている。

 守屋次官は文官だが自衛隊員で、制服組の頂点に立つ統合幕僚長を指揮する。小池前防衛相は守屋次官を退任に追い込んだが、後任は警察庁出身者を起用できず結局、守屋氏と同じ防衛省生え抜きを受け入れざるをえなかった。

 守屋次官は、その後も記者会見で後任人事は自分に相談してほしかったと批判、小池防衛相は守屋次官と刺し違える形で自ら留任を辞退した。

 自衛隊という実力集団に属する次官が大臣に負けない力を示した。大臣は「飾り」といっては言いすぎか。これが、制服組の人事なら、文民統制を根本から揺るがす深刻な事態であったことが、もっと、はっきりしたに違いない。

 力を持つ者は、とかく、ごう慢になりやすい。防衛庁から省への昇格は、早過ぎたのではないか。 (清水美和)

                     ◇

 

今朝の琉球新報に次の記事が出ていた。

本島・宮古間を 中国艦隊が航行

<今年2回、台湾東沖に>

【台北29日共同】台湾の李天羽国防部長(国防相)は28日、中国のミサイル駆逐艦など海上艦隊が今年4、5月の2回、沖縄本島と宮古島の間を抜けて太平洋に展開、台湾東岸沖を航行したことを確認済みだと語った。  29日付けの台湾紙、自由時報によると、李部長は中国軍の狙いとして①軍事能力の誇示②海洋情報の収集③台湾の反応の偵察ーの3点を挙げた。

台湾の外国軍事筋は「中国艦隊が台湾東岸沖を航行することはよくあり、中国の“内海化”への既成事実作り」とした上で、来年の総統選に向け対中強硬姿勢を鮮明にしてきた台湾の陳水扁総統への「警告」のいみもあるとの見方を示した。(琉球新報 3007年8月30日)

日本の大手マスコミでは報じらレていないが、これが事実なら国防に関る大問題である。

沖縄本島と宮古島の間を中国のミサイル駆逐艦などの戦艦隊が横断したというのだ。

他人の家に土足で上がり込んで、そのまま横切って出て行ったようなものだ。

③台湾の反応の偵察ー

沖縄本島と宮古島の間を横切っておいて、日本の反応の偵察ではなく、台湾の反応の偵察とは日本の国防もずい分と舐められたものである。

一方、尖閣諸島を行政地区とする沖縄県石垣市の現役市会議員が行政視察の為尖閣に向かったところ海保に検挙される異常事態が発生した。

これに関しては次のエントリーで書いた。

尖閣、魚釣島へ石垣市議上陸試みる! 国が実力で阻止!

 

「尖閣諸島」自国の領土視察を妨害する海保 【追記】沖縄のサムライ

視察を試みた仲間均市会議員が首都圏で緊急アピールの「講演会」を持つという。

東京近郊の方は是非参加して、自分の行政地域も視察させない海保の理不尽な行動についての仲間議員の話を聞いて欲しい。

仲間均のHPhttp://www.thida.net/nakama/

                     ◆

【動画】
石垣市議会議員が尖閣諸島海域にて海保に検挙1/3
http://jp.youtube.com/watch?v=PowEvM74GKA

石垣市議会議員が尖閣諸島海域にて海保に検挙2/3
http://jp.youtube.com/watch?v=Or-4lyqlB78

石垣市議会議員が尖閣諸島海域にて海保に検挙3/3
http://jp.youtube.com/watch?v=FnkbzApD02M

◆関連リンク:尖閣諸島の防衛構想-軍事的視点からの分析

緊急!!講演会(集会)のお知らせ

石垣市議会議員が尖閣諸島海域にて海保に検挙される異常事態が発生

仲間 均(石垣市議会議員)が首都圏で緊急アピール

<何故?議員の尖閣諸島視察が違法行為になるのか!何故?尖閣領土内での漁民の操業が違法行為になるのか!行政視察の議員を拘留する海保が何故?外国(台湾)漁船の領海侵犯は黙認するのか!>

<熱血議員・仲間均がこれだけは国民に知らせたいと、尖閣諸島海域の驚くべき現状と海保の横暴を語る。なを、質疑に60分以上を充てております>

【声明文】より

「船舶安全法違反の疑いで事情聴取いたしますのでご協力願います」との海保の対応に、一瞬我が耳を疑うが、有無を言わさない強引な対応になす術もなく、尖閣諸島魚釣島周辺海域(平成19年7月31日)で約5時間余にわたる船長への取り調べが続いた。日本領土内での漁労が何故、航海安全法違反?になるのか。

※その後も海保は、船長に対する10回に及ぶ出頭取り調べと仲間議員を起訴する等の嫌がらせを執拗に繰り返している。南海の果てで、議員生命を賭して尖閣諸島を守り抜いている仲間均を政府の横暴から守ろう。熱血議員を見殺しにしてはならない!

講 師:仲間 均(沖縄県石垣市議会議員)

日 時:平成19年9月5日(水)午後6時会場、6時半開演(質疑あり)

場 所:文京区民センター2F(2-A会議室)

(シビックホールではありません)

電話03-3814-6731:文京区本郷4-15-14

資料代:千円

交 通:地下鉄三田線・大江戸線春日駅「A2」出口0分

丸の内線・後楽園駅「4B」出口、南北線後楽園駅「6」出口徒歩5分

JR:水道橋駅東口徒歩10分

主催:尖閣諸島を守れ!仲間 均を支援する会(仮名、仮代表・西村修平)

東京都千代田区西神田1-1-2

         パトリス26-502

電話03-5281-5502

Fax03-5281-5603

 

人気blogランキングへ参加しましたクリックお願いします。 http://blog.with2.net/link.php?514420

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【パンドラの箱は開けたくな... | トップ | 日教組が敗北宣言 「軍命の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL