狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

鋏を振りかざし「市民」を襲う機動隊

2017-05-17 05:53:07 | マスコミ批判

 

 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 ■ご協力お願い■

久米至聖廟の撤去を求める為の署名運動が出発しました

署名にご協力してください

皆様もご存知の通り金城テルさんが、巨大龍柱の建設に中国侵略の危機感を持ち、市民運動を始めたのが、平成25年6月、住民訴訟を提訴したのが翌26年5月でした。よって今月で3年もの裁判闘争を続けております。(年齢を考えると頭が下がります)先月行われた控訴審では次回の裁定で地裁判決を破棄、審議不十分として差し戻しが見込まれると担当弁護士から見解が出されました。(地裁で勝訴しても那覇市の控訴、上告まだまだ戦いは続きます。)

24日の報告会では、孔子廟を撤去させるための署名運動をするとテルさんから決意表明がなされました。署名運動は、昨日から始まりました。

つきましては、皆様に、この運動の意義をご理解頂き、署名にご協力頂ければ幸いです。

署名用紙は、住みよい那覇市をつくる会のホームページ「翁長市政を糺す那覇市住民訴訟公式サイト」からダウンロード頂けるようになっております。署名用紙をA3版で統一致しますので、プリントアウトしてから拡大してご使用頂ければと思います。

何とぞ、宜しくお願い致します。

 HPのURL:http://nahaaction.web.fc2.com/katsudou.html

 

 住みよい那覇市をつくる会

事務局より

 

 

 

 

ットの普及により沖縄2紙の偏向報道が常軌を逸している事実が、全国的に認知されてきた。 

沖縄2紙の偏向報道について、当日記は偏向なんて生易しいものではない。 「黒を白と報じ、犯罪者を英雄に仕立て上げる捏造新聞」と評した。

暴力行為で逮捕・起訴され保釈中の山城博治被告を、あたかも沖縄を救う英雄の扱いで報道し、山城被告が国連で沖縄の不条理を訴えるスピーチをすると誇らしげに報道するほどだ。

沖縄紙2紙の発狂は、見出しの配置により、捏造報道の威力を倍加する。

昨日の沖縄タイムス社会面の。

こんなショッキングな見出しが目に飛び込んできた。

抗議市民の腰帯 切断

辺野古機動隊はさみ使用

沖縄タイムスの読者は事前に、次のような印象を刷り込まれている。

「善良な一般市民が抗議運動をしたら、権力をかさに強権的機動隊が暴力で排除する」

このような先入観を持ってこの見出しを見たら、「鋏を振りかざした凶暴な機動隊が善良な市民に襲い掛かって、腰帯を理由もなく切りまくっている」という印象だ。

問題提起してくださった普通の宜野湾市民さんのコメントもそうだ。

普通の宜野湾市民さんのコメント

これぞ琉球新報・沖縄タイムスが偏向、印象操作製造新聞社たる所以の記事!
↓↓↓

辺野古機動隊、はさみ使い市民を強制排除 腰帯を切断
沖縄タイムス 5/16(火) 7:55配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00097622-okinawat-oki

沖縄が本土に復帰し45年の15日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部では沖縄防衛局が新基地建設に向け護岸工事を進めた。シュワブゲート前では、腰に帯を巻いて隣の人同士を結んで座り込んでいた抗議の市民を、県警機動隊員が帯をはさみで切って強制排除した。「安全より工事優先か。沖縄へ基地を押し付ける姿勢は変わらない」と市民の反発が強まった。

 午前8時半すぎ、ゲート前には市民約150人が集まった。強制排除に対抗しようと、30人ほどが腰に麻状の帯を巻いた。

 後ろから帯を切られたという名護市の男性(73)は「ほどこうと思えばほどける。なぜはさみを持ち出すのか」と怒る。もみ合いで混乱する狭い空間で、警官が刃物を使ったことに「すごく危険を感じた。切ったのは安全より工事を優先したからだろう」と非難した。県統一連の瀬長和男事務局長は「歴史的な日でも、あくまで基地を押し付ける政府の姿勢が示された」と話した。

 はさみ使用の理由を尋ねた本紙の取材に対し、県警は回答していない


 シュワブ沿岸部では、沖縄防衛局の作業員が波打ち際に石材を投下した。市民らは抗議船4隻、カヌー11艇で抗議。神奈川県の男性(66)は「負担軽減を求め復帰したのに、新基地建設は軽減ではなく強化だ。これ以上、戦争のための基地はいらない」と語気を強めた。
〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

辺野古で市民排除にはさみ 沖縄県警、もみ合う中ひも切断
琉球新報 5/16(火) 6:30配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000006-ryu-oki

【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古での新基地建設工事で15日午前、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で座り込み建設反対を訴える市民らに対し、沖縄県警機動隊がはさみを取り出し、隣り合う市民同士が腰に巻き付けていたひもを切って排除した。大勢の市民と機動隊員がにらみ合い、激しいもみ合いが発生するなど混乱した現場で警察側が刃物を使用したことに批判の声が上がっている。


 ゲート前には午前8時すぎから市民ら約130人が工事車両の進入を阻止しようと座り込んだ。午前8時40分ごろから県警機動隊による市民の強制排除が始まり、工事車両を入れるためにゲートを開けた。市民は座り込みの際、隣り合う人同士腕を組んで座り、機動隊に簡単に体を抱え上げられないように抵抗した。市民のうち10人程度が腕組みに加え、腰の部分に麻のような素材でできた太いひもを腰に巻き付け、隣の人とつないだ。複数の人をひもでつなぐことで総体重を重くし、機動隊による排除に少しでも長い間抵抗しようとするためのものとみられる。

 機動隊員は「はさみ」と声を上げ、別の隊員からはさみを受け取り、市民らが腰に巻き付けていたひもを切断し、1人を4~5人程度の隊員で持ち上げるなどして排除した。

 抗議活動に参加していた市民からは「刃物で人が傷ついたらどうするんだ」「危ない」などと機動隊の対応を批判する声が上がった。

 沖縄人権協会の永吉盛元事務局長は「ひもで連携し合うのは沖縄の歴史的な(基地反対の)闘争でもやってきたことで、危険でもない。はさみは凶器であり、行き過ぎだと思う。運動に対する威圧だ」と機動隊の対応を批判した。

琉球新報社

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

琉球新報・沖縄タイムスの記事のタイトルだけ見ると如何にも機動隊が「はさみ」を振り回し自称「市民」を脅し排除したかのような
印象を受けるが

↓↓↓


>シュワブゲート前では、腰に帯を巻いて隣の人同士を結んで座り込んでいた抗議の市民を、県警機動隊員が帯をはさみで切って強制排除した。(タイムス)

>、沖縄県警機動隊がはさみを取り出し、隣り合う市民同士が腰に巻き付けていたひもを切って排除した。(琉球新報)


自称市民の皆様は自ら隣同士で腰に帯を結び付けて違法な座り込み抗議をした。
排除の為に機動隊が「はさみ」で帯を切断し一人づつ排除した。

か、昨年の高江ヘリパットのゲート前での違法抗議で、反対派が抗議用の車の屋根に登り自らの体とフェンス(か車)をロープで縛り、機動隊が排除しようとすると、ロープを自らの首に掛け如何にも機動隊が首を絞めたかのような自作自演を行い、警察を非難した。

今回の排除でも自称、市民が「自作自演」が出来ないようにハサミで帯を切断して、違法な座り込みを排除しただけの事。

自称市民は「はさみ」を
↓↓↓
「刃物」「凶器」

「はさみ」が「凶器」なら幼稚園や小学校で子どもが使用する事は大問題になるはずだが?

鉛筆だって人に向ければ凶器になりますよ?

自称市民の警察に対する「批判の声」はアホらしいのでコメントはしないが、
琉球新報・沖縄タイムスの記者や社員はこのような内容の記事を載せて
「恥じ」や「プライド」は無いのだろうか?

本当に情けなく、憐れな新聞社!
とつくづく思う

                 ☆

 

>市民は座り込みの際、隣り合う人同士腕を組んで座り、機動隊に簡単に体を抱え上げられないように抵抗した。市民のうち10人程度が腕組みに加え、腰の部分に麻のような素材でできた太いひもを腰に巻き付け、隣の人とつないだ。複数の人をひもでつなぐことで総体重を重くし、機動隊による排除に少しでも長い間抵抗しようとするためのものとみられる。

琉球新報は腰紐で「市民」同士を結んだ理由を説明している。

「市民」と称する活動家が、違法な座り込みをゴボウ抜きで排除されないように、「腰の部分に麻のような素材でできた太いひもを腰に巻き付け、隣の人とつないだ。複数の人をひもでつなぐことで総体重を重くし、機動隊による排除に少しでも長い間抵抗しようとするため」。

新報が説明するまでもなく「市民」らは機動隊の排除を妨害する目的、つまり公務執行妨害である。

ところが沖縄タイムスの記者はよっぽどバカなのか、県警が鋏を使用した理由が理解できないらしい。

理由は何かと尋ねている。

>はさみ使用の理由を尋ねた本紙の取材に対し、県警は回答していない

県警もバカバカしくて回答する気もなかったのだろう。

鋏を使わず何を使えというのか。

ノコギリでも使えと言うのか。

それとも、火をつけて焼き切れとでもいうのか。(怒)

>帯を切られたという名護市の男性(73)は「ほどこうと思えばほどける。なぜはさみを持ち出すのか」と怒る。

甘ったれるのもいい加減してほしい。

妨害する目的で結んだ紐が簡単に手でほどけるはずはない。

仮にその気になればほどけたとしても、その間の機動隊の経費が血税の浪費であることを忘れないでほしい。

「沖縄2紙など潰れてしまえ」と発言し、物議を醸した作家がいた。

過激派と呼ばれる極左集団の違法行為を支援するような新聞は百害あって一利なしだ。 

潰れたほうが県民のため、いや国民のため・・・、と思う今日この頃である。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

 
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国メディアに衝撃!慰安婦... | トップ | バカな記者への親切な回答、... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2017-05-17 09:34:09
山城被告は、基地との境界を示す有刺鉄線をペンチで切って、侵入すれば刑特法違反となることを承知で、基地敷地内に侵入した。
これは、〇。

機動隊が、違法な座り込みをする「市民」を排除するのに、「市民」が互いの腰に結び付けた帯を切った。
これは、×。


山城被告の「ペンチで有刺鉄線切り」は軽微な犯罪。
「それなのに、長期に拘留して(怒」の宣伝が行き届いているので、早速ツッコミが満載。

「【マスゴミ】辺野古移設反対派、互いの腰に紐を巻き付け座り込み抗議 ⇒ 機動隊、紐をハサミで切断し排除 ⇒ 琉球新報「ハサミで市民排除。刃物使用に批判の声上がりそう」 2017年05月16日13:39」
http://www.honmotakeshi.com/archives/51293581.html

タイムス、新報が「黒を白」と報道し、それを必死に拡散すれば、
  ・タイムス、新報のダブスタ
  ・反基地無罪→法軽視→テロ体質露呈
と、「抗議活動の実態」に、どんどん理解が深まる。
「理解→同調」からは、どんどん離れていくけどね。
Unknown (東子)
2017-05-17 09:34:49
未だタイムス、新報と「オール沖縄」は
  「抗議活動の実態」が理解されないのは、ネットのデマが優勢
と考えているようだけど。
いえいえ、タイムス、新報と「オール沖縄」と翁長知事の努力は、実っていますよ。
「抗議活動の実態」が理解されたから、同調者が出ない。
「何となく沖縄かわいそう」と思っていた人が、沖縄の善悪の判断のあまりにも違うのに驚いて、「そんな善悪判断でしている基地反対って、どんなもんだろう?」って疑問を持っちゃったのよね。


「沖縄タイムス編集局長、慶応大で講演「辺野古新基地建設は不要」 2017年5月14日 09:33」
石川達也 沖縄タイムス社 慶応大 辺野古新基地 在沖米軍 誤解だらけの沖縄基地 普天間移設問題・辺野古新基地
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/97365

>受講した女子学生は「中央メディアが報じない新鮮な話が聞けた。もっと勉強したい」と話し、男子学生からは「沖縄は知事選や衆院選で『辺野古ノー』の意思を示したが、政府の圧倒的な権力で建設が推し進められるのではないか」と懸念の声が上がった。

あんなこと石川達也沖縄タイムス編集局長は言っていたから、調べたら……。
あら…?

タイムス、新報は、伝えてこなかった事がある。
今までは、それが強みだった。
今は、それが弱点となった。
Unknown (amai yookan)
2017-05-17 10:06:16

>鋏を振りかざし「市民」を襲う機動隊


これが目に入った瞬間「鼻から・笑い息だ出た!」
(鼻から声は出にくいので・・・)

新報でした?タイムスでした?劣化しましたね、
「鼻でせせら笑いされたら、終わりでしょう読者から」

日本語を解せ無い方が記事書いて・解せ無い方が編集している。よーですね。百均の丸先・紙ハサミを連想してしまいましたー

日本人の感覚ではありません、この方々。


 
         
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-05-17 10:49:21

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「母子手帳騒動 復帰の思い出」の那覇市・照屋陽一さん(45)は、昨年4月8日以来の掲載。
「テロ等準備罪 廃案へ行動を」の那覇市・大見昭子さん(82)は、1月28日、4月6、26日に続き今年4回目の掲載。
「オキカと笑顔 路線バス快適」の嘉手納町・宮里裕子さん(55)は、2015年3月31日以来の掲載。
「空気読むより 主体性が大事」の大阪市・阿部仁さん(34)は、2月1日、4月4、21日、5月2日に続き今年5回目の掲載。
「沖縄の水資源を大切に」の那覇市・吉田朝啓さん(85)は、1月26日、5月7日に続き今年3回目の掲載。
「治安維持法の到来か」の西原町・渡久山勇さん(79)は、1月12日、2月19、25日、3月29日、4月24日、5月3日に続き今年7回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL