狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

県知事「辺野古は争点にならない!」

2014-08-12 00:23:34 | 県知事選
 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄県内の「告別式」最新情報

新聞折込チラシが見れます。
【公式】Shufoo シュフー - shufoo.net

 

 

仲井真県知事のメルマガに登録して、生の声を聞きましょう。

メルマガ登録

                     ☆ 

【緊急速報】

梅澤裕元座間味島の船舶特攻隊長が97歳でご逝去されましたが、梅澤さんの汚名返上のため琉球新報と戦ったドキュメンタリー作家上原正稔さんが急遽記者会見をすることになりました。
急のことではありますが、有志の参加をお願いいたします。

 梅澤さんは戦後集団自決の軍命令を下したという汚名を着せられ、子息をはじめ周囲の方々から誤解を受け、職場も転々とせざるを得ませんでした。
2011年より、沖縄を舞台に戦われた「パンドラ訴訟」は劇的な逆転勝訴を勝ち取ったことにより、汚名を晴らす一端となりました。
しかし、大江・岩波はもとより、沖縄の新聞社もメディアも、そして沖縄の為政者の誰も梅澤氏に謝罪したものは居ません。
梅澤さんご自身の胸中を察するに、必ずしも晴れ晴れとした心境にはなれなかったと思われます。そういう意味で、上原正稔氏の記者会見は意義深いものがあると思います。時間の許す方は、是非会見に来て下さい。

 会見者は、上原正稔氏・星雅彦氏と三善会会長の当山正範氏です。

日時:8月12日火曜日 13時より
会場:県庁5階 記者クラブ

問い合わせ:090-9780-7272 にしこりマデ

                  ★

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

辺野古移設の是非は争点にならない!」

これが仲井真県知事の主張。

「辺野古撤回」が法的に不可能と知っている県民なら誰もが仲井真知事に同意する。

良識ある県民なら「辺野古撤回」が「普天間の固定化」に繋がることを知ているからだ。

 

7日に行われた仲井真県知事の立候補表明記者会見の席でのこと。
 
司会進行を担当した元気一杯の「復帰っ子」(祖国復帰の年に生まれた)島袋大沖縄県議が記者団に向かってこう発言した。
 
「県内41の市町村長のうち、仲井真県知事を支援する市町村長は実に31人もいるのですよ。 この点を明日の新聞には大きく書いて下さいよ」
 
勿論翌日の沖縄2紙には「県内市町村長41人のうち31人は・・・」などの大見出しを見ることはなかった。
 
ただ司会の発言には勘違いが有り、仲井真知事を支持するの市町村長は31人ではなく、実際には30人が正確のようである。
 
次のその内訳を示す。
 
 
○仲井真県知事を支持表明した首長(30人)
 
宜野湾市
石垣市
浦添市
糸満市
沖縄市
豊見城市
うるま市
宮古島市
南城市
国頭村
東村
本部町
恩納村
宜野座村
金武町
伊江村
嘉手納村
与那原町
渡嘉敷村
座間味村
粟国村
渡名喜村
南大東村
北大東村
伊平屋村
伊是名村
久米島町
八重瀬町
多良間村
与那国町
 
 
●仲井真知事の不支持首長、11人
 
那覇市
名護市
大宜味村
今帰仁村
読谷村
北谷町
北中城村
中城村
西原町
南風原町
竹富町
 
仲井真知事の支持、不支持は「30人vs11人」という構図になるが、これは「73%vs27%」という割合になる。
 
沖縄県下全41市町村長のうち、実に73%の首長が仲井真県知事に支持表明している意義は大きい。
 
昨年12月の県知事による埋め立て承認以来、沖縄2紙は県知事を「公約違反で新基地建設を誘致したウソツキ」というネガ・キャンペーンで、仲井真県知事に牙を剥いている現状だ。
 
そんな中、名前を出して県知事支持を表明することは、首長として大きなリスクを負う事になる。
 
「反戦平和は免罪符」を社是とする沖縄紙が「新基地建設」を目論む仲井真県知事を支持する首長に悪意ある報道でシッペ返しするのは目に見えているからだ。
 
仲井真知事の支持を表明した宮古島市長が、三回にわたって社会面トップで散々叩かれたことは記憶に新しい。 あたかも「台風警報発令中の市長室でドンちゃん騒ぎの酒盛りをした」かのような印象操作で。
 
沖縄紙の悪意に満ちた報道には、宮古島市の下地市長に対し、お気の毒としか言いようがない。
 
              ☆
 
最近発狂新聞の社説をまともに論じることはほとんどない。
 
あまりにも事実歪曲が激しく、その上論理不明で稚拙な論調に一々反論するのも面倒なので、「論評に値しない」などと切り捨ててきた。
 
だが、時には相手にしなければ敵前逃亡の謗りを受けかねない。
 
そこで本日は琉球新報の社説を取り上げてみよう。
 
 

県知事選 審判まで「辺野古」中止を

琉球新報社説 2014年8月9日 


 11月16日に投開票される県知事選に3人が立候補する構えを見せている。仲井真弘多知事(74)、翁長雄志那覇市長(63)、下地幹郎元郵政民営化担当相(52)の3氏だ。今回の選挙は普天間飛行場代替施設の名護市辺野古移設の是非が最大争点だ。3氏は辺野古移設についての自身の立場を明確に有権者に示してほしい。
 仲井真氏は前回の知事選で普天間の「県外移設」を公約に掲げて当選した。しかし昨年末には国の埋め立てを承認し、最近は辺野古移設について「辺野古は最短」などと容認姿勢を強めている。自身の公約との整合性について十分な説明責任を果たすべきだろう。
 翁長氏は自民党県連幹事長だった15年前、県議会で辺野古移設推進決議を可決に導いた当事者だ。現在は「辺野古ができたら100年基地が残る」として反対し「オール沖縄」の超党派で県外移設を要求している。現在の心境に至った理由を説明すべきだろう。
 下地氏は6月時点で「嘉手納統合を行わなければ5年以内(運用停止)の約束は果たせない。同時に日米政府との約束(辺野古着工)を果たすことも重要」との考えだった。立候補表明では県民投票の結果に委ねるとした。自身の立場を明確に示すべきではないか。
 一方、日本政府は辺野古への移設作業を着々と進めている。台風などで延期している海底ボーリング調査の浮具(フロート)、浮標灯(ブイ)の設置に向けた作業を11日以降にも再開する可能性がある。反対行動に対処するため海上保安庁が10隻以上の巡視船を沖縄に集結させるなどしている。国の圧倒的な力で移設反対の声を封じる狙いだとしか思えない。
 政府が作業を急ぐ姿勢には、普天間移設が最大争点となっている知事選の前に、工事を後戻りできないほど進めようとする意図を感じざるを得ない。菅義偉官房長官も「埋め立て承認を受けている。法に基づいて淡々と手続きをし、着手するということだ」と述べている。知事選の結果にかかわらず辺野古移設を進めるとの意思表示にほかならない。沖縄の民意をどう考えているのか。
 沖縄に民主主義が適用されているというのなら、政府は辺野古移設の是非が最大争点の県知事選が終わるまで移設作業を中止すべきだ。県民の審判を見届けるのが筋である。

                                  ☆

>今回の選挙は普天間飛行場代替施設の名護市辺野古移設の是非が最大争点だ。

辺野古移設は現在着々と執行中であり、行政法上いまさら埋め立て撤回が不可能なことは翁長氏を支援するグループも承知の事実であり、琉球新報がこの事実を知らないはずはない。

それをあえて「辺野古移設の是非が最大の争点」などと大嘘をつくのはあまりにも読者をバカにしてはいないか。

辺野古移設はもはや誰も止めことの出来ない厳然たる事実。

その是非が争点になるはずがない。

>菅義偉官房長官も「埋め立て承認を受けている。法に基づいて淡々と手続きをし、着手するということだ」と述べている。知事選の結果にかかわらず辺野古移設を進めるとの意思表示にほかならない。

>仲井真氏は前回の知事選で普天間の「県外移設」を公約に掲げて当選した。しかし昨年末には国の埋め立てを承認し、最近は辺野古移設について「辺野古は最短」などと容認姿勢を強めている。自身の公約との整合性について十分な説明責任を果たすべきだろう。

県知事は県議会や百条委員会委員会で何度も説明してきたではないか。

県知事の仕事は県民の生命と財産を守ること。 

だとしたら人口密集地に隣接し「世界一危険な米軍基地」といわれる普天間基地をより安全な場所に移転し、県民の負担軽減を図ることは県知事としての最重要な責務。

現在最速で実施可能な移転先が辺野古在の「シュワーブ基地内」ということになる。

県民の負担軽減をはかるには「普天間移設」が目的であり、「辺野古移設」ではない。

つまり「辺野古移設」は負担軽減のための手段である。

辺野古移設は既に「終わった案件」であり、いまさら「名護市辺野古移設の是非が最大争点」などと県民を誤誘導するのは、仲井真氏に「公約違反」のレッテル貼りをして翁長氏を支援する卑劣な作戦に他ならない。

>反対行動に対処するため海上保安庁が10隻以上の巡視船を沖縄に集結させるなどしている。国の圧倒的な力で移設反対の声を封じる狙いだとしか思えない。

法的に撤回不可能と悟ったプロ市民たちは辺野古に集結し、連日違法な阻止行動を行っている。

違法な妨害行動を阻止するために海上保安庁が出動するのは法治国家として当然の行為。

警備する防衛局側ともみ合いになって、流血沙汰にでもなることが彼らの目的であり、作戦は大成功のはずだ。

血がにじんだ包帯姿で抗議する「市民」の写真で発狂新聞の一面を飾ることができたら、目的達成であり、抗議行動は大成功といえるだろう。

辺野古、工事強行!

権力の横暴

市民に流血の怪我人続出

このような扇情的大見出しで煽って、仲井真知事に対するネガキャンペーンにするのが抗議団の目的だ。

仲井真知事出馬表明の会見で、「マスコミは辺野古のことばかり」と司会者が皮肉っても、記者の質問は辺野古関係ばかり。

記者の不勉強さ加減だけが目立つ会見だった。

そもそも「根っからの保守」を自称する翁長氏と共産党や労働組合系の反日団体の主張とは水と油で、唯一の合意しているのは辺野古反対だけ。


しかも、当初の「承認撤回」を変更し、「反対と言い続ける」では納得できない革新系支持者も多いと聞く。

翁長氏は「県外」とは主張しても「基地撤廃」ではなく「日米安保堅持」だが、これではは革新勢力の「基地撤廃・反基地、日米安保破棄」とは決して相容れることはない矛盾である。

 

沖縄2紙が報じることのない県知事選に関する現況を産経が報じている。

埋め立て「撤回」は困難…翁長氏も公約掲げず

《沖縄知事選 埋め立て承認「撤回」実効性なし 翁長氏も公約掲げず》

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設が争点になる同県知事選は、普天間飛行場の危険性除去のため辺野古移設を容認し、現実路線を掲げる現職の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)氏に対し、翁長雄志(おなが・たけし)那覇市長は移設反対を唱える。ただ、辺野古移設を阻止しようとしても事実上困難で、革新陣営には移設反対を主張する翁長氏の「本気度」を疑問視する声が広がりつつある。(半沢尚久)

 普天間飛行場の名護市辺野古への移設について、仲井真氏は7日、出馬の記者会見で「普天間飛行場を5年以内に運用停止させ、辺野古に移す政府の案は非現実的ではない」と表明した。「普天間問題の解決は進んでおり、元に戻せば混乱する」とも述べた。

 仲井真氏は昨年12月、政府が申請した辺野古埋め立てを承認した。今後、安倍政権とのパイプを生かした沖縄振興の必要性も前面に打ち出し、普天間返還を急ぐ重要性を訴えていく。

 これに対し翁長氏は、辺野古の埋め立て承認の「撤回」に踏み込むことには消極的になっている。

 翁長氏を支持する沖縄県政野党5団体は、翁長氏と交わす協定で「新知事は埋め立て承認を撤回」と明記する方針だった。7月、翁長氏との調整で「新知事は埋め立て承認撤回を求める県民の声を尊重し、辺野古新基地は造らせません」となり、撤回の実効性は事実上ゼロに後退した。

政府高官や県幹部によると、行政法の解釈では埋め立て承認という行政処分を撤回できるのは、米政府が辺野古移設を中止するなどの状況の変化があり、「要件充足性」が失われた場合だけだ。現状ではそうした変化はないため撤回は不可能であり、仮に撤回をすれば県は多額の損害賠償も求められ、非現実的な方策だといえる。

 翁長氏が「撤回」を公約に掲げることを拒否したのはこのためとみられる。ただ、野党5団体の革新政党の中には、「翁長氏は本気で辺野古移設を阻止するつもりがないのでは」との疑念がくすぶっている

 下地幹郎(みきお)氏は、辺野古移設の是非を問う県民投票を行うことを公約に掲げる。反対が上回れば、下地氏の持論である米軍嘉手納基地(嘉手納町など)への普天間飛行場の機能統合案を代替措置として提示することも視野に入れる。

 

■御知らせ■

ジュンク堂書店 那覇店のイベント

詩集『艦砲ぬ喰え残さー』刊行記念

星雅彦さんトークショー

詩人で沖縄戦の研究でも造詣の深い星雅彦さんが、詩集『艦砲の喰え残さー』の刊行記念のトークショーを催します。

詩集のタイトル『艦砲の喰え残さー』(艦砲の食い遺しー生き残り)でもお分かりのように、テーマは戦没者への鎮魂の意味を込め、沖縄戦で論争の分かれる「渡嘉敷島・集団自決の軍命論争」について実証的検証の成果をお話しされます。

私・江崎も進行役としてお手伝いいたします。

お気軽にご参加下さい。

テーマ;『艦砲の喰え残さー』、集団自決の軍命について

日時: 8月16日(土) 午後3時~約1時間

会費: 無料
●整理券は必要ありません。トークショーはご参加無料です。
●席に限りがございます。満席の場合はお立見になります。
●終演後、詩集お買上の方にサインを致します。

会場: 那覇・ジュンク堂地下1階イベント会場

主催:ジュンク堂 860-7155


星雅彦(ほし・まさひこ)


1932年那覇市生まれ。詩人、美術評論家。東京ではハイドレッドセンターの美術仲間たちと交友をもち、ルポライターもしていた。1964年の暮れに沖縄に引き揚げてからは、主に詩と評論と小説を書いていた。1960年代半ばから70年初期まで、沖縄タイムスの『新沖縄文学』などに小説を10編ほど執筆するかたわら、美術論『価値体系の対立と変化』や美術エッセイなどを発表。また復帰のころから、沖縄タイムスや琉球新報に美術月評や展評をほぼ毎月執筆していた。一方、1969年に沖縄県史料編集所より依頼があり、2012年頃までの40年間、沖縄戦の体験者からの聞き取りの仕事にとりかかり、約1年半で200人余りの人に取材を行い、琉球政府の『沖縄県史9巻 戦争記録1』を上梓した。この追体験が今日の集団自決問題への発言となっている。
                               ☆

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 


 
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【朝日の大罪】“共闘”した福... | トップ | 「新基地建設」という捏造記事 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2014-08-12 06:29:10
沖縄2紙が辺野古容認は仲井真知事の弱点と思っている。
逆に言えば、沖縄2紙にとって辺野古容認は仲井真知事攻撃の最大の武器(強点、こんな言葉ある?)と思っている。
強点を攻撃されると、案外弱いものである。
沖縄マスコミが、辺野古承認について突いてくるたびに、
  ・承認の正当性
  ・法的に承認撤回は困難
  ・それ故、翁長氏の「造らせない」は口で言い続けるだけ
  ・翁長氏の反対は実効性がない
ということを、説明するのである。
もちろん、正しく記事になることは皆無だろう。
それも、仲井真知事の武器(強点)になる。
メルマガ、演説等で「正しく記事にしてくれない」を拡散すれば良い。
仲井真知事後援会は、「正しく記事になっていない」と抗議をする。
両面作戦。
抗議しても、改まらなければ、更に「改まらないこと」を拡散すれば良い。
今、朝日のことがあるので、それと重なって効果絶大と思う。


「辺野古の是非」は、仲井真知事当選と沖縄2紙不信と不振を、手に入れられる。



下地氏には
  ・選挙で辺野古の是非を問わず、県民投票の有無を問うのは、税金の2重使いである
  ・県民投票の厳格性(投票資格者の決定とか不正の監視)など決めている間に工事は進む
  ・県民に辺野古の是非と問う意志があるのなら、選挙で問うべき
で、退散していただきましょう。
Unknown (東子)
2014-08-12 06:29:40
翁長氏への出馬要請のデモンストレーションが喧(かまびす)しい。
保革両陣営から要請があったことをアピールするために、ご丁寧に日付をずらして、新風(保)から、県会議野党(革)から、要請を受けたとニュース。
ここで注目すべきは、翁長氏は決して、出馬すると言わないこと。
要請はうれしいだの、重い気持ちなった(ヲイヲイ、要請されたら気持ちが重くなって思わず本音?)とか、ばかり。
出馬しない方向転換できる空地の用意がすばらしい。

翁長氏は9月8日に出馬表明とのこと。
それまでに大いに沖縄マスコミに辺野古のことを質問してもらって、仲井真知事の正当性の宣伝の場にしましょう。
Unknown (東子)
2014-08-12 06:30:11
>仲井真知事の不支持首長、11人
>那覇市 名護市 大宜味村 今帰仁村 読谷村 北谷町 北中城村 中城村 西原町 南風原町 竹富町

知りたかったことです。
情報、ありがとうございます。


「沖縄県内市町村の自衛官募集 比率過去最多 2014年8月4日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=78811

>自治体による自衛官募集業務への協力は、自衛隊法などによる法定受託事務の一つ。
>各市町村は、知事が告示した試験日程を広報誌などで案内するほか、募集ののぼりや懸垂幕の掲示、説明会場の貸し出しなどを行っており、費用は国が委託費として負担する。
>沖縄戦の経験から根強い反自衛隊感情
>しかし、県の指導のほか自衛隊による県内離島からの救急医療搬送や不発弾処理活動などを受け協力に転じる市町村は徐々に増加。
>協力を拒否する自治体は、中部を中心に本島の6町村。


協力を拒否する自治体は、中部を中心に本島の6町村
   = 大宜味村 今帰仁村 読谷村 北谷町 北中城村 中城村
かな?
自衛隊への協力を拒否しても、不発弾処理は依頼するんでしょうね。
Unknown (東子)
2014-08-12 07:04:39
基地反対で盛り上がるのは本島の市町村で、島嶼では中国の脅威を身近に感じていて米軍基地容認が多数と聞いていましたので、竹富町が、目立ちますね。

「沖縄の竹富町?この町、この町長、"変"すぎません? 2012-04-27」
http://okwave.jp/qa/q7444588.html

>ついこの間の北朝鮮のミサイル発射に関してですが、自衛隊がPAC3の配備等で石垣市に展開している時に、自衛隊員が竹富町の役場内に一歩でも足を踏み入れるにあたっては、軍服(あのいつもの迷彩服)のままでは役所内に入ることを一切禁ずると竹富町長の川満某氏が発令し、それが故に、どうしても竹富町役場に入る用事がある隊員は、わざわざ背広に着替えて入っていた?
>これって本当ですか?
>事実なのですか?
>これちょっと信じられないような…。

あの時の川満栄長町長、今も町長。
ちょっと前に辞職勧告だされて、辞職するようなことを口にしましたが、撤回してそのまま町長なさっています。


「川満町長に辞職勧告 竹富町最終本会議 2014年06月21日」
http://www.y-mainichi.co.jp/news/25229/

>教育委員を選任しない

八重山教科書問題ですっかり有名になった竹富町。
あらまぁ。採択の独立を勝ち取って万々歳なのかと思ったら、まだまだ内部では、揉めているのね。


>辞職勧告決議を野党の賛成7、反対3の賛成多数で可決
>野党多数の町議会勢力

しかも、少数与党なのね。
ということは、町全体の方向は、町長の主義主張とは違う?
9月の町議選を注目しています。
Unknown (Unknown)
2014-08-12 08:14:00
確かに、少し危機感が足りない部分があったかもしれないし、それを擁護するつもりは無い。しかし地図をおっ広げて眺めてみれば、本島との間に適度な海峡をはさみ、大きな空港を持ち、もうすぐ橋もかかる美味しそうな島が・・。ここの首長の立ち位置は大きい。右も左も今回の件に関しては厳しく追求している。ちょっとした隙を狙われた感もある、他の賛同首長さんもくれぐれも油断大敵で。頭は赤く、腹は黒い輩を相手にしていることもお忘れなく。

県知事はタイムス、新報は読まん新聞だそうだ。読まん新聞の社屋には毎日朝日が同居ちゅう。その同居人の三十数年もの確信犯な報道との見事な合唱。この合唱に崖っぷちに落とされかけていたが、指揮者の素性を明らかにする良い機会かも。
来年の戦後70年に向けて、いい加減にケジメをつけよう。来年の御盆はこれまで以上に気持ち良くご先祖様をお迎えして、おもてなしして安心して頂きたい。
昔からの、ヒダリ地盤です。 (義挙人)
2014-08-12 08:24:20
おはようございます。
久しぶりのコメントです。

東子へ

>>協力を拒否する自治体は、中部を中心に本島の6町村
   = 大宜味村 今帰仁村 読谷村 北谷町 北中城村 中城村<<

その通りです。

(私もその中の一自治体に住んでいますが。)

この地域は昔から、ヒダリ(革新地盤)で、そりゃ~もう、選挙のときは大変ですよ。
革新票の大票田ですので、、オスプレより、煩いです。

又、県民大会や基地撤去の集会が開かれる時は、公共の防災無線を使って朝から夕方まで呼びかけ放送します。

公共の防災無線を使ってですよ、、、、、これって 許されるの?

 放送されるたびに、、いつも思います。

**仲井真知事が三選されることを祈願致します。**
↑の続き。 (義挙人)
2014-08-12 08:26:57
おはようございます。


その通りです。

(私もその中の一自治体に住んでいますが。)

この地域は昔から、ヒダリ(革新地盤)で、そりゃ~もう、選挙のときは大変ですよ。
革新票の大票田ですので、、オスプレより、煩いです。

又、県民大会や基地撤去の集会が開かれる時は、公共の防災無線を使って朝から夕方まで呼びかけ放送します。

公共の防災無線を使ってですよ、、、、、これって 許されるの?

 放送されるたびに、、いつも思います。

**仲井真知事が三選されることを祈願致します。**
Unknown (東子)
2014-08-12 09:08:28
「辺野古新基地:浮桟橋再設置 14日にもブイ 2014年8月12日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=79630

>米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設

新基地でないと、仲井真知事から注意されたので、なが~~い枕詞をつけて新基地建設(涙)
辺野古移設と書かなくちゃ、枕詞つけても、ダメ。

だけど、少し評価するわ。
「米軍普天間飛行場返還に伴う」
返還、返還、返還。
この言葉、大きいですよ。

毎回のこの言葉をつけるなら、ちょっと許す。


>反対住民らは1人用のカヌー11艇に分乗し、互いのカヌーをロープで結びつけ固定。
>船でけん引し、辺野古漁港を出発した。
>約50分で現場海域に到着したものの、海保に航行を規制され、浮桟橋には近づけず、大きな混乱はなかった。

「互いのカヌーをロープで結びつけ」+「船でけん引」= かるがも親子をイメージしちゃった。
カルガモ隊、大きな怪我がなくて良かったですね(ニッコリ)
もし、台風の風の残りがあって、↓みたいになったら悲劇ですまない。
「カルガモ親子 - 風にもマケズ(never give up to strong winds) 」
 https://www.youtube.com/watch?v=8G9ijolpiH0

反対派の人は、くれぐれも気を付けて出港くださいませ。
Unknown (東子)
2014-08-12 10:26:44
朝日が自ら英語版を出さなかったので、読売が事件として朝日の捏造ぶりを報道した。

「Asahi Shimbun makes long-overdue corrections over ‘comfort women’  August 06, 2014」
http://the-japan-news.com/news/article/0001478078

私の英語力に疑問はありますが。
その範囲で読みますと、とても丁寧にかつ正確に書いていると思います。
朝日が、当初「強制的に募集された」から強制性あると主張したが、後に「慰安婦に自由はなかった」から強制性があると、いわゆる広義の強制にして核心部分を変更したことも書いてあります。

また、慰安婦問題は2つに分けて考える必要がある。
一つは、戦場における性の問題。
もう一つは、日本が戦争時に国ぐるみで慰安婦を略奪していたかという問題。
とも、書いています。


吉田証言が捏造となったので、日本が国ぐるみでは、否定された。
残る戦場における性の問題は、各国がかかえる共通の問題。
図らずも韓国が、女性の人権に格上げしてくれたおかげで、世界で話しやすくなったのでは。
あるいは、各国とも暗部であるので、話さないようになるか。
日本には、河野談話という世界に先駆けて慰安婦に謝罪した文書があるので、核を落とされた唯一の国と同じくらい強い。
Unknown (危険)
2014-08-12 10:56:12
参考

毎日新聞の慰安婦に関する英語版がこっそりでているようです。
さすがに毎日新聞は朝日新聞と同じで意図は明白です。
http://blogs.yahoo.co.jp/greenthub232/56484705.html




Unknown (宜野湾より)
2014-08-12 13:53:44
>翁長氏は…現在の心境に至った理由を説明すべきだろう

と琉球新報はいう。
11の首長さん方は、されるべき説明を聞く前に翁長雄志氏支持を決めているってことかね。

オトナの世界だから狭い範囲のシガラミや利害の一致不一致で考える人もいるかもしれないけれど、たいてい支持する相手の現在の言動を元に決めているとすれば、仲井眞弘多氏を支持する30の首長さん方は総じて、行政手続や安全保障環境、経済環境の地域差や、地域毎の生き残り・活性化策の選択肢、そういったことが見えていると思われ、11の首長さん方(あと、かりゆしグループや金秀グループのトップ、沖ハムの会長)は、刷り込まれた階級闘争史観を後生大事にして、池田信夫氏が言うところの「確証バイアス」に嵌っていると思われ。
結果は辺野古移設であることを承知しているならば、虐げられた風情のアピールやそれで条件闘争するのを是としていると受け取られても仕方ないかな。

ちなみに下地氏の「嘉手納統合案」はとっくに検討されて無理だと判っている話。
ちょうどそのおさらいをされているブロガーさんがあるので、こちらを参照↓
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-36f0.html
Unknown (越来のK本S子)
2014-08-12 16:48:44
>●仲井真知事の不支持首長、11人

では、以下にその市町村長の実態をくわしく書いてみましょう。

那覇市→国民の税金を中国に貢ぐ人が市長。

名護市→市民よりジュゴンが大事な民主党サギ師が市長。

大宜味村→ブナガヤ(キジムナー)の里がウリだから、その肌の色みたいに脳ミソまっかっか…?

今帰仁村→常時サングラスで、自分の視野の狭さを体現するマルキスト棚ボタ芥川賞作家・目取真大先生の潜伏先。

読谷村→ハカイ(破戒・破壊)僧になった過激派活動家が村議になれ、人間に問題のあるヤツが村長になれる村。

北谷町→サヨク大好き、ヘイトソングな沖縄新民謡、「艦砲ぬ喰ぇー残さー」を歌うイカレババァが自治会長になれる町。

北中城村→沖縄のぬらりひょん・照屋カントクの地盤。

中城村→「フェーヌシマ(南の島)」のカツラの色みたいに脳ミソまっかっか、「ターファークー(打太鼓)」みたいに中国寄りな村。

西原町→言わずと知れた、革マルの巣窟・琉大のあるオキナワサヨクのメッカの1つ。

南風原町→基地もないのに基地反対という、意味不明な町。
ラジオ番組で、基地負担軽減策としての自衛隊による自主防衛を訴え、オキナワサヨクに死に追いやられたウルトラマンの脚本家・金城哲夫の出身地だが、彼の遺志は全く受け継がれていない。

竹富町→言わずと知れた、いまだマラリアを患うケダモノが教育長になれる町。
Unknown (Unknown)
2014-08-12 20:40:44
宜野湾より さんが紹介されていた、ありんくりんさんのブログでなかなか興味深い考察が展開されています。普天間問題を沖縄における南北問題としてみた視点など。保守対革新などとかく強調されてきた二者対立構造でなく。

冷静に見えてくるものがあります。
Unknown (やましろや)
2014-08-12 21:22:21
当初自民党執行部は仲井間氏擁立に「勝ち目がない」として反対だったみたいですが、地元ではまた違う感触なんですか?
人の世の救い。 (町工場の親方)
2014-08-13 07:35:18
>8月12日(火)午後1時より、8月6日に亡くなられた梅澤裕さんについて沖縄県庁記者クラブにて記者会見をします。

梅澤裕さんのご冥福をお祈りします。

>世界日報2013年12月15日号外が出ました。

ついに琉球新報は上告せず。
琉球新報は2013年(平成25年)8月12日の上告最終日までに書類は提出されず、上告を断念。
これで、念願であった梅澤裕さんと故赤松嘉次さんの汚名を晴らすことが出来ました。

<百人斬り訴訟を支援する会> 会報、第一号より。

「人はいかに生き、いかに死ぬべきか。」   稲田朋美弁護士

二人の少尉からこの問いを投げかけられながら、南京軍事裁判記録を読み終えると、深い悲しみと感動が静かに押しよせてきた。
「百人斬り」 で起訴された野田毅、向井敏明 両少尉は、たった一度の公開法廷で死刑判決を受け、上訴の申立てもむなしく、捕虜、民間人虐殺の罪て゛、昭和二十三年一月二十八日、南京雨花台において銃殺刑になった。
両少尉は、最後まであきらめることなく、起訴前の検察官の取調、起訴後の答弁書、最終陳述書、上訴申立書において東京日日新聞の 「百人斬り」 報道が二人の職務と行軍の経路からいかに馬鹿げた、荒唐無稽な作り話であるかを、冷静にそして熱意をもって書面にし、かつ口頭で訴えた。残された手書きの記録の行間からは、二人の必死の叫びと絶望感がひしひしと伝わってくる。
どんなに彼らの主張が理路整然とし、説得力があろうと、反対に起訴状の中身と唯一の証拠となった新聞記事がいかにばかばかしいお粗末な作り話であろうとも、結論は最初から決まっていた。中国にとって、誰かが南京大虐殺の実行犯でなければならなかったのである。

二人の少尉と田中軍吉大尉は、捕虜、民間人虐殺という思いもつかない汚名を着せられて寒い冬の日、雨花台で銃殺刑になったが、その最後の言葉は、不当な裁判をした中国を恨むものでも、自らの不幸を嘆くものでもなかった。 自分たちの死が日中の楔となり、日中平和に役立つと信じ、中国にエールを送りながら新生日本の将来を想って、従容として死を受け入れたのである。
「中国のご奮闘を祈る 日本の敢闘を祈る 中国万歳 日本万歳 天皇陛下万歳 」 私は彼らの死を 「武士道」 の精神をみる。
このような見事な死を冒涜するものたちを私は許すことはできない。 既に法廷において闘いは始まっている。この闘いは、決して負けることのできない、二人の少尉と遺族とそして日本の名誉を護る闘いであり、私にとってもかけがえのない事件である。そしてこの意義ある事件の名誉ある勝訴判決を勝ち取る日まで、支援くださっている方々とともに一気に駆け上がっていきたい。
必ず、 「正義」 が実現されると信じて。

町工場の親方 2005-01-05 18:24:14 No.102801

山本七平著 「私の中の日本軍、下」 文芸春秋  終章 「最後の言葉」 の結びの文章、より。

向井、野田両氏のような運命に陥れば、人はもうどうすることも出来なくなるのが普通である。自分が無実で、虚報で処刑されることは、その本人達がだれよりもよく知っている。そしてそれゆえに、余計にどうにもできなくなる。何を言っても、何をしても無駄だという気になってしまう。・・・・一切は奪われていく。法の保護も、身を守る武器も、そして最後には自分の精神でさえ。
しかし、そのとき、はじめて人は気づくのである。すべて奪われても、なお、自分が最後の一線で渾身の力をふるってふみとどまれば、万人に平等に与えられている唯一の、そして本当の武器がなお残っていること。それは言葉である。もうそれしかない。だが、自分で捨てない限り、これだけはだれも奪うことはできない。
処刑は目前に迫っている。確かに、言葉で戦っても、もう無駄かも知れぬ。発言は封ぜられ、むその声はだれにも届かず、筆記の手段は奪われ、たとえ筆記しても、それはだれの目にもふれず消えてしまうかも知れない。
しかしそこで諦めてはならない。生き抜いた者はみなんそこで踏みとどまったし、むたとえ処刑されても、その行為は無駄ではない。「どうせ死ぬ」 のだからすべての行為は無駄だというなら、すべての人は遅かれ早かれ 「どうせ死ぬ」 のであり、それなら人間の行為ははじめからすべて無駄なはずである。従ってその死が明日でうろうと、十年後であろうと三十年後であろうと、それは関係ないことである。
誤っていることがあるなら、自分の誤りを含めて、それを申し送って行くことは、一面そういう運命に陥った者に課せられた任務であろう。消えてしまうなら、消えてしまうでよい。

しかし、いつの日かわからず、また何十年あるいは何百年先かそれもわからないが、自分が全く知らず、生涯一度も会ったことのない、全然 「縁もゆかりもない」 「見ず知らず」 の人間が、それを取り上げて、すべてを明らかにしてくれることがないとは、絶対に言えないからであるーーー現に、ここにある。
無題 (ひめちん)
2014-08-15 17:34:22
島袋大さんは、那覇市議ではなく、沖縄県議会議員ですよ。
訂正 (狼魔人)
2014-08-15 19:30:38
ひめちん様

御指摘ありがとうございます。

お詫びして訂正いたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL