狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

民主・石井副代表の暴言!普天間・尖閣「ちっぽけな問題」だって

2011-01-19 08:38:05 | 外交・安全保障

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

  ブログセンターランキングへクリックで応援願います    

 

普天間「ちっぽけな問題」=民主・石井氏 時事通信 1月17日

民主党の石井一副代表は17日夜のBS11の番組で、「昨年は後ろ向きな話ばかりだった。
尖閣(諸島沖)で漁船がぶつかったとか、やれ政治とカネだとか、
やれ(米軍)普天間(飛行場移設問題)だとか。
そんなことは、どちらかと言うとちっぽけなことだ
」と述べた。
 菅直人首相が意欲を示す税制と社会保障制度の一体改革の重要性を強調する中で出た発言だが、
沖縄県民をはじめとして世論の反発を招きそうだ。
 また、石井氏は春の統一地方選について「ここで(議席を)倍増したいぐらいに思うが、
その夢は今度は果たせないだろう。現状維持をどうするかと、
それなりの戦いをしていかなければならない」と述べ、厳しい見方を示した。
石井氏は党選対委員長就任が内定している。

                                             ☆

外交・安全保障が民主党のアキレス腱だとは、政権交代の前から言わていた。 案の定というべきか、鳩山ルーピー首相は中国が覇権をねらう東アジアの海を「友愛の海」にすると寝ぼけたことをいったかと思えば、普天間移設で「学べば学ぶほど米軍基地の抑止力をを知った」と発言し世界の物笑いになった。 挙句の果てに自分が発した「最低でも県外」が命取りとなったが、後を継いだ空き官首相は尖閣沖での中国船衝突事件で主権意識の欠如を暴露し中国の言いなりになってしまい、民主党政権が国防・安全保障問題に関しては予想以上の素人集団であることを証明してしまった。

そして今度は党副代表である石井一氏のこの暴言である。 国民の8割以上が関心を持つ「政治とカネ」、そして日本の国防に関る普天間問題を「ちっぽけなこと」ということは論外としても、尖閣問題を、現在尖閣諸島が無人島であるから「ちっぽけなこと」というのだとしたら、政権与党の副代表の発言としては看過できるものではない。


尖閣諸島の中国漁船衝突事件や普天間基地は「国防」に直結する外交問題であるが、これがちっぽけな事なら石井副代表がいう「大きな問題」とは一体何を指すのか聞いてみたい。

尖閣問題に対する中国の恫喝をちっぽけなことと看過し、中国が尖閣に強行上陸をし、実効支配したときに初めて、大きなことになるのだろうか。 いや、それとも中国が次のターゲットにしている「沖縄奪還」を果たしたときに初めて、大問題になるのだろうか。 そのときは既に手遅れであることをこのお方は認識していないのだろうか。

民主党議員は鳩山前首相⇒菅首相⇒石井党副代表と、無能はともかく、これほど国防音痴で国家意識のひとかけらも無い連中ばかりだとはいまさらながら言葉を失ってしまう。

尖閣諸島にはかつて日本人経営の鰹節工場等もあり、300人近くの日本人が住んでいた。 現在でも石垣市の行政管轄の下にあり固定資産税の課税対象である。

尖閣を自国の領土だとヤクザまがいの恫喝を続ける中国は、南シナ海の覇権を求めるため「ちっぽけな島」にもこの通り(下記写真)の実力行使を行い周辺諸国に圧力を加えているではないか。

南沙諸島

南沙諸島より小さな 沖の鳥島や南鳥島では、離島保全を図る低潮線保全・根拠施設整備法が可決されており、鳥島は「島ではなく岩だ」と言いがかりを付ける中国に対し、高い潮位のとき海面から沈下したり、波による破壊防止のための工作物を設けてまでわが国の主権を主張しているくらいだ。

尖閣が「ちっぽけなもの」のはずがない。

そして尖閣の次は沖縄の「奪還」とエスカレートするのが中国の野望である。

南西諸島を分断し、西太平洋進出の突破口と考える中国海軍にとって尖閣問題は決して「ちっぽけなこと」ではなく、実行支配すべき重要問題なのである。

下記の地図でも自明の通り、那覇から大阪、東京よりも中国の海軍基地の方が至近距離にあるのだ。


普天間移設問題も、沖縄の地政学的位置をみると、決して「ちっぽけなもの」ではないはずだ。

主権意識の欠如した民主党政権に国民の生命と財産を委ねることはできない。

一刻も早く、解散総選挙に踏み切るのが国益である。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

  ブログセンターランキングへクリックで応援願います    

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 爆笑!トロイの木馬 | トップ | 毎日新聞世論調査:政権浮揚... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小さな問題だって? (愛と勇気)
2011-01-19 12:58:43
[犬HKの魂胆]
犬HKは、中国国家権力による民主運動家の拘束を抗議せず、
チベット、南モンゴル、ウイグルの人権活動家の身柄を守りません。
結局シナ共産党の下僕となって、
日本帝国主義だけを攻撃の対象とする
反日サヨク史観の洗脳装置です。


 m9(^Д^m9(^Д^m9(^Д^)犬HK解体あるのみプギャー!!!

http://m.youtube.com/watch?client=mv-google&hl=ja&v=1qbcezjchiI&rl=yes&gl=JP&page=9

 (ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`)中国様の属国になるのに比べたら…かね?
暴言 (猪)
2011-01-19 16:18:45
この暴言をマスコミは伝えません。
Unknown (涼太)
2011-01-19 20:53:25
狼魔人

石井ネズミの発言ですから、特に驚きはしません。この人も小沢に勝るとも劣らない醜い顔しています。
中国の横暴を牽制できるのは、やはりアメリカでしょう。明日から米中首脳会談が始まりますが、オバマも媚中外交で国内の顰蹙を買っています。アメリカに期待するしかないところに今の日本の悲しさがありますが、アメリカとてこのまま放っては置けないと思います。少しは注目しています。

コメントを投稿

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
青山繁晴「アンカー」1月19日 崖っぷち!菅改造内閣がスタート 小沢問題決着は?波乱含みの国会を青山ズバリ!・中国漁船衝突事件 ... (青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ)
番組サイトより 「スーパーニュースアンカー」 (KTV)  http://www.ktv.co.jp/anchor/ 1月19日(水)のアンカーは… ▽崖っぷち!菅改造内閣がスタート  小沢問題決着は?  波乱含みの国会を青山ズバリ 話のタネとして・・・ ヤマヒロ氏の Podcast ...