狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

【速報】首相、辺野古訴訟で和解案受け入れる方針

2016-03-04 12:32:19 | 普天間移設

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 「狼」の画像検索結果

 ※お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

 

首相 辺野古埋め立て巡る裁判で和解案受け入れる方針

NHK 3月4日 12時00分
 
 
沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡って、国と沖縄県双方が訴えた裁判で、安倍総理大臣は、工事の中止を含む裁判所が示した和解案を受け入れる意向を固め、関係閣僚に伝えました。沖縄県側は、和解案を受け入れる方針をすでに裁判所に伝えていることから、国と県との和解が成立する見通しとなりました。
沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡って、国と沖縄県との間では3つの裁判が行われていて、このうち沖縄県の翁長知事が、移設先の名護市辺野古沖の埋め立て承認を取り消したことに対し、国が知事の代わりに取り消しを撤回する代執行を求めた行政訴訟で、裁判所は先に和解案を示しました。
裁判所の和解案は当初、暫定的なものと根本的なものの2案がありましたが、裁判所はその後、先月29日の弁論に合わせて、沖縄県側が前向きに検討するとしてきた暫定案を修正した新たな和解案を示しました。
新たな和解案では、国と沖縄県の間で行われている裁判をすべて取り下げ、工事を中止したうえで、国が、翁長知事が行った埋め立て承認の取り消しの是正を指示するよう求めています。そして、沖縄県側がこれを不服とする場合には、国の是正指示を取り消す裁判を起こし、この裁判の結果に双方とも従うとしています。あわせてこの裁判の判決までに、国と沖縄県は、円満な解決に向けた協議を行うことなどが盛り込まれています。
政府は当初、工事の中止は受け入れられないとしてきましたが、安倍総理大臣は、国と県とのいわば訴訟合戦が続くような事態は好ましくなく、対立が長引けば普天間基地の危険性の除去や移設計画の実現も危うくなりかねないとして、新たな和解案を受け入れる意向を固めました。
そして安倍総理大臣は4日昼すぎ、総理大臣官邸で、岸田外務大臣や中谷防衛大臣ら関係閣僚らに対し、こうした方針を伝えました。
また政府は、外交ルートを通じてアメリカ政府に対し、この方針を伝えました。
関係者によりますと、工事の中止を盛り込んだ新たな和解案について、沖縄県側は受け入れる方針をすでに裁判所に伝えていることから、国と県との和解が成立する見通しとなりました
 
                                                     ☆
 
これまで裁判長は「暫定案」「根本案」と二つの和解案を提示していた。
 
それぞれ両者の合意がなければ成立しないとのことで、修正案が水面下で検討されていた模様。
 
今回国は第三の和解案に同意したらしい。
 
修正案のキモはこれ。
 
>沖縄県側が前向きに検討するとしてきた暫定案を修正した新たな和解案を示しました。
 
>新たな和解案では、国と沖縄県の間で行われている裁判をすべて取り下げ、工事を中止したうえで、国が、翁長知事が行った埋め立て承認の取り消しの是正を指示するよう求めています。
 
>そして、沖縄県側がこれを不服とする場合には、国の是正指示を取り消す裁判を起こし、この裁判の結果に双方とも従うとしています。
 
国が進めている辺野古の工事を一時中止することにより、翁長知事の顔を立てる。
 
仕切り直し裁判をする場合双方が判決に従がう、というもの。
 
裁判の間、工事は多少遅れるものの、結局は国が勝訴。
 
・・・ということであろう。

 

【おまけ】

本日3発4日付世界日報の「沖縄時評」が豊見城市小4男児自殺事件について詳しく報道しています。

             ☆

豊見城市・小4児童自殺問題、「いじめ問題専門委員会」全員が辞任

新教委制度で続く隠蔽体質

《 沖 縄 時 評 》

 沖縄県豊見城市で昨年10月、小学4年の男児(当時9歳)が首を吊って自殺した。このニュースが地元2紙に報道されたのは、事件から3カ月も経過した今年の1月9日だった。

 警察庁の統計によると沖縄県の10代の自殺者は例年2~7人程度で全体の1~2%にすぎない。10歳にも満たない小学校児童の自殺は統計にも出ていないくらいだから余計に衝撃的だった。


...【全文を読む】

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょう初弁論、沖縄県と周辺... | トップ | 国「損をして得を取った」和... »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (心配性)
2016-03-04 13:42:42
これだけごちゃごちゃしてくると、県民にも国民にもわかりにくい。陸連のマラソン代表選考みたいだ。
裁判沙汰自体は沖縄でも話題になっているのは間違いないので、解りにくさを払拭して仕切り直す。今度は一発選考ならぬ、一発判定で行きますよとの事でしょう。情弱の沖縄県民には分かりやすいほうが良い。オール沖縄の呪縛から解き放されつつある県民は今度こそ目を皿のようにして、ことの進行具合を見届け、理解するでしょう。

しかし県は「前向き」になりますかね。ならなければ次の裁判での心証は甚だ悪くなる。
Unknown (Unknown)
2016-03-04 14:28:30
此方のブログの意見、コメントを読んでますと
裁判は「秒殺」という感じでしたが、私は双方の思惑に合致する
和解案にいくだろうと考えていましたので、一報に驚きましたが
落ち着くところに落ち着いたとおもいます。
Unknown (Unknown)
2016-03-04 14:46:38
元宜野湾市長の参院選出馬に関する
ニュースが琉球新報で報じられています。

元市長は先の宜野湾市長選挙で選対の代表代行という
ワンクッションがあったにもかかわらず、知事に近い企業グループから
責任を追求されています。個人的に打開案として元市長の親戚である
30代になったばかりの市議さんが参院選に立候補すれば、対立した双方がまるく収まる
可能性があります。彼ならば仮に参院選で島尻氏に敗北しても市議に
出戻ることができるからです。

そうした考え方もありますよという事で指摘しておきたいとおもいます。
Unknown (心配性)
2016-03-04 15:26:04
要は普天間返還は辺野古移設が前提だという当たり前のことに賛意を示す県民が増えたきたという感触を政府が得たのだろうと思います。

ごちゃごちゃ泥仕合で勝利するよりは、いったん工事を中止して裁判に持ち込む。あるいは持ち込ませる。肉を切らして骨を断つ作戦と理解しています。
Unknown (パパドプーロス)
2016-03-04 15:35:46
和解?と聞いて最初びっくりしたのですが

首相のこの発言で政府の意図がわかりました。

今回の判断について「延々と訴訟合戦が続けば普天間の現状が固定化されかねない」と説明した。

首相はまた、今後の対応について「司法判断が下された場合にはその判断に従い、沖縄県と協力して誠実に対応することで合意した」と語った
Unknown (Unknown)
2016-03-04 15:48:23
おととい、和解案を受け入れるだろうと書こうとしたが出勤に間に合わなくて書けなかった。
やっぱりね。

でも、これがベスト。
参院選までやる必要はないし、普天間は固定化がベストなのだから。
Unknown (ウチナー鬼女)
2016-03-04 15:57:10
菅官房長官は本日の会見でも「普天間基地閉鎖は辺野古移設が前提」と発表してますね。和解成立については一言もありませんでしたが?
「代執行」訴訟の和解成立がNHKの「飛ばし」でなければ、普天間基地閉鎖が遅れた責任は沖縄県知事にあるつーことでは?いわゆる「自己責任」ってやつです。更には「5年なんて無理せず、じっくり時間をかけて工事進められる」とか?ハリスさんも言ってたしね。
実は和解成立って、翁長さん勝利というよりは、「国家権力と戦う知事」という沖縄メディアが作り上げた「虚像」が今後の対応でどうしよかうろたえているように感じます。宜野湾市民からの突き上げもあるだろうし。梯子外されてよろめいている感じにも見えますが?
うーん、願望による妄想ですかね?
Unknown (心配性)
2016-03-04 16:16:42
ウチナー鬼女様
「妄想」ではないと思いますよ。県は泥仕合にして世間の同情を買いたかったのに、政府にあっさりリセットされてしまった。メディアもオナガも正念場でしょう。
Unknown (名無し)
2016-03-04 16:35:28
>ハリス氏の発言について、国防総省筋は沖縄タイムスに対し、「日米両サイドの政治と切り離して現実を語った米軍の本音論」と分析。「(ハリス氏の発言に対する)沖縄の反発は承知しているが、米軍内には普天間は現状維持でも構わないという声もある」と述べ、法廷闘争に発展した普天間移設への熱意が冷めている内情をそう漏らした
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00000013-okinawat-oki

私が2年前から書いている通り。
普天間は固定化がベスト。
移設を公約化すべきは保守側ではなく、左翼
これ、和解案というのですか (遊爺)
2016-03-04 18:21:40
これ、「和解案」といえるのでしょうか?
1月に示された「和解案」と言うのは、翁長知事の立場を重視したものと、国の立場を重視したものでが 2つありましたね。双方相容れないから裁判沙汰になったのですから、当然双方相容れない、ただ併記しただけのもの。
そこで、沖縄県側が前向きに検討するとしてきた暫定案を修正した新たな案を提示したのが、今回の新たな和解案。

 先ず、国と沖縄県の間で行われている裁判をすべて取り下げ、工事を中止。
 つまり、15年10月の状態に戻しただけ?

--------------------------------------
■辺野古移設をめぐる動き

13年12月 仲井真弘多沖縄県知事が名護市辺野古の埋め立てを承認
14年12月 翁長雄志沖縄県知事が就任
15年10月 翁長知事が埋め立て承認を取り消し
  同月 政府が代執行手続きへの着手を閣議了解、国交相が承認取り消しの効力を
     止めると決定
  同月 防衛省が辺野古埋め立ての本体工事着手
  11月 国交相が翁長知事を高裁に提訴

16年 1月 高裁が和解案を提示
--------------------------------------

 翁長知事が埋め立て承認を取り消した時点に戻す。
 (裁判をすべて取り下げ、工事を中止)

 国は(改めて)翁長知事が行った埋め立て承認の取り消しの是正を指示する。

 沖縄県側がこれを不服とする場合には、国の是正指示を取り消す裁判を起こし、この裁判の結果に双方とも従う。

 すごろくではありませんが、15年10月に戻してやり直し。
 現在、複数の裁判が進行しているが、夫々で異なる判決が出て混乱するのを防ぐ為、裁判は一本化し、その判決に双方従う。

 和解案と言うより、「やり直し裁判」では?
 
> あわせてこの裁判の判決までに、国と沖縄県は、円満な解決に向けた協議を行うことなどが盛り込まれています。(NHK ニュース)

 協議をして解決策が見つからないから裁判になったのに???
 翁長氏は、あらゆる手段を使って、1日でも長く工事を止めるしか、支持者に応える未知が残されていないのですから、協議のなのもとに時間稼ぎをしたいだけ!
 
 一本化した裁判で、翁長氏に印籠を渡す案?
Unknown (保守)
2016-03-04 18:28:51
司法判断を受け入れるという条項がミソ
つまり、今からは翁長も裁判で負けたら国に従わなければならない

馬鹿な左翼県民はこれで工事が止まると思っているが、
逆に工事はスムーズになる
Unknown (Unknown)
2016-03-04 18:36:18
とりあえず本日の報道ベースで考えて
永田町の選挙モードがいよいよ本格化したことと
翁長知事の参院選エクストリーム出馬は無くなったと
理解します。
Unknown (名護人)
2016-03-04 20:10:32
国は、将棋でいうところの必至をかけたということだと思います。
手練れですね。
Unknown (Unknown)
2016-03-04 20:37:18
「辺野古「根本案」決裂へ 県「非公開で判断できず」 2016年2月20日 11:33」
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-224925.html

>県幹部は「根本案の内容は言えないが、いずれにしろ知事が一人で決定していい話ではなく、与党などとの協議を通した透明性のある議論が判断の前提となる。公開できないままでは県として判断できず、手続き的にはそのまま期限を迎えれば和解協議は不調に終わる」と説明した。

公表されていないのは、「根本案」だけでは、ない。
「暫定案」も公表されていない。
だが、こちらは、「辺野古工事、一時停止」が漏れてくるせいか、公表しろとは言わない。

で、そんな中

「首相 辺野古埋め立て巡る裁判で和解案受け入れる方針 2016年3月4日 12時00分」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160304/k10010430981000.html

が来た訳だ。
和解した「暫定案」は、最初に示された「暫定案」に修正が加えられている。


「辺野古訴訟、国と県が和解した場合どうなる? 2016年3月2日 08:39」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=156506&f=i

によれば、


>2月29日の代執行訴訟の和解協議で、和解した場合は地方自治法に基づく是正措置を具体的な日数も挙げながら速やかに実行する内容が「暫定案」に加わったもようだ。
>和解後に国側が出す「是正の指示」のタイミングや、県側の審査申し出の時期について意見が交わされたとみられる。

協議する場合の期日が区切られた。


「安倍首相の発言全文「普天間、沖縄の現状固定化されかねない」「工事中止を防衛相に指示した」 2016.3.4 13:31」
http://www.sankei.com/politics/news/160304/plt1603040021-n1.html

>辺野古への移設が唯一の選択肢であるとの国の考え方に何ら変わりありません
>国として今回の和解案を、和解内容を誠実に実行することとし、埋め立て工事を中止いたします。
>裁判所が提示した手続きにのっとって、円満解決に向けて、沖縄県との協議を進めてまいります
>その上で、司法判断が下された場合には、国も沖縄県もその判断に従う。
>そして互いに協力して誠実に対応することで今回、合意いたしました。
>普天間飛行場の危険性を除去する、そして沖縄県の基地負担を少しでも、しかし、しっかりと軽減していく。

総理の言葉から、高裁の裁判の判断が出ても最高裁(地裁から始まるものもある)、それら全て国が勝ったとしても時間が掛かるので、裁判を全て取り下げ、話し合いの期日を切って話し合い、それで決着がつかなければ、再度裁判し、県はその判決に従うと言ったので控訴しない。
当初の「暫定案」なら、いつまで話し合うか永遠だった(反対派が望む、ずーーーっと辺野古工事中止)が、期日を区切ったことで、それはない。
と、読めた。

再度の裁判とは、国が地方自治法245条の7による「是正の指示」に基づいて埋め立て承認取り消しの撤回などを県に求め、それに県が従わなかった場合、処分の違法性を訴える国は同法251条の7に基づく「違法確認訴訟」を高等裁判所に提起する裁判。
県が勝訴するには、「処分の違法性はない=承認に瑕疵がある」を証明せねばならない。
県の「承認に瑕疵がある」の根拠は薄弱。
ゆえに、国の勝ち。

早ければ、秋までに結論が出るのでは?
長くても、来年の今頃には、と予想。


「暫定案」が私が想像したものだったら、1年くらいで県は辺野古移設容認に舵を切れる。
「根本案」だけでなく、「暫定案」も公表されていない以上、翁長知事とそのブレーンで決めた。
「与党などとの協議を通した透明性のある議論」は、無かった。

翁長知事は、隠れ推進派として辺野古容認に舵を切りたかったが、タイムス、新報と共産党の監視の下、できなかった。
「非公開」を理由に自身の判断を優先させることができた。
失礼しました (東子)
2016-03-04 20:37:56
(Unknown) 2016-03-04 20:37:18は、東子です。
Unknown (東子)
2016-03-04 23:16:01
「決着、事実上先送り 政府と県の思惑一致 2016年3月4日 21時57分(最終更新 3月4日 22時43分)」
http://mainichi.jp/articles/20160305/k00/00m/010/130000c

>米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る政府と沖縄県の和解は、とりあえず最終決着を先延ばししたにすぎない。
>和解成立は政府と県の当面の政治的な思惑が一致したため

政府と県の一致した政治的な思惑とは?
政府の思惑は、

>政府が和解を受け入れたのは、夏の参院選と6月の沖縄県議選を控え、世論をにらんで、対立を回避する姿勢をみせる必要がある
>首相主導での譲歩を演出することで、実行力をアピールすることも狙った

と、分析するが、県の思惑についての分析は無し。
県の思惑は、辺野古移設に舵を切るきっかけ(言い訳)作り?
そこまで書いたら、反対派の夢を壊すから、そこまでは書けない?


>政府も県も移設を巡る従来の主張を変えたわけではなく、今後、歩み寄るという見通しもない。
>結局は、国は知事の埋め立て承認取り消しについて地方自治法に基づく是正指示を出し、それを契機に再び訴訟となる。

やはり、「地方自治法に基づく是正指示を出し、それを契機に再び訴訟」なのね。


>移設問題の根本にあるのは安全保障を巡る国と地方の関係だ。

タイムス、新報は、民主主義、民意、自治権などの言葉を並べるが、「安全保障を巡る国と地方の関係」、これなのよね。


>今回の和解が普天間問題の解決にそのままつながるわけではない。

辺野古移設の法的根拠が法的に根拠になるという判決が出れば、「普天間の危険性除去」は進む。
しかも二度と「辺野古反対」を公約にすることが、できなくなる。
反対派の不満は残ると思うが、普天間問題は解決すると思う。
ホッとしました。 (清島清)
2016-03-04 23:16:31
今回の辺野古中止に対し、狼魔人様やコメントの皆様の深い読み、とても勉強になると同時に安堵感。ありがとうございます。

今は世界最強の米軍にいて欲しいですが、やはり 自国を守れる強い自衛隊、核武装化、強い経済力、愛国心の持てる教育が必要だと感じています。
Unknown (東子)
2016-03-04 23:20:41
「「辺野古移設が唯一の解決策」 政府の立場変わらず テレビ朝日系(ANN) 2016年3月4日 18時1分配信 最終更新:3月4日(金)22時0分」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160304-00000042-ann-pol

>和解したとはいっても、政府側は「辺野古移設が普天間問題の唯一の解決策だ」という立場に変更はありません。
>ある政権幹部は「司法の判断に従うという確約を取れたことが何より大きかった。裁判で国が負けることはないんだ」と強気の姿勢で、今回の和解で、むしろ辺野古移設のゴールが近付いたと見ているようです。
国事実上の敗訴 (tomotomo)
2016-03-04 23:34:06
安倍はダメージの小さい決断をしました。国に勝ち目はなく 大恥から中恥になっただけ。辺野古は頓挫しますよ。仮に是正勧告したとしても裁判は一年かかり工事はストップです。公算があるなら なぜ 代執行訴訟とか 防衛相の私人なりすましとか そんな小細工必要だったのかな? 米国はあきれかえってますよ。近いうち 代替案が出てきます。その時には このあほらしサイトは終了した方がいいですよ。安倍君人生の末路は潔く生きたいものですよね。 さー 皆さんの強がり・負け惜しみ コメントをお待ちしております。おやすみなさい(^<^)
Unknown (脱原発)
2016-03-04 23:41:47
もう辺野古移設無くなりました
普天間基地は無条件撤去の他ありません
参議院議員選挙もオール沖縄の勝ちが濃厚ですし、安倍政権は沖縄では何の力もありません
 >国事実上の敗訴 (KOBA)
2016-03-04 23:49:05
 アンチ安倍かパヨクか知らないけれど、ここまでお目出度いとは・・・
策士やのーー (MOSU5)
2016-03-05 00:05:18
国は訴訟を一本化して、現在だけでなく将来の県側の訴訟乱発をも封鎖した、という感じですね。翁長が詰んでることも確定。

選挙期間中は休戦状態だから移設問題を争点化しにくいし、安倍政権は一歩引いたように見せて体勢をより有利に立て直したということでしょうか。すご杉。
Unknown (東子)
2016-03-05 00:09:02
「辺野古埋め立て巡る裁判和解 各党の反応 2016年3月4日 18時44分」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160304/k10010431621000.html

>和解について、各党の反応です。
>自民党の谷垣幹事長は
>民主党の岡田代表は
>公明党の石田政務調査会長は
>沖縄選出の共産党の赤嶺安全保障部会長は「政府が工事の中止を受け入れたことは、辺野古新基地の建設を強行する安倍内閣の姿勢が、世論の強さに追い込まれ、破綻したものだ。今こそ政府は、沖縄県民の願いにこたえ、辺野古新基地の建設を断念し、普天間基地の閉鎖と撤去を決断すべきだ」とする談話を発表しました。
>維新の党の小野政務調査会長は
>おおさか維新の会の馬場幹事長は
>社民党の又市幹事長は「工事の中断は、辺野古新基地の建設に反対する多くの皆さんの運動の成果であると受け止め、一定の評価をする。沖縄県との再協議では、国は、これまでの強権的なやり方を反省し、誠実な姿勢で臨むべきだ。沖縄県民の意思は明確であり、普天間飛行場問題の解決策については、辺野古に固執することなく、『県外・国外』への移設についてアメリカと再交渉すべきだ」とする談話を発表しました。
Unknown (東子)
2016-03-05 00:13:18
「官房長官 辺野古裁判和解で移設計画遅れる可能性も 2016年3月4日 18時26分」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160304/k10010431581000.html

>菅官房長官は
>計画への影響を質問したのに対し、「出ないと言えばうそになると思う」と述べ、工事の中止で遅れが出る可能性を示唆しました。
>普天間基地の2019年初めまでの運用停止を目指す政府の方針について、「運用停止は、辺野古移設に地元の協力が得られることを前提にやってきたことが事実だ」としたうえで、「同時に普天間基地の危険除去、固定化をさけなければならない。ここは政府として、これからも工事の中断とは別に、全力で取り組んでいく姿勢には全く変わりはない」と述べ、引き続き2019年初めまでの運用停止を目指す考えを示しました。
>アメリカ政府との関係について、「アメリカ側とは連絡を取りながら対応している。安倍総理大臣が判断した段階で、関係者には外交ルートを通じて通告している」と述べました。
Unknown (東子)
2016-03-05 00:33:08
宜野湾市民らが、2015年10月に、翁長知事の「取り消し」は「普天間飛行場が固定化し騒音などで生存権侵害が続く」として飛行場周辺の宜野湾市民12人が起こした「取り消し処分の無効確認を求めた訴訟」の進捗状況は、どこを見ればわかるでしょうか?
HPなどはありませんか?

今後、国は、「普天間の“早期の”危険性除去」を理由に、県に「是正の指示」を出すと思う。
翁長知事も「普天間の“早期の”危険性除去」は、民意と言っているが、翁長知事の「取り消し」が「普天間の“早期の”危険性除去」の阻害要因になっている。
宜野湾市民12人が起こした「取り消し処分の無効確認を求めた訴訟」は、翁長知事の「取り消し」が「普天間の“早期の”危険性除去」の阻害要因になっていることを浮き彫りにできる。
宜野湾市民の気持を全国に知らせるためにHPがあると良いと思います。
Unknown (Unknown)
2016-03-05 06:13:22
一生辺野古移設するしないでモメて、普天間を継続使用すればいい。
普天間基地は沖縄の宝。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL