狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

名護市長選、争点は国防

2014-01-13 07:15:02 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

すったもんだのひと悶着はあったものの、雨降って地固まるの例え通り、「島袋効果」のおかげで名護市長選の争点が「辺野古」と明確になった。

その瞬間風向きが変わった。

末松氏に追い風。

稲嶺氏には逆風だ。

琉球新報)2014年1月12日 


立候補届け出を済ませ、出陣式で第1声を発する末松文信氏(左)と、稲嶺進氏=12日、名護市内

 【名護】任期満了に伴う名護市長選が12日告示され、届け出順に無所属新人で前県議の末松文信氏(65)=自民推薦、無所属現職の稲嶺進氏(68)=社民、共産、社大、生活推薦=が立候補を届け出た。普天間飛行場の辺野古移設問題を最大の争点に一騎打ちの選挙戦が始まった。1996年の普天間返還合意後、移設推進と反対で対立軸を明確にした選挙戦は初めて。仲井真弘多知事が国の辺野古埋め立て申請を承認した直後の今回選挙は、市民の審判が移設問題の行方にも大きく影響するため全国的に結果が注目される。19日に投票、即日開票される。
 末松氏は同市城の選挙事務所前で出陣式を行い「普天間飛行場の代替施設について県知事や政府と連携しながら、長い間、取り組んできた問題を、これを機会に決着したい。名護市を正常に戻し、新しい市づくりに取り組みたい」と強調した。
 稲嶺氏は同市大中の選挙事務所前で出発式に臨み「名護市、沖縄の未来を決する闘いだ。同時にわが国の民主主義を問う一大決戦となる。新基地は海にも陸にも造らせないという4年前から始まった流れを取り戻す覚悟と気概が求められる」と訴えた。
 名護市の選挙人名簿登録者数は11日現在で4万6665人(男性2万2882人、女性2万3783人)。

 すえまつ・ぶんしん 1948年2月9日生まれ、65歳。伊是名村出身。沖縄工業高校卒。設計事務所勤務などを経て、87年名護市役所採用。助役、副市長などを歴任。2012年6月の県議選で初当選。13年に県議辞職。

 いなみね・すすむ 1945年7月17日生まれ、68歳。名護市三原出身。琉球大卒。72年から名護市役所勤務。総務部長、収入役、教育長を歴任。名護市体育協会事務局長、理事長を務めた。2010年1月の市長選で初当選。
【琉球新報電子版】

                ☆

中国海警局船3隻 一時領海侵入

1月12日 12時40分
中国海警局船3隻 一時領海侵入
 

12日朝、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海に2時間近くにわたって侵入しました。中国当局の船による領海侵入はことし初めてです。

第11管区海上保安本部によりますと、12日午前8時半ごろ、尖閣諸島の久場島の沖合で、中国海警局に所属する海警3隻が相次いで日本の領海に侵入しました。3隻は、2時間近くにわたって領海内で航行を続けたあと、午前10時半ごろ、領海から出たということです。
中国当局の船が尖閣諸島沖の日本の領海に侵入したのは先月29日以来で、ことしに入ってからは初めてです。
3隻は、昼前に領海のすぐ外側にある接続水域からも出ましたが、海上保安本部は、中国当局の船が再びこの海域に近づく可能性があるとして監視を続けています。
尖閣諸島の沖合では中国による船の派遣が常態化していて、去年1年間、中国当局の船による領海侵入は合わせて54日に上ったほか、領海のすぐ外側にある接続水域での航行も230日余りと年間の6割を超えました。

          ☆

中国の侵略行為は尖閣近海に止まらず南シナ海でも近隣諸国に対する暴挙は最近目に余るものがある。

このような中国の侵略行為に対しては日米安保を基本にベトナム、フィリピンなど中国の被害を被っている諸国と協調して対処すべきだが、名護市長にはこのような高度の外交・防衛問題を自己責任で行おうとでも言うのか。

 

中国、南シナ海でベトナム漁船を破壊(1/9読売)
 【シンガポール=吉村英輝】南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島付近で今月初め、ベトナム漁船が中国の監視船に追い回され、乗り込んできた中国の当局者に漁具を破壊され魚なども没収される事案が、2件起きていたことが分かった。ベトナムの複数メディアが伝えた。同海域での中国による警察権強化の一環とみられている。
 漁船を破壊された船長によると、中国の大型監視船が3日、横付けし、乗り移ってきた約20人の当局者に武器で脅され、マグロなど全5トンの魚や多くの機材が持ち去られたという。
 また、ベトナム中部を出漁した別の漁船も2日、中国の監視船により同様の行為を受け、こちらの船員は暴力もふるわれたという。
 中国とベトナムが領有権を争うパラセル諸島周辺では、中国によるベトナム漁船の破壊活動が2年ほど前から頻発している。


米「挑発的行動」と批判 中国の南シナ海漁船規制(1/10共同)
 【ワシントン共同】米国務省のサキ報道官は9日の記者会見で、中国海南省が南シナ海で外国漁船による操業の規制を強化する動きをみせているとして「挑発的であり、危険な結果につながりかねない行動だ」と批判。米政府として中国側に直接懸念を伝えたことを明らかにした。
 サキ氏は、海南省が最近、中国が近隣国と領有権を争う海域での外国漁船操業を制限する法的措置を取ったと指摘。「中国は国際法上の根拠や説明をなんら示していない」と述べた。
 さらに「緊張を高める一方的行動を控えるべきだ。懸念している」と述べた。


 

領土・領海問題で中国に隙を見せるとどうなるか。 

東シナ海では尖閣問題を抱えるわが国とっては非常に参考になる記事である。

尖閣諸島に関して「中国と協調して話し合いを」「中国を挑発するような行動をとるな」などと主張している稲嶺氏や沖縄2紙人こそ、熟読すべき記事だ。

中国は、ベトナム・マレーシア・インドネシア・ブルネイ・フィリピンの沿岸部近くまでの海域の領有権を主張して、このような乱暴狼藉を働くわけだ。

尖閣問題で、日本が少しでも隙を見せれば、中国が嵩にかかった行動をとってくることは間違いない。

尖閣諸島周辺で上記記事のような状態を招きたくないならば、譲歩や協調という選択肢は存在しない物と考えなければならない。

 安全保障を国の専管事項と考える防衛省は粛々と離島防衛訓練を行っている。

陸自空挺団 離島防衛を想定訓練 

 自衛隊で唯一のパラシュート降下部隊、陸上自衛隊「第1空挺団」が、離島の防衛を想定した訓練を公開しました。

陸上自衛隊「第1空挺団」は、上空を飛行する航空機からパラシュートで離島などに降下し作戦を行う部隊で、毎年1月に千葉県船橋市の習志野演習場で訓練の様子を公開しています。
ことしも去年に続いて離島の防衛を想定した訓練が行われ、ふだん、尖閣諸島などの監視飛行に当たっている海上自衛隊のP3C哨戒機が上空を飛行しました。
東京タワーとほぼ同じ高さの340メートルの上空を飛行する輸送機やヘリコプターから隊員が次々に飛び出し、一部の隊員は、海に降りることも想定してウエットスーツを身に着けていました。
訓練のあと、小野寺防衛大臣は「きょう、尖閣諸島で中国公船による領海侵入がことし初めて起きるなど、わが国を取り巻く大変厳しい安全保障環境の下、第1空挺団の役割はこれまで以上に重要になると考えている。ことし1年訓練に励み、国民の信頼と期待に応えてほしい」と訓示しました

防衛相「繰り返しの領海侵入見過ごせず」

 1月12日 15時2分

小野寺防衛大臣は記者団に対し、中国海警局の船3隻が12日朝、沖縄県の尖閣諸島の沖合で日本の領海に侵入したことについて、「繰り返しの侵入は、決して見過ごすことはできない」と述べ、海上保安庁と協力して警戒・監視に当たっていく考えを強調しました。

この中で、小野寺防衛大臣は、中国当局の船による先月29日に続く領海侵入について、「繰り返しの領海侵入は、決して見過ごすことはできない。外交努力も必要だが、自衛隊も海上保安庁と協力し、我が国の領海、領土をしっかりと守っていきたい」と述べました。
また、中国南部の地方政府が、領有権争いが続く南シナ海の島々の周辺で操業する外国の漁船などに対し、中国政府の許可を義務づける新たな条例を施行したことについて、小野寺大臣は「一方的に、あたかも自国の領海のような形で設定し、国際的には許されない」と述べ、批判しました。
一方、小野寺大臣は、南スーダンでPKO活動を行っている韓国軍が、自衛隊から提供を受けた1万発の銃弾を、国連に返却したと韓国国防省が明らかにしたことについて、「日本側に返された事実はないが、韓国側でようやく物資や銃弾の補給がなされたのだと思う。韓国軍の安全と、任務の無事遂行を願っている」と述べました。

          ☆

■中国に対しては話し合いは譲歩を意味する。

>小野寺防衛大臣は、中国当局の船による先月29日に続く領海侵入について、「繰り返しの領海侵入は、決して見過ごすことはできない。外交努力も必要だが、自衛隊も海上保安庁と協力し、我が国の領海、領土をしっかりと守っていきたい」と述べました。

中国の領海侵犯に対し「話し合いで解決」「外交努力で」などと常套句を発する方々に質問したい。

「ルールを守らない咬みつき猿」に対し「話し合い」が通じるのか、聞いてみたいものである。

 

【おまけ】

オスプレイも参加 来月日米共同防災訓練

1月11日 11時55分
オスプレイも参加 来月日米共同防災訓練
 

南海トラフの巨大地震を想定し、アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが参加して行われる日米共同の防災訓練が来月中旬に高知県で実施されることになりました。

高知県では、南海トラフ巨大地震を想定してオスプレイ2機が参加して行われる日米共同の防災訓練が、去年10月25日に予定されていましたが、台風による天候悪化のため中止されました。
これについて防衛省は10日、高知県に対し、日米共同訓練を来月中旬に実施するとしたうえで、今月14日に具体的な日程や内容を正式に発表すると電話で連絡してきたということです。
オスプレイは高知県の陸上自衛隊高知駐屯地や航空自衛隊の土佐清水分屯基地、それに山口県のアメリカ軍岩国基地などに飛来する予定で、けが人の搬送や物資の輸送の訓練に参加する見通しだということです。
高知県危機管理部の橋口欣二副部長は「南海トラフ巨大地震を想定した日米共同の防災訓練は有益なものだが、オスプレイに対する県民の不安が完全になくなったわけではないので、訓練では安全面に配慮するよう防衛省に改めて申し入れたい」と話しています。

 

新年に撮影されたアメリカのアリゾナ州スーパースティション砂漠で低空飛行するMV-22オスプレイの様子です。


【動画】V-22 OSPREY FLY OVER

オフロードバイクとサンドバギーで砂漠をツーリングしていたようで、カメラはヘルメットに装着されています。ツーリングできるということは演習場の外のようですが、砂漠なのでいいのかな・・・新年明けましておめでとうツーリングでたまたま出くわしたみたいです。

一方こちらはシアトル市街地上空を飛ぶオスプレイ。


【動画】MV-22B Ospreys over Seattle

2013年8月22日、ミラマー海兵隊基地所属のVMM-161グレイホークスがマコード空軍基地にDFT(展開訓練)した時の映像です。タコマ、シアトル周辺を飛んでいます。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

「かみつく4」は「沖縄民主主義4」と改題しました。

 

 

 

価格:1235円(税・送料込み)

 

「民主主義4」の店頭発売は12月ですが、当日記で先行発売、ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp

 

     
稲嶺名護市長、選挙違反で告発さる

 「かみつく3」定価:1735円(税・送料込み)

ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ>

「かみつく2 」の目次
「かみつく」の内容紹介
「沖縄に内なる民主主義はあるか」の内容紹介

『沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)

季刊誌「かみつく」創刊号紹介HP
価格 1420円(税・送料込み)

「かみつくⅡ」定価:1735円(税・送料込み)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日告示、名護市長選 | トップ | 基地の場所は国が決める!移... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2014-01-13 09:02:56
今朝のコメンテーター、早くも稲嶺氏の負け予想。
「辺野古移設、賛成反対が拮抗して末松氏が勝った場合、市民の半分が反対しているのに、基地を誘致するのか」
「普天間の危険が辺野古へ移動しただけだ」

↑の発言で、2点おかしな点。
  1.拮抗して賛成派が負けた場合、賛成しているのに基地を誘致しないのか?
  2.確かに辺野古へ移設しても危険はゼロにはならないが、誰が見ても住宅地より海上の方が危険は少ない。危険の多い方を残して少ない方を止める道理が、わからない。

どのコメンテーターも一地方都市、それも随分と小規模な地方都市に国防の是非を問う気の毒さについて、言及しない。
Unknown (東子)
2014-01-13 09:11:17
沖縄の負担軽減の一つ、オスプレイの訓練についてのアンケート結果をテレビが言っていた。
沖縄以外の自治体もオスプレイの訓練を引き受けるべきか?
 64%が賛成。

オスプレイそのものの反対は、影を潜めた。
オスプレイありきだ。
その上で、訓練を引き受けるべきと。
自治体の長は、オスプレイが上空を飛ぶのを脊髄反射で批難し、自衛隊基地で展示さえ拒否するのが地元民の意向と思っているようだが、民意はずっと先を行っている。
Unknown (ちんぞぅ)
2014-01-13 11:46:01

先住民保留区の選挙に琉球じん大フィーバー!!

Unknown (アガペー)
2014-01-13 14:44:57
278: 地球の裏側 ◆8.jiUYPnNgsU 2014/01/12(日) 16:56:46.74 ID:rXD/dUGo

日韓関係はおそらくもう終わりですね。弾薬という軍の根幹に関わる物品を援助して、謝礼どころか文句を
言うのなら、少なくとも日本はもう助けない。実は前スレの自衛隊評価に集まった海軍さんたちに、この話
振ったんですよ。顔色変わったんで、あまり深く突っ込むのを辞めたんですが、軍に奉職する人間としては、
当然かな、と思えます。だって自分の命掛かってる。

アルゼンチンの佐官が「こいつらに弾薬援助したら背中から撃たれかねんな。」と言っていたのが印象的で
した。第二次朝鮮戦争ではおそらく国連軍は実質は無い事になるんじゃないだろうか?北が講和するまでは
司令部は置くでしょうが、実質戦力は無い状態かな。アメは米韓条約があるから、兵力を展開させると思う
けれど、それ以外は韓国兵力主体で戦う事になるのでしょう。
まぁ、弾薬支援の話は、それなりに軍人さんに拡散してます。こっちの連中はアメ式の教育受けてますから、
ロジは戦闘よりも大事という感覚なんで、状況が変化して弾薬不足って段階で、現場の情報収集能力含めて、
ダメだししますね。

ただですね、日本も安心なんかしてられない。最近は自衛官と話してないから、どうなったのか判らないけど
以前は制服組高官ほとんどが切れかけてました。国会会期中に1個小隊規模が突っ込めば、ほとんど終わりです
よ。軽装備でも警察じゃ対応不可ですから。シビリアン・コントロールってのは、コントロールされる方に高い
見識が必要ですけれど、する方はさらに高い見識が必要なのです。正直言って今の日本の政治家にそんな人が
居ますか?防衛庁は内局の改革から始めないと、何かあった時には確実に起きると感じましたね。
ただ不謹慎ではありますが、自衛隊が切れて軍事政権になった時の米中韓の顔が見てみたい気もします。



286: 日出づる処の名無し 2014/01/12(日) 17:59:03.59 ID:yYJECLtk

>>278
今年の中期防衛力整備計画を見るに、
自衛隊は誕生以来、最も大きな変革を迎えようとしているように見えます。

南西諸島向けとしては、費用対効果の面でオーバースペックなオスプレイの大量調達、
(南西諸島だけ見るならUH-60大量調達していずもから飛ばす方が優れていたでしょう)

陸自の各部隊の機動化の推進など、「日本国外での活動」を念頭にしているように見えます。
(オスプレイは海外での邦人救助も想定した選定でしょう)

恐らくは政治からの要請なのでしょうが、かつてイラク派遣で大騒ぎになってたのを思うと、
この大きな変化には感慨深いものがあります。



292: 【北電 89.9 %】 2014/01/12(日) 18:34:13.93 ID:fqP702Sp

>>286
中国海軍の戦力構成を見るに、ここ10~15年の間に戦争を仕掛ける(おそらく台湾相手に)可能性が高い。
その場合の助攻として尖閣やその他離島に攻撃を仕掛けてくる可能性は十分ありえる。
今回の中期防で、その対応を行うつもりなんだろう。

時期に関わらず韓国が暴発する可能性は常に有り得るけども。
東子 (Unknown)
2014-01-13 17:47:11
「稲嶺名護市長「権限で阻止」 辺野古埋め立て工事 2014年1月10日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-217666-storytopic-3.html

>市長の権限を行使して建設工事を阻止できるとの認識


「末松氏猛追 移設妨害「百害あって一利なし」 2014.1.12 22:19」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140112/plc14011222200012-n2.htm

>稲嶺氏は市長権限で移設を「阻止できる」と徹底抗戦する構えだが、県幹部は「阻止できない」と明言する。
>たとえば代替施設での燃料タンク設置は消防法で市長の許可が必要だが、同法は保安基準を満たしていれば許可しなければならないと規定。
>県幹部は「妨害しても訴訟や是正命令で国は必ず移設工事を完遂できる。それが法治国家というものだ」とも指摘する。


県幹部は、わかっていますね。
政治信条を絡めて、許可不許可をだせないことを。
知事も政治信条とは別に、形式が整ったから埋め立て許可を出した。
良いお手本である。
八重山教科書問題でも、国からの是正要求について県に法的勝ち目はないと県幹部はきちんと教育委に伝えている。
赤く染まっているように見える県職員も、やっぱり行政マンなんだと言えばいいのか。
それとも、法的根拠のない人に肩入れして巻き添えくらうのは御免と保身からか(笑)
Unknown (宜野湾より)
2014-01-13 22:36:39
「海兵隊は乱暴な荒くれ者ばかりである」とは度々喧伝されることだけれど、当たり前に「ばかり」ではない。
高校の学業や経済事情で大学進学が叶わなかったが海兵隊でまじめに努力して、入隊中や除隊後に晴れて奨学金を受けて4年生大学に進学して人生を切り拓く目的を持った者も多数いる。
奨学金は返済義務のない給付だし、学生ローンでも軍人は低利息が保証されているので、それらを得る資格を必死で目指す。
海兵隊のモットーとして隊員に叩き込まれ、映画やドラマでも聴くSemper fi!センパーファイ!は海兵隊員は常に忠実に!という意味で、国家に職務に全ての海兵隊員に忠実であれという行動規範を表す。
ラテン語の正式文Semper fidelisは海兵隊の紋章に書かれている。
しかしながら誘惑に負ける者、そのことで法的・軍規的・社会的な罰を受ける者がゼロにはならないことを含めて、我々日本人と変わらない、概ね普通の若者たちだということは、交流を続けておられる辺野古の皆さんはよくご存知だろう。

大抵の人は打ち克つべき悪い誘惑に駆られた時、ありたい良き自分の姿を、家族や仲間や恩師を思い浮かべる。
支那中共人は沖縄への誘惑を悪いこととは思っていないし、我々沖縄県民を思い浮かべはしないだろう。
「俺の通り道をそこが塞いでいる」
それだけだから、非難されても平気でいる。
中共が覇権の夢から卒業するまで、沖縄全県土に、邪な野望の発露を思い留まらせる我が自衛隊とアメリカ軍と住民の力と、発展があれと思う。

国家興隆する時、国民は理想を以って生活し、国家衰退する時、国民は生活を以って理想とする―徳富蘇峰

なるほど、「国民の生活が第一」とかモットーにしていた党が政権にあった時には本当に、本当にいろいろと酷いことになった。
昔の人はいいこと言うわ。
誤変換訂正orz (宜野湾より)
2014-01-13 22:51:43
X→4年生大学
O→4年制大学

失礼いたしました。
Unknown (igoigo)
2014-01-14 09:01:22
>基地の場所は政府が決めるものだ

それをくり返し々言うべきでした。

議論の上、それに逆らえば、強硬な手段も有り得る事を県民や名護市民に訴え、国自身が全ての責任を負う覚悟が必要でした。

それがないから名護市民、或は沖縄県民にのみ苦渋の決断を強いている印象を与えているのです。

国自身が防衛戦略に確固たるものが無く、防衛意識が希薄なためそうなるのです。

地元に丸投げした結果が反日サヨクに付け入る隙を与えてしまったのです。

>終わりの始まり
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140113/plc14011309350001-n1.htm

市長選は自主投票の公明党の票の殆どが稲嶺陣営に流れ、プロ市民の大量転居があれば接戦になりそうですが、これをきっかけに公明党との関係が見直され、正しい方向に向かえば長期的には非常に良いことでしょう。
訂正 (igoigo)
2014-01-14 10:00:47
×大量転居
〇大量転入
県幹部の真意 (オキナ―翁)
2014-01-14 13:02:59
>八重山教科書問題でも、国からの是正要求について県に法的勝ち目はないと県幹部はきちんと教育委に伝えている。

県教委が時間稼ぎをしている間に4年経ち、竹富町は結局、4年間、東京書籍を使用することになる。そのうち、玉津教育長の任期が終われば、二年後の採択で育鵬者の採択もなしになる。県教委はそんなことを考えているのかも知れない。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL