狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「ニュース女子」沖縄メディアへの疑問、沖縄報道批判に徹底反論

2017-03-14 07:15:34 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

ニュース女子」沖縄報道批判に徹底反論 ネット放送1時間、沖縄メディアへの疑問

   沖縄県の米軍基地反対運動を批判的に取り上げた情報番組「ニュース女子」(TOKYO MX)をめぐる問題で、番組を制作したDHCシアターが2017年3月13日夜、「マスコミが報道しない沖縄 続編」などと題した独自の検証番組をネット限定で放送した。

   番組の内容は、問題となった放送で「デマ」「ヘイト」などの批判が殺到した部分について、徹底的に「反論」を加えるもの。その中では、「取材は極めてニュートラルだった」「タブーに切り込んだ」などと批判を受けた放送内容を妥当とし、逆に、批判した他メディアの偏向を主張する出演者のコメントも目立った。

  • 「ニュース女子」が検証番組を放送した(画像はDHCシアター公式YouTubeより)
    「ニュース女子」が検証番組を放送した(画像はDHCシアター公式YouTubeより)

辛淑玉氏にも出演依頼

   「ニュース女子」は17年1月2日の放送で、「過激な反対派の実情を現地取材」などと題し基地反対派の活動を批判的に取り上げた。番組では反対派を「テロリストみたい」と表現したほか、抗議活動をする人々が「日当をもらっている」などとも伝えていた。

   こうした同番組の放送内容には、インターネット上を中心に「沖縄ヘイトだ」「人種差別だ」などの批判が相次ぎ、BPO放送倫理憲章委員会が2月10日に審議入りを決定していた。その後、MX側は2月27日に公式サイト上で見解を発表し、

「事実関係において捏造、虚偽があったとは認められず、放送法および放送基準に沿った制作内容であった」

と説明。その上で、再取材などに「数ヶ月の制作期間」を取った上で、検証番組を放送する予定だとしていた。

   こうした状況の中、番組を制作したDHCシアター側がYoutubeなどウェブ媒体で限定放送したのが今回の検証番組。冒頭のVTRでは、批判を集めた1月2日の放送について、「はたしてそれはデマだったのか」「はたしてそれはヘイトだったのか」を疑問視するナレーションが読み上げられた。

   このVTR終了後、スタジオでは番組がBPO審議入りした点が話題に。これについて、司会を務める東京新聞論説委員の長谷川幸洋氏は、BPO側が放送内容を問題視する勧告や見解を出すことを決定した「審理」ではなかった点を強調し、

「要するに、軽い方ですよ」

と笑いながら話していた。

   また、問題の放送の中で取り上げられた市民団体「のりこえねっと」代表の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表にも出演依頼を出したというが、スケジュールの都合で出演できなかったとも説明していた。

 

「沖縄タイムスや琉球新報だけでなく色々な意見がある」

   番組では、1月2日の放送で問題になった点について、

「一部の反対派を『テロリストみたい』と表現したのは問題だったのか?」
「『反対派は日当を貰っている!?』と疑問を呈するのは問題?」

など、全部で6つのポイントに分けて個々に反論した。

   問題の放送の中で特に批判が殺到した「テロリストみたい」との発言については、テロリストという言葉の辞書的な定義(「政治的目的のために、暴力あるいはその脅威に訴える傾向」)を引用し、その直後に反対派が激しく活動する様子をおさめたVTRを放送。その上でスタジオでは、辞書的な定義からみれば問題がなかった、と結論付けた。

   また、反対運動の参加者が「日当をもらっている」と伝えた点については、再取材の結果、日当を貰って活動をしていた「知り合いがいる」という人が、「次から次へと出てくる状況でした」とVTRで説明。ただ、実際に日当を貰った経験があるという人物に直接的に取材することは「できなかった」とも伝えた。

   この問題をめぐってスタジオでは、反対派に日当が渡されていることを取材した経験がある出演者が次々と「現金が渡されていることは事実」などとコメント。こうした意見を踏まえた上で、出演者の間では「(資金援助ではなく)『日当』という言葉を使ったことが問題か?」といったテーマで議論が交わされた。

   総じて、番組では若干の「反省」を織り込みつつも、全体としては検証や再取材を加えた上で、放送内容への批判に対して強く「反論」する部分が目立った。こうした検証番組の終了間際には、番組に出演していたタレントの吉木りささんが、

「今回の放送を通じて、より公平に、ちゃんと事実に基づいて報道することが大事なんだなとわかりましたね」

とコメント。また、沖縄問題に詳しいジャーナリストの大高未貴さんは、「(沖縄の中でも)沖縄タイムスや琉球新報だけでなく色々な意見があるのだから、いろんな声を拾って取材してほしい」という現地住民のコメントを紹介した。

                                      ☆

【追記】

>問題の放送の中で取り上げられた市民団体「のりこえねっと」代表の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表にも出演依頼を出したというが、スケジュールの都合で出演できなかったとも説明していた。

我那覇さんら3人の沖縄県民の公開質問や公開討論を大逃亡した「のりこえねっと」代表の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表は、今回の取材にも逃亡した。

以後、何を反論しても負け犬の遠吠えである。

負け犬でも親犬が沈黙を守っているのに、子犬や孫犬が、「潰す」などと吠えている。

噛まれたら狂犬病の恐れもあるので、ご用心、ご用心。

 

■目的は沖縄2紙のフェイクニュースの糾弾!

再三繰り返しているが、我那覇さんら3人の沖縄県民が行動を起した目的は、「ニュース女子」の内容をデマだとしてBPOに申し立てたシンスゴ氏の個人攻撃でもなければレイシズムの主張でもない。

シンスゴ氏の主張を批判することにより、結果的にシン氏が鵜呑みにしている沖縄2紙の捏造報道を全国民の目に晒すことである。

その辺の事情を、我那覇さんが代表を務める「琉球新報・沖縄タイムスを正す国民・県民の会」が発行する「メルマガ」は次のように述べている。

                ★

「メルマガ第100号」2月27日
24日に東京で行った「ニュース女子」関連の記者会見は、当初の目的は達成して成功裡に終えることができました。 皆様方のご支援の賜物とこの場を借りて深く感謝申し上げます。

記者会見および先行して沖縄で行った18日のシンポの目的は、名目上は「ニュース女子」の内容を批判したシンスゴ氏に対する反論という形式をとりました。

詳しく説明しますと、シン氏は「ニュース女子」の内容を「デマ」と批判し、「高江の出来事」を「沖縄ヘイト」、「沖縄は植民地化されている」などとありもしない事に摩り替えてBPOに申し出たことに対する反論という体裁をとりました。

ところがすでにご推察の通り、記者会見の目的は、シンスゴ氏が戦わずして逃亡したことに対する勝利宣言でもなければ、シンスゴ氏やその賛同者への個人攻撃でもありませんでした。

記者会見の真の目的は、沖縄2紙が報道しない事実を,「ニュース女子」が暴露したことを、シンスゴ氏が真っ向から否定した・・・その裏に横たわる「沖縄2紙の捏造報道」を全国民に暴露することです。

確かに「ニュース女子」の内容はバライティ形式の番組構成のため、多少の誇張はあったとしても、高江の真実を報じるという根本では、高江の真実を報道したに過ぎません。

沖縄2紙が捏造報道をしていただけなのです。

結局、我那覇代表ら3人の沖縄県人の会見の目的が、(ニュース女子の内容が)「デマでない言い訳」や「在日を含む朝鮮人や韓国人の政治運動参加を拒否する『差別』発言」を期待していた記者たちにとっては、記者会見の目的は、予想だにしなかった方向だったに違いありません。

少しでもまともな記者なら、記者会見の目的が他ならぬ「マスコミ批判だった」と理解したのではないでしょうか。

もっとも、会場で提示した動画をCGとでも考えたのか、情報源を要求したりで最初から固定観念で思考停止の朝日新聞の記者さんに会見の目的を理解するのはムリでしょうが。

我那覇代表がシンスゴ氏の「ニュース女子」批判を知ると同時にすばやい行動を起した裏には、シン氏に対する批判は間接的に沖縄2紙の批判に通じると直感したからです。

その意味では、シンスゴ氏の逃亡は、沖縄2紙を鵜呑みにしたシン氏の全面降伏を意味し、結果的には沖縄2紙の「捏造報道」が全国的に認知されたこと意味します。

会見に同席したケントさんが、沖縄2紙の捏造報道を鵜呑みにしてそのまま報道する怠惰な本土マスコミを批判したコメントを紹介します。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ケント「この実態を本土のマスコミ、まぁ沖縄の新聞はあんなんだからね、嘘ばっかり書くからね、頼りないですけれども、なんで本土の皆さんはこれをきちんと報道しないのか不思議でならないんですね。
そこでこないだMXテレビの『ニュース女子』の中で実態を報道しようとしたことを今度BPOにかけると。(中略)沖縄を中国が領土にしたいというのが目に見えているわけですよ。それもあってですね、きちんと報道してもらいたい。
杉田さんが持っている情報がこれだけありますから。
日本のマスコミの皆さんがきちんと取材すればもっといろんないい情報が出てくると思います。もっと根の深い、裏付けになるような情報もたくさん出てくるでしょう。
どうしてそういう仕事しないんですか?これでマスコミ人ですか?それとも沖縄に関心がないですか?日本固有の領土の一つですからね?平和な状態ではないです。
一部は無法地帯に陥ってしまっているわけですから。私は悲しいんじゃなくて怒ってます。(中略)
いい加減に仕事して下さい。それを言いたいです。以上です。」

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

ケントさんのご指摘は「沖縄2紙の捏造報道」は仕方が無いが、せめて本土マスコミは「いい加減に仕事をして下さい」と記者には耳の痛い話しでした。

今回の会見の目的は一応達成することは出来ましたが、沖縄2紙は「東京記者会見」については「だんまり」を決め込んでいます。

沖縄2紙を「正す」、その次にはケントさんの指摘のとおり本土マスコミに「いい加減仕事をしてもらう」という大きな目的も控えています。

 

 【おまけ】

産経ニュース 2017.3.13 23:44

更新

【東京MXニュース女子問題】
検証番組公開「なぜ韓国や朝鮮の人が反対運動しているの?」の疑問はヘイトスピーチか

沖縄の米軍基地反対運動を扱った内容に批判が出た東京MXテレビ(MX)の番組「ニュース女子」について、同番組を手がけるDHCシアターが独自に制作した検証番組が13日夜、公式サイトで公開された。司会を務める東京新聞の長谷川幸洋論説委員は、同番組への反響を振り返ったうえで、何が問題だったのかを6項目に分けて検証した。

 DHCシアターの検証番組は、「ニュース女子 特別編 マスコミが報道しない沖縄続編」のタイトルで、午後11時から配信を開始。批判を受けた1月2日の放送について、番組スタッフが2度にわたり沖縄を訪れ、事実関係などを再取材したという。

 番組では、「ニュース女子の何が問題だったのか」について、6項目に分けて分析。(1)高齢者を「逮捕されても生活に影響がないシルバー部隊」と表現したこと(2)一部の基地反対派の活動を「テロリストみたい」と表現したこと(3)「なぜ韓国や朝鮮の人が反対運動しているの?」と疑問を投げかけることはヘイトスピーチなのか(4)(出演した軍事ジャーナリストが)高江のはるか手前の「二見杉田トンネル」で危険だと引き返したこと(5)「反対派は日当をもらっている!?」と疑問を呈すること(6)「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実性-の6項目について検証した。

また、同番組に「自身の名誉を毀損(きそん)された」として、放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議を申し立てた市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表にも出演のオファーをしたが、「残念ながら海外にいるため、ご出演はかないませんでした」(長谷川氏)という。

 一方、東京MXは13日夜の「ニュース女子」の放送で、昨年12月に放送された回を再放送。「プーチン露大統領の怪しい噂」や、「北方領土は本当に返ってくるの?」などの話題を取り上げた。

 

 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「DIE!死ね米兵!」基地反対... | トップ | 『マスコミが報道しない沖縄 ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2017-03-14 08:38:16
>スケジュールの都合で出演できなかったとも説明していた。

ニュージランドに今月松まで滞在らしいが、ツイッターができる環境なので、Skypeで出演できる。


>負け犬でも親犬が沈黙を守っているのに、子犬や孫犬が、「潰す」などと吠えている。
>噛まれたら狂犬病の恐れもあるので、ご用心、ご用心。

「【これは酷い】香山リカさん「我那覇真子さんは沖縄県民の当事者性を笠に着てヘイトしている。いっそう許されない」 2017年03月13日19:07」
http://www.honmotakeshi.com/archives/50846554.html

>沖縄県民だからといってすべてが「正当な主張」であるわけないでしょ。

後がない必死さが、自爆を誘うわね。
Unknown (東子)
2017-03-14 08:39:03
彼らが、できること
 ・暴力的な脅し
 ・「デマ」であると大声でいう
 ・人種差別とレッテル貼り
 ・自民党(あるいは特定団体)の差し金とレッテル貼り

それでも、効果がない(「正す会」が黙らない)と、逆に味方のふりして近づいてくる人がいるでしょうから、要警戒です。
タイムス、新報の偏向を「正す」と言っても真の理由は他にあるのではないかと探りを入れたり、何かの交換条件を出して黙らせようとするしょう。
「トロイの木馬」を抱えては、なりません。
Unknown (東子)
2017-03-14 08:39:31
「「検証」でも独自主張変えず 基地反対運動巡るMX番組、制作会社が続編をネット配信 2017年3月14日 06:30」
BPO ニュース女子 東京MXテレビ 基地反対運動 捏造虚偽
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-460384.html

>伝聞情報に基づいていたり

ぶははは。
「日当をもらっている」と直接聞いたと話す大高三貴氏は、匿名でもなんでもない。
「日当をもらっている」と話す人の名は「ソースを明かさない」だけ。
新報の記者とあろう者が、「ソースの秘匿」すら知らないとは呆れるほか、ない。
「安藤朱里さん(28)=名護市=」と感想を述べた人の名が出ていても、実在するかどうかわからなければ、記者の伝聞と勘繰ることもできる。
感想を述べたソースより、記事を書いた記者の名の方が大事。


>メディア批判に矛先を変えたり

最初から「メディア批判」ですよ。
それを、早とちりして「朝鮮人批判」と受け取った。
「朝鮮人批判」と受け取ったから、
   新潮の記事の焼き直しのような内容
   ネットでは散々知られている事の羅列
にもかかわらず、「ニュース女子」に限って新報は、反応した。

なぜ「朝鮮人批判」だと反応したか。
「朝鮮人批判」はタブーだからなんでしょ?

「朝鮮人批判」だとする理由に、早とちり以外にもう一つ理由がある。
「メディア批判」を「朝鮮人批判」とすり替えておけば、自分らの「反基地無罪」に矛先が向かってこないという計算。
Unknown (東子)
2017-03-14 08:40:06
「続編」を観た限り、「新基地建設に反対」に異議を唱えていない。
「反基地無罪」でする抗議活動、「反基地無罪」の立場で報道するマスコミ。
それらを批判しているだけ。

反基地無罪
 =法を無視して政治的主張を主張することを是とすること
テロリズム
 =政治的な目的を達成するために暴力および暴力による脅迫を用いることを言う

反基地無罪=テロリズム。

弱い「市民」が権力に立ち向かには、多少の無法も許される。
タイムス、新報に、こういう下地にあるから「反基地無罪」を推してきたのだろう。
しかし、だ。
「多少の無法も許される」は、地元の賛同を得ることが必須。

高江でも、辺野古でも、支持されていない。
地元民に「反対」の気持があっても、抗議活動の無法は支持されていない。
地元民に支持される抗議活動なら、他所から応援に来てくれる人は大歓迎のはずである。

ところが、歓迎されていない。
「一体誰が誰のために違法までして抗議活動をしているのか」という疑問が湧いて当然。
タイムス、新報が、その辺をきちんと取材しないで古色蒼然たる「反基地無罪」の記事だけを書くから、「誰が誰のために」の「誰の一味」認定されるのよ。

「反基地無罪」は地元民から支持されてこそ、成り立つ。
Unknown (東子)
2017-03-14 08:40:40
三大すり替え禁止
 「違法抗議活動批判」を「新基地建設反対に反対」とすり替えてはいけない。
 「メディア批判」を「朝鮮人批判」とすり替えてはいけない。
 「政治的発言」を「差別的発言」とすり替えてはいけない。
Unknown (東子)
2017-03-14 08:41:08
「ニュース女子」でも使われた
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファクト】
https://www.youtube.com/watch?v=8eS4o-CxyjI

が、ついに
  視聴回数 936,841 回(2017.3.14 8:00)
   コメント数 4,836
までになりましたよ~~。

拡散されている量を含めば、1000万人が知っているかもしれない画像。
インターネットを使える日本国民は1億人を超えている。
その1割が知っている。
ちなみに、民進党支持率は6%。
民進党支持者に出会うのの倍出会うのである。

それでも、大手メディアが記事にしない。
いくら鈍感な人でも、何かおかしい。
何かある。
と感じる。
Unknown (クラッシャー)
2017-03-14 09:01:47
これも地上波で取り上げるべき。県議会という公の場での答弁なのだから。

「県議会で、沖縄左翼の違法行為を取り上げた又吉セイギ氏」
https://www.youtube.com/watch?v=skS0SjRqM6w
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-03-14 10:30:37

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「平和と防衛力 友と語りたい」の沖縄市・仲川松江さん(74)は、1月3日、2月3日に続き今年3回目の掲載。
「数学入試問題 あり方に疑問」の浦添市・大山功さん(66)は、今年初掲載。
「大河ドラマの 字幕表示歓迎」の南風原町・国吉真永さん(82)は、昨年12月2月以来の掲載。
「戦慄を覚えた 教育勅語朗唱」の中城村・大河原陽子さん(72)は、1月4日、2月4日に続き今年3回目の掲載。
「人工肛門 対応に理解を」の那覇市・加藤新吾さん(49)は、今年初掲載。
「三十うん年前のテープ」の那覇市・仲村明さん(67)は、2月7日に続き今年2回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。


Unknown (普通の宜野湾市民)
2017-03-14 10:47:47
「検証」でも独自主張変えず 基地反対運動巡るMX番組、制作会社が続編をネット配信
琉球新報 3月14日 6時30分|Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000004-ryu-oki

沖縄の基地反対運動をテロリストに例えるなどとした内容を放送し問題になっている東京MXテレビの番組「ニュース女子」について、同番組を制作したDHCシアター(東京)は13日夜、問題となった1月2日放送回の「続編」を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信した。「前回放送の問題点を検証した」としながら、伝聞情報に基づいていたり、メディア批判に矛先を変えたりするなど、独自の言い分を並べる内容にとどまった。

 一方、東京MXは「BPO(放送倫理・番組向上機構)の審議に影響を及ぼす可能性がある」として地上波放送を見送った。今後、東京MXは再取材に基づく同テーマの番組を独自に取材制作・放送する方針で、DHCシアターの「続編」には関与していない。

 番組では、1月2日の放送で批判を受けた問題として(1)反対派の抗議行動に参加すると日当2万円をもらえる(2)抗議団体が救急車を止めた-など6点を挙げて検証した。このうち日当について「もらった人を知っている」「知り合いがもらった」という話と、ジャーナリストの大高未貴氏が聞いた話など、伝聞情報を示すにとどまった。

東村高江の抗議行動現場から直線距離で約25キロ離れた「二見杉田トンネル」で「反対派の暴力で近寄れない」とした件については、東日本大震災後の福島の原発事故で避難した報道機関を例に挙げて「危険かどうかを判断するのは報道側だ」などと議論をすり替えた。

 名護市辺野古の反対行動に参加している安藤朱里さん(28)=名護市=は「沖縄に真剣に向き合っていない。私たちがなぜ新基地建設に反対しているのか考えていない」と怒りをあらわにした。「結局都合よく場面を切り取っている。訪問者に理由なく怒りを向けるわけがない」と訴えた。

 毎週、東京MXの前などで抗議行動を展開してきた川名真理さん=雑誌編集者=は「反対派が日当をもらっている」とした部分の検証を例に挙げ「『日当』と『資金援助』は明らかに意味が違うし、資金援助を受けた人は東京から沖縄に行っている限定的な人だけだが、以前の放送で全員がもらっているような印象を与えていたのが問題だ」と話した。
琉球新報社

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

上記は琉球新報がYahoo!ニュースに掲載された記事。

読者の「東子」さんも鋭く指摘してますが
読み込んで行くと突っ込み処が満載。

>名護市辺野古の反対行動に参加している安藤朱里さん(28)=名護市=は「沖縄に真剣に向き合っていない。私たちがなぜ新基地建設に反対しているのか考えていない」と怒りをあらわにした。「結局都合よく場面を切り取っている。訪問者に理由なく怒りを向けるわけがない」と訴えた。

新報の取材に答えた名護市の安藤朱里さん。
名護市としているが「沖縄姓」ではない?
それは、置いといても検証番組が放送されたなのは昨夜2300~2410まで。新報がこの記事を掲載したのは今朝の0630。
放送後わずか6時間後、しかも真夜中に取材出来るとは凄い! 日頃から取材対象者?

>毎週、東京MXの前などで抗議行動を展開してきた川名真理さん=雑誌編集者=は「反対派が日当をもらっている」とした部分の検証を例に挙げ「『日当』と『資金援助』は明らかに意味が違うし、資金援助を受けた人は東京から沖縄に行っている限定的な人だけだが、以前の放送で全員がもらっているような印象を与えていたのが問題だ」と話した。


雑誌編集者の川名真理さんのコメント
「『日当』と『資金援助』は明らかに意味が違うし、・・・・・」を引用。
新報が編集者の川名さんのコメントを引用したという事は肯定的といことですよね?

「日当」はNGで「資金援助」はOK!
とお墨付きを貰えたので今後は堂々と
「資金援助」というワードが使える。
番組でも「資金援助」を受ける事は問題とは
一切言ってなかったし、反対派が全員「資金援助」を受けているとも言って無い。

どう受け止めるかは番組を見た個人の判断。
それを「印象操作」と言うのであれば日頃から
「基地問題」を堂々と偏った内容で報道する
琉球新報は 明らかに印象操作では?

さて、番組冒頭で撃沈を喰らった沖縄タイムスさんのコメントが楽しみ!

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL