狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「銃剣とブルドーザー」の大ウソ、「沖縄県民が自ら米軍に基地を提供した」

2017-10-13 08:52:30 | 未分類
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
沖縄2紙が決して報道しない沖縄県議会情報を世界日報が報じているので紹介する。
 
翁長知事の口癖「銃剣とブルドザー」が大ウソであることを追及され立ち往生の巻である。
 
翁長知事の大ウソが次々露見し始め、衆院選でも逆風が吹き始めた。
 
そんな中の、米軍ヘリ不時着事故だ。

 
こんな美味しいネタを、政治利用しないはずはない。
 
しかし、それにしても、である。
 
翁長知事が「国難」と大げさに叫んで、日米両政府に謝罪せよと迫っている。
 
これには保革を問わず普通の県民でも、いささかシラケテくる。
 
 
翁長知事よ、「正気か」と言いたい。
 
両政府の幹部を呼びつけて謝罪させ、選挙運動に利用しようという魂胆だ。
 
まともな県知事なら、「死傷者が出なかったのは不幸中の幸い」「今後も気をつけて訓練して欲しい」くらいのコメントが当然だろう。 
 
一体何さまのつもりだ。
 
これが「国難」なら、北朝鮮のミサイル乱発や中国の尖閣近海の領海侵犯は「国難」ではないのか。
 
そもそも、沖縄は日本の一県であり、「国」ではない。
 
翁長知事の狂った言動に賛意を示す県民は」少数派だろう。
 
偏向報道のテレ朝さえも、反省をする人が出ている。
 
 
「沖縄県民が自ら米軍に基地を提供した」
豊田 剛 2017/10/11(水)
 
youtube.logo
【沖縄の声】特番!翁長県政の最大の狂言を暴く!翁長県政への自民党沖縄県議会議員による一般質問[桜H29-10-11] - YouTube
 
 
野党自民党側が沖縄県議会で証拠挙げ翁長知事を追及
 
沖縄県の翁長雄志知事は就任以来、「沖縄県民は自ら(米軍に)基地を提供したことは一度もない」と県内外に発信している。だが、これは歴代3知事の発言と全く食い違っているだけでなく、事実に反しているとして、野党自民党側が沖縄県議会9月定例会で翁長知事を追及した。これに対し知事は「改めて検証する」と先送りを表明して事実上、逃げを打った形だ。(那覇支局・豊田 剛)
 
歴代3知事も認める答弁/知事は「改めて検証」と逃げ
 
 質問者の照屋守之県議(自民)は2日の一般質問で、過去の県議会での知事の答弁をもとに県民が自ら基地を提供した実例を挙げ、翁長氏の主張が「誤りだ」と追及した。
 
 「沖縄県民が自ら米軍に基地を提供した」
 
辺野古集落入り口に掲げられている看板には、宅地開発で「辺野古区民の知恵と団結」に加え、「米軍、特に民政府土地課長アップル中佐」が貢献した趣旨の説明文が書かれている
 
 例えば、平成11年2月23日の稲嶺恵一知事(当時)の答弁だ。小渡亨県議(自民)の質問に対して稲嶺知事は、「県民が自ら米軍基地を誘致または提供した事例としては昭和31年にキャンプ・シュワブの建設のため、久志村(現在の名護市東部)辺野古一帯を新規接収した際、関係地主が村民の経済生活が向上し、村財政に寄与することを理由に基地建設に同意した事例や、昭和32年に金武村(現在の金武町)の村議会議員がハンセン仮設キャンプを恒久キャンプに切り替えて使用とあれば新規接収を認める旨を米軍当局に陳情した例が当時の新聞報道により確認できる」と述べると共に、「これら以外にも、具志川市(現在のうるま市)にあるキャンプ・コートニーで昭和58年10月に返還された土地で地主要請により再度提供され、現在米軍家族住宅用地として使用されていることが具志川市から発行されている資料で確認できる。このようなことから地元住民の誘致または提供によって米軍基地が建築された例があることを認識している」と語っている。
 
 
     照屋守之県議
 
 その当時、翁長知事は自民党所属の県議として追及する側で出席していたことも照屋氏は指摘した。
 
 仲井真県政に代わった平成19年3月1日の質問では、当時の知事公室長は次のように答弁した。
 
 「刊行物などによると、『辺野古誌』(辺野古区事務所発行)では、昭和31年にキャンプ・シュワブの建設のため、久志村辺野古一帯を新規に接収した際、同意した事例として、約254㌶、さらに『金武町と基地』(金武町発行)では、昭和32年に金武村において、新規接収800㌶余を受け入れたとされる」
 
 返還された軍用地を、自ら再提供した土地の場所と面積については、①キャンプ・コートニー(うるま市)において、昭和58年10月31日に29・5㌶が返還されたが、沖縄自動車道の延伸に伴い、その工事に関わる米軍住宅の代替地として同年11月1日に23・8㌶が追加提供された②その他に、キャンプ・コートニーでは、昭和46年6月30日に部分返還された土地について、地籍が確定されていないなどの事情から、地主会の再使用の陳情により、昭和50年5月1日に海上自衛隊に、約17・1㌶を賃貸している③また、知花サイト、嘉手納弾薬庫地区(共に沖縄市)において、共同使用が解除され、陸上自衛隊が継続使用しており、平成8年に返還された知花サイトの残りの部分も、平成12年より陸上自衛隊の訓練用地として再提供されている――と指摘されている。
 
 それに加え、「大田元知事が在職していた平成2年12月10日から平成10年12月9日の間に追加提供された米軍施設の面積は、嘉手納弾薬庫地区、嘉手納飛行場(嘉手納町)、ホワイト・ビーチ地区(うるま市)の3施設、合計約1・6㌶となっている」という。
 
 その結果、「県民が提供・誘致した面積は約1054㌶、再提供された面積が約23・8㌶、大田元知事在職中に追加提供された面積が約1・6㌶となっており、合計すると1079㌶で、現在の米軍基地面積の約4・6%に相当する」(知事公室長)。
 
 戦後、一部で強制接収はあったものの、提供された事例の方が多いことが各種資料や議会答弁で証明されているのだ。
 
 これらのことを踏まえ、照屋氏は、「翁長知事は国連人権理事会(スイス・ジュネーブ)、米国ワシントンにも行って、『自ら提供していない』と言って回っているが、実際は普天間飛行場(約480㌶)の倍の土地を提供していることを県が自ら発表している」と矛盾を指摘。「翁長知事は歴代3人の知事が認めているにもかかわらず、隠蔽(いんぺい)・否定している。日本、世界を混乱させた責任はとてつもない」と訴えた
 
 基地問題を管轄する謝花喜一郎・知事公室長は、「米国施政下の沖縄は日本国憲法の適応がない中、反対すれば強硬立ち退きも辞さなかった状況を考慮する必要がある」と述べ、苦し紛れの答弁で翁長氏を擁護した。
 
 翁長知事は、「反対をすると強制接収され補償をもらえないという恐怖感があった。それならば売った方がいいのではないか」と語った上で、返還されても使い道がないという例もあることを認めつつ、「改めて検証したいと思っている」と述べるにとどめた。問題を先送りした形で事実上の逃げを打ったものと言える。
 
 県議会野党の自民党は、「基地提供の問題は数ある翁長知事の欺瞞(ぎまん)や隠蔽の一つにすぎない。これからもウソ、矛盾や問題点をあぶりだし、追い込んでいく」と意気込むが、こうした知事の不都合な真実を報道しない地元メディアにも不満の矛先を向けていた。
 
 
                       ★
 
 
 
翁長知事の大ウソをそのまま報道した沖縄2紙も大ウソの共犯である!
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖タイに告ぐ!「偏向報道は... | トップ | 507【悲報】テレ朝・報ステで... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-10-13 09:39:38

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「北朝鮮核問題 対話こそ大切」のうるま市・稲嶺光男さん(69)は、昨年9月8日以来の掲載。
「童謡や唱歌の 恐るべき真実」の浦添市・安里蕪冥さん(68)は、1月3、20日、2月21日、3月9日、4月6日、7月4日、8月12、29日、9月20日に続き今年10回目の掲載。
「先輩思い出す 魚のお裾分け」の那覇市・島袋定さん(65)は、1月27日、3月11日、4月20日、5月9日、7月9、19日、8月10、30日、9月19日に続き今年10回目の掲載。
「再び訪ねたい 古里の宮古島」の浦添市・大里裕一さん(87)は、1月25日、7月11日に続き今年3回目の掲載。
「どんなふうに生きたいか」の東京都・瀬名波文野さん(34)は、今年初掲載。
「職人気質」の読谷村・松田栄さん(66)は、今年初掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (amai yookan)
2017-10-13 10:13:38
>「沖縄にとってこれが国難だ」 翁長知事、米軍ヘリ炎上現場を視察・・・オナガさん


大丈夫ですか?オナガさん

自分の管轄する尖閣が侵攻され・上陸され・足先をかじられているのに、ヘリの不時着を見学・・・あらんたん・・・視察に出向いて・コクナン???呆れて・言葉も出ない、、、、(ので書いている???)


今すぐ・尖閣に行って・海自や自衛隊の労苦に労いの言葉をかけてこい・・・あらんたん・・・かけるのが筋じゃーないですかオナガさん・・・プンプン



       
Unknown (タマ)
2017-10-13 10:30:01
本日の新報とタイムスを見比べると、事故に関する記事の割合は大体同じだか、新報の方がタイムスに比べ写真と見出しが大きく、また見出しの内容も新報が過激…ネット記事だけでは伝わらない紙面構成の狂気さが他県民にも伝わるといいな

>「沖縄にとってこれが国難だ」 翁長知事、米軍ヘリ炎上現場を視察・・・翁長知事

やっぱり自分を琉球国の国王だと思ってるのかな?
Unknown (宜野湾より)
2017-10-13 13:13:47
古今東西、得をするとか金を生むところには、敏い人が人知れず網を張り、知れるにつれ多くの人が靡くのは世の常。
伝聞で申し訳ないが、普天間飛行場周りに宅地を所有し貸している者と借地人の間で、更新や地代の値上げで熾烈なバトルが行われていたり、嫌気がさして契約終了に同意する借地人がいるという。
土地の所有者側には裁判も含めて戦う人的力と資金と時間があり、目先の利益だけでなく、普天間飛行場返還・再開発への仕込みもあればこそだろう。
綺麗事の後ろの現実世界は身も蓋もなさそう。

翁長知事は立憲民主党が政権を取るとは1ミクロンも思っていないだろうから(その立民ですら枝ノンは辺野古の工事について「まずは中断」して「県民の理解を得られる道を」としか言っていない)、「国難」なんて翁長発言も、莫迦マスコミも含めた自陣が勝って集金装置の維持と強化を図るためだと誰でも分かる。
しかしながら、欲が過ぎると、我が身我が県我が国を危険に曝すんじゃないかな。
それは避けたいなぁ、欲ボケチームの先々はどうでもいいとしても。
Unknown (amai yookan)
2017-10-13 18:30:06

コクナンガー コクナンガーと

叫ぶ本人 超国難

己の立場 知ってや知らずや


泥棒が「ドロボウダーー捕まえてくれー」と言ってるのと、大して変わらん。


ヘリ不時着事故が普天間だったら、恐ろしい
何年か前のヘリ事故を思い出すと、ぞっとする

あの時、辺野古に移設済みだったら問題なかったし・さっさと移設していればこんな悩みも、しなくても済んだのに・・・なにやってんだ!

「辺野古埋め立ての実態(再掲載)」→ http://6626.teacup.com/vfj6/bbs/4311


          
アンタが国難 (安仁屋 正昭)
2017-10-13 20:49:37
沖縄県の翁長チジほど 若い世代の県民から嫌われたウチナーンチュウは居ない
共産中国から領空侵犯、領海侵犯を過去最大規模で繰り返されていても 就任以来唯の一度も抗議したことも無く、海上保安官、航空自衛官の命がけの任務にも謝意の一言も未だ一度ダニ無い。
今回のヘリ事故でも けが人が一人も出なかったことに対し、「幸いに・・」の言葉も無く、いきなり国難だとw この野〇w!
口を開けば沖縄は国土の0.6%の面積に70云%の米軍基地と恨み節しか出さない
ところが島々からなる沖縄県は、排他的経済水域を加えると全国で6番目の大きさであり、これを日米の精鋭で守って貰っている事が、あの●げー頭の片隅にも無いらしい
実に、ひじるーで恥知らずのチジです
加えて、仲井真前知事の実績をあたかも自身で切り開いた如く語れる面の皮の暑さは、ギネス物
安保体制の維持と国連基地の維持のため必要な辺野古移設を「あらゆる手段を駆使して阻止する、日本政府は沖縄を差別している」と言いつつ、
3000憶強の一括交付金は欲しい、チョウダイという
クッw!クッw! わじわじィッするチジだ
世が世なら 当然、天誅を喰らっているはずだ
だから、この選挙ではオール沖縄を粉砕しなければ気が収まらない

コメントを投稿

未分類」カテゴリの最新記事