狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

仲井真氏、八重山地区で勝利のわけ、

2014-11-18 08:08:09 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

 

本日午後7時よりチャンネル桜沖縄の声「緊急特番・知事選の総括パート2」(仮)に出演します。

なお本日より当番組のアイドル我那覇真子さんが復帰、元気な笑顔に再会できます。

お楽しみに。

 ↓↓↓
 

■八重山地区で仲井真氏が勝利したわけ

今朝の沖縄タイムス2面トップに「翁長氏本島9市首位」という大見出しが躍り、本島、宮古地区、八重山地区を勝利した各候補の選挙カラーで染めた地図が掲載されている。

20万票で圧勝したことを示すように本島は名護以北の過疎地域除いて、全島くまなく翁長氏のグリーン塗られ、下地氏の出身地の宮古地区は下地氏のオレンジ。

ところが八重山教科書問題で大騒ぎした八重山地区は仲井真氏のイエローに塗られている。

八重山教科書問題では左翼色の強い教科書を国に逆らってまで違法採択した、あの竹富町までもが仲井真氏のイエロー仲井真に塗られてい理由は何か。

八重山地区で購読されている新聞は八重山日報と八重山毎日の2紙。

そう、建白書の大嘘を暴いた「確認書」(裏契約書)の存在を写真つきで大きく報道したのは県内紙では八重山日報と八重山毎日の2紙だけだった。

一方、沖縄本島で独占的占有率を誇る沖縄タイムス、琉球新報の2大紙は最後まで「確認書」の存在を隠蔽した。

これが沖縄2紙を犯罪紙として断罪するゆえんである。

念のため2面トップの見出しを記しておく。

知事選 市町村の得票分布

翁長氏 本島の9市首位

仲井真氏 支部勝利は石垣のみ

 

 昨日のチャンネル沖縄の声で、全面的に仲井真氏を支援するはずの自民党本部が、選挙支援金を仲井真陣営に送らなかったため、軍資金不足が敗戦の要因の一つだった、述べた。

正確に言えばお金は自民党本部から沖縄県連には送られていたが、県連内部の何者かが仲井真選対本部への金の流れを止めていた。

自民党本部が仲井真支援にそれほど熱意を示さず、むしろ翁長新知事の誕生を期待するような節雰囲気見られた理由を、「釣った魚に餌はやらない」のたとえで説明した。

昨日の沖縄タイムスには、翁長新知事の誕生で振興金の減額をに臭わす記事が登場している。

振興金だけではない。

「普天間基地の5年以内の機能停止」という極めてハードルの高い仲井真知事との約束も、反対派の新知事の登場で、数年延長しても仕方がないとハードルが低くなる。

つまり反対派新知事の登場を奇禍として、昨年12月25日、安倍首相が仲井知事に与えた「数々の約束事」を、すべて反故にできるのだ。

財政悪化に悩む安倍政権にとって、ひょっとしたら翁長新知事の登場は「想定内」どころか望ましいことだったと考えることもできる。

翁長氏勝利「想定内」 政府、様子見の構え

沖縄タイムス 2014年11月17日 09:47

 【東京】米軍普天間飛行場返還に伴う辺野古新基地建設の是非が争点となっていた県知事選で、建設反対を訴える翁長雄志氏が勝利したことについて、政府内では「想定通り」とする一方、今後の辺野古移設の進捗(しんちょく)を懸念する声が上がった。ただ、現時点で翁長氏の当選が、どの程度、移設作業に影響するのか具体的に見通せないことから「様子見」の構えが大勢だ。

 内閣府幹部の一人は「翁長さんに代わるからと言ってすぐに振興策をどうするという話にはならない。まずは出方を見守るだけだ」と慎重な構えだ。

 一方、別の内閣府幹部は翁長氏の当選に「すでに織り込み済み」と冷静に受け止め。菅義偉官房長官が再三、選挙結果にかかわらず沖縄振興は進めるとしているため、「予算を含め振興には影響はない」と付け加えた。

 政府関係者の一人は、沖縄振興予算について一定維持されるだろうとした上で、普天間移設については「翁長氏が辺野古移設に反対を訴えているだけでは、移設作業は進むだけだろう」と読む。翁長氏が移設を止める具体的手段がなければ日米両政府の方針である辺野古移設が進むとの見立てだ。

 また、事業を担う防衛省の幹部は、辺野古移設について「一時的な停滞は避けられないだろう」と一定の影響を覚悟している様子。

 翁長氏は法律的、技術的に移設を止める方法を示していないが、政府の方針と大きく異なる考えを持つ首長とはいえ、移設への理解を一定得なければ、工事は進められないと考えている。

               ☆

 「世界一危険な米軍基地」を抱える宜野湾市でも翁長氏が仲井真氏を上回った。

ということは、宜野湾市の民意は普天間基地の固定化を望んだということになる。

宜野湾市民の民意も含め沖縄県の民意は、結果的に普天間固定を望んだことになる。

連日筆者の住宅近くの野嵩ゲートや大山ゲートで騒ぐプロ市民たちは、「固定化」を選択した宜野湾市民・沖縄県民にとってこの上もなく迷惑な話であり、彼らの抗議活動には一欠けらの大義もないことが、今回の知事選で確定したことになる。

【独り言】

昨夜は沖縄の正解の裏事情に精通する友人と会食、一献傾けた。

おかげで、今朝は二日酔い気味。

本日のチャンネル桜沖縄の声もご視聴下さい。

【追記】

 

野嵩ゲートをテープで汚したりやヘイトスピーチで騒音を撒き散らすプロ市民たちへ。

知事選で、普天間基地の「固定化」を選択した宜野湾市民・沖縄県民にとってこの上もなく迷惑な話。

プロ市民の抗議活動には一欠けらの大義もないことが、今回の知事選で確定したことになる。

 

手登根 安則さんが写真6枚を追加しました。
 

おはようございます。
昨日夕刻、フェンスの傍には、ここをテープで汚す連中を説得しようとした皆さん数名が残っていました。
その目の前には、色とりどりのテープが貼られたフェンスが残されていました。
日曜日に綺麗にしたフェンスが、たった1日でこんな姿に・・・
1名がいたたまれなくなり、テープを剥がし始めました。
しばらくしたら、真っ暗ななか全員が手を動かしていました。
霧雨のような雨が降る中、足元のビニール袋はみるみるうちにテープで膨れていき・・・
霧雨が小雨となり服をぐっしょりと濡らした21:30、引き上げました。
「日曜日、また綺麗にしましょう。」と笑顔で解散です。
汚されたフェンスは役所でもなく、米軍が綺麗にしているわけでもありません。
普通の一般市民が集まって清掃しているのです。
基地に賛成だから、オスプレイ賛成の意思表示のために清掃しているわけでもありません。
平和を標榜するのはいい、しかしフェンスを汚し公衆の面前に晒すのはどうか・・・
観光立県として、これを放置していいのだろうか・・・
人として、子の親として、「落書き」が正義だと子供に教えられるのか・・・
色々な思いを胸に、これからも多くの方々が清掃に参加するでしょう。
しかし、この活動は県民に報道されることは決してありません。
貼る側のことは何十回と取り上げられました。
「非暴力の抗議活動」、つまり「絶対的正義」として。
情報が遮断され、県民に真実が伝えられない沖縄。
それでも、地道に清掃を続けていきたいと思います。
誰かが綺麗にしなければ、そこはいつまでも汚されたままですから。

手登根 安則さんの写真
手登根 安則さんの写真
手登根 安則さんの写真
手登根 安則さんの写真
<form id="u_0_t" class="live_721479587932113_316526391751760 commentable_item autoexpand_mode" action="/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{&quot;tn&quot;:&quot;]&quot;}" data-live="{&quot;seq&quot;:&quot;721479587932113_721558081257597&quot;}">
いいね!いいね! · <label class="uiLinkButton comment_link" title="コメントする"></label> ·
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手登根 安則さんの写真
 
 
 
 
</form>



 



「沖縄内なる民主主義6」(A4版・60ページ・600円税抜き)近日発売。
普天間飛行場の違法な封鎖行為。
野嵩ゲート前のゾンビたち。
名護市長選における革新勢の嵐のような選挙違反行為
歴史に残る彼らの犯罪行為の一部始終を写真と文字で再現。
「沖縄内なる民主主義6」は永久保存版です。

狼魔人日記でネット先行販売しています。
申し込みはメールでできます。
ブログ 狼魔人日記
メール ezaki0222@ybb.ne.jp

価格850円(税・送料込み)

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県知事選総括その一 | トップ | 国防を永住外国人に委ねる大... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Aki-HERO)
2014-11-18 09:07:52

今回の仲井真候補敗戦をうけて、facebookで沖縄ご出身の方のコメントがありましたので転載いたします。


>投稿者:S袋Y飛さん

【沖縄県は要らない!新一国二制度論!】
総左翼沖縄県民に沖縄県は必要ない。沖縄県を廃止して、鹿児島県に吸収合併し、総左翼沖縄県民は選挙権を全て剥奪して、保守地盤の鹿児島に住む人の意向のみで政治を行うことを提唱します。これを新一国二制度論と呼びます。左翼の主張する売国一国二制度とは違います。沖縄県政を廃止しましょう。


奇抜ですが、とてもナイスなアイディアだと思いました。
イメージ戦略 (やもり)
2014-11-18 09:19:15
おつかれさまでした^^。


左翼系(笑)の雑誌や本、映像を見ていると、おしゃれだな~って感じるものが多いのですよ。
あと、本を読むのが苦手な人でも手を取りやすいようなレイアウトに写真。表紙。
ネットで調べ物する人は、もともと本を詠む人です。
本を読まない、活字を見ない、ネットを見ない人たちをこちらに引き込むには、イメージ戦略しかないと思います。

何やかんやいいながら、人間見た目ですよ。
本にしても、ポスターにしても、人物にしても見た目です。
それを次の戦略に活用してみてはどうでしょうか?

Unknown (fire)
2014-11-18 09:45:07
仲井真さん、誠に残念でした。
 関東のある方々と話したとき、仲井真氏では勝てないという強い調査結果があり、申し訳ないが仲井真さんの出馬場はやめてほしいという情報を聞きていました。
政府の方はこの結果を承知していたので、驚きはないかと思います。
 衆議院も解散しますので、県内自民党も辺野古移設の自民方針を堅持するでしょうから、大きな試練になりますね。自民の応援も不足してましたし、自民県連の積極性も低かったような印象でしたので、試練に挑戦し、本当にやる気のある政治家が生き残って頂ければと思います。
Unknown (東子)
2014-11-18 15:50:25
「【沖縄県知事選】革新共闘のツケ、中国の脅威…内憂外患はらむ「砂上の楼閣」 翁長・沖縄県政、多難な船出 2014.11.17」
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141117/plt1411171559003-n1.htm

>「オスプレイは100機以上配備され、F35(戦闘機)も飛んでくる」
>1日、那覇市の野球場で行われた総決起大会で、翁長雄志(おなが・たけし)氏は共産党が再三取り上げる架空の配備計画を訴え、危機感をあおった。

架空のwww


>敵失も追い風に翁長氏は勝利したが、辺野古移設反対の一点で結集した「砂上の楼閣」だけに内憂外患をはらんでの船出となる。
>内憂は社民・共産両党など革新勢力と手を組んだツケだ。
>「腹6分」(翁長氏)で主張を抑えていた革新勢力は辺野古の埋め立て承認の取り消し・撤回を迫ってくる。
>「無理筋」(県幹部)と自覚しつつ翁長氏が取り消しなどに踏み込めば、政府との全面対決を意味し、外患に直結する。
>辺野古だけではない。
>石垣・宮古両島への自衛隊配備を控え、保守政治家として自衛隊を支持する翁長氏と、自衛隊を「違憲状態」とする社民党との間であつれきが生じるのは避けられない。
>経済振興を先導する観光業の発展には那覇空港の第2滑走路が不可欠だが、共産党は自衛隊との共用を理由に滑走路建設に反対しており、火種となる。

ありとあらゆる面で革新とのズレがある。
そんなことは、翁長氏側でけでなく、推した共産党らの側でもわかっていたこと。
何をいまさら。
それらを有権者は、どんな考えで容認したのか。


>中国の脅威にさらされる一方、「県経済は好循環に入り自立型経済へのラストチャンス」(経済団体幹部)を迎えているのが今の沖縄だ。

そうですよ、ラストチャンスよ。
いままでのような、箱物作り、医療費無料のような川下支援だけでは、自立型経済は、ならない。
稼げる企業作りをどうやるか。
でも、これも翁長氏を推す段階でわかっていたこと。

いずれも、選挙前に沖縄2紙は、争点として取り上げるべき点ではなかったのか。


>翁長氏が立ち往生すれば不満を募らせ、政府との摩擦も強まる。
>そのとき、選挙戦の熱狂は幻滅へと変わりかねない。

だから、何?という思い。
そして、幻滅だけですまない何も解決しない現実が、待っているかも。


すべて選んだ県民の頭上に降りかかってくる。
Unknown (東子)
2014-11-18 15:50:47
「県議補選 名護市区は具志堅氏当選 末松氏破る 2014年11月16日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-234619-storytopic-3.html

>自民党公認で前県議の末松文信氏(66)を破り、当選した。
>末松氏は1月の名護市長選にも立候補していた。

名護市長選のために県議を辞任した末松氏が返り咲きを狙ったが、落選。
あの時、島袋氏を市長選に推していれば、末松氏の議席は失わなくてよかった。
あの名護市長選はあまりに酷かった。

要は自民党県連の性根の据え方かなぁ……。


県連の敗因分析が
基地誘致は票にならない ← 当選が目的
選挙違反と言われても、ポスターや幟、街頭演説が必要 ← 遵法精神の後退
という結論にならないといいですが。
Unknown (東子)
2014-11-18 15:56:34
知事選1週間前、本腰で本部から応援弁士到着の週になっても、自民党に熱意が感じられないとコメントに書かせていただいた。
選挙前ですのでそれ以上のことは書きませんでしたが、ぶっちぇけ「安倍政権は辺野古移設への情熱を失った」と感じていました。
政府は沖縄の基地負担軽減に本気だと日米地位協定の環境調査権やオスプレイの県外移動など色々成果や努力の姿勢を見せたが、いずれも沖縄2紙は「辺野古取り消しできないと思わせる政府の既成事実作り」と言う書き方だった。

「取り消しできないと思わせる」、それは、取り消しできる夢を与える言葉だった。
取り消しできないものと知っていて、2紙は夢を与え続けた。

沖縄2紙の大罪は、「確認書」の不掲載だけでなく、最後まで「取り消しできない」ことを県民に伝えず、「取り消しできるような夢を与え続けた」こと。
取り消しできると思えば、取り消ししてくれそうな人を選ぶのは当たり前。
Unknown (東子)
2014-11-18 16:00:29
「口約束」は便利と書かせていただいた。
少し前なら「口約束」であろうと、一国の首相が約束したことを反故にするとは!と批判が集中し、「沖縄かわいそう論」に繋がったでしょう。

でも、ネットで見る限り、「翁長氏の選択は沖縄の甘え」「普天間固定化選択」「いつまで自立できないか」「中国の脅威を感じていないのか」と批判的なものの方が多い。
そういう世論があれば、安倍政権は強気で「口約束」を反故にできる。
基地と振興費のリンクは“ない”だし、“ない”のだから基地があっても減らすことができる。

沖縄が基地と振興費をリンクさせるな、と言う。
金で沖縄県民の心を買えると思うな、と。
これを、沖縄が基地と振興費はリンクしていると認めて、基地を置いて日本の安全保障を担う大きな仕事をしている報酬と思うようになれば、基地があることで振興費のお強請りは可能になりますよ。


翁長氏は基地が大事なら全国に置いたら良いと言う。
沖縄の人は、米兵の居る基地は沖縄だけしかないと思っているのだろうか。
0.6%に74%は、米軍専用の基地であって、自衛隊と共有の基地を除いた場合の数字だということをご存知なのだろうか。
そして、普天間飛行場は国連軍の施設であることをご存知だろうか。

沖縄だけなく全国に基地をというなら、全国を沖縄の位置に引っ張ってくれたら考える。
Unknown (東子)
2014-11-18 16:10:48
朝日が吉田証言=性奴隷、“従軍”慰安婦捏造を認めた理由に「解約」が止まらないからというのがありました。
それが本当なら、需要と供給、資本主義で動いたのです。
裏を返せば、売れるなら主義をばら撒き続けるということ。
新聞は公器とか、ペンは剣より強しとか言って、思想、信条で記事を書いているように見えて、あの朝日でさへ、所詮、資本の論理には勝てないということ。

余談になりますが、10%消費減税になったら、新聞を免税にせよと言って新聞各社は言っていますが、私は反対。
10%になっても必要と思う人は買います。
必要とされるような紙面作りに励んでください。


話を元に戻して。
不買が一番効くと思います。
そして、八重山日報に乗り換える。
寡占は良くありません。
新聞が資本主義の中で動くなら、資本主義の力を借りましょう。
競争が価格もサービスも良くする。


仲井真氏に投票した27万人弱の半分、いや四分の一が八重山日報を購読するようになってくだされば、沖縄の空気は変わると思います。
本日の琉球新報より。① (越来のK本S子)
2014-11-18 16:20:02
いずれもHPに載らないベタ記事なんで、簡単に。


①共産党那覇市議の県議当選のカラクリ発覚!

今回の選挙で那覇市では、県議補選と市議補選で無効票がいずれも1万票以上に達したとのこと。

その大部分はなんと…、白紙票だったとのこと。


なんでも…、

“県議補選”どころか、“市議補選”があるのを、
有権者が知らなかった可能性があるとのこと。


…だから、無所属のフリした共産党市議が県議に当選できたのか(笑)。


自治体のツートップが、権力欲に駆られ、途中で職務を放棄したシワ寄せが、住民に及んだ悪例である(笑)。
参考になるかな? (やもり)
2014-11-18 16:24:26
地元の友人何名かに聞いてみました^^。

オナガさんに入れたとのこと。
理由 ヘノコの綺麗な海を守りたいから。
    アワセ工事をストップさせてもらいたいから。
    カジノ誘致絶対反対のオナガだから。
    オスプレイ配備されると戦争になるから。

とまあ、こんな感じでした。

東子さんの疑問点の
>沖縄の人は、米兵の居る基地は沖縄だけしかないと思っているのだろうか。
0.6%に74%は、米軍専用の基地であって、自衛隊と共有の基地を除いた場合の数字だということをご存知なのだろうか。
そして、普天間飛行場は国連軍の施設であることをご存知だろうか。

ですが、だーれもわからない。とのことでした。
(一応、二年ほどまえのオスプレイ騒動のときに絵や図を見せながら散々説明したはずなのに。ですw)

それと、宜野湾市の得票数、おながさんが多いことの意味もわからなかったですね。地元の友達w
一応、友人達は全員県内大学出身です。

本日の琉球新報より。② (越来のK本S子)
2014-11-18 16:33:43
②知事選挙モドキ、その開票結果は…。

まずは、↓以下のニュースをご覧になってください。

高校生が模擬県知事選挙を体験
http://www.rbc.co.jp/news_rbc/%E9%AB%98%E6%A0%A1%E7%94%9F%E3%81%8C%E6%A8%A1%E6%93%AC%E7%9C%8C%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%81%B8%E6%8C%99%E3%82%92%E4%BD%93%E9%A8%93/
http://www.youtube.com/watch?v=X_PFKvaz4Gw

沖尚で「模擬」知事選 政治への関心高める
http://www.yaeyama-nippo.com/2014/11/01/%E6%B2%96%E5%B0%9A%E3%81%A7-%E6%A8%A1%E6%93%AC-%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%81%B8-%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%96%A2%E5%BF%83%E9%AB%98%E3%82%81%E3%82%8B/


先日、沖縄尚学で行われた知事選挙モドキ、その開票が昨日行われたとのこと。

開票の結果…、“下地”が“当選”、とのこと。


沖縄の誇る有名進学校の生徒が、「県民投票」などという、実際は有権者に全責任丸投げの無責任なざれ言に過ぎない甘い言葉に惑わされる“お花畑”のおバカさんばかりじゃ、先が思いやられるわ~(笑)。


ただし、次点は“翁長”ではなく“仲井眞”さんだったことは、唯一の救いカモ。


となると、“下地”が“当選”したのは…、

基地問題などという、実に下らない、不毛な問題を、
そろそろいい加減、おしまいにしてほしいという、
彼らなりの意思表示…、

と見ることもできますね~。


…那覇にある高校の高校生たちは、
翁長のいかがわしさを見抜いていた…(笑)?
Unknown (越来のK本S子)
2014-11-18 16:49:21
>オナガさんに入れたとのこと。
>理由 ヘノコの綺麗な海を守りたいから。
→でも、具体的な方法はまず挙げられない(笑)。

>アワセ工事をストップさせてもらいたいから。
→すでに工事が相当進んでるものを、今さらストップしろって(笑)。

…まさかと思うけど、市長選のときのものとみられる違法看板にあった、「米軍への新基地提供」を信じてるんじゃないだろうね(笑)?

>カジノ誘致絶対反対のオナガだから。
→仲井眞さん、誘致絶対賛成なんて言ってなかったケド(笑)?


>オスプレイ配備されると戦争になるから。
→それで、いつ戦争になるのかね~? 楽しみ~(笑)。


…やれやれ。沖縄の明るい未来が来るの、
自分の生きてる間にはムリみたいだわ~(笑)…。
^^::: (やもり)
2014-11-18 16:57:09
越来のK本S子さん、しょげないでくださいなw

友人達はみな、ごく普通の沖縄のママさんたちなのですよ。
たぶん、彼女たちの反応が普通の沖縄の感覚だと思いますよ。

これからですよ^^。
気長に、がんばりましょう。
…これ、ヤバイんじゃ…。 (越来のK本S子)
2014-11-18 17:19:41
陸自配備 与那国で住民投票へ
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=91003

>町内在住の中学生と永住外国人に投票資格を与えている

中学生もそうだけど、永住外国人にも投票資格…?

これが中国人(台湾は本省人)だったり、ザイニチだったりすると、相当ヤバイ気が…。


>「知識、経験の浅い中学生にまで責任を負わせようとしている」

この批判、ごもっとも。


>「将来、島に戻りたいという中学生に未来を考える機会を与えるべきだ」

まるで、今は那覇新都心界隈に逃亡中の、

「島の将来を守るのは僕たち中学生。自衛隊に任せるのはおかしい」

とか言ってたブタまんマンみたいなコト言ってるね~(笑)。

…もしかして、そいつに署名用紙握らせて、学校でそれを没収されたバカ親が言ったコトだったりして(笑)。


先日も言ったけど、まだまだコドモの中学生にまで責任背負わせるのは、鬼畜外道のやるコトだよ崎元さん。
Unknown (東子)
2014-11-18 17:25:15
やもりさま

なんとも衝撃的な「事実」を教えてくださいました(涙)
2年前のやもりさまの説明、蒸発しているんですね……(同情の涙)
近くにいれば、手をとりあって泣きたいです。

翁長氏知事で、純粋に「基地をなくしたい、平和な沖縄にしたい、笑顔あふれる沖縄にしたい」と願う人の票が生きますように。
Unknown (東子)
2014-11-18 17:25:53
当選する首長、議員によって、それまでに決まったことがちゃぶ台返しされることに、政府は嫌気がさしていることだろう。
契約、条約、それらを交わした意味がない。
韓国の慰安婦問題も、日韓条約で解決済み。
それでも、韓国の心情を思い、誠意を尽くしてきた日本政府だが、大統領が変われば、またお強請りの繰り返し。
安倍政権で、断ち切ることにしたように見える。

辺野古も17年というが、もっと早く解決するチャンスは数あった。
しかし、首長が変わったり、解決しかかるとちゃぶ台返し。
防衛は国の専権事項であるが、なるべく沖縄の意向を入れてと思う親切心が仇になっていたことが、今回の知事選でようやく陽の目を見た。

今後、国防について、政府は、協力的な自治体とは出来得る限りの便宜を図るが、非協力的な自治体とは意向を取り入れる姿勢は止め(=粛々)だろう。
これが、政府が沖縄と韓国から学んだ事だと思う。

与那国町は住民投票を決めたそうだが、例え、裁判まで持ち込もうが、国の専権事項に「住民投票」は馴染まない、で終わり。
Unknown (Unknown)
2014-11-18 19:15:08
「翁長氏「外部専門委を検討」 辺野古承認検証へ 2014年11月18日 」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-234675-storytopic-3.html

翁長氏が彼を推すゼネコンの意向を汲んで辺野古阻止しないことがわかっていても、他に「辺野古阻止」を言う大物政治家がいない以上、「彼が辺野古基地建設を阻止してくれると素朴に期待している県民」の票をまとめてあげて翁長氏を当選させるしか沖縄の辺野古基地建設反対の勢力に道は無かった。
当選後、翁長氏が裏切らないように監視の目を光らせて、「埋め立て承認」取り消しをさせるつもりだったらしい。

翁長氏、革新から承認取り消しをしつこく迫られることは目に見えているから、「外部専門委」なるものを作って、「承認取り消しはできない」ことを言わせるつもりらしい。

>法的な瑕疵がないと判断した場合でも、辺野古移設反対を掲げた自らが当選した民意を踏まえ「撤回も十分に可能だ」との方針を示してきた。
>これに関し翁長氏は17日、本紙の取材で「専門の領域があり、専門家の意見も聞かないといけないと思う。人数規模なども含め、これから考える」と説明し、環境や法律の専門家らの人選を進めたい考えを示した。

「撤回も十分に可能だ」と言ってきたが、専門家に聞いたら、「できない」って言われた。
ごめんなさい、勉強不足で。
と言うんでしょう。

専門家のお墨付きで、「承認取り消し」不可能を導きだしますの巻。

だから、言ったでしょ。
沖縄2紙は、承認取り消し(撤回)は、無理なのに、夢を与え続けてきたって。

取材した記者、あれ?選挙中と違うぞっと。
Unknown (東子)
2014-11-18 19:15:50
(Unknown) 2014-11-18 19:15:08 は東子です。
失礼しました。
模擬選挙 (偶然)
2014-11-18 20:13:58
越来のK本S子さま
いつも辛辣なコメントを楽しみにしている一人です。


さて、O高校の模擬選挙について、私はK本さまとは別の印象を受けました。
新聞報道するくらいですから、てっきり翁長氏が当選しているものだと…。

大人の私たちからすれば、ここまでこじれた問題は政治家の決断で終わらせるべきであり、貴方が仰るように県民に丸投げしようとした下地氏の政策には疑問がありましたが、正義感に燃える年頃の高校生にとっては、やはり県民の意見を聞くという点が「正義」に映ったのではないでしょうか。
ですが、辺野古反対を絶対的正義とは考えず、辺野古承認の選択肢も悪ではないと判断できた事に、私は安心感を持てました。
しかも、時点に仲井眞氏ですからね。


やはり若者、ネット世代のほうが、情報をきちんと入手でき、ニュートラルな視点でものを考えられたのではと思います。

ちなみに、下地氏はニコ生だかツイキャスを用いた活動もしていたので、ネット世代の彼らには馴染み深い候補者だったのかもしれません。
誤字訂正 (偶然)
2014-11-18 20:18:01
>しかも、時点に仲井眞氏ですからね。
→しかも、次点に仲井眞氏ですからね。

失礼しました。
これが翁長氏の常套手段 (安仁屋 正昭)
2014-11-18 21:14:54
翁長氏は本来自分が責任を取らねばならないことに対しても、ヤバイと思われる件については、決して決済を行わず、部下や他の機関に丸投げしてきました
これが、翁長氏の常套手段です
市長時代も、ヤバイと思われる決済は一切を部長クラスにさせてきたし、議会答弁も同様です
新都心の元新庁舎予定地をオリックス不動産グループに総額50億円も便宜をはかって安売りした時もそうでした
旧庁舎の耐久年数を鑑定業者にさせたという口実でした

一切の責任を他者へ投げる 
これが翁長です
今回翁長氏に投票した方々、よき体験を楽しみにお待ちください
Unknown (東子)
2014-11-19 07:21:28
>正義感に燃える年頃の高校生にとっては、やはり県民の意見を聞くという点が「正義」に映ったのではないでしょうか。

「住民投票」するとなると、今のような片寄った報道は許されません。
移設のメリット、デメリットの周知徹底が図られます。
メリットは仲井真氏が言っていた内容、デメリットは革新が言っていた内容。
今の沖縄県民は情報遮断の中での判断なので、充分な情報を得られれば、また違った結果がでるのではないか。
今の革新の意見一辺倒から変わるものと思っています。

そこまで0高校生は考えてだろうか。
「仲井真氏&国は民意無視」を鵜呑みにしての「県民の意見を聞くという点が「正義」に映った」のだとしたら……。

どうして下地氏に投票したか、O高校生に聞いてみたいですね。
ラジオ番組 (みかんの実)
2014-11-20 07:49:10
初めまして、チャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」をいつも拝見しています。

TBSのラジオ番組で気になることがありましたのでお知らせします。

荻上チキ・SS22 沖縄県知事選
http://www.youtube.com/watch?v=UchOrXAWeOs

57:30
金城テル先生のお声ではないようですが、龍柱建設反対の街頭演説のようです。「中国に呑み込まれる、植民地にされる」に反応して、荻上氏はこれをヘイトスピーチと決めつけています。
58:30
「メディアに騙されている沖縄県民は目覚めというスタンスになっているが... 」
「建白書を提出しに行ったときには沖縄に対するヘイトスピーチがあった」
「内地からヘイトスピーチの集団が行って辺野古でもワーワーやっている」

33:00
辺野古のフェンスに括りつけられている反対派の垂れ幕等について
荻上氏はその違法性も、風化した垂れ幕等が環境問題となっていることもご存知ないようです。
Unknown (越来のK本S子)
2014-11-20 14:10:12
>荻上チキ

…荻上チキ? あぁ~、自称評論家のおバカさんね(笑)。

そういえば、昨日の沖縄タイムスに、このおバカさんの記事があったわ。

「県民の意地、選挙に見えた」荻上チキさんが見た沖縄知事選
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=91215


>「県民の意地、選挙に見えた」

…なるほど。「「県民」の意地」という名の“幻覚”が「見えた」んですね。分かります(笑)。


このおバカさんは分かってないみたいだけど…、

翁長の当選を「意地」だというなら、今回の知事選が、冷静な判断のもとになされたものじゃないってコトになるんだけど(笑)。


それに…、18年前の県民が冷静な判断が出来なかったから、普天間問題が始まったんだけど、このおバカさん、まず分かってないだろうね~…(笑)。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL