狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

伊波洋一に頼め!北朝鮮ミサイル発射の平和的解決

2012-03-24 07:53:52 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 

2010年6月、東京の外国特派員協会で講演をした伊波宜野湾市長は、講演終了後、外国人記者から「北朝鮮と中国は脅威か?」と質問されると、「脅威ではない。脅威なのは米軍。中国とは何千年もの経済・文化の交流がある」、と答えている。 伊波氏は同盟国の米国を敵と看做し、尖閣はおろか沖縄の領有権も主張する中国や、無法国家の北朝鮮に親しみを感じる人物である。

伊波元宜野湾市長が親しみを感じる北朝鮮は4月12~16日に「地球観測衛星」をロケットで打ち上げる、と発表した。 だが事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験とみられ、ロケットの2段目は南西諸島を通過する可能性が高く、間違って南西諸島に落下する可能性も否めないという。 

仲井真県知事は政府が本島と石垣島に地対空ミサイルPAC3の配備を表明したことに対し、「政府の判断を排除する理由はない」と述べ、容認の考えを示した。 国防問題は国の専管事項であり、容認は当然の発言だが「排除する理由はない」などと沖縄2紙の顔色をうかがうような表現ではなく、「県民の安全のために歓迎する」とでも発言して欲しかった。

PAC3配備に関して、明らかに反対の立場をとる沖縄タイムスの昨日の紙面に、興味深い記事を掲載した。 石垣市はいち早くPAC3の石垣島への配備に賛意を表明し、県の危機管理対策本部と設置に合わせて市でも危機管理対策本部を設置するという。 国境の島の首長としては地域住民の安全を考えれば当然の措置である。

ところがこれを報じる同じ23日の沖縄タイムスは社会面の下部で「危機管理本部 石垣市設置へ 衛星打ち上げ予告で」と見落としがちな見出しのベタ記事である。 

その一方で同じ社会面の隣には石垣市の記事の2倍のスペースを取って次の見出しが読者の目を引く紙面構成である。

宮古配備「断固反対」

PAC3で市民団体声明

宮古島も北朝鮮ミサイル騨の落下の可能性のある島だが、宮古新聞の写真をみると僅か10名前後の「プロ市民」の反対運動をことさら大きく取り上げ、石垣市という自治体の配備賛成の記事より、目立たそうとしている沖縄タイムスの姑息な意図がミエミエの紙面構成である。

沖縄タイムスの論調は、ヤクザ国家を相手に「外交努力を尽くし、自制させることに全力を挙げてもらいたい」などと相変わらずの平和ボケ丸出しである。⇒[「衛星」発射予告]あおらず冷静な対応を(2012年3月20日 )

琉球新報もこの手の問題では「外交努力で発射止めよ」「あくまで平和的解決を追求すべきだ」「(3月23日社説)などと沖縄タイムスに負けてはいない。

ヤクザ国家の北朝鮮が「平和的話し合い」や「外交努力」の通じる相手ではないことは両紙とも百も承知だろう。
 
この際、知事選、宜野湾市長選を通じて沖縄2紙が全面的に支援した
 
北朝鮮大好きの伊波洋一氏に登場願って
 
「平和的話し合い」を頼んではどうだろうか。

 

【おまけ】

米国は脅威だが中国・北朝鮮は脅威でない! 

伊波候補が共産党、社民党の支援を受ける極左活動家であることは、日米安保に反対し、米軍基地反対、自衛隊配備反対という政策を見ても明らかであるが、「中国、北朝鮮は脅威ではないが米国は脅威である」と公言するとは、信じれられない県民も多いだろう。

だが、伊波候補は海外特派員境界で記者会見をした際、外国人記者から

「北朝鮮と中国は脅威か?」と質問されると、

伊波市長は「脅威ではない。脅威なのは米軍。中国とは何千年もの経済・文化の交流がある」、と答えている。

伊波候補は同盟国の米国を敵と看做し、尖閣はおろか沖縄の領有権も主張する中国や、無法国家の北朝鮮に親しみを感じる極左思想の人物である。

宜野湾市長「ノーと言い続けることが最大の抵抗」

2010年06月17日
 


伊波洋一・宜野湾市長。米軍再編の流れの中で普天間移転を考える必要性を説いた。【16日、海外特派員協会=東京・有楽町=。写真:筆者撮影】


【おまけ】2
 
先ほど今朝の沖縄タイムスの見出しを見たが、「32軍司令壕の説明版」問題で発狂したようである。(爆)
 
見出しのみを紹介。
 
第一面 トップ
 
≪県、32軍壕説明版を設置≫
 
「慰安婦」「虐殺」削る
 
協議は来週 委員反発
 
社会面トップ
 
32軍壕 英文に複数ミス
 
重い歴史 軽い意識
 
県、事前確認せず
 
一面トップの「発狂見出し」は県知事の強気の態度に怒り狂う発狂新聞の見出しとしてはよく理解できる。
 
だが、社会面トップは沖縄タイムスの焦りが垣間見えて興味深い。
 
何事も間違いがないのに越したことはないが、神ならぬ人間のやることに間違いはつきもの。 たとえ県などのお役所仕事でも間違いを完全に排除することは不可能に近い。
 
沖縄タイムスが社会面トップで大騒ぎする英文のミスは単純ミスであり、説明版の協議が来週行われるとの事だから訂正の余地はあり、明らかな誤訳であれば、県に指摘すれば済むことである。
 
それを鬼の首を取ったように社会面トップの大見出しにするということは、本件に関する仲井真知事のいつにない強気の態度に沖縄タイムスが焦っている証左ではないのか。
 
英文を検証していないので断言は出来ないが、今回のミスは、沖縄紙の常套手段である米公文書館からの発掘文書を意識的に誤訳して同社を誤誘導した悪質な「誤訳」とは違うのではないか。
 
そう、沖縄タイムスは「日本兵による軍命」を捏造するためTOLD(TELLの過去形)を「言った」と訳すべきとこを「命令した」と意識的な誤訳をしていた。
 

 

垣市を騒動の渦に巻き込めば気が済むのだろうか。(怒)

              ★

 ■■講演会のご案内■■

テーマ   「ウチナー口の起源」 Ⅱ

講師:ドキュメンタリー作家 上原正稔氏

会費: 1000円 (希望者のみ会費制懇親会あり)

とき: 平成24年3月24日 (土) 午後3時~

ところ: 那覇市西2-12-14

     学校法人 ゴレスアカデミー
     日本文化経済学院 3階ホール

連絡先:098-865-3230

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「血税の乱用」?八重山毎日... | トップ | 八重山日報掲載の「パンドラ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うさぎ)
2012-03-24 09:40:23
今日は。
私は今週、沖縄世界遺産めぐりの観光から帰ったばかりです。
18日の午後一時頃、沖縄県立博物館へと向かっていた時に反対側車線に日ノ丸を掲げた
デモ隊を見掛けました。同じ車線側だったら、デモに参加したかったです。
前回の観光の時はタクシーを使ってでしたから説明も聞けて本当に楽しめました。
今回はレンタカー(マツダのデミオ)での移動でカーナビの案内が疑問だらけで
かなり時間的ロスをしたりしました。
世界遺産は駐車場が多いのは助かりました。

沖縄タイムスはお菓子御殿で購入した生の海ぶどうの包装紙でした。
Unknown (涼太)
2012-03-24 10:06:35
狼魔人様

自分の言葉に何の責任も持たないところが、左翼の左翼たる所以ですから無理ですね。
伊波氏も、自衛隊反対と言いながら、自衛隊に護衛を頼む連中のお仲間ですから。

ロケットは実験段階では、事故も多く2段目ではなくロケットそのものが落下する可能性もあります。万全の準備をするべきです。
実際中国などは、最初のころはミサイルが右、左に暴走し、落下地点の多くの国民が犠牲になっています。
一番の理想は、打ち上げたミサイルがそのまま真下に落下してくれると助かります。
伊波氏のお友達の瑞穂タンも今回は、ミサイルを打ち落としたら破片が落下して危険ですー。とか馬鹿な発言はしてないようですね。
Unknown (宜野湾より)
2012-03-24 12:47:08
海自の潜水艦「そうりゅう」型4番艦「けんりゅう」が引き渡し。呉へ配属。
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0120120319baah.html

昨年の東日本大震災と津波の時に、海自の水上艦の多くが被災地に向かいました。
その分手薄になる海の護りに潜水艦が(恐らく足りていない艦数、乗員数の中で)大きな一役を担ったと聞いています。
空自や海保とともに、日本の海の優勢を維持しました。

大規模自然災害と永遠に繰り返し付き合っていかなければならず、すぐそばには、「法も相手も関係ない。俺がやりたいからやる」人治国家たちがいるならば、充分な構えを持った軍が必要なのは小学生でも考えること。

丸腰でいいと言う平和主義者とは、彼らが災害と隣国の無法の両方にどうするのかプランを言わない点で、話す価値がありません。
自衛隊もアメリカ軍もいらない、話せばわかると言う人は全員、尖閣に住みましょう。
竹島にも住みましょう。
日本人以外で来た者、占拠する者と話し合いをして、二度と手を出さないと約束させ、実現させましょう。
実績をつくってから来なさい。話はそれから。

北朝はこれまで、極軌道衛星を打ち上げた実績はありません。
弾道ミサイルだと思われて当然です。
脅威はないと言う伊波さんや平和運動家さん方ならば北朝とも接触チャネルをお持ちなのでしょうから、あなた方が思い止まらせなさい。


今はお古を使っている支那の空母も、これで性能アップするかも。
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-3500.html

しかもどうにでもできる支那の国内法を盾にワナにかけられるかも。
http://kkmyo.blog70.fc2.com/?no=864

http://kkmyo.blog70.fc2.com/?no=865

私の親戚はかつて支那で、合弁相手に設計図を持ち逃げされ、泣き寝入りでした。
お付き合いは最低限が吉かと。
宮古島では (太平山)
2012-03-24 14:12:53

北朝鮮のミサイル騒ぎだが、ここ宮古島ではほとんど話題にも上がらない。騒いでいる?のはここのところ全く出番が無かった宮古島の反戦平和団体くらいである。自己顕示欲の強い彼等のことだ、「私の出番です!」と喜々として新聞社に押しかけたことだろう。

仲井真知事は先島のPAC3配備には容認するコメントを出したが、併せて配備には必ず地元住民の理解を得るようにとも釘を刺している。これは配備するなと言うに等しい。地元住民の理解を得るのに一体何日かかると思っているのか、また何をもって地元住民の理解が得られたと防衛省は判断するのか、馬鹿も休み休み言えと言いたい。

反戦ヤクザとは別の意味で私は先島のPAC3配備には反対である。国は無駄金を使うな!費用対効果で無駄である。その分自衛隊隊員の手当に充てろ、狂国北朝鮮などに振り回されるな!ばかばかしいではないか!等々とその理由はいくらでも挙げられる。鈍牛は鈍牛らしく落ち着け!と田中防衛大臣を叱咤したい。

万万一、先島のどこかの島に落下し死傷者が出たとしてもも、国は「住民の理解が得られませんでした」とその積を北朝鮮と仲井真知事、地元反戦平和団体に求めれば良い。国はまかり間違ってもそんなこと言えないだろうから代わりに住民の一人として私が言う。

「東北では3万人弱も亡くなっているのだ、先島で数百人死のうがたいしたことでは無い、数百人で済んだのはそれこそ幸運である!」と。実際、反戦平和団体はそう思っているのではないか。彼等の行動はまさしくその証である。

北朝鮮のミサイルが島に落下する確立はかなり低いとは思うが、それでも想像を逞しくすると宮古島のある場所に落下してくれないかと期待しているところがある・・。その場所とは宮古島野原にある従軍慰安婦祈念碑である。
宮古島では(2) (太平山)
2012-03-25 17:06:18
宮古島では(2)

今朝の地元新聞の宮古毎日新聞では一面トップの大文字で次のような見出しが踊っていた。
「PAC3 野原基地に配備か」「防衛省 月内にも破壊命令」「北朝鮮ミサイル迎撃準備急ぐ」
「PAC3配備を容認 『下地市長排除する必要ない』」
http://www.miyakomainichi.com/

また、今朝のヤフーニュースによると、政府は自衛隊にミサイル破壊措置命令を発令する方向で最終調整に入ったとのことである。

政府は自衛隊にミサイル破壊措置命令を発令する、何というアホなことを発令するのかと、これだから素人指揮官はダメなのだと野田総理、田中防衛大臣の尻を叩きたくなる。自衛隊の将官で本気で迎撃したほうが良いと考えている将官はいるのだろうか、そう思っていたところ「ぼやきくっきり」さんのところで次のような記事を見つけた。

「自衛隊の士官の本音は、『いいところを見せようとしても困る』」
「実は自衛隊の中に違う、色々意見はあるけれども、慎重意見の方がほんとは強いんです」

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1164.html#sequel

水曜アンカーの青山繁晴さんの解説だが、流石は青山さんだ、そうだろう、そうだろうとしきりにうなずいた。軍事常識からすれば今回のケースでは動かない方がベターなのだ。以下にその理由を述べる。

(1) 着弾予定地点はルソン島東方沖であるから当事者はフイリピンである。しかるにフイリピンが対応策をとっているという情報は無し。

(2)ミサイルの飛行コースは石垣島、与那国島上空だが、ここは台湾にも近い。台湾は面積的にも石垣島よりもはるかに大きい。コースがはずれた場合、最も危険が予想されるのは先島よりも台湾の方である。しかるに台湾軍が動いている情報もこれもまた無し。

(3)中国沿岸をも通るミサイル飛行ルートだが、それでも中国は北朝鮮には文句は無し、黙認である。沖縄の米軍も何も動かない。
宮古島では(3) (太平山)
2012-03-25 17:11:06

結局動いているのは日本だけ。何故に最も危険の少ない日本が慌てふためいて「迎撃するぞ!」と動かなくちゃいけないのか、馬鹿じゃないのかと言いたくなる。今回のミサイル発射は日本本土には何ら影響は無し、先島だけである。しかるに先島諸島は世界地図上では点に近い。ミサイルが落下する確立ははるかに低い、政府は先島など心配しないで放っておけばよい。仲井真知事から要請が無い限りは。

危険性が大なのは台湾とフイリピンである。したがって北朝鮮のミサイル迎撃は台湾とフイリピンに任せれば良い。その能力があるかないかは別にして。

どうも周辺諸国は自らも当事者でありながら「高見の見物と行きましょうや」と日本の対応を嗤っているように思えてならない。

例えば調教師と犬の関係である。調教師が上空に輪を投げる、それを犬が追いかけジャンプしてハッシ!と輪を銜え、そして調教師のところへ持って行き頭を撫でてもらう。観ている観客は拍手喝采する。それと全く同じ構図ではないかと私は思う。もし犬が輪を銜えるのを失敗したらどうなるのか、それを思えばこそである。

日本は誇りを持って高見の見物と行け、動くのは中国、台湾、フイリピンの方である。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL