狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

大田昌秀元県知事の警告!「オール沖縄の欺瞞」

2014-10-24 07:53:54 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

昨日は「翁長市政を糺す那覇市住民訴訟報告会に参加した。

同じ日の午前、福岡高裁那覇支部で次の高裁判決が下った。

 「翁長市政を糺す那覇市住民訴訟」の代理人の1人である徳永弁護士は上記「花押訴訟」で勝訴を勝ち取った原告側弁護士である。

この裁判は裁判史上「画期的判決」といえるもので、徳永弁護士の勝訴は判例として法学部の民法の講義などに引用されるくらい重要な意義を持つ。

そこで昨日は報告会の後、徳永弁護士、原告のIさん、そしてIさんを支援してきた上原正稔さんと筆者の4人で勝訴祝賀会を那覇市の某所で行った。

そんなわけで、昨夜は一杯機嫌で遅い帰宅だったので、報告会の詳細は次回に報告させていただきます。

              ☆

■ブーメランの琉球新報記事

 沖縄2紙が極端に偏向していることはよく知られた事実だが、「芸能・文化」面では時々チェック漏れが有るのか、時折「社の方針」に逆らうような記事を書くことがある。

下記の記事は琉球新報の「書評」だが、タイトルの「オール沖縄vsヤマト」を見れば「オール沖縄」の翁長氏を支援する「社の方針」に合致する本だと思われた。

ところが読んでみると、びっくり仰天。

これがブーメランとなって「オール沖縄」の翁長氏を直撃しているのだから、読者にとっては「爆笑大劇場」である。

 

芸能・文化

『オール沖縄vs.ヤマト 政治指導者10人の証言』山田文比古著

琉球新報 2014年8月17日 


『オール沖縄vs.ヤマト 政治指導者10人の証言』山田文比古著 青灯社・1400円+税

「主体性の覚醒」無視に警告
 本書は、基地問題が争点になると予想される知事選挙(11月16日投開票)に関して極めてタイムリーである。著者は、沖縄県知事公室出向の経験を持つ元外交官であり、いわば沖縄通と言ってもいい。本書は、今年2月に保守系と革新系の政治家、それぞれ5人ずつへの聞き取りを通じて、沖縄県民の多様な考え方を紹介することを目的としている。だが、多様な意見の背後に、立場の違いを超えて沖縄県民を通しての共通項があるという。
 著者は沖縄の問題意識が単なる基地問題とは質的に異なる、新たな意味での沖縄問題を提起しているという。その原因は、日本政府の沖縄問題に関する危機感が裏目に出ていることによる。安倍政権は、沖縄問題を日米関係の根幹を損ねる、現代の安保闘争と捉える「強迫観念」から、何としても沖縄の動きを抑え込もうとしている。
 例えば、昨年11月の記者会見で石破茂自民党幹事長が、同党沖縄県選出国会議員5人を後ろに従えて、普天間基地の移転先に辺野古を含むあらゆる可能性を排除しないことで一致したと述べた。それは、多くの県民にかつての「琉球処分」を想起させ、大きな反響を呼び起こした。このような行動によって沖縄県民と、無理解ないし無関心な本土の人々との心の溝は一層深まっている。
 「オール沖縄」の主張は、イデオロギーの対立を乗り越えて、沖縄県民としてのアイデンティティーで心を一つにして、一体となって基地問題に対応していこうということである。沖縄に新しく起こっているこのような「主体性の覚醒」に対する認識は、本土にはほとんど存在しないことを著者は懸念する。米軍普天間飛行場の辺野古への移設に見られるように、強引に安全保障を優先することは、結局、日米安保体制の崩壊につながりかねない。
 本書は、沖縄県民の新たな動きを無視する日本政府と国民に対する重要な警告である。本土の人々にも、ぜひ読んでもらいたい。
 (宮里政玄・沖縄対外問題研究会顧問)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 やまだ・ふみひこ 1954年福岡県生まれ。東京外国語大学教授。京都大学法学部卒。80年、外務省入省。97年、沖縄県知事公室出向。沖縄県サミット推進事務局長、外務省欧州局西欧第一課長、フランス公使などを歴任。2012年、外務省退官。

 
                      ☆
17日に行われた知事選候補者による公開討論会のクロス討論での出来事。
 
仲井真氏は質問相手を翁長氏に指名して、こう切り出した。
 
「普天間基地はどうするのですか。 (世界一危険な基地を)そのまま放って置くのですか。 自然に解決するとでもいうのですか」
 
痛い所を突かれた翁長氏は例によって無関係な話をクドクド並べ立て、最後に「普天間に事故は起きない」と述べ、その理由として「事故が起きたら日米安保が崩壊するから」と答弁した。
 
仲井真氏はすかさず次の質問で「事故が起きるのを待っているみたいだ」と突っ込みを入れ、満場の拍手を得た。
 
上記記事でもこんなくだりがある。
 
「米軍普天間飛行場の辺野古への移設に見られるように、強引に安全保障を優先することは、結局、日米安保体制の崩壊につながりかねない」
 
翁長氏はこの部分を読んで「日米安保崩壊論」を述べたと思われる。
 
だが、翁長氏は「日米安保崩壊論」の前提となる「普天間での重大事故」を期待してのではないか、と仲井真氏に指摘されグーの音もでなかったことは周知の通りである。
 
 
 ■大田昌秀元県知事の警告、「オール沖縄の欺瞞性」
 
今回の知事選で「根っからの保守」を自称する翁長氏を共産党・社民党・社大党などの確信団体が支援している「いかがわしさ」に対し、沖縄確信のドンといわれる大田昌秀元県知事は、革新独自の候補者を立てるべきと主張していた。
 
革新独自の候補者を立てるべきという大田氏の主張から判断して、大田氏は「純粋革新派」の代表的人物といえる。
 
本書「オール沖縄vsヤマト」の中でも大田氏は次のような警告を発している。
 
私はオール沖縄といわれるものをしんようしていない。 今の保守陣営が、オール沖縄というテーマを掲げて、革新陣営に入り込んでくるのは、選挙対策だ。 11月の知事選に立候補したいような連中がそいうことをやっている。 選挙に勝てないという恐れがあるから、すりよってきたのだ。(166頁)>
 
 保守の側が革新に潜り込んできている。 ではこの保守が本当にそう思っているかといえば、私は全然それを信用しない。 私が知事であったときに、基地反対に一番抵抗していたのが今頃になってオール沖縄などと唱えている連中だ。 そうした過去の経歴や主張を見ると、信用できない。 いつ変わるかわからない。(167頁)>
 
この「オール沖縄vsヤマト」が出版された時点では翁長氏はまだ知事選への出馬表明をしていない。
 
したがって太田氏が批判する「オール沖縄などと唱えている連中」とは翁長氏1人ではなく、翁長氏を支持し自民党を除名された那覇市議の面々を含む。
 
いま改めて大田氏の主張を吟味すると、一番信用できるのは、「オール沖縄」を離脱し、「埋め立て撤回」を公約に掲げると明言している喜納昌吉ただ1人という結論になる。

 

さあ、「オール沖縄」を妄信するオール沖縄教徒の皆様の信心が、どこまで続くか、

見ものである。

■お知らせ■

 37世日フォーラム沖縄

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敵前逃亡の翁長氏、「観光マ... | トップ | 防衛省が翁長氏を支援!?県... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-10-24 08:14:45
辺野古埋め立て、県への設計変更申請 承認判断は知事選後
産経新聞 10月24日 7時55分配信
 ■反対派勝利なら工程影響

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古への移設で、防衛省が9月に県へ提出した埋め立て工事に関する4件の設計変更申請について、県の承認判断が11月16日投開票の県知事選後にずれ込む見通しとなった。複数の政府高官が23日、明らかにした。

 翁長氏は21日の知事選政策発表の記者会見で、変更申請に関し「知事の権限で(変更は)とてものめないということは十二分にあり得る」との認識を示した。

埋め立て変更申請が知事選後になると。これは俄然面白くなってきた。仮に翁長が知事になったら、12月の概算要求で沖縄振興予算と埋立変更申請を巡って魑魅魍魎のかけ引きが行なわれるだろう。
沖縄独立論の疑問点 (田沼泥亀)
2014-10-24 10:47:17
スコットランド独立騒動の際、首都圏でも沖縄独立論が話題になりましたが、彼等は円経済圏から離脱(つまり円を棄てる)覚悟は有るのでしょうか?自治権拡大の為の所謂「打出小槌」又は「錦の御旗」(オール沖縄はこれをソフトタッチ化したものだと私は思ってます。)だとすればそれは真面目な独立論者に対する侮辱でしょう
田沼様へ (越来のK本S子)
2014-10-24 15:55:26
>彼等は円経済圏から離脱(つまり円を棄てる)覚悟は有るのでしょうか?

その正体、真っ赤っかな化石の脳ミソの持ち主であるあいつらのイカレたアタマに、「経済」の二文字なんて最初からないですよ。

あいつら、『月刊琉球』なる同人誌を出してるんだけど、自分らの起こしたテロの自慢話やら、何言ってんのかまったく分からないイカレたババァのヒステリー自慢やらばっかで、どこにも「経済」の話なんてありません。

しまいには、ハレンチDr.ナガテルって前石垣市長から性的暴行未遂に遭った実の妹を悪者扱いしたっていう、後田多敦っていう元沖縄タイムスのインチキ記者が、儒教は沖縄のアイデンティティーだの、こちらのブログで話題の孔子廟問題で、仲井眞知事を中国人などと罵倒し、中国人である知事もこの問題の当事者などと、トンデモ珍説を披露する始末。


…こんな、頭イカレてるサヨク連中に、自分たちが振り回されるのはまっぴらゴメンです。
Unknown (越来のK本S子)
2014-10-24 16:01:51
>遺言書の「花押」有効と判決 高裁那覇支部、一審を支持

こちらのニュース、以下の記事によりくわしく。


遺言書「花押」も有効 高裁那覇支部、押印と認める
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=87855


>琉球王朝時代に三司官などを輩出したという家…

「三司官などを輩出した」というのが事実なら、名家と呼ぶに値するってコトだけど、これが名家の宿命なのか、遺産相続をめぐって骨肉の争いとは、ホントいただけないですね~…。
防衛省は翁長氏を支援している (遊爺)
2014-10-24 17:08:09
防衛省が最悪のタイミングで、最悪の行動をしてしまいましたね。
ニュースを観て、こちらを除いたら、コメントのトップに書き込みされていました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141024-00000093-san-pol

承認済みの埋め立ては、新知事には取り消せないのが反対派の泣き所ということでしたが、これで新知事が埋め立てに関与する権限を得ましたね。
防衛省は、申請内容やタイミングを政府(≒官邸)や自民党とは協議したのでしょうか?
【誤字訂正】防衛省は翁長氏を支援している (遊爺)
2014-10-24 17:12:05
誤; こちらを除いたら

正; こちらを覗いたら

サイトを汚してしまい、お詫びして訂正させていただきます。
Unknown (Unknown)
2014-10-24 18:38:00
変更申請の判断を知事選後に延ばしたのは個人的には良い判断だと思いますね。
知事選に影響しないようにしたのでしょう。仲井真で勝てる良い調査結果が出たのではないでしょうか。

また、単に移設を進めたいなら敵は喜納昌吉と下地ミキオですよ。この2人は交渉不可能ですが、翁長なら沖縄振興予算の増減で交渉可能です。振興予算を考えると翁長が変更申請を4年間無視できるとは到底思えない。
Unknown (脱原発)
2014-10-24 18:46:47
私は別に批判されても構いません、しかし知事選では翁長氏が有利!それが現実です。数少ない移設容認派の皆さんは現実を知ってください。沖縄県民は辺野古移設反対だという事を
Unknown (Unknown)
2014-10-24 19:25:43
>翁長氏は21日の知事選政策発表の記者会見で、変更申請に関し「知事の権限で(変更は)とてものめないということは十二分にあり得る」との認識を示した。

翁長の変更申請に対する態度は弱い。「不承認はあり得る」だけ。喜納昌吉なら明確に不承認と言う。
翁長は良く言えば県民の生活を考えて、悪く言えば経済界や保守から好かれたいが為に、不承認にして沖縄振興予算を削減されるのを避けるだろう。
だから、政府との交渉の場に出て来ざるを得ない。
Unknown (越来のK本S子)
2014-10-24 19:26:06
>沖縄県民は辺野古移設反対だという事を

これもまた、ただの妄想だね~(笑)。
ちなみに、かく言う自分はその“生粋の”沖縄県民(笑)。

ついでに言っとくと、自分は別に移設容認派ってわけじゃないんだけど、仲井眞知事以外に投票する気はないね。

話はぐらかし・翁長、全責任県民に丸投げ・下地、何言ってるかまったく意味不明・喜納に、何の魅力も感じないんで。


お前こそ、いちばん現実を知るべきだね~(笑)。
CSまえの座り込みについて (沖縄県民)
2014-10-24 20:03:54
昨日NHKの文字放送で、要旨次のニュースが流れていました。稲嶺名護市長のCS前の座り込みに関する議会答弁「沖縄総合事務局によるとこの運動は自由行動の一形態で、道路の使用や占用について申請は必要ないと認識している。」に対し「総合事務局は座り込みは道路の占用に当たらないものの、テントやのぼり旗の設置は許可が必要であり、稲嶺市長の答弁は一部に事実誤認があるとして、今月20日に稲嶺市長に対し、答弁を訂正するよう文書で申し入れた。」
 この申し入れに対し名護市は「どのように回答するか検討している。」とのこと。
越来のK本S子さん (脱原発)
2014-10-24 20:31:11
どうして移設容認じゃない人が仲井眞知事に入れるのですか?
越来のK本S子さんは… (loghouse1736)
2014-10-24 21:17:28
きちんと理由を答えてるじゃねぇか、「話はぐらかし・翁長、全責任県民に丸投げ・下地、何言ってるかまったく意味不明・喜納に、何の魅力も感じないんで。」って。脱原発君よ、君は沖縄延いては日本で生きる資格はない。母国に帰れ。
オール沖縄という名の船 (田沼泥亀)
2014-10-24 22:12:30
皆様も再三、指摘なされている通りオール沖縄の船客達は所詮、野望という名の対岸に辿り着く迄の呉越同舟の仲で有る限り遅かれ早かれ破綻する運命でしょう(事実、喜納氏の様に「こんな船なぞ漕げるかっ!!」下船なされた方もおられるようですが)しかし、残念ながら首都圏ではそれを理解していないか?知ってても翁長氏寄りの報道をしているのが実情です。
基地問題について (桃原)
2014-10-24 22:30:46
私の周りに辺野古移設を容認する者はいない。
かといって反対もしていない。ようするに無関心なのだ。
親が新聞に目を通すのは告別式のページ、あとは流し読み。
私は普天間基地の近くに約30年住んでいたが、その間も基地
に対しての不安を誰からも耳にしたことは無かった。
沖縄県民は、本当に基地に不安を抱いているのか?
友人は県民大会などは、「動員かけられ、しに迷惑!」って
言っていた。
家族や友人に、このブログで知った知識を話して聞かせるが
食いついてはこない。全く関心がない。
熱く語ると、私が思想家的に感じるみたいで空気が変になる。


これは私の周りだけなのだろうか?
越来のK本S子様へ (田沼泥亀)
2014-10-24 23:01:11
愚生の駄文にお付き合い下さり有り難うございます。沖縄独立論といいオール沖縄といい硬軟の違いは有っても飴や餅(ストレートにいえば利益)を得る為の「打出の小槌」になっている現状は私の住む神奈川県と重なるものがあります。ブログ主様の言われる「反戦平和は免罪符」ですが私から見れば免罪符どころか「黄門様の御印籠」又は「錦の御旗」にさえ思えてなりません
そういえば、こんな会話ありました。 (桃原)
2014-10-24 23:47:44
昨日、私と母と母の友人の3人で車に乗って走っていた時、
小禄高校付近の交差点で翁長陣営隊が見えました。
のぼりは、新基地反対、戦争反対等しか目に入りません。
それを見た3人の会話です。

母友「翁長さん、すかんさあ~」
母友「ひっちー基地反対基地反対ばかり言って」
母友「沖縄は、経済が大事なのに」
母友「もう戦争の話は、いいさあね~」
母 「もう終わったことなのによ~」
母友「だからよ~、本当もういいさぁね~」
母友「沖縄は、ひっちー戦争の話ばっかりしてよ~」
私 「東京.大阪は大空襲、広島.長崎は原爆、本土もでーじな目に
あってるのに沖縄みたいに騒がんさあね~」
母.母友「だからよ~、おかしいさあ~」
母友 「仲井真さんは経済強いさあね~」
母友 「仲井真さんがいいさあね~」


うちの母、母友人は76歳です。
戦争は、もう終わったこと。今は平和。
だから沖縄の優先事項は、基地よりも経済。

案外、そんな考えの年寄りも少なくはないかもしれませんね。





Unknown (ウチナー鬼女)
2014-10-25 08:54:15
何やら、「脱原発」さんが暴走、メルトダウン寸前気味で面白いので、突っ込んでみましたm(_ _)m。

「脱原発」さんって、以前、「これで最後にします」って言ってませんでした?

・狼魔人さん
・14/10/11 13:00
└脱原発
投稿はこれで最後にします。色々と御迷惑をお掛けしました

突然、亡霊のようにフワーと現れて(「喜納昌吉が台風の目」
14/10/07 )自己完結持論を曰い、フワーと消えてなくなる、まさに亡霊みたいな人だなぁと感じていましたが、今や「地縛霊」の如く、張り付いてますね(ToT)

最後に出来ない理由って何ですかね。汚長さんの「瞑想」もとい、「迷走」発言多発に自己崩壊おこしていませんか?
他の方々も仰っているように「カルト」臭が漂い始めていますね。差し詰め「汚長狂」もとい、「汚長教」ですかね?

》翁長氏の政策見ても、沖縄県民が望んでる政策ばかりでした。

いや、「沖縄に原発造らせない」とか、明後日の方向に走り出したwwwのを見て、良識ある沖縄県民の多くは「何言っとんじゃ?こいつは」ってなったんじゃないですかね?「沖縄県民が望んでいる政策」ではなくあなた方「放射脳」カルト信者が望んでいる政策に汚長がすり寄っただけではないですかね?そう、例えば、山本10円はげ太郎氏とか、一時、喜納昌吉さんに走りそうだったんじゃない? 違います?汚長がすり寄ったとしか思えない、余りにも唐突で奇異な「脱原発宣言ww」でした。

》現地の人に聞いても翁長圧勝という声です。

ん?「現地」ってどこですか?シュワブ周辺ですかwww「現地の人に聞いても」ではなく「シュワブ周辺の(抗議している)仲間に聞いても」が正しいのではないですかね?

》菅官房長官が翁長氏が勝っても移設は進めると言った

(・◇・)?そうでしたっけ?私の記憶では確か、「誰が県知事になっても云々」と言ってたような?あの後、「ガースー(失礼)」が、はっきり「汚長が勝っても」って言い直したのかな(?_?)?

八重山日報には、こんな記事がありましたよ。
「『翁長氏に説明義務』菅氏 普天間移設反対公約で」

「どのように飛行場の危険除去をするのか、県民に説明する義務がある」「危険除去は、政府と沖縄県の共通認識だ」

「脱原発」さんには、こういうのも、日本政府の焦り、汚長有利に聞こえるのですかね?私からしたら、当たり前なコメントで、汚長をバッサリ切って捨てたとしか聞こえないのだが…。私の妄想でしょうか?

》こんな勝ちが見える選挙は税金の無駄です~私の予想は翁長35万票 仲井眞11万票

何ら根拠もなく、妄想進化(深化)中としか言えないが、あとの55万余票はどこへ?まさか、喜納昌吉さんとかwww大城ヒロシさんとかwww。2人だと、どっちにしろ、沖縄「暗黒時代」の始まりだねwww。

》越来のK本S子さん「どうして移設容認じゃない人が仲井眞知事に入れるのですか?」

勝手な推測ですが、越来のK本S子さんは「基地、興味ねぇ」という、大多数の沖縄県民なのだろうなぁと考えます。
何度でも言います!沖縄県民が全員が全員とも、それこそ「オール沖縄」で「基地しか興味がない!」「反戦平和しか興味がない!」と思うのは脱原発さん、あなたの「誇大妄想」です。沖縄メディアに「洗脳」されすぎwwwご愁傷様です。
大多数の沖縄県民は基地に興味がありません!あってもなくても構わないのです!しかし、昨今の支那共産党の横暴ぶりを目の当たりにして、安全保障を真剣に考え始めた沖縄県民が増えている、これが現状です。

それから、脱原発さんの頭に存在する「沖縄県民」には、宮古、八重山の人たちも入っていますかwww。彼らも立派な沖縄県民である事をお忘れなく。
お大事にどうぞ。
Unknown (やもり)
2014-10-25 10:23:35
オカルト脱原発さんが何故か人気者にw

オカルトさんって沖縄は辺野古だけしかないと思ってるのかもしれない。
まあ、タイムス新報を真面目に読んでいると、そうなりますよね(恐)。

沖縄って北は伊平屋伊是名に西は渡嘉敷久米島、東は津堅に南北大東島、南西のほうにいくと宮古石垣西表与那国に、そのまた周辺の離島に尖閣諸島と、広大な地域にまたがった県ですよ。

せめて?地理だけでも勉強してコメントしてくだされ。

どこの都道府県でもそうですが、県民の生活安全のためにがんばってくださる、現実的な方に首長さんになってほしいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL