狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

米軍撤去で沖縄は破綻する!

2012-02-10 07:23:54 | 県知事選

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

宜野湾市長選挙は、今日明日で愈々終盤戦になだれ込む。

それにしても選挙違反が目に余る。

白昼公然たる違法行為の跋扈に対しても、極悪複合体の構成員である地元2紙は「反戦平和には免罪符」の原則を貫いて、「不都合な事実」は決して報道しようとしないでいる。

沖縄の米軍基地問題は国防・安全保障の問題と、基地が潤す経済問題の二つの側面を持つ。

南シナ海では、米軍基地を追い出したフィリピンが近年の中国による領海侵犯にたまりかね、米軍を追い出したことを後悔し米軍との合同訓練等で中国に対抗している。

2月28付ワシントンポストによると、20年前に太平洋地域で最大の基地から米軍を追い出したフィリピンは、米軍のプレゼンスを再び拡大する話し合いをオバマ政権と進め、米海軍をフィリピンで活動させる、米軍部隊をローテーション・ベースでフィリピンに配置する、合同訓練をより頻繁に行うなどの選択肢を考慮中だという。 

フィリピンの、クラーク空軍基地とスービック海軍基地は、1947年の軍事基地協定により、1991年9月まで米軍の使用が認められていた。

1991年6月、クラーク空軍基地の近くのピナトゥボ山が大噴火し、空軍兵士とその家族はスービック海軍基地へ避難。 米軍はクラーク空軍基地の使用期限延長を断念したが、スービック海軍基地に関しては10年間の使用期限延長を要請した。

だが、しフィリピン議会の左派勢力が使用期限延長に強く反対し、両基地は1991年11月26日に返還された。

中国は、米海軍の撤退すると同時に、フィリピン・パラワン島すぐ西の南沙諸島(スプラトリー諸島)付近で中国海軍の活動が活発化し、1995年にミスチーフ礁などフィリピン主張の島を占領して建造物を構築した。

わが国の左派政治家たちも、20年前にフィリピンの左派勢力が米海軍撤退を主張したように、普天間基地の米海兵隊・航空戦闘部隊の県外・国外移転を主張している。

その代表格が現在宜野湾市長選挙に立候補している伊波洋一候補である。

伊波候補は、米軍基地を撤廃しても、日米安保を廃止しても、日本が憲法9条さえ堅持すれば、中国は日本の平和姿勢を評価し、絶対に攻めてくることはないなどと夢のような主張をしている。

伊波候補の主義主張に従って米軍基地を撤廃したら、沖縄の経済は破綻する。

 

沖縄の場合安全保障の側面のみ強調されて論じられているが、伊波候補のように米軍基地そのものを完全撤去してしまったら現在の沖縄経済が破綻することは少しでも経済に詳しい人なら常識の範囲である。

伊波候補は普天間基地を移設したら「雇用が3万人増える」などと根拠のない公約を叫んでいるが、基地返還で成功している那覇新都心をモデルにしているようだが、柳の下のドジョウはそんないにいるものではない。

美浜返還地の発展の陰には沖縄市の衰退があり、那覇新都心の発展の陰には既に美浜地区にも陰りを見せ始めている。 日祭日以外の平日、美浜地区を訪れてみるがいい。既に閑古鳥が鳴き始めているではないか。

結局伊波候補の普天間跡地の「3万に雇用」構想は、同じサイズのピザを大人数で奪い合う愚を雇用だと妄想しているに過ぎないのである。

米軍基地が在るため基地がもたらす公害を針小棒大に叫んで、沖縄を悲劇の島として喧伝する勢力がある。

沖縄の新聞などの「反日左翼複合体」が喧伝する沖縄とは、人間が住みにくい地獄のような島である。

「凶暴な米兵の強姦魔が徘徊し、泥酔した米兵が住民をひき逃げし、軍用車両が民間病院に乱入し診察に支障をきたしたりする。それだけではない。 近隣の学校は飛行機の爆音で授業も出来ず、大学にはヘリが墜落炎上し、民間住宅には米軍の流れ弾が撃ち込まれる。 そして不発弾は住宅地に散乱している。」

最近の沖縄の新聞の見出しを見れば、沖縄とはこのような悪魔の住む島のような印象を受ける。

事実沖縄のことを悪魔の住む島と表現した左翼記事もあった。

悪魔の島か癒しの島か

沖縄が悪魔の島はともかく、左翼団体が喧伝するような危険な島なら、当然人口は減っていくはずなのに、沖縄は全国一の人口増加県だと言うから驚きである。

特に「世界一危険な基地」の周囲に出来た宜野湾市の人口増加は著しく、ずっと右肩上がりの傾向を示している。

 

推計人口 1億2751万人 09年 減少幅最大 18万3000人
2010年4月17日 00:18 
 
総務省は16日、2009年10月1日現在の推計人口を発表した。都道府県別で前年より人口が増えたのは東京、沖縄など7都県。九州7県はいずれも減少した。総人口は前年比18万3千人(0・14%)減の1億2751万人。1950年に現行基準で統計を取り始めて以降、減少幅は過去最大となった。同省は「本格的な人口減少時代に入った」と分析している。

 総人口の減少は2年連続で3回目。05年にいったん人口減に転じたものの、07年までは横ばいの状況が続いていた。しかし08年に7万9千人減となり、今回さらにマイナス幅が広がった。男女別では、男性だけでなく、初めて女性も減少に転じた。

 また、外国人の出国者が入国者を4万7千人上回り、15年ぶりに「社会減少」となった。08年秋のリーマン・ショックに端を発した世界的な景気後退の影響で、自動車関連企業などで働いていたブラジル人などが職を失い、帰国が相次いだことが主な要因としている。

 都道府県別で増えたのは昨年と同じ沖縄、神奈川、千葉、埼玉、東京、滋賀、愛知の7都県。大都市圏への人口集中が続いているが、沖縄以外はいずれも人口伸び率は前年を下回った。

 一方、九州7県は、いずれも前年の人口を割り込んだが、福岡、宮崎、鹿児島、長崎は減少率が持ち直した。総務省は「景気の低迷で大都市圏でも雇用情勢が悪化した影響で、人口流出に歯止めがかかったのではないか」と推測している。

 全国の65歳以上の高齢者比率は22・7%。九州では、22・0%の福岡を除く6県で全国平均を上回っている。

=2010/04/17付 西日本新聞朝刊=


                  ◇

全国の人口が減りつつある現在、「悲劇の島」「危険な島」「悪魔の島」そして米兵の強姦魔が女を求めて町を徘徊する「基地公害の島」。

そんな沖縄の人口がダントツ日本一で増加し続けていることはおかしい!

戦後沖縄と同じく米軍の占領下にあった奄美大島が米軍基地がなかったためいち早く返還された。 だが返還後も米軍基地がないため、人口は職を求めて沖縄などの島外に流出し、人口が半減したことは米軍基地のもたらす経済効果を示して余りある。

では何故伊波候補のように基地運動をする勢力が「沖縄の声」のように目だって報じられるのか。

基地反対運動というのは、基地公害など基地の過重負担への反感で成り立っているような運動ではない。

今回の伊波候補の運動員のように、地域の住民感覚とは無関係の、地域外から来た平和運動家が、自分が「反戦平和」の運動家であることを誇示するための政治的プロパガンダを叫んでいるに過ぎない。

反戦左翼の政治家や公務員組合幹部が基地や県民を利用して、自分の票稼ぎや、組織固めのために利用しているのが実態である。

辺野古に集まっている、基地反対運動家の8割は内地人を含めたよそ者であり、地域住民は、日当3000円で集められたエキストラ参加者だと聞く。

新聞・TVで報じられる基地反対デモは、常に自治労・教職員組合などから動員された公務員関係者で占められ、その人数も主催者発表として2倍から3倍も水増しされているのが実態である。

ここでも「反日左翼複合体」の見事な連係プレーが示される。

普通の住民が何も意思表示しないのをいいことに、彼らはいかにも自分たちが県民の指導的立場にあり、県民の代表者であるかのようにふるまっているだけである。

つまり彼らの声が「沖縄の声」や「沖縄の怒り」を表しているかのように喧伝するのだ。

実際に現地取材している本土メディアの記者はこの事実を知っているが、紙面やTVでは絶対に報道できない。

沖縄は「唯一の地上戦」や「75%の米軍基地」で全国の犠牲になっているという宣伝が行き届いているため、沖縄を「腫れ物」扱いする傾向にあるのだ。

特に鳩山元首相が折角決まっていた「辺野古移設」の日米合意を反故にして、沖縄を「寝た子を起こす」状態にして以来、沖縄2紙の声は「神の声」になり、沖縄2紙がバッシング記事を書けば全国紙がこれに呼応してバッシング記事を書く。 そしてケビン・メア米国務省日本部長や田中防衛局長のように日米の担当幹部が次々と更迭される悪弊を作ってしまった。

現在ウヤムヤになっている真部防衛局長の「講話」も、沖縄2紙が仕掛けた「一犬虚に吠ゆれば百犬声に吠ゆ」の類である。 もっともさすがに政府も行き過ぎを認め真部更迭の話は立ち消えになっている。

沖縄のマスコミはうのみにすると危険であることを再三述べているが、沖縄県民自身がそのことに気づいていないのが残念である。

人口減少が経済の低迷をもたらすことは、現在のわが国の経済の衰微を見るまでもなく厳然たる事実である。

米軍基地を全面撤去すれば、沖縄の雇用は減少し、人口は逓減にスイッチする。

人口逓減は経済の衰退をもたらし、この悪循環は沖縄経済を破たんへと導いていく。

 

反日左翼のシンボルとなりつつある伊波候補の頭の中には、「最大の福祉」だといわれる国防の概念は一欠けらも存在せず、当然宜野湾市民の安全や雇用などの経済問題など存在する余地はないのである。

伊波候補にとって、本人は否定するかもしれないが、宜野湾市長のポストなど次期衆院選を狙うまでの腰掛の意味でしかないのである。

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 破れかぶれの原告側、教科書... | トップ | 続・基地撤去で沖縄は破綻する »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
座礁事故の船長と同じ (ヒロシ)
2012-02-10 08:46:06
前回の県知事選挙もそうでしたが、今回もかなりの違反よういちされているようですね。
自らのイデオロギーの為には住民の生活はないがしろにするような人物が市長になったら、宜野湾市民は再び不幸になります。
先日ある船が座礁してしまい、船長はさっさと避難してしまいましたがそれと同じような光景に見えてしまいます。
(前回も任期途中で市政を放り出しましたし)
船の舵取りをするのが船長で、投げ出されては困る訳です。
違反氏の7年で宜野湾市は普天間基地問題で座礁しかかったままですが、本来は決まった航路を通れば何も問題はなかったはずです。辺野古への移設反対とよけいな方向に舵をきったのが事の始まりです。
彼にもう一度宜野湾市の運命を託すのでしょうか?
宜野湾市民はそんなに馬鹿だとは思いたくないですが、、、

座礁を起こしながらマスコミはあたかも「事故」に見せる為に不都合な事は報道しません。
船員である自治労は船長に再び市政を任せたい様です。

宜野湾市民はどんな人物を船長に選ぶのでしょうか?
「チェンジ」せよ、、、アツシ。 (義挙人)
2012-02-10 08:50:30
狼魔人様。おはようございます。

「国防は」、、国民、市民等すべての「最大の福祉」である。、、、、、、、その通りです。

伊波は、、「国防は」、、悪魔のすむ島作りである。、、、と言っているような者である。

いずれは次期衆院選を狙うまでの腰掛、、、、その通りです。

(理由 : 県議もステ、、市長もステ、、カントクの後釜を狙っている。)

伊波の言う「子ども安心・暮らし安全な市政」を行なうには、腰を落ち着かせた「政治家」じゃないと出来ないと思う。、、、伊波にはそれは出来ない。

 何故かて?

だって、彼は、「反日、反米、反基地」を叫ぶ「活動家」ですから。

「市民が主役の市政」、、、そう、「労組主役」の市政から、、、「市民主役の市政」に取り戻しましょう。
伊波洋一殿 (宜野湾市民X)
2012-02-10 09:05:15
伊波洋一殿

貴殿は一度捨てた市長の座に、未練たらしく舞い戻るような小さな器の政治家ではない。

貴方は宜野湾市民の生活や安全等のチマチマしたことで時間を使うべきではなく、反米、反日そして反安保を掲げて国政に打って出るべき器の政治家であり、少なくとも外務大臣か首相として国際舞台で活躍すると政治家だと自認されているのでしょう。
だったら宜野湾市長を狙って再度宜野湾市民を裏切るようなことは止めて、今のうちに衆院選の社民党比例区公認に備えて、全国行脚の旅に出るべきではないですか。

市長選で選挙違反などやっている場合ではないでしょう。
選挙カーがなんと12台! (安仁屋正昭)
2012-02-10 14:06:30
昨日の日記でも問題提起された選挙違反行為

伊波陣営の選挙街宣車は、12台、市職労等の無許可車は、勿論、選挙違反である
しかし、通報しても市警は、取り締まらない

一方、アツシ陣営は四台

ちょっとは伊波氏に習ってもいいんじゃないか

伊波氏は、元職なんだから、ちょっと控えたらどうなのか 違反はいかんよ!と
Unknown (宜野湾より)
2012-02-10 14:44:25
狼魔人様も紹介された 依存性の独り言様が連続エントリーです。
コメント残して来ました。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/101618/91171

偕楽園血圧日記様も日米同盟でエントリー
http://s.ameblo.jp/statesgrow/entry-11159911195.html

近所のおばあちゃんをついでで車に乗せてたら、腕章も許可旗もない4人が交差点でイハの幟を立てて演説中。
おばあちゃんが「なんで~サキマさんもあれしたらいいのに」と言うので、「あれは違反だからやらんわけよ」って優しく教えておきました!
これまで2件ほど通報済みでつ。
風船部隊がまた出ました (ぎのんちゅう)
2012-02-10 15:58:11
黄色のバルーンを子供たちにあげて、
支持者の定まらない保護者の票を取ろうというのは、元市長としては、ちょっとエゲツナイのではないか

先ほど、社大党のデカイ街宣車で、バルーンを沢山持った運動員が手を振りながらゆきました

発狂新聞は、何やら企んではいないのか 要注意
Unknown (お前も選挙違反)
2012-02-10 16:33:32
宜野湾市在住のバカブロガーの江崎さんあなたも選挙違反ですよ。先ほど通報したら、あなたのブログは分かっているようでした。鼻で笑われましたが…
あなたにとって不都合な真実は削除するかな(爆)。いずれにしても日曜日は午後8時には選挙結果は判明するでしょ
Unknown (菊水1号)
2012-02-10 17:10:22
はあ~
タメ息が出ますね
どうやら沖縄は中共の間接侵略に屈してしまうようですね
お前も選挙違反さん (石垣市民)
2012-02-10 17:10:26
どこに通報したか判りませんが、たかが個人のブログをいちいち通報したあなたの事を鼻で笑ったんじゃないですか?
初めまして。 (dame)
2012-02-10 17:18:01
どうもすみません初めましてです。
昨年、坂眞さんの「徒然なるまに」で
「狼魔人日記」さんを知りました。
以来寄らせていただいてます。

頑張っておられるんですね。
今日、期日前投票に行って来たのですが (お世話になっております)
2012-02-10 17:41:55
ホントに宜野湾市役所はすごいです。こんなに露骨に伊波洋一推しでいいの?良かったらブログ記事読んでみてください。

http://ameblo.jp/hosyuokinawa/entry-11160629019.html
蛆虫さんに告ぐ。 (義挙人)
2012-02-10 17:45:20
(お前も選挙違反さん)の蛆虫さんに告ぐ。

私は、狼魔人様の防衛隊長ですが、、

何が、、、選挙違反ですか、、、

>不都合な真実は削除するかな(爆)。

何が、、、不都合、、?
あなたも、BKDの伊波の熱烈 蛆虫者、、もとい、、信者ですか?

よっぽど、自信あるんですね

>午後8時には選挙結果は判明するでしょ

それゃそうだ、、これだけ、違反してるんだから。
楽しみです。どれだけの違反者が出るか。
あの演説は何だ!ゴロツキ共 (ぎのんちゅう)
2012-02-10 18:43:32
黄色のジャンパーを着た男だけのグループが
街宣車で、佐喜真候補の悪口だけ風潮していた

流石に、後ろめたいらしく、三人が外に降りて、周囲をキョロキョロ見張っていました
わたしが、通報しているハナから
そそくさと、のぼりをしまい込み、立ち去ってしまった

対立候補をヤクザのようにふれまわり、もし市長になったら、大変なことになると市民を脅している

まともな選挙運動しろ!ゴロツキ共がw!
日本の安全保障 (宮古島より)
2012-02-10 18:58:43
 「沖縄は在沖米軍基地問題と日本の安全保障は並立して考えなければならない。」

 今回の宜野湾市長選は、やはり普天間基地問題が争点のひとつでもありますね。それに関連して・・・。
 
 現在の東アジアの情勢を鑑みると、日米安保を基軸とした日本の安全保障を考えなければならず、日米安保破棄や日本の非武装あるいは憲法9条堅持が、必ずしも、また、現実的に考慮しても日本へ平和をもたらすのではない。

 東アジア、特に近年その活動が著しい中国の動向は、東シナ海への中国漁船出没から漁業監視船のパトロールを強化している。加えて、今月2月3日には、中国海軍艦船4隻の宮古島~沖縄本島近海通過した事例は、数年前まではこうした例はほぼなく、中国軍事的活動の活発化と恒常的にもなりつつある。

 (※漢級原子力潜水艦領海侵犯事件、2004年11月10日に発生、海上自衛隊創設以来2度目となる海上警備行動を発令した例が過去にある。)

 このような中国の安全保障政策や軍事動向に対し本日、防衛省防衛研究所が「中国安全保障リポート2011」を公表した。

 その中には、中国の東・南シナ海への海洋進出は、同海域の島しょに関する領有権の問題と経済発展に伴うエネルギー資源確保、米軍の接近を阻止するための軍事力構築によると指摘。「海洋を巡る中国の政策動向は、日本の安全保障に影響を与えている」と記されている。

以下、中国安全保障リポート2011
http://www.nids.go.jp/publication/chinareport/index.html 

 平和を考えるためには、平和をどのように構築・維持していくか考えなければならず、万が一に備えた想定外へも対応できる国が、当たり前の国であると考える。
Unknown (西原)
2012-02-10 22:17:00
ニシメ健君が意味不明な反論をエントリーしていますが、爆笑ものです。
議事録ナシ (オヤッさん)
2012-02-11 04:25:41
民主党ですが、中国人へのビザ緩和政策に
ついても、議事録とっていなかったそう
ですよ。どーも、民主党には議事録という
言葉はないようですね
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120208/plt1202081217004-n1.htm

ところで、2/2に宜野湾市副市長をトップの
部長級定例会があって職員団体の問題が議題
に上がったそうですが、その議事録ってある
んでしょうかね
Unknown (涼太)
2012-02-11 05:48:53
狼魔人様

私も普天間問題がうまく行かない最大の理由は経済問題だと思っています。
今の民主党政権が言うように、沖縄の基地負担軽減といっても、左翼の主張と同じで沖縄の実態がわかっていないと思います。
自民党は地元の裏表も分かっていますので、慎重に進めて来たと思います。
伊波氏の様に国に背を向けても宜野湾の発展は無いと思います。名護市もジリ貧だそうですね。
左翼市長が沖縄を窮地に追い込みます。
Unknown (嘉手納)
2012-02-11 06:20:25
確かに、平日の美浜は閑散としてますね。
撤退を考えてる経営者も多いと聞きました。
イオン北中城と、サンエー宇地泊店Openで決定的になると思います。
Unknown (伊波氏当確)
2012-02-11 22:59:21
伊波氏当確
これからです (わんぬうむい)
2012-02-13 08:01:59
↑の書き込み・・・
自棄酒がかなり効いていたのでしょうか。
悔しかったのでしょう。
でも結果は結果として厳粛に受け止めましょう。

イハ氏を推していた皆さんは、これからは異臭を放つ言葉を投げつけるのではなく
宜野湾をよりいい方向に持っていけるような
ポジティブな言葉を発信してくれたらいいですね。

ここに集う方々はレッテル貼りなど致しません。
いいアイディアであれば、だれが提案しようと評価してくれる。
それが大人というものです。
逆の皆さんは、自分たち以外の意見は全て否定されますが・・・

さて、サキマ氏は当選されましたが、
公約通りに市民本位で市政を進めていくのか
きちんと見守らなくてはなりません。
是は是、非は非としてです。

今日から静かになった宜野湾・・・
市民は、ようやく安眠できるはず。
頑張られたみなさん、お疲れ様でした。



福岡からの一言 (福岡のアラカンジン)
2012-02-26 10:27:44
尖閣諸島への動きや日本国内で国土を買い漁る中国の動きに優柔不断な態度しか示しきれない政府や「革新勢力」に、本当に我が国のことを考えているのか疑問に思っています。同様な視点から、よく報道される「沖縄の声?」なるものに疑問を感じ、沖縄の人々は中国の脅威をどう考えているのか?。米軍を嫌うならば、国防のために自衛隊だったら駐屯を認めるのだろうか?(※これにも反対なのは、自明のことでしょうが‥)。など、眠れぬ日が続く中、ケビン・メア氏の書籍を読み、これほど日本大好きで日本思いのアメリカ人を貶めている人々。その中には沖縄の「革新勢力」「革新マスコミ」が含まれることを知り、暗澹とした気持でおりました。しかし、このブログを見て、沖縄にはまだ良心と素晴らしい知性があることを知り、休心した次第です。これからも、辛口のコメントに期待しています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL