狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

今年の最終便、少女像撤去が10億円の条件、「法的責任」は?

2015-12-31 08:03:19 | 従軍慰安婦
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 「狼」の画像検索結果

 お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 
 慰安婦問題の日韓合意について、29日の沖縄タイムスには次のような大見出しが躍っていた。

首相「おわびと反省」

軍関与と責任認める

世論を意識 痛み分け

少女像の撤去 持ち越し

 
 日韓合意の評価については、日本の保守派の間でも意見が分かれたようだが、筆者はソウル日本大使館前の慰安婦の象徴である少女像の撤去のない日韓合意など認められないと書いた。
 
 
ところが実際は、少女像撤去が10億円拠出の条件だったことが判明した。
 
「歴史問題は歴史学者の検証に委ねるべき」と常々発言していた安倍首相が、強かな政治判断をした模様。
 
そこで本日の沖縄タイムスの大見出しを改めて紹介しよう。
 
■一面トップ
 
10億円 少女像撤去が条件
 
「慰安婦」合意首相の意志反映
 
韓国世論硬化も
 
■4面トップ
 
少女像の増設宣言
 
韓国 「慰安婦」ら撤去拒否
 
「動かさない」700人集会
 
慰安婦対日要求へ 台湾の3候補
 
日韓慰安婦合意
 
北朝鮮が屈辱
 
米長官は祝意
 

少女像撤去が10億円の条件 政府、慰安婦支援の新財団

沖縄タイムス 2015年12月31日 00:05

  ソウルの日本大使館前に設置されている少女像(共同)

 ソウルの日本大使館前に設置されている少女像(共

元従軍慰安婦の支援を目的に韓国が設立する新財団への支出に関し、日本政府が被害女性を象徴するソウルの日本大使館前の少女像が撤去されなければ、韓国と合意した10億円を拠出しない意向であることが30日、分かった。少女像問題が未解決のまま財政負担に踏み切れば、国内世論の理解が得られないと判断しているため。撤去を拠出の条件とすることは、安倍晋三首相の「強い意志」の反映だという。政府筋が明らかにした

 こうした考えは、慰安婦問題をめぐる協議の中で韓国側に伝えているとみられる。(共同通信

             ☆

少女像の撤去が10億円拠出の条件だったことが判明し、とりあえずは日本側の面子が立つことになった。

日韓合意については他にも不満な点が多々有るが、相手のある外交交渉で一切の妥協を拒否したら決裂する以外に道はない。

今回は「歴史問題は歴史学者に委ねる」を基本に「1965年の日韓請求権協定で個人補償も最終的に解決済み」という日本側の認識を伝えた上での、安倍首相の政治判断だったらしい。

 

>少女像の増設宣言

少女像の増設宣言
>韓国 「慰安婦」ら撤去拒否

 

挺対協ら民間団体の猛反発が危ぐされるが、そうなれば日本側は韓国政府の責任として韓国政府を公然と非難できる立場に立つ。

問題は慰安婦問題に関する「世界の目」だが、今回の合意に関して、アメリカが仲介役の立場を演じたことは、従来と異なる大きな意味を持つ。

アメリカによる国際社会への宣伝効果もあるし、韓国が蒸し返した場合に「韓国側が悪い」という「世界の目」に説得力を与える効果を持つ。

今回の合意には世界に配信された共同会見で韓国政府が「二度と蒸し返さない」と宣言した事実も大きなポイントだ。

挺対協ら民間団体はともかく、韓国政府は確実に蒸し返す口実を失った。

もし、次の政権で蒸し返したとしても世界中の顰蹙を買うだけだろう。

■日本の「法的責任」と「同義的責任」

拠出基金にしても運営するのは韓国なので日本は10億円を渡すだけで、元慰安婦からクレームが出ても韓国政府の責任になる。

問題は合意の中に出てくるに日本側の責任問題だ。

共同通信によると岸田外務大臣の発言にある「日本の責任」について、こう説明している。
 
日本政府筋は29日、岸田氏が日韓外相による共同記者発表で言及した「日本政府の責任」について「ぎりぎりまで譲ったが、法的責任は認めていない。ここははっきりしている」と強調した。 28日夕の首脳電話会談で、首相は「1965年の日韓請求権協定に基づき、最終的かつ完全に解決済みとの立場に変わりはない」と朴氏に伝え、法的責任を事実上否定した。慰安婦問題に関し、歴代政権「同義的責任を痛感する」との見解を示してきた。 今回、岸田氏が「同義的」をはずし「日本の責任」と表現したため与党内からも「言い回しがあいまいで批判を浴びかねない」(自民党中堅)との声が出ている。日本政府は来年一月からの通常国会や閣僚会見などを通じて政府の立場を説明する意向だ。(30日付八重山日報ー共同)
 
 

>首相は「1965年の日韓請求権協定に基づき、最終的かつ完全に解決済みとの立場に変わりはない」と朴氏に伝え、法的責任を事実上否定した。

「法的責任」については、国家間の条約や協定で決着をつけるしかない。

したがって1965年の日韓請求権協定で決着したという日本の認識で言えば、「法的責任」ではなく、従来日本政府の「道義的責任」を踏襲したことになる。

請求権について、もし元慰安婦の日本への国家賠償請求が認められるなら、他の朝鮮や中国で日本政府による不法な人権侵害をされた人々がすべて日本に損害賠償請求権を持つことになる。
 
慰安婦対日要求へ 台湾の3候補
 
現に日韓合意に刺激されたのか台湾の元慰安婦が補償要求をし始めた。
 
 
そうなると慰安婦だけではなく、他の戦争被害者にも請求権が及ぶことになる。
 
広島や長崎の被爆者は、米国に対しても損害賠償請求を認められるべきであるし、ナチスに虐殺されたユダヤ人らもドイツに損害賠償請求できることになる。
 
請求権はさらに広がってくる。
 
満州でソ連赤軍に蹂躙・虐殺された日本の民間人やシベリア抑留された日本人もロシアに損害賠償請求ができることになる理屈だ。
 
つまり、1965年の日韓請求権協定を無効として、元慰安婦の個人補償を日本が認めたら、世界中の戦争被害者から止め処もなく、請求権訴訟の嵐が吹き荒れることは必定である。
 
戦争被害の賠償問題は、国民個人の問題ではなく、国家間の条約・協定などで処理される類の問題である。
 


さて、当日記も今年は今日でおしまいです。

毎日の記述の評価はさておいて、一年365日一日の休筆もかく一年を終えることができるのも、皆様のご支援の賜物と深く感謝申しあげます。
 
ブロガーにとって、読者のいないブログほど惨めなものは有りません。 その点当日記が、来年13年目に突入できることはブロガー冥利に尽きます。 
 
改めてお世話になった皆様に御礼申しあげますとともに、来年もお付き合い頂けると幸です。

読者の皆様にとって、平成28年が心温まる素晴らしい年になりますように、心からお祈り申し上げます。

それでは、皆様よいお年を。
 
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主主義と平和を考える | トップ | 安倍恐るべし!慰安婦問題合... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-12-31 10:41:58

オピニオン面に一般投稿7本。

「両政府相手に 闘い抜いた年」の豊見城市・渡真利善朋さん(47)は1月6、12、17、24、31日、2月10、19、28日、3月7、17、27日、4月8、20日、5月3、12、17、27日、6月10、18、23、30日、7月9、16、25日、8月12、22、29日、9月17日、10月4、18、28日、11月19、30日、12月17日に続き今年35回目の掲載。
「辺野古新基地 阻止頑張ろう」のうるま市・長濱清信さん(78)は1月13日、2月2、15日、3月29日、4月18日、5月4、17日、6月6日8月8、27日、9月16日、10月4、22日、11月5、22日、12月19、27日に続き今年18回目の掲載。
「50年以上前の 年末の思い出」の恩納村・東江義昭さん(62)は1月7、14、23日、2月3、13日、3月1、13、26日、4月5、27日、5月10日、6月7日、7月4日、8月3、19日、9月7、22日、10月8日、11月8、29日、12月11日に続き今年22回目の掲載。
「安保法やテロ 不安絶えぬ年」の嘉手納町・金城正子さん(73)は11月10日に続いて今年2回目の掲載。
「明るい話題は 観光客の増加」の浦添市・東内原克憲さん(66)は1月15、30日、2月7、20、26日、3月5、18、27日、4月4、19日、5月21日、6月12日、7月12日、8月2日、10月22日、11月2、20日、12月29日に続き今年19回目の掲載。
「強権進めた安倍内閣 基地・安保に民意なし」の那覇市・比嘉寛さん(85)は1月8、15、25日、2月7、19日、3月2、15、23日、4月11、22、28日、5月15日、6月4、16日、7月12、20日、8月6、16日、9月11、21日、10月7日、11月8、25日、12月14日に続き今年25回目の掲載。
「昭和は遠くなりにけり」の宜野湾市・新川秀明さん(66)は7月25日、11月16日、12月8日に続いて今年4回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

(おまけ)
今年、オピニオン面に掲載された一般投稿は2392本(再掲載分を除く)。20回以上掲載された方々は次の通り。敬称略。

渡真利善朋 35回
岸本定政  26回
仲村直樹  26回
比嘉寛   25回
大嶺よし子 24回
幸地忍   24回
阿部仁   23回
安東民夫  23回
荷川取順市 22回
東江義昭  22回
池辺賢児  21回
大城良司  21回
敦賀昭夫  21回

Unknown (東子)
2015-12-31 11:13:12
韓国による慰安婦問題についての日本非難はできなくなる。
が、日本による韓国併合時代の政策の宣伝は、し放題。
慰安婦問題でないので。
Unknown (東子)
2015-12-31 11:14:15
韓国は、国と国で合意(妥結)したことを、「挺対協ら民間団体の猛反発」を民意として、覆そうとしている。
民意が国と国との合意より上だというのだ。
この非常識が哂われている。

翁長知事は、国と国で合意(妥結)した「辺野古移設条件に普天間閉鎖」を、「オール沖縄会議等の民間団体の猛反発」を民意として、覆そう(辺野古移設無しの普天間閉鎖)としている。
民意が国と国との合意より上だというのだ。
翁長知事の非常識が哂われて、当然。
Unknown (東子)
2015-12-31 11:18:02
>日本は10億円を渡すだけ

一挙に渡さず、1億円ずつ10年掛けて渡すという方法もある。
私の想像だが、(自分らがするので)日本が途中でちゃぶ台返しすると心配した韓国が「まとめて」を要求したのではないか。
そして、貰ってしまえばこちらのもの。
「貰うまで反対運動を自粛しろ! 貰ったらまた繰り返せるから」と挺対協ら民間団体を説得すれば、良いと考えているのではないか。
ははは。
民間の一主婦でも思いつくことを↓のように慎重に進めてきた内閣が、思いつかないはずはなく。


「対中戦略も見据え〝賭け〟に出た安倍首相 「約束破ったら韓国は終わる」「28日で全て終わり。もう謝罪しない」 2015.12.31」
http://www.sankei.com/world/news/151231/wor1512310008-n1.html

>東シナ海や南シナ海で膨張路線を隠さない中国の存在と、それに傾斜する韓国の現状だ。
>「慰安婦問題を引きずることが、東アジアの安全保障上、日韓両国にとってマイナスになっている。その状況を変えたい」
>「日中韓の関係を変え、韓国を日本対中韓から日韓対中国の関係に引きずり込む目的があった」
>そのための日韓交渉は、水面下で1年近く続けられていた。
>中心人物は谷内正太郎国家安全保障局長であり、韓国側のパートナーは李丙●(=王へんに其)大統領秘書室長だった。
>日本政府内には、谷内氏の交渉手腕を不安視する声もあったが、安倍首相自身は「絶対にだまされるな」「確証が取れなければ前に進むな」と繰り返し指示し、細心の注意を払いながら協議は進められた。


斎木昭隆日本外務省事務次官が慰安婦問題の事務方の話し合いに出かけているようなニュースばかりだった(笑)
斎木昭隆日本外務省事務次官が短い話し合いで決裂したようなニュースに、安易に妥協していないと安心した両国民。
実は、谷内正太郎国家安全保障局長が話し合いを深化させていたのですね。
Unknown (東子)
2015-12-31 11:18:28
「韓国を恫喝していた斎木昭隆外務事務次官の衝撃(天木直人) 2015-11-04」
http://blog.goo.ne.jp/koube-69/e/8d1b6bea52136cd741e96ff681235a58

>きょう11月4日の毎日新聞が、日本外交の根底を揺るがしかねない大スクープを一面で書いた。
>なんと斎木昭隆外務事務次官が、次のような恫喝を相手の韓国外務省の事務次官に投げつけ、日韓関係の改善を迫っていたというのだ。
>「安倍晋三政権は総選挙に勝って4年間を保証されている。朴槿恵政権はあと3年。そちらがかたくななら日韓関係は3年間動かない。それでいいのか」
>これは2014年12月29日に、訪韓した斎木外務次官が韓国の趙太庸外務第一次官に言った言葉だという。

「水面下で1年近く」、つまり1年前から話し合いが始まった。
斎木昭隆外務事務次官の下の言葉が効いたのではないか?


>この毎日新聞の大スクープを知って韓国騒がなければ韓国の負けだ。

1年前から話し合って、もうすぐ決着を見るかもしれないのに、今騒げば、振り上げた拳を収められる最後のチャンスをつぶすことになる。
騒ぎにならなかった。


>日本の野党がこの毎日新聞の大スクープを見過ごすようでは、日本の政治もおしまいだ。

野党は韓国が騒がないなら、騒がない。
韓国応援団だから。


>もはや斎木事務次官の更迭は必至だ。
>しかし斎木事務次官のクビだけでは、到底済まされない。
>なぜなら、このような発言は斎木次官の一存で出来るはずはないからだ。
>安倍首相の意向がそのまま伝えられたとすればどうだ。

いいところを突いていた天木直人氏だったが、安部内閣disることしか頭にないので、その奥を見抜けなかった。
もしかしたら、安部総理の策を最初に見抜く人になれたかもしれないのに。


>成り行き次第では安倍政権最大のピンチに発展するおそれがある毎日新聞の大スクープである。

誰が毎日にリークしたか?
もし、この時、韓国が騒いだら、安部総理は、直ちに交渉を中断したのではなかったか?
韓国の本気度を試したのではないか?
Unknown (東子)
2015-12-31 11:19:02
「「慰安婦」問題合意…被害者の苦しみ置き去り 沖縄の支援者から厳しい批判 2015年12月30日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=147980

>「慰安婦」たちは軍人や住民から「朝鮮ピー」の蔑称で呼ばれ差別された。

安倍総理に謝罪せよと言うなら、沖縄県民が「朝鮮ピー」の蔑称で呼んでいたのだから、沖縄県民が謝罪すべきでしょ。
当時、生まれても居ない子も含めて。


>沖縄戦中は、首里城地下の第32軍司令部壕にもいたという証言が数多く残されているが、仲井真県政時代に司令部壕の説明板から「慰安婦」の文言が削除され、県の対応に批判が高まった。

削除の経緯。

2012年2月25日。
進歩派市民は「慰安婦」「虐殺」の言葉を32軍司令部壕の説明板に押し込もうとしたが、仲井真知事の判断で、文案から「慰安婦」「日本軍による住民虐殺」の文言は削除された。
http://megalodon.jp/2012-0301-2145-25/www.okinawatimes.co.jp/article/2012-02-25_30269/

「第32軍司令部壕説明板から慰安婦削除」
http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2012/02/blog-post_25.html

「慰安婦文言削除は仲井真知事の判断」
http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2012/03/blog-post.html

仲井真知事は、辺野古埋立承認だけでない。
慰安婦問題も、自分の責任で英断をくだしている。
先見の明のある知事である。
Unknown (東子)
2015-12-31 11:19:20
「「なぜ日本だけを標的に?」欧米から疑いの目を向けられる韓国妄執の“自業自得” 2015.4.25」
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/150425/wor15042510250010-n2.html

>韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は1月12日の年頭記者会見で、日韓首脳会談について「日本側の姿勢の変化が重要だ」と曖昧な注文をつけ、慰安婦問題を早期に解決しなければ「韓日関係だけでなく、日本の歴史にも重荷になる」と言い募った。
>何ともやるせない現状だが、予期せぬ効果もあった。
>韓国が日本だけを標的に歴史問題にこだわればこだわるほど、欧米で「なぜなのか」という疑問が高まり、客観的な事実関係を知ろうという新しい動きが出てきているのだ。
>「日本は過去、恐ろしいことをしたが、韓国もベトナム戦争の際は非常に冷酷だった。ベトナムではそれが非難を浴びている」(デニス・ブレア元国家情報長官・太平洋軍司令官)
>「日本は韓国人戦争犠牲者に8億ドルを支払ったが、当時の朴正煕政権が慰安婦と呼ばれる被害者たちに伝えていなかった。古傷が治癒しない理由がここにある。韓国は、ベトナムで韓国軍が民間人に犯した行為を脇へ置いて、韓国と国交を結んだことを考えるべきだ」(ロバート・シャピロ元商務省次官)
>欧米メディアも昨年来、韓国側の負の歴史に注目するようになり、日本を執(しつ)拗(よう)に非難する韓国の外交姿勢に疑問の目を向け始めた。次のような報道がだんだん目立つようになってきた。
>「慰安婦問題は、政争の具として利用されるべきではない。結局、日本から支払われた何億ドルもの賠償金を、犠牲者のためにではなく、莫大(ばくだい)な公共事業のために使ったのは朴大統領の父親だ」(米フォックス・ニュース)
>「ライダイハンはベトナム戦争中、ベトナム人の母親と韓国人の父親の間にもうけられた子供を指す。多くは韓国人兵士によるベトナム人慰安婦への虐待から生まれた」(米CNN)
>「韓国には、米軍基地周辺に基地村と呼ばれる売春街が存在した。ここで働いていた元米軍慰安婦120人以上が、『韓国政府が米軍のために組織した』として、1人1千万ウォンの賠償を求めて韓国政府を提訴した」(英BBCニュース)
Unknown (東子)
2015-12-31 11:19:43
「金言:メディアにも責任=西川恵 毎日新聞 2014年08月15日」
http://mainichi.jp/shimen/news/20140815ddm003070040000c.html?inb=ra

>慰安婦問題でのメディアの責任は、声の大きい市民団体の主張に引っ張られ、理念的、情緒的な報道に偏りがちだったことだ。
>メディアは問題の解決を探り、提言することをせず、あおる側に回っていたのではないか。
>慰安婦問題がこじれた一因にメディアの責任を考える必要がある。

慰安婦問題→辺野古移設反対運動
入れ替えても、違和感のない文章。

民主主義は声の大きさで決めるものでは、ない。
数の多さで決めるもの。
にもかかわらず、「少数の意見を聞く」をはき違えているから、“声の大きい市民団体の主張に引っ張られ”る。

辺野古の移設を民主主義が否定されたと反対派は言う。
本当に、民主主義は否定されているか。
手続きのどこに瑕疵があるのか。
手続きに瑕疵が無いのに、大きな声を出し過激な妨害をする方を重んじることが、民主主義か?
沖縄のマスコミさん。
Unknown (東子)
2015-12-31 11:20:14
「慰安婦問題の本質は人権問題である」→ 相手に迎合する自虐的な日本人など責任転嫁して騙せという意味。
慰安婦問題に習って、「辺野古移設の本質は人権問題である」という翁長知事。

人権と言われると、眉唾になった今、通用するかしらん。
Unknown (東子)
2015-12-31 11:21:49
「日韓両外相共同記者発表 平成27年12月28日」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page4_001664.html

>全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる

“韓国の”と言っていない。
“全ての”と言っている。
台湾、オランダ、その他の慰安婦が、それっとばかり慰謝料を要求してきても、

韓国政府が設立した「元慰安婦の方々の支援を目的とした財団」で、処理。
Unknown (東子)
2015-12-31 11:59:44
「辺野古新基地は、面積も普天間の5倍になり日米の戦争の巨大な襲撃基地 2015年03月04日」
http://maesato5688.ti-da.net/e7326871.html

普天間を閉鎖して辺野古へ移設すれば、政府は、普天間の3分の1になると言っている。
が、共産党の日本共産党・まえさと保議員は「5倍になる」と言っている。
http://img05.ti-da.net/usr/m/a/e/maesato5688/2015021802_02_1d.jpg

演習場など2062.6ヘクタール増えると言うのだ。
これは、どうことか?
もし、デマを共産党議員が流布しているなら、注意し、訂正を求めるべきでないか?


官邸、各省庁へ意見
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

問い合わせてみた。
大晦日 (AG)
2015-12-31 11:59:50
沖縄問題については深い考察があると日頃から思っていますが、この日韓慰安婦問題での考察は実に甘く楽観的過ぎると思います。

個別のその甘さや見方の指摘点はいくつもありますが。

ここまでということで。
Unknown (Unknown)
2015-12-31 12:57:34
狼魔人様は沖縄だけ論じた方がよろしいかと思います。
慰安婦関係は他のたくさんの人が同じ論調で論じているので、楽しみが減ります。
Unknown (Unknown)
2015-12-31 17:13:17
韓国の国会議員は、政権が変われば日韓合意は無効だと言ってるらしい。
どっかできいたことがあるぞ。
Unknown (東子)
2015-12-31 17:59:12
「尖閣の領海警備に新巡視船3隻 年度内に計10隻専従に 2015年12月31日」
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=148056

>尖閣の領海警備専従の新造巡視船が石垣海上保安部に配備された
>専従巡視船は今回の3隻で計7隻となり、年度内にあと3隻就役予定
>石垣保安部長は「領土領海を断固として守る。覚悟と誇りを」と訓示
>海上保安庁は昨年から本年度にかけて、尖閣専従の新造巡視船10隻を石垣海上保安部(宮一巳部長)に配備する計画で、今回の3隻で計7隻となった。


こんなに建造して、配備するのは、なぜ?
中国の領海侵入を警戒するためでしょ。
石垣や宮古の漁民を守る為でしょ。

「領土領海を断固として守る。覚悟と誇りを」を書いても、どこから守るかを書かないタイムス。


「尖閣警備の3専従船入港 年度内に14隻体制へ 海保が就航式 2015年12月12日」
http://www.yaeyama-nippo.com/2015/12/12/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AD%A6%E5%82%99%E3%81%AE%EF%BC%93%E5%B0%82%E5%BE%93%E8%88%B9%E5%85%A5%E6%B8%AF-%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E5%86%85%E3%81%AB14%E9%9A%BB%E4%BD%93%E5%88%B6%E3%81%B8-%E6%B5%B7%E4%BF%9D%E3%81%8C%E5%B0%B1%E8%88%AA%E5%BC%8F/

他方、八重山日報は、11日の就航式があった翌日報道し、

>石垣海上保安部の宮崎一巳部長は、尖閣海域での中国の海警船の領海侵入や、同意の無い調査活動について触れ、「高い緊張状態が続いている」と述べ、「21世紀の防人としての使命の全うを」と激励した。

記事で、「尖閣海域での中国の海警船の領海侵入」に触れている。



【参考】
1年前の記事だが。

「「中国はうそつきだ」石垣市民の怒り 海保幹部は水平線を見つめつぶやいた… 2014.12.9」
http://www.sankei.com/west/news/141205/wst1412050099-n1.html

>船尾に掲げられた日の丸が海風を受け、南国の空にはためく。
>中国当局の船が領海侵犯を繰り返す尖閣諸島(沖縄県石垣市)から約170キロ。石垣島にある石垣海上保安部は尖閣警備の前線基地だ。
>停泊中の高速巡視船内では乗組員たちがせわしなく動き、24時間態勢で「出動」に備える。
>30ミリ機関砲や放水銃を備えた甲板から、2隻の巡視船が見えた。
>それぞれの船体に、「わかさ」と「えとも」の文字。舞鶴(京都府)と小樽(北海道)の海上保安部から派遣された応援部隊だ。
>だが、運用は綱渡りだ。
>平成27年度までに尖閣警備専従の巡視船10隻を配備する計画が進む。
>今月3日には新造巡視船「かびら」が就役。
>約600人の海上保安官を配置していく
>中国漁船によるサンゴ密漁問題で揺れた小笠原諸島(東京都)に加え、北方領土(北海道)や竹島(島根県)周辺など重点警備海域はいくつもあり、海保は「多正面作戦」を迫られている。
>日本の領海、そして海洋資源を守るために不作為が許されない事態になっているのは、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺だけではない。
>中国漁船によるサンゴ密漁問題が問題化した小笠原諸島(東京都小笠原村)では、大小30の島々によって日本の排他的経済水域(EEZ)の3割が形成されているが、普段、地元の海上保安署に配備されているのは、わずか5トンの警備艇1隻のみだ。

中国が領海侵入をし狼藉を働くのは尖閣だけでないにもかかわらず、尖閣を優先。
その意味を、沖縄県民はどう考えているのか?
Unknown (東子)
2015-12-31 17:59:43
「中国、反テロ法で海外派兵 軍事活動を拡大 2015年12月30日」
http://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-196701.html

>反テロの分野でも海外派兵を実施する法的根拠ができた。
>中国軍の軍事活動の拡大は各方面で波紋を広げそうだ。
>反テロ法の第71条は相手国の同意があれば「中央軍事委員会の認可を経て人民解放軍、武装警察は海外で反テロ任務を執行する」と定めている。
>派遣する部隊の種類や規模などについて言及はないが、実戦部隊を含むとみられる。


赤旗とほとんど同じ論調と言われるほどの偏向左翼ぶりの信毎が、

「中国 反テロ法 言論弾圧そのものだ 2015年12月30日」
http://www.shinmai.co.jp/news/20151230/KT151229ETI090013000.php

>治安対策に名を借りた報道や言論への統制強化にほかならない。
>中国で来月から施行される「反テロ法」である。
>政府への批判を押さえ込もうとする強権的な姿勢が目に余る。
>新疆(しnきょう)ウイグル自治区では、中央政府による抑圧的な少数民族政策への反発を背景に、騒乱や暴力事件が多発している。
>習近平指導部はこれを「過激派によるテロ」として徹底的に弾圧してきた。
>当局が事件をほとんど発表しない上、取材は厳しく制限され、現地の状況はつかみにくい。
>弾圧の実態も、反テロ法によってさらに覆い隠される恐れがある。
>共産党の一党支配体制を維持するために不満や批判を力で封じる

これほどの書き様。
中国共産党の危険について、流石に黙っているのはヤバイとなったか。
Unknown (東子)
2015-12-31 18:01:00
「米国「韓日慰安婦交渉妥結はTPPほど重大な合意」(1) 2015年12月30日」
http://japanese.joins.com/article/206/210206.html

>韓日両国だけでなく韓日米3カ国間の伝統的同盟関係が正常化すれば、経済・安保の側面で中国牽制システムも本格的に稼働するという予想が出ている。
>米国は28日(現地時間)、ホワイトハウスと国務省の論評を通じて韓日間の慰安婦交渉妥結を歓迎した。
>ケリー米国務長官はこの日、「勇気とビジョンを持って合意を引き出した両国首脳に拍手を送る」と述べた。
>国務省の当局者はこの日、韓国特派員らと開いた懇談会で、「今回の慰安婦問題妥結は環太平洋経済連携協定(TPP)合意と同じくらい重大なことだ」と評価した。
>韓日関係の正常化で米国が追求してきた中国牽制システムの本格稼働が可能になった
ありがとうございました。 (清島清)
2015-12-31 20:53:59
狼魔人様
今年もありがとうございました。
お陰様で 売国二紙を購読しなくても、毎日 つぶさに県内の情報を知る事が出来ました。

私の様な偏差値最下位で無学の人間の、言いたい放題のコメントを掲載させて頂き、感謝いたしております。

来る年も狼魔人様の更なるご活躍とご健康を心よりお祈り申し上げます。


---------


(私が選んだ)
今年の痛快ベスト3!!

第1位
我那覇真子さん VS 翁長雄志
http://okichan.net/430

第2位
浜比嘉議員 VS キチガイ発狂2紙
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=146861

第3位
小学生 VS 反基地活動家
http://okichan.net/416
新年のご挨拶 (狼魔人)
2016-01-01 07:09:16
明けましておめでとうございます。

当日記も開設以来11年目に突入いたします。

その間、内容の良し悪しはさておき、一日も欠かさず連続エントリーが出来たことは、読者の皆様のご支援の賜物と深く感謝いたします。

今年も、ブログの連続記録に挑戦しますので、更なるご支援を宜しくお願いいたします。

本来ならコメントにはすべてレスを差し上げるべきですが、清島清様に代表してレスさせていただきます。

       ★

清島清様および読者の皆様。

>お陰様で 売国二紙を購読しなくても、毎日 つぶさに県内の情報を知る事が出来ました。

沖縄2紙を読まなくなった理由に当日記を挙げて頂き、ブロガー冥利に尽きます。有難うございます。

>(私が選んだ)今年の痛快ベスト3!!

全く同感です。 私も、胸の溜飲が下がる思いをしました。


後コメントの中に、沖縄問題以外は興味を殺ぐので、止めた方が良い、とのご親切なアドバイスが有りましたが、実は当日記で最初に政治的発言をしたのが約10年前の「従軍慰安婦」問題です。

そのときのタイトルが「やっと決着、従軍慰安婦」です。↓
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/4828261024c6afd7937db097fdc500d5

それ以来、「従軍慰安婦」のカテゴリーも138件を数えます。

ただ数年前、橋下徹氏が「米兵は風俗を利用すればよい」などと発言し、「慰安婦」が問題化したときは、橋下氏の戦略なき暴走に呆れて、当日記ではほとんどスルーしました。 橋下発言を取り上げていたら150件くらいになっていたでしょう。(笑)
また、慰安婦問題以外でも根底では沖縄問題に繋がっていると思いますので、今年も沖縄問題に限定せず、個人的に重要と思うテーマはエントリーしていきたいと思います。 
悪しからずご了承お願いいたします。



コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL