狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

全国に広がる「沖縄2紙を正す会」の運動、

2015-07-19 07:22:24 | マスコミ批判
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

  お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックをお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
今朝の沖縄タイムスの見出し紹介。
 
■一面トップ
 
内閣不支持率51%
 
支持率最低37% 初の逆転
 
共同通信世論調査 安保法採決73%批判
 
■三面トップ
 
内閣支持急落 参院に影響
 
世論調査 強行採決 批判強く
 
「説明不十分」16%増
 
安保法安で公明支持層
 
高支持率を誇った安倍政権の支持率が下がったことで、狂喜乱舞の沖縄タイムス。
 
自民党支持層の64・4%、公明党支持層の96・94・2が夫々「説明不十分」と回答している。
 
 
がだ、これは必ずしもも安保法案そのものに反対しているわけではない。
 
朝から晩までテレビコメンテーターが「説明不足」を連発したら、愚かな視聴者が洗脳されるのは民主党政権誕生時と同じだ。
 
菅官房長官が国会周辺の「安保法反対」デモに関して記者に質問され、60年安保反対のときはこんなものではなかった一蹴したという。
 
その国会前のデモでさえ、水増しデモだ。
 
 
“安保法案”本会議へ 国会前では反対集会(日テレNEWS24 7月16日)
国会前では法案に反対する人たちが集会を開き、廃案などを求め声をあげた。
主催者発表で10万人警察関係者によると6~7千人が参加


これでは菅官房長官に一蹴(笑?)されても仕方がない。
 
国会前のデモにたとえ5千人でも集まるのは凄いと思うのだが、その数字を10万人に偽って発表してもネットの普及した昨今では、すぐ化けの皮を剥がれる。
 
国会前のデモといえば、昨夜のNHKスペシャル「戦後70年・日本の肖像」に
 出演した田原総一郎氏が興味深い発言した。
 
田原「私は、60年安保反対運動に毎日参加したが、安保条約の内容な何であるか知らず、読んだこともなかった」
 
ほとんどの反対者は一種のファッションとしてマスコミに煽られて参加したようだ。
 
だが重要な発言は、次のくだりだ。
 
「米軍占領下で締結された安保条約は(日本にとって)奴隷安保とも言われるほど米国側の都合のように作られていた。例えば米国が望む場所に何時でも米軍基地を設置可能など。」
 
真の独立国を目指す岸信介首相は、安保条約を日本に有利に改定し、国民に感謝され、国民の支持を追い風に一気に憲法改正に持ち込む計画であったという。
 
ところがデモ隊の女子大生が警官とのもみ合いの最中圧死するという痛ましい事故などもあり、マスコミは一斉に「悪役岸首相」のイメージつくりに成功する。
 
そして岸内閣の内閣支持率は一気に17%に暴落、退陣を余儀なくされた。
 
 
その岸内閣の支持率暴落でさえ民主党政権時代の菅内閣の16%よりはまだましである。
 
 
 
 
最近筆者のもとに下記のタイトルの「拡散メール」が複数送られてきた。
 聞いて下さい、沖縄県民の真実の声
「言論の自由」を盾にした偏向報道を許すな...
関連するコメントをネットから拾って紹介する。

中田宏

2015年07月15日 18:00

沖縄には言論の自由が無い?反対のことを言うと袋叩き?

20150715_#037

自民党の若手国会議員らが開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」で、作家の百田尚樹さんが「沖縄の2つの新聞はつぶすしかない」とのような発言をしたことが大変な話題になっています。

「沖縄の2つの新聞」とは「琉球新報」「沖縄タイムス」ですが、他に定期朝刊を出している唯一の全国紙は日経新聞で、それ以外は配達網もなく、現実的には沖縄ではこの2紙しか読まれていないと言ってもよいそうです。
かねてから私もこの2紙は偏りすぎていると思っていましたし、今まで何度も沖縄の人が「はっきりいって沖縄には言論の自由がない」「まるで韓国や中国のように、2紙の反対のことを言ったら袋叩きにあう」と嘆いていたことを思い出します。

手元に6月28日の2紙がありますが、百田さん発言に関連した処分について琉球新報では見出しで「自民 収拾へ一斉処分」、沖縄タイムスも「青年局長ら4氏処分」と載せていますが、これは事実関係なので問題はないでしょう。

沖縄から日本の未来が見える

一方、先日「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」という団体の代表運営委員・我那覇真子(ガナハマサコ)さんから、ご意見のお手紙と『沖縄から日本の未来が見える』という小冊子や資料を送っていただきました。

150224琉球新報

例えば、琉球新報2月24日付では「平和センター議長ら釈放 米軍拘束から35時間 根拠のない逮捕」との見出し記事があります。これは米軍施設の入ってはいけない境界線を越えたための逮捕で、「根拠のない逮捕」という見出しは逮捕された側の言い分でしょう。また掲載されているガッツポーズの写真は、逮捕された側があたかも”英雄”のように扱われています。

資料

なお、我那覇さんの資料には、平和センター議長だけでなく何と沖縄タイムスの記者までも明らかに境界線を越えて米軍基地内に入り込んでいる写真まで添えられていました。

また、「境界線を越えるだけで逮捕されるのか?」との声があるかもしれませんが、世界中どこでも、自衛隊や米軍基地など軍事施設の境界から勝手に入るなどという行為は当然に許されません。ましてや沖縄のように緊張感のあるところでこのような挑発行為を繰り返してはわざと捕まりそれが英雄視され報道されるようなことは、沖縄のまともな情報とはいえない、と我那覇さんたちは言っています。

読者の皆さんにも、沖縄2紙の報道内容と我那覇さんなどの取り組みも、ぜひ自分自身の客観的・中立的な目で確かめて判断をする必要があると思います。

 【動画】沖縄には言論の自由が無い?反対のことを言うと袋叩き?
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 李克強首相が「安倍密使」の... | トップ | 「老醜・笑劇場」辺野古も永... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
敵側工作機関は遠慮会釈無く踏み潰すべき (素浪人)
2015-07-19 09:30:59
要するに沖縄便所紙二紙というのは本来メリケンの残置諜者組織ですよね。それが時代の変遷と共に特亜側に加担する様になった、と。

本土の垢日や毎ニヒもそうですが、敵側工作機関に過ぎないのですから、国家意思としてぶっ潰すのは当然だと思います。新聞紙法を復活させるのは最低限の法整備でしょう。あと便所紙業界各社は電波工作機関(巷間言う所のテレビ局)を保有してはならない、という条項も作るべきです。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-07-19 10:59:44

オピニオン面に一般投稿9本(児童生徒限定の「ぼくも私も」など除く)。

「いじめの克服 社会の力必要」の那覇市・大城盛安さん(65)は2月20日、4月20日、6月15日に続き今年4回目の掲載。
「大人でも苦痛 一生心に残る」の豊見城市・大嶺よし子さん(70)は1月1、7、22日、2月2、23日、3月9、19、30日、4月9、22日、5月8、23日、6月7、23日、7月5日に続き今年16回目の掲載。
「台風下の新聞 しみじみ感謝」の那覇市・松原英明さん(39)は5月10日、7月5日に続き今年3回目の掲載。
「2紙の報道は 心のともしび」の千葉市・堀世紀子さん(77)は今年初掲載。
「浦添ボーイズ 心地よい礼儀」の宜野湾市・吉村武さん(76)は4月3、24日、5月26日、6月8日、7月13、14日に続き今年7回目の掲載。
「沖縄受け継ぐ 印象的な言葉」の伊平屋村・西江邦子さん(63)は1月4日、4月18日、6月16日に続き今年4回目の掲載。
「農業担い手 育成めざす」の南風原町・比嘉靖さん(60)は昨年7月11日以来の掲載。
「主体性を育む オープン学習」の那覇市・瀬名波栄啓さん(75)は2月22日、3月18日、4月12日、5月13日に続き今年5回目の掲載。
「笑いは健康のもと」の那覇市・前田孝信さん(78)は1月16、28日、2月26日、3月11、25日、4月11、26日、5月15日、6月14、26日に続き今年11回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

千葉市・堀さんは沖縄2紙に扇動されて辺野古ゲート前で暴れてきたそうだが、お年を考えてほどほどに。

(訂正)
昨日のコメントで「那覇市・涌田廣さん」とあるのは、「那覇市・湧田廣さん」でした。


毎日「内閣不支持率51%と過半数越え」 (ayumi61)
2015-07-19 13:54:41
沖縄タイムスによると、内閣支持率37%もあるのですね。実は、毎日新聞によると、もっと下がっているそうです。毎日新聞の記事からです。

<本社世論調査>内閣支持率急落35% 不支持51%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150719-00000003-mai-pol

>毎日新聞は17、18両日、安全保障関連法案の衆院通過を受けて緊急の全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は今月4、5両日の前回調査より7ポイント減の35%で、第2次安倍内閣発足後で最低となった。不支持率は前回より8ポイント増の51%と初めて半数に達した。与党が15日の衆院平和安全法制特別委員会で安保法案を強行採決したことについては「問題だ」との回答が68%で、「問題ではない」の24%を大きく上回った。安保法案への世論の批判は強まっており、政府・与党の一連の対応が内閣支持率を押し下げたとみられる。

支持率もさることながら、不支持率が51%にのぼった、というのが重要なのでしょうね。

>集団的自衛権の行使などを可能にする安保法案に「反対」は62%(前回比4ポイント増)、「賛成」は27%(同2ポイント減)で、前回より賛否の差が広がった。法案成立によって日本に対する武力攻撃への「抑止力が高まる」は28%にとどまり、自衛隊の海外での活動拡大で「戦争に巻き込まれる恐れが強まる」が64%に上った。「戦争に巻き込まれる」と答えた層では9割近くが法案に反対した。抑止力と考えるか、戦争に巻き込まれると考えるかは、法案の賛否に密接に関連している。

毎日さんは日夜「戦争に巻き込まれる」という印象操作に余念がなかったですから、さぞご満足でしょうね。

>安保法案を9月27日までの今国会で成立させる政府・与党の方針には「反対」が63%(前回比2ポイント増)を占め、「賛成」は25%(同3ポイント減)だった。政府・与党は衆院での議論は尽くされたと主張したが、国民への説明が「不十分だ」は82%となお高率だ。こうした中での強行採決には自民支持層でも「問題だ」(43%)と「問題ではない」(47%)が拮抗(きっこう)した。

ふむふむ。

>今後始まる参院審議で野党に望む対応は、「法案の撤回を求める」38%▽「法案の修正を求める」32%▽「法案の審議に協力する」20%--と分かれた。野党支持層では「撤回」が目立って多いが、維新支持層では「修正」が4割で最多だった。

ふむふむ。

>政党支持率は、自民28%▽民主10%▽維新6%▽公明4%▽共産5%--など。「支持政党はない」と答えた無党派は39%だった。【今村茜】

国会審議でプラカードのパフォーマンスをやったあげく、そのプラカードを国会内に捨てていくと、政党支持率が10%も獲得できるのですね。国民の支持を得るには、国会内でのプラカードのポイ捨てはかなり有力なようです。

>調査の方法 7月17、18日の2日間、コンピューターで無作為に数字を組み合わせて作った電話番号に、調査員が電話をかけるRDS法で調査した。福島第1原発事故で帰還困難区域などに指定されている市町村の電話番号は除いた。有権者のいる1760世帯から、1048人の回答を得た。回答率は60%。

非回答率が40%もある、というのはかなり不気味なのですが・・・。

それにしても、岸内閣のときが17%、ということに比べると、落ちかたが緩いですね。それだけマスコミ不信が高まっている、と見るべきか、それともまだまだ衰えたりといえども影響力は健在なり、と見るべきか・・・。

ところで、上述の政党支持率からすれば、今解散してもまた自民党圧勝しそうな情勢ではあります。
Unknown (ayumi61)
2015-07-19 14:02:49
ああ、そうそう、うかつに憲法学者が安保法制を「合憲」と発言したりすると、殺害予告が送られてくるそうです。RKBニュースの記事からです。

安保法案「合憲」の学者に“殺害予告”7月17日(金) 21時05分 .

>きのう、衆議院を通過した安保法案について、多くの憲法学者が違憲という立場を取る中、合憲だと判断する憲法学者もいます。

>その九州大学の准教授が、報道番組で自らの考えを示したあと、インターネット上にひぼう中傷や殺害を予告するかのような書き込みがあり、大学側は、今後の対応を警察に相談しています。

>●九州大学憲法学・井上武史准教授
>「集団的自衛権の今回の限定行使、それ自体は、憲法には違反しないというふうに考えています」

>九州大学憲法学の井上武史准教授は、安保法案について、合憲だという考えを示しています。

>●井上武史准教授
>「わが国は現在、自分たちだけで国の安全を守っているわけではなくて、実は、アメリカ軍とか、国連加盟国の多くの国の軍事力によって守られているんですね。今後は、もう少し日本も外国のためにリスクを負うという判断になると思いますので、それが、必ずしも戦争になるとか、あるいは日本の子供たちを戦争に行かすなということとは、少し話が違うのではないかと思ってますね」

>しかし、先月9日、全国放送のニュースでこの見解が報道されると、ツイッターなどSNS上には、ひぼう中傷の書き込みが相次ぎました。

>中には、殺害を予告するかのような悪質極まりない書き込みもあります。

>九州大学も、こうした状況を把握していて、今後の対応について警察に相談しているということです。

>●井上武史准教授
>「中には、殺害予告とか、あるいは所属している大学に対して『退職させろ』とか、そういう脅しのメールなんかが来たようですので、その点については、日本は『表現の自由』があるという国なので、残念なことだとは思っています」

>※スタジオ

>●川上キャスター
>たとえ意見が異なると言っても、こうした行為は、絶対に許されません。

>正々堂々と議論に参加し、法案について、しっかりと考えを深める時だと思います。

こんな風に「殺害予告」をされるとあっては、うかつに自分の意見をおちおち語ることもできません。このような「言論統制」に対抗するためにも、脅迫犯は一刻も早く逮捕されてほしいものです。

↓は保守速報の反応です。

サヨク、安保法案「合憲」の学者に“殺害予告”→大学が警察へ相談
http://hosyusokuhou.jp/archives/44810449.html
Unknown (ayumi61)
2015-07-19 14:04:27
上の記事のリンクは↓です。

安保法案「合憲」の学者に“殺害予告”7月17日(金) 21時05分
http://rkb.jp/news/news/27744/
Unknown (東子)
2015-07-19 16:37:27
「辺野古新基地:ゲート前 小雨あがり、市民約20人が集会 2015年7月19日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=124894

>埋め立て承認取り消し訴訟の弁護団で事務局長を務める三宅俊司弁護士も駆け付け、「政府は今後、安保法制のために憲法を勝手に解釈したのと同じように、埋め立てのためにいろいろな法律を悪用しようとするだろう」と警鐘を鳴らした。

「埋め立て承認取り消し訴訟」で負けても、「法律を悪用」と主張して予防線。
上手い!
こういうところ、見習わなくちゃ。
と、思うけれど、保守の人達って知識豊富だから、なかなか鵜呑みにしてくれないのよね。

裁判所は法の素人じゃあるまいし、政府の「法律を悪用」に騙されると思います?
ガチで法律家vs法律家の闘いでしょ。頭脳戦でしょ。

はい、はい、はい。憲法論に発展させても良いのよ。
その結果、砂川事件判決みたいなのがでて、米軍基地に侵入してはいけませんよ~って、サヨクの行動を縛ってしまったけれどね。
新報の「根拠のない逮捕」なんて記事でてますけれど、山城氏が捕まった根拠も、これですよね。
(正確に言えば、砂川事件で整備された関連法です)
Unknown (東子)
2015-07-19 16:38:28
「2015/5/2 辺野古ゲート前 機動隊VS荒ぶる反対派」
https://www.youtube.com/watch?v=f8MwUXtCrtw

まっ、こんなこと↑ほとんど毎日のシュワブ門前の反対派の行動。
こういうの、一度でもタイムス、新報に載った?
せいぜい「抗議を続ける反対派市民」っていう書き方でしょ。


「琉球新報から何故か消えた?? 」
https://www.youtube.com/watch?v=6MbOACqdd9k

>理由は分かりませんが琉球新報から消えた動画です。
>辺野古 海保 抗議船転覆


3:00に足ヒレが映る。
転覆を予想して撮影準備していたと言われてから、新報から消えた画像。
Unknown (東子)
2015-07-19 17:17:48
「「戦場に行かせない」 子育て世代が語り合い 2015年7月19日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-245996-storytopic-1.html

>「将来、戦争に巻き込まれてしまうのか」

将来?
現実に今、教育現場で起きているいじめで子供が死んでいる。
そんな学校に子供を通わせる不安はないのか?
今の状態で戦場に行って死ぬ確率と、教育現場で死ぬ確率、どっちが高い?

子供を戦場に送らないという、あるかないか不明なことより、目の前にあるいじめの撲滅に尽力すべきでは?
いじめは、何が、いじめる子、いじめない子に不足すると起きるのか?
教師に何が足りないから、いじめが起きるのか?
親は?

中国がベトナムやフィリピンにしていること、いじめだと思いますよ。
いじめの大きなのが、戦争だと思いますよ~。
眼の前のいじめすら止められなくて、戦争なんて止められませんって。
Unknown (東子)
2015-07-19 18:33:06
「共産・志位委員長、安保関連法案の反対世論背景に廃案目指す方針 2015/07/18」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00297834.html

>「採決不能の立ち往生に追い込むことは可能だ」

民主主義の否定。
国会の否定。
国会議員の発言です。
百田氏のような一民間人の発言では、ありません。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL