狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

琉球新報は【国籍同一性障害】か?

2010-11-22 21:35:58 | 未分類

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

「自衛隊配備反対」「日米安保反対」を叫ぶ伊波候補を応援するつもりなのか、琉球新報が中学生でも赤面するような浮世離れの社説を書いて、全国に恥を晒してくれた。

それがこれ。

 新防衛大綱提言案 平和憲法の形骸化許されない

 わたしたちの生活周辺で、またも「軍靴の音」がにわかに高まりつつある。政府が年内に策定する新たな防衛計画大綱に関し、民主党の外交・安全保障調査会が取りまとめた提言案のことだ。
 提言案では自衛隊で使用する言葉を旧日本軍の用語に変更し使用することをはじめ、陸海空自衛隊トップである幕僚長や統合幕僚長を天皇の認証官ポストにすることなどを求めている
 沖縄は先の第2次世界大戦で激しい地上戦の舞台となり、住民ら多数の犠牲者を出した。住民を守るべき軍隊、旧日本軍が住民に集団自決を強いる状況に追い込んだことを忘れてはいな。県民にとって、旧日本軍を想起させる用語の復活は強い抵抗感がある。
 天皇の認証官ポスト化は、自衛隊を「軍隊」へと格上げ、強化しようとする意図もが透けて見える。
 先の大戦の反省を踏まえ、
憲法では9条で戦力の不保持や交戦権否認を規定している。これまで9条と自衛隊の存在との整合性を図るため、あえて軍隊で使用する用語を避けてきた。
 現在の用語使用によって、実力組織の自衛隊を政治的にも抑制してきた側面がある。
 旧日本軍の用語復活、認証官ポストの提言の背景には自衛隊側の長年の強い願望があるといわれる。しかし、民主党内で深く議論した形跡すらなく、国民に議論を呼び掛けたわけでもない。あまりに唐突だ。
 さらに提言案では、部隊や装備の大きさよりも即応力や機動力に重点を置く「動的抑止」という新しい考え方を打ち出した。
 
南西諸島への陸自部隊増員に加えて、次期戦闘機(FX)の早期取得、対潜水艦戦力の増強など空海自衛隊の警戒監視能力向上の必要性を強調している。
 武器輸出三原則の見直し、国家安全保障会議(NSC)を新設し、情報収集を強化することなども提言に盛り込んでいる。政府内にも異論があり、新防衛大綱に盛り込まれる見通しは立っていないという。
 だが、
これら提言は、平和憲法の下で、戦後日本が歩んできた平和国家としての在り方を逸脱しかねない危険性をはらんでる。
 軍事的緊張がことさら強調され、平和憲法がなし崩し的に形骸(けいがい)化される事態があってはならない。

                        ☆

思い込みの激しさは常軌を逸しており、これに逐一反論する気は無いし、例え反論しても蛙の面に小便だろう。

国際法を踏みにじり、尖閣を自国の領土と主張するのみならず、最近では沖縄も自国の奪還すべき領土であると叫ぶ無法者国家に対し、「平和憲法」で対処するという伊波候補と琉球新報が同じ脳天気であることだけは理解できた。 

今時、ご本家の朝日新聞でもこんな脳天気な社説は書かないだろうが、前に読んだ「天声人語」で、「不治の病」について書いたことを思い出した。

天声人語はビョーキだ!

その病名は 【国籍同一性障害】( こくせきどういつせいしょうがい )と呼ぶ。

患者自身が日本人であるにも関わらず、自分があたかも中国人・朝鮮人であるかのような錯覚に陥る一種の精神病

何故か 中国・朝鮮が素晴らしい国・国民であるかのような幻想・シンパシーを抱く
「他国民」である日本・日本人が悪辣で卑怯・無知蒙昧な存在だと思い込むようになる

 病状が進むと、自分たちの属する日本国家・国民を根拠無く貶め、批判し、あげつらうことで 自分自身がまるで 正義の味方であり、

人権感覚に溢れる国際派であり
弱者の擁護者であり、不正の告発者であり、先進的な改革者であるかのように思い込むようになり
それにより 精神的な満足感を得る、といった相当に重篤な症状が発現する 。

 自分の考えが唯一絶対だと確信しているので、絶対に妥協しない
あらゆる機会を捕らえて相手方を非難・誣告する

日本国家・日本人を自分たちの「敵」であると定義しているので、どんなに不当・理不尽な
言いがかりが日本に及んでも、患者自身が感じるのは達成感・幸福感・高揚感だけである

 外国メディアの論調が日本批判だった場合、彼らと「一体になれた」ような錯覚に陥り、幸福感は頂点に達する
実際には、自分たち自身が その批判されている「日本人」そのものなのだが

 どんな内容であれ、日本・日本人が攻撃を受ければ受けるほど、ますます自分の正しさ・正当性を確信する
 自分たちが国際社会で支持を受けていると思い込んでいるので、いつも「日本は国際社会・アジア諸国から孤立している」
などと主張し、従って日本は自分たちの言うことを聞くべきだ、と結論付ける

なお、患者の主張する「国際社会・アジア諸国」とは ほとんどの場合、「中国・韓国・北朝鮮」の
3カ国だけであり、これらの国がしばしば世界全体から孤立し、嫌われていることには気付かないのが通常である
 彼らの日本への攻撃は、そのほとんどが 愛する中国・韓国・北朝鮮自身への攻撃にもなっており、自爆が多い
最近では、病状への世間の理解も進み、当然の如く賛同者が減ったため、患者の生活権が脅かされている

 治療法はあるにはあるが、自覚症状がほとんど現れないため、手遅れになるケースが大半である ≫

【追記】11月18日13:21

数々の臨床例によりこの患者は、ある特殊なものに脊髄反射して幻覚症状に陥ることがわかっている

症例としては日の丸、君が代に反応して軍靴の音」が聞こえたりする幻聴、「きな臭い臭い」を覚える幻臭、「いつか来た道」が見える幻視などがある

 

日本は全体主義に向かっているのか? 不治の病

「国籍同一性障害者」の集い  「軍歌の音が聞こえてくる」

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄県知事選、夢遊病者の国防論 | トップ | 活動家候補と海軍病院問題 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
神を追放した中国 (空き缶粉砕)
2010-11-22 22:25:05
中韓を知りすぎた男の『神を追放した中国』を読んで今日本にも仙石と言う「神を追放しかねない」男がのさばっています。
反省のない開き直り男が法務大臣兼務です。
人権擁護法案により注意していかなくてはなりません獄

◎神を追放した中国 中韓を知りすぎた男 より
◎神=宗教は良心の結晶であり、自分を写す鏡であり、人格を高める
教科書でもあります。人間を人間らしくする「神」という存在を全面
否定すれば必然的に欲望だけで生きる獣になるのは当然なことです。◎

◎神を追放した中国 中韓を知りすぎた男  http://kkmyo.blog70.fc2.com/
11月22日(月)
私はブログで何回も何回も中国人は我々が常識として知っている
人間とは根本的に違う異質の人間であると主張してきました。

しかし孔子や儒教の影響をうけている日本人にとって、この私の
主張は極端すぎると常に批判されてきました。

「中国人は異質の人間」であるという遠慮した書き方では、
かえって中国人の本質を見えなくしてしまいます。
そこで今日は、はっきりと遠慮なく中国人を分解してみます。

中国大陸に住んでいるのは人間ではありません。まだ人間に
なりきっていない動物の世界なのです。

では何故中国人は動物から人間に昇格できなかったのかを解き
明かしたいと思います。

地球には約7千の種族が住んでいると言われていますが、その
ほとんどの種族にはそれぞれの神が存在しています。しかし
中国人には神が存在していません。

人間と動物の違いは知能が圧倒的に優れているだけでなく,人間
世界には動物と違って神が存在しています。

人間の精神世界に「神」がいなければそれは単に知能だけが
発達した獣にすぎません。

それでは何故中国には「神」が生まれなかったのかということに
ついて少し考えてみます。

日本人の多くは学者も含めて「インドで興った仏教は,シルクロード
を通って中国に伝えられ、そこから朝鮮半島を経由して日本に伝来した」
故に中国には仏教が根づいていると錯覚しています。

しかし中国には仏教やイスラム教が入ってきたけれど,いずれも中国
には根付かなかった。なぜなら中国の歴史を眺めた時,常に異民族に
よって征服されて、人種が何回も入れ替わる歴史を繰り返してきたから
です。

人種が何回も入れ替わっても、それぞれの人種にはそれぞれの神は
存在していました。しかし20世紀、毛沢東は支配の邪魔になる宗教を
否定し寺院を破壊し続けました。

中国から全ての神が追放された結果、現代中国人は人間を廃業して
獣になってしまったのです。

神=宗教は良心の結晶であり、自分を写す鏡であり、人格を高める
教科書でもあります。人間を人間らしくする「神」という存在を全面
否定すれば必然的に欲望だけで生きる獣になるのは当然なことです。

何も毛沢東の時代だけでなく,中国史を見る限り,理念や理想、正義
の為に行動する人物は稀有です。中華歴史の主流は欲望渦巻く殺し合い
が歴史を作ってきました。

つまり中華帝国を築いてきた人間操縦の原理は恐怖と利益だった
のです。毛沢東はこの中華原理にしたがって人間の恐怖心を最大限
に利用して広大な中国を支配してきました。

中国人はつねに恐怖が満ちる社会でおびえながら暮らしてきました。
特に毛沢東の時代は夜中にいつ突然逮捕されるかわからない,地獄の
恐怖のなかで生き続けてきたのです。

日本の中国専門学者たちは、中国の現実を見ようとせず、儒教文化の
影響力を過大視して「中国は仁義礼節の国だ、礼をもって接すれば礼
をもって応えてくれる」などとトンデモナイ間違いで日本人を教育
してきました。

中国外交もこの中華原理のまま恐怖と利権を常套手段に展開して
います。日本の政治家、学者、企業人、マスコミなどに対しても
この原理を多用して支配しています。

関西経済同友会は数年前から中国の甘言と恫喝に対して毅然たる
姿勢に変わってきていますが、東京の経済同友会は相変わらず
中国に気を使い、日本の政治家に中国との対立を避けるように提言
しています。結果政治家は増々中国に対して弱腰になっていきます。

人間と人間の付き合いなら「友好」や「話し合い」が成立しますが
獣と人間ではほとんど絶望的です
Unknown (涼太)
2010-11-22 23:23:31
狼魔人様

確かに、琉球新報の主張は分かりにくいですね。
アメリカは嫌い、日本も嫌い。かといって本気で中国の属国になりたいという覚悟も見えません。沖縄を二度と戦場にしたくない。それは誰しも同じ気持ちです。ただ現実の平和は軍事上のバランスの上に成り立っているもので、決して9条などではないと思います。そのバランスが崩れたときが本当に危ない。
Unknown (涼太)
2010-11-23 00:17:58
狼魔人様

福岡市長選挙に続いて、松戸市議選でも民主党は惨敗です。特に松戸市議選では44議席中民主党はたった2議席です。
政党支持率も自民党が30%に対し、民主党18%に。流れは完全に保守回帰です。この流れで沖縄知事選もの乗り切りたいですね。

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/chousa.html
Unknown (hiromasa)
2010-11-23 09:47:29
>この流れで沖縄知事選もの乗り切りたいですね。
私も同感ですが、マスコミがこんな状況だけに、本土の流れが影響するとは考えられません。
私の予想ですが、沖縄県民は昨年の総選挙のように、また騙されると思います。もちろん、左の人たちに。
何せ自分の頭で考えない人がたくさんいますからね。
新聞ではこう書いているから、テレビではこ言っているから、友達が、周りがこういっているから。
私の予想が外れることを願うばかりです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL