狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

辺野古の海は諦めの海、県医師会仲井真氏支援!

2014-08-17 08:19:10 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄県内の「告別式」最新情報

新聞折込チラシが見れます。
【公式】Shufoo シュフー - shufoo.net

 

 

仲井真県知事のメルマガに登録して、生の声を聞きましょう。

メルマガ登録

                ☆

辺野古報道で 二日連続して大発狂した沖縄タイムス。

不毛な抵抗運動で県民を煽るのに絶望感を感じたのか紙面は諦め模様の見出しが目に付く。

台船きょうにも設置

反対派排除 躊躇せず

10年前同じ辺野古のボーリング調査で、反対派の妨害活動で中止に追い込まれた苦い経験のある防衛局。

この経験を無駄にはしないと防衛幹部は自信満々にこう語る。

「我われは10年前と同じことを繰り返すわけにはいかない」

「今回は躊躇しない。 逮捕者が出るのも時間の問題かも知れないね」

違法な妨害活動に対しては、想定される刑事特措法の適用以外に、公務執行妨害罪適用による現行犯逮捕も想定内だと思われる。

違法な妨害活動に対し、法的には万全の体制で臨んでも、違法を承知で妨害活動をするキチ外活動家には、

「常時立ち入り禁止の臨時制限水域の設定」

「漁船操業制限法に基づく漁業制限」

「ブイ設置」。

この三段構えにより物理的妨害を排除できる。

したがって10年前、違法な妨害活動により、工事中止に追い込まれた「単管足場」の設置は今回取りやめている。

10年前の失敗の経験は決して無駄にはなっていないようだ。

QABテレビ 2014年8月16日 17時46分

辺野古の海にあすスパット台船設置へ

名護市辺野古への新基地建設に向け、政府は17日、海底ボーリング調査のためのスパット台船を、海に設置するとみられています。

16日、辺野古沿岸部にはクレーンのそばにボーリング調査に使うとみられるスパット台船が置かれ、その横には台船に取り付けるとみられる4本の足が並べられるなど、作業が着々と進められていました。

キャンプシュワブのゲート前では連日、抗議行動が行われていて、16日にはおよそ300人が、新基地建設反対の声をあげていました。

宜野湾市から参加した女性は「普天間基地を移設するためというけれど、ここにも小学校や保育園、高専などがいっぱいある。それをまた押し付けるというのは絶対に許せない」と話していました。

政府はあす17日にスパット台船を海上に設置し、あさって18日にボーリング調査を始めるとみられています。

 

ボーリング調査に向けた作業大詰め
沖縄テレビ
14/08/16 (土) 18:23

普天間基地の移設計画を巡り、名護市辺野古ではきょうも海底の地質を調べるボーリング調査に向けた詰めの作業が行われています。

名護市辺野古沿岸部には、きょうも午前中から沖縄防衛局の委託を受けた警戒船や、海上保安庁のボートが数十隻展開し、海岸では重機が稼動し始めました。
山田カメラマン「辺野古沿岸部では埋め立て予定区域に沿ってフロートやオイルフェンスが設置されています」
キャンプシュワブの沿岸では、工事の施工区域を示すブイや浮具が辺野古崎を囲うように広がり、北側の浮桟橋近くの浜辺には海上のボーリング調査に使用する足場と見られる資材が運び込まれているのが確認されました。周辺では作業員が足場の設置に向けた準備を進めていて、沖縄防衛局は準備が整い次第、天候も考慮しながらボーリング調査に着手すると見られます。
基地の建設に反対する市民団体は連日海上やゲート前で抗議活動を続け、作業をやめるよう訴えています

                 ☆ 
いくらキチ外活動家を扇動しても埋め立て工事はとめられないと察したのか、今朝の沖縄タイムスは攻撃対象を、工事執行者の防衛局、や警備の海保から急遽スイッチし、埋めた立て承認者の県知事を標的にし始めたようだ。 つまり「転進」に作戦変更ということだ。
 
で、今朝のタイムス紙面は合計3頁を使って県知事選特集。
 
二面の最下部、見落としがちなベタ記事が。
 
仲井真氏推薦
 
執行委で決定
 
県医師連盟
 
ゲバ学生まがいの作家先生と違い県民の健康を預かるお医者さんの 先生は、選挙でも大きな影響力をもつ。
 
仮に県医師連盟が翁長氏を支援したら、おそらく3面トップを大見出しが躍っていただろうに。    
 
残念ですね、タイムスさん。
 
                ☆
 
沖縄紙の紙面で「地元無視」という文言をみると、「地元辺野古住民の意志を無視し埋め立て工事を強行する政府」という印象を受ける。
 
つまり地元辺野古住民は普天間移設を反対しているいう印象だ。
 
だが、辺野古で違法な部外活動をする「プロ市民」の中に辺野古住民の姿はない。少なくとも辺野古を代表する住民の姿や発言はない。
 
「地元無視」の正確な意味は「地元辺野古住民の意志を無視して妨害活動する辺野古以外のメディアを含む部外者」ということになる。
 
その証拠に「辺野古移設反対」を叫び続ける沖縄タイムスの紙面最下部にこんな見出しの記事が載っている。
 
辺野古区、補償要請へ
 
受け入れ条件 官邸に
 
辺野古容認が地元辺野古住民の意志であることは、嘉陽宗克辺野古区長の「実態として工事が進んでいる中で、現実的な対応として声をあげていく」の言葉からも明らかである。
 
この記事も沖縄タイムスとしては、県民の耳目から遮断したい「不都合な真実」である。
 
 
 
現在、テレビでは沖尚vs作新学院の熱戦を放映中!
 
一階表、作新にホームランを打たれ。1点差で沖尚の裏の攻撃中!
 
おっと、今沖尚もホームランで一点返した。
 
気が散るので、きょうはこの辺で・・・。
 

               ☆

日本・台湾 学生パネルディスカッション
【と き】平成26年8月23日(土)18:30~(開場18:00)
【ところ】沖縄県立美術館・博物館 博物館講座室(1F)
【登壇者】
日本側:外間完信(琉球大学四年、「沖縄から日本を考える学生の会」部長)、他琉大生一名
台湾側:清華大学大学院、台北大学、政治大学大学院、政治大学の学生一名ずつ計四名の台湾学生
※参加費無料(カンパ大歓迎です!)
【主 催】「日本・台湾 学生パネルディスカッション」実行委員会
【連絡先】電話:070-5279-1139(外間)、メール:new.okinawa.proud.japan@gmail.com

 台湾では、台湾経済が事実上中国に呑み込まれる「サービス貿易協定」への反対運動が盛り上がり、有志の大学生が立法院を占拠、また、50万人の国民が立法院の周囲に集いました。いわゆる「太陽花学運」です。「“台湾”としての独立」の気運が台湾の若い世代の間にも高まっています。
 また、日本統治時代を経験され、現在も台湾人の和歌の詠み人の集い「台湾歌壇」を主催されている蔡焜燦(さい・こんさん)氏は、「私も日本が大好きです。台湾は世界一の親日国です。日本と台湾は運命共同体であると思っていますが、みんなで平和なアジアになるように、平和な世界になるように、命の限り頑張って行きましょう。」とも述べておられます。
 沖縄は日本国内で最も台湾と近い県であり、縁も深いにも関わらず、台湾が巨大な中国から圧力を受けていること、また、多くの台湾人が日本に親しみを持っているという話は、沖縄県内の報道、言論空間からは不自然な程、これらの話が聴かれません。
 今回、立法府を占拠した「太陽花学運」の中心的メンバーの学生達が何と、沖縄を訪れます。沖縄県内の大学生とその台湾の大学生達とでパネルディスカッション形式で意見交換をし、巨大な中国に対して日台はどのようにあるべきか、考え合う場を企画したいと思います。
 老若男女、学生、社会人、様々な立場の方の参加をお待ちしております。お誘いあわせの上、是非ご参加くださいませ。(実行委員会一同)

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日捏造に沈黙する教育界  | トップ | 辺野古移設にごまめの歯軋り... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2014-08-17 08:32:43
>埋めた立て承認者の県知事を標的に

標的にし、知事にコメントを求めれば求めるほど、知事は許可の主体者であって工事の主体者でないことが、知れ渡る。
しかも、許可の主体者であると言っても、要件が整えば許可せざるを得ない仕組みであることも、知れ渡る。
統治機構を理解していないマスコミということが知れ渡る。

知らずして「反対」を言えば、沖縄の我儘が通ると思わせてきた国にも責任があるが、これだけ通らないないことを知ったら、真っ当なジャーナリストなら、「なぜ?」と思い、勉強するでしょう。

ヤマトンチュのマスコミは、さすがにその辺を理解していて、沖縄批判は控えているものの統治機構に則とった解説をし、結果、沖縄の無知さが際立つ。

あとは、沖縄県民が、被害者意識から、いつ抜け出せるかに、かかっている。
発狂2紙、懲りないね~(笑) (越来のK本S子)
2014-08-17 12:55:56
どうやらボーリング作業、始まった模様。
そして、またまた発狂号外が出た模様(笑)。

・【号外】掘削作業に着手 辺野古台船を設置 16カ所で調査予定
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-230259-storytopic-271.html

・【電子号外】辺野古で台船準備 掘削調査着手へ
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=80144


…数日前の号外もそうだけど、誰得なのこれ(笑)?
報ステサンデー2題① (越来のK本S子)
2014-08-17 13:42:12
【辺野古移設の話題】

後藤謙次なるインチキコメンテーターのコメントについて、まとめる。


①反対闘争が、これから始まる。

↑とっくのむかしに始まってます(笑)。


②(折り紙で折られた2頭のジュゴンを見せて)
基地反対してる双子の姉妹からこれをもらった。

↑その双子の姉妹とは、下に紹介するサヨク緊急集会で、サヨク学生よろしく、かつてのサヨク学生どもにゲキを飛ばした姉妹のことで間違いない(笑)。

・ブイ設置の夜 二見以北の会が緊急集会
http://www.rbc.co.jp/news_rbc/%E3%83%96%E3%82%A4%E8%A8%AD%E7%BD%AE%E3%81%AE%E5%A4%9C%E3%80%80%E4%BA%8C%E8%A6%8B%E4%BB%A5%E5%8C%97%E3%81%AE%E4%BC%9A%E3%81%8C%E7%B7%8A%E6%80%A5%E9%9B%86%E4%BC%9A-2/

http://www.youtube.com/watch?v=Qp71j1_0w70

>「私達が大人になったとき、この大浦湾を含むやんばるの自然を将来のこどもたちに繋いでいかないといけない」(声合わせ)「絶対にこの海を守る」(渡具知和奏さん【12】渡具知和紀さん【12】)


…極左暴力集団の活動家、またはその支援者の両親のただの腹話術人形が、折り紙を折れると思ってるのかな。インチキコメンテーターの後藤さん(笑)?


③泡盛でも飲みながら、ハラをわって話せ。

↑…そうしたら、「これから犯す前に犯しますよと言いますか」などという問題発言を捏造され、当時の防衛局長が更迭されたんですけど(笑)。

・「犯す前に言うか」田中防衛局長 辺野古評価書提出めぐり
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-184598-storytopic-3.html


そもそも、ハンタイハンタ~イ!…ってわめいてるあいつら、人の話を聞く耳も、それを理解する頭も、そもそも話を聞く気もまったくないじゃないですか(笑)。
報ステサンデー2題② (越来のK本S子)
2014-08-17 14:15:07
【戦争マラリアの特集】

先週の台風11号が、キャンプ・シュワブゲート前での地獄の亡者どものランチキ騒ぎといっしょに吹き飛ばした特集が放送された。

…2日連続で全国放送に取り上げてもらって、よかったですね。いまだにマラリア患ってるケダモノ教育長(笑)。


さて、その内容はというと…、

「陸軍中野学校出身の日本軍のスパイ1人が、波照間島民を西表島に“強制”移住させて、島民をマラリアで全滅の危機に追いやったアルニダ!」

な、南京大虐殺にも負けず劣らず荒唐無稽な内容でした(笑)。


ケダモノ教育長が、東京書籍版の中学公民教科書に固執する理由でもあるんで、ウィキペディアで調べてみたら…、

今も波照間島で、民宿を営んでて生きながらえてるババァの、ウソかホントかも分からない証言“だけ”が証拠で、やはり日本軍を悪者にしようとしてるだけと判明~(笑)。

しかも、ウィキペディアの情報ソースは、沖縄タイムスの発狂記事だけ~(笑)。


ウィキペディアの記事には、島民を絶滅の危機に追いやった…、という濡れ衣を着せられた元陸軍軍曹が戦後、島を訪れたってことだけど…、

集団自決の件よろしく、島民から…、

「軍国主義の亡霊」、などと罵倒されたそうな(笑)。


…集団自決の件よろしく、生きててもらっちゃ困る人だった、てわけね。自分らのウソがバレるから(笑)。
Unknown (東子)
2014-08-17 15:43:08
「キャンプハンセン 未返還地を事前調査 防衛局が検討 2014年8月17日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-230263-storytopic-3.html

>喜瀬区は事前調査を受け入れれば、跡地利用推進特別措置法に基づき、環境汚染の有無などを調べる期間中に支払われる補償金が減額されかねないとして回答を保留

ふ~~~ん。
貰えるお金の心配ね。
今、同意すると汚染調査がいい加減になるかもなど、環境に配慮してじゃないのね。


>防衛局は返還が合意された3区の土地の事前調査を同時に実施することでより多くの情報が得られ、的確な支障除去措置の実施が可能となるとして、許田、喜瀬両区にも事前調査への協力を求めた。

防衛局は、「3区の土地の事前調査を同時に実施することでより多くの情報が得られ、的確な支障除去措置の実施が可能」と環境に配慮しの提案なんですけれどね。
3区のうち、幸喜区は、すでに調査開始。
許田区は調査に同意。
もう一度言います。
喜瀬区は、減額を心配して保留。



【参考】
沖縄の基地面積が多過ぎるを主張し、辺野古へ「新基地」を造らせるなと、叫んでいる稲嶺名護市長、他方ではキャンプ・ハンセン一部返還を拒んでいます。
過去、継続使用を求め、1999年、2004年、10年の3回にわたり返還期限が延長されています。
しかし、「沖縄の基地面積縮小、希望」を叶えるのため、今回は延長はしません。
政府は、沖縄の負担が減ることは、何でもすると言っていますものね。

「名護市、内容確認へ キャンプ・ハンセン一部返還 2013年9月6日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-212118-storytopic-3.html

>日米合同委員会が名護市などに返還することで合意した米軍キャンプ・ハンセンの一部土地
>返還予定地約162ヘクタールは同市喜瀬、幸喜、許田の3区にまたがり、軍用地料は年間約1億3千万円。
>3区はこの土地から分収金を得ている。
>傾斜地で跡利用が困難として市や地元は返還延期を要請していた。
Unknown (越来のK本S子)
2014-08-17 16:09:15
陸でも海でもランチキ騒ぎな地獄の亡者どもを尻目に、
“本当の”辺野古区民は政府と話を進める模様(笑)。

・辺野古区、官邸に新基地受け入れ補償要請へ
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=80107


>辺野古区の嘉陽宗克区長…

↑…あれ、たしかこの区長、「移設反対派からも支持を受け」てる区長じゃなかったっけ。QABさん、そしてアカヒさん(笑)?

・名護市辺野古区長選挙 新人嘉陽さん新区長に
http://www.qab.co.jp/news/2013031841942.html

>普天間基地の移設先となっている名護市辺野古で17日、46年ぶりの区長選挙が行われ、移設反対派からも支持を受ける新人の嘉陽宗克さんが当選しました。


この区長、くじびきで当選した棚ボタ区長だけど、支持を受けた移設反対派の「区民」から、「裏切り者」として消されないかね~(笑)?

まっ、その場合は前の区長が区長に戻って、話がよりスムーズに進むだろうけど(笑)。
Unknown (東子)
2014-08-17 16:57:41
「辺野古新基地:海保が航行同意書署名迫る 2014年8月17日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=80114

>法的な拘束力のない任意の書面
>「指導実施」と「船長同意」のチェック欄があり、書面の末尾に船長の署名欄が設けられている。

普賢岳取材のように、取材競争の過熱や日々のプレッシャーからマスコミが節度を保てなくなり、船長に安全や法を無視して「立入禁止区域」に入るよう指示する可能性がある。
船長がマスコミの要請を断れるように、指導説明したことの確認でしょう(笑)
指導内容は、
  (1)工事作業区域には進入しない
  (2)キャンプシュワブ基地内に上陸しない
  (3)船長は乗船者の安全の確保に責任があり、自ら入水したり、乗船者を入水させない
  (4)現場では海保ゴムボートの指示に従う
  (5)工事作業船や工事警戒船に接近しない
の5項目


>全国紙の取材用の漁船長は辺野古海域へは初めての航行だった。

ふ~~ん。
辺野古の地元漁民じゃないのね。
Unknown (東子)
2014-08-17 17:20:26
大浦湾ってジュゴンの聖地ですよね。
ジュゴンの捕食行動は、夜行性。
まだ、ジュゴンが食んでるかもしれない日の出前に、
  夜明けの日光浴ツアー
    シーカヤックで朝日が見える場所まで行って
    コーヒーを飲みながら朝日が昇るのを待ちます  
なんでツアーしたら、ジュゴンが落ち着いて食事できないじゃん。
良いの?

ジュゴン守れ~!の人達、平気?

ちょっと違った沖縄旅行したいな~と思って調べていたら、こんなツアー見つけてびっくり。
Unknown (東子)
2014-08-17 18:20:35
「桟橋を再設置 辺野古工事再開、海保が抗議排除 2014年8月12日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-230007-storytopic-53.html

>防衛局は県に提出した埋め立て承認申請で、環境保全措置として海上工事の作業時間を「基本的に日の出1時間後から日没1時間前」と明記。
>11日の日の出は午前6時だったため、午前7時前に作業を開始したことに対して市民団体は「早朝はジュゴンの食事の時間だ」などと批判した。

ジュゴンの食事時間にカヌーツアーしているのを、なぜ、止めない?
本気でジュゴンを守る気あるのか?

ジュゴン訴訟を起こしているが、ジュゴンを守るために何をしているか、問われますよ。
Unknown (東子)
2014-08-18 07:55:49
「辺野古沖:ジュゴン遊泳 移設先から5キロ 2014年08月17日」

>米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の東方約5キロの沖合で17日、絶滅の恐れが極めて高いジュゴンとみられる海獣の姿」
>辺野古の生態系に詳しい日本自然保護協会保護部門の安部真理子主任は画像を見た上で「ジュゴンで間違いないだろう」と語った。

マナティってことはないの?
もし、ジュゴンだったとしても、辺野古沖以外にも餌場を持っている。
餌場は辺野古沖に限定されない。
辺野古沖の餌場の面積より、辺野古以外の面積の方が、餌場は広い。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL