狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

レイムダック首相が国連演説

2012-09-27 08:40:46 | 県知事選

 

沖縄の出版界が

出版を拒否した

問題の書!


沖縄に内なる民主主義はあるか』
著者:又吉康隆 定価:税込み1575円

ネット販売註文先 ezaki0222@ybb.ne.jp

住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします<送金方法等詳細はここ>

「沖縄に内なる民主主義はあるか」の売り上げは目下破竹の勢いでうなぎのぼりです!

やりました!

沖縄教販の売り上げで

とうとう1位になりました。(拍手)
https://www.o-kyohan.co.jp/

 


本の売上ランキング













集計期間
12/08/22~12/09/21

よろしかったら人気blogランングへ クリックお願いします


野田首相国連演説要旨

 【ニューヨーク時事】野田佳彦首相の国連総会での演説要旨は次の通り。
 〔震災復興〕東日本大震災から1年半。日本人はこの災害から紡ぎ出される教訓を、国境や世代を超え伝えていく。自然災害に負けない強靱(きょうじん)な社会を築くための心得や原子力安全への貢献策として世界に発信する。年末に国際原子力機関(IAEA)と共催する「原子力安全・福島閣僚会議」で、そうした共有作業を行う。
 〔社会保障と税の一体改革〕多くの国で巨額の財政赤字が累積し、財政健全化が共通の課題となっている。私たちが直面する課題は私たちの世代で解決しなければならない。過去20年余り、日本は「決断をしない国」の象徴と見られてきたが、そうした日本を変えることを誓い、「社会保障と税の一体改革」の実現に政治生命を懸けて取り組んだ。困難な課題も先送りせず、「決断する国」に変わるべく、確固たる一歩を踏み出している。
 〔エネルギー戦略〕東京電力福島第1原発事故を踏まえ、将来展望を慎重に見極めながら不断に検証、見直しを行いつつ、2030年代に原発に依存しない社会を目指し、あらゆる政策資源を投入し、グリーンエネルギーへのシフトと経済成長の確保を両立させるモデルを世界に提示する。
 〔北朝鮮〕拉致問題は基本的人権の侵害という普遍的な問題で、国際社会の重大な関心事項だ。全ての被害者の一日も早い帰国に向けて全力を尽くす。
 〔法の支配〕国の主権や領土、領海を守ることは国家としての当然の責務で、国際法にのっとり責務を果たす。世界の平和と安定、繁栄の基礎となる「法の支配」の確立は、紛争の予防と平和的解決の実現に不可欠で、一層強化すべきだ。自らの主義主張を一方的な力や威嚇を用いて実現しようとする試みは、国連憲章の基本的精神に合致せず、決して受け入れられない。「法の支配」の強化に向け、日本は国際司法裁判所(ICJ)の強制管轄権を受諾してきた。国連と協力し、各国がICJの強制管轄権を受諾することを呼び掛ける。
 世界の各地に領土や海域をめぐる紛争が数多く存在している。国際法に従い紛争を平和的に解決することは、国連憲章の理念であり、国際社会で共有された原則だ。わが国はどのような場合でもこの原則を堅持し、国際法に従い平和的な解決を図る。
 「法の支配」を広げることが、アジア太平洋地域を中心とする各国のネットワークにおいても、秩序と繁栄をもたらす重要なインフラになる。
 国家間あるいは国際機関内部の規律にも「グローバル・ガバナンスの強化」が求められる。全ての国がそれぞれの能力に応じた責任を全うしなければならず、特に経済成長の著しい国々が、その国力に見合った責任を果たすことを期待する。(2012/09/27-04:30)

            ☆

>〔法の支配〕国の主権や領土、領海を守ることは国家としての当然の責務で、国際法にのっとり責務を果たす。世界の平和と安定、繁栄の基礎となる「法の支配」の確立は、紛争の予防と平和的解決の実現に不可欠で、一層強化すべきだ。自らの主義主張を一方的な力や威嚇を用いて実現しようとする試みは、国連憲章の基本的精神に合致せず、決して受け入れられない。「法の支配」の強化に向け、日本は国際司法裁判所(ICJ)の強制管轄権を受諾してきた。国連と協力し、各国がICJの強制管轄権を受諾することを呼び掛ける

            ☆

「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」

これは日本国憲法 の前文からの抜粋である。

わが国は国の安全保障を「平和を愛する諸国民の公正と信義」に全てを委ねていることになる。

ところがわが国の近隣諸国は「平和を愛する諸国」どころか、「自らの主義主張を一方的な力や威嚇を用いて実現しようとする」ならず者国家中国や韓国である。

いくら野田首相が「法の支配」を訴えても中国自体が法治国家ではない。 中国はいうまでもなく一党独裁の共産主義国家であり憲法も見せ掛けだけで言論の自由など絵空事の人治国家であることは論を待たない。

その無法者国家が安保常任理事国として強大な拒否権をもつ国連で中国を念頭において「法の支配」を説くなど暴力団に「暴力はいけない」と訴えるようなものである。

国連で張子の虎の大演説などするよりも一日も早く解散し、安倍首相に国の安全保障を任せる方が国益に適う国防策である。

                    ☆

国の安全保障に関わることは国の専管事項なので、反日左翼の「オスプレイ阻止運動」など無視して粛々と配備を実施すればよい、と何度も書いた。

政府が安全宣言を出したとき、配備は確定していた。

決定!オスプレイ沖縄配備、尖閣への抑止力

 今朝の沖縄タイムスの発狂見出し。

多すぎて文字お起しが面倒なので、一部のみ紹介。

■一面トップ

オスプレイあすにも配備

防衛省 県に連絡

■二面トップ

政府強行は冒とく

宜野湾市長「言語道断」

■三面トップ

知事要請 翌日にほご

■第29面

恐怖 生活に実感

「こんなに反対しているのに」

普天間周辺 疲労感と不安

市民広場を封鎖 米軍

阻止の風船 掲げよう

市民ら自治体に訴え

■社会面

配備秒読み 緊迫

市民の阻止行動激化

オスプレイ「断固反対」

尖閣侵略を窺うならず者国家の狼藉行為に国が、困っているのを尻目に見ながら、尖閣防衛の切り札といわれるオスプレイの配備に反対する市民団体の抗議活動は不思議な光景である。

赤旗を振る彼らの抗議活動は中国に対し、誤ったメッセージを送り続けている。

「沖縄人は島ぐるみで、中国の尖閣領有権を認めている」と。

>知事要請 翌日にほご

辞書によると「ほご(反故)」とは、書きそこなったりして不要になった紙のことを言うらしいが、実際は契約や約束事をないものにすること。

この見出しによると県知事と政府がオスプレイ配備を阻止することで合意したが翌日には反故にしたということになる。

だが、県知事は配備反対を政府に要請したが、決して合意などされてはいない。

「知事要請 翌日にほご」は県民を誤誘導する発狂新聞お得意の卑劣な手法である。それとも反故の意味がわからないとか。

>政府強行は冒とく

冒涜(とく)とは、神聖なもの、清浄なものをおかし、けがすこと。

反日左翼団体に対し冒とくという言葉を使うのなら記者は国語の勉強をやり直すことをお勧めする。

>宜野湾市長「言語道断」

口に出して言えないほど酷いことを言語道断というらしいが、日米安保に基づく軍用機の機種変更似すぎないオスプレイを正拳突きで打ち落とすとトチ狂うほうが言語道断ではないか。

やはり本物のバカだ。オスプレイを正拳突きで撃ち落す!本物のバカが

>市民広場を封鎖 米軍

これも発狂新聞の悪質な印象操作である。

市民広場などともっともらしい名が付いているが、軍用地代を支払い済みの基地の一部を軍が行為で無料提供している広場のことである。

その軍用地に反日左翼が集結し、風船揚げ等の危険行為をされると困るので、一時封鎖したに過ぎない。

「市民広場」については過去にもエントリーしている。

伊波市長の正体、イデオロギーのみの活動家、基地内広場封鎖 地元困惑から抜粋。

 

「世界一」の認定は、ギネスの公式認定委員に認定されて初めてギネスブックに登録されるという。

「普天間基地」がギネスに登録されているとは思わないが、いまや「世界一危険な米軍基地」は普天間基地の枕詞として新聞にもごく普通に使われている。 当然のように隣接する普天間第二小学校は「世界一危険な小学校」として人口に膾炙している。

普天間基地が「世界一」の称号を受ける以前、米軍側は基地内の空き地の一部を市民に無料で開放し、市民側はこれを「市民広場」と名付け、駐車場や休日や放課後には少年野球等が利用していた。 そしてこののどかな光景は沖縄の何処でも良く見られる基地近辺の住民と米軍側の相互扶助あるいは親善交流の一環だと見られていた。

ところが昨年の9月、政権交代で登場した鳩山内閣は日米が14年の模索の結果取り決めた普天間移設の日米合意を反故にした。 鳩山首相が無責任にも「普天間移設」を最低でも県外と主張したため、寝た子を起こされた県民はマスコミややプロ市民の扇動もあって「県外移設」を声高に叫び始めた。 その頃から「世界一危険な基地」は、伊波宜野湾市長を筆頭にする「基地撤去運動」のスローガンとなっていく。

実際に普天間基地が「世界一危険」かどうかはギネス認定委員の承認を待たねばならぬが、「危険な公園」や「危険な遊園地」を管理者が市民の利用を禁じるのと同じように、「危険な基地」なら使用禁止にするのが米軍側の責務であるはず。

そもそも「人間の鎖」などの反基地集会のための駐車場に、「基地内広場」を利用することの自己矛盾に気がつかないプロ市民も恥知らずだが、これに怒りの記事を書きまくる新聞も新聞だ。

「世界一危険な基地」の利用を管理者に断られたのなら、感謝こそしても怒るのはいかにも破廉恥だ。

「世界一危険な空き地で」少年達が野球に興じるのを危険だとは思わないのか。

昨日の沖縄タイムスは社会面のトップを、この恥知らずな記事で飾った。

それにしても、しつこい!

続く広場封鎖 地元困惑 普天間飛行場内 米軍が3週間
野球や駐車に支障
2010年10月25日 09時31分

 【宜野湾】1970年代から駐車場や運動場として市民に開放されてきた宜野湾市の普天間飛行場内の通称「市民広場」を、米軍が突然封鎖してから3週間以上が過ぎた。毎日数百台あった通勤通学の車は行き場を失い、少年野球チームの練習や老人会のグラウンドゴルフもできない状態だ。きっかけは、騒音激化に対する市民の抗議集会。「まるで子どもの嫌がらせ」「無関係の場所なのに、なぜ…」。“良き隣人”の振る舞いに、地元は振り回されている。(鈴木実)

 「イチ、ニッ」。中学生たちが、アスファルトの上でランニングや素振りを繰り返す。夏の甲子園で優勝した興南高校の国吉大陸選手をはじめ、高校野球やプロ野球に何人もの人材を送り込んだ宜野湾ポニーズ。毎日練習していた市民広場の野球場が使えなくなり、仕方なく隣の市消防本部裏の駐車場や雑草地で体を動かす。

 「急にほかの練習場所を探すのは難しい。今後も閉鎖が続くのかどうかも分からず、『いつまで貸してくれ』と話を持ち掛けることもできない」。知名朝雄監督(62)は頭を抱える。

 市内のある専門学校では、学生は市民広場に車を止めてそこから学校側の送迎車両に乗る仕組みだったが、急きょ別の有料駐車場に変更した。

 これまで市民広場はほぼ年間を通して無料開放されており、野球場やゲートボール場が整備されているほか、数百台が駐車できる空き地もある。

 米軍が広場を閉鎖したきっかけは、1日に市野嵩の基地ゲート前で開かれた抗議集会だ。

 普天間飛行場周辺は、嘉手納基地の滑走路改修に伴うダイバート(目的地変更)訓練などで先月後半から騒音が激化。このため普天間爆音訴訟団や労組のメンバー約150人が集会を開き、道交法違反を理由に制止する警官隊と小競り合いも起きた。

 米軍はその間に、集会場所とは約500メートル離れた市民広場を「保安上の理由」で突然封鎖。その後も土日以外の閉鎖を継続しており、元通りに開放されるのか見通しは立たない。閉鎖初日に米軍の憲兵隊に抗議した桃原功市議は「120デシベルを超える異常な爆音にさらされている市民が抗議するのは当然。米軍の対応は脅しでしかない」と批判した

米軍、開放駐車場を封鎖 宜野湾市長「抗議へ嫌がらせ」 (2010年10月02日 09:36)

「普天間強化」に抗議 市民団体ゲート前 警官ともみ合い (2010年10月02日 09:36)

よろしかったら人気blogランングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八万余のアクセス!孫子の兵... | トップ | オスプレイ阻止でクーデーター? »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
酷い、酷い。 (町工場の親方)
2012-09-27 09:26:31
本日24.9.27.の政治経済ブログ27位(現在) の

「日本が好きなだけなんだよ」 様の
『安倍自民は支持せざるを得ない』、をぜひご覧ください。

先日、「朝叩き板」、に書いた、《週刊朝日》の安倍総理の表紙の実に無残な写真が載っています。

これを見ると、「ここまで汚いことをやるか!!」と《憎日・朝日》、左翼人種の歪みきった性格の悪さ、酷さ、残忍さ、心底思い知らされます。
浮かれ市長に一言 (安仁屋正昭)
2012-09-27 11:16:42
市民の生命財産を守る義務があると強調する本人が、
オスプレイの試乗を拒否するとは何事か!
オスプレイの実態を知ろうともせず、「断固反対」だと!
浮かれていないで、9万市民の長としての責任の取方を口先だけでなく、行動で示すべきだろうがw
危険と報じられている事が事実か否か、市民の不安が払拭できないというのであれば、市民会館やコンベンションで、オスプレイ配備についてのディベートをするか、賛否両論を全戸に配布した上で住民投票でもすべきだろう
市民広場の閉鎖で文句もつかられないで
、選挙公約の小学校の給食費の無料化、宜野湾11号線の開通、普天間宮周辺整備が米軍や政府の協力なくして出来るのかよく考えてみろ!このフラーがw
落選覚悟で臨んだ選挙に勝ってしまったからと浮かれている内に、市民の評価は
極左の伊波を落としたと思ったら、伊波の猿真似しか出来んフリムン市長とは・・トホホのホ  だぞ!
顔を洗って出ないしろw
Unknown (宜野湾より)
2012-09-27 14:14:48
宜野湾市長「言語道断」
抗議集会のシミン「まるで子どもの嫌がらせ」
…鏡を持て、鏡を。

朝日は「阿部叩きが社是」だそうですからね。
ちょっと気が弛むと支那人に「朝日らしくしろ!」って怒られて。動画あり。
http://www.tokuteishimasuta.com/archives/6635551.html?_f=jp

在任中の実績に反証どころか言及すらしないで、
曰く、漢字が読めない
曰く、腹痛のお坊ちゃま
曰く、昼行灯
こういう漁法にいまだ釣られる人がいての石破地方票165なのでしょう。
今また3500円のカレーから始まった。
何しても叩きたいのだから、安いものを食べれば「庶民派ぶって」というでしょう?
ならば「働いたら負け」と嘯く人の庶民感覚はどうなのよ?
これだからマスゴミと呼ばれるのだけれど、これだからマスゴミは、これからも餌を撒き愚民を漁る網を入れ続ける。くれぐれも、自分から網にかかる愚民にはなりたくありません。

沖縄の反日反米活動も日本国があってこそ。戦火などなくとも今の日本の状況は十分に有事ですから、トリアージで考えれば、そんな活動ごっこは今の国難を政官民全員で乗り越えた後でもできます。
反日反米活動はごっこではない、本気だと言う者がいるなら、その旨を全県民と全国民に向けてはっきりさせた方がよろしい。
ま、名乗りを上げなくても、ごっこを止めるか中断するか最低同時進行で国全体の保全と成長に協力しない興味もない者は、更衣兵みたいなものかしら。

あら、あっち行きこっち行きの毎日サンの今日はこんな感じ。
http://mainichi.jp/opinion/news/20120927k0000m070126000c.html
http://mainichi.jp/opinion/news/20120927k0000m070126000c2.html
Unknown (Unknown)
2012-09-27 14:39:31
イハより終わってるN市長オナガ。
金いっぱいよこせ、基地どけろ。
そして、某国のような被害者意識を丸出し。
イハ以上に気持ち悪い。
Unknown (涼太)
2012-09-27 22:51:39
狼魔人様

中国は大国だと言いますが決してそうは思いません。
GDPで日本と同じくらいの国が日本の10倍の人口を抱えています。その富も一部の富裕層が独占し9割の国民は飢えています。
権力による汚職や腐敗による暴動が年間10万件以上。
経済基盤も基礎技術は無く、日本などからの投資で成り立っています。そんな国が日本に経済制裁といっても説得力はないですね。むしろ石原慎太郎東京都知事の「多少の経済的損失はあってもあんな国とは縁を切るべきだ。」の方が説得力はあります。
中国も日本の政治事情は分かっているはずですから、民主党なら脅せば何とかなると思ったかも知れませんが今回は日本国民も本気で怒っています。
今まで中国からの一方的なキャンセルが多かった観光客も、今回は日本から中国向けの観光客のキャンセルも同じぐらいあるそうです。日航も全日空も減便に追い込まれています。中国からすれば今までと勝手が違うぞといったところでしょうか。トヨタの豊田社長も車を傷つけられるのはわが身を傷つけられる様だと発言しています。その証拠に中国での減産に踏み切ったそうです。
結果どうなるか。中国での雇用が減るだけです。
それでなくても失業者があふれているのに。
野田総理も強気の発言をせざるを得ない状況ですね。
日米同盟の抑止力が無かったなら、すぐにでも尖閣、沖縄に軍事行動に出たでしょう。
再び沖縄が戦場になる日も大袈裟ではなく在りえます。
そのとき沖縄の左翼団体はどんな責任を取るのでしょう。
先の戦争の様に、散々県民を扇動しておいて、敗戦と同時にその責任の全てを日本軍に押し付けて逃げたように、また日本国に責任を押し付けて逃げるのでしょうか。
Unknown (S里E利)
2012-09-28 01:51:53
連日の普天間基地前での基地外集会について、昨日のテレビ朝日では、このように取り上げてました。

28日にも始まるとみられるオスプレイの配備に抗議して座り込みが行われている沖縄県普天間基地のゲート前では、警察と市民がもみ合うなど一時騒然としました。

米兵と小競り合いも…オスプレイあす配備に抗議
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20120927-00000018-ann-soci
 オスプレイが配備される予定の宜野湾市、普天間基地のゲート前には27日午前7時から、先日の県民大会で共同代表を務めた県議会議長や翁長那覇市長らが駆けつけて抗議集会が開かれ、配備に断固反対の声を上げました。また、ゲート前を行進しようとした市民らが障害物を乗り越えようとして、アメリカ軍の憲兵や警察と小競り合いになるなど現場は一時騒然としました。市民らは「逮捕者を出してでも配備を阻止する」と訴えていて、配備への反発は強まるばかりです。


>市民らは「逮捕者を出してでも配備を阻止する」と訴えていて

・・・リーダーが沖縄出身のお笑いトリオじゃありませんが、どうぞどうぞ、って言いたいですね(笑)。
あと、お願いといってはなんですが、二度と刑務所、あるいは警察署から出てこないでください(笑)。
Unknown (S里E利)
2012-09-28 01:57:12
上のコメントの記事部分、訂正をかねての連続投稿、申し訳ありません。

・米兵と小競り合いも…オスプレイあす配備に抗議
 28日にも始まるとみられるオスプレイの配備に抗議して座り込みが行われている沖縄県普天間基地のゲート前では、警察と市民がもみ合うなど一時騒然としました。
 オスプレイが配備される予定の宜野湾市、普天間基地のゲート前には27日午前7時から、先日の県民大会で共同代表を務めた県議会議長や翁長那覇市長らが駆けつけて抗議集会が開かれ、配備に断固反対の声を上げました。また、ゲート前を行進しようとした市民らが障害物を乗り越えようとして、アメリカ軍の憲兵や警察と小競り合いになるなど現場は一時騒然としました。市民らは「逮捕者を出してでも配備を阻止する」と訴えていて、配備への反発は強まるばかりです。
Unknown (S里E利)
2012-09-28 02:12:55
一方、同じ系列局・同じ時間帯・同じニュースでも、QABはまた一味違うようです。

オスプレイ配備 国からの連絡に市民怒りの抗議
http://www.qab.co.jp/news/2012092738243.html

一方、宜野湾市大山の普天間第一ゲート前でも市民ら30人余りが27日早朝から座りこみ警察と衝突しました。

さらに、抗議する人々は車をゲートの入り口で停止させ基地に出勤する車が入れず一時国道まで渋滞しました。

抗議行動に参加した人は「ただ反対反対と声を出すだけではダメ、議会で決議してもダメ。じゃあ、どうするのかというと実力行使」「普天間基地の機能を麻痺させる。ストップさせる」「オスプレイの安全の問題じゃないんですよ。もはや16年前に撤去されるべき普天間基地なんですよ。だから普天間基地は閉鎖なんです」と口々に怒りの声をあげていました。


>「ただ反対反対と声を出すだけではダメ、議会で決議してもダメ。じゃあ、どうするのかというと実力行使」
>「普天間基地の機能を麻痺させる。ストップさせる」
>「オスプレイの安全の問題じゃないんですよ。もはや16年前に撤去されるべき普天間基地なんですよ。だから普天間基地は閉鎖なんです」


・・・もう、言ってることが破れかぶれですね・・・。

とくに、1番目と2番目、そう息巻いて「車をゲートの入り口で停止させ」た結果が、「一時国道まで渋滞しました」・・・。


下に紹介するニュースの中で、「県民の声も聞いてよ!・・・」などとも言ってるが、いちばん県民の声聞くべきなのはお前らだろ、って言いたいですね。

国道を渋滞させたのもそうだが、そんな傍若無人な自分らのわがままを「県民の総意」などと言う、ドゥーカッティーのすぎる基地外どもには甚だ迷惑している、本当の、生粋の、普通の、善良な「県民の声」を。

オスプレイ配備あすにも 大山ゲート前でも抗議の座り込み
http://www.qab.co.jp/news/2012092738255.html
Unknown (S里E利)
2012-09-28 02:17:36
QABのニュースを検索したら、テレビ朝日のニュースに肉付けしたものもあったので、それもご紹介。

タイトルに「中継」ってあるけど、「中継」なんかしたんだ・・・。

中継 普天間基地ゲート前 〝配備中止〟求め座り込み
http://www.qab.co.jp/news/2012092738249.html

オスプレイの強行配備にいよいよ市民が実力行使に出ました。徹底的に抗議する構えを見せています。

早ければ28日にもオスプレイが岩国から移動するとの防衛省が県などに連絡してきたことを受け、配備に反対し、基地のゲート前で座り込みをする市民らからも怒りの声が上がりました。宜野湾市から中継です。

普天間基地の野嵩ゲート前で始まった座り込みは10時間が経ち、その間にも参加者の数が増えているのが確認でき、現場の緊張は高まるばかりです。

午前中から市民団体の座り込みが始まり、現在も警察や警備隊に向け「逮捕者を出してでも配備を阻止する」という切迫した思いを叫びながら行動が続いています。

先ほど午後4時半過ぎにも再び衝突が起きました。座り込みの男性は「非常に危険なオスプレイ、絶対配備させちゃいけない。沖縄県民のすべての思いですよ」と話し、別の女性は「普通に生活がしたいです。だけども今やらなければ、本当に取り返しのつかないことになるという思いから参加しているわけです」と話しています。

オスプレイ配備中止を求める県民の声は日米両政府に全く届かず、そればかりか配備を無理やりを押し付けることによって、県民同士がにらみ合うという異常な状況が続いています。
Unknown (宜野湾より)
2012-09-28 03:30:51
>「ただ反対反対と声を出すだけではダメ、議会で決議してもダメ。じゃあ、どうするのかというと実力行使」
>「普天間基地の機能を麻痺させる。ストップさせる」
>「オスプレイの安全の問題じゃないんですよ。もはや16年前に撤去されるべき普天間基地なんですよ。だから普天間基地は閉鎖なんです」

テロ宣言キターー!
この人たちは自衛のための戦争を仕掛けると。そうですか。


今になって自分の先のコメントを読み返したら、安倍新総裁のお名前の漢字を選択ミスしておりました。
大変失礼いたしました。
はじめまして (やんばるビーバー)
2012-09-28 05:29:26
知事と市長は、何しているんだ?
米国は、軍事衝突があれば日米同盟が発令すると言っている。 オスプレイ配備は、言っている事と行動が一致しているので 抑止力になると思う。
とりあえず日米同盟に感謝して、それから県民の不安を払拭するために情報開示をお願いして知事自らオスプレイに
搭乗して安全を確認する。そして県民に説明して納得してもらう。 納得させるのは、難しいと思うけどオスプレイは嫌でも配備されるのでせめて県民の代表として搭乗して欲しかった。 
沖縄県は保守も革新もないのかな~?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
青山繁晴「アンカー」 9月26日(再UP) 混戦模様 自民党新総裁は誰に?台湾船も領海へ侵入 中国の本当の狙いは・・・青山が外交危機... (青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ)
<追記> 9月27日 動画が削除されましたので、新しい動画を見つけて更新しました。 ・ 本日放送の「アンカー」を見つけました。 2012/9/26のアンカーは… 混戦模様 自民党新総裁は誰に? 台湾船も領海へ侵入 中国の本当の狙いは・・・青山が外交危機を解説...
「神道へのいざないブログ」 タイトル一覧 第51話~76話 (【 日々の感謝 】)
2012年9月24日 (月)  第76話 結婚をしたら、伊勢神宮と二見浦にお参りを2012年9月17日 (月)  第75話 お彼岸のお中日と皇霊祭の意味2012年9月10日 (月)  第74話 お彼岸についてのご質問に答えて2012年9月 3日 (月)  第73話 今、大物がいないのはなぜか...