狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「日本の名誉」懸けた裁判

2008-05-04 15:11:29 | ★集団自決

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

原因不明で記事が消失してしまいましたので書きかけ原稿に残っていた一部を掲載し、後は「月刊ビューポイント」の転載で穴埋めをしておきます。

前にも何度か消失がありましたが原因は分かりません。

どなたかコピペしている方いませんかね。(あせっています)

いないだろうな(笑)。

落胆で、書き直す気力がありません。

                   ◇

集団自決」にからむ3月28日の大阪地裁は原告側敗訴の判決を下した。 敗訴を想定していた岩波側は狂喜乱舞したようだが、この手の裁判は第一審がいずれの勝訴でも最高裁までもつれ込むことは想定済みのことだった。

 ⇒「新証言がなければ勝てなかった」 岩波側の本音

スポーツのルールを当てはめると、一回の試合で勝負を決するのではなく、勝負は三回戦。 ただスポーツルールと大きく違うのは試合の勝数の多さで競うのではなく、 第三試合で勝ちをおさめたものが三試合を通しての勝者になることである。 従って第一、第二試合で連敗しても第三試合で勝てば勝負は勝ちなのである。 いうまでもないが二勝一敗での敗訴決定もありうる

 

◆平成19年5月17日 
沖縄戦「集団自決」から62年 真実の攻防
「日本の名誉」懸けた裁判
原告負ければ、勢いづく左翼

 今年一月十九日。大阪の昼の気温は六度。暖冬といわれたこの冬だが、頬(ほお)に当たる風は冷たかった。大阪地裁前では傍聴券を求めて並んだ人が百三、四十人に膨らんでいた。
 その日の午後、彼らが傍聴を求めた202号法廷では、沖縄戦の集団自決をめぐっての言論による激しく容赦のない応酬が展開された。もし「言葉」に殺傷能力があれば、双方の弁護士はいずれも“玉砕”を免れなかったであろう――そのような想像をするほど激しい論戦が交わされた。

 先の沖縄戦で起きた集団自決が「軍命令」によるもの、という記述が最初に登場するのは沖縄タイムス編『鉄の暴風』(昭和二十五年、朝日新聞社)である。

 その後、上地一史著『沖縄戦史』(時事通信社)、家永三郎著『太平洋戦争』(岩波書店)、中野好夫・新崎盛暉共著『沖縄問題二十年』(同)、大江健三郎著『沖縄ノート』(同)などによって広く流布され、教科書に記載される「定説」となったのである。

 ノーベル文学賞を受賞した大江氏の『沖縄ノート』は昭和四十五年以来、既に五十版を重ねているが、彼は軍命令を出した隊長について「あまりにも巨きい罪の巨塊」などと断罪し、公開処刑がふさわしいとまで言い切っている。

 これに対して当時の座間味島の守備隊長だった梅澤裕氏(90)と、渡嘉敷島守備隊長だった赤松嘉次(よしつぐ)氏(昭和五十五年死去)の弟、秀一氏(74)が「命令はなく、住民自ら自決した」として一昨年八月、大阪地裁に提訴したのである。

 書籍に綴(つづ)られた文字は彼らの生命を奪うことまではしなかったが、戦後、家庭や職場に波紋を呼び起こし、言い知れぬ苦悩を強いた。原告は「誤った記述で多くの読者に非道な人物と認識される」として版元の岩波書店と『沖縄ノート』の著者、大江氏を相手に出版差し止めと損害賠償合計三千万円を求めたのである。原告、被告双方に「応援団」ができ、支援のブログもある。

 双方の主張についてはおいおい紹介していくが、ここではこの裁判の意味について触れておく。

 「軍命令による集団自決」は、その後、左翼勢力を中心に、沖縄戦の最大の悲劇であり、沖縄戦の特徴と喧伝(けんでん)されてきた。日本軍は沖縄県民を守るどころか犠牲にした、という主張は、その後の反自衛隊、反政府運動、反米運動などの最大・最強の「原点」となった。戦後、「南京大虐殺」と合わせて、日本軍の、ひいては日本人の残虐性の根拠として大いに利用されてきた事件でもある。「南京大虐殺」については、多くの研究者などの努力でその虚構が暴かれたが、沖縄戦の「軍命令による集団自決」には、幾つかの反論も出たが、著作物としては軍命令を肯定するものがあふれている。

 この裁判を通じて、実は「軍命令」なるものは存在せず、それどころか原告側が訴えているように「島民の遺族の補償のために、虚偽の軍命令を容認した」というのが真相であれば、沖縄の左翼運動はその「足場」を喪失し、一方、沖縄の保守派の活動が大きく弾みを付けることは明らかだ。依然として残る自衛隊アレルギーも解消されよう。最近でも自衛隊の音楽演奏会が中止されたり、自衛隊員を父に持つ子供が「お父さんは人殺し」などと教師に言われて、深く傷ついたという話があるほどなのだから。

 故に原告側は「二人の名誉回復だけにとどまらず、日本の名誉を守り、子供たちを自虐的歴史認識から解放して、事実に基づく健全な国民の常識を取り戻す」裁判と位置付けている。もちろん、教科書にある記述も全面的に見直しを求められよう(地裁判決前に、記述修正が行われ、関係者を驚かせたが、これも後述する)。

 これに対して被告は、「軍は住民を守らない」という沖縄戦観を覆す意図を持った、極めて政治的な意味合いのある裁判である、と警戒感を強める。

 裁判で原告側の主張が退けられれば、日本軍の残虐性が証明された、として被告を支援する文化人やメディアが、猛烈に宣伝することは火を見るより明らかだ。

 沖縄の保守派はますます肩身の狭い立場に追いやられよう。双方ともに譲れないこの裁判は、地裁、高裁で決着を見ず、最高裁まで争われるのは必至だ。最高裁がその結論を下すのは三、四年先になるだろうと関係者はみている。

(編集委員・鴨野 守)

                                                ◇

【追記】

冒頭で書きましたように午前中にアップした本日のエントリーがコメント欄のみ残して午後には消失してしまいました。

ちょっと力を入れて書いたつもりで、おまけに控え文を残していなかったために、がっかりと憂鬱が重なって書き直す体勢が取れません。

午前中に一部だけ見ていたテレ朝の「サンデープロジェクト」で岡本行夫氏が珍しく正論を吐いていたのでその部分だけ感想を述べます。

上海で行われた日中識者討論のTV番組VD放送での発言:(要旨)

「かつてクリントンが当地を訪問した際、中国首脳は、アメリカに照準を向けていた核ミサイルを外すと言い、実際その通りにした」

「今回のコキントウの訪日で真の日中友好を望むなら中国は日本に照準を向けた核ミサイルの照準を即刻外すべきだ」

「日本は核もミサイルも無い国なのだ」

 

日中首脳会談の議題としてマスコミが騒ぐ、

①毒ギョーザ問題、

②尖閣ガス田問題、

③チベットの人権問題

・・・に優先させて、福田首相はこちらの方から、(先方から言い出すことは考えにくいので)

「日中友好を望むなら、日本へ照準を向けた核ミサイルを外せ!」と要求すべきだ。

 

福田首相が「相手の嫌がることはしない」という腰抜け外交をすることが予想されるが、

相手の喉元に匕首(あいくち)を突きつけながらの日中友好も無いだろう。

中国に日本を狙った核ミサイはけしからん。

即刻日本向けの照準を外せと思う方、

クリックお願いします。

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サイパンの悲劇」と「集団... | トップ | なりすまし弁護士と裸の王様 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キー坊)
2008-05-04 09:22:00
裁判の開始時期まで、赤松弟は「沖縄ノート」をろくに読んでなかった、と出廷証言後の記者会見で言っていた。梅澤に至っては、裁判始まってからも1回も読んでなかったと言った。
これは常識では考えられない事だ。自分の名誉が毀損されているかどうか判らないのに提訴するのは、何か裏があっての事だと誰でも思う。
つまり、二人の原告は自分の意思でなく、靖国応援団とか作る会に唆されて裁判を起こしたのは明白であって、いかがわしいものと裁判官は予断するだろう。

高裁で、反動的感覚の裁判官が担当すれば逆転勝訴もあり得ない事ではない。が、沖縄では11万人の目が光っている。(実際は1万8千だなどと野暮な文句は付けるなよ)それを押し返す気概があるかどうか。

この裁判の黒幕は何と言っても曽野綾子である。三十五年前に「ある神話の背景」で勲章をもらって、三流文士から保守論壇の重鎮にのし上がっている。彼女は意地に掛けても沖縄を貶める言論活動を継続しなければならないはずだが、最近は引っ込んだままだ。さしもの怪女もお年を召したか。
嘘の暴風 (物言うサラリーマン)
2008-05-04 21:11:57
とはいえ書いた本人もん何の根拠もなく書いたわけで、フィクションと読んで言い訳でしょう。
大江という人、どこでどう間違ったか、なんでこんなフィクションを書くようになったんでしょうかね?
百聞は一見にしかず、どちらが正しいかビデオを見てみれば素人でも分かるものです。
これで私が騙されれば相当な詐欺師ですね。
それにひきかえ誰でしだっけ、ええと、宮城なんとか、あまりにも胡散臭い。何が彼女をそうさせたのか。
11万人、笑わせるのもいい加減にしてください。
ところで私は関東に住んでいますが、当の沖縄の若者たちはどう思っているのでしょうか?
まさか沖縄独立なんて夢物語を信じているのではないでしょうね?
Unknown (kuma)
2008-05-04 22:35:21
11万人の目なんて光ってないよ。

裁判のことすら知ってる人ほとんどいないし。

沖縄の若者(と言っても琉球大学生)は、自治会の学生がアジってるだけで、一般学生は無関心。沖縄独立なんて自治会の学生すら言ってないです。

先日PTAの飲み会で、「特攻」のこと知らせたいって話してたら、となりのお母さんが「なんであんなに日本軍を悪く言ってんのかね、絶対おかしいよね。あたしが両親から聞いた話は日本軍のいい話ばっかだったから、なんか、作為を感じるのよ」とか憤られてました。先日なくなられた比嘉喜順さんの知り合いの人らしくて、この前の教科書問題に関しても憤ってらしたです。身近にこんな人がいたのにびっくりしました。
飛ばしてますねぇ (キキ130)
2008-05-06 00:14:07
キー坊さん飛ばしてますねぇ。11万人もいるならちゃんと一人一人数えて証拠をだしましょうね。俺の友人に沖縄タイムスで働いてる奴のがいるんだけど実際にはそんなに人はいなかったよって認めてたよ。

あなたのmixiの日記読んだけど曽野綾子が憎いだけなんでしょ?いい歳して東京で何やってんの?

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ノーベル賞受賞者の言訳 (Troubled days)
 ノーベル文学賞までとりながら、この学者は自分に向けられた訴えと、しっかりと向き合っておらず、アメリカ軍の日本侵略における当時の「沖縄住民集団自決」に「日本軍の命令が有ったか無かったか」を争いながら、日本軍があたかも命令したごとく世界に言いふらし、自ら...