狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

翁長氏「埋め立て撤回」の明記拒否!

2014-10-15 07:38:51 | 県知事選

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

 

本日午後7時より、チャンネル桜「沖縄の声」の「選挙特別番組」に出演します。登録よろしくお願いします。
↓↓↓

 

昨日出演したチャンネル桜「沖縄の声」で、7日仲井真陣営が翁長陣営に突きつけた5項目の公開質問について触れ、回答期限が昨日(14日)であり、本日(15日)の新聞が楽しみである、と述べた。

さて、今朝の沖縄タイムスをめくって見たが・・・・、ない!

それもそのはず、翁長氏は「(公開質問状は)ほかの立候補者にも提出すべきで「不公平」などと批判し、仲井真陣営に回答せずに記者会見で明らかにしたとのこと。

だが、関連記事の次の見出しを見て驚いた。

「あらゆる手法で阻止」

辺野古移設 翁長氏公約明記へ

「オール沖縄」を離脱し、照屋昌吉氏は「埋め立て撤回」を公約に明記するとして立候補したが、翁長氏に「翁長氏が『埋め立て撤回』を公約に明記するなら立候補は辞退する」と説得したが拒否されている。

頑なに公約明記を拒否していた翁長氏が終に折れて「公約明記」を決意したかと思いきや、これは何時もの」沖縄タイムスの印象操作見出しであった。

記事をよく読むと公約に明記するのは辺野古移設を「あらゆる手法を駆使して辺野古新基地を造らせない」の文言であり、現知事による辺野古埋め立ての承認に対する行政手続き上の撤回や取り消しについては明記しない、というのだ。

「埋め立て撤回」は「選択肢の一つ」との認識で選対本部は一致しているという。

沖縄タイムスが印象操作をするのは何時ものことで驚かないが、それにしてもわかりにくい回答だ。

翁長氏は「(公開質問状は)ほかの立候補者にも提出すべきで「不公平」などとして直接の回答を拒否したが、「オール沖縄」などと一番わかりにくい態度の翁長氏だからこそ同氏に質問したのであり、他の候補者は比較的わかりやすいので質問の必要もなかった。

改めて5項目の質問の内容を列記してみよう。

(1)普天間移設を「いつ、どこへ」と考えているかを選挙前に具体的に示してほしい

(2)辺野古埋め立て承認を「撤回」としない理由

(3)翁長氏の選挙母体は「革新」ではないか

(4)オール沖縄を掲げながら選挙母体事務所を2カ所に設置する理由

(5)那覇軍港の浦添移設と普天間の辺野古移設の相違について。

仲井真陣営は、有権者が『腹8分腹6分」などと曖昧模糊の翁長氏の発言の一番知りたい部分を質問したわけだが、結果的にいずれの質問にもまともに答えることなく敵前逃亡したことになる。

 

辺野古、4日ぶりに座り込み カヌーも5日ぶりに活動

 

琉球新報 2014年10月14日 

 

台風19号の影響で途切れたフロートの中に入りカヌーをこぐ市民ら=14日午前10時ごろ、名護市辺野古
4日ぶりに再開した米軍キャンプ・シュワブゲート前の座り込み=14日午前、名護市辺野古

 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設先となっている名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では14日、4日ぶりに市民ら約60人が集まり、埋め立てに抗議した。辺野古の浜からは、市民らのカヌー13隻が5日ぶりに海に繰り出した。
 辺野古沖や大浦湾のフロートは、台風19号の影響で途切れたり、浜に打ち上げられたりしていた。カヌーをこいだ市民らが途切れたフロートの中に入り、フロート内を進む様子も見られた。
 午前11時現在、辺野古沖には沖縄防衛局のボートが1隻あり、作業船や海上保安庁のボートなどは確認されていない。
【琉球新報電子版】

                

7日の「植草・喜納シンポジウム」に辺野古テント村から駆けつけたY氏は、フロアから発言を求めた。

名前やアクセントから判断し、県外出身者と思われるY氏は、連日辺野古で「体を張って抗議活動をしている者」と自己紹介したが、上記記事のカヌー隊もお仲間のだろう。

y氏はマイクを握りこう発言した。

「辺野古で抗議する中高年の抗議団やその指揮官は、植草先生の指摘する翁長氏のウサン臭さを知らずに毎日抗議している」

つまり辺野古で連日抗議している老抗議団やその指導者は自分たちが熱烈支援する翁長氏に関し、無知なままで活動しているというのだ。

翁長氏の「腹8分腹6分」を妄信し、翁長氏の発言のいかがわしさに無知なまま抗議活動を続ける辺野古の抗議団の方々に次の言葉を再度捧げる。

「無知は至福なり」

日本にはこんな諺もある。

「知らぬが仏」

本日(18日)はチャンネル桜「沖縄の声」の特別番組で、昨日行われた与世田兼稔氏の那覇市長立候補の記者会見の模様や、「公開質問状」の件について触れる予定です。

■お知らせ■

翁長市政を糺す那覇市住民訴訟報告会

日時:⒑月23日(木)16時から18

 

参加費:無料

 

会場:那覇市ブリリアントポート (会場:カサブランカ)⇒地図

ttp://brilliantport.com/access/

900-0016 沖縄県那覇市前島3-25-2 泊ポートビル

 

国道58号線を「とまりん(かりゆしアーバンH)」から泊交差点(共産党本部ビル)向けに行く途中の橋に手前左側にあるビルで側面に青いリボンのペイントをしてあります。

TEL:098-943-2080 FAX:098-943-2088

*駐車場が6台分しかありません。とまりんの交番隣の駐車場を利用してください。最初の1時間は¥200です以後、1時間ごとに¥100が加算されます。

 

 問い合わせ:住みよい那覇市をつくる会事務局

09097807272 ニシコリまで

 

   よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

 

 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄知事選、狐と狸の騙しあい | トップ | 沖縄をダメにした沖縄2紙 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (久茂地狂歌)
2014-10-15 07:53:48

沖縄紙 シナに阿(おもね)り 香港の

   民主勢力 見捨てて居(お)りぬ


香港は 見ざる聞かざる 言わざるか

   偽善一筋 沖縄左翼


Unknown (東子)
2014-10-15 10:37:20
「承認撤回・取り消し」はしないで、辺野古阻止できなかった。
「承認撤回・取り消し」をして、辺野古阻止できなかった。

辺野古阻止できなかったという結果は同じと素人は思う。
が、翁長氏にとっては違うということ。


純粋に辺野古を阻止を考えている平和を愛し、ジュゴンを愛す人々の気持ちになってみる。

「承認撤回・取り消し」はしないで、辺野古阻止できなかった場合
死力を尽くしていない感が残る。
国への不信不満が翁長氏へ向かないのか?

「承認撤回・取り消し」をして、辺野古阻止できなかった場合
全力を尽くしてできなかった感がある。
国への不信不満を煽ることができる。


「辺野古阻止やる気無し」の翁長氏にとって、死力を尽くした印象の方が良いと思うのですが、翁長氏にとっては違うのですね。
仲井真陣営の質問(2)の答は、是非とも知りたかった。
Unknown (東子)
2014-10-15 10:42:22
キャンプ・シュワブゲート前の座り込みの人々に植草氏の後援会内容が伝わっているか、気になっていましたが、「4日ぶりに再開した~」の記事では、60名。
いつもと同じ数ですね。

仲井真知事側の流すネガティブキャンペーンとして処理?
Unknown (東子)
2014-10-15 10:56:39
「社説[新聞週間に]言論が脅かされ始めた 沖縄タイムス 2014年10月15日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=86591

>国会でこのような質問をすること自体、異常だと言わなければならない。

ならば、沖縄県議会で照屋議員が3月に
 上原氏が琉球新報を相手に「パンドラの箱削除訴訟」を提訴し、
 福岡高裁で琉球新報が全面敗訴した
ことを県は知っているかという質問は、なぜ、問題にしない。
歴史問題なぞ、県議会で質問するなと言っても良いのですよ、沖縄タイムスさん。

詳しくは狼魔人日記「県議会で爆弾質問!照屋守之自民県議、新聞の言論封殺について 2014-03-07」で。
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/76388ceb4e10b7b0e3a5039a55ee6f10
Unknown (Unknown)
2014-10-15 11:34:41
「不公平だ」とか子どもじみた反論をした挙句、「取消・撤回を含めて」などと曖昧な逃げを打ちましたね。
卑怯ですねー。新聞は全く書いていないし。

メディアと権力奪取を目指す勢力が結託して異論を許さないという態勢は、ファッショに近いと思います。
QABニュースより。 (越来のK本S子)
2014-10-15 15:07:35
琉球の島々文化連絡会発足
http://www.qab.co.jp/news/2014101359150.html

↑例の、その気もないのに「琉球独立」などとランチキ騒ぎなあの基地外サヨク連中が、またおかしな会を立ち上げた…、ってニュース。


>会は、文化の維持・継承のためにはどのような社会が求められるか、という視点から、辺野古での新基地建設や高江でのヘリパッド建設など、今の沖縄が直面する課題について、考えることなどを目的としています。

…え~っと、どうして「文化の維持・継承」の話と、「辺野古での新基地建設や高江でのヘリパッド建設」の話がつながるんですかね~?

マトモな県民…、いや人間には、まったく分からないさ~(笑)。


Q+リポート ある外国人女性が見た辺野古
http://www.qab.co.jp/news/2014101459201.html

↑その正体は、イスラム過激派に感化されたホーム・グロウン・テロリストとしか思えない基地外サヨクガイ(外・害)人の若作りおばさんが、同じくホーム・グロウン・テロリスト仲間の辺野古の基地外サヨクのプロパガンダ映画を制作中…、ってニュース。


ここまでくると、こいつが受けたっていう12年前の事件、ホントに起こったのかなって思えてくるね~…。


県内大学学長ら米軍機飛行中止を要請
http://www.qab.co.jp/news/2014101459192.html

↑県内大学学長、3回目のコドモのワガママ要請…、ってニュース。


>今回新たに、辺野古にキャンパスがある沖縄高専の校長など5人が会見に臨みました。

…へぇ~。普天間基地の移設を条件に出された予算で建った学校の校長が、ねぇ~。

恩知らず・恥知らずもイイトコだね~…。
Unknown (Unknown)
2014-10-15 17:16:40
沖縄県港湾空港建設協会
医療関係11団体なごみ会
沖縄県水産業振興対策協議会
日本歯科医師連盟
沖縄県中小建設業結の会
日本薬剤師連盟
沖縄県薬剤師連盟
沖縄県道路運送経営研究会
電力総連

ここ2、3日でも仲井真氏に推薦がぞくぞくときています。勝ちましょう!
琉球新報の発狂社説2題。 (越来のK本S子)
2014-10-15 18:28:59
<社説>新聞週間 「知る権利」守る使命胸に
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-233122-storytopic-11.html


>「知る権利」守る使命胸に

本日の、お前が言うな其の一(笑)。

とりあえず、朝日が慰安婦誤報の件で、池上さんにしたのとおんなじコトを、自分らは集団自決でやって訴えられ、そして敗訴したってことをちゃんと認めてから、こういうコトは言ってね(笑)。


<社説>大学へ脅迫文 卑劣な「言論テロ」許すな
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-233121-storytopic-11.html


>卑劣な「言論テロ」許すな

本日の、お前が言うな其の二(笑)。

こっちとしては、あんたらがケヴィン・メアさんや、田中前防衛局長にやった「卑劣な「言論テロ」」の方がいちばん許せないんだけど。


どうやら、本日の沖縄タイムスの発狂社説でも取り上げられてる、元朝日記者が教授としている大学に対する脅迫のコトをそう言ってるみたいだけど…、

こっちには、誤報で国を貶めた「卑劣な「言論テロ」」リストをかばってるようにしか見えないんですけど(笑)。


そもそも、その大学への脅迫…、

その「卑劣な「言論テロ」」リストをかばうために、アカいお仲間がやったとしか思えないんですけど~(笑)。
Unknown (東子)
2014-10-15 18:51:07
「翁長氏「撤回か取り消し」辺野古対応に言及 2014年9月18日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=83465

>「私は承認しないと決意表明している。県民の判断が下された後に、承認の撤回、取り消しの選択を視野に入れて頑張りたい」とあらためて辺野古新基地建設に反対し、承認の撤回や取り消しも検討する考えを示した。

翁長氏は、1ヶ月前、踏み込んで「当選したら『承認撤回・取り消し』言うかもよ~」と言ったのに、今回の記者会見では、言わなかった。
翁長陣営にとっては「承認撤回・取り消し」の言葉は、口に出すのも憚られる言葉なんだぁ。

「承認撤回・取り消し」は、
口に出すのも憚られる言葉で
正論を貫く共産党も出さないことを了解している言葉。

謎。
 (沖縄県民)
2014-10-15 20:22:21
1 泊の共産党事務所前を通りかかったら、以前見かけた翁長氏ののぼりがない。保守取り込みのため、共産党の応援色を薄めようとしているのか。一方那覇市内で見かけたC委員長来るのポスターでは翁長氏がメイン扱い。両者がなぜ蜜月でいられるのか謎だ。
 「県庁人事・・・」の妄想が頭から離れない。もしかしたら「NHKを告発する」で取りざたされた教授等の名前が挙がっているのかも・・・と妄想が湧く。
2 公開質問に答えないところを見ると、翁長氏にとって「有権者がものを考る」のは困るようだ。「宣伝に反応するだけ」にせよと言いたいのだろうか。
3 豊見城市長選挙で左の候補が琉球民謡調の曲に自分の名前をのせて流している。ずいぶん前に東京で聞いた「ショコ・ショコ・ショウコ~。アサハラショウコウ」を思い出してしまった。
琉球新報による世論調査 (愛国者)
2014-10-15 23:51:45
紙面によれば、3981世帯(人)のうち610世帯(人)が
回答。この時点で約15%が回答。残りの世帯は不在
のようなことでお茶を濁します(ありえない。ほとんど
が回答拒否と想像。)。単純に算数の世界だと、610
世帯(人)の80%は488世帯(人)。前述の、3981世帯
(人)に対して488世帯(人)。割合は、約12%。単純
比較はできませんが、80%が反対の報道は明らかに
「ねつ造の疑いがあり」と分数計算を理解した小学生
でも不思議に思うでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
沖縄知事選まで後 1ヶ月 (遊爺雑記帳)
 11月16日投開票の沖縄知事選まで、後 1ヶ月を切りました。  政府・自民党は県連が推す仲井真知事を擁立していますが、そこに至るまでには迷走がみられたことは諸兄がご承知の通りです。  なを、滋賀県知事選で敗れた自民党は、10月26日の福島県知事選では、選挙で負...