狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

鬼の首を取った? 冨田メモ

2006-07-23 20:34:37 | 歴史

「『陛下の御心がどうであったか』ということを検証する事と『陛下がそのことを外部に漏らすお気持ちが無かった』ということは峻別して考えなければならない。」

今朝の田原総一郎「サンデープロジェクト」で桜井よし子女史が言った一言に問題の全てが潜んでいる。

陛下の「御心」に背いて、いや、メモを記した冨田氏の意思にさえ反して発表されたメモの「陛下の御心」に従えと迫る田原氏こそ陛下の「御心」を最も踏みにじる男である。

同番組でも「報道ステーション」と同じく一部トリミングされたメモの拡大写真を使用しており、それを桜井女史に指摘されると直にコマーシャルで話を打ち切り結局メヲを意識的にトリミングした理由は説明は無かった。http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=ttalk&nid=360066

 

 
★昭和天皇の発言のメモ...実際は藤尾文相の発言のメモ  http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&page=4&nid=2391217

 

………………………………………………………………
●中山善照 メールマガジン
………………………………………………………………

     ■昭和天皇が・A級戦犯・合祀に不快感?■
   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃鬼┃の┃首┃を┃獲┃っ┃た┃?┃富┃田┃メ┃モ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

     分祀を主張する政治家よ、過去の国会議決と
     4000万人国民署名を否定してからにせよ!



■鬼の首は本物か?
   いま「富田メモ」で鬼の首をとったように騒いでいるのは、左
  翼と自民党内左派(媚シナ派)とチャイナ・コリアである。だが、
  まずはその鬼の首が本物なのか、ハリボテなのか確認しなければ
  ならない。検証作業はまだ行われていない。

   インクの色、メモ紙の白さと、その部分だけが手帳に貼りつけ
  てあったことなども疑問視されている。ニセメール事件もあった
  ことだし、まずは真贋検証が必要だろう。平気で嘘をつくるジャ
  ーナリストがいるからだ。

   昭和天皇が最後に参拝なさったのは昭和50年(1975年)であ
  る。そして、いわゆる・A級戦犯・が合祀されたのは53年(19
  78年)であり、メモの内容はこの点でも矛盾している。内容の面
  からもこのメモは巨細な検証が必要である。


■極東軍事裁判を認めるかどうかである
   さて、首相の靖国神社参拝問題の本質は、靖国神社に合祀され
  ている、いわゆる・A級戦犯・を・A級戦犯・として認めるかど
  うかの問題なのである。昭和天皇ご発言の断片的メモで事の是非
  を考えるべきではない。

   つまり、極東軍事裁判を認めるかどうかの問題なのである。あ
  の東京裁判は国際法から言っても違法であり、事後法で人を裁い
  ている。私は一日本人として絶対に認めない。まともに法律を勉
  強した法律家なら、たとえ左翼であってもこの裁判の無法性は認
  めるだろう。


■国内の戦争総括は必要
   かれら先人たちは世間一般で言う「犯罪者」ではない。
   激しい歴史の奔流のど真ん中に立たざるをえなかった人たちで
  ある。あの戦争は避けられなかった面がある。私は「大東亜戦争
  運命論」をとる。あの戦争は一握りの戦争指導者によってひき起
  こされたものではない。日本指導部はナチスではなかった。

   ただし、国内においての戦争責任、あるいは余りに無惨な敗戦
  責任は問われなければならない。そういった「歴史の総括」は必
  要であろう。しかしそれは断じて・A級戦犯・としてではない。


■日本の国内法ではもはや・戦犯・は存在しない
   昭和27年、サンフランシスコ講和条約によって日本は独立を
  回復した。そして条約にもとづき・戦犯・赦免運動がはじまった。
  この昭和27年から30年にかけて4回の・戦犯赦免・の国会決
  議があり、そして4000万人をこえる国民の赦免署名があった。

 ●1952年(昭和27年)6月9日参議院本会議にて
          「戦犯在所者の釈放等に関する決議」
 ●1952年(昭和27年)12月9日衆議院本会議にて
          「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」
 ●1953年(昭和28年?月3日衆議院本会議にて
          「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」
 ●1955年(昭和30年)7月19日衆議院本会議にて
          「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」
          (以上、全会一致。社会党・共産党も賛成)
 
   これが意味するものは何か?当時の政治家と日本国民は極東軍
  事裁判を否定したのである。もし本当に戦犯であると思っていた
  のなら、決して赦免運動、赦免決議をしなかったであろう。この
  事実は重く受け止めるねばならない。

   つまり、日本国民は戦時の政治家をヒトラーやムッソリーニの
  ような独裁者であると思っていたわけではないのだ。


■国会決議をひっくりかえす必要がある
   さて、このような赦免運動・決議の結果、すでに処刑されてい
  た・戦犯・は「法務死」とされた。だからこそ靖国神社に合祀さ
  れたのである。靖国神社が独断で合祀したわけではない。

   分祀を主張する政治家よ、この事実をどうとらえているのか。
   あなた方先輩諸氏の国会決議と4000万人をこえる国民署名
  を否定するのか。であれば、あらためて国会決議をして「あの国
  会決議と赦免署名は間違っていた」と、法的に否定してみせねば
  なるまい。


■「永久戦犯」にするつもりか!
   国内法ではもはや・戦犯・は存在しない。また、国際法でも、講
  和条約締結ですでにケリはついている。存在しない・戦犯・に対し
  て外国からケチをつけられるいわれはない。

   サンフランシスコ講和条約に参加していない共産チャイナ、戦争
  当事国でもないコリアは法的にも、口出しできる資格はない。

   総裁選で靖国問題をもちだし暗躍する山崎拓よ。
   まさか、近頃のノンポリ大学生のように・A級戦犯・を「永久戦
  犯」だと思いこんでいるのではあるまいな。ヘンタイ男は総身に智
  恵がまわりかねるのかも知れないが、チャイナやコリアの圧力で合
  祀をはずしたり、別の慰霊施設をつくったら、そのとたん「永久戦
  犯」になるのがわからんのか!


■中曽根氏よ、4000万国民署名を無効にしてみよ
   中曽根元首相よ、合祀をはずしたら、日本人は永久にチャイナと
  コリアに頭があがらなくなることを承知の上でご発言か?
   それほど分祀に信念がおありなら、ならば、国会決議と4000
  万人国民署名を無効にする政治活動からはじめるのが筋というもの
  だろう。

   戦争責任は問えばよい。あの戦争を総括すればよい。だがそれは
  ・A級戦犯・としてではない。無法な極東軍事裁判を絶対に認めて
  はならない。

   チャイナ・コリアの圧力に屈してはならない。屈したら、日本人
  は子々孫々、この両国に頭を押さえつけられることになる。50年
  後、100年後のために、今日明日の摩擦を恐れるな!



--------------------------------------
中山善照/C.I.Cプランニングオフィス
cic_zensho@ybb.ne.jp

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亀田興毅より一足先に世界王... | トップ | ミサイルより破片が怖い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL