狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

北方領土でロシアに完敗か?

2010-11-03 07:44:31 | 外交・安全保障

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

駐ロシア大使、きょう一時帰国

 ロシアのメドベージェフ大統領が北方領土を訪問した問題で、前原外務大臣は河野雅治・駐ロシア大使を一時帰国させたうえで、事情を聞く方針を明らかにしました。河野大使は、きょう成田に帰国します。

 「メドベージェフ大統領の北方領土訪問を受けて、事情を聴くために河野駐ロシア大使を一時帰国させることにしました」(前原誠司外相)

 前原大臣はきのうの会見でこのように述べて、河野大使を一時帰国させることを発表しました。前原大臣は、「一時帰国の期間は決まっていない」とも述べましたが、あくまでも事情を聴くための帰国で、対抗措置を目的とするものではないとの考えを示しました。

 「事情を私も聞きたいと思って、そう指示しました」(菅首相)

 また、菅総理もこのように述べて、今回の帰国指示が総理の判断であることを明らかにしました。

 外務省は当初、「APEC前の訪問の可能性は低い」と楽観的な見通しだったことから、前原大臣は大使館が収集した情報について、きょうにも帰国した河野大使から詳細に聴く見通しです。(03日01:31)

                                                      ◇

ロシア外相「大統領訪問、他島も計画」    
 【モスクワ=副島英樹】インタファクス通信によると、ロシアのラブロフ外相は2日、メドベージェフ大統領が国後島以外の北方領土を訪れる計画があると述べた。ロシア極東連邦管区のイシャエフ大統領全権代表も同日、「大統領は択捉、色丹島の訪問も望んでいる」と述べた。

 1956年の日ソ共同宣言では、平和条約締結後に歯舞・色丹の2島を日本に引き渡すことが明記されている。プーチン大統領(現首相)は、同宣言を基礎に2島返還で最終決着させたい意向を示していた。メドベージェフ氏が色丹島に足を踏み入れれば、ロシアが「妥協」の余地としていた島さえ返還しない意思を鮮明に出すことになる。

 会見でラブロフ外相は「大統領は他の小クリル諸島訪問も計画している」と発言した。通常、「小クリル」は歯舞・色丹を指し、すでに訪問した国後は入らない概念のため「南クリル(北方領土)」と間違えた可能性もある。

 一方、ラブロフ氏は、日本政府が駐ロシア大使を一時帰国させると発表したことについては、「日本の内政問題」との考えを示し、駐日ロシア大使を帰国させる考えはないと語った。

                         ◇

 民主党政権のアキレス腱は外交・安全保障保障だと言われていた。

それにしても、わずか1年の間に「米・中・露」という三大国との外交で大失敗をした民主党政権の責任は限りなく重い。

外交は一種の戦争だといわれるが、わが国は一年の間に「日清戦争」「日露戦争」「日米戦争」に同時に敗北したようなものである。

「民主党に一度はやらせてみたら」という平和ボケした国民の軽い気持ちが、取り返しのつかない結果を引きおこしたのだ。

日米合意を反故にし、普天間移設を混乱させたため日米間関係にヒビをいれ、

尖閣問題の弱腰対応で日中首脳は話し合いも拒否され、尖閣諸島問題をめぐって及び腰になっているすきにつけ込んで、ロシアは北方領土における不法占拠を固定化しようとしている。

「日米同盟の亀裂」そして「日中対立」のドサクサに紛れに北方領土は露大統領に「不法占拠」されてしまった。

中国に対する「柳腰」を見透かされたのだ。

ロシア(旧ソ連)が北方領土を昭和20年に不法占拠したのも、火事場泥棒的強奪だった。

ロシアは日ソ中立条約を一方的に破棄し、北方領土を強奪した。

念のため言うが、わが国は先の大戦でロシア(旧ソ連)とは戦争をしていない。

にもかかわらず北方領土の強奪を「大戦の成果」と喧伝するロシアは強奪国家に先祖がえりしたのだ

「外交交渉は話し合い」だとするわが国は、これまで幾度となく返還交渉を続けてきた。

例えば

「1956年10月、日ソ共同宣言に調印、国交回復。平和条約締結後に歯舞群島、色丹島を引き渡すと明記」

「93年10月、エリツィン・ロシア大統領が来日。北方四島の帰属問題を解決し、平和条約を締結する方針を確認(東京宣言)」

だが、自民党政権が行った普天間移設に関する日米合意を、民主党政権に変わったとたん、いとも簡単にこれを反故にした。

そして日米の信頼関係にヒビを入れた。

そこにつけ込んだのが今回の露大統領の今回の「北方領土占拠」であり、これは1956年の「日ソ共同宣言」も93年の「東京宣言」も反故にしたことになる。

前原外相は、今回の中ロ大使の召還を「対抗処置ではなく、事情を聞くだけ」とロシアに気配りをしているが、事情を聞いた後、

一体何を対抗手段にするつもりか。

ロシア大統領の北方領土占拠という強い意思表示のボールは日本側に投げつけられたのだ。

これに対抗処置もなく、この期に及んでも事情を聞いただけで大使を戻すという腰砕けなボールを返したら、

その瞬間世界の世論は「北方領土はロシアのモノ」ということで確定してしまう。

人類は歴史から叡智を学ぶ。

第二次大戦までは帝国主義的領土強奪を可としていた。

だが、現在それを行うと世界を敵に回すことになる。

ロシア事情に詳しい佐藤優氏によると、現在のロシアはソ連時代の共産主義的領土野心は消えても、さらに帝政ロシアに先祖帰りして領土強奪の野心に燃える帝国主義国家に様変わりいるという。

前原外相が「(ロシアの実効支配は)不法占拠だ」と発言したことへの対抗処置として大統領が北方領土を訪問したと報じられている。

自民党時代も麻生首相が「不法占拠」と発言し、これをめぐってメドベージェフ大統領と口論したこともあった。

だが当時はロシアが今回のような強硬手段に訴えなかった。 その理由はは、日米同盟の信頼が厚かったからだ。

日米安保の抑止力である。

ところが民主党政権になって、このような失態が続いている。

日米合意反故⇒日米同盟に亀裂⇒中国の尖閣近海領海侵犯⇒ロシア大統領の北方領土占拠・・・

立て続けに外交の失敗・国益の毀損の連続ではないか。

「柳腰」という名の「弱腰外交」はロシアに見透かされている。

どうせ「話し合い」と称してウヤムヤにしてしまう「柳腰外交」だろうが。

帝国主義的強奪国家にに変身したロシアは、「柳腰外交」に対しては次々恫喝を繰り返す。

そのうち根室も歯舞・色丹の続きであると言い出しかねない。

このままではわが国は溶解の果てに沈没してしまう。

管政権が取るべき最良の政策は、解散総選挙以外にない。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恩を仇で返す活動家候補、沖... | トップ | やはり小沢は敵前逃亡!三権... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (縁側)
2010-11-03 10:33:09
狼魔人さま おはようございます

 明治大帝万歳!

 北方領土問題はこの先数十年から百年かかるかもしれません。解決するには戦争が最も手っ取り早い方法ですが、それは愚かな選択でしょう。教科書等で国民に喚起し、いつまでもわが国土として記憶し、いつでも奪還する気概を持つ教育を施すべきでしょうね。これは竹島も同じです。
Unknown (とおる)
2010-11-03 10:33:16
> 管政権が取るべき最良の政策は、解散総選挙以外にない。

民主党議員には、責任を感じて、引退をしてもらいたい。
Unknown (のび太)
2010-11-03 10:45:22
先日、狼魔人様の告知で名護大西区公民館での
集会を知り、話を聞いてきました。ウイグルの
惨状は明日の沖縄・日本の事だと思いました。
民主党政権はダラダラとあと3年続くのでしょうか?末恐ろしいです。
嗚呼、尖閣水軍隊 (明治節万歳)
2010-11-03 11:38:16
■尖閣列島は大日本帝国最後の生命線でした。

 賞 詞

昭和二十年春沖縄作戦近迫し敵機及敵潜水艦の跳梁愈々激しく先島群島-台湾間の航行遮断せられ軍民需物資の補給杜絶するや
兵団は長川少尉を長とする水軍隊を編成し沈没又は座礁せる船舶を引上げ 之を改修して輸送路の打開を企図せり
水軍隊は隊長以下協力一致昼夜兼行して船舶の引上に或は改修に勉め敵機敵潜の来襲時期及航路等を具に検討して
尖閣列島附近を迂回する航路を創案し、第一、第三、第五千早丸の三隻の発動機船を指揮し以て此の危険海面の突破を敢行せり
而して敵機に遭遇すること数度に及ぶも隊長の果敢なる陣頭指揮下卓越せる航法並に隊員の鉄石の団結と敢闘精神により
巧に之を回避し以て此の重大任務を完遂し当兵団の作戦に大なる貢献をなせり
然り而して此水軍隊の行動は任務を有する他部隊に刺激を与え台湾-石垣-宮古島間の活発なる運航となり
軍の戦力増強に寄与すること至大なるに至り其武功真に抜群なり
よってここに賞詞を与う

昭和二十年七月三十日
        独立混成第四十五旅団長 陸軍少将 宮崎 武之
Unknown (Unknown)
2010-11-03 17:18:48
>外交は一種の戦争だといわれるが、わが国は一年の間に「日清戦争」「日露戦争」「日米戦争」に同時に敗北したようなものである。

>「民主党に一度はやらせてみたら」という平和ボケした国民の軽い気持ちが、取り返しのつかない結果を引きおこしたのだ。



まだまだ平和ボケした国民の中には、敗北に気がつかない人も多いでしょうね。


外交敗北を認識出来ない事こそが、真の敗北とも言えるかと思います。
Unknown (涼太)
2010-11-03 20:20:18
狼魔人様

自民党の言いなりだけはなりたくないの改易だけが目的の政権です。
自民党が50年かけて構築した国益を、たった一年で壊してしまいました。予測していたことが、どんどん現実になってきますね。
民主党の体質は、藤井元財務相が発言したように、出来なかったらごめんなさい政権です。
ま、一度やらせてみようと、投票した人達と同じレベルです。今アメリカがどうのとグダグダ言う人もいますが、アメリカとて一度合意した約束を、平気でを反古にする民主党です。自分が撒いた種は自分で刈り取れと言うでしょう。
民主党に今の混乱を収拾する能力も知識も経験もありません。要するに素人集団ですから。
とっくに限界を超えているのに、それに気が付かない。毎日、国の危機にヘラヘラ笑っている、空き缶初め民主党の能天気ぶりに腹が立ちます。

話は変わります。
最近マスコミもまったく報道しませんが、水着タレントの仕分けショー。なんか成果があったのでしょうか。一般、特別会計あわせて、10兆や20兆出たのでしょうか。選挙前は10兆、20兆なんてすぐ出てくるとか豪語していましたが。
鳩山元総理も「民主党が混乱しているので、議員を続けて力になりたい。」とか発言しています。
本当に私の頭では理解できません。

コメントを投稿

外交・安全保障」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL