狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「822」 アメリカとソ連の潜水艦が日本の民間船を撃沈した日

2007-08-22 17:58:25 | 歴史

 人気blogランキングへ参加しました。↓クリックお願いします。 http://blog.with2.net/link.php?514420

 

 

アジア大陸から太平洋への出口を封ずるように細長く伸びた日本列島。

その日本列島の西、日本海側に浮かぶ「対馬」。

東側、太平洋には「小笠原」。

南の東シナ海で大陸を封じ込め、台湾の近くまで伸びる「沖縄」。

そして紛れもなく戦前は日本であった北の「樺太」。

対馬、小笠原、沖縄、樺太、この四つが奇しくも62年前と、63年前の今日、8月22日、

アメリカとソ連による卑劣な民間船攻撃という点で一つに繋がる。

 

■1944年8月22日 対馬丸事件■

1944年8月22日、戦争準備中の沖縄県より疎開のため一般・学童合わせて1788名を載せた「対馬丸」が長崎へ向けて航海中、鹿児島県の悪石島沖でアメリカ海軍潜水艦から発射された2発の魚雷を受け沈没し、乗員乗客合わせ1418名が死亡した。

アメリカ海軍は、暗号解読などにより、対馬丸の予定航路を把握していた。 対馬丸が民間の輸送船であることを確認していながら、これを撃沈した米潜水艦「ボーフィン」は、

現在「真珠湾攻撃の復讐者」として誇らしげに戦艦「アリゾナ」の上にあるハワイの資料館に展示されている。

 

明くる1945年。

戦争が終わって既に一週間が過ぎていた。

だが、長崎原爆投下の8月9日に満州に攻撃をかけてきたソ連は終戦後にもかかわらず樺太に攻撃をかけてきた。

  • 1945年8月9日ソビエト連邦日ソ中立条約を一方的に破棄して占領作戦を開始する(本土最後の地上戦の開始)。
  • 1945年8月20日真岡郵便電信局事件が起こる。
  • 1945年8月28日、ソビエト軍が樺太全島を占領する(本土最後の地上戦の終結)。 (ウィキペディアより)
  •  

    ■1955年8月22日 小笠原丸事件■

    奇しくも対馬丸が米潜水艦に撃沈された同じ8月22日。

    民間輸送船「小笠原丸」が逓信省職員をはじめ女性や子供、老人など樺太からの引揚者600名近くを乗せて稚内港から小樽港へ航行中、留萌沖にて★国籍不明の潜水艦に雷撃されて沈没、700人近くの犠牲者を出した。

    (この潜水艦は、その後、引き揚げ船として利用されていた特設砲艦の第二新興丸に雷撃を加えるが反撃されて損傷、その後樺太留多加郡能登呂村の二丈岩近海で沈没している)。

    ★(ロシア側は認めていないが、当時の状況から判断してソ連潜水艦以外には考えられず、ソビエト連邦のL12またはL19説が有力)

     

    ちなみに、沖縄戦のことを「国内唯一の地上戦」という表現を沖縄の新聞は決まり文句として使う。

    だが、樺太でソ連軍に勇敢に立ち向かった日本軍と樺太住民のことはあまり知られていない。

    「国内で軍民を巻き込んだ地上戦が行われたのは沖縄樺太」というのが正しい。

    いづれにせよ樺太は戦前は紛れもなく日本の領土であった。

    リメンバー822!

     人気blogランキングへ参加しました。↓クリックお願いします。 http://blog.with2.net/link.php?514420

     

     

     

    ジャンル:
    ウェブログ
    コメント (3)   この記事についてブログを書く
    この記事をはてなブックマークに追加
    « さくらパパにスキャンダル!... | トップ | 動き出した「悪性腫瘍」  ... »
    最近の画像もっと見る

    3 コメント

    コメント日が  古い順  |   新しい順
    氷雪の門 (ヒロシ)
    2007-08-22 19:00:11
    樺太で8/15以降も戦争が続いていた事はあまり知られていないですよね。映画「氷雪の門」は先日購入しました。
    「沖縄だけ」じゃないんだということがもっと広く知ってもらいたいです。
    沖縄には住む事ができるけれど、樺太や北方領土には戻る事ができない方がたくさんいます。
    被害者意識 (moca)
    2007-08-23 05:46:48
    そうですよね。私も沖縄なんですけど
    沖縄が地上戦で多くの被害を受けたと言うたび
    いつも長崎、広島そして多くの都市が爆撃うけて
    他の日本人も多くの被害を受けただろう~って感じます。
    沖縄独特の戦争被害者意識・・それから抜け出さないと沖縄は変われないと思います。
    確かに戦争はいけない、、しかしただ反戦平和だけ叫ぶんじゃなくてどうすれば平和でいられるかの方法論としての政治を考えなくてはいけない・・国防外交しかりです。沖縄は中国の近くに位置してる。国防に対する過剰なアレルギーが今後、逆に凄く危険な結果を招かないかと不安になります。
    違う形で被害にあう事もあるんだ(中国との絡みで・・)と想像力を働かせたいものです。
    平和を望まぬ者はいない (狼魔人)
    2007-08-23 07:34:12
    ヒロシさん

    >映画「氷雪の門」は先日購入しました。

    機会を見て私も見たいと思っています。

    親兄弟をなくしただけでなく、故郷そのものまでもなくしているんですよね。

                *


    mocaさん

    >しかしただ反戦平和だけ叫ぶんじゃなくてどうすれば平和でいられるかの方法論としての政治を考えなくてはいけない・・国防外交しかりです

    仰る通りです。

    「命(ぬち)どぅ宝」という諺をサヨク勢力が、誤用しているのには困ったものです。

    先日のNHKの討論番組でも沖縄のアレな人が「攻撃された逃げれば良い」なんてバカなことを言っていましたが、これだけの戦争難民を受け入れる国があるとでも思っているのでしょうかね。

    コメントを投稿


    コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

    数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

    あわせて読む

    トラックバック

    この記事のトラックバック  Ping-URL