狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

くすぶる「PTA会費流用裏給与」問題、沖縄紙は黙殺!買

2012-06-25 07:10:17 | 未分類

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 今朝の沖縄タイムスも「PTA会費流用裏供与」問題についての記事は完全黙殺である。

この問題に戦々恐々としている勢力が、コメント欄で荒れ狂っているのに・・・。

「反戦平和は免罪符」を沖縄紙が身を持って証明しているのであろう。

           ☆

櫻井よしこ氏は沖縄の2大紙、琉球新報と沖縄タイムスを、この数十年購読していると言う。 

もちろん愛読しているわけではなく、両紙の偏向度を知るためであり、率直な感想を問われ、「両紙はもはや新聞ではない」と極言している。

櫻井氏の発言を裏書するように、今日の沖縄タイムスは、国会でも問題となり今県民が最も関心を寄せている「PTA会費流用裏給与」問題について一行の掲載も無い。 

全国紙の産経新聞が県教委の不適切な対応を抉り出しているにも関わらず、地元紙が全くこれに触れないのはいったいなぜか。

これまで「反戦平和」を合言葉に、地元紙と県教委は、長年の慣習として馴れ合いの付き合いが続いてきた。 2007年の「11万人集会」のときも、参加の要請に対し県知事は当初、「特定の政治集会に県知事が参加するのはいかがなものか」として、参加を断っていた。

だが当時の県教育長が校長会で生徒の参加を「指導」し、実施中の高校野球なども一時中止にさせ参加を要請し、会場までの無料バスを運行させるに及んで、県知事もしぶしぶ参加せざるを得なかった経緯がある。

「反戦平和」を旗印にされると県知事と言えども県教育庁の「指導」に従がわざるを得ないと言う好例であった。

それ以来、県教育庁は、沖縄2大紙が「反戦平和は免罪符」を享受する確固たる地位を手にすることになる。 つまり沖縄紙は、県教育庁がやらかす大抵の「不都合事」には目をつぶる悪しき習慣が出来上がったのである。

八重山教科書問題では、沖縄2紙は県教委(教育庁)の不始末に目をつぶるどころか、徹頭徹尾援護射撃したことは記憶に新しい。

だが、今回の「PTA会費流用裏給与」問題は、巨額の金銭が絡み、場合によっては逮捕者もでかねない深刻な問題であるため、沖縄2紙としても、八重山教科書問題のように表立って援護射撃をするわけにはいかない。

彼らが今与えられる「免罪符」は徹頭徹尾この問題を黙殺するか、多少のアリバイ記事は書いても問題の深刻さを県民の目から逸らすため本質を矮小化したベタ記事を書くことくらいだろう。

沖縄紙が「反戦平和」が旗印の沖教組に免罪符を与えている例を挙げると、地元の教師が犯した破廉恥事件を地元紙ではなくスポーツ紙でしか知ることは出来ない。

買春で小学教諭逮捕 女子高生にわいせつ「そういう事実はない」スポーツニッポン)

 沖縄県警は28日、女子高校生に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、沖縄県沖縄市立小学校教諭(45)=同県宜野湾市=を逮捕した。

 県警によると、「そういう事実はない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は2月上旬、宜野湾市内のホテルで、県内に住む女子高校生(17)が18歳未満と知りながら、現金数万円を渡してわいせつな行為をした疑い。

 県警によると、2人は携帯電話の出会い系サイトを通じて昨年知り合った。メールの内容を不審に思った女子高校生の親族から、3月に浦添署に相談があった。 [ 2012年5月28日 16:57 ]

            ☆

地元紙が報道しない「PTA会費流用裏給与」問題を当日記が取り上げると、コメント欄が突然荒れてくるという事実は、何を意味するのか。

それだけ「関係者」がこの問題の今後の展開に息を飲みつつ当日記を読んでいると言うことになる。

この問題の闇は深い!

それにしても沖縄の新聞は教員に甘い。

上記記事に関連して、読者の黒島さんのコメントを引用する。

 破廉恥な事件を起こす教師ほど、優秀で日常業務にも長け、加えて部活動の顧問などを引き受け、生徒からの人望も厚い者が多いという。
後になって、「あの先生が」と驚きの声があがることが多々見受けられるのも、そんな方々に共通した点であろうか。
普段、生徒への学力向上と健全育成のために稼動させている明晰な頭脳を、汚物のような言葉を記すことに使うのではなく、現場の教員の考える解決策として提案を作成し、堂々と投稿すべきであろう。
影に隠れ、相手を罵倒することは、コーラのような一瞬の清涼剤とはなりえても、ミルクのような栄養は無い。
そうではないか? junten殿

       ☆

【おまけ】

(本文には何の関連も無い「おまけ」です)

 

先日、とある沖縄ソバ屋に行ったときの話。
 
ソーキソバを註文したら、そこのオヤジが親指を丼の汁につけたまま持ってきた。
 
親指を入れられるくらいだから、生ぬるいに違いない。 
 
それに客の食べるものに、親指を突っ込んだまま持ってくるのも無礼な話だ。
 
第一不衛生である。
 
黙っているわけにはいかないので、勿論クレームをつけた。
 
「客に出すものに親指をつけたままでは失礼ではないか!(怒)」
 
「気がつきましたか。すみません。」
 
「知っていながらとは、ますますケシカラン!」
 
「はい、私には持病があるのです」
 
「こうして親指を絶えず暖めないと激痛が走るのです」
 
「そんなこと、俺の知ったことか!(激怒)」
 
「そんなに暖めたかったら、ケツにでも突っ込んでいろ!」
 
「ハイ、お客さん、さっきまでケツに突っ込んでいたのです、この親指を」
 
「・・・・・・・」
 
            *
 
※この話はあくまでフィクションであり、実在の沖縄ソバ屋とは何の関係もございません。
 
狼魔人
 
 

■カンパ協力のお願い■

琉球新報の言論封殺戦いを挑んでいる上原さんの訴訟へのカンパ協力は支援団体の三善会へお願いしております。

--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【口座番号】記号:17010 口座番号:10347971
【名  義】サンゼンカイ.
--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【店  名】七〇八(読み:ナナゼロハチ)
【店  番】708
【口座番号】普通:1034797
【名  義】サンゼンカイ.


よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (41)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犯人は県教委だった!ゼロ校... | トップ | 慰霊の日に、決まって出没す... »
最近の画像もっと見る

41 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じ穴の狢 (宜野湾市民X)
2012-06-25 10:26:42
狼魔人様

沖縄2大紙と沖教組・県教委は同じ穴の狢(むじな)であることがよくわかります。

「おまけ」を読んで昼飯はソーキそばを食べたくなってなってきました。
これって感性がおかしいですかねwww
Unknown (Unknown)
2012-06-25 11:52:01
コメント欄で発狂しているのは、まちb沖縄のIP:RYUKYUやsanninやFL、またはリーチというコテ一味で間違いないと思います。

本人や嫁が教員と書いておりました。
気概なき公僕 (安仁屋正昭)
2012-06-25 12:27:41
ご存知のように沖縄戦では、泉知事も副知事にあたる内政部長も内地に行ったまま戻らなかった
未だにその名前は県民に嫌われている

方や、生命をとしてまで、率先垂範で県民を導いた島田 叡知事や荒井退蔵警察部長は、70年の歳月が流れようとする今日も「沖縄の島守」として尊敬と感謝を集めている

2007年の歴史教科書問題で、宜野湾市海浜公園多目的広場で行われた県民大会が11万人との主催者のとんでもない発表を受け、本土の新聞社が宜野湾警察署に参加者の人数を聞いたところ
「警察発表はありません」と把握している参加者数の開示を拒否したという
その理由が、へたに発表すると左翼の主催者らから「根拠を示せ!」と恫喝されるからだという

県教育委員会や県警の皆さんには、島守の塔に詣でて、その遺徳と気概を学んで貰いたい
今回のこの裏給与問題、誰かが腹を斬る覚悟で臨まなければ、沖縄の教育界の清浄化は不可能となろう

教育委員会の管理者達 しっかりしろ!
Unknown (タマ)
2012-06-25 12:58:03
Unknown氏

まちbbsの該当スレと思われる所を見てきたのですが、上記のIP・コテよりもIP:0707~ezweb~と2150~au-hikari~(書き込み内容から同一人物と思われる)だと思われます。頻繁にここのブログの話題を出してきて「発狂」している様子が見てとれます。
多分gooのアカウントを取得できて嬉しさのあまり興奮してここに書き込みしたのだろうと思います。
皆さんの (黒島)
2012-06-25 16:28:19
こちらの住人の皆さんの調査能力は凄い。
さて、@junten殿だが、匿名で汚物のような言葉を吐きかけ、自分は安全地帯にいるとは思わないほうがよい。
もし、汚物の主が現職教員で、身元まで特定されたのなら、これは大変な問題になると警告したい。
今回の問題についての解決法で、前進的な提案なら検討に値するが、学校管理者側の不手際に言及することなく、それを提起した側だけを批判するのであれば、それは自己保身でしかない。
批判する方にも、される側にも生活があり、妻や子供がいることであろう。
言葉を記すときには、その部分に十分な配慮をしなくてはならない。
話題のBBS、あそこには誹謗中傷で溢れているが、一部正気を保った教員らしき者の書き込みもある。
今後、そのような書き込みを注視する必要があるが、思い当たる教員はぜひ、勇気を持ってここへ提案をしてもらいたい。
ここは決して右翼の巣窟でも、異論を袋叩きにする修羅の場でもない。
教え子を再び戦場に送るな、日の丸・君が代反対・反戦平和を標榜しながら、実態は北朝鮮を崇拝、言論封殺の圧力を持って異論を封ずる者の対極にある場である。
沖縄の教育を変え、子供を伸ばしていけるのは、勇気を持って立ち上がれる教員の力が必要だと思う。
真の健全育成と学力向上を目指す教員なら、全面的に支援したい。
Unknown (東子)
2012-06-25 20:13:40
黒島 様

>ここは決して右翼の巣窟でも、異論を袋叩きにする修羅の場でもない。
>教え子を再び戦場に送るな、日の丸・君が代反対・反戦平和を標榜しながら、実態は北朝鮮を崇拝、言論封殺の圧力を持って異論を封ずる者の対極にある場である。
>沖縄の教育を変え、子供を伸ばしていけるのは、勇気を持って立ち上がれる教員の力が必要だと思う。
>真の健全育成と学力向上を目指す教員なら、全面的に支援したい。

全面的に同意&賛成します。
話題のBBS (okinawazin)
2012-06-25 21:16:25
少し品が無く、個人名を出して批判している点は支持できませんが、早朝講座を支持している方が狼魔人様に不満を持っているのは次のコメントに近い考えだからだと思います。

-引用開始-

老魔神=○○○が駄目なのは、生徒を巻き添えにしていること。
県教委、沖教組、高教組を批判するのは勝手だが、0校時をつぶして被害を受ける生徒に、○○はどう責任を取るのか。
手当てもなくボランティアで0校時をやれというのは、非現実的な話で、あり得ない。
保護者の大半も、ある程度負担していいから0校時を続けてほしいと思っている。
どうしても負担したくないという保護者、生徒は、0校時が必修でない学校やコースを選択すればいいこと。
教師の足を引っ張って、結果として生徒の足を引っ張るようなことは、やめてもらいたい

-引用終わり-
有志の会 (okinawazin)
2012-06-25 21:44:12
八重山教科書問題での全教委協の臨時総会が、法的に何の根拠もない井戸端会議だとすれば、
これも、話題のBBSから引用しますが、

「一部保護者が勝手に作った、同好会」

には成らないのでしょうか?
3月9日の義家議員質疑 (ヒロシ)
2012-06-25 22:06:35
義家議員の質疑で
「勤務時間管理がなじまない教員の時間外勤務への対応は
時間外手当という形ではなく 勤務実態の特殊性を踏まえた上で、給特法で本給の4%が支給されることになっている(教職調整額)。
また、教員全般に給与平均の1.5%定額の義務教育等教員特別手当が支給されるようになっている。
◆一時間目の前に行う早朝講座や早朝テストの監督などの勤務についても 教職調整額上乗せ分の範囲内」
と言われているのにまだ分からないのか解りたくないのか、それとも知っているけどあえて知らない振りをしているのか??
ゼロ校時にはすでに給与が支払われている訳ですからボランティアではありません。
違法な給料の二重取りをやめさせることに反対する理由を知りたいです。

Unknown (宜野湾より)
2012-06-25 22:37:12
昨日コメント欄で荒れていた人から、
できれば「瑕疵のない事例を知っている」という話が聞ければよかったのですが、それはないようで残念。
また、有志の会がどのような性格の会であろうと誰に瑕疵があるかないかには全く関係なく、ゼロ校時やそれに似た取り組みの肯定否定とも別なことなので、二重に残念。
さらに、ゼロ校時について発言される中に、ゼロ校時やそれに似た取り組みが生徒たちにもたらす良い面(当然あると思っているでしょう)などに言及されなかったのは三重に残念です。
そして、有志の会がどのような会か(私は存じ上げませんが)、根拠を示さない見解でのレッテル貼りによるサゲや「高P連を通さずに」というところが権威好きで左翼主義的思考を伺わせ、それは「発狂した日の丸バンザイ」発言からも補強されています。
こうした左翼思考がどれほど残念なものかは、白河夜船さんが詳しく。
http://blog.goo.ne.jp/shirakawayofune001/e/d9d018db9989060808aa099c0aafcd26


昨日の阿比留さんのところから。
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2732883/
個人的には橋下市長の言動のいくつかに警戒心満々になるものもあって是々非々なのですが、この政府答弁を言質に取った条例制定案はハシゲらしいやり方です。
コメント欄にお二人ほどある、「まともな公務員は(ハシゲ案を)歓迎」は興味あります。
沖縄の教員を含む公務員で労組活動に実は辟易している人って、どれくらいいるのでしょうね。
嬉々としてやっている人ばかりじゃない気がするのですが。
Unknown (涼太)
2012-06-25 22:45:25
ヒロシ様

同感です。
今回の問題は、使い勝手の言い金に「貰えるのは貰わないと損だ」と群がっただけでしょう。
何度も書きますが、民間企業でも勤務実態の特殊性を考慮し、営業職には営業職手当てが出ます。
それ以外の残業手当は一切出ません。
それで彼らは一生懸命やっています。
自らの職業に誇りを持っているのです。
元々ゆとり教育を打ち出し、学力低下をまねいたのが日教組です。その低下した学力を補うため有料の講座を開くなどとんでも無い話です。
民間企業では、会社の業績が落ちれば賃金カット、賞与の減額は当然の話です。
金に塗れた沖教組には理解できない話でしょうが、例えば販売業の方が売り上げが落ちたので価格に転嫁しても絶対に売り上げは伸びません。
何故売り上げが落ちたのか、販売方法なのか、製品の質の問題なのか、徹底的に分析します。
そうしないと生き残れないのです。
犯罪まがいの行為をしておいて開き直れる公務員の世界はやはり特殊ですね。
Unknown (Unknown)
2012-06-25 22:48:29
OKINAWAZINこと、まちbのコテ・リーチは現在はコテをつけずにsanninで登場しています。

OKINAWAZINことリーチの主張はおかしい。
「全教委協」は確かにただの井戸端会議。
ところが、井戸端会議で決まったことを八重山採択地区協議会の結論であるといい、県教育委員会にこれを報告し
さらに県教委は文科省に八重山地区は「東京書籍で決まりで~す」と報告したが、
文科省から「あれはただの井戸端会議だ」と注意されました。

有志の会は、全教委協のように「自分らが法律だ」というような勘違いをしてはおらず
県教委や文科省に学校側の不当な行いを訴えているにすぎない。
Unknown (涼太)
2012-06-25 23:16:20
(Unknown)様

仰るとおりです。

有志の会は疑問点を質問しているだけなのに、県教委の態度は昔の琉球王朝の様に、下々の者は余計なことを言うな。納めるものを納めておればよい。との傲慢さが見えます。
昔の人頭税でもあるまいし、おかしいことはおかしいと言って良いと思います。
それを指摘された方が逃げ回るのは、小沢一郎が国会の証人喚問から逃げ回るようなものです。
似非琉球王朝は、庶民から重税を取り立てることしか頭にない様です。
そんな歪んだエリート意識には嫌悪感しか湧かないですね。
Unknown (okinawazin)
2012-06-25 23:23:55
私は、ある高校の一部の保護者とそれを支援する人達が発端の、この問題のせいで早朝講座自体が無くなる事を危惧しています。

今の流れで行くと、教師が過去にさかのぼり税金を払い、兼職兼業届を提出し、無料で講座をしたとしても文科省は認めないと思います。

文科省は、沖縄の殆どの保護者が学校から何の説明もなく、PTA会費から講座代をだまし取られたとの印象を持っているからです。

私も高校生の保護者でしたが、実情は違うと思います。

学校から説明の文書は来ましたし、早朝講座代に不満を持っている保護者は私の周りには居ませんでした。

はじめ教育問題だった早朝講座問題が政治問題になっている気がします。

認識が甘く脱税の疑いがある教師や説明責任が
不透明だった一部の高校は反省して正さなければいけないとは思います。

このコメントを読めば解ると思いますが、
私は、sanninさんほど深く物を考え切れません。

Unknown (Unknown)
2012-06-25 23:37:35
OKINAWAZINことリーチさんの心配はご無用。
なぜなら0校時をボランティアでやってる府県は9もあります。
本県は学力テスト万年最下位なので、本来ならこの9府県と同じくボランティアでやるべきです。

そうでなくとも、東京都の夜スペのように民間を参入させればいいでしょう。
ここは講師の交通費と教材費しか取ってないとのこと。
沖縄の0校時や夏期講座は独自教材ではなく、学校教科書を使用しておりますので、講師の交通費だけで済み、PTA会費料金をさらに安くできます。
Unknown (涼太)
2012-06-25 23:42:33
(okinawazin)様

そう思うなら早朝講座を辞めれば良い。
学校で所定の時間内で、必要な学力が習得出来なければ、進学塾に行く生徒が増えるだけです。
私は思うのですが、0校時授業があろうが無かろうが進学塾にかよう生徒の数にあまり変化はないと思いますよ。それほどに学校教育は信頼性を失っているのです。
その根本的な問題にメスを入れず、先にお金ありきでは益々学校への信頼はなくなりますね。
Unknown (okinawazin)
2012-06-25 23:49:42
筋を通して権威が有ったから、教育委員の数で少数派の育鵬社に決まり、筋が通らず権威の無い多数派の「井戸端会議」は相手にされなかったのではないでしょうか?

「同好会」は、その逆パターンの上、文科省の認識とは違い少数派ですよね?

Unknown (Unknown)
2012-06-26 00:01:07
リーチ、違うよ。
石垣市と与那国町は育鵬社を採択し、採択地区協議会でも育鵬社を採択した。
しかし竹富町が我が国史上初の採択地区協議会無視をやって東京書籍を採択した。
そこで話し合いをしようと持ちかけてメンバーを集めたら、突如「この場が採択の正式な場である」と勝手に宣言した。
やはり、これを文科省は認めなかった。
情けない (黒島)
2012-06-26 00:07:28
okinawazinとやら、この問題を解決するためのプランでも持参したのかと思いきや、個人批判とは情けない。
今までの違法行為に言及せず、問題提起したほうが悪いという理論は、盗みを働いた泥棒より、泥棒を通報した方が悪いという理論に行き着く。
ゼロ校時を廃止しろと有志の会は要求しているのか?
直接確認してから言葉を紡ぐべきであろう。
自身で調査をせず、新聞記事や思い込みで全てを決め付け、泥を吐くのではなく、この問題をどう解決させるかを、堂々と提示されるがよい。
上記コメントの「考え切れない」という言葉ではなく、ぜひ考えて頂きたいのである。
貴殿はそんな程度の低い論客ではない。

さて、貴殿も保護者であったのなら、話は早い。
早朝講座及び課外授業の継続に誰が異論を挟むであろう?
誰もそんなことは望んでいないだろう。
聞くところによると、廃止をちらつかせたのは、教員の側だと聞く。
その実施と、それに対して支払われた手当の違法性とは全くの別問題である。
それとも貴殿は、講座に反対する保護者がいない=法を無視してもいい、という考えであろうか。
貴殿は現状が違法状態であったことを認識した上で課外授業を黙認してきたのか。
そうではないだろう。
「生徒の学力向上のため」という美麗句で、ズルズルと継続されてきた慣習に、初めて変革の時が訪れたのである。
法治国家において、赤信号皆で渡れば怖くないということは通用しない。
だからこそ、ここの住人の皆さんは真剣に解決策を模索している。
貴殿もここの住人としての自負があるのなら、右とか左とかの考えを捨て、共に解決策を考えようではないか。
輝きある未来を共に望むなら、手を携えることが出来ると思わないか。
沖縄の教育の現状は、もう待ったなしの状況で、我々大人が貶し合いをしている場合ではない。
いまこうしている時間も、生徒のために尽力されている教員諸氏がおられる。
そのような方々に報いる最善の方法をぜひ、ご提案頂きたい。
ここで力を合わせることで、日本の教育現場を変えるきっかけになると信じている。
「考え切れない」ことはなかろう?
Unknown様 (okinawazin)
2012-06-26 00:13:00
>石垣市と与那国町は育鵬社を採択し、採択地区協議会でも育鵬社を採択した。

これが少数派ながら、権威ある採択地区協議会で採択することにより、筋を通した事になったのではないでしょうか?

「有志の会」は、沖縄県の保護者を代表して質問するなら、県教委や高P連を通すのが筋だと思います。
これは好き嫌いの問題ではないのでは?
Unknown (Unknown)
2012-06-26 00:23:26
権威ある採択地区協議会ではない。
教科書採択の法的な根拠を持つ採択地区協議会が正しい。

有志の会はただ質問をしただけ。
質問も許されないのか?沖縄は北朝鮮ですか?
okinawazin様へ (選挙人)
2012-06-26 00:31:45
いま喫緊の課題となっていることへの提案ではなく、なぜに教科書問題結びつけようというのだろう?
教科書問題と、これとは全く別な話だろうが。
それとも、教科書問題へ誘導し論点をぼかすことが目的なのかな。

それに質問は全保護者の代表ではなく、有志という憂いを持つ者たちが提出したもの。
沖縄では、質問さえ「総意」を得なくてはならないのかい。
全く、Unknown氏が言う通りだよ。

ならば現在叫ばれている「県外移設は県民の総意」との整合性はつけられるのか。
県民には県内移設容認派は一人もいないってこと?はあ?
ご都合主義はやめろよ。
せっかく登場したんだから、もう少し前向きな話をしてくれ。

君の文章は、考え切れない、という人間が書く文章じゃないよ。
そろそろ腹括れよ。
Unknown (okinawazin)
2012-06-26 00:33:52
なぜ、早朝講座が廃止の方向かは、今までの狼魔人様の早朝講座エントリーをもう一度、読まれたら解ると思います。

良い案は、話題のBBSで語り尽くされているのでそれ以上の案は私には思い浮かびません。

私が考えるのは、法律違反や不透明な点は正し、提出する書類があるなら提出し、保護者と教師、学習塾が政治問題にして敵対する事無く、助け合って少しづつ上がってきた学力をさらに向上させてほしいと思うだけです。

溝ができてしまうと、一部の保護者が次に
「公共施設の目的外使用」について問題にしてくると思います。
Unknown (Okinawazin)
2012-06-26 00:42:46
一人では、対応しきれないので逃げます。
おやすみなさい

あ、一言だけ、八重山教科書問題を出したのは
有志の会の意見が、沖縄の保護者の代表みたいに語られている事に、疑問を持っていたら、権威付けだと言われたからです。

私には、「井戸端会議」も「同好会」も同じにしか見えません。
上のコメントに書いた以上の事は思いつきません。
ご苦労様。 (選挙人)
2012-06-26 02:34:48
okinawazin 、長々とお付き合いありがとう。

でもさあ、ゼロ校時継廃の件、人様のブログ云々って無責任なこと言うなよ。
真意を確かめるために、有志の会とやらに「あなた方はゼロ校時廃止目指しているのか?」と直接問い合わせしたらって、俺は言ってるんだ。

それに、同好会って言葉で辱めて「自己満足」に浸るのはやめたら?
左翼特有のレッテル貼りみたいで、みっともない。

だれも彼ら「有志の会」が保護者の代表だなんて思ってないと思うわ。
ただ、何かおかしい?と気づいた連中が集まって質問しだけだろう?
結果的に「違法」という部分があぶりだされてきたわけ。
多くの保護者がOKなら違法も適法?
今まで継続してきたから違法ではない?
それがまかり通れば沖縄は無法地帯。

ここの読者は、かなりの数に登る。
ぜひ、訪れる度に、てっぺんの「人気ブログランキング」をクリックして、訪問数を確認してくれ。
それに皆、かなりレベルが高い。
その読者は、あんたが言っている糞BBSのことなんざ知らない方々がほとんどだよ。
もし、そのBBSがここで晒され、@juntenみたいな程度の低い連中の書き込みを見られたら、恥をかくのは沖縄の教員だと思うけどな。
その点、あんたはかなりマシだ。

>良い案は、話題のBBSで語り尽くされている。
ならば、ぜひ要約してここにあげてくれ。
あんたの書いてあるのはサゲばっか。

>私が考えるのは、法律違反や不透明な点は正し、提出する書類があるなら提出し、保護者と教師、学習塾が政治問題にして敵対する事無く、助け合って少しづつ上がってきた学力をさらに向上させてほしいと思うだけです。

上記の言葉、激しく同意する。
でも現状は「カネ」ありきじゃね?
沖縄の教職員は「カネ」貰わんと、勤務時間外は生徒に何ひとつ教えない、対応しない、それでええんか?

okinawazin,勤務外時間になったらまた来てクレ。



Unknown (タマ)
2012-06-26 03:24:42
一つ前のエントリのコメントより。

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/119c3d4b3d4d3333be7e53773724362d#comment-list

今回「発狂」コメントを多数残していった@juntenは普段この名前を使っている順天@junten氏とは別人らしいです(順天@junten氏はツイッター消しちゃったのかな…)。
順天@junten氏も現職教員とのことで偽者はなりすましをした悪質なユーザーかと思われます。
選挙人様 (okinawazin)
2012-06-26 06:55:26
ねぎらいの言葉並びに御指導有り難うございます。

私が一つコメントするたびに、数名の方から
御指導いただき、意味不明で説明不足なコメントしか返せない状態です。

時間をいただけたら、自分のブログで返答していきたいと思いますので、お越し下さい。

http://okinawazin.iza.ne.jp/blog/entry/2734998/


狼魔人様、
お騒がせしました。


okinawazinに苦言を呈していただいた方々へ (okinawazin)
2012-06-26 16:13:27
一人一人にお答えできませんでしたので、
選挙人様のコメントへの返答で私の考えを
伝えたいと思います。

皆様が思っている、私への疑問の半分ぐらいは
お答えできたと思いますが、どうしても
問いただしたいと、お考えの方がおられましたら
コメントを、お願いします。
横レス大歓迎です。(笑)

狼魔人様、トラックバックさせていただきます。
Unknown (涼太)
2012-06-26 20:28:38
(okinawazin)様

あなたが何を言おうが法は法。
教育長がPTA有志の会にまともに回答できないのは、

1、公務員が便宜を図る上で見返りを求める収賄罪。
2、2か所以上から収入があったときは申告しないとならない所得税法違反。
3、会計報告が不適切だと業務上横領。
などの法的問題があるからです。
沖縄の学力改善とか、教員の努力とかは別の問題です。法律違反を犯さないと沖縄の学力向上はできないのですか。
最近多い例えば教え子へのわいせつ行為が、あの先生は教育熱心だからと免責されますか。
じゃ0校授業を辞めてもいいのか。そんな意見も出るでしょう。問題の本質はそんな感情論ではなく法律問題であり、0校授業を続けたいならクリアーしないといけない問題なのです。県教育長も学校もPTAも知恵の出しどころです。
涼太様へ (okinawazin)
2012-06-26 23:11:03
返答を、自分のブログへ書きました。
お越し下さい。

ある教員のホンネ (黒島)
2012-06-27 19:03:59
okinawazin、自身のブログへ誘導し、訪問客のデータを取得して糞掲示板や他の場所で相手を特定するのに使うのか?
ここで質問されているんだから、ここで返答したほうがルールだろう。
あんたほどの論客なら、こんな姑息なことしなくていい。
結構いいこと書いてるし、私はある意味評価もしている。

さて、ある板で沖縄の現職教職員と思われる方のご意見を発見したので、ひとつの意見として提示したい。


○○○なんて全国レベルで見れば普通も普通、中の中レベルの高校。
○○高校でも上の下。もしかしたら両校共にもうちょっと低いかもしれない。沖縄は全体的にまんべんなく学力が低いからこうなる。
で、ここまで学力が低い一番大きな理由が「親も学力が低く、家庭教育の意識も責任感も弱い」から。
その家庭の過失を補う為に0校時があるんだから、筋として学校に金を払うべきだろう。
「無償奉仕をやるべき」なんて戯れ言を宣う人は、どの業界に対しても悪質クレーマーでしかないから無視していい。
(○○には、沖縄の実在の高校名が入っています)

つまり、
沖縄は保護者自身の程度が低いので、子供の程度も低い、それは過失である。
それを補うために0校時やってあげてんだ、金払うのは当然だろうが!
文句言う親は無視無視!

ということだな。
この教員、どんな地位にいるんだ?
呆れるほどの上から目線。

私は上記「涼太」氏のご意見に全面的に賛同する。
また、公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法そのものにも、実態に合わない部分が散見されるが、そこも見直しが必要ではないのかと個人的には思う。

その前に、いま手当されている教職調整額での守備範囲をきちんと明確化することから始めなしと、何が勤務内で、どこから勤務外なんて判断がつかない。

教育行政に携わる者は、もっと現場の声も聞いた上で、実態を把握することが先決ではないのか。

それを無視して、どうしたら手当が復活できるかだけを討論しているのなら、まさに極悪複合体そのものである。

ここに登場したjunten先生のような、聡明な方からのご意見をぜひ、拝聴したい。
黒島さまへ (okinawazin)
2012-06-27 20:19:52
>ここで質問されているんだから、ここで返答したほうがルールだろう。

ブログ主様(狼魔人様)との議論ならそうでしょう。

しかし、私が横レスして、中途半端な回答で読者の皆様と、
延々と議論するのは「荒らし」そのものであり、
ルール違反だと思っています。


それにしても、私と一対一で議論を交わしていただける方は、
いらっしゃらないのでしょうか?
Unknown (涼太)
2012-06-27 22:16:04
okinawazin様

義家議員の質問に



平野文科相は次のように答弁したのです。

「ゼロ校時の報酬は不適切である。事前の許可を得て報酬が認められる兼職とは、学校の授業とは明らかに峻別される別種の兼業の場合である」

車の運転するのに運転免許が必要なように、文部科学省が投げかけた問題をクリアーしないと〇校授業は維持できないと言うことです。
だから沖縄県教育庁も高P連も文部科学省を納得させるだけの材料を用意できないなら別の方法も考えないといけないでしょう。

誰もあなたのブログを訪問しないのは、あなたの書かれていることが、あっちこっちの掲示板に書かれている範囲であり、訪問する意義を感じないからです。
涼太様へ (okinawazin)
2012-06-27 23:19:55
黒島さまへ回答した理由の為、
こちらで、これ以上早朝講座について
コメントする気はありません。

私のブログに訪問できない理由についてですが、
日頃、深く鋭いコメントをされる涼太様らしくない気がします。
たしかに、こちらのブログとの歴然とした
レベルの差は認めます。
しかし、今回の流れでそういう事が訪問できない
理由には成らないと思うのですが?

①私の中途半端な回答に、何名かの読者様が
疑問や苛立ち、淡さを感じた。

②思考速度の遅い私は、私にコメントされる読者様すべてに、即座に回答する能力が無く逃げるしかなかった。

③しかし、それではあまりにも読者の皆様や
ブログ主の狼魔人様に失礼であるので自分のブログで
丁寧に回答することを心がけ、皆様に反論を投げかけた。

その流れの中で
「あっちこっちの掲示板に書かれている範囲であり、訪問する意義を感じない」
というのは、おかしいと思います。

何の経緯もなく、私が自惚れて、こちらで自分のブログを宣伝し、
それでも、誰も訪れないので
「すばらしいブログエントリーを立ち上げたのに
なぜ誰も訪問してくれないのだろー」
と、こちらのコメントで、ぼやいている時なら
涼太が言われている事も適切だと思いますが、いかがでしょう?
涼太様へ (okinawazin)
2012-06-27 23:29:46
×「涼太が言われている事も適切だと思いますが、いかがでしょう?」

○「涼太様が言われている事も、適切だと思いますが、いかがでしょうか?」
に訂正します。
失礼しました。


Unknown (宜野湾より)
2012-06-28 00:24:37
我が家は全員学校と関わりがなくなって随分経つので、ほぼ法律の裏付けやロジックについてのコメントだけにしていましたが、実践的な話に関して26日の涼太さんと27日の黒島さんに同意です。

黒島さんが挙げられた「ある教員のホンネ」を読んで。
まず、ゼロ校時のような取り組みに親は金を払うのを嫌がっているという前提に立っているようですが、そうではないですよね。

「親も学力が低く、家庭教育の意識も責任感も弱い」というのは、具体的になぜ、いつ頃から全体としてそのような「過失」のある親になったと、この教員は認識しているのでしょうか。
もし低所得や共働き率といった社会的な理由によると仮定するならば、残念な再生産を止めるためには、どこかの段階で学校教育が、少なくともなにがしかの目処が立つまでは一肌脱がないとならないわけですね。学力と高い意識と責任感ある大人に育ってもらうために。
そうであれば当然、使命感を持ってそれを行う者をバックアップするしくみを教育行政が整えることも必要になるし、それで親は根拠ある支出を不安なくできる。
また、親の低学力で家庭学習が出来ていないとするならば、高校入学の段階で既に生徒の基礎学力に不足があると考えられます。
だとすれば、小学校・中学校段階での取りこぼしをより少なくする取り組みも必要になるのでは。
勝手に考えてみましたが、この教員はどんなかな。
「沖縄は全体的にまんべんなく学力が低い」その理由は親の「過失」である、即ち親にまんべんなく「過失」があると言っているわけですから、なぜそうなったのかも、どうすればいいのかも分析されているはず。きっと。
であれば後は法律に抵触しないようにすればいいだけ。
ひとつの案です。 (提案者)
2012-06-28 08:33:39
現在、非公開で行われている「ゼロ校時等検討員会」で、何が話し合われているのかは一切不明です。
先日、この件で県に確認をとったところ、驚くべき答えが返ってきました。

「議事録の公開は、第3回の検討委員会が終了し結論が出たあと、公開する」

つまり、一般の保護者や問題提起した側の意見は一切聞かずに、有識者なる「お仲間」で決め、事後報告するということです。
国防に関するアセスは、正体不明な団体に平気で公開閲覧させたのに、教育に関する議事や議事録が保護者に非公開とは、おかしな話。

そこで、私なりの考えを提案してみたいと思います。

①先ず、教職調整額でカバーされる範囲というものを明確にする。

②ゼロ校時は生徒の生活習慣上メリットがあるので継続、就業時間を繰り上げ、ゼロ校時を1校時にし、げ終業時間も繰り上げる、つまり沖縄版サマータイム制の導入。

上記の方法では、始業時間は現在とゼロ校時と同じですが、終業時間が繰り上がるため、労基法上の問題はクリアできます。
そしてどこからが時間外だと明確化されていれば、そこから教員による課外授業を開設すればよい。
無論、生徒に請われる教員、学校長が必要不可欠だと提案した講座が対象。
法的な手続きをクリアし、講座を受け持ってもらった教員へは、報酬も支給する。
何も受け持たない教員は、今までより早く帰宅でき、趣味や家族サービスへの時間へ充当できる。

加えて、外部の学習塾への委託により、学校では不可能な習熟度別放課後講座をPTA主催で校内で開設。
校外の学習塾へ通う生徒は、早く授業が終わる分、早く塾へ行くことが出来る。
前記の教職員による特別講座及び、PTA主催の習熟度別講座で、わかる、学ぶ楽しさを感じてもらい、順次ステップアップしてもらう。
学ぶ意思はあるが、金銭的な問題で校外の塾に通えない生徒にとってもメリットは大きい。
また、現在のP会員が支払う進路費と同額を支払うことで、卒業生にも講座を開放する。
これは、1000人規模の学校であれば、年額3万ほどの費用で開講が十分可能である。
塾には、学校側と保護者に、講座の成果をこまめに報告させ、3年スパンで見直しを行い、実績の上がらない塾は排除される。
投下した費用に見合わない結果しか出せないのであれば責任の所在が問われることは、
現在まで慣習で行われてきた課外授業との大きな違いである。

早く終わる分、部活動でも明るいうちに活動できる時間も伸び、スポーツ面でも確実にプラスになる部分が出る。

簡潔に述べれば、昼の長い沖縄に早朝から始まる現在のゼロ授業形態はうってつけであり、これを維持しつつ、学習時間、部活動の時間を増加させ、文武のレベルアップを図っていく。

反面、「6時間で教えるべき内容を6時間で飲み込めないから7時間かけている」という主張が教員側からある。

それは生徒が飲み込めないのか、それとも教師が教えきれないのか?
県外の高校では、時間内できちんとこなしているところが多い。
これは明らかに本授業の延長であるから、その部分について手当が発生するというのは、文科大臣の見解に明らかに抵触する。
手当てを貰わないと、勤務時間外の仕事は一切やりません、となってしまうのか。
教職員側はどう考えているのだろうか。
そこは検討課題。

また、教職員の報酬を定めた「義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法」、これは現場の教職員の実態を反映したものとは言いがたく、これの抜本的改正を強く求めていく。

これがベストな案だとは思ってはいませんが、法が実態に沿うようになるまでの、過渡的な解決策としてどうでしょうか?

Unknown (東子)
2012-06-28 09:44:14
>6時間で教えるべき内容を6時間で飲み込めないから7時間かけている」という主張

私も予てから、6時間の内容を7時間目をあてにして授業していないかという点を心配していました。

提案者様の提案「習熟度別」であれば、授業の延長としての講義はできまず、切り離しての講義になりますから、解決できると思います。
さらに、「PTA主催の外部委託」というのがミソですね。
PTA主催であれば、保護者のチェックを入れられますものね。
外部委託でなく教師による「習熟度別放課後講座」の場合、いつのまにか授業の延長になっているのを保護者が見つけても、通常授業で子供が人質(推薦や内申)に取られているから、強く出れないでしょう。
ここは是非、外部委託であるべきと思います。

外部委託というと、離島には、塾講師が赴任してこないという理由で教師がやむなく補講をしたというのがありました。
昔はそうでしたでしょう。
が、今は、ネットで大手塾の講座を受講できます。
すでに、高校にそういう機器を導入して外部の塾の授業を高校の教室で受けるというのをやっています。
こういう機器の購入こそ、豊富な交付金でしたらどうでしょう?
東子様へ (提案者)
2012-06-28 11:29:47
おはようございます、東子様
迅速なレスポンス、ありがとうございます。
以前、県外のPTA会長との交流において、この問題を話し合ったときのことです。

「課外授業を行うからって、別に費用は徴収していないよ」

では、先生方が超勤された分はどう手当てしていますか?

「先生方は、その分まとめて代休を取っています」

そこからヒントが生まれました。
超勤しても、県が手当てしないから、PTAから手当てを取るようになった。
超勤するなら、ならないようにすればいい。
なら、ゼロ校時が超勤にならないようなやり方は何か。
それが沖縄版フレックス授業。
ゼロ校時が1校時に変わるのです。

習熟度別放課後講座が、真の意味でのPTA主催であれば、委託された側はPTAから結果責任を問われます。
今まで手当てを取ってゼロ校時や課外授業を行ってきた学校は、保護者へ対費用効果を十分説明できていたのか、また結果責任を取っていたのか。
取らないまま、一部の高校では慣習として継続されてきたのではないのか。

沖縄には有名な進学校がいくつもあります。
そこで実績を挙げる教員の皆さんからの意見や手法を学び、普段の授業に取り入れることで、他校の生徒のボトムアップも図れないか。
効果を上げたその手法を沖縄中に展開するのです。

実績を上げている教職員こそ、沖縄の教育界の宝として大切にすべきです。
将来、このような方が教育庁に入り、教育行政全般にも関わるべきだとも思います。
生徒のためにと信念を持っている教員は、自分の高校さえ良ければいい、なんては考えてはいないでしょう。

手当てだけを復活し、今までと同じことの繰り返しをやるのであれば、沖縄の位置は不動のままだと思います。
だからこそ、沖縄から新たな方法にチャレンジしてみる価値はあるのでは。

離島であれば、塾講師が確保できない場合があるでしょう、その場合には教員の方々にひと肌脱いでいただき、その対価もきちんと手当てする。(無論適法の範囲内)
または東子さまのご提案のように、通信制のものでもよい。

この方法は、各学校の選択性にする。
決して全体への押し付けはしない。

一括交付金は、軍用地の購入に使おうなどとは言わず、沖縄の珠玉である子供を伸ばすために、積極的に活用すべき。
こんな厳しい財政状況の中、とくに配慮頂いた国民の血税、それを全国最下位の沖縄の子供の学力向上に使うことは、何の瑕疵もないし、国民の理解も得られやすい。
ただ、人件費には用いられないとのことであるので、その部分の解除も必要。

高校だけではなく、小中もある。
高校だけでは学力は伸びない
まず、そこに来るまでの過程も見直さないと。
認可外保育所への支援、給食費の無料化など、
生きた使い道はいくらでもある。
東子様、交付金活用のご提案、ありがとうございました。
Unknown (宜野湾より)
2012-06-29 02:17:38
現在の現場を間近から見ておられる方のお話を伺ってみたいと思っていました。
提案者さんのお話は具体的で感心して拝読いたしました。
なるほど、仰るような時間設定であれば、良い生活習慣を続けられ、アフタースクールの活用を増進できますね。なにより、夕方前から時間の余裕をつくりだせることは大きいように思います。
そこから先を、アイデアのご提示に何かコメントしたいと思いながら考えていたら、気になることがあってまとまらず…

保護者団体が主催しての外部講師による講座では、人質の心配なく効果を評価できる利点がありますが、講座にかかる光熱費などが学校持ちで税金からの支出である場合、外部委託先は入札が相応しいことになり、必ずしも希望や実情に沿った講師になるとは限らないかも?
公立校教室の民間への貸与で問題が起きるかも?
ネット受講ではそのあたりはどうなのか。

奇妙な理屈を述べられる先生はさておいて、気持ちと実績を兼ね備え、学力向上に貢献したいと思っておられる先生もあるでしょう。そういう先生の心と環境を荒ませないための法的整備で報酬を出すなり代休を取るシステムにするなりで、心ある先生、望まれる先生にお願いするのがいいのか?という気持ちも湧いてきます。

的はずれな事を言っていましたらすみません。
今までと同じことを惰性で続けてはいけませんし、新しいことには必ず賛否両論があるもの。見切り発車はよくありませんが、ぐずぐずもできない。生徒たちが実験台のようになってしまうのは避けなきゃならないけれど、救命救急のように診断と治療を同時進行で行かなければならないのかも。
ふう、頭からケムリが昇り始めちゃいました。
前向きに (提案者)
2012-06-30 08:36:43
公立高校の中で民間の塾講師を招いての講座は、既に浦添高校で導入済みです。

現行法で教職員への追加手当が困難と行政が判断するのであれば、このような部分で最大限の配慮を行うべきでしょう。

また、現在「進学校」として名を馳せている高校では、更にその質を高めるために現場の教員のアイディア、そしてそれを実現するための資財、資金をどんどん注入し、沖縄のオピニオンリーダーとして、ぐんぐん伸ばしていくべきです。

そこから得られた成果を他の高校にも適用していけばいいかと。
だからこそ、先端を走る先進校は必要です。
いままで、そのような学校で取り入れられてきた成果が、きちんとフィードバックされてきたのか?
県外のレベルの高い高校へお金をかけ、視察に行って何を得てきたのか?
そんなことより、実績を出す現場の教職員の声や手法をもっと重用すべきだったかと。

さて、沖縄の高校のレベルは、現場の職員が1番把握しているようなので、ある教員と思われる方のつぶやきを以下引用したいと思います。

>●●●なんて全国レベルで見れば普通も普通、中の中レベルの高校。▲▲高校でも上の下。もしかしたら両校共にもうちょっと低いかもしれない。沖縄は全体的にまんべんなく学力が低いからこうなる。

で、ここまで学力が低い一番大きな理由が「親も学力が低く、家庭教育の意識も責任感も弱い」から。
その家庭の過失を補う為に0校時があるんだから、筋として学校に金を払うべきだろう。

「過失」とまで言い切れるのかという部分にかなり疑問はありますが、学力のレベルを如実に表現していると思います。

ただ、「過失」を生み出したのは保護者だけの責任でしょうか?
自己研鑽を怠ってきた教員側にも責任の一端はないのでしょうか。

無いと言い切れるからこそ、過失を補うための対価(金)を払いなさいと言えるのだと思います。

さて、県の現状ですが、ゼロ校時等あり方検討委員会の第2回会合が終了しました。
具体的な内容については相変わらず、何も公開されておりません。
以下、沖縄県教育庁 県立学校教育課の正式な回答です。

議事は非公開、理由は、議事を公開すれば、誰が何を発言したかが特定され、発言がやりにくくなるので非公開にした。

議事録は、最終決定である第3回の委員会が終了し、結果が発表されるまで非公開。
理由は非公開と決めたから。

問題提起した側への事実確認や、意見の具申は一切受け付けない。

ということです。
県議会で、議員が「誰が何を言ったのかが特定されれば票に影響が出るので膨張も許可しない、議決後に議事録は公開してやる、陳情も要請も受けつけない、と言っているのと同じだと思われます。

これが沖縄県の教育行政の現状です。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
早朝講座 (okinawazinの疑問)
okinawazin 、長々とお付き合いありがとう。 でもさあ、ゼロ校時継廃の件、人様のブログ云々って無責任なこと言うなよ。 真意を確かめるために、有志の会とやらに「あなた方はゼロ校時廃止目指しているのか?」と直接問い合わせしたらって、俺は言ってるんだ。 それに、同...