狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「オール沖縄」の大嘘!「辺野古移設推進・名護大会」

2013-01-22 07:15:03 | 県知事選

 

■那覇市立中央図書館の言論封殺に、断乎抗議する

抗議文例はこちらで

■那覇市立中央図書館の言論封殺に、断乎抗議する!

 

アルジェリアの人質事件で、7人の日本人の遺体が確認されるという最悪の事態になった。

日本のエネルギー政策の首根っこを握る産油地での事件だけに、今後のイスラム圏でのテロ事件は他人事ではない。

官邸が緊急対策室を立ち上げ、残りの行方不明者の安否確認でてんやわんやの状況の最中、沖縄では「オール沖縄対日本」を合言葉に、「ゆすりたかりの乞食集団」が東京で政府への抗議集会を開くと言う。 東京で彼らを迎える「日米安保粉砕」の極左集団と連帯して、翌28日は官邸に安倍首相に抗議文を手渡す予定だという。

安倍首相に言いたい。 

こんな乞食集団と面会のアポなどする必要はない。

当然なアポなしで押しかけても門前払いをすればよい。

 


今時沖縄紙が扇動する「オール沖縄」など、まともな県民なら誰も信じる者はいない。
 
扇動者の元凶である沖縄タイムスでさえ「オール沖縄」が嘘であることを暴露しているではないか。
 
読者の東子さんのコメント。
 
「社説[辺野古移設加速]地域分断の芽を断とう
2013年1月20日 沖縄タイムス」
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-01-20_44174

>ほぼ一貫して地元区が容認している辺野古
>名護市も周辺自治体も移設反対にシフトした。
>が、辺野古区などは利害や価値観を共有できず、地域で孤立を深める懸念もある。
>地元行政の意向に従っても発展から取り残される、との不信が区内部にはあるのかもしれない。

「オール沖縄」になっていないことを批判しようとして、
「辺野古は地区の発展のために基地受け入れ賛成だ」
「市長の方針に不信あり」と、
ケンミンのヒミツを沖タイは書いてしまった。
 
              ☆
 
「県外移設」が「オール沖縄ではない決定的証拠を例示しよう。
 
2011年10月26日、名護市民会館で「辺野古移設推進・名護大会」が行われ2000人余の賛同者が詰め掛けた。
 
沖縄2紙は左翼系の集会が開かれると、10数名の参加者でも、大きく取り上げるが、保守系の集会なら100名程度の集会でも黙殺するのはよく知られたこと。

当日は主催者によると実質参加人数は、2241名だとのこと。

「主催者発表」ではなく「実質参加」としたのは、当初から反響が多かったので事前に整理券を発行し、その整理券を入場券代わりにしたので正確な人数をカウントしたとのこと。

ちなみに発行した整理券総数は2729枚なので、3000名近くの方が参加を希望していたことになる。

保守系の集会でも2000名を越えると無視できず、不本意ながら報道したのが下記引用の記事。

それでも「建設業者らの集会」などと、あたかも業界の集まりのような印象操作しているのが涙ぐましい。

以下は「辺野古移設推進・名護大会」の抜粋引用です。

日米合意推進を決議 北部振興推進・名護大会

琉球新報 2011年10月27日

北部振興や日米合意を踏まえた普天間問題の推進を決議、頑張ろう三唱する参加者ら=26日、名護市民会館(写真省略)

 【名護】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を容認する野党系市議などが主催する北部振興推進・名護大会が26日、名護市民会館で開かれた。市内外の建設業者らが参加。日米合意を踏まえた同飛行場移設の実現や一括交付金の創設などを決議した。
 実行委員長の長山隆市議は「やんばるのために一括交付金を勝ち取って、農林水産業や観光業の充実を図り、県土の均衡ある発展につなげよう」とあいさつ。前市長の島袋吉和氏は「基地問題と経済はリンクする。リンクせずに新たな施策は出てこない。沖縄の基地問題、防衛問題を名護市から全国に発信しよう」と呼び掛けた。
 決議は「民間業界の経営環境は厳しい。現況を脱するために政府はあらゆる政策を実行すべきだ」と強調。普天間移設問題については「現状打開のためにこれまでの経緯を踏まえ日米合意を強力に推進することが求められている」としている。
 大会参加を呼び掛けた趣意書は普天間移設問題には触れず、北部振興推進のみを強調していた。普天間移設問題が盛り込まれたことについて、長山市議は「辺野古区などの関係者の要望があった」と説明している
 大会関係者は27~28日の日程で上京し、前原誠司民主党政調会長らと面談する方向で調整している。

              ☆

 


単眼複眼 北部振興大会 基地と経済リンク強調  

 

琉球新報 2011年10月27日


 「北部の経済振興」を前面に打ち出して開催された「北部振興推進・名護大会」。しかし、登壇した弁士は相次いで基地と経済のリンクを強調し、決議では日米合意に基づく米軍普天間飛行場の移設実現が盛り込まれた。中央政界からは辺野古移設を推進する前原誠司民主党政調会長や中谷元自民党政調会長代理がメッセージを寄せ、地元の移設容認・推進派と気脈を通じた間柄を印象付けた。
 一方、参加者からは「移設問題が決議に入るとは知らなかった」との声が上がり、市議会与党や市幹部は「ずるいやり方だ」「県民総意に反する」と批判した。
 「北部振興と基地はリンクする」。大会の終盤で登壇した前市長の島袋吉和氏は声を張り上げた。島袋氏に先立ち、名護漁協の古波蔵廣組合長も「政治家は北部振興策と普天間はリンクしないと言っているが、それはうそだ。血税を北部に流す理由は普天間の移設が前提だ」と持論を展開した。
 実行委員長を務めた長山隆市議は「大会の目的は純粋な北部振興だ」と強調しながらも、辺野古移設の決議については「地元の辺野古区の要望があったようだ」と言葉を濁した。しかし、大会関係者からは「移設問題が入ることは会場に来るまで知らなかった」との声が聞こえ、辺野古移設実現のための文言が一部の関係者によって盛り込まれたことがうかがえる
 市議会の比嘉祐一議長は「名護の一部の人が大会を持つことが県民の総意に反している。移設反対の市民の総意は昨年の市長選挙で出ている」と強調。市幹部は「北部振興と言いながら辺野古移設を訴えており、ずるいやり方だ。大会の名称を『辺野古移設推進大会』とした場合はどの程度の人数が集まったか疑問だ」と話した。

            ☆

>参加者からは「移設問題が決議に入るとは知らなかった」との声が上がり、市議会与党や市幹部は「ずるいやり方だ」「県民総意に反する」と批判した。

苦しい嘘である。

名護市から遠く離れた宜野湾市に住む筆者の耳にも、この大会が「辺野古是認の大会」ということは聞こえており、市議ら政治家が新聞のインタビューに言葉を濁すのは、「県外移設が県民の総意」を喧伝する、「発狂新聞」に攻撃されるのを恐れているからであり、本音では「辺野古移設容認」として参加しているのである。

北部地区には稲嶺現市長に僅差で敗北した島袋前市長の支持者も数多くいるし、そもそも一番の当事者である辺野古区民が辺野古容認であることを見れば、新聞が報道する全県一丸となった「県外移設の民意」(オール沖縄)がいかがわしいものであることがわかる。

伊波前宜野湾市長に告訴されたメア元米国・沖縄総領事のメア氏こそが、新聞が報じる「沖縄の民意」(オール沖縄)のいかがわしを知る生き証人であろう。(告訴は那覇地検で門前払いされた)

もう一つのいかがわしさは、「北部振興と基地問題はリンクしない」いう神話である。

これもまともな県民なら誰もが承知のことだが、新聞が連日「リンクしない」を呪文のように書き続けるとなんとなくその気になるのが活字の魔力なのだろう。

だがその辺の事情を一番知っている 前市長の島袋吉和氏は声を張り上げ「北部振興と基地はリンクする」と明言しているではないか。

政治家は、取材に来ている「発狂新聞」に攻撃されるのを恐れ言葉濁しているが、その点選挙がないので新聞を恐れぬ名護漁協の古波蔵廣組合長などは「政治家は北部振興策と普天間はリンクしないと言っているが、それはうそだ。血税を北部に流す理由は普天間の移設が前提だ」と、県民誰もが考えている本音をぶち上げているではないか。

新聞の「同調圧力」を恐れる政治家や生活の安定した公務員、教員はともかく、額に汗して働く普通の県民なら島袋前名護市長や古波蔵廣組合長の意見に拍手喝采するであろう。

琉球新報は会場の盛況を見て悔し紛れに参加人数を伏せたり「建設業者の集会」といった印象操作をした。

が、あまりの熱気にさらに次のような負け犬の遠吠えを記事にしているのは大爆笑である。

≪市幹部は「北部振興と言いながら辺野古移設を訴えており、ずるいやり方だ。大会の名称を『辺野古移設推進大会』とした場合はどの程度の人数が集まったか疑問だ」と話した。≫

普通の県民なら、発言者の名前や主催者の顔ぶれを見ただけで「北部振興=辺野古移設」とわかるもの。

これがわからないのはヨソ者だ。

「県外移設」のシンボルとなった稲嶺市政の市幹部に取材したら、このような答えが帰ってくるのは想定内ではなかったのか。

 

では何故、民意は宜野湾市長、名護市長そして県知事と「県外移設」を主張する首長を選んだのか。

仲井真県知事の持論は「県外が理想だが現実問題としては辺野古容認」であった。

ところが知事選直前になって県外から伊波候補支援の左翼団体が続々と沖縄に押しかけ、街の選挙運動は伊波候補応援の一色に塗りつぶされる時期があった。 連日「県外移設」で大合唱する県内マスコミの攻撃をまともに受けたら落選もありうると考えた仲井真氏。

急遽「県外に要請する」に変更し何とかマスコミの砲撃の標的から外れることに成功した。 

その結果何とか知事の座を得たというのが真相である。

従って知事が現在に至っても「マスコミとの約束」を守って県外を主張し続けるのは仲井真氏を支持した自民党にとっては、我慢の出来ないことである。

「北部振興推進・名護大会」への参加者のほとんどは、自民党支持者人間たちであり、新報が言うような「辺野古容認」と知らずに参加した人はよっぽどのノンポリかバカだろう。

仲井真知事は選挙に勝つための方便として、「県外移設」を公約にした。

そして、現在も支持者を裏切って革新系の稲嶺名護市長と一緒に県外移設を要求している理由は、この期に及んでも単(ひとえ)にマスコミの攻撃に晒されるのが怖いからである。

自民党本部が辺野古移設を主張しているのに自民党の支援で当選した仲井真知事は、政敵だった稲嶺名護市と共闘して辺野古移設反対を主張している。

これは仲井真知事がマスコミに迎合して支援者を裏切ったことになる。

仲井真知事の裏切りに業を煮やした北部の自民党支持者たちが辺野古移設を主張して終結したのが「北部振興推進・名護大会」の実態である。

マスコミの顔色ばかり伺って、本来の政治主張はどこかに置き忘れてしまった仲井真知事。

最近の知事発言を聞いて、知事が保守系政治家だと思う人は少ないだろう。

だが、ある意味、仲井真知事も鳩山元首相の「少なくとも県外」発言の犠牲者といえなくもない。

だとしたら、ルーピー首相を輩出した民主党政権が全ての元凶ということが出来る。

さらに元を辿ると、民主党に政権を委ねた国民の責任ということになる。

因果は巡る、である。

 

「オール沖縄」でオスプレイ反対?
 
「オール沖縄」で県外移設?
 
これらは乞食集団が叫ぶ真っ赤な嘘である。

 
 【おまけ】
 
ヒジャイさんのブログが同じテーマを扱っておられるので、全文引用する。
 
             ☆

「オール沖縄」ずっこけに東京に行く


「場所は首相官邸のエントランスロビーでもいい。41市町村長と市町村議会議長、県議の総勢130人でずらっと並び「オール沖縄」で安倍晋三首相に直訴したい」。

タイムスの「日本への告発状」「オール沖縄へ奔走」の書き出しである。
「オール沖縄へ奔走」コラムの上の見出しは大きく「9邦人殺害の情報」縦見出しは「人質23人超が死亡」「アルジェリア 日本側は未確認」の緊迫したアルジェリア情勢の記事を掲載している。
記事は人質23人死亡、武装勢力メンバー32人死亡していると報じている。
武装勢力によるアルジェリア人質事件で、10人の邦人不明の安否に日本政府は緊張状態が続き、安倍首相も外遊を切り上げて、不明の10人の安否の確認に陣頭指揮を取っている。
武装勢力が占拠していたガス田施設のあるイナメンスに、安否確認のため城内実外務大臣や日揮の社長は到着し、急いで日本人の安否を確かめている。不明の10人は最悪を予想される。
悲痛なアルジェリアの記事に比べて、なんとものんびりした「『オール沖縄』へ奔走」の記事である。
安倍首相がどんなに悲痛な気持ちになっているかを全然考えないで、面談で安倍首相への圧力のかけ方を研究している。
「あくまで安倍首相本人に出てきてもらい、全員そろって大会決議文を渡したい」
「おそらく過去にやったことのない”大衆面談”」などと自画自賛をしている。彼らには日本の政治も世界の政治も関係ない。自分たちがかってに作り上げた妄想の中で生きている。
彼らは、日本の政治からも世界の政治からも取り残された、後ろ向きの決して実現しない「オスプレイ配備撤回」「普天間飛行場の県外移設」の運動を「オール沖縄」でやることに喜びを感じている。

「多少時代がかっているかも知れないが、インパクトのあるものにしたい。血判を押すくらいの覚悟だ」
と、決意の強さをアピールしているが、時代がかった演出になんの効果もない。「お前ら古臭いウチナーシバイシーたちか」と皮肉りたくなる。
安倍首相にたとえ面談できたとしても、日本国の頂点に立つ首相が130人のウチナーンチュにビビることはない。数で圧力をかけることができると思っているイナカーに苦笑するだけだ。

アメリカのアジア戦略も本格始動の段階にはいった。安部首相もアジア重視の経済戦略を立てていくだろう。これから日本、アメリカ、中国の経済バトルがアジアで始まる。無論軍事的なつばぜり合いも厳しくなっていく。
アジアが大きく変貌していこうとしている流れの中で、「オスプレイ撤去」「県外移設」はすでにつぶれた主張である。

つぶれた主張を「オール沖縄」などといって自慢し、安倍首相との130人の面談を懸命に目指している。なんとまあアホでかわいい連中なんだろう。

 

【櫻井よしこ沖縄講演会のお知らせ】

演題:東京から見た沖縄のマスコミ

日時:1月28日 開場:18:00 開演:19:00  閉会:21:30

会場:宜野湾市民会館 大ホール

入場料:無料


    人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄の出版界に衝撃!
沖縄の出版界が出版拒否した問題の書!

 

季刊誌「かみつく」
「かみつく」を紹介するHP

 

価格 1420円(税・送料込み)
(1260円(税込み)+送料160円=1420円)

 

ネット販売註文先 ezaki0222@ybb.ne.jp
住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします

<送金方法等詳細はここ>

 

*************************

 

 
 
沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)
著者:又吉康隆

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本物のバカと売国奴 | トップ | 「オールジャパンvsオール... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (露伴)
2013-01-22 07:48:44
まったくその通り
Unknown (Unknown)
2013-01-22 09:14:39
「オール沖縄」で乞食行脚をするなんて、沖縄の恥晒しである。

県外やオスプレイ阻止が不可能なのはコイツらが一番知っているはずだ。
嘘っぱち (くろとん)
2013-01-22 10:24:25
この期に及んで、マスコミと左翼に擦り寄り、国益より己の議席を後生大事に思う者たちは、自民党から除名すべき。
自民党本部は名護市長選挙の前に、沖縄の自民党県連に属する議員全員に踏み絵を踏ますべきであろう。
それが出来ない者は、数の少なくなった社民党にでも移籍し、党首を目指し邁進すべきである。
そうすれば、何でも反対が好きなだけ行えるのだから。
Unknown (東子)
2013-01-22 10:35:24
昨日に続いて、同じ社説
「社説[辺野古移設加速]地域分断の芽を断とう
2013年1月20日 沖縄タイムス」
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-01-20_44174
から、取り上げる。

>将来世代の負担に直結する基地強化は振興策とのバーターでは割に合わない、と考える層が着実に増えた。

沖タイは、バータは嫌だと言っている。
山本沖縄担当大臣は、一貫して、基地と振興をリンクさせないと言っている。

「「普天間」と連動否定 山本沖縄相「振興は振興でやる」
(2013年1月19日)」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-201577-storytopic-3.html
>山本氏は、辺野古移設に関し、沖縄振興策が県民に理解を求める一つの方法や手段と考えるかについて、「沖縄振興は過去の経緯、基地が集中する現状や地理的条件などの理由があり政府として取り組んできた。続けなければいけない」と強調。
>その上で、「沖縄振興が日本の経済発展につながるようにしたい。沖縄には、日本経済のけん引役を果たしてもらいたい。その観点から沖縄振興を考えるべきだ」と述べた。

基地を「置かせてもらう」から沖縄振興をするのではない
あるいは、
振興するから、基地を「置け」でもない
ということを明言している。
基地は基地、振興は振興として考えると。
今まで、沖縄側は、
振興したいなら基地を置かねばと思い、それを「金の前にひれ伏せ」と取れて屈辱感を持ち、
一方、「基地を置いてやるから金寄越せ」とも使ってきた。
しかし、山本大臣は、基地と振興はリンクさせないと言う。
沖タイの希望通りではないか。

基地と切り離したということは、振興策が基地負担に見合うかどうかは、比較することができなくなった。
つまり、基地負担に対して振興策(お金)が少ないとは、言えなくなったのだ。
それが、基地と振興策(お金)とがバータではないということだ。

振興策は今までのような、なんとなくな策では、進まないだろう。
なぜなら、山本大臣は「沖縄振興が日本の経済発展につながるようにしたい。沖縄には、日本経済のけん引役を果たしてもらいたい。その観点から沖縄振興を考えるべきだ」と述べているからだ。
沖縄の振興に基地がもらたす経済も精査されるであろう。
基地があるから振興するのではなく、
振興のために基地を置く
と発想が変わってくるだろう。
この新しく見える考えを、すでに辺野古は20年以上前からしている。
辺野古は、モデルケースになるのでは?
間違っても今度は負けない (安仁屋正昭)
2013-01-22 12:45:28
前回の名護市長選挙は、オール左翼と腰抜けの沖縄自公だった為に、島袋氏は辛酸をなめることになった
ブサヨ共は、労組の豊富な資金力をバックに全国の活動家等を名護市に動員
稲嶺派の違法な選挙車は数えきれないほどだった
軽自動車に大きなスピーカーを積んで、街の角かどに止め、そのスピーカーを車の屋根に置き、島袋を批判を繰り返した、即席の街宣車もあった
また、数人で押しかける違法な個別訪問をして市民に圧力をかけた
ところが、宜野湾市長選で見られたような保守派の特別行動隊は無かった
あったのは、ひたすら選挙カーから、上品に島袋氏を支持してくださいの応援運動
はじめから、勝敗は目に見えていた

しかし、次の選挙はこんなことにはならない
稲嶺よ 覚悟しておけ
Unknown (とおる)
2013-01-22 13:38:55
> 日米合意推進を決議 北部振興推進・名護大会

政権交代したので、防衛相・沖縄担当相・首相を招待して開催すれば、面白いのに。(辺野古に移設したい自民党政権にとっては、大喜びで参加しそう。)
とおる殿 (安仁屋正昭)
2013-01-22 13:49:09
>政権交代したので、防衛相・沖縄担当相・首相を招待して開催すれば、面白いのに。

ナイス!
グッド!
やりましょう
安倍晋三は忙しい (憂国契約社員)
2013-01-22 19:38:38
既に御指摘の通り、安倍晋三は、乞食集団との面会なんぞ、間違ってもするものではありません。公明党がどんな横槍を入れようと、断固拒否すべきです。
Unknown (名護市民)
2013-01-22 21:00:30
>3000名近くの方が参加を希望していたことになる。

保守系の集会でも2000名を越えると無視できず、不本意ながら報道したのが下記引用の記事。

それでも「建設業者らの集会」などと、あたかも業界の集まりのような印象操作しているのが涙ぐましい。




あのー、、、私、その集会に参加しましたけど、完全に上層部命令の『強制参加』でした。うちの従業員の9割以上そうです。
全く政治に興味のないアホな社員も沢山嫌々ながら参加しました。



言いたいのは、あなたたちも左翼と“全く同類”で、都合のいいことばかり主張してるということです「参加希望」だったなんて大爆笑です(笑)勘弁して下さい(笑)
神人ですか? (辺野古区民)
2013-01-22 22:34:10
名護市民様

あのー私も参加したのですけど。私の会社は全員希望して参加しましたっけど・・・。

>あのー、、、私、その集会に参加しましたけど、完全に上層部命令の『強制参加』でした。うちの従業員の9割以上そうです。
全く政治に興味のないアホな社員も沢山嫌々ながら参加しました。

あなたの会社にアホな社員が何人いるか知りませんが、
それだけで会場の9割がアホな社員と分かるとはwww、あなたは神人(カミンチュ)ですか(笑)
Unknown (名護市民)
2013-01-23 05:06:28


あなたの会社員、全員希望ですって???

容易にあなたの会社が少人数で、お年寄り会社ということが分かりすw

うちは9割が20~40代で、政治に“全く”興味がない連中ばかりの若手会社ですw


>会場の9割がアホな社員と分かる



どこにそんな事書いてます???

あなた認○症入ってませんか?



Unknown (宜野湾市民X)
2013-01-23 07:31:45
名護市民様

辺野古区民様が神人と指摘されましたが、貴殿は千里眼の素養もおありのようですね。

>会社員、全員希望ですって???

このひと言だけで次のことが直ちにわかるなら千里眼の持ち主ですよ。

>容易にあなたの会社が少人数で、お年寄り会社ということが分かりすw




>>会場の9割がアホな社員と分かる

>どこにそんな事書いてます???

貴殿の文章の「その集会に参加しましたけど、完全に上層部命令の『強制参加』でした」を読めば「会場の9割がアホな社員」と印象操作されますよ。 

結局はそういいたかったのでしょうがwww

【あのー、、、私、その集会に参加しましたけど、完全に上層部命令の『強制参加』でした。うちの従業員の9割以上そうです。
全く政治に興味のないアホな社員も沢山嫌々ながら参加しました。】


千里眼の他に印象操作が専門の新聞記者の素養もおありですね。

>あなた認○症入ってませんか?

おやおや、千里眼の他に医者の素養もあったとは、
恐れ入りました。ブルブル(震えている)
うわw (名護市民)
2013-01-23 07:47:36
↑必死さが見え見えですねw
発狂新聞とレベルが一緒ですよwww
Unknown (宜野湾より)
2013-01-23 18:23:31
名護市民さん

名護市民さんのお務め先が私企業ならば、「上層部命令」と仰る通り、「全く政治に興味のないアホな社員」でも社の方針には従わざるを得ないと思いますよ。
興味ないならばどちらでもいいわけで、希望・賛成にカウントされるのもありでしょう。
参加は嫌!カウントされたくない!人は波風たたない方便で上手く逃げるでしょうし、どうしてもその命令が苦痛で許せない人は会社を辞めるか訴えるかするでしょう。
ただし、私企業ではない、社の方針が法や公序良俗に反する、あるいは明確に国益や地元益に反する、命じられた出席を穏便な方便でも断れば相当の理由なく減給左遷配置転換、勤務評定ダウンから集団イジメなど不利益を受ける、などに当てはまるならば問題です。
もしもそうならば、狼魔人日記は読者も多いですし、できる範囲で皆さんに知らせて知恵を借りるといいですよ。
時に名護市民さんご自身は、辺野古移設賛成か容認、反対だけど嫌々、興味ないけど嫌々、どのお立場で参加されたのですか?
Unknown (名護市民)
2013-01-23 21:11:42
宜野湾市民さん


私は「興味があって参加」しました。しかし、移設賛成か容認かはいまだに決めかねております(どっちかっていうと7対3で容認派です)
忘れもしませんあの日は(北部推進振興名護大会)、凄く晴れた日で、午前中で仕事を切り上げさせられ、強制参加で夕方から集会に参加しました。私の会社の従業員のほとんどは「仕事だからしょうがない」「早く終わって帰れるのを祈るのみ」等々、めんどくさいながらも参加しました。

私が主張したいのは、名護市民の多分6割以上が「明確な主義主張がなく、目の前の“生活で一杯一杯”」という事です。
要は、基地問題に無関心という事です。

前回、新たな基地はつくらせないと主張した稲嶺氏が当選しましたが、それは断言できますが政策ではなく、人格や人徳で選ばれたものです

なぜなら、対立候補の島袋氏がそれはヒドイものでした。目線はいつも下向き、自分の言葉でなく、いつも準備された答弁書の棒読み、そして地元では野蛮で知られる、数○田んちゅだった事も、マイナスになったと思います。(酒の席で一度ご一緒しましたが、酒だけはめっぽう強かった)

一方、稲嶺氏は以前市の教育長も務め、(奥様も前教育指導主事)人脈は豊富、子供(息子さん&娘さん)も市内ではとても優秀な人物で知られています。

革新派の市長が誕生したのは、稲嶺氏と島袋氏という人間だったことが問題だったと思うのです。

なんせ地縁血縁も根強く、政策に無関心な市民だから、政策ではなく、人格等、人間性で選びますよ。


多分、今度も島袋氏が立候補するのなら、苦戦は間違いないでしょう。

それくらい名護市民は、のーのーと生活している人達ばっかりです。



とりあえず終わります
Unknown (Unknown)
2013-01-24 08:49:50
名護市民さん

>地元では野蛮で知られる、数○田んちゅだった事も、マイナスになったと思います

へー、名護には同和並みの差別部落があるのですかねwww


>一方、稲嶺氏は以前市の教育長も務め、(奥様も前教育指導主事)人脈は豊富、子供(息子さん&娘さん)も市内ではとても優秀な人物で知られています。

教育長や教育指導主事をしたら人脈は沖教組でしょうが。
それだけで優秀な人なのですかねwww


Unknown (宜野湾より)
2013-01-24 14:12:32
名護市民さん

お考えが聞けてよかった。
名護市が「のうのうと暮らす人」ばかりなのかは存じませんが、それは多分宜野湾にも那覇にもいて、日本中至るところにいるでしょう。
ポイントは、その数はいつまでも同じとは限らないってことかと思います。
政治に興味がない人でも、見てくれやイメージでなんとなく取捨する愚かさを世間が反省していることには気づくでしょう。
民間人でかつ「目の前の生活で一杯一杯」四苦八苦ならばなおさらに。
各候補者が例えばアメリカ大統領選並にイメージ戦略コーディネーターや話し方コーチを付けたとしても否定はしませんが、自民党の失敗からマスコミやミンスの想像を絶する嘘吐きぶりを経て、政治家が言っている・やっている中身を正確に見ていこうという有権者は増えこそすれ減りはしない。
「生まれてこのかた景気が良い時の経験も記憶もなく政治に希望が持てない若い世代」ってのもマスコミの願望入ってますしね。
投票は極めて個人的な行動のひとつですから、周辺情報、地縁血縁上下関係勤め先の方針に囚われるのも存外思い込みに過ぎなかったりします。
多くの有権者は手抜きが命取りになると知り、汗かいて勉強しなければならない時代に進みました。それは悪いことではないですよね。

早々のレスありがとう。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL