狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

ヤクザのいいがかり!沖縄靖国訴訟、原告敗訴 最高裁が棄却

2012-06-16 08:14:57 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

子を持つ親なら沖縄中の親が関心を持つ県立高校のPTA会費流用の「裏給与」問題は、国会で取り上げられ、賄賂や脱税などの犯罪の疑いも浮上、それに膨大な額の「返金請求」の恐れもある重大問題である。

にもかかわらず沖縄タイムスは一行の報道も無かった。 琉球新報も確認したが、これも「オスプレイ墜落事故」に」狂喜乱舞したような記事ばかりで、県民の関心事である「裏給与」問題は完全に黙殺である。

八重山教科書問題で共闘した極悪複合体にとって「不都合な真実」は、沖縄メディアが徹底して隠蔽工作をするという好例である。

           ☆

6月23日の「沖縄慰霊の日」を目前にして、ヤクザの言い掛かりともとれる沖縄靖国訴訟で原告側の敗訴が確定した。

法律論はともかく、常識のある国民なら誰でも納得のできる真っ当な最高裁判断である。

沖縄靖国訴訟、原告敗訴 最高裁が棄却   

縄タイムス 社会  2012年6月15日 09時41分 

 肉親が靖国神社に無断で祭られているのは精神的苦痛だとして、遺族5人が同神社と国を相手に、神社所有の祭神簿から肉親の氏名抹消などを求めた合祀(ごうし)取り消し訴訟で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は14日までに、上告審として受理せず上告を棄却した。13日付。遺族側の敗訴が確定した。

 同訴訟団と弁護団は14日、「人権侵害の現実から目を背けて形式的な判断を行い、司法の果たすべき役割を放棄し続ける最高裁に強く抗議する」との声明を発表した。

 原告団長の川端光善さん(76)は「靖国への合祀は不名誉そのもの。残念の一言だ」と声を落とした。

 川端さんは沖縄戦で当時47歳の母と18歳の兄を亡くした。「母は農家の主婦で軍とは一切関係ないのに軍属として合祀されている。名簿から名前を削り、その間違いを正そうとしただけだ」と語気を強める。その上で「靖国合祀は国に利用されることを意味する。合祀取り消しは、私にとっての戦後処理であり、その思いはずっと変わらない」と強調した

 同訴訟では、原告が訴えた沖縄戦の歴史が捏造(ねつぞう)され、援護法という国の政策で肉親が無断で合祀されたという事実について、一審、二審とも「原告の権利が侵害されたとは認められない」として、判断に踏み込まなかった。

 池宮城紀夫弁護団長は「沖縄の歴史を踏まえた上で憲法違反を主張してきたが、最高裁が受理しないということは、沖縄戦の実相がまったく無視されたことになる。県民にとっても極めて遺憾な決定だ」と怒りをあらわにした。

 同訴訟は2008年3月に提起。一審那覇地裁は10年10月「原告らの信教の自由の妨害を生じさせる具体的行為はなかった」として請求を棄却した。二審福岡高裁那覇支部は11年9月、合祀が沖縄戦の戦没者を冒涜(ぼうとく)するとの遺族側主張に対し、同神社の「教義や宗教的行為そのものを否定することにもつながりかねない」と判断して棄却。弁護団は、同判断が全国の同様な訴訟でも初めてで「合祀について踏み入ること自体が憲法上許されないとも読み取れる極めて不当な判決だ」と批判して同月、最高裁に上告していた。

               ☆

筆者の知人でこんなことを言う人がいた。

「遺族が嫌がるのに、何故靖国に遺骨を合祀するのか」

靖国訴訟や合祀の意味をよく知らない人の陥りがちな誤解である。

靖国神社への合祀といっても、お寺のように敷地内にお墓があったり 、納骨堂があるわけではない。

神社の霊璽簿に戦没者の氏名を記帳してあるだけだ。

原告側は霊璽簿から氏名を削除し合祀を取り消すよう求めていた。

これに対し、最高裁は「原告の権利が侵害されたとは認められない」と言う一審、二審の判決を認め、原告らの信教の自由の妨害を生じさせたというオーバーな主張を却下した。

 

沖縄靖国訴訟と全国各地で行われている靖国訴訟の大きな違いは、「援護法」が絡むか否かである。

「援護法」と言われてもよく理解できない人が多いだろうが、一言でいえば沖縄靖国訴訟には金が絡んでいると言うことである。

>川端さんは・・・「母は農家の主婦で軍とは一切関係ないのに軍属として合祀されている。名簿から名前を削り、その間違いを正そうとしただけだ」

援護法の存在を抜きにしては、「軍とは一切関係ない農家の主婦」が軍属として靖国に合祀された意味は理解できない。

>「靖国合祀は国に利用されることを意味する。・・・・」と強調した

>原告が訴えた沖縄戦の歴史が捏造(ねつぞう)され、援護法という国の政策で肉親が無断で合祀されたという事実について、一審、二審とも「原告の権利が侵害されたとは認められない」として、判断に踏み込まなかった。

なかにはこんな疑問を投げかける知人もいた。

「なんで国は嘘をついてまで主婦や子どもまで軍属として靖国に祀るのか」

そう、これこそが「国による歴史の捏造と援護法」の関係、そして集団自決の軍命論争に関わる核心になる。

時は沖縄戦終結間際の1945年6月に遡る。

大田実海軍中将が自決の数日前に海軍次官へ送った「沖縄県民斯ク戦ヘリ」で有名な電文の結びの「県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」を実行するため、戦後厚生省がなりふり構わず行ったのが「援護法の拡大解釈」による主婦や子どもなど非軍属への援護金適用である。

国は大田中将の「沖縄県民に対して後世になっても特別の配慮をお願いする」という遺言を忠実に執行するため、あえて「歴史の捏造」をしたと言うことができる。

 ⇒県民かく戦えり! 大田実少将の遺言

そして沖縄靖国訴訟では、原告側の重要証人が巨大ブーメランを放って「集団自決の軍命は捏造だった」と証言し、これまで沖縄タイムス、岩波書店などで綿密に構築した「集団自決軍命説」の虚妄を一瞬にして粉砕してしまった。

つまり「国の歴史捏造」とは、軍命は非軍属に対する援護金適用のための方便であるということを法廷の場で証言したのである。

法廷の場で自爆して果てた人物とは、「援護法」の研究では専門家と自認する石原昌家沖国大名誉教授のことである。

大江健三郎・岩波書店を被告とした「集団自決訴訟」では、石原教授は被告側の応援団として「軍命はあった」と論陣を張り、「集団自決」というより「強制集団死」と言うべきと主張していたくらいだ。

「集団自決訴訟」で勝訴した勢いを駆って沖縄靖国訴訟の証人として法廷に立っては見たものの、「事実」と「イデオロギー」の狭間で判断を誤ったのか、つい「事実」を証言してしまった。

それが、「沖縄戦の歴史が捏造(ねつぞう)され、援護法という国の政策で肉親が無断で合祀された」と言うことになる

翻訳すればこうなる。

「国は大田中将の遺言を守るため、援護法を拡大解釈し本来なら軍人だけに支給される援護法を、主婦や6歳以下の子どもにまで適用し、援護金を支給した。 適用の条件として軍に対する壕提供や食料提供の他に『軍命令による集団自決』も含まれたいた」

これが「国による歴史の捏造」の意味である。

従がって原告側が戦没者の冒涜云々を主張するなら、少なくとも長年にわたって受給してきた「援護金」の総額を叩き返してから、訴訟を起こすべきではないか。

「援護金」の非軍属以外への例外的支給は沖縄だけである。

国が行った善意の「拡大解釈」を享受し、カネだけは貰うが合祀は許せない・・・これではヤクザの言い掛かりと言われても仕方が無いではないか。

ヤクザ言い掛かりを訴訟にしているのが少数の反日左翼であることはその顔ぶれを見れば一目瞭然である。

最後に、筆者の知人、援護法の適用を受け靖国に合祀されていることを誇りに思っている人が、少なからずいることを申しそえておく。

 

【付記】

石原昌家教授が「識者の意見」として紙面に現れないのは、つい本音が出た己の「重大証言」に怯えているのだろうか。

■「パンドラの箱掲載拒否訴訟」
第八回口頭弁論

  日時 :6月19日(火) 午前十一時より

  場所: 那覇地方裁判所

■報告会

  日時: 同日      午前11時半より

  会場 :沖縄県護国神 社社務所内会議室

尚、7月17日(火)の午後には、いよいよ証人尋問が行われます。

上原正稔を支援する三善会にご協力をお願いします。

現在、琉球新報の言論封殺に対し、徒手空拳で戦いを挑んでいるドキュメンタリー作家上原正稔氏の「パンドラの箱掲載拒否訴訟」はこれまで皆様のカンパにより戦いを継続してきましたが、沖縄のマスコミから村八分状況の上原氏は現在闘争資金に不足をきたしています。
担当弁護士の先生も手弁当で支援して下さっていますが、打ち合わせ等をするにも交通費等の出費を無視できません

沖縄の閉塞した言論空間に戦いを挑んでいる上原さんの訴訟にカンパ協力をお願いしております。

--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【口座番号】記号:17010 口座番号:10347971
【名  義】サンゼンカイ.
--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【店  名】七〇八(読み:ナナゼロハチ)
【店  番】708
【口座番号】普通:1034797
【名  義】サンゼンカイ.

     ■  ■  ■  ■

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『中東』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平野文科相、早朝授業の報酬... | トップ | 援護法と歴史捏造、新たな論... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
正しく報道しない悪 (ヒロシ)
2012-06-16 08:43:39
>川端さんは沖縄戦で当時47歳の母と18歳の兄を亡くした
援護法はおそらく川端さんのお父さんが申請者なのでしょうね。

マスコミも弁護団もこの事を知っていながら訴訟に持ち込むのは左翼お得意の「自爆訴訟」なのでしょう。
「負けても弁護費用は頂きます」であれば原告団は「だまされた」ということになります。
第二段として援護法と靖国合祀に関する説明不足で「原告団」が「弁護団とマスコミ」を訴えることを期待しています。(笑)

その一方で
援護法申請 却下処分取り消しを求め訴訟
http://www.qab.co.jp/news/2011030226268.html
なんてのもありますね。
Unknown (宜野湾より)
2012-06-16 10:23:06
誰の苦痛なのか。
戦前、国は戦死者を靖国神社に祀ることを国民に約束していた。
原告の親族は援護法の適用を受けた時点で軍属の扱いになることが理解できていただろう。とすれば親族に合祀への苦痛はないだろうから、合祀が原告の苦痛ならば訴える相手が違う。
親族が理解できていなかったとすれば、どうやってそれを証明するのか。
自分の信教の自由が妨害されていると信じるならば、沖縄護国神社に対してもアクションを起こすのが筋ではないの?

沖縄はずっと神道とともにあることはきゃすさんも指摘しています。
http://itokazukeiko.ti-da.net/d2009-07-01.html

沖縄護国神社 戦後の歩み 
漫画で説明してくださっています。
http://www.okinawa-gokoku.jp/detail.jsp?id=7573&menuid=3152&funcid=1
宮司のうむい 「慰霊」と反戦 も合わせてどうぞ。
何処に消えたのやら (安仁屋正昭)
2012-06-16 22:11:12
祖国復帰を果たすまでは、君が代も日の丸も違和感無く斉唱され掲揚されて、
かつて靖国神社の春・秋の例大祭には、沖縄県遺族連合会から昭和28年から56年までだけでも総数7,500人もの団体参拝団を送っている
そのたびに感涙流れる報告会が各地でもたれたとう
個人や家族で靖国神社をめいめい詣でた沖縄県民はおそらく、この数倍になるはずである

いったいこの方々は何処に行ってしまったのか
いつになったら声を出してくれるのか
事勿れ主義主義もそろそろ卒業して貰わないと
祖国自体が崩壊しなねない

それはそれとして
先ずは、名前に恥じない働きで、老人たちを焚きつけ訴訟を起してくれた金城実氏と
学者魂で援護法のカラクリを暴露してくれた石原先生に感謝しながら
「御愁傷様です」と御礼を述べたい
Unknown (涼太)
2012-06-17 06:09:19
狼魔人様

甘えもここまで来るとあきれますね。
今、生活保護の不正受給が問題に成っていますが、それ以上の甘えです。
言い方を変えれば、「私は不正な手段で生活保護を貰いました。でも生活保護は不名誉なので名簿から削除してくれ。」と言っているようなものです。
教員のヤミ手当て同様に返還請求されてもおかしくない事例です。
自ら援護法の不正受給を暴露しているのですから。
沖縄県では民間人の戦死にも50年間に渡り、一人約一億円の援護金が支給されています。
莫大な税金が使われています。
東京空襲の被害者の遺族が国を訴えた裁判も裁判所は却下しています。
戦争被害は国民が等しく受任すべきとの理由です。一方で沖縄への厚遇は国民に理解されませんね。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
青山繁晴「たかじんNOマネー」6月16日 次世代エネルギー総選挙!電話投票で決定 生放送SP You Tube (青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ)
6月16日放送「たかじんNOマネー」の動画を見つけました。 下記サイトより転載致します。   ↓ 「たかじんNOマネー」 次世代エネルギー総選挙SP! 2012年6月16日放送 バラエティ動画 http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-category-211.html 番組内容:次世...