狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

【速報】「テント村」撤去さる!国に反旗!沖縄市議長会が

2013-08-24 07:46:45 | オスプレイ

 

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

【追記】【速報】

宜野湾市民有志からの速報です。

反日サヨクの巣窟と化しつつあった宜野湾市役所敷地内の暴徒たちの違法「テント村」が撤去されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宜野湾市役所前のテント村は昨夜撤去されました

今月の3日から宜野湾市役所の敷地を違法に占拠していたテント村は、昨夜自称沖縄レジスタンスの会関係者等により撤去されました。

皆様からの強い要請により、普段腰の重い市当局が迅速かつ強い対応をして、自主的に撤去しなければ強制的にも行う構えを見せたためと思われます

約束では昨夜の7時までに撤去するということでしたので、19時40分に現場に行ってみるとオスプレイ反対派と思われる50人ほどの人達がまだ集会をしておりました。その一団の近くに警察の公安関係者と思われる人もおりましたので帰宅、今朝確認に行くとゴミひとつ無く綺麗に片付けてありました。(野嵩ゲートも汚さなければよいものを)

皆様有難う御座いました。また力を合せて不法行為を行う人たちを退散させましょう

             ★

野湾市役所への皆様の連日の抗議電話の成果だと考えます。

今後とも彼ら暴徒の「反戦平和は免罪符」を許してはいけません。

 

 

沖縄県の市議長会が国に反旗を翻した。

国の専管事項である国防問題に反対決議をしたのだ。

本日の沖縄タイムスが二面の囲み記事で、次のように報じている。

オスプレイ

市議長会が配備反対

石垣議長は退席

【沖縄】県市議会議長会は23日、沖縄市で定期総会を開き、MV22オスプレイ配備に対する抗議決議案を全会一致で可決した。石垣市議会の伊良皆高信議長は「尖閣のため配備必要との意見もある」として退席した。(略)

・・・普天間を抱える宜野湾市議会の呉屋勉議長が「移設先を指定(県外)するのはどうなのか。 各市町村議会の決議も場所にはほとんどふれていない」と慎重論を示した。(略)・・・石垣市議会の伊良皆議長は「自民党を中心とする保守の議員から

『尖閣諸島を抱えるわれわれとしてはオスプレイ配備は必要ではないか』という意見が議会内ででている。 普天間の固定化は最悪という意見も含め、賛否両論ある」と持論を展開し、採決前に退席した

                          ☆

議会決議で反対意見があれば反対票を投じるのが当然なのだが、「全会一致」に拘ると、反対者は退席し、結局「全会一致で採択」ということになる。 

異論があっても空気を読んで賛成票に投じた議員の中にも、普天間基地を抱える宜野湾市のように慎重論もあるが、これが新聞報道となると「オール沖縄」「県民の総意」などの誇大報道になる。

これで県民をミスリードするのが沖縄2紙の常套手段。

 

議員ともなると一般県民より情報収集も進んでいるはずなので、オスプレイの「自衛隊導入」、「米民間機として導入」、「ホワイトハウス高官が使用」、「英国軍が導入」など、オスプレイの安全性を示す情報は得ているはずだ。 

にもかかわらず沖縄2紙が「危険な欠陥機オスプレイ」反対のキャンペーンを止めないから、沖縄2紙の顔色を読むと上記記事のように「全会一致で国防政策に反対決議」という奇怪な結果になるの。

賛成票を投じた議長さんの中に石垣市の伊良皆議長の「尖閣諸島を抱えるわれわれとしてはオスプレイ配備は必要ではないか」という意見と、「普天間の固定化は最悪」という意見に真正面から反論できる者が果たして何人いるか。

おそらく1人もいないだろう。

そして、「沖縄2紙が反対キャンペーンさえ止めてくれれば・・・」などと心中密かにつぶやくだろう。

地域の首長としては、オスプレイが危険かどうかの議論はさておき、地域住民が不安に思えば、反対せざるを得ないのが現実の政治だからだ。

その点、他地域の首長も同じ考えで、沖縄(沖縄紙)が「危険な欠陥機」反対のキャンペーンを続けている限り、住民の不安は解消されないし、当然首長としては反対せざるを得ない。

 

オスプレイ不安解消を要望


 山口県と岩国市など2市2町でつくる山口県基地関係県市町連絡協議会(会長・山本繁太郎知事)は23日、米海兵隊岩国基地(岩国市)で運用される垂直離着陸輸送機MV22オスプレイに対する地域住民の不安解消など21項目を、中国四国防衛局(広島市中区)に要望した。

                ☆

おそらく山口県の首長さんも内心、次のように思っているのではないか。

「オスプレイの安全性は理解するが、沖縄であのように過激な反対運動が起きているのに、山口で賛成するわけにはいかない」。

そういえば仲井真沖縄県知事も同じような発言をしていた。

オスプレイに対する県民の不安が払拭しない限り、反対せざるをえない」

そう、県知事は内心ではオスプレイが「危険な欠陥機」ではないことを充分承知しながらも、県民の不安がある限り反対する、というのだ。

ということは発狂新聞がデタラメ記事をばら撒き県民を扇動するのを止めれば、

一件落着ということ。

沖縄を駄目にしている元凶琉球新報と沖縄タイムスである!

と思う方、クリック応援お願いいたします。

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

【おまけ】

「オスプレイ反対」のキャンペーンを一時中止して「はだしのゲン」で大発狂した沖縄紙だが、ほんじつの沖縄タイムスは、その余熱を伝える大見出しが・・・・。

校長ら「意見聴くべきだ」

はだしのゲン 松江市教委を批判

<脅される知る権利>

識者「憲法違反疑い」

昨日までの沖縄2紙の発狂の状況はこうだ。

■沖縄タイムス8/23社説  [はだしのゲン「閉架」] 平和考える機会奪うな


■琉球新報8/22社説 はだしのゲン 目隠しをして何になろう 

 

■23日付沖縄タイムスコラム「大弦小弦」


 ・・・・その「ゲン」が、松江市内の全市立小・中学校では自由に読めない「閉架」措置になっている。鳥取市立中央図書館でも2年前から事務室に移し、別置きにしたままだった

 いずれも旧日本軍のアジアでの暴力的なシーンへの市民からのクレームが発端だ。松江市教育委員会は発達段階の子どもが自由に読むには不適切だと判断したという

 世界約20カ国語に訳され、ほぼ評価の定まった作品に対し、子どもが自由に接する機会を大人が奪っているに等しい。成長過程にあるからこそ、いつでも自由に手に取り、学び、考える機会を最大限に確保するのが大人の役目だ。子どもの力を、もっと信じたい。




 

(沖縄タイムス8/22)




 

(琉球新報8/22)




 

(琉球新報8/23)




 

(琉球新報8/23)




 

(琉球新報8/23)




 

 


 

 

   





「かみつくⅢ 」の目次
目次

維新の会が沖縄の政治を変革する  又吉康隆

生徒に一番必要なのは学力だ  三
大坂維新の会と沖縄の政党そうぞうが協定を結ぶ 一一
維新の会が沖縄の政治を変革する  一三

橋下市長と慰安婦問題  二八

関西ネットワークの大嘘はまる隠しされた  四九

ブログ・狼魔人日記  江崎孝

稲嶺名護市長、選挙違反で告発さる  七九
浦添市長選「無党派」松本哲治氏(四十五)初当選 八五

ブログ・光と影  古代ヒロシ

那覇から普天間に民間空港を移転できないか?  八八

じんじんのブログ  じんじん

米統治により、
沖縄は近代化されたことを忘れてはダメ   九三
                        
ブログ・沖縄に内なる民主主義はあるか
                     又吉康隆

二年連続教え子へのわいせつ行為ができる島・沖縄 九五


短編小説  又吉康隆
港町のスナックはてんやわんや  九九


「かみつくⅢ」は、
狼魔人日記でネット先行販売しています。
書店販売はもう少し待ってください。
申し込みはメールでできます。


ブログ 狼魔人日記
メール ezaki0222@ybb.ne.jp

 

『沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)

季刊誌「かみつく」創刊号紹介HP
価格 1420円(税・送料込み)

「かみつくⅡ」定価:1735円(税・送料込み)

ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ>

「かみつくⅡ 」の目次
「かみつく」の内容紹介
「沖縄に内なる民主主義はあるか」の内容紹

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・「はだしのゲン」批判、... | トップ | 琉球新報と沖縄タイムスの大... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オスプレイ (会社員A)
2013-08-24 08:24:52
オスプレイの危険性を、明確に答えられる首長、政治家がどれだけいるのだろうか?
私は皆無だと思う。
答えたとしても、「新聞に書いていた」ことを、そのまま口から垂れ流し、その根拠として「新聞に書いていた」と述べるのだろう。
安全性の担保についても、その安全性の定義さえ説明できない。
自分でも判らないことを、「新聞に書いていた」ということだけで、盲目的に信じ行動するのは、洗脳と同義語ではないのだろうか。

上記2点を、反対する全ての首長に、市民に明確にするようにと公開質問状を出してみたいものである。

私は、オスプレイが危険なのではなく、県民を煽り不安を増大させるだけの県内2紙が、限りなく危険なのだと考えている。
おめでとう (宜野湾市民X)
2013-08-24 09:05:15
違法テント村の撤去、おめでとうございます!

宜野湾市民でもないプロの活動家に市役所の玄関前を選挙されるという異常事態解消できて何よりです。

このテント村は宜野湾市民の恥、県民の恥だと思っていました。

訂正 (宜野湾市民X)
2013-08-24 09:22:06
訂正です。

選挙→占拠

常事態解消→常事態が解消
Unknown (宜野湾より)
2013-08-24 09:48:52
あははは。
タイムスと新報の「おまえがいうな」度と妄想拡張スペックがもはや気の毒な域にあるのは仕方ないとして。

何よりも子どもの知る権利が上位に来るから「はだしのゲン」の開架がいいのならば、小林よしのり「戦争論」なんかも同時に置いたらいいし、「はだしのゲン」の内容の誤りや誤解をまねく箇所を指摘した本が出ればそれも隣に置いたらいい。
断る理由は無いはずよ。

例えば手塚治虫の「火の鳥」は優れた歴史漫画のひとつと言えるけれど、既に否定済みの学説に則って書かれた箇所などもあり、そこは別の手塚作品「アドルフに告ぐ」のウィキペディアで言及されている。
後から疑問や訂正や脚注が必要になるのは歴史を扱った作品の宿命だから、「はだしのゲン」もそうなる。
それを含めての知る権利ってことでいいんだよね?タイムスさん新報さんよ。
琉球新報さん (ヒロシ)
2013-08-24 12:27:30
琉球新報さんの
「はだしのゲン 目隠しをして何になろう 」ってのは自爆ですか?
上原正稔さんの「パンドラの箱」掲載拒否したはどこのどなたでしたっけ?
上原さんにお願いして「決定版 これが本当の真実だ!渡嘉敷座間味での集団自決に軍の命令はなかった」と出版させてもらったらいいですよ。
大ヒット間違いないでしょう。
Unknown (東子)
2013-08-24 12:42:20
「違法テント村撤去」万歳!!



先日のヘリ墜落でオスプレイ危険を更に焚き付けられると狂喜するばかりで、亡くなった兵士への哀悼は微塵だに表明しなかった沖縄左翼ですが。
こんな記事が↓。

「「トモダチ作戦」救難部隊だった米軍墜落ヘリ 殉職兵士に全国から感謝続々 2013.8.24」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130824/dst13082411480003-n1.htm
>沖縄県内を中心に在日米軍に批判的な報道が目立つためか、「さまざまな報道があるが、日本人の中には在日米軍の皆さんに感謝している人もいます」と支援のメッセージもあったという。

↑のような記事は「報道の自由」で報道しないでしょうねぇ。
「報道しない」目隠しをして何になろう。
Unknown (ケイエス)
2013-08-24 14:31:45
><脅される知る権利>
>識者「憲法違反疑い」

…それじゃ、去年の今ごろ乱痴気騒ぎしていた、八重山地区の教科書採択における「つくる会」系ネガティヴキャンペーンは、知る権利を脅す憲法違反の疑いのあるものですよね。沖縄タイムス、そして琉球新報。

もちろん、子どもと教科書全国ネット21・八重山ゾンビの会・イソバの会、etc…、といった「市民」団体の「つくる会」系教科書排斥運動も、立派な憲法違反ってことになりますよね。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL