狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

メア氏告訴は選挙運動?

2011-10-27 08:07:54 | 八重山教科書採択問題

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

【動画あり】伊波前宜野湾市長 ケビンメア氏を刑事告訴 QABテレビ

伊波洋一前宜野湾市長が、アメリカ国務省のケビン・メア前日本部長の著作で名誉を傷つけられたとして、26日、那覇地検にメア氏を刑事告訴しました。

26日午前、伊波氏は弁護士とともに那覇地方検察庁を訪れ、告訴状を提出しました。伊波氏は告訴状の中で、2011年8月に出版されたメア氏の著作、「決断できない日本」で、事実と異なる記述により、名誉が傷つけられたとして、刑法の名誉棄損罪として立件するよう求めています。

問題となっているのは、「日本政府が普天間第2小学校を移転させようとしたが、一番反対していたのは伊波氏だった。彼は小学校の危険性を政治的に利用していた」などの記述で、伊波氏は全くの虚偽であり、個人的社会的に名誉を傷つけられたと話しています。

伊波氏は会見で「これらの記述は、私への侮辱と名誉棄損だけではなくて、普天間飛行場問題の解決に真摯に取り組んでいる宜野湾市や宜野湾市民、沖縄県や沖縄県民への侮辱と名誉棄損にもあたると考えております」と話しました。

伊波氏は、今後、民事訴訟を起こして、謝罪や損害賠償を請求することも検討しているということです。

              ☆

伊波洋一前宜野湾市長のメア氏刑事告訴は選挙運動のパーフォーマンスである。

安里現市長の長期入院で年内辞任の噂が持ちきりだからである。

宜野湾市長公務復帰遅れで波紋

 

2008年12月、ブログにより「婦女暴行」を告発され大浜前石垣市長は、市議会でも追及され、2008年12月、3人の弁護士や支援団体とともに記者会見を開き、那覇地検に名誉毀損で刑事告訴した。

だが、告訴状は那覇地検では門前払いを受け、刑事告訴は不発のままうやむやになったことは記憶に新しい。

結局「ブログ告発」の内容は所轄の八重山署の事情聴取により事実と認定されており、当然名誉毀損の請求は却下された。

だが、3人の弁護士が付いていながら門前払いが予見できなかったはずはない。

市議会で「何故告訴しないか」と追い詰められた大浜前市長、門前払いを想定しながらアリバイのために刑事告訴したというのが真相のようである。

この場合、刑事告訴でなく、民事で「名誉毀損」を提訴したらどうなっていたか。

訴状の宛て先は那覇地検ではなく、那覇地裁になるのでほぼ無条件に受理される。

原告も否応なしに法廷の場に立たざるを得なくなる。

それを避けたかった大浜市長はあえて民事を避けて刑事告訴にしたとすれば、全てアリバイ作りだったことがわかる。

 

さて、長々と過去の例をぶり返したが、昨日伊波洋一前宜野湾市長がメア前米国務省日本部長を名誉毀損で刑事告訴した件も、大浜前市長の刑事告訴と同様のアリバイ作りの匂いがしてならないからである。

報道によると民事訴訟も視野に入れているというが、これも真偽が疑わしく、刑事告訴さえ地検に正式受理されるかどうか疑わしいのである。

控訴状を見ていないので正確ではないが、報道にようるとメア氏の著書に記されている次の部分だという。

≪日本政府が普天間第2小学校を移転させようとしたが、一番反対していたのは伊波氏だった。彼は小学校の危険性を政治的に利用していた≫

手元にあるメア氏の著書「決断できない日本」の伊波氏について記述したページを見ると、169頁の「『危険な基地』を利用」と題する章から172頁まで4頁にも及んでいる。

読んだ感想としては宜野湾市民の筆者が見てもメア氏の記述は正当と思われ、少なくとも伊波前市長が「世界一危険」な小学校を政治利用したことは紛れもない事実である。

「日本政府が普天間第2小学校を移転させようとした」かどうかはさておいても、「世界一危険」な小学校を喧伝したのは紛れもない事実であり、そんな危険な小学校を放置することは国の指導よりも、事情を一番知る市長が何はともあれ、率先して移転の音頭をとるのが市長の義務であるはずだ。

ところが伊波市長の側から国や県に移転の打診をしたり、市長自ら移転のための募金等の旗揚げをした形跡はない。

その気になれば直ぐにでも実行できる移転は放置しながら、実行不可能な基地撤去を叫んで毎年渡米し直接交渉と称し」門前払い(文字通り)されて恥を晒したことは、県民なら周知のことである。

仮に那覇地検が正式受理したとしても名誉毀損で立件するのは困難であると見られている。

公人である市長を私憤ではなく公憤で告発し、それを名誉毀損で罰するのは困難だからという。

そもそも、今回の刑事告発は近々予想されている宜野湾市長選挙に臨むための事前運動だという噂もある。

伊波氏の後釜で宜野湾市長に当選した安里市長は健康を害して長期入院中であり、市政復帰は困難とされ近々辞任の噂が流れっている。

知事選で敗北して以来、「基地撤去のシンボル」の座を稲嶺名護市長に奪われた感のある伊波氏が)宜野湾市長の座に返り咲きを)っているというのは宜野湾市民の間では公然の秘密である。

だとしたら今回の刑事告訴自体が伊波氏の政治利用ということになる。

伊波氏の目論見としては天敵ともいえるメア氏を刑事告訴し、メアバッシングでは実績のある「発狂新聞」の援護射撃を受けて合法的無料の選挙運動を展開し、万が一起訴になっても市長に当選したら公務多忙を理由にソッと告訴取り下げをするつもりなのだろう。

昨日のエントリーのタイトルを「メア氏は勝訴する」と書いたが、実際は刑事告訴は地検で門前払いの可能性もあり、だからと言って民事で提訴する可能性は限りなく少ないと」いうのが正鵠を射た表現だろう。

【おまけ】

次の記事は、 沖縄の米総領事時代のメア総領事と伊波市長のバトルだが、伊波市長の理不尽な抗議に対し、メア氏が正論で対応しているのがよくわかる記事だが、こんなとき沖縄紙が使う常套句が「無理解」とか「県民の神経を逆なで」などの感情的文言である。

"無理解”メア氏 「近くに建設許す宜野湾市に疑問 琉球新報2008年7月12日      

基地の危険性とは別に周辺での自治体の建設基準に疑問を示すケビン・メア在沖米総領事=11日、浦添市の在沖米国総領事館
 ケビン・メア在沖米総領事は11日の定例記者会見で、伊波洋一宜野湾市長が米軍普天間飛行場は米軍内部の安全基準に違反すると指摘しているのに対し「基地外の建設を制御する安全基準で、逆に滑走路の近くの基地外になぜ、宜野湾市が建設を許しているのかという疑問がある」と答えた。強制的に接収され、建設された米軍基地の成り立ちを踏まえない配慮を欠いた11日の「メア発言」に、伊波市長や宜野湾市民からは「無理解」「(住民とは)逆の発想」と憤りが噴出した
 米軍普天間飛行場は、米軍内部の安全基準に違反しているとする伊波市長の指摘に「逆に滑走路の近くの基地外に、なぜ、宜野湾市が建設を許しているのか疑問」と反論したケビン・メア在沖米総領事。
 基地外の建物建設について「米政府は日本の基地外の建設に何も権限がない。日本政府と県と市がコントロールしているので、米側は何もできない。普天間の滑走路の南の進入灯の近くにタワーができているが、これも安全の面で米側からはよくない。でも米側からは何もできない」と日本側の責任であることを強調した。
 普天間移設で仲井真弘多知事が日米両政府が危険だとして移設合意したとしていることに「特別に危険だとは思っていない。周りの住民に騒音問題と危険性に懸念があるとよく認識して移設する方がいいと決めた」と説明し、危険なために移転するとの認識ではないことを強調した。
 県議会で辺野古への移設に関連して反対決議の動きがあることには「野党が過半数になったことは米軍再編に影響があるとは思っていない」と述べた。普天間代替施設の沖合移動要求や、現飛行場の危険性除去について「日本政府から提案はない」と説明した。
 普天間飛行場の危険性除去については「合同委員会で常に各基地の運用を協議する場で、安全性をいつも調整している。特別に普天間に関する協議会を開く提案はない。一番安全なように努力する必要は分かっているし、今までもやっている」と取り組みを強調した。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やはり「井戸端会議」は無効... | トップ | 竹富町民に告ぐ!恥の上塗り... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お奨めブログ (町工場の親方)
2011-10-27 15:55:53
このブログに集う、多くの人は既に読まれているかと思いますが、何年も前から、私が毎日、愛読してきた、政治ブロクの非常に優れた論客

『依存症の独り言』、のブログ主、坂さんが、昨日、(10月26日)

《左翼先進地帯 極左が跋扈する沖縄と北海道》

の題にて、いつものように、優れた、詳しい分析をされています。私も、日教組、マスコミ、地元大学の教育学部に盤居する、極左同士の強い連携が、「癌」、だとは承知していましたが、北海道と沖縄に関して新たに教えられることの多い内容でした。

10年前の扶桑社教科書の時も、全国的に組織を挙げて猛反対運動、(「反対」、というよりは、抹殺、扼殺運動といった方が適切かと思います)、の中核をなしたのは、日教組、朝日=築地カルト、左翼過激派でした。

以下、「依存症の独り言」、の一部を引用いたします。

>北海道教職員組合(北教組)と沖縄県教職員組合(沖教組)は、極左・革マル派の影響下にある。
北海道新聞(道新)や「沖縄の2大紙」と呼ばれる琉球新報と沖縄タイムスについては、よく分らない。
が、道新は朝日新聞より「左」と評されているし、「沖縄の2大紙」は反米・反日-親中・親北朝鮮を隠そうともしない。
道新は道内の新聞購読世帯のシェアの大半を占め、圧倒的な影響力を持つ。
「沖縄の2大紙」は、併せて99%近いシェアを誇り、もう完全に世論を支配している。

>なぜ北教組や沖教組に革マル派が影響力を有しているのか?
それは大学に関係がある。
北教組は北海道教育大学(北教大)出身者が多いし、沖教組は琉球大学(琉大)出身者が多い。
で、北教大は革マル派の牙城だったし、琉大は革マル派の完全支配下にあった。・・・


革マルは何十年か前、宿敵、中核派と血みどろの殺し合いをし、双方多くの死者を出しました。

革マルに関しては、野村旗守・著ーーー《Z、(革マル派)、の研究》・・・月曜評論社、

に詳しく書かれており、これを読むとその実態がよくわかります。
冒頭の、プロローグ、で、年一回の全国大会に集まる革マル派の、一様に、帽子、サングラス、マスク、(公安当局で三点セットと呼ばれる)、を着用し、集合する様子が描かれています。

『少々長めのプロローグ』ーーいまなぜ革マルなのか?、より。

・・・しかし、この地上から共産主義国家が一つ残らず消えうせても、そして世界中すべての共産主義政党がマルクス主義のドグマ=教理を捨て去り、路線転換をはかっても、マルクス主義はなくならないだろう。それは必ず、《セクト》、として生き残るのである。現に世界中いたるところーーーほとんどどこの国でもーーー行き続けている。この日本でも。

セクトはもともと宗教用語で、「分派」、とか、「宗派」、いう意味らしい。分派というからには大勢を割って出た者だから、普通は少数派である、しかし、この少数者がやっかいなのは、決して自分たちを異端者だとは思っていないということだ。どころか、みずからが少数者なのは教理において異端だからではなく、純粋であり、原則的であるからだと彼らは主張する。したがって、セクトは少数者であるにもかかわらず、いや、むしろ少数者であるがゆえに大向こうを敵にまわし、自ら正当をもって任じる、したがって、概ね彼らは独善的であり、閉鎖的であり、排他的であり、ときには狂信的ですらある。

いきおいセクトは精鋭化し、ときには過激化する。イスラムの例で言えば原理主義的ということになり、我々の身近の最近の言葉で言えば、《カルト》、ということになる。

・・・すでに述べたとおり、新左翼運動のピークは30年ほど前の60~70年代、革マル絡みの内ゲバも、最近ではすっかりなりを潜めた。私が、「いま革マルのことを調べている」、と言うと、一様に怪訝な顔をされた。「革マルなんてまだいるの?」、と、真顔で問い返す者さえいた。
ことほど左様、「革マル」、などという言葉はアナクロニズムの象徴のようなもので、「ニューレフト」、゛「全共闘」、「学園紛争」、「内ゲバ」、なども死語同然、文字通り全盛期の遺物となつてしまった感がある。

しかし、それは事情をしらないだけの話だ。革マルの根はいまだ絶えてない。どころか、ひそかに増殖を繰り返し、そのそばでくらすことを余儀なくされた人々にとっては日々の生活圏を脅かされるほど深刻な問題なのであ。

レーニンを信奉する、暴力革命家、法や道徳を重んじる考えは毛頭無いカルト、警察も舌を巻くほど、盗聴、盗撮、尾行の技術に優れ、《恐怖》、で支配する人間たちを相手に、普通の温和・善良な国民は、《絶対に関わりたくない、目をつけられるような批判、反対の言動はしないに限る》、と考えるのは当然です。

私が、「Zの研究」、の中で印象深かったことは、「革マル」、の夫婦は、《すべての目的が左翼革命の達成》、のため、子供を作らず、一般人のような家庭を営まない、と書いてあった部分です。
これはもう、男女が夫婦として一緒に暮らしていても、家庭などというものでありません。目的を同じくする、革命家同志の共同生活、性が目的の夫婦のようです。

もし、革命が達成され、こんな連中に支配されたら、たまったものでない、と過去及び現在の、共産主義国の、自由が完全に失われた、相互監視、密告社会と思い合わせてゾッとします。
一刻も早く、民主党政権を解散に追い込まねばと、痛感します。

※、野村旗守氏は、知名度はそう高くありませんが氏の業績は多大なものがあります。

私にとって特に忘れられないのは、雑誌、「諸君!」、2000年12月号に野村氏が書いた、
「金縛りになった金融庁」、という論文です。「諸君!」、に載せられた多くの論文の中でも、異色のものでした。
不動産バブル崩壊に伴い、無茶苦茶な貸し出しにより、物凄い不良債権を抱えた、「朝銀」、を救うため投ぜられた、莫大な金の検査に関するもので、この論文により、いかに酷いことが行われていたかが、明らかになり、以後政府は誤魔化しが利かなくなりました。




Unknown (Unknown)
2011-10-27 16:01:36
対中抑止に普天間基地移設を:
米国の国務長官が来日した。日本が重大な状況になっているからだ。ただ今の政権は反日だから、話の内容は中共は南北朝鮮に筒抜けだ。
米側も承知である。
日本人の国防を無視した戦後政治の成れの果てである。
何しろ何が危険か、分からないのだ。正しい価値観、情報、論理がないので、殆ど白痴状態だ。
これでは肉食獣の餌食になる。
そして恐ろしいのは敵の工作で国土の内部から崩壊し内乱が始まることだ。
若い人が沢山死ぬことになる。
駿河山人
http://pub.ne.jp/surugasankei/


告訴状、正式受理とのこと。 (Unknown)
2011-10-28 16:59:29
聞くところによると那覇地検、告訴状を正式受理したそうですね。
那覇地検はこの、人民裁判と言うべき売名目的の自己満な裁判に手を貸すという過ちを犯すことになるんですね。
告訴状の受理と (◯◯◯)
2011-10-28 18:17:25
起訴、不起訴は別でしょ。
キ◯ガイの言うことだからこそ一応受け取って調べて見ましたってだけになると思いますよ。
no discussion (noga)
2011-10-31 19:01:01
アメリカ側の代表者であったメア氏は、「日本では、識者と呼ばれる教養人、国会議員、更に地方自治体の議員も、安全保障に関して知識がないことはいいことで、説明しないことは賢明な対処法だと考えているように見えます。それは私にとっては本当に驚きの連続です」と語った。

個人の表現がなくては、個人選びは難しい。傑出した個人を育成することも難しい。どんぐりの背比べ。政治は三流。



http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【 藤原大士(ふじわら ひろし)先生 】につきまして (【 日々の感謝 】)
大神様が「師」とお呼びになられ、ノストラダムスの予言に「チラン]と記されていますお方とは、『蘇れ日本人の会』の会長であられます藤原大士(ふじわら ひろし)先生であられます。 藤原大士先生は、645年の「大化の改新」を推進されました藤原鎌足公の末裔であ....
決断できない日本(米国務省前日本部長ケビン・メア)を前宜野湾市長伊波洋一が名誉毀損で告訴 (Boo-Hee(上原勝治) のHoppingブログ)
というのも、前宜野湾市長伊波洋一の支持者たちで、学校の移転は政府の利益になるとして、移転に反対している人々も多いからである。
伊波前宜野湾市長、ケビン・メア米国務省前日本部長を名誉毀損で刑事告訴 (Boo-Hee(上原勝治) のHoppingブログ)
 このふたつ事実から、普天間飛行場が街中にあり、世界の危険な飛行場のランキングに該当した飛行場の、その危険の要素があるかもしれない飛行場になった責任は『普天間飛行場の問題解決に真摯に取り組む宜野市役所や市民、県民である』と結論づけられるのではないだろう...
那覇地検が受理 ケビン・メアへの名誉棄損 (Boo-Hee(上原勝治) のHoppingブログ)
那覇地検が受理 ケビン・メアへの名誉棄損