狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

大江健三郎氏が本日午後法廷に立つ!

2007-11-09 06:25:48 | ★集団自決
 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
沖縄集団自決冤罪訴訟第3回証人尋問予定
平成19年11月9日(金)
http://www.kawachi.zaq.ne.jp/minaki/
大江健三郎氏証人尋問
沖縄集団自決免罪訴訟第3回証人尋問
傍聴券獲得に列ぶ人は彼我併せて
500人以上になる見込み
傍聴席は65席しかありません。
皆様是非傍聴券確保にご協力ください。
傍聴券の抽選は朝1回だけです。
途中休憩を挟んで再入廷するとき、
券を持っていれば人が交替しても問題ありません。
 
・日時 平成19年11月9日(金)午前9時半までに集合
    ※傍聴券の配布は、9時45分頃
・場所 大阪地裁(大阪市北区西天満2-1-10)
TEL 06-6363-1281
・内容 10時半~正午     梅澤  裕  氏 証人尋問
    13時半~14時10分  赤松  秀一 氏 証人喚問
    14時半~16時半    大江 健三郎 氏 証人喚問

                     
                     ◇
 
大江健三郎氏は当初出廷を拒否していたという。
 
その為大江氏が以前に出廷を宣言していた記事等を提示、原告側は大江氏の証人申請していた。
 
原告側には「大江氏を法廷に呼び出そう!」という運動も起きていたという。
 
本日の大江氏の出廷は裁判長の「召喚」で証人喚問になった模様。
 
結局、裁判当事者である大江氏は法廷に立って証言をすると言うより、法廷に引きずり出されるという形になった。
 
                     *
  

大江健三郎が出廷を宣言している新聞記事(05/27 )

大江健三郎氏は平成17年8月16日(火)朝日新聞の「伝える言葉」という欄に当裁判への出廷の意志を明確に示し、「求められれば、私自身、証言に立ちたいと思います。その際、私は中学生たちにもよく理解してもらえる語り方を工夫するつもりです。」と宣言しています。

当方弁護団は大江健三郎氏の証人申請をしています。
大江氏はよもや逃げるようなことはせず、堂々と出廷して、何故、何を根拠にその著書『沖縄ノート』において現地調査も一切せず、あのような誹謗中傷を書き連ねる事ができたのか、明らかにしもらわねばなりません。

                   *

 

大江健三郎氏を法廷に呼び出そう!(06/23 )
大島信三のひとことメモより。(雑誌『正論』編集長)
2007年03月31日

「定説」を広めたのは、主に岩波書店だった。そのうちの1冊は、曽野さんの著書が刊行される3年前の昭和45(1970)年に出版された大江健三郎氏の著書『沖縄ノート』(岩波書店)。大江氏らの著書で名誉を傷つけられたとして元守備隊長らが、大阪地裁に提訴。「沖縄集団自決冤罪訴訟」は、平成17(2005)年10月28日、大阪地裁で始まった。原告側の徳永信一弁護士は、『正論』(平成18年9月号)でこう述べている。
<大江氏は、まず、どんな調査のもとに、何を根拠にして、赤松元大尉を「罪の巨塊」などと断定し、アイヒマンのごとく絞首刑にされるべきだと断罪したのかを弁明しなければならない。やがて法廷の証言に立つという大江氏の約束が果たされる日を待ち遠しく思う。そのとき、彼はなにをどう語るのだろうか>
 この裁判で読み上げられた梅澤裕元少佐の意見陳述書が、今回の「軍命令」修正に大きな影響を与えたとされる。昭和20(1945)年3月23日、海上挺進第1戦隊の隊長として梅澤元少佐は、座間味島にいた。米軍上陸目前という緊迫感に包まれていたその夜、島の幹部が本部の壕をおとずれた。自決のための手りゅう弾や実弾をわけてほしいという。梅澤元少佐は、こう諭(さと)したという(『正論』参照)。
<決して自決するでない。軍は陸戦の止むなきに至った。我々は持久戦により持ちこたえる。村民も壕を掘り、食糧を運んであるではないか。壕や勝手知った山林で生き延びて下さい。共に頑張りましょう。弾薬、爆薬は渡せない> 梅澤元少佐の証言には、村民と部隊との良好な関係が端的に表されている。大江氏の『沖縄ノート』には、故意かどうか知らないが、そういう雰囲気はない。いずれにしても、
徳永弁護士が述べたように、こんどは大江氏が発言する番である。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 持ちつもたれつの「教科書会... | トップ | 「同じ土俵」に立つか 大江... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
徳永信一弁護士がんばれ! (ヒロシ)
2007-11-09 07:21:17
徳永信一弁護士はどのように大江氏に切り込むのか。
大江氏は本当に「中学生にもわかる言葉で」説明できるのか。
目が離せません。

徳永信一弁護士頑張ってください。
Unknown (狼魔人)
2007-11-09 07:45:13
ヒロシさん

>Mikaさんからの伝言です

了解しました。 最初は意味不明でした。(笑)

読んで頂けるだけで感謝です。


今日の裁判。
タイムスの特集(11・9裁判特集)を読むと、被告側は当初「軍命の有無は問題ない」といって「軍民混在」を命令、強制の根拠にしていたのが、これでは不利と判断したのか「軍命の有無」に論点を戻すようですね。

注目しましょう。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
教科書問題、まだまだ続く (SHINAKOSAN IS OKINAWAN)
出遅れたけど、どろさんを見習って本人尋問を詳しく読んでみた。 11月9日沖縄集団自決訴訟の詳報(1)~(4) http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/99444/ http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/99496/ http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/e...