狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

聖火リレー:人民による言論封殺★【追記】中国人がCNNを提訴

2008-04-25 08:40:48 | 中国

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします


 人民による言論封殺=金子秀敏

中国の空気が2005年の反日デモ当時に似てきた。チベット暴動と聖火リレー妨害をきっかけに、殺気立った排外主義の感情がふくらんでいる。

 中国のネット右翼はフランス資本のスーパー「カルフール」を攻撃目標に選んだ。中国全土の支店が同じ日にデモ隊から一斉攻撃を受けた。黄巾(こうきん)の乱や太平天国も顔負けの組織力だ。

 北京駐在の欧米特派員は「死ねメール」の攻撃で不安だという。ネット右翼の牙は中国人にも向かう。

 米国ノースカロライナのデューク大学に王千源さんという女子学生がいる。中国山東省の高校を出て留学にきた1年生だ。今月初め、図書館の前で「雪山獅子旗」を持ったチベット独立支持グループと、中国人の留学生グループが怒鳴り合っているのを見かけた。王さんはチベット独立支持ではないが、友人にはチベットの留学生もいる。よく話し合うべきだと思って、双方のリーダーのところに行き、対話を提案した。両方から拒否された。

 間もなくユーチューブに、王さんがチベット支持グループと話をしているビデオ映像が投稿された。中国人による魔女狩りが始まった。

 王さんはチベット独立を支持する売国奴だとされた。ネット上に、王さんの電子メールのあて先、携帯の電話番号から実家の住所や父母の名前まで、個人情報が徹底的にさらされた。奨学金の額や希望の進学先まで書いてある。中国から汚い言葉を並べた攻撃メールが山のように送られてきた。

 実家も被害を受けた。窓ガラスが割られ壁に落書きされた。身の危険を感じ父母は姿を隠した。母校の高校では批判大会が開かれ、王さんの卒業資格をはく奪したという。ワシントン・ポストに掲載された王さんの投書に米国人は衝撃を受けた。中国は紅衛兵時代に戻ったのか。

 人民日報が「理性的対応」を訴えている。だが、テレビキャスターの白岩松氏は「カルフールで働いているのは中国人、商品は中国製だ」と主張して売国奴攻撃の標的になった。「南都周刊」の副編集長は「メディアでチベット問題を自由に論じたら」と提案して大売国奴とされた。

 中国人の言論の自由を封じているのは共産党だけではない。人民の、人民による言論封殺もあるのだ。

 反日デモでは、反日団体がジャスコやイトーヨーカ堂を攻撃した。きっと長野で事あれかしと出番を待っている。要注意だ。(専門編集委員)

毎日新聞 2008年4月24日 東京夕刊


                    ◇

■言論弾圧の真犯人は「ならず者と悪党集団」■」

人民の人民による人民のための言論弾圧、・・・いや、最後の部分は中国と言い換えて、人民の人民による中国政府のための言論弾圧といったほうが正しい。

そもそも焚書坑儒は中国歴代王朝の伝統技でありに言論弾圧は得意技のはず。

人民による言論弾圧を長年教育し、「愛国無罪」に火をつけたの権力者の側である。

CNNコメンテーターも中国のことを「ならず者」と発言したが抗議を受けても発言撤回などせずに、

「(発言は)中国国民ではなく、中国政府について語ったものだ」と反論している。

コメンテーターのキャファティ氏は「人民の言論弾圧」の真犯人は中国政府という「ならず者と悪党集団」であることを先刻お見通しのようだ。

CNNコメンテーター発言に抗議行動、反仏デモも 中国写真付き記事

<キャファティ氏は9日のCNN番組「シチュエーション・ルーム」で、過去の中国について語った際、「ならず者と悪党」(goons and thugs)ということばを使った。同氏は14日、発言が中国国民ではなく、中国政府について語ったものだと釈明した。 >

それにしても日本のコメンテーターに中国に向かって「ならず者と悪党集団」とはっきり言える人物がいるだろうか。

仮に、失言気味で似たような発言をしたとしても中国側の猛抗議を受けてすぐに土下座謝罪で発言撤回をするだろう。

それに引き換えキャファティ氏はエライ!

抗議を受けて謝罪どころか更に厳しく「ならず者と悪党集団」は中国政府と名指ししたではないか。

キャファティ氏はこのように補足したらしい。

「彼らは基本的に、過去50年間と同じならず者と悪党の集団だ、とわたしは考えている」。

中国側の抗議はやぶへびだった。

                      ◇

■刑務跡(思想犯)が聖火リレースタート地■

五輪聖火リレーのスタート地を善光寺が辞退して以来、世界各国で善光寺の株が上がっているという。

聖火のスタート地はその国の象徴的な場所を選定するのが慣習となっている。

 ロンドン⇒ウェンブリー・スタジアム(イングランドのサッカーの聖地)

パリ⇒エッフェル塔

サンフランシスコ⇒フィッシャーマンズワーフ(観光地)

バンコク⇒チャイナタウン

デリー⇒大統領官邸

そして!

長野市⇒空き地

日本では当初のスタート地善光寺の英断で、結果的ではあるが長野市が決めたスタート地点が「元思想犯専用の刑務所跡地」とは、「大虐殺北京五輪」にとってこんなに相応しい場所は無い。

ちなみに東京オリンピックの時の聖火リレーは台湾(当時の中華民国)から日本に来る前に、当時はアメリカ占領下の沖縄で中継し「日本の潜在主権」を世界へ訴えて、来るべき祖国復帰(1972年5月15日)の布石にした経緯がある。

それにしても、台湾問題、尖閣問題と対中国に関しては問題をはらんでいる沖縄の新聞が、

普段は人権問題では大騒ぎしている割には、チベット問題、聖火リレー騒動では静観なのが不思議だ。

今朝の琉球新報の見出しにチベットの文字を探してみたら・・・

一つ見つけた、と思ったら文化面の「チベット旅行の思い出」、宗教学者山折哲夫氏の「中国のチベット弾圧」には関係ない随筆だった。
 

チベットと「命どぅ宝」と死刑制度、そして軍備■

関連無い単語を羅列したわけではない。

「命どぅ宝」、死刑制度、軍備という三つの点を結ぶと「中国のチベット弾圧」という構図が浮き出してくる。

ネットで評判の動画 もうひとつの聖火リレー』 "Another sacred torch relay"に次のような言葉が出てくる。

「武力を捨てたがゆえに他国の軍事侵略に抵抗できなかった国がある」

「自分の国で常に監視され拷問される恐怖に怯えながら生きる毎日を」


【必見動画】 もうひとつの聖火リレー』 "Another sacred torch relay"http://jp.youtube.com/watch?v=i7oH7ql9zvM&NR=1

 

チベットは沖縄の鏡といわれながら脳テンキな沖縄サヨクはチベット問題は見てみぬ振りだが、

米軍基地撤去を叫び自衛隊には敵意を見せる。

「命どぅ宝」という沖縄語を曲解して「武力を捨てれば平和が来る」という幻想で県民を扇動する沖縄紙。

光市母子殺人事件で死刑判決後の記者会見での本村さんの発言が重なる。

(死刑制度について問われて)「人の命をもっとも大事だと思って尊ぶからこそ死刑という制度があった」。

そう、「『命どぅ宝』だからこそ軍備も必要なのだ」と沖縄の新聞に教えてあげたい。

 

【おまけ】

【論説】CNNの対中誹謗発言で露呈した中国の弱点

メルマガ版「台湾は日本の生命線!」より転載


ブログ「台湾は日本の生命線!」 http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/

http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-352.html より



CNNテレビのコメンテーター、ジャック・カファティ氏がサンフランシスコでの聖火リレーの実況中継中、「米国は中国製の鉛を塗ったガラクタや毒入りペットフードを輸入している」とし、中国人が「過去五十年間、ならず者で兇徒だった」と発言したことはまさに事実を言い表したものであり、世界の人々に中国への警戒心を高めさせる上で有益なものだった。

一方、CNNなど海外のメディアがチベットの真実を大々的に伝えていることに手を焼いてきた中国にとっても、これはCNN批判(その権威、影響力を傷つける)の格好の材料となった。十五日には外交部の姜瑜報道官が怒りを込めてこう言った。

カファティは自分のマイクを利用し、中国と中国人民を誹り、メディアの道徳と人としての良識に背いた。彼の傲慢さ、愚昧さ、そして中国人民への敵視が反映されている。内外の中国人は憤慨し、世界の正義の人々も譴責している。我々はCNNとカファティに悪劣な発言の撤回と全中国人民への謝罪を厳正に要求する

CNNも営利企業である。これを受けて即日謝罪の声明を発表した。だがそれは「カファティとCNNに中国人を冒涜;する気はない。発言は中国政府に向けたものだった」「もし侮辱と感じた方がいれば、その方々には謝罪する」「カファティは米国の政府やリーダーにも鋭い批判を行っていますよ」と言うものだった。

こう言われては中国も黙ってはいられない。姜瑜は十七日、こう言って再度CNNに謝罪を要求した。

「CNNが十五日に発表した声明は、カファティ発言に関して心を込めて謝罪していないばかりか、矛先を中国政府に向け、人民と政府の関係に挑発を行った。中国は受け入れられない」

海外からの影響で、「人民と政府の関係」が悪化することこそ、中国政府が伝統的に恐れるものだ。

こうした反海外メディアキャンペーンにより、中国国民の民族主義は高揚していることが報じられているが、恐らく報じられていないこともあるだろう。それは海外からの情報に接し、多くの国民が真実を知り始めていることである。

また高揚する民族主義が政府批判に転じかねない危険性も、中国政府はよく知っている。

さらには世界各国も、外国の言論の自由、報道の自由を侵害する中国の高圧的姿勢に、ますます不信感、警戒感を高めていることだろう。たとえば、これで本当に五輪開催の資格があるのかと。

中国政府が海外メディアに激越な反応を示さざるを得ない情況の、この国の弱点がさらけ出されている。だから「ならず者、兇徒」であり続けてきた中国の暴走をこれ以上望まないものは、メディアであれ個人であれ、さらに真実に基づいた反中国宣伝を行って、その弱点を突いて行けばいいのだ。

ただ、もし今回の中国の怒りに恐れ戦き、「我々は中国の逆鱗に触れないようにしよう」と決意を新たにした日本のメディア、政治家、企業が存在するなら、それは中国の恫喝戦略の勝利を意味するのだが。

【おまけ】その2

面白い裁判が起きたようだ。

中国政府は「ならず者で悪党集団」かどうか、これは侮辱にあたるかどうか。

米国連邦裁判所がどのような判断を示すか世界中の見ものだ。

 

中国人に1ドルずつ支払え!13億ドルの慰謝料求めCNNを提訴―米NY

 (中国情報局 2008/4/24)

 http://www.recordchina.co.jp/group/g18166.html


 2008年4月23日、米国ニューヨーク在住の華人と中国北京市の女性が連名で米国の弁護士を通じ、CNNと同局キャスター、ジャック・カファティ氏らを相手取り、中国人1人当たり1ドル、総額13億ドルの慰謝料を求め提訴した。中国の「人民網」が伝えた。 



 CNNとカファティ氏を訴えたのはニューヨークで美容院を経営する梁淑冰(リャン・シュービン)さんと中国北京市で小学校教師を務める李麗蘭(リー・リーラン)さんの2人。彼女らは全ての中国人を代表し、CNNとその母体であるターナー・ブロードキャスティング社、カファティ氏の3者を被告として、原告である13億人の中国人に対する慰謝料を求めており、彼女らの弁護士は同日、米国連邦裁判所に訴状を提出した。 



 訴状のなかで、CNNは中国人全体を侮辱しおとしめたとし、カファティ氏は故意に原告を精神的に傷つけたと主張。ターナー・ブロードキャスティング社には重大な過失があったとしている。


 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新・沖縄語講座 | トップ | 中国がダライ・ラマとの対話... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
結局中国はヤクザ (八目山人)
2008-04-25 13:35:40
 チベット問題であれこれ言っているのは、アジアでは日本だけだと中国は言っている。アジア諸国は其れほど中国が怖いのか。金を貰っているのか。何なんだ。日本人には大きなことを言って偉そうな態度だが、イザとなればコソコソと頭を隠して、いつもの日本に難癖をつける時のように言ってみろ。結局日本が大人しいと見て、舐めているだけじゃないか、フィリピン、マレーシア、インドネシア、タイ。
 この前の国連常任理事国のときも、中国の顔色を伺って、そっちに付いただろう。本当に意気地が無い奴等だ。日本の政治家と同じじゃないか。これから大きなこと言ったら、おととい来いこのすっとこどっこいと言い返すぞ。
暴支庸懲 (エム)
2008-04-25 17:31:08
 時代が変わろうとも支那は支那ということでしょう。

 そろそろ庸懲の鉄槌を下す時期かもしれません。
Unknown (狼魔人)
2008-04-25 18:23:35
◆八目山人さん


>アジア諸国は其れほど中国が怖いのか。

近所にヤクザが住んでいるのであたらずさわらずといったとこでしょう。

それに華僑が多く住み着いているのも内部からの圧力があるのでしょうか。

>本当に意気地が無い奴等だ。日本の政治家と同じじゃないか。

どこかの国の総理大臣が「相手の嫌がることはしない」なんていうくらいだから。

とにかく明日の長野が見ものですね。


◆エムさん

明日の長野の様子如何では暴支庸懲も冗談ではなくなりますね。

コメントを投稿

中国」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL