狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

犯罪者を英雄に仕立て上げる沖縄2紙が翁長知事に噛み付く

2016-12-01 08:26:00 | 高江ヘリパッド

 

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 100万アクセス達成のため拡散を!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

 

■公開対談の御知らせ■

 

12月19日(月)
開場18:30
開演19:00~ 2H予定...
場所 浦添市社会福祉センター
大研修室 (200名収容)
参加費 ¥500

 

コーディネーター・我那覇真子
主催 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

第一部 ロバート・エルドリッヂ博士・篠原章博士
公開対談『トランプ時代の在日米軍ー沖縄の基地はどうなるのか』 
第二部 特別登壇・依田啓示
シンポジウム「2016年高江の夏ーそこで何が起こったのか

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト

 

機動隊「土人」発言から約一ヶ月経過した。

沖縄2紙にとって追い風になるはずの「土人」発言が、逆にブーメランとなるとは沖縄2紙にとっては想定外だった。

昨日のエントリーの冒頭で次のように書いた。

10月末に起きた機動隊「土人」発言で、沖縄2紙は暴走しすぎて強力なブーメランを受けることになる。

沖縄2紙の「善良な市民を狂暴な機動隊が弾圧する」といったデタラメを連日報道したため「ノーカット版動画」らネット動画や産経新聞の現地取材報道が「沖縄2紙は捏造新聞」という事実を全国民の前に晒してしまった。

 

沖縄紙が英雄に仕立てあげた山城博治容疑者が再逮捕された。

集団リンチのリーダー逮捕に対し、あたかも沖縄の英雄が逮捕されたかのように抗議する「市民」が今でもいるのには驚きを禁じ得ない。

今朝の沖縄タイムス社説は、早速「英雄の逮捕劇」に批判の矢を浴びせている。

社説[山城議長また逮捕]露骨な政治的逮捕劇だ 沖縄タイムス。

沖縄タイムスとは双子のような同じ論調の琉球新報もこの通り、山城逮捕には不満の様子・

<社説>平和センター捜索 不当な弾圧許されぬ 基地建設に警察が加担琉球新報

沖縄2紙が嘘報道を撒き散らし、一般県民を騙した罪は限りなく重い。

沖縄の米軍基地問題は、翁長知事の「ヘリパッド建設容認」や辺野古違法確認訴訟の全面敗訴で八方塞がりの沖縄2紙だが、最後の望みをかけたトランプ次期大統領の「沖縄海兵隊撤去」が、逆に「維持・増強」とのことで完全に追い詰められてきた。 「祝電」も悪足掻きの象徴に過ぎなかった。

沖縄2紙には「困ったときのアンケート」という風説が有るが、米軍基地問題で行き詰まった沖縄2紙には「困ったときの沖縄戦」というもう一つの切り札がある。

本日の沖縄タイムスはもう一つの切り札「集団自決」で一面トップを飾っている。 集団自決と教科書問題を記事にするのはよしとしても、なにこの時期に一面トップにする必要はないはず。

米軍基地問題では万策尽きたという感じの沖縄タイムス記者の顔が目に浮かぶ。(涙)

沖縄戦関連記事を唐突に一面トップ出報道するのは一週間前、琉球新報が、国頭村で日本兵が「住民虐殺」との大見出しで一面トップを飾っている。

沖縄タイムスも負けじと11月28日の第二社会面を「沖縄戦関連記事」で埋めている。

ウェブ記事には掲載されていないので、記録保存のため以下に文字起ししておく。

 2015年11月28日 沖縄タイムス第二社会面トップ 

「国、戦いの真実ねつ造」

石原名誉教授が講演

石原昌家沖縄国際大学名誉教授の講演会「沖縄戦の真実を取り戻す」が26日、那覇市の船員会館であり、」石原名誉教授は沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」について「日本政府は援護法の上では軍関与を認めながら、教科書検定では関与を否定している」と矛盾を指摘した。主催は「琉球・沖縄の自己決定権を回復し、樹立する会」。石原名誉尾教授は、沖縄戦に巻き込まれた非戦闘員の老若男女を1950年代に日本政府が援護法の適用対象としたため、遺族年金を求めて多くの遺族が適用申請したと説明。遺族への支給と平行して、住民の犠牲者が靖国神社に戦争協力者として合祀されることになった経緯を振り返った。遺族らの心情について「ひどいい目にあった保証金、と思って遺族年金を受取っているケースが多い。」と代弁。「政府は遺族の弱みに付け込み沖縄戦の真実を都合よく捏造している」と強調した。

                           ☆

短い記事ながら突っ込みところ満載であり、これを書いた記者が「援護法と国の歴史捏造」のデタラメさを理解しているか疑わしい。

ここで、この問題に深く立ち入るのは避け、過去に石原教授を批判したエントリーを引用しておこう。

援護法」、住民ぐるみの公金詐取! 2012-01-28

 

さて、翁長知事は県知事に立候補したときから「(自分は)根っからの保守」「腹八分腹六分」などと意味不明の言動を撒き散らし、保守とは水と油の共産党・社民党ら極左勢力の担ぐ「オール沖縄」という神輿に乗って知事の座を獲得した。

爾来、沖縄2紙は矛盾の塊のような翁長知事の言動にはなるべき批判どころか擁護する立場をとってきた。

ところが、辺野古違法確認訴訟の全面敗訴や知事の「ヘリパッド容認」におより、ついに狼の、いや、ハイエナの本性を剥き出しにして、翁長知事に対し「公約違反」など批判の矢を浴びせかけた。

驚いた翁長知事、「報道は不本意」などと不満をあらわにしたが、元々が矛盾の「オール沖縄」の神輿に乗ったツケが回って来た似すぎず、沖縄2紙が批判を開始するのは時間の問題だった。

翁長知事の唯一の弁解は「オスプレイの使用には反対」を挙げているが、今時「危険な欠陥機オスプレイに反対」などというのは沖縄2紙と翁長知事くらいのもの。 今時「オスプレイ反対」を県知事が公式見解としたら世界のものわらいであり、説得力は皆無である。

翁長知事「報道は不本意」 オスプレイの使用には反対

沖縄タイムス 2016年11月30日 07:47

 

 翁長雄志知事は29日、米軍北部訓練場のヘリパッド建設で「苦渋の選択」との自身の発言が事実上の容認と報道されたことに関し、真意ではなく「不本意だ」との認識を示した。県庁で記者団に語った。

翁長雄志知事

 知事は、苦渋の選択は、オスプレイの使用が前提となっている「北部訓練場の返還(を容認すること)」だと説明。オスプレイを対象とした環境影響評価が実施されていないにもかかわらず、オスプレイが使用するヘリパッドが造られることは「容認していない」と述べた。また、1996年のSACO合意にはオスプレイの使用が含まれていなかったとし、現計画に関し「本来のSACO合意とは違う」との認識を示した。

                    ☆

翁長知事が沖縄2紙の知事批判に対し、「心外」などと憤懣やるかたない状況だが、沖縄2紙はおべんちゃら記事を書くときも、批判記事を書くときもまるで申し合わせでもしたかのように、同じ論調で牙をむく。

以下双子のように同じ論調で翁長知事を批判する社説。

社説[知事 ヘリパッド容認]県の迷走ぶりが際立つ

 

沖縄タイムス 2016年11月30日 07:52

 翁長雄志知事が北部訓練場で進められているヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を事実上、容認した。

 報道各社とのインタビューで、翁長知事は工事を強行する政府の姿勢に疑問を呈しつつも、「苦渋の選択の最たるものだ。約4千ヘクタールが返ることに異議を唱えるのは難しい」と述べた。

 この問題に対する県の対応はあまりにもあいまいで、ちぐはぐだ。

 2014年の県知事選の政策文書の中には「オスプレイ配備撤回」は明記されているが、「ヘリパッド建設反対」には触れていない。ただ、知事選の政策発表では「オスプレイ撤去と県外移設を求める中で、高江のヘリパッドは連動して反対していく」と語っている。

 知事を支える保守系の人たちからは「大規模返還が実現するなら基地内移設はやむを得ない」「知事は革新に傾きすぎる」との不満がくすぶっていたのも確かだ。

 板挟みの中で翁長知事は21日、オスプレイの運用を前提にした環境影響評価(アセスメント)を再実施するよう防衛省に要請したが、翌22日の参院外交防衛委員会で防衛省は再実施の予定がないことを明らかにした。

 アセスの再実施の見通しもないまま、翁長知事はヘリパッド建設を事実上、容認してしまったのである。

 ヘリパッド建設をどう見るか、突き詰めて考え、きちんと問題を整理してこなかった付けというしかない。後手後手の対応が続くようでは政府に振り回されるだけである。

■    ■

 東村高江周辺では連日、市民による体を張った反対行動が続き、けが人も続出している。知事の反対表明を期待していた人々にとって容認発言はハシゴをはずされたようなものだ。

 しかも、県はキャンプシュワブ陸上部分の隊舎工事再開を認めたばかり。「辺野古・高江」を一体のものととらえる反対派市民の反発と落胆は大きい。

 保革の枠を超えて知事を支えてきた政治勢力の「わだかまり」や「不満」はあちこちで表面化しており、知事発言がさらに内部の亀裂を深め、「アリの一穴」になるおそれがある。政府・自民党がその先に見すえているのは、2年後の知事選だ。その動きはすでに始まっている。

 翁長知事は、名護市辺野古の新基地建設について、知事権限を駆使して阻止していく考えをあらためて強調した。だが、ヘリパッド「事実上容認」の波紋は広がっている。

■    ■

 北部訓練場の過半返還は、返還面積を大きくし、大規模返還であることを印象づけるために打ち出されたものだ。

 不要な土地を返還する見返りに、海兵隊は新たに6カ所のヘリパッドを手に入れ、上陸訓練も可能となった。

 オスプレイ訓練に伴う貴重な自然や住民生活への影響を考えれば、6カ所のヘリパッド建設は無理な計画であることが明らかだった。

 にもかかわらず、米軍の強い要求に抗しきれず、住民説明も極めて不十分なまま、工事が強行されたのである。

                                  ☆

<社説>知事ヘリパッド容認 原点に立ち返るべきだ 基地負担軽減に逆行する

 

 県民を裏切る重大な公約違反と断じざるを得ない。過重な米軍基地負担軽減を求める民意に背くものであり、容認できない。

 翁長雄志知事が東村と国頭村にまたがる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)新設を事実上容認した。
 知事選公約で「ヘリパッドはオスプレイの配備撤回を求めている中で連動し反対する」としていたことに反する。
 知事のヘリパッド容認は、騒音などが増す東村高江区民の生活環境破壊をいとわない政府に、知事自らが手を貸すことにほかならない。再考を強く求める。

 切り捨て許されぬ

 知事は北部訓練場の過半返還について「苦渋の決断の最たるものだ。約4千ヘクタールが返ってくることに異議を唱えるのは難しい」と述べた。ヘリパッド新設を返還条件とする政府の強硬姿勢に屈したとしか見えない。
 返還される約4千ヘクタールは米軍が「使用不可能」とする土地だ。返還されて当然の土地であり、ヘリパッド新設反対と過半の返還を受け入れることは矛盾しない。
 北部訓練場も普天間飛行場などと同様に、米軍によって奪われた土地である。本来ならば、知事は北部訓練場の全面返還を求めてしかるべきである。「異議を唱えるのは難しい」とすること自体、理解に苦しむ。
 知事は「オスプレイの配備撤回があれば、ヘリパッドもなかなか十二分には運用しにくいのではないか」と述べた。楽観的過ぎる。
 県内全41市町村長と議長らが2013年1月、オスプレイ配備撤回などを求める建白書に署名したが、政府は一顧だにしない。そのような状況で「配備撤回があれば」との仮定の話をすることは、無責任のそしりを免れない。高江では既に2カ所のヘリパッド運用が始まっている。
 高江では8月ごろまでオスプレイが午後10時以降も離着陸訓練を繰り返しているのが確認されている。その影響で眠れずに睡眠不足の児童らが欠席する事態も起きた。残りのヘリパッドが完成して本格運用が始まれば、昼夜を問わずオスプレイの騒音に区民がさらされるのは目に見えている。
 ヘリパッド容認は、今後も騒音被害などを高江区民に押し付けることを認めることである。それを「苦渋の選択」で片付けられては、区民はたまらない。
 人口約150人の高江を切り捨てることは断じて認められない。知事は高江を訪れて区民の声に耳を傾けるべきである。

 欺瞞に満ちたSACO

 知事は「SACO(日米特別行動委員会最終報告)の着実な実施と地元2村との信頼などを考える中で、オスプレイ配備撤回で物事は収れんされるのではないか」としている。
 SACO合意が沖縄の基地負担軽減につながると、知事は考えているようだが、果たしてそうか。
 基地負担軽減を装うが、SACO合意の本質は古い基地を返す代わりに、日本側が最新鋭の基地を提供して在沖米軍基地を強化することにある。その分、県民の過重な基地負担はさらに増すことになる。県民要求に逆行する。
 辺野古新基地と北部訓練場の新たなヘリパッドを連動させた北部の基地強化がSACO合意の狙いだ。欺瞞(ぎまん)に満ちたSACO合意を批判し、辺野古新基地とヘリパッド新設に反対を政府に突き付けることが知事の取るべき態度だ。
 知事は15年5月の辺野古新基地建設断念を求める県民集会で「うちなーんちゅ、うしぇーてー、ないびらんどー(沖縄人をないがしろにしてはいけませんよ)」と述べた。ヘリパッド容認は高江区民をないがしろにしている。そのことに知事は気付いてほしい。
 県民要求を実現させることが知事の務めである。知事はいま一度その原点に立ち返り、ヘリパッド容認を撤回すべきだ。

 

【おまけ】

 

【内ゲバ】琉球新報「おい翁長!県民を裏切る重大な公約違反!高江切り捨て許さんぞ!」へリパッド容認に激怒

【関連記事】

【沖サヨ発狂】翁長知事、ヘリパッド建設を事実上容認「苦渋の選択の最たるものだ」


1: ジャンピングDDT(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 07:54:49.16 ID:MBs9cVh50
県民を裏切る重大な公約違反と断じざるを得ない。過重な米軍基地負担軽減を求める民意に背くものであり、容認できない。

翁長雄志知事が東村と国頭村にまたがる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)新設を事実上容認した。
知事選公約で「ヘリパッドはオスプレイの配備撤回を求めている中で連動し反対する」としていたことに反する。

知事のヘリパッド容認は、騒音などが増す東村高江区民の生活環境破壊をいとわない政府に、知事自らが手を貸すことにほかならない。再考を強く求める。

 切り捨て許されぬ

知事は北部訓練場の過半返還について「苦渋の決断の最たるものだ。約4千ヘクタールが返ってくることに異議を唱えるのは難しい」と述べた。
ヘリパッド新設を返還条件とする政府の強硬姿勢に屈したとしか見えない。返還される約4千ヘクタールは米軍が「使用不可能」とする土地だ。
返還されて当然の土地であり、ヘリパッド新設反対と過半の返還を受け入れることは矛盾しない。

北部訓練場も普天間飛行場などと同様に、米軍によって奪われた土地である。
本来ならば、知事は北部訓練場の全面返還を求めてしかるべきである。
「異議を唱えるのは難しい」とすること自体、理解に苦しむ。

plt1607210043-p1

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-403393.html
続きます

3: ジャンピングDDT(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 07:55:19.99 ID:MBs9cVh50
>>1続き

知事は「オスプレイの配備撤回があれば、ヘリパッドもなかなか十二分には運用しにくいのではないか」と述べた。楽観的過ぎる。
県内全41市町村長と議長らが2013年1月、オスプレイ配備撤回などを求める建白書に署名したが、政府は一顧だにしない。
そのような状況で「配備撤回があれば」との仮定の話をすることは、無責任のそしりを免れない。
高江では既に2カ所のヘリパッド運用が始まっている。
高江では8月ごろまでオスプレイが午後10時以降も離着陸訓練を繰り返しているのが確認されている。
その影響で眠れずに睡眠不足の児童らが欠席する事態も起きた。
残りのヘリパッドが完成して本格運用が始まれば、昼夜を問わずオスプレイの騒音に区民がさらされるのは目に見えている。

ヘリパッド容認は、今後も騒音被害などを高江区民に押し付けることを認めることである。
それを「苦渋の選択」で片付けられては、区民はたまらない。
人口約150人の高江を切り捨てることは断じて認められない。
知事は高江を訪れて区民の声に耳を傾けるべきである。

おしまい
 



5: エメラルドフロウジョン(茸)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/30(水) 07:56:01.08 ID:L6l7Q+iL0
パヨクの内ゲバって様式美

9: ラ ケブラーダ(大阪府)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 07:57:07.05 ID:FZOi2JVZ0
総括はよ

16: 16文キック(愛知県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 08:06:00.23 ID:BUoywxs80
なんかもう鳩山と変わらんな
混乱させるだけさせて結局なんも出来やしない
基地問題以外でも知事としての仕事もなーんも成果出してない

36: ジャンピングパワーボム(茸)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 08:34:55.61 ID:Fjv8yDtj0
>>16
突撃アポなしアメリカ旅行は楽しかったです‼

21: ミドルキック(愛媛県)@\(^o^)/ [EU] 2016/11/30(水) 08:08:14.74 ID:INxNqsBh0
内ゲバ好きだね

26: チェーン攻撃(関東・甲信越)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 08:12:47.77 ID:t/o9qAzKO
なんでパヨクってあっさり分断されちゃうね
パヨクは何時も尖鋭化して思想に汎用性がないから

ポッキリ折れちまう

30: 稲妻レッグラリアット(佐賀県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 08:20:27.92 ID:mOE+WQvO0
左翼同士潰し合え

35: ビッグブーツ(神奈川県)@\(^o^)/ [SE] 2016/11/30(水) 08:31:32.80 ID:vUeaLm0a0
オナガはネトウヨ(狂った目

38: ジャンピングエルボーアタック(大阪府)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 08:36:56.65 ID:3Q6Iem/C0
また捨てゴマ共がハシゴ外されたのかw

43: エクスプロイダー(兵庫県)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/30(水) 08:42:35.56 ID:8tT04HDR0
高江切り捨てって言うけど
辺野古や高江と言う田舎なら活動家がどんなことしようが目をつぶるってのも大概だと思うよ

61: オリンピック予選スラム(やわらか銀行)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 09:10:01.71 ID:lRIXDtoI0
数日前に容認すると内ゲバ発生は必至だが4千ヘクタールもの返還を拒否する訳にはいかない、進むも地獄、退くも地獄だがどうする翁長wっていう煽り記事を産経が書いてたけどまさにその通りになったなwww
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1480460089/

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 終焉!「市民」と称する極左... | トップ | 「孔子廟は宗教施設か?」本... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ウチナー鬼女)
2016-12-01 08:30:58
「「基地ある限り必ず起きる」  辺野古の金城さん 42年前、米兵が母殺害 2016年5月31日 05:04」
米軍属女性遺棄 在沖米軍 米軍の犯罪・事件・事故 辺野古新基地
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-288881.html

>42年前、母親を米軍キャンプ・シュワブ所属の米兵にコンクリートブロック片で殴り殺された。「『またか』じゃない。基地がある限り『必ず』起きるんだ」。
>被害に対する補償金は支払われたが、

大変痛ましい事件です。しかし、だからと言って「坊主にくけりゃ袈裟まで憎い」が通用するのは「情治国家」だけです。母親殺害されたから、何やっても言い訳はありません!

徳永希さん殺人死体遺棄事件で喜納尚吾を再逮捕-新発田市真野原 ...
http://breaking-news.jp/2014/07/31/010559

この鬼畜、 喜納尚吾は沖縄出身です。彼の非業をもって「沖縄県民がいる限り」というロジックが展開されたら?明らかに「沖縄差別」ですよね?何故、それに気が付かない?気づいているが無視?であるなら人として最悪なレベルだと思います。かわいそうな沖縄県民は「ナイチャー」「ヤマトゥンチュー」を強姦殺害しても、それは「構造的差別」のせい?
で、この鬼畜被害者全員に補償金支払えるの?このクズに代わって国が支払うとでも?
新潟だけではない!沖縄県内で当時女子高生も強姦した事が明らかになってるが?ろくに報道されてねぇじゃん!

『地面に掘った穴』
連続強姦殺人鬼・喜納尚吾、2004年に16歳JKを強姦したと認める。公訴時効完成で罪に問えず
2015/11/07 10:40

時効の16歳強姦致傷への関与認める、女性死亡事件の被告
 新潟県新発田市で平成25年、女性パート従業員=当時(22)=を乱暴し死なせたとして強姦致死罪などに問われた喜納尚吾被告(32)の裁判員裁判の公判が6日、新潟地裁(竹下雄裁判長)で開かれ、喜納被告は検察側の被告人質問で、16年5月に沖縄県で発生した当時16歳の少女に対する強姦致傷事件への関与を認めた。事件は時効を迎えている。喜納被告は当時、沖縄に住んでいた。
 同日、新潟県警捜査員の証人尋問もあり、沖縄の現場に残された乗用車から喜納被告と一致するDNA型を検出、パート従業員の事件で被告が捜査線上に浮かぶきっかけになったと証言した。
 喜納被告はパート従業員の事件をあらためて否認し、逮捕後に黙秘した理由を「何を言っても分かってもらえないと思った」と説明。パート従業員が連れ去られた時間は「家に帰り、妻と一緒にいたと思う」と述べた。
2015.11.6 21:05
強姦致死傷罪は「無期又は5年以上30年以下の有期懲役」なのだが、犯行時の2004年5月では公訴時効期間は10年だった。2004年(平成16年)12月の刑事訴訟法改正により、強姦致死傷罪の公訴時効期間が15年に延長された。(2005年(平成17年)1月1日施行)
無能な警察が連続強姦殺人事件だと気づかず見逃してきたせいで、当時16歳、現在27歳くらいの被害者は泣き寝入りを強いられた。もっと早く逮捕していれば、もっと早く余罪を追及していれば、喜納尚吾に罪を償わせることができたのに。
強姦未遂罪のこれとは別件なのか
新潟県新発田市で半年の間に3人の女性に性的暴行を加え、女性3人を殺害した疑いが濃厚の喜納尚吾容疑者(31)は、10年前にも生まれ育った沖縄・石垣島で婦女暴行未遂事件を起こしていたことが分かった。
2014/8/ 5 10:06
http://www.j-cast.com/tv/2014/08/05212333.html
警察は殺人罪で逮捕したが、検察が勝てる見込みがないので勝手に強姦致死罪に矮小化して起訴。最高刑でも無期懲役。死刑にできない。
以上転載終わり

以上です。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-12-01 10:29:45

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「知事容認発言 『落胆』の心境」の与那原町・森山次雄さん(71)は、1月10日、4月25日、5月13日、6月28日、10月14日、11月7日に続き今年7回目の掲載。
「着陸帯阻止へ 高江で闘おう」の那覇市・国吉洋見さん(75)は、今年初掲載。
「中城村の職員 うれしい対応」の中城村・安里康市さん(64)は、今年初掲載。
「母と祖父思う 献血時の合間」の那覇市・桃原裕子さん(51)は、8月21日に続き今年2回目の掲載。
「地球上の人間 皆『土人』」の那覇市・平良亀之助さん(80)は、4月8日に続き今年2回目の掲載。
「ノート習慣」の那覇市・仲村明さん(66)は、2月2日、3月21日、5月16日、7月2日、8月23日、10月13日に続き今年7回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

与那原町・森山さんは4月7日のタイムス社会面に、前日のキャンプ瑞慶覧ゲート前集会の参加者として登場。


Unknown (東子)
2016-12-01 10:52:38
仲井真前知事の轍を踏まないように翁長知事は慎重にヘリパッド建設のことを避けてきたのに、仲井真前知事と同じくタイムス、新報に「公約を捏造」されて、「公約違反」と罵られる。



【参考】
「翁長知事「報道は不本意」 オスプレイの使用には反対 2016年11月30日 07:47」
米軍北部訓練場 オスプレイ 高江ヘリパッド 翁長雄志
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/73449

>高江ヘリパッド事実上容認との報道に、翁長知事「不本意だ」
Unknown (東子)
2016-12-01 10:53:58
来年2月の浦添市長選が、楽しみ~~。
タイムス、新報が「新基地」というか、「移設」というか。
浦添を「新基地」と言えば、翁長知事だけでなく知事公室長の発言まで非難しないといけなくなる。
かと言って、「移設」とすれば、辺野古との違いとか、そのあたりのことで、自民党県議に「攻撃材料」を与えることになるし。
Unknown (東子)
2016-12-01 10:58:02
政府が「弾圧」?
違法行為を取り締まっただけで、沖縄サヨクが瓦解www

違法行為で成り立っていた沖縄サヨクの抗議活動を、沖縄サヨクが瓦解しないように、タイムス、新報が「反基地無罪」で推していたことが明るみにでただけでしょ。

コメントを投稿

高江ヘリパッド」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL