狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

女性自身砲!山尾議員 夫と離婚協議中だった!不倫相手は担当弁護士の衝撃

2017-09-13 00:57:25 | 未分類
よろしかったら人気blogランキングへ   ク  リックお願いします
 
 
 
 
 
名護市民集会のお知らせ。
 
 
画面をクリックすると拡大します。
 


名護市民集会

 画面をクリックするとか拡大します。

 

 

尾議員 夫と離婚協議中

だった!不倫相手は担当弁護士の衝撃

9/12(火) 0:00配信

女性自身

9歳年下のイケメン弁護士・倉持麟太郎氏(34)との不倫密会が伝えられたことで、民進党を離党した山尾志桜里議員(43)。離党表明の記者会見では記者の質問に一切応じず、一方的に『男女の関係はない』と主張したのがさらに批判を浴びる結果に。

「記者からの質問に応じれば、倉持さんとの“ただならぬ関係”についての追及をかわす自信がなかったのでは。じつは山尾さんとAさん夫婦は離婚を協議していて、倉持さんはまさに志桜里さんが離婚を相談していた弁護士なんです」(夫・A氏の知人)

昨年4月、本誌は山尾議員に密着取材している。

「へとへとになる毎日を癒してくれるのは、息子とのハグと、主人との芋焼酎ロック晩酌です」

山尾議員はライブドアの元役員で、システム開発会社を経営するA氏への愛をこう語っていた。だが、すでに夫婦関係は危機的状態にあった。原因は夫のビジネスにあったという。

「システムエンジニアは慢性的な人材不足です。A氏の会社も例外ではなく、自分の人脈とアイデアで仕事を取ってきても開発するスタッフがいなかったそうです。そのうち『手付金を払って仕事を発注したのにシステムの納品がない。もともと開発するつもりがないのに、Aは金だけ集めたのではないか』と憤るクライアントも出てきました」(IT業界関係者)

訴訟にまで発展したケースもあった。昨年5月の『週刊文春』でも2千万円がからむA氏の会社の取引が、違法な可能性があると報じられた。

「Aさんの金銭トラブルが志桜里さんの議員会館事務所に持ち込まれることもあったようです。彼女も最初は夫をかばっていましたが、なかには志桜里さんが全く知らされていない事業もあったりして徐々に不信感を募らせていったんじゃないでしょうか。『夫が何の仕事をしているのか判らない』と大学時代の友人に漏らしたこともありました」(前出・A氏の知人)

昨年末ごろから離婚についての話し合いがもたれるようになったという。

「Aさんは離婚を望まなかったそうですが、山尾議員は夫が政治活動の足を引っ張る存在となりつつあったのだから見限るしかなかったのでしょう」(前出・A氏の知人)

夫婦双方、弁護士に相談しながら、離婚へ向けて話し合いを重ねていたというのは民進党関係者だ。

「まさか山尾議員と離婚の相談相手との不倫が報じられるとは……。A氏は今回、文春の取材によってはじめて妻の不倫を知ったそうです。最初に“相手は弁護士”と聞いたとき、夫婦と同じ大学出身で仲の良い別の弁護士を疑ったくらい。それが、妻が離婚を相談していた弁護士ですからね。離婚の話し合いはかなり着地点が見えていたようですが、今回の報道で振り出しに。山尾議員にはかなり厳しい条件が突きつけられそうです」

事実関係を確認しようと山尾議員の事務所に連絡したが、期日までに返答はなかった。夫への“不信”があったとしても……あまりにも軽率な行動だった。

                                            ★

「ウワキーヌ山尾」の昔の名前「ガソリーヌ山尾」。

その根拠となった「地球五周のガソリン代」を、秘書の責任に押し付ていた。

 

秘書がやったでは済まないって山尾氏が言ってたような気がするよ。

 

 どこまで続くブーメラン!

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄で核誤爆の恐怖!沖縄タ... | トップ | 沖タイが「チビチリガマ・集... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (amai yookan)
2017-09-13 13:48:41

>「ウワキーヌ山尾」の昔の名前「ガソリーヌ山尾」。

>その根拠となった「地球五周のガソリン代」を、秘書の責任に押し付ていた。


「あれれ 秘書のやったことは、雇主たる議員の責任ではなかったっけ??」

こんな不条理が、いまでも通用するの?

たしか、アメリカで「議員の公用車に家族を同乗させただけで辞職」ってのが、あった記憶がある。

あやふやな処置は、やめて「シャキッとしろ!・気持ち悪い」じゃーないか!

       
愛欲の業 (HM)
2017-09-13 17:06:03
愛欲の業の深さを感じます。
現生の利害を超えてしまうんですね。
破滅的です。恐ろしや。

コメントを投稿

未分類」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL