狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

翁長知事の法的正当性

2015-05-09 06:24:27 | 普天間移設
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

翁長知事は、沖縄2紙が煽った「危険な欠陥機オスプレイ反対運動」を味方につけ知事のポストについた。

防衛省(国)がオスプレイの購入を決定し、翁長氏が知事選を勝ち抜いた基盤が嘘であることが判明した現在、翁長知事のポスト自体が疑念に満ちたものになった。

知事選の最大争点である辺野古移設反対の出発点は「オスプレイ反対運動」であったからだ。

オスプレイが国の購入に耐える新型機であったなら、有権者は沖縄2紙と翁長氏にまんまと騙されたことになる。

公正な選挙は議会民主主義の根幹をなす。

ところが沖縄2紙は公正であるべき知事選挙を、嘘、捏造報道によって捻じ曲げた報道により、沖縄の民主主義を破壊した。

極端に言えば、翁長知事の法的正当性は、沖縄2紙の選挙報道の法的正当性の有無に掛かっている。

さらに極論を言うと、ウソ塗れの「オスプレイ報道」を妄信した結果、翁長氏に投じた票は無効票ということができる。

ここに我々が「琉球新報と沖縄タイムスを正す県民・国民の会」をた立ち上げた最大の理由がある。

沖縄2紙は自分らが垂れ流したオスプレイに関する捏造報道に関しては口を閉ざし、国がオスプレイを購入する件については共同通信に丸投げしている。

復習の意味で、改めて「オスプレイの正体」に迫ってみよう。

2014.9.22 07:00更新

【岡田敏彦の軍事ワールド】
自衛隊導入控えた「オスプレイ」の“正体”に迫る…ヘリの2倍速、事故率は? 急患輸送で積極導入望む声も

岡田敏彦の軍事ワールド

米軍横田基地で公開されたオスプレイ

 米軍が沖縄・普天間基地に配備し、日本も来年度に自衛隊への導入を決めている新型輸送機MV-22オスプレイ。一部で「事故率が高い」と安全性に懸念を示す声がある一方で、急患輸送に欠かせないと積極的な導入を求める自治体もある。そもそもオスプレイとは、どんな機体なのか-。危険ではないかとのイメージが先行する様は、まるで見たこともないオバケを語るかのようだ。9月に東京で行われた一般公開での実機取材を交えてオスプレイの“正体”に迫ってみたい。

関東地区で初公開…“軍事記者”が徹底解剖

 9月6、7日に米軍横田基地(東京都福生市)で催された「横田基地友好祭」。ここで関東地区では初めてオスプレイ2機が一般に公開された。1機は翼を畳んだ格納状態で、もう1機は翼を広げた状態で展示。7日は内部を自由に見ることができ、操縦席も公開され、朝からの雨にもかかわらず機体の周りには一般入場者が長い列を作った。

 筆者も朝一番で列に並び、待つこと34分で後部から乗り込んだ。

 中に入っての第一印象は「思ったよりずっと狭い」。以前に乗った自衛隊のヘリコプターCH-47チヌークと同じ程度の広さかと思いきや、内側の横幅はCH-47の約2・3メートルに対し、オスプレイは1・8メートルと約2割減。内張りがなく機器や配管がむき出しで、未来的というよりスチームパンク(蒸気機関が発達した世界を描いたSFジャンル)の雰囲気か。

 しかし操縦席は圧巻だった。円形のメーターが並ぶ旧式のヘリコプターなどとは全く異なる「グラス・コックピット」、つまり液晶画面がいくつも並ぶ最新鋭の形式だ。

 公開時は電源オフで画面は真っ黒だったが、実際の飛行時には地図とともに飛行状態を示すナビゲーションディスプレイや赤外線映像画面などが現れる。操作はキーボードを使い、操縦桿(かん)はコンピューターで油圧や操縦翼面を動かすデジタルFBWを採用。見学者らは一様に写真を撮り、機外へ出てからも記念撮影したり、機体のあちこちを触ったりと興味津々の様子だった。

 この後も行列は絶えず、末尾の人からは「この調子なら3時間待ちかも」とため息も。この人気は、オスプレイが軍用機云々を抜きで「どんなものか見てみたい」と、多くの人が好奇心をそそられたからだろう。それも当然ではある。オスプレイの最高速度はヘリのほぼ2倍の約550キロ。飛行機のように速く飛ぶ垂直離陸機は長年、人類の夢だったからだ。

 

スプレイ誕生まで

 固定翼機、いわゆる飛行機はライト兄弟が1903年に開発した。第一次大戦では戦闘機が登場、その後大型旅客機や飛行艇、そしてプロペラからジェットへと「速く、高く、遠く」を目指して進化し、ついに宇宙へ飛び出す。

 一方、回転翼機=ヘリコプターの歴史は1907年にフランスで「とりあえず浮いた」という機体が登場したあと、37年にドイツのFw61が安定的な飛行に成功したが、実際に完成したといえるのはエンジンをガスタービンやターボプロップ形式にしてからだ。

 進化過程で飛行機は最高速度が次々と上がったが、ヘリコプターは「頭打ち」となる。速度の差は歴然としており、一般的なヘリコプターの速度は約200~300キロだが、ジェット戦闘機はF-15でマッハ2・5、時速で約3062キロ。第二次大戦時の単発レシプロ戦闘機(Ta152)でも時速765キロ、同ジェット戦闘機(Me262)で時速870キロ…。

 垂直に飛べる飛行機

 ヘリコプターのようにその場で垂直に離陸し、飛行機のように速い。そんな乗り物ができないものか-。夢を追う開発は戦後から始まった。

 「飛行機を縦置きすれば」との発想から生まれたXFY-1ポゴなど珍機も生まれたが、ついに60年、「ジェット排気の方向を下にも向けられるようにする」とのアイデアから、垂直離着の実験機「ホーカーシドレーP.1127」(後の「ハリアー」)が誕生。最高速度は約1170キロ、外形も性能も飛行機ながら垂直(短距離)離着陸が可能となった。

 一方でヘリを飛行機のように速くするのは難航したが、米ベル社が77年、オスプレイの元祖ともいえる実験機「XV-15」を完成させ、NASAで実験がスタート。実用化にめどが立ち、89年にV-22オスプレイの1号機が初飛行した。

 危険なイメージは「開発中の事故」が原因

 1~6号機はFSD(全規模開発機)という、試作機と量産機の間のような位置づけだったが、4号機が92年7月に火災で墜落し、乗員7人が死亡する事故を起こすなど、開発段階で4件の墜落事故が発生。特に2000年4月には実用評価中に着陸段階で墜落し、搭乗していた海兵隊員19人全員が死亡する大事故を起こした。こうした開発段階での事故が「危険」のレッテルを貼られる原因となった。

 では、その後はどうか。

 防衛省が公開したMV-22オスプレイの事故率(飛行10万時間あたりのクラスA飛行事故の件数)は1・93。ヘリコプターのCH-46で1・11、CH-53Eで4・51。AV-8Bハリアーで6・76。

 数字に開きはあるが、オスプレイの事故率は米軍運用の航空機30種類のなかで平均以下の19位。実はF-15や16などの戦闘機より低く、さらには最も一般的な米軍ヘリUH-1を含む海兵隊の回転翼のなかで最少なのだ。まあ軍用機とはいえオスプレイは輸送機なのだから、「本当に重大事故が多ければ軍が採用を見送るはず」との指摘もある。

 ちなみにクラスA事故とは、「被害総額が200万ドル以上、あるいは事故で死亡や全身不随に至る障害や病気を引き起こした場合」(防衛省)で、オスプレイは「機体価格が高いことから損害額も高くなり、他機種では計上されないような事故まで計上される傾向がある」(同)とされる。

 こうした数字だけで安全性を判断するのは難しいが、むしろ米国では2013年から大統領随行要員の搭乗機となっている、という事実の方が参考になるのではないだろうか。

 そして民間機へ

 滑走路が不要で、ヘリより速いオスプレイの特徴はいま、日本でも評価する声があがっている。東京都の小笠原村議会は今年3月26日、自衛隊のオスプレイ導入について、早期の導入と急患搬送への利用を求める決議を4対3の賛成多数で採択した。

 父島、母島などから成る離島の小笠原諸島には滑走路がなく、現在は飛行艇やヘリで患者を本土へ搬送している。村民は約2500人。ヘリでは片道4~5時間だが、オスプレイを使えば片道2~3時間に短縮できるとみている。また航続距離もヘリの5倍強の約3900キロで、悪天候でも余裕のあるフライトが可能となる。

こうした性能が注目され、海外では「民間型」の開発が進んでいる。イタリアのアグスタウェストランド社とオスプレイを開発した米ベル社が共同開発した「AW609」がそれ。来年あたりには試作2、3号機を製作予定で、速度の面からはドクターヘリの代わりとして期待される。また航続距離の長さは捜索時間の大幅な延伸にもつながることから、防災や海難、山岳救助などにも有用とされている

                ☆

 

 

今朝の沖縄タイムスの社会面トップはこの大見出し。

龍柱事業 予算見解にずれ

内容変更めぐり国と市

以下は、昨日、市議会を傍聴した方のブログ「龍柱に反対する市民の会 」からの引用です。

 市民告訴詳細HP『翁長市政を糺す』←クリック

2015年05月09日

#龍柱 の補正予算市議会可決!悔しい!琉球新報はお約束の隠蔽をまたやってくれましたw


<龍柱の補正予算市議会可決>の報道ですが、
NHK沖縄が、中道で、まぁまぁ正確でした。
沖縄のマスコミで、唯一です。

ロケの映像に、問題の「ひび」を初めて映し出し
NHKでひび写真を出す


龍の4本爪(中国の属国の印として4本爪)もビニール越しに確認出来る映像を出している。
龍の4本爪ビニール越し

城間市長欠席議会!!!
城間市長は、臨時那覇市議会を補正予算案提出し開催したにも関わらず、
初日の4月27日の本会議に出席のみ、
それ以降は副市長二人が出席。
城間市長欠席久高将光副市長答弁


急遽、予算決算常任委員会の開催を止めて、ひび割れ龍柱工事現場視察にも、
予算決算常任委員会や本会議に出席せず。
城間市長は、本日の、最も大事な本会議においての、那覇市議による討論 ・ 表決にも欠席。
本日は、久高将光副市長と知念覚副市長も欠席、行政の無責任さに唖然でした。


NHKニュースは、
那覇市長と副市長の三役が欠席に触れてはいませんが、映像では確認出来ました。
5/8那覇市議会本会議市長欠席


しかし、笑えるのが『琉球新報』です。
いわゆる「消えた宜野湾市長」と同じ事をしています。
普天間基地のある宜野湾市長が仲井眞の知事候補と決起集会で前列で並んでいるのに、写真からカットして記事を載せたこの手法と同じで、
お仲間の日本共産党や民主党の議員まで消しても、城間市長の席側をカットし、
向かって右手のみの写真にして記事に載せている。

昨日の本会議では、二大沖縄新聞が、右手傍聴席で写真を撮らない理由が分かりました。
琉球新報の市長欠席隠蔽写真




3年前の当初より一貫して反対の立場を撮っている無所属の前泊議員の意見を、
「『龍柱の表面に入っているひびの調査結果が出ておらず、安全性に疑問が残る。
城間市長から明確な説明がなく、説明責任が果たされていない』と批判しました。」

前泊美紀5/8頭論


と、
おおまかではありますが、とりあえず偏りと隠蔽の無い、まとめ報道。

放送時間のためのカットでしょうが、
仲村圭介市議の討論も、前泊市議と同じ問題点を指摘しながら、中村市議独自の視点があり非常に優れていたと感じました。
国際通りの龍の形の船や大きなシーサーのヤチムンの設置等にを例て、
市民からの要望や希望が持ち上がって行くのではない、急な行政煽動のやり方のシンボル造りを批判し、
バースのシンボルに、沖縄らしいガジュマルにし、地域で育まれるシンボル造りを提案。

この無所属の会の二人は、普段より独自によく調べ熟考をしている誠実な市議に感じました。
意見が違うという点で議論がされていない那覇市議会において、貴重に思えました。

『日本共産党』と『新風会』と『社民党』は、誰かが書いた同じ台本を、猿芝居のように読み上げる討論。
『ひやみかち那覇』と『民主党』は薄っぺらな理解力と事大主義な言動に終始。
傍聴した市民のほとんどが、市民を馬鹿にしていると怒りが込み上がりました。

NHKを含み、どの沖縄の報道に共通するのは、
視聴者や購読者が、なぜ自民党や公明党が可決時に退席したかの理由についての説明不足です。

自民党は、
この補欠予算案自体が、安全性の調査結果も出ていずに、又、市民への理解がされていない。
議案として成り立っていないために、認められない、よって退席、です。


NHK沖縄の報道:<予算案を可決で龍柱建設継続へ>
那覇市が、建設を進めてきた巨大な龍の柱、「龍柱」の完成が遅れている問題で、那覇市議会は、8日の臨時議会で、事業を継続するために必要なおよそ1億円の追加負担を盛り込んだ補正予算案を可決しました。
この問題は、那覇市が、中国との友好を記念し、2億6700万円をかけて、建設を進めている高さ15メートルの龍柱2本が、当初の予定を1年以上過ぎた今も完成せず、およそ1億円の追加負担が必要になっているものです。
8日の市議会では、市が、事業を継続するために提出した補正予算案について、賛成・反対の立場から討論が行われ、賛成する与党の議員が、「龍柱が新たなランドマークとなることで、多くの観光客が訪れ、経済波及効果がもたらされる」と述べました。
これに対し、反対する無所属の議員は「龍柱の表面に入っているひびの調査結果が出ておらず、安全性に疑問が残る。城間市長から明確な説明がなく、説明責任が果たされていない」と批判しました。
このあと、採決が行われ、補正予算案は、新風会、共産党、社民党、ひやみかち那覇、民主党、社大党などの賛成多数で可決されました。
公明党と自民党は退席しました。
また、新たに設定する工期内に龍柱を完成できるよう施工の管理を徹底することや龍柱にちなんだ商品開発を行い歳入を増やす努力を続けることなどを求める付帯決議も可決されました。
龍柱の建設をめぐっては、事業の必要性や金額の規模から疑問や批判の声も出ていましたが補正予算案が可決されたことで建設が続けられることになります。
05月08日 19時28分


★各沖縄のマスコミの報道
琉球新報の記事
「龍柱設置」補正予算案を可決 那覇市議会 2015年5月8日
 那覇市議会4月臨時会は8日午前に最終本会議を開き、国の一括交付金を活用した龍柱設置事業で不足している事業費約1億296万円の補正予算案を、賛成多数で可決した。無所属の会の2人が反対し、自民、公明市議団の11人は退席した。同事業は一括交付金を繰り越しせず2014年度末で未完成のまま終了していたが、市は今回の可決を受けて15年内での完成を目指す。
 反対討論では「市当局の市民への説明が不十分」「公金を使うのに、安全性などで疑問が残る」などの意見が出た。予算案に賛成した議員6人が、完成後の安全性や地域活性化などに市当局が積極的に取り組むよう求めた付帯決議案を提案し、賛成多数で可決された。
 市は残る事業の工程について、新たな業者と契約締結した後、準備期間1カ月、龍柱設置期間2カ月、周辺復旧工事や照明・擁壁設置期間2カ月の計5カ月を予定している。
【琉球新報電子版】

沖縄タイムスの記事
龍柱1億円補正予算案を可決 那覇市議会 2015年5月8日 11:18
 那覇市議会臨時会(定数38、欠員2)は8日午前の本会議で、市若狭緑地で建設が中断している龍柱の完成に向け、
市が提案した事業費1億296万円の補正予算案を賛成24、反対2の賛成多数で可決した。
与党が賛成に回り、野党の公明、自民の議員11人が採決前に退出。
無所属の会2人は「市長の説明責任が果たされていない」などと、反対した。

龍柱事業 補正案を可決 市の負担4倍に 那覇市議会委
 また、設置石材に確認された「ひびのようなもの」を検証し、市民の安全性の確保などを要望する付帯決議案も提出され、賛成多数で可決された。

QTV沖縄テレビ放送
那覇市議会 龍柱の補正予算可決
OTV龍柱ニュース



QABニュース
龍柱問題の補正予算が成立
那覇市の新たな負担は1億円を超えます。那覇市若狭に建設が進められている龍の柱・龍柱の工事がストップしている問題で、那覇市の臨時議会に提案されていた補正予算案が可決されました。
那覇市は、中国・福州市との友好都市締結30周年を記念して、那覇クルーズターミナル前の公園に高さ15メートル、幅3メートルの龍柱の設置作業を進めてきました。
しかし、予定していた2015年3月までに完成せず、国から受け取る予定だった一括交付金の一部が受け取れなくなったため、市の予算1億円余りを投じるための補正予算案を提案していました。
5月8日の採決は、自民党と公明党が退席し、他の会派のみで行われ、24対2の賛成多数で可決されました。これにより、那覇市は新たに1億296万円を負担することになります。

(大型客船のサファイアプリンセスがバックに、水漏れが染みたみすぼらしい龍柱)
QABニュースサファイアプリンセスがバックに
 
 
 
 
 
【おまけ】
 
ネットの拾い物です。
 
          ☆
5月
04
2015
昭和憲法を作ったのはGHQの陸軍将校11名、海軍士官4名。軍属4名、秘書を含む女性6名の計25名。
弁護士資格を持つものは3名。憲法の専門家は1人もいない。そういうのが1週間くらいで作った。

ちなみに日本国憲法の草案を英語から日本語に翻訳したトーマス・アーサー・ビットソンは
1995年に公開されたベノナ文書でソ連のスパイと判明した。

posted 4日前

かつて植民地支配をおこなった国はG-8諸国を初め、オランダ、スペイン、
ポルトガル、ベルギーなど世界に数多くあるが、それについて謝罪し、
補償金まで支払った国は、世界中で唯一日本だけだった。
平成九年(1997年)におこなわれた香港返還の実例を見ても、
アヘン戦争以来百年も続いた侵略、植民地支配を英国は決して謝罪せず、
一銭の補償金も支払わなかったが、中国政府も敢えて要求しなかった。

“なぜ”欧米諸国は謝罪や補償をせず、また旧植民地も
それを要求しなかったかといえば、それが国際社会の常識だからである。
日本は国際常識についての無知を中国、韓国、北朝鮮などに
つけ込まれたのである。

西欧の主張はシンプルで明快である。


1.武力により未開国を征服し、植民地とする行為は当時の国際法により
  合法であった。合法的行為に対して謝罪や補償金の支払いは必要ない
2.植民地支配は当時の未開国に文明をもたらし、地域住民に現代文明の
  恩恵を与え生活が向上し、人口が増加し住民の寿命も伸びた。
3.植民地支配がけしからんと言うのなら、彼等は以前の様な未開の生活、
  無知蒙昧の状態に戻るべきである。
4.植民地政策により生活を進歩向上をさせてもらったことを宗主国に
  感謝すべきであり、それに対する謝罪要求などもってのほかである。
  もし要求されてもそれには絶対に応じないことが、西欧社会の常識である。
5.我々は過去の植民地支配について罪悪感など抱くことは決してない


さすがに堂々たるものである。
ちなみに各国の戦後処理をまとめると以下の通りである。

アメリカ………ベトナム戦争でベトナムに謝罪したことは一度もない。
イギリス……香港を植民地にしていたのに謝罪したことは一度もない。
フランス……ベトナム・アルジェリアを植民地にしてたが謝罪したことは一度もない。
オランダ……インドネシアを植民地にしてたが謝罪したことは一度もない。
ポルトガル……マカオを何世紀にも渡り植民地にしてたが謝罪したことは一度もない。
ドイツ………ナチの虐殺行為は認めたが、侵略を謝罪したことは一度もない。
ロシア………東欧諸国を戦後弾圧し続けてたが、民主化後謝罪したことは一度もない。
スペイン……フィリピンを何世紀にも渡り植民地にしてたが謝罪したことは一度もない。
中国………世界各地で昔も今も侵略と虐殺を続けてるが謝罪したことは一度もない。
北朝鮮………朝鮮戦争で韓国を侵略したことを謝罪したことは一度もない。
韓国…………朝鮮戦争で北朝鮮を侵略したことを謝罪したことは一度もない。
日本…………全ての戦禍国に何度も謝罪している。ついでに賠償までしている。


韓国には『泣く子は餅を一つ余計もらえる』ということわざがあるが…。
これでは日本が舐められるのも当然である。

【2】韓国はなぜ反日か?

興味深いサイトを見つけました。 内容の真偽は読み手の判断に任せますが、私の場合、別のサイト等を調べだしてしまい、興味がつきませんでした。 数年前、韓国の会社と取引をした時のなんともいえない違和感の原因は理解できたような気がします。

(via it-tutor) (via mnak) (via ipodstyle) (via makototz)

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【速報】龍柱、補正予算可決... | トップ | オスプレイとドローンが合体... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-05-09 10:20:43

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「民意に広がり 新基地阻止へ」の糸満市・岸本定政さんは1月4、12、17日、2月12、19日、3月1、11、22日、4月12、24日に続き今年11回目の掲載。
「病身を押して 反基地を貫く」の豊見城市・比嘉喜敬さんは昨年6月22日以来の掲載。
「大型商業施設 観光を牽引か」の宜野湾市・仲村直樹さんは1月6、18、28日、2月4、12、21日、3月4日、4月28日に続き今年9回目。
「希少種保護へ 山道の改善を」の金武町・屋部美知代さんは今年初掲載。
「日米圧政 世界へ訴えて」の那覇市・昆野武裕さんは昨年12月27日以来の掲載。
「沖縄ビケーンを享受」の宜野湾市・伊良波幸政さんは2月14日、3月2、25日、4月16日に続き今年5回目。


カギカッコは投稿欄における見出し。


Unknown (宜野湾より)
2015-05-09 11:03:33
他市のことではあるけれど、巨額の税金投入を決めるのに欠席とか退出とか情けないし、それを情けないと書けないお友達新聞も情けない、同類相哀れむの巻。

龍柱の4本爪って、それは沖縄側から指定したんですかね?
それとも何も言わずに自動的にそうなっていたんですかねえ。

日本で多い3本爪は天・地・海の三界を支配することを現しているという。
高松塚古墳の青龍は3本爪。
支那の皇帝だけのものという5本爪は五行思想から来ているらしい。
そこで4本爪、これにも諸説あって、支那属国中の属国である朝鮮が4本に、5本爪以外は龍と似て非なる蠎(もう・うわばみ・おろち)だという話もある。
また、4本爪の片手と片足で爪8本、龍の半身が八卦になる、身の左右で八卦が2つ16面、168と並べると縁起の良い言葉と発音が似ていてビジネス界で4本爪の龍が好まれているという話も。

首里城の龍は4本爪、台湾の龍神も4本爪が多い。
5本は皇帝、4本は貴族、3本は庶民という説を取れば沖縄と台湾は貴族級、爪の数が支那から見た順位を表す説ならば支那>朝鮮>日本で沖縄と台湾は朝鮮と同格となるwww
ところで5本爪は特に清朝以降乱用されるばかりになり結局有名無実化したという。

アニメの世界をネットで確認してみると「千と千尋の神隠し」の白龍や「ドラゴンボール」の神龍も4本爪とある。
「まんが日本昔話」のオープニングの龍も4本爪に見える。
4本爪でその製作者なり発注者なりが何処の人か、どんな立場・見方の人か窺い知れることもあるだろうし、なーんにも考えていないこともあるだろう。
誰がなぜ4本爪にしたのかはうっすら興味があるけれど、もしかして客観的には、爪は現代において割りとどーでもいい話かも。
龍の描き方に作法を求めるならば、鱗は81枚という決まりもあるそう。陽数9×9ということらしい。

冊封時代はとっくの昔、今ではどうでもいい話で、それゆえにどうにでも利用でき得る話ってことかなと。
Unknown (宜野湾より)
2015-05-09 11:13:51
間違えました_| ̄|○
「まんが日本昔話」ではなく「まんが日本昔ばなし」です。
失礼しました。
Unknown (東子)
2015-05-09 11:50:05
翁長知事、タイムス、新報は、二言目には、「民意」「民主主義の否定、破壊」を言う。
しかし、作られた民意は「本当」の民意と言えるか?
多数を無知蒙昧(情報の遮断)にして、「戦争」「差別」を「繰り返し繰り返し宣伝」して「被害者意識」を醸成し、「オスプレイ」を“引火点”にしたのは、タイムス、新報。
7日報ステは、大田昌秀元知事が「米軍基地で、沖縄県民は人間扱いされてこなかった」と言うのを流した。

大田昌秀元知事に怒りを感じた。
Unknown (東子)
2015-05-09 11:50:45
懐かしいなぁ、オートローテーション機能論議。


ネットでの拾い物

2014年8月3日
オスプレイはパワードリフト機であり、そもそも回転翼機の安全基準は適用されません。(導入時にパワードリフト機の基準が新設)
RT @akahataseiji 【今日の赤旗】安倍政権が陸上自衛隊に導入し佐賀空港配備を狙う米国製オスプレイが防衛省の安全基準を満たしていないことが分かった。

2014年8月3日
周回遅れのガセをドヤ顔でまた
RT @akahataseiji: 【今日の赤旗】安倍政権が陸上自衛隊に導入し佐賀空港配備を狙う米国製オスプレイが防衛省の安全基準を満たしていないことが分かった。エンジン停止時に安全に緊急着陸する自動回転=オートローテーション機能を持っていないため。


垂直離着陸輸送機
型式証明は「パワードリフト機」



【参考】
狼魔人日記「「未亡人製造機」という大嘘!オスプレイへのレッテル貼り 2012-07-11」
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/8a9fd220192def333a62c1bc6be88470

>V-22オスプレイはオートローテーションが不完全にしか出来ず、FAA(連邦航空局)がヘリコプターに求める基準をクリアしていないという指摘があります。
>しかしFAAはそもそもオスプレイのようなティルトローター機を「パワードリフト(Powered lift)」というカテゴリーに分類しているので、ヘリコプターの基準は当て嵌まりません。
>またオスプレイはFAAの形式証明を取得していない初の軍用輸送機と紹介される事もありますが、元々オスプレイは民間市場に売り出す計画が無かったので、戦闘機と同様に形式証明は取っていません。
>民間市場にはオスプレイの兄弟機であるアグスタウェストランドAW609(旧称;BA609)が投入される予定で、2015年を目標にFAAの形式証明を取得する予定です。
Unknown (東子)
2015-05-09 11:51:09
安倍内閣の政策を批判のする人達に共通することに2つある。

第一は、中国の脅威にまったく触れないこと。

【例】
「左翼の大衆洗脳が酷い件」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24090764

中国の脅威にまったく触れずに、古賀茂明氏「安倍内閣は平和破壊の内閣と断定」。


第二は、自衛を「戦争できる国にする」と言い換えること。

「自衛」とは、普通、吹っかけられた喧嘩を「買う」ことだが、「安倍内閣がしようとしている」ことは、そこまで行っていない。
もっと手前の「喧嘩を吹っかけられないようにする」という「やさしい」対応だ。
ハリネズミように、襲ったら痛いよと「警告できる国」にしようとしているだけ。
反撃できるほどのハリまで用意しようとしていない。
その最低限の防衛までするなというのが、左翼であり、9条教信者である。
Unknown (東子)
2015-05-09 11:51:31
金城テル氏を中心に、「龍柱に反対する市民の会」は、よくやったと思う。
最終的に、退出11名+反対2名の13名まで、増やしたもの。
翁長市長(当時)時代、市議会で龍柱建立が可決されてときは、たしか反対は2名だった。

今回のことで、公明の議員が中国の脅威に気づいて、辺野古反対から推進に変わることを期待している。


>NHKを含み、どの沖縄の報道に共通するのは、視聴者や購読者が、なぜ自民党や公明党が可決時に退席したかの理由についての説明不足です。
>自民党は、この補欠予算案自体が、安全性の調査結果も出ていずに、又、市民への理解がされていない。
>議案として成り立っていないために、認められない、よって退席、です。

昨日のコメントに「なぜ退席?」と書きましたが、謎が解けました。
理由がわかるまで
  あそこまで反対しながら退室とは、無責任
  やっぱり、反対したという記録を残したくないのか
と、不審ばかり大きくなっていました。


龍柱の予算採決のために、6月の定例会まで待たず、臨時議会を召集したのは、城間市長です。
その市長が欠席!!

「安全性の調査結果も出ていないのに」採決しようとするのは、「急ぐ」からでしょう。
でも、なぜ、急ぐ?
龍柱、まだまだ隠れた問題がありそう。


そもそも、なぜ龍?
観光スポットなんていうのは後付理由で、龍を中国支配のシンボルとまで深く考えず、中国のどこかの会社を潤してあげるのに、市長裁量で「龍柱」提案できて、みんな無関心だから通るから~と、やっちゃったのが案外真相かも。
もし、そうなら、自分の立場を利用した、議会・市民の無関心が下敷きにある、費用は振興費でジャブジャブ、という問題だ。
Unknown (東子)
2015-05-09 13:12:08
狼魔人日記「公有地に「スパイの巣窟」建設、孔子廟・龍柱建設で中華街化も」
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/003359671111f423f2618b5dbaa79621

↑の懸念が払拭されないまま、龍柱は、建つことになった。


「五本爪の龍描き 孔子廟、松山公園に完成 2013年6月12日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-207893-storytopic-5.html

>久米三十六姓の子孫でつくる一般社団法人久米崇聖(そうせい)会(神村光二理事長、会員約200人)は、儒学の祖で中国の思想家、孔子を祭る久米至聖廟(しせいびょう)(久米孔子廟)を那覇市久米の松山公園内に建立した。

やはり、翁長氏が市長時代のこと。
市の公園に私物が地代無料で建っている。
こちらの裁判は、まだ、続いています。
Unknown (東子)
2015-05-09 14:05:03
「龍柱事業、予算見解にずれ 内容変更めぐり国と那覇市 2015年5月9日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=114827

>建設にかかる市の負担額は当初予定の4倍となった。
>理由の一つは、一括交付金の予定交付額が減額されたため。
>だが、市が2012年度の交付金の繰り越し申請後に、予算の計上内容を変更できないにもかかわらず、内容変更して計上したことが原因だったことが同日までに分かった。
>市は、これまでに内容変更について県とのヒアリングで「調整し、了解を得てきたが、国が指摘する内容との認識の差異があった」とする。
>一方、県の担当者は「事務方でどういうやりとりがあったかどうかは分からない」とした上で、「(市から)正式な変更手続きは上がってこなかったので、当初の予定通りに実施するものだという認識だった」とする。
>市によると、予算の計上変更にかかる県とのやりとりの正式な記録は残っていないという。

「琉球新報・沖縄タイムスを糺す県民・国民の会」が結成されたからか、翁長氏が市長でなくなったからか、不明だが。
交付金が減らされたことを、国の辺野古反対の報復を連想させるような見出しにしなかった。
市の担当者のミスをはっきり書いているタイムス。
Unknown (東子)
2015-05-09 14:07:06
「沖縄県が「辺野古特別室」を新設 2015年5月9日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=114774

>辺野古新基地建設阻止に向け、沖縄県が辺野古特別室を新設する
>法的措置への対応や、建設阻止の手段を集中して検討していく
>関係各局の統括監や課長クラスを含む6人体制。15日にも発足する
>すでに発足している横断的な関係課長による連絡会議は情報共有を目的としているが、新設する部署は辺野古新基地の阻止や法的措置への対応などに特化して対応する。

先鋭が6人も取られるのね。
通常の業務プラスでなくなるから、専任もその他も楽になるかな。

が、「プラス」が独立しただけで、仕事が増えたことに変わりない。
21世紀ビジョンなどで、交付金を使った各地で開発、改善などの事業がメジロ押し。
通常業務で先鋭・ベテランが抜けて、龍柱のような解釈間違いを起こしませんように。
Unknown (東子)
2015-05-09 14:07:55
辺野古だけが大規模な県外の土砂と思って、

「沖縄県議会 辺野古阻止へ、土砂搬入規制 2015年4月26日」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015042602000131.html

>辺野古沿岸部の埋め立てに使う土砂の県外からの搬入を規制する条例案を、六月議会に議員提案で提出する方向で調整に入った。
>知事選で翁長氏を推した社民、共産両党や沖縄の地域政党「沖縄社会大衆党」など計五会派が策定に関わる。
>条例案では、沖縄独自の環境を保護する観点から、外来種生物が混入する可能性のある土砂の持ち込みを知事が厳しくチェックする仕組みをつくる。
>土砂搬入の部分をあらためて規制の対象にするため、条例の効力をさかのぼって適用可能とするよう、詰めの議論をしている。

条例には、「辺野古」の言葉を入れるのかな。
たしか、土砂の量規制はあっても工事地区の指定まではなかったような。
入れないで県全体にかかると、首絞めますよん。
で、遡及法???

なんてコメントしていたら、なんと!


「那覇空港埋め立て 県外から石材搬入へ 国が変更申請 2015年5月9日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=114775

>那覇空港の第2滑走路増設事業の護岸工事を進める沖縄総合事務局が、埋め立てに使用する石材を県外から搬入するため計画変更を県に申請していたことが8日分かった。
>当初は全石材を本島内で調達する計画だったが、冬季の荒天で想定より作業の進捗(しんちょく)が遅れており、県外の石材も必要と判断した。
>総事局の説明では、政府が示した5年10カ月の工期を達成するため石材搬入を急ぐ必要があるという。

あ~~~~ららっ。
第2滑走路増設事業で県外土砂を。

もし、県が県外のを認めたら、規制法で自らが県内搬入を阻止。
もし、認めなかったら、台風が~、出水が~、と意図的と検証できない原因で、遅らせられるわね(ニヤニヤ)
城間市長欠席 (沖縄県民)
2015-05-09 14:53:51
 一億円もの税金を投入するのに市長が議会に出席しない。どう解釈したらよいのだろうか。
 城間市長は単なる傀儡・木偶にすぎないというのが最も理解しやすい。誰の傀儡・木偶か。翁長氏のである。
 軽視された議会、傀儡・木偶扱いされた城間市長は恥ずかしくないのだろうか。

 那覇市側は工事の遅れはすべて請負業者の責任だと言い、日本共産党が那覇市を強く擁護している。何が何でも行政を悪者に仕立てて来た日本共産党の変質と日本共産党と翁長氏の取引の一端を垣間見るようで面白い。
 請負業者がどの程度の規模の企業なのかわからないがもし中小企業だとしたら、日本共産党は那覇市議会を舞台にして中小企業を切り捨てたことになる。

 共産党には秘密党員というのが存在するようであるが翁長氏もそうではないのかと疑う。そうならそうだと堂々と発表してほしいものである。
Unknown (越来のK本S子)
2015-05-09 16:23:01
ひさしぶりの投稿なので、続けて。


宮崎駿氏「辺野古基金」共同代表へ 新基地阻止、内外に
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242675-storytopic-3.html

宮崎駿さん「沖縄の覚悟、支援するしかない」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=114739


「沖縄の非武装地域化こそ、東アジアの平和のために必要です」…、などという“戯言”を言った時点で「コイツオワタ」と思ったけど、まさかここまで「オワ」っていたとは。

しかも、スタジオ・ジブリ名義での発表だから、スタジオ・ジブリも、「コイツオワタ」…。


佐野元春さん、辺野古訪れ「誰が絆 壊しているか」と問う
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242722-storytopic-3.html

基地で引き裂かれている 佐野元春さん訪問
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=114784


…「本来絆で結ばれているはずのこの地。誰がその絆を壊しているのか」?

お前や、お前のフェイスブックの記事に「いいね」押してシェアしてるような“余所者”が、だよ。


“本当の”“辺野古区民”にも会ってないのにこの物言いとは…、ホント、おバカさんですね~(笑)。


あと、「盗聴上等!」発狂新聞に出てくる爆問・太田。

NHKの番組で沖縄に来て、いったいお前は何を見てたんだ。

たしかにこいつの奥さんが、糸数慶子をはじめとする沖縄の“アカ”魔女どもの息のかかってると見られる両親を持つ難病の少女に手術費用を寄付したあたり、夫婦そろって「コイツオワタ」感あったけど、こいつもまさか、ここまでとは。


そういえば、こいつが沖縄来たときのあの番組、沖縄出身の出演者たちは皆、「沖縄は人間扱いされてない」とか言い出す日本イカレテル連合連中にドン引きしてるように見えたけど、こいつ、それに気が付かなかったのかね~(笑)?
悲報「沖縄タイムスがまたしても『避諱(ひき)』の精神をお忘れになってしまったようです。 (ayumi61)
2015-05-09 23:52:12
東子様
同じ記事が保守速報でもupされていました。保守速報の記事からです。

【沖縄】「龍柱」事業 那覇市議会、補正予算案を可決…中国・福州市に表彰され感激した翁長知事が市長時代に計画 国の交付金も活用
http://hosyusokuhou.jp/archives/43963441.html

この記事について、こんな反応がありました。

>35:名無しさん@5月17日まで板ルール集中議論中:
>沖縄タイムズでさえ反対の立場かよ・・・

>ある意味すげーな

>37:名無しさん@5月17日まで板ルール集中議論中:

>識者は交付金の使い方を疑問視し、市民からは批判の声も上がる。

>まさか沖タイがこんなこと書くとは。

そう、私もそれが気に入っていたのです。具体的にはこの部分です。

>地方自治に詳しい琉球大学の島袋純教授(行政学)は「市は市民のニーズを踏まえ予算を編成するべきだ。
一括交付金の基準も不明確で、不明瞭な部分がある」と指摘する。市在住の女性(60)は「大変な思いで税金を払っているのに、一括交付金や税金の無駄遣いだ」と批判した。

沖縄タイムスさん、またしても「自分達(翁長知事・城間那覇市長)の利益・面子を守るための嘘は倫理的に正しい」という、「避諱(ひき)」の精神をお忘れになっていませんか?それとも、もはや翁長知事や城間那覇市長を見捨てるおつもりですか?
そうでないのなら、またしても「自分達(翁長知事・城間那覇市長)の利益・面子に不都合な真実を語ることを避倫理的である」という「避諱(ひき)」の精神を放棄したことになりますよ?
悪い事は言いません。このような、「自分達(翁長知事・城間那覇市長)の利益・面子に不都合な真実を語る」、などいう「非倫理的行為」に手を染める事はおやめになったほうがよろしいかと存じます。

もちろん、「反日日本人」から転向した元反日日本人としては、このような「自分達(翁長知事・城間那覇市長)の利益・面子に不都合な真実を語る」記事を書いてくださることは素直に喜ばしいです。ですが、沖縄タイムスともあろうものが、私のような「敵」を素直に喜ばせるような記事を書く、などというのはまさに「避諱」の精神にもとる行為ではありませんか?
悪い事はいいませんので、気を取り直して、今後とも「避諱」の倫理に忠実に勤めたほうがよろしいと存じます。その結果として日本全国に「捏造新聞」の高名を轟かせ破産宣告を受ける事があろうとも、あくまでも「避諱」の倫理に準じてこそ、沖縄タイムスの本懐ではないでしょうか?
【衝撃動画】辺野古ゲート前、海保の車を止め叩きながら罵倒する平和活動家がガチでヤバい。 (ayumi61)
2015-05-10 00:10:16
保守速報を見ていたら、こんな動画に出くわしました。保守速報の記事からです。

【衝撃動画】辺野古ゲート前、海保の車を止め叩きながら罵倒する平和活動家がヤバすぎる!!!!!!!
http://hosyusokuhou.jp/archives/43965188.html

動画の方は、リンク先でご覧ください。率直に言って、ガチでやばいです。

>MARINA@MARINA89583987
>ttps://t.co/DELhfgk8n8
>またやらかしとる
>海保の車をバンバン叩いてるよ
>先日海保の人に押さえられてたオジサンだよね
>こんな狂暴な平和活動家っているか?
>撮影者は言い訳中(・ω・`)
>#辺野古 ttp://t.co/OzHKAKEh7U

2015/05/09 18:26:27

端的に言いますが、私自身もそうですが、日本人のなかの「反戦平和思想」というのは、そのほとんどが「暴力反対」の延長戦にあるはずです。
率直に言って、目取真俊氏のように「平和活動というきれいごとですまされない重み」などと「平和活動」を別の目的のための隠れ蓑として使っている人はそう多くはないはずです。

そんな「暴力反対」の延長戦で「反戦平和」を訴えている私のような人間からすると、こういう暴力に訴えるやり方をみると、それだけで嫌悪感が先立つのです。こういうことをやっていては、それは支持者など増えるわけがありません。「革命」など夢のまた夢でしょう。

こういう、過激な手段に走り、すぐに暴力に訴える人々の存在が、反辺野古運動の広がりを妨げているのです。その事実に気がつかない限り、このまま支持広がらないままで終わってしまいますよ。悪い事は言いませんので、こういう過激派紛いの人々を排除した上で態勢を立て直すべきです。そうで無い限り、反辺野古派に勝機はありません。

間違っても、↓のようなヘイトクライム集団と手を組んでいてはいけません。本気で辺野古を阻止するつもりなら、まずはこいつらと手を切ってから出直すべきです。

.字幕【テキサス親父】犯人に天罰を!沖縄県で6歳の少女が襲撃された .
https://www.youtube.com/watch?v=FWhmioN8htg

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
フォーカス台湾というものがあるのをようやく知った (凪に反日って言われちゃった v(^_^ ))
 ニュースサイトというものなんだろうか。  こういうものの分類の仕方がわからんのでなんと言ってよいかわからんが。  が、たまたま台湾の報道を流してるサイトに行き当たったので紹介したい。 フォーカス台湾 http://japan.cna.com.tw/  詳しい事は知らんし、...