狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

育鵬社の背後に蠢く狂信的軍国主義の影?

2012-01-12 08:23:28 | 八重山教科書採択問題

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 上原正稔を支援する三善会にご協力をお願いします。

           ★

 第一部 風は南から③ 尖閣と教科書 つくる会周到に布石

「尖閣事件と歴史公民教科書」と題した講演会が2011年1月30日、東京の文京シビックセンターで開かれていた。主催した「新しい歴史教科書をつくる会」の幹部らが次々と登壇し、尖閣諸島周辺で前年起きた中国漁船と海上保安庁の巡視船の衝突事件をめぐる菅政権(当時)の弱腰外交を痛烈に批判。現在の教科書については「防衛が国家の第一の役割であることが教えられていない」と指摘する声が相次ぎ、会場は300人以上の参加者であふれた。くしくも、この日から約半年後に八重山で教科書問題が表面化する。

            ■         ■

 講演会には、石垣市議の仲間均さん(62)が招かれていた。仲間さんは尖閣上陸計14回、船舶安全法違反の書類送検が13回の「経歴」を持つ。その数週間前にも上陸。この日は特別現地報告としてマイクを握り「国家主権とは何なのかを申し上げたい」と持論を訴えた。

 仲間さんの報告に続き、次々に幹部らが登壇。「日本人が尖閣問題に無知であり、関心がなったのは日教組教育の当然の帰結。これを打ち破るのがこれからの仕事だ」(藤岡信勝・拓殖大学客員教授)「公民教科書の歴史の中で、まったく防衛が国家の目的として捉えられたことがない」(小山常実・大月短期大学教授)など、尖閣問題を愛国心と国防につなげる言葉が会場に響いた。

 尖閣問題と教科書はどうつながるのか。昨年暮れ、石垣市内の事務所で取材に応じた仲間さんは「尖閣は日本領土で石垣の行政区だが、市民でさえ知らない。学校でも教えない。尖閣を国民全体で考えなければ」と強調。つくる会系の教科書には尖閣問題が詳しく掲載されているとした上で「八重山の子どもに一番適している」と主張した。

           ■           ■

 今年4月から中学校で使われる公民教科書の選定・採択に向けては、昨年6月から選定作業が本格化。八重山採択地区協議会(会長・玉津博克石垣市教育長)は規約を改正し、調査員(現場教師)による推薦図書の順位付けを廃止。委員は、玉津氏の思想に近い人と入れ替えられ、独特の歴史観を持つ「つくる会」系の育鵬社版を選んだ。

 地元の教育関係者から、「育鵬社ありき」のこの動きの裏に、講演で登壇したつくる会幹部の「入れ知恵がある」との指摘もある。

 一方、冒頭の後援会の約2週間前の1月14日、石垣市民会館であった「尖閣諸島開拓の日を定める条例」制定記念式典でも、つくる会と今回の教科書選定につながる動きが見て取れた。

 当時、つくる会会長の藤岡氏から、中山義隆市長と伊良皆孝信市議会議長宛てに送付された祝電にはこう書かれていた。「尖閣諸島を守り抜くため、ともにたたかいます。学校における領土教育を充実させ、主権を守ることのできる国民を育てるための教科書づくりに邁進することを誓います」 
(復帰40年取材班・吉川毅)

[ことば] 
尖閣事件
2010年9月、尖閣諸島周辺の日本の領海内で、海保の巡視船に中国漁船が衝突。海保は公務執行妨害容疑で、漁船の中国人船長を逮捕した。中国は、日本の対応次第で今後の両国関係に影響すると警告。那覇地検は「外交問題」という異例の理由を付け、処分保留で釈放。その後、那覇地検審査会が船長を起訴相当と議決した。今後、強制起訴されるが、公判が開かれるのは難しい見通し。(沖縄タイムス 2012年1月5日)

                ☆

年明け早々、石垣市の行政地区である尖閣諸島に上陸、調査をした市会議員の仲間さんは沖縄タイムスの取材にこう主張した。

「尖閣は日本領土で石垣の行政区だが、市民でさえ知らない。学校でも教えない。尖閣を国民全体で考えなければ」

正論である。

日本国民として、八重山住民として、尖閣問題が詳しく掲載されている育鵬社版教科書が「八重山の子どもに一番適している」のは当然である。

沖縄タイムスと仲間さんの意見は真っ向から対立する。

育鵬社版に反対キャンペーンを続けている沖縄タイムスは、仲間さんの主張に対しては反論どころか何のコメントもしていない。

反論はしてないが「つくる会周到に布石」の大見出しは、明らかな印象操作だ。

いかにも育鵬社採択の背後には得たいの知れない大きな力が動いて、八重山住民の知らない間に育鵬社採択の布石が打たれたという妄想である。

沖縄タイムスは11月20日の社説でも、次のような妄想を逞しくして読者を誤誘導をしている。

島を思う心受け止めよ

陸上自衛隊の与那国への配備計画をスムーズに進め、南西地域の防衛体制強化を図りたいー。 そう考える中央の意図が見え隠れするのである。 ・・・水面下でつながる二つの動きが、政治的に仕組まれ、ほぼ同一時に噴出した。 住民は唐突な動きに戸惑い、揺れている。≫

イってしまった記者の幻覚に見え隠れするのは「中央の意図」だとのこと。(爆)

育鵬社版採択の陰には、狂信的軍国主義者やそれを支援する「中央の意図」が策謀しているとでも言いたいのだろう。

理屈で言えば「極悪複合体」の理不尽な言いがかりに過ぎないが、そこを妄想逞しく印象操作するのが発狂新聞の得意技である。

住民が戸惑っているのは、常軌を逸した「発狂3紙」の発狂報道に対してであり、むしろこれまで何も知らされないままに教員が一方的に教科書採択されていた事実がわかっただけでも良かった言う住民も多数いる。

沖縄タイムスの妄想に対し、育鵬社の責任者である八木秀次高崎経済大学教授は、こう述べている。

妄想は勝手だが、育鵬社版の採択は地区の教育関係者の独自の判断でで、育鵬社の関係者は採択の働きかけを全く行っていない。 自衛隊配備も国境の島として毎日、中国の脅威にさらされている地元の人たちが、例えば安心して漁業ができるようにとの思いが誘致しようと動いたのが実態だ。「中央の意図」など存在しようがない。≫(『正論』2月号)

沖縄タイムスは、仲間議員が育鵬社版教科書を推薦する理由にまともに反論できないので、育鵬社版採択の背後に蠢く「中央の意図」を妄想しているが、育鵬版を決めたのは民主主義のルールに従った民意の結果であり、与那国町への自衛隊配備要請も与那国町の民意である。(外間与那国町長は誘致派、町議会も誘致派が多数)

ここで注目すべきは、昨年来問題になっているのは歴史教科書ではなく公民教科書という点だ。

採択前から発狂3紙が異常な反対キャンペーンを繰り広げていたのは「集団自決」の記述をめぐる歴史教科書だったはずだ。

ところがその歴史教科書は「8・23協議会」で多数決で帝国書院版が選定され、育鵬社版に投票した石垣市教委、与那国町教委も不本意ながらも同一教科書の無償給付を受けるため、「無償措置法」に従い答申とおりの帝国書院版を採択している。

これで教科書問題は一件落着かと思われたが、続く公民で育鵬社が選定されると、今度は矛先を公民教科書にスウィッチし、狂ったような報道を開始したのは周知の通りである。

では、「彼ら」が育鵬社版教科書に反対する理由は何か。

これまで八重山地区を、いや沖縄全体を支配してきた「彼ら」圧倒的教育界の支配にヒビが入るからだ。

たかが教科書という意見もあるが、巨大ダムの崩壊も蟻の一穴からというたとえもある。

それだけ「彼ら」にとって育鵬社版教科書採択の衝撃は大きかったのだ。

この騒動を通じて筆者は「彼ら」のことを「極悪複合体」の命名したが、最近(反日左翼複合体)と但し書きを付け始めた。

ところが最近「彼らがイデオロギーにとらわれた集団であることは間違いないが、反日であるかどうかは疑問だ」という主旨メールを複数いただいた。

彼らが「32年テーゼ」の呪縛を自覚しているかどうかはさて置いて、少なくとも日本解体を狙った「32年テーゼ」の狙い通りのイデオロギー活動を、ソ連解体後も連綿と続けているのは事実であり、その意味では「反日左翼複合体」という命名は決して間違っていないと自負するくらいである。

11月19日、与那国町で自衛隊に反対する「与那国町改革会議」が開かれた。 その実行委員会は、自治労、沖教組などの八重山支部からなる「極悪複合体(反日左翼複合体)」である。

彼ら「反日左翼複合体」が育鵬社版教科書に反対する理由は、この教科書で学んだ子どもが健全な領土意識や防衛意識を持ち、自衛隊の存在意義を理解して、与那国への自衛隊配備に理解を示すように育つのを恐れるからだ。

慶田盛竹富町教育長が「子どもたちに触れさせない」というのもこの理由からだ。

その一方で、彼らが賛成する東京書籍版には尖閣の領有権に関し中国の主張をそのまま無批判に掲載し、自衛隊は憲法違反であるという趣旨で書かれている。

こうしてみると、彼らは「反日」どころか「売国複合体」と命名した方が的を射ているかも知れぬ。

 

【おまけ】

本日(12日)午後10時より、読者の「わんぬうむい」さんがキャスター(パーソナリティ)を務めるFMラジオの「宜野湾市長選挙」にからむ米軍基地問題、教科書問題など保守革新大歓迎の生放送をするとの事です。

参加者は締め切ったとの事ですが、是非ご聴取ください。

ご承知の通り、沖縄のメディアは新聞からテレビラジオに至るまで左翼に乗っとられた感がありますが、今回の八重山教科書問題でわかったように中立報道を守る小さな新聞・八重山日報などのに県民は注目し始めました。

FM21も小さいながら中立報道を守って孤軍奮闘しています。

電波の入らない地域もパソコンで聴取できますので、必ず聞いてください。

メルアドなどは文末に記して有ります。

以下はキャスター(パーソナリティ)のわんぬうむいさんのコメントです。

         ★

先日、この場をお貸りしまして番組への参加者を募集させて頂いたところ、多数の方々のご参加を頂きました。
残念なことに、沖教祖のM女史や、いつも汚泥のようなコメントを寄せて頂ける基地外さんからのエントリーはありませんでした。

今月は、来る宜野湾市長選挙に向けて、様々な論点から情報を発信してまいります。
その中では、伊波洋一氏を押す方々の正体など、普段マスコミが報道しない事実なども公表していく所存です。

狼魔人様の日記には、沖縄マスコミが県民に伝えたくない事実が数多くあり、私も大変参考にさせて頂いております。
これからは、左系の連中から「ネトウヨ」とレッテル貼りをされていた沖縄の良識が、放送という手段を使い、堂々と表に出て行くことになるでしょう。

話は変わりますが、那覇に護衛艦「いせ」以下数隻の艦が入港し、それにハンタイするプロ市民団体200名が駆けつけたそうです。
県庁を封鎖し恥ずかしい姿を晒した連中も200名でしたが、同じ連中でしょうか?
それに糸数慶子氏も参加したとのことですが、中国の船が尖閣で大暴れしたときにはチン黙し、自国の自衛隊が来たら反対する???
更に沖縄のことは放り出し、韓国へ逝って日本大使館前の嘘っぱち人形に詣でたあと、韓国人を引きつれ、読谷の「恨之碑」に参拝したとか・・
いったいどこの国の人間なんでしょうね?
こんな連中が推す候補者ってどうなんでしょう?
良識溢れる皆さんと、とことん語り明かします。

周波数は76.8Mhz
ネット視聴は、
http://www.stickam.jp/profile/fm21 もしくは http://fm21.net/
メッセージは radio@fm21.net わんぬうむい宛
毎週木曜日午後10時から生放送です。

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 上原正稔を支援する三善会にご協力をお願いします。

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クジラの予告!スマトラ沖で... | トップ | 新しい強請りネタ登場!八重... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お奨めブログ (町工場の親方)
2012-01-12 09:55:41

宜野湾様、狼魔人日記、愛読者の皆様


★「No!」と言える日本・民主党を知る為の30の質問★

これは、私が愛読する、非常に優れたブログ、『夕刻の忘備録』、さんがブログに書き込まれたものです。

昨年、毎朝、真っ先に開けて読んだ、「M.P.J.」、に、『夕刻の忘備録』、さんの文章はよく紹介されていました。流石に、鬼才、西村幸祐氏が選んだものでけあって、「M.P.J.」、で取り上げられたブログの内容は、読み応えのあるものばかりでした。

多くは、政治ブログランキング上位の、超αブロガーのものでしたが、(狼魔人さんの文章は多く紹介されていました。「チャンネル・桜」、でも、西村幸祐氏、山際澄夫氏が取り上げておられた、昨年末、本当に突然急逝された、「花うさぎ」、さんのブログをもう読めないと思うと、何とも残念です。)

どういうわけか、「M.P.J.」、は、現在メインテナンス中、ということで、かなり長く休止しておりますが、再開が何より待ち望まれます。

政治ブログランキングにないもので、M.P.J.でよく紹介された、ものに

『『夕刻の忘備録』』

『白髪頭でズバリと斬るーじじ放談』

があります。

これは非常に優れた内容もので、読んで教えられること、まことに大なるものがあります。

こういうものが、ダタでいくらでも読める、インターネット社会が到来したわけですから、職業として、金を稼がねばならぬ、出版に携わる人たちは大変だろうとつくづく思います。

まして、人間性、人としてのモラルを失い、過去の日本と、その時代を誠実に生きた、非左翼の日本国民を憎悪し、クサイ、安っぽい、文章ばかり書く、チョーニチ、新報、タイムス等、左翼変脳マスコミは、

「人から、借金コンクリート、へ」、行くしかないと、予測します。

※、白髪頭さんの直近の文章を読むと、米国の政治、経済、社会、を熟知している、藤井厳喜氏が近著で詳しく述べているように、米中の関係がオバマ就任当時からは、様変わりとなり、アメリカは強力な対中対決姿勢を採り始めたようです。

それに伴い、変脳左翼労組幹部に乗っ取られ、中国国営放送を渋谷の本社に同居させている、「(赤い皆様の)、NHK」、の放送内容がオモシロクなりました。パンダを話題にして、持ち上げたり、パキスタンでの米国の悪役ぶりを紹介したり、中共に肩入れしているのが透けて見えます。
況や、私が、「人民日報・築地出張所」、とか、中国、(=支那、中共)、の三下、下ッ引き、と呼んできた、「朝日」、においては言うまでもありません。当然、沖縄の二紙、沖教祖、大学の変脳左翼教員、の反米運動、反米論調は強まる一方と思います。
その目で見て、読むと分かりやすいと思います。



狂信的軍国主義者ではありません (宮古島より)
2012-01-12 10:50:36
左系の方々からすれば、私も狂信的軍国主義者にしか見えないはず。そうではないんだけどねぇ~。困ったものですねぇ~。

全人類が平和を希求するのは当然のこと。さらに言えば、平和を考えるには、防衛も並列して考えることも当然必要。

八重山教科書選定問題も、沖縄戦の記述のみを反対理由に挙げ、竹富町教育委員会の政治的イデオロギー運動とは一線を画す方々も少なからずいるはずである。知らずのうちに、サヨクの一翼を担っている現状があることも認識している。

ただ、留意するのは、サヨクは教科書選定や自衛隊艦船の停泊、基地移設問題も然り、これらを己の政治的主張のために常に利用しているということ。これらの主張に相対する者へは皆、狂信的軍国主義者のレッテルを貼る。実に排他的思考な表現ではないか。

なにを好んで戦争を始める人間がいるだろうか。米国の「軍産複合体」でもあるまいし。

自国の防衛を差し置いて、解決済み(65年の日韓基本条約を指す)の慰安婦問題を蒸し返す運動に手を貸す糸数慶子。
偏向報道をする沖縄2大新聞社と八重山毎日。
ジュゴンが大事ないわゆるヘイワ団体。
瑞慶覧長敏の政治支援団体は、北朝鮮関連団体に深い関係を持つ酒井剛が代表。

万人が迎合できる「平和」を甘い誘惑かの如く訴え、日本解体を目論むかのように(確定的ではないが・・・)政治的イデオロギーを展開する彼等を、狼魔人さんが仰るように「売国複合体」の表現は、まさに彼等を如実に称す的確な表現。

性善説のように、日本を攻める国がないというならば、日常の治安維持の警察も不要である。国民の自由と権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない、と謳われている憲法12条と同様、日本の平和も不断の努力によって形成されるもので、日本の非武装が平和をもたらすことではない。

家長は身を挺して家族を守り、
警察は、国内の治安維持を担い、
総理大臣を筆頭に各大臣、代議士、外務省、防衛省、海上保安庁、自衛隊その他諸々が国防を担い、また不断の努力によって、平和は構築・維持されるのである。

自衛隊(暴力装置)だけに重きを置いているわけではない。故に彼等が言う「狂信的軍事主義者」は当てはまらない。
慌てふためいて、デハ? (安仁屋正昭)
2012-01-12 11:01:45
沖縄発狂二紙の常套手段は、自社では書きにくい論調を読者の名前で載せること
関東や四国のおジー、おバーが発狂タイムスや発狂新報に投稿するのを見るが、パソコン世代ならいざ知らず、昭和ひと桁のオジーオバーが発狂新聞をどうして読むことが出来るのか不思議でタマラん
>住民は唐突な動きに戸惑い、揺れている
↑このコメントも実は反日左翼の本音なのだ
解読すると:我々沖縄平和ネットワーク(沖教組み・高教組み・自治労・発狂新聞社・反日言論人)は、今回の教科書採択の一連の流れに驚異と恐怖をいだいた。地方自治体の保守系首長への交代⇒保守系教育長の就任⇒教科書採択規約の改正⇒採択協議会委員の構成を正常化⇒自由社・育鵬社の教科書採択 という流れだ出来てしまった。この動きに戸惑い、揺れている
祖国復帰運動での日の丸 (宮古島より)
2012-01-12 11:08:24
祖国復帰をほとばしる情熱をもって切望し、日の丸を掲げ、「沖縄を返せ」を高らかに歌い、市内から野原(ノバル)米軍基地までデモ行進に参加した教職員は(※宮古島での様子)、いつから日の丸・君が代反対の反日に成り果てたのか。沖教祖よあの日に立ち還れい。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=kmigP1jacbY
自国の歴史に悪は不要です (northernbear_2009)
2012-01-12 11:55:41
左翼の主張は、満州事変を引き起こした軍部が悪であるとしていますが、普通に考えて、なにゆえに自分の国の歴史に悪が必要なのか素朴に思うのです。
悪人を仕立て上げ、当時の国家を悪とみなし、国民に贖罪意識を植え付ける手法は明らかに中共の政策そのものではないでしょうか?
そのことを平然と語る輩が存在するのです。
当時国際法を遵守しなかったのは中国であり、日本の軍部は中国国内に居住していた日本人を守るために立ち上がったと聞いています。
逆に現在中国人が日本国内で増加していることを考えると、同じ手法で人民解放軍が日本を侵略してくる可能性を否定することはできません(国防動員法なるおかしな法律があります)
歴史に学ぶことは必要ですが、悪人は不要です。それならば日本を恫喝して開国させたペリーも悪人ということになるでしょう。
辻褄の合わない歴史観は捨てるべきです。
その時代背景を無視した歴史観が跋扈しているようでは「歴史を喪失した民族は滅亡する」ことになるでしょう。
教科書問題の根本にはこの東京裁判史観というものがあるのではないでしょうか?
ブログ主さんはいかがお考えでしょうか?
ありがとうございます (宜野湾より)
2012-01-12 17:37:37
町工場の親方様
狼魔人様

町工場の親方様、ご指摘と素敵なブログのご紹介ありがとうございます。
そして私も、花うさぎ様のご逝去は本当に残念でなりません。
実は、オリジナルが「夕刻の忘備録」様であることを、前回書き込み直後に知りました。
訂正コメントをサボりましたこと、こちらの皆様にお詫び申し上げます。

私がちょっと知っていて遠巻きに観察している中に、「沖縄が地政学的に重要、などの理論は逐一論破することが重要」とか何時も言っている人達がいます。
密かに「論破論破のロンパース(rompers)」と呼んでいるこの人達、幼い正義感で捏造歴史だけを見て桃源郷を信奉し、体よく使われてるみたいに見えます。
そんなナイーウ゛さん達と、中華思想に生きる本物の中共とその手先、そして飯の種を死守し利用し続けたい左巻き、などなどざっとこういう種類がいますよね。

反日ではないならば、

1.大東亜戦争において白人の植民地支配から独立を果たせ、日本に対して感謝し讃え続けるアジア諸国があること、その名誉ある戦いの一員に沖縄もあることなど、国の誇り郷土の誇りを教えない、報道しないのはなぜか。

2.「中華民族琉球自治区委員会」の記事中では、「琉球自治区を建設し中国東方の宝石とし、これを建設して国防のための巨大な鋼鉄の長城となし、中国が太平洋に向かう前進基地としなくてはならない」「中国の琉球群島は戦略的地位として変えがたい重要性を持つ」(翻訳出典:坂東忠信氏ブログ2011年2月15日付けエントリー)とあるが、これを支持するかしないか、またその理由は何か。

3.沖縄の日本復帰を熱望した公務員・教員の、復帰以後の「国旗・国歌拒否」に代表される転向の理由は何か。

それぞれ簡潔に400字以内で述べよ。
「反日じやなくて嫌日」みたいな答えは認めなーい。

中華思想では、自分中心に世界を拡大させることは息をするのと同じ。
中華の外は差別の対象で、何をしようと悪いとは思わない。
(同時に、常に蔑む対象を持ってないと安心できないんだろうけど)
メンタリティでは南朝北朝も宗主国の完コピ。
この思想を持つ者たちにやりたい放題させないためには、愛国者の矜持は普通に必要ですよ。
それを右傾とか軍国主義とか言う表現は、もう化石です。
反日でもなくイデオロギーだけなら、呑気に闘争していられる幸せを噛み締めなさい。

さて、踏み絵やリトマス試験紙になるような設問、狼魔人様やここにいらっしゃる方々はきっと、良いのをいろいろお持ちですよね。
失礼いたしました!
Unknown (せいこ・K)
2012-01-12 19:51:09
>育鵬社採択の背後には得たいの知れない大きな力が動いて…

「得たいの知れない大きな力」、というより「得たいの知れない大きな」存在が蠢いてるのはむしろ、「つくる会系」反対の奇声をあげるヤツらの方だね。

ちなみにその、「得たいの知れない」存在の中には、沖縄の日本返還を見計らって沖縄に潜伏し、一方は今も沖教組みとの黒い交際を続け、琉球新報紙上に写真を載せ、さも沖縄の味方であるかのように振る舞い、一方は自称・慰安婦をプロパガンダに利用し、その遺族が名乗り出たら、遺族が韓国人なので遺骨は自分らのものだと遺族を裁判にかけ、自称・慰安婦を骨になっても利用し続ける、朝鮮総連沖縄支部の元委員長・副委員長夫妻の姿もあるらしいので、「売国複合体」とは的を射た呼称ですね。
Unknown (涼太)
2012-01-12 22:19:40
狼魔人様

沖縄タイムスの記事の端々に悪意が読み取れます。
左翼の主張の特徴は、まったく言葉に責任を持たないことです。
分かりやすい例が、辻元清美。
自衛隊反対と言いながら、自衛隊に護衛してもらう。信念どおりにソマリアの海賊と話し合う姿勢があれば少しは評価もするが、そんな姿勢は微塵も無い。
同じことは普天間移設にも言えます。
イザ移設しようとすると、無理難題な国外、県外と無理を言う。一時が万事です。
私達工事関係業者が、重視する法則にハインリッヒの法則があります。
ヒヤリハットとも言います。
ヒャッとした事例が300件ぐらいあると、29件ぐらいは軽微な事故となり1件は重大な災害になるという意味です。
ヒャッとした300例のうちに対策を講じると、1件の重大災害は防止出来ます。
話があっちこっち飛びましたが、左翼の主張は何の対策も講じないで平和、平和と叫んでいるようなものです。
したがって、現実に目の前に問題が横たわると、無為無策に終わります。


わんぬうむい様お疲れ様。 (義挙人)
2012-01-12 23:06:55
狼魔人様。

FM21 ラジオ聞きました。本ブログの主張通りです。力強い味方の登場です。是非、応援して行きたいと思います。
あっぱれ!!FM21 (amawari300winmag)
2012-01-12 23:21:16
みなさん♪こんばんは・・・これまで同じ志の方々で交わしていた思いが公共の電波で放送され、とても感激しました。
沖縄市から聴いていましたが明瞭な音声で、最後に聞こえてきた「エクソシスト」のテーマ曲がまるで悪魔=左翼系市民団体と対峙する私たちを感じました。
今後の飛躍を期待します。
わんぬうむい様のソボクなギモンへの回答? (***)
2012-01-13 03:52:37
>それ(自衛隊艦船寄港反対)に糸数慶子氏も参加したとのことですが、中国の船が尖閣で大暴れしたときにはチン黙し、自国の自衛隊が来たら反対する???

その疑問には去年の知事選の際、このバスガイド婆の金魚のフンの1人、通称・末っ子家出宣言が、北朝鮮によるヨンピョン島砲撃を韓国軍の基地が島にあるせいにし、だから与那国島への自衛隊配備には反対などと、「めざまし」のいい朝を迎えたい時間帯に、このような妄言を公共の電波に乗せたことがその答えになるでしょう。

>日本大使館前の嘘っぱち人形(中略)…、読谷の「恨之碑」

これらはいずれも、こちらのブログで過去に指摘されてるように、単なる恨みつらみの塊に過ぎません。

中でも集団自決の島・渡嘉敷島にあるヤツは、見た目は完全に毒キノコのごときで毒々しく、周りの景観を著しく破壊しているので、恨みつらみだけでなく、自己満足の塊でもあるようです。

>韓国人を引きつれ、

下に紹介する、バスガイド婆とセットになることの多いババア関連の琉球新報の過去の記事を見る限り、その韓国人、本当は在日を含む北韓(北朝鮮)人、もしくは韓国人でも北朝鮮に感化されたものではないかと思われます。

ちなみに、下の記事中の金賢玉(キム・ヒョンオク)なる人物は、朝鮮総連沖縄県本部の元副委員長という肩書きのババアで、記事で紹介されているペ・ボンギなる自称・慰安婦を、死んで骨になっても利用し続ける、死者の冒涜も甚だしいヤツです。

「慰安婦」の事実忘れない/沖縄・在日韓国人女性らがライブ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-117409-storytopic-86.html

余談ですが、記事のタイトルの在日「韓国」人女性と思われる朴亜紀子(パク・アギジャ)とは、イラク戦争への自衛隊派遣は憲法違反という訴訟の原告だったり、たぶん同一人物だと思うが、原発反対デモに参加した在日「北朝鮮」人であり、この記事は「韓国」とは名ばかりの、嘘八百な捏造記事です。
Unknown (***)
2012-01-13 04:08:33
>韓国人を引きつれ、

補足すると、バスガイド婆とよくセットになるこのババア、昨日のコメントでも触れましたが、自称・慰安婦の味方、沖縄の女性・子どもの味方を名乗ったことはあっても、生物多様性の味方は名乗ったことはないにもかかわらず、突然生物多様性の味方を名乗り出し、沖縄・生物多様性「市民」ネットワークなる団体の代表になったヤツでもあります。

沖縄・生物多様性市民ネットワーク 運営スタッフ
http://www.bd.libre-okinawa.com/home/staff
視聴に心から感謝します (わんぬうむい)
2012-01-14 13:56:35
話したいこと多かれど、多すぎるゆえ深く掘り下げることが出来なかったことを、心からお詫び申し上げます。
当日ご参加頂いたゲストは、沖縄を、そして日本の未来を真剣に憂う若き論客ばかりで、現在国会議員のバッジをつけて胸を張る連中よりずっと真剣に、国家国民のことを憂いておりました。
未来のことを語るのであれば、右も左もないというのが、わが番組のスタンスではございますが、不思議なことに左傾化した皆さんはヘドロのようなメールと電話は送ってきても、姿をあらわすことはございません。
まるで太陽の光から逃げ続けるカメムシ、いやゴキブリのような感さえございます。
これからも、ここ狼魔人日記に集う皆さんが持ち寄る情報を、多くの県民の方々の耳に届けることで、盲目的にマスコミに迎合することがいかに危険なことであるのかを気づいて頂けるよう、出来る限りの情報発信を続けてまいります。

来週からは、わが番組の冒頭でスポンサーの1社として、ここ狼魔人日記を紹介し、いままでネトウヨとレッテル貼りをされ、マスコミによって言論封殺されていた沖縄の真の良識を、多くの県民のもとへといざなっていく所存でございます。
ぜひ、これからもご意見をお寄せください、出来る限り紹介させて頂きたいと思います。

ご視聴まことに、ありがとうございました。
また、大々的にご紹介頂いた狼魔人様にも心から感謝申し上げます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL