狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

翁長知事の「第2ステージ」とは暴力的阻止か?

2017-01-05 06:53:45 | 辺野古訴訟
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 100万アクセス達成のため拡散を!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】 

 
 

最高裁で敗訴が確定してもなお、「あらゆる手段で辺野古阻止」と叫ぶ翁長知事。

この男、自分が行った「埋め立て処分取り消し」を自ら取り消しておきながら、「あらゆる手段」などと矛盾した発言を公言する恥知らずだ。

破廉恥な発言は他にもある。

北部訓練場の返還に際し、「大歓迎するが、容認しない」など、矛盾発言のオンパレードだ。

日本語の意味を理解しているのか。

疑念が湧くのも仕方がない。

その破廉恥男の翁長知事が念頭の挨拶をしたという。

「辺野古阻止」についてどんな奇策、珍策が披露されるか、と期待したが・・・。

「あらゆる手段」の繰り返しで、「不退転」の決意という新語が加わっただけ(涙)。

きっと「悪い正月」だったのだろう。(再度涙)

沖縄タイムス+プラス ニュース

 翁長雄志沖縄県知事は4日午前、庁内放送による職員向けの年頭あいさつで、名護市辺野古の新基地建設問題に関し「新基地は造らせないことを県政の柱に、県が持つあらゆる手法を使って取り組む」と述べ、辺野古新基地建設阻止に不退転の決意で臨む考えを示した。

翁長知事

 知事は、昨年12月のオスプレイ墜落事故や、米軍北部訓練場へのヘリパッド建設、米軍属による女性暴行殺害事件に触れ「沖縄の過重な基地負担軽減にはほど遠い」と指摘。建白書の精神に基づき、普天間飛行場の閉鎖撤去、オスプレイ配備撤回の公約実現に取り組む姿勢を強調した。

 また、沖縄21世紀ビジョン基本計画の後期期間となることから、自立型経済の構築に向け観光や情報通信産業の振興、臨空臨港型産業などの新たなリーディング産業や地場産業の育成に取り組み県民所得の向上を図る考えも示した。子どもの貧困問題や離島振興にも力を入れると述べた。

                          
 

あらゆる手法を使って・・・不退転の決意で臨む」などと、やたらと威勢がいい。

だがその割に中身が空虚な知事の念頭挨拶はスルーしてっと、・・・

日(5日)の沖縄タイムの昨日の見出しを紹介しよう。

■一面トップ

辺野古 海上作業を再開

国、10ヶ月ぶり強行

オイルフェンス設置

抗議の8人 一時拘束

空中給油あす再開

オスプレイ訓練

知事 新基地阻止へ決意

念頭あいさつ 全国的議論に期待

■二面トップ

普天間補修きょう着手

米軍 5年内運用停止期限控え

■第二社会面トップ

工事阻止へ不退転

市民「あきらめない」

国の強硬姿勢を批判

■社会面トップ

海上の衝突 再び

辺野古波乱の年明け

海保 10隻体勢で市民拘束

山城議長の釈放訴え

求める会、裁判所に請求

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に向け、沖縄防衛局は4日、ことしの作業を始め、米軍キャンプ・シュワブの沖合にオイルフェンス(汚濁防止膜)を設置した。海上作業は昨年3月の工事中断以来初めてで、10カ月ぶり。工事を強行する姿勢が鮮明になった。

海上保安庁が警備に当たる中、オイルフェンスの設置作業が進められた=4日午後3時50分、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沖(下地広也撮影)

 工事に反対する市民は抗議船4隻とカヌー10艇を出して海上で抗議。海上保安庁

がゴムボート10隻で警備に当たり、カヌーの8人を一時拘束した。海保と市民の衝突も昨年3月以来となった。

 オイルフェンスを張る作業は午後3時すぎに始まった。作業船3隻が陸から長さ200メートルほどのフェンスを引っ張り出し、約1時間かけて既存のフロート(浮具)とつなげた。砂浜の前の海を囲むように配置されていて、5日以降は内部で仮設の浮桟橋が造られるものとみられる。

 これに先立ち、別の砂浜では作業員が国の天然記念物オカヤドカリの進入防止のためとみられる塩ビパイプを置いた。トラックで運んできたフロートをクレーン車で下ろして並べる作業も確認された。

 防衛局は5日以降も天候を見ながら作業を継続する。臨時制限区域を示すフロートを設置し、残る1カ所のボーリングに着手。本体の護岸工事を始めるため、2月にも工事箇所周辺にオイルフェンスを張り、海中に投下するコンクリートブロックとつないで固定する。

 翁長雄志知事は「あらゆる権限で阻止する」と繰り返し表明しており、今後埋め立て承認の「撤回」も検討する。

 市民側は5日午前7時からシュワブゲート前で「辺野古新基地建設阻止県民総行動」を開き、陸上でのことしの抗議行動を本格化させる。

                      ☆

相変わらずプロ活動家を「市民」と報道する沖縄タイムスの捏造表現は、正月に免じてさておこう。

彼ら「市民」、いや、極左暴力集団の違法な阻止行動を見ると、翁長知事が「不退転の決意」でをもって、「あらゆる手段で阻止する」ということは、極左暴力集団のテロ活動をも「あらゆる手段」に含む。

そういう意味なのか。

沖縄タイムスが扇動する「工事阻止へ不退転」などの大見出しを見ると、翁長知事と極左暴力集団が裏で繋がっていると考えても仕方がない。

翁長知事が「辺野古移設」の工事を不退転の精神で阻止したら一番喜ぶのは誰か。

そう、尖閣侵略を目論む中国だ。

その中国が極左暴力集団の阻止活動に連動するかのように、4日午前10時過ぎ尖閣近海を侵犯した。

翁長知事や極左暴力集団は、中国船の領海侵犯を解放軍の到来とでも期待しているのだろうか。

ちなみに沖縄タイムス中国軍が「侵略軍ではなく援軍だ」と捉えるコラムを書いていた事実がある。⇒【おまけ】参照

尖閣沖 中国船が一時領海侵入

4日午前沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻がおよそ1時間半にわたって日本の領海に侵入し、海上保安本部が再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。
第11管区海上保安本部によりますと、4日午前10時すぎ尖閣諸島の魚釣島の沖合で、中国海警局の船4隻が相次いで日本の領海に侵入しました。
4隻は、およそ1時間半にわたって領海内を航行し、いずれも正午までに領海から出たということです。
4隻は午後3時現在南小島の南南東およそ33キロの日本の接続水域を航行していて、海上保安本部が再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。
尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が領海に侵入したのは、先月26日以来で、ことしに入って初めてです。

01月04日 18時54分

 

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 名護市辺野古の新基地を巡る違法確認訴訟の上告審敗訴を受け、翁長雄志知事は昨年12月26日、埋め立て承認取り消し処分を取り消した。埋め立て承認が復活し、工事の法的根拠を得た沖縄防衛局は、年明けから本体工事に着手する構えだ。知事は承認の「撤回」の検討を本格化させるなど、知事権限の精査を急いでおり、工事を止める闘いは正念場を迎える。

 知事は、敗訴判決が出た昨年12月20日の会見で「新基地を造らせない闘いは、新しいスタートに立った」と強調した。

 1年超に及ぶ法廷闘争を経た「第2のステージ」での闘いで、知事が最重視しているのが「民意」だ。

 県幹部は、辺野古阻止の実現に不可欠な要素は「民意」だと断言する。北部訓練場返還での「歓迎」発言など政府に足元を揺さぶられた昨年を振り返り、「いま一度、辺野古反対の民意を結集することが必要だ」と指摘する。知事は自身への支持と民意を集結するため、市民集会などにも積極的に参加する意向だ。

 一方、直面しているのが工事をいかに止めるかという現実問題だ。知事は(1)3月末に期限を迎える岩礁破砕許可(2)埋め立て予定区域に生息するサンゴを移植するための「特別採捕」許可(3)工事を進める上で必要な複数の設計概要の変更申請-などの権限を使い、工事阻止を狙う。

 県は、承認時に留意事項として付した本体工事前の事前協議に応じるよう国に求めている。同時に、サンゴの採捕許可は安倍晋三首相が国会で「埋め立てで消失するサンゴ礁を適切な場所に移植する」と明言していることから、履行を求める考えだ。

 併せて知事は2月上旬に訪米し、連邦議会議員やシンクタンクの研究員らと意見交換し、トランプ新政権下での辺野古阻止の道筋を探る。「撤回」の行使などで工事を大幅に遅らせ、米国の翻意を促すことも狙いの一つだ。

 今年は県外、国外への情報発信も強化する方針で知事の手腕に注目が集まる。

ガンバロー三唱でオスプレイ撤去実現を誓い合う集会参加者=2016年12月22日午後、名護21世紀の森屋内運動場(下地広也撮影)

<知事権限>承認「撤回」の時期が焦点

 名護市辺野古の新基地建設で、翁長雄志知事は埋め立て承認の取り消し以外でも「あらゆる権限で阻止する」と明言してきた。

 

 承認取り消しを巡る違法確認訴訟で、最高裁は埋め立てを承認した仲井真弘多前知事の裁量を幅広く認め、県敗訴の判決を言い渡した。翁長知事は行政処分に対する知事の裁量を「後押しした」と受け止め、今後の承認「撤回」や変更承認申請への判断で、プラスに働くと楽観視する。

 特に承認「撤回」は、工事を止めるには有効と位置付ける。翁長知事は、前知事が承認した2013年12月以降に生じた「新たな事由」を洗い出し、「撤回」の理由となり得るか、どうかを法的に判断する。

 専門家の間では県民投票を実施し、「辺野古反対」の民意を改めて示す必要があるという声もある

 3月末で期限を迎える岩礁破砕許可の延長、埋め立て予定地のサンゴを別の場所に移植するサンゴ採捕許可、埋め立て本体工事の設計変更申請の三つは、工事に大きく影響するとみている。そのほか、土砂など埋め立て用資材の搬入届け出審査など六つの権限の行使も検討している。

 国は、知事や名護市長の許可や承認を経ずに工事を進めるため、両者の権限行使を回避する技術的な検討に着手している。

 

<政府の動向>市民排除や拘束相次ぐ

 名護市辺野古の新基地建設、東村高江周辺のヘリパッド建設、オスプレイ墜落後の飛行再開では、「県民不在」の政府の進め方に、県民の反発が高まった。

 高江ヘリパッドでは、北部訓練場の返還を急ぐ政府が、建設に反対する住民に対し、最大800人の機動隊を動員。法の根拠があいまいなまま座り込み住民のテントや車を撤去したほか、自衛隊ヘリでの資材の搬入、機動隊員による住民や取材記者の強制排除、拘束などが相次いだ。

 辺野古では、代執行訴訟の和解後、協議による解決を呼び掛ける県に対し、政府は協議を継続しながらも違法確認訴訟を提起した。最高裁での県敗訴の判決を受け、年明けから本格的に埋め立て工事を再開する見通し。さらに姿勢を強める可能性がある。

 多くの県民が配備撤回を求め続けるオスプレイは、昨年12月13日に名護市安部の海岸に墜落。日本政府は「原因究明まで飛行停止」を求めたが、米軍から飛行再開を打診され、詳細を把握していないにもかかわらず、「合理性が認められる」(稲田朋美防衛相)と容認し、事故からわずか6日後の再開となった。

名護市安部の海岸に墜落し大破したオスプレイ=2016年12月14日午後3時24分(本社チャーターヘリから金城健太撮影)

 翁長雄志知事は「国が一地方自治体を無視する恐ろしさを感じる」「極めて県民不在と言わざるを得ない」「日本は法治国家、民主主義国家と言えない」などと批判している。

<米軍施設面積>沖縄になお7割超

 北部訓練場の約4千ヘクタールの返還で、在日米軍専用施設面積に占める沖縄の割合は74・5%から70・6%に減った。日米両政府は「復帰後最大の返還」と大々的にアピールするが、国土面積0・6%の小さな島に日米安保条約の負担がのしかかる現状に変化はない。

 

 北部訓練場の過半の返還を経ても、沖縄の米軍基地面積は1万8600ヘクタール以上が残る。東京ドーム約3900個分に及ぶ広さだ。

 県内の米軍基地面積の17%が減ったものの、翁長雄志知事は「全国に占める割合が、ある意味で変わらない状況をベースに持っておきたい」と負担軽減を否定。機能が強化され、オスプレイの飛行が新たに加わったことから「基地問題が前へ進んだと考えるなら誤解が生じる」との認識を示した。

 ほかにも、日米両政府は米軍嘉手納基地より南の6施設・区域の1048ヘクタール(うち53ヘクタールは返還済み)の返還を予定している。全てが返還されても、在日米軍専用施設面積に占める沖縄の割合は70・6%から69・4%と1・2ポイントの減少にとどまる。

 大まかな返還時期を定めているが、普天間飛行場の移設問題が象徴するように、県内移設を前提とした返還も多い。先行きは不透明で、沖縄21世紀ビジョンの将来像「基地のない平和で豊かな沖縄」とは、かけ離れている。

>1年超に及ぶ法廷闘争を経た「第2のステージ」での闘いで、知事が最重視しているのが「民意」だ。
 
>県幹部は、辺野古阻止の実現に不可欠な要素は「民意」だと断言する。北部訓練場返還での「歓迎」発言など政府に足元を揺さぶられた昨年を振り返り、「いま一度、辺野古反対の民意を結集することが必要だ」と指摘する。知事は自身への支持と民意を集結するため、市民集会などにも積極的に参加する意向だ。

 

長知事の取って置きの秘策とはは「民意」だという。 

だが「民意」ほど曖昧なものはない。

知事本人が自覚しているはずだ。

そこで曖昧を明確にするため、「県民投票で民意を問う」とのこと。

仮に、県民投票が実行されたら、とんでもないことである。
 
最高裁判決で確定したことを、県民投票で覆すこと可能ということになる。
 
これは一見民主主義のように見える。
 
だが、法の秩序を守るという民主主義の根幹を否定することになる。

 

>一方、直面しているのが工事をいかに止めるかという現実問題だ。知事は(1)3月末に期限を迎える岩礁破砕許可(2)埋め立て予定区域に生息するサンゴを移植するための「特別採捕」許可(3)工事を進める上で必要な複数の設計概要の変更申請-などの権限を使い、工事阻止を狙う。

国側は既に知事の権限を封じ込める対策を講じているという。

だが、仮に知事の権限が有効であったとしても、代執行訴訟に持ち込まれたら万事窮す。

最高裁判例もあるので知事の権限など無視しても工事は可能。

たとえ工事が知事権限により一時中止したとしても、あくまでも「工事の引き伸ばしにすぎない。

工事を完全に廃止することは出来ない。 

なぜなら、日本は法治国家だから。

>併せて知事は2月上旬に訪米し、連邦議会議員やシンクタンクの研究員らと意見交換し、トランプ新政権下での辺野古阻止の道筋を探る。「撤回」の行使などで工事を大幅に遅らせ、米国の翻意を促すことも狙いの一つだ。

「あらゆる手段」がいずれも決定的効果に欠ける点は、一番翁長知事とその弁護団が承知しているはずだ。

そこで、最後の手段が「米国頼み」とは!

過去に一度米国行脚をしたが、米国政府からは門前払いの扱いでい追い返されたことを忘れてしまったのだろうか。

【おまけ】

以下は過去ブログの抜粋である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「琉球処分」のトラウマ・・・中国軍は侵略軍ではなく援軍だ

 沖縄タイムスの一連の報道を見ると、明治期の廃藩置県の際、琉球王国の一部の中国出身者が清の「黄色い軍艦」が救援に来るのを期待した故事を髣髴させる。去る4月、黄色い旗をシンボルに「米軍出て行け」を合言葉に「県民大会」が開かれたが、一般の無邪気な参加者はともかく、少なくとも扇動者の沖縄タイムスが黄色が中国軍艦のシンボルカラーであることを知らなかったはずはない。
 沖縄タイムスが「中国は攻めてくるものではなく救援にくるもの」というトラウマに取り憑かれたのは、昨年一年にわたって特集を組んだ「琉球処分」の影響だと考える。 次に沖縄タイムスのトラウマが垣間見れるコラムを引用する。

 <黄色軍艦がやってくる…。船体に黄色の龍の文様を描き、黄龍旗を掲げる清国の南洋艦隊は黄色軍艦と呼ばれたという。知人とこの話をしていたら、黄色軍艦が沖縄を侵略すると、勘違いして話がややこしくなった▼実際は逆で、明治の琉球人にとって清国軍艦は援軍だった。武力で琉球国を併合した明治政府に対し、琉球の首脳らは清へ使者を送って救援を求めている。そして、沖縄側はその黄色軍艦を待ちわびたのだった(略)▼日清戦争時にも清国の援軍は話題になった。それから百余年が経過し、あれほど待ちわびた援軍をも敵と間違うところに今の位置があるのか。(略)>(2005年5月16日 沖縄タイムス[大弦小弦])

 

 
 
 
 
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュース女子・沖縄問題特集... | トップ | 【共謀罪】に沖縄サヨクが戦... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2017-01-05 09:20:37
>最後の手段が「米国頼み」とは!

「翁長知事、今月下旬にも訪米 辺野古の民意、次期政権に訴え 2017年1月3日 07:30」
翁長雄志 トランプ 米政権 アメリカ 辺野古 辺野古新基地 辺野古新基地建設 普天間飛行場移設問題
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-421287.html

>辺野古の民意、次期政権に訴え

「条件付き容認」を伝えにいくの?


>米国防総省、米国務省の次官補級担当幹部の指名など、対外基地政策の体制固めをする前に県側の立場を伝え

普天間飛行場の移設問題は、日米両政府の間では既にケリがついている案件。
というのは、仲井真前知事によって法的な承認作業は完了しているから。
違法確認訴訟で、最高裁で仲井真前知事の承認に瑕疵がないという判決がまで、出ている。
にもかかわらず、自分の意思が通るまで蒸し返す沖縄は、奇異に映るだけ。



【参考】
2年前の訪米の時の米政府からの声明から。

「辺野古移設が運用、政治、財政、戦略に関わる懸念に対処し、普天間飛行場の固定化を避ける「唯一の解決策」だと強調し、施設建設の成功で「地域に日米同盟の強固さを白絞め、脅威を抑止できる」とも指摘した。
http://blog-imgs-71-origin.fc2.com/t/o/r/torakagenotes/fuji20150606p2acs.jpg
Unknown (東子)
2017-01-05 09:21:14
「止める手段」とタイムス、新報は呼ぶが、「遅らせる手段」が正しい。
県が辺野古移設を遅らせる=普天間の危険除去を遅らせる。
県が「移設を止めている」手柄自慢をすればするほど、県が「普天間の危険除去を遅らせている」なのよねぇ(涙


国は「辺野古移設が唯一」と言って、他を探す気無し。
「普天間の危険除去に県内の別の地区を差し出せ」が理不尽だろうと、「辺野古以外」を具体的に県が示せない限り、今取り得る現実的な手段(辺野古移設)を県が否定しているとなるし、県は辺野古移設を止めることのみ集中して、「そもそもの危険除去」には関心がないということになる。
Unknown (東子)
2017-01-05 09:23:50
反対派って、嫌々するだけ。
具体策が、無いのよねぇ。
辺野古に限らず……。


「市長発言に抗議 受け入れ表明撤回を要求 2016年12月31日」
http://www.y-mainichi.co.jp/news/30971/

>受け入れ表明を撤回した上での面会を要求


「石垣市、陸自候補地周辺4地区から意見聞かず 住民ら、市長に受け入れ撤回要求 2017年1月4日 05:00」
陸自配備 石垣市
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/78375

>撤回した上での面会を要求


「市長は、4地区の館長が会わないのは4地区の館長に落ち度があるように言っている」と言うが、市長は年明けに会うと言っている。
なのに、「撤回した上での面会を要求」って。
4地区の館長の方が、市長に無理難題を吹っ掛けて、会えないようにしている。
Unknown (東子)
2017-01-05 09:24:39
市長は、市民の生命・財産を守る立場から、「尖閣諸島周辺での中国公船の領海侵犯」を心配して、自衛隊の配備を受け入れた。
その市長に、反対派は「中国の脅威について」はどうするのか、そこを述べずに、「受け入れを撤回してから面接」要求と言われても、市長は対応しようがないわ。


昨年の10月28日の公開討論会で、反対派は「中国の脅威について」、どう述べたか?
自衛隊配備反対の立場の八重山毎日は反対派がさぞ、賛成派をやり込めてくれると期待していた。
が、結果は、

「陸自配備計画で主張対立 2016年10月29日 政治・行政」
http://www.y-mainichi.co.jp/news/30655/

>クロストークでは中国に対する抑止力、配備によるメリット・デメリットなどをめぐって互いに質問、回答していたが、会場から時折「回答になっていない」などのやじも飛んだ。

自衛隊反対の立場の「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」の代表の上原氏から

八重山毎日が期待した
 ・防衛省が配備の理由に挙げる「抑止力」がどうなのか
 ・自衛隊の軍隊化と憲法9条の関係、集団的自衛権
への深い討論はなかった。


自衛隊反対の立場の「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」の代表の上原氏の「中国の脅威について」は、↓のような情けない回答しか、なかった。

「「中国の脅威など難しくて分からない」「災害時にはまず自分が優先」石垣市で陸自配備めぐり公開討論会 反対派から飛び出す無責任発言 2016.10.29 22:08」
http://www.sankei.com/politics/news/161029/plt1610290022-n1.html

これでは、深い討論に発展しようがない。



【参考】
「石垣市長 陸自配備を受け入れ 2016年12月26日 18時49分」
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5095582601.html?t=1482756014746

>中山市長は「市民の生命・財産を守る立場として、石垣島への陸上自衛隊の配備について理解し、防衛省に対し配備に向けた手続きを開始することを了承する。


「尖閣踏まえ「防衛体制の充実は重要」 石垣市長、陸自配備受け入れ 2016年12月27日 08:00」
尖閣諸島 自衛隊配備 石垣市 自衛隊
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/77545

>尖閣諸島周辺での中国公船の領海侵犯などを踏まえ、「南西諸島地域の防衛体制の充実は極めて重要」との認識を強調。


ちなみに、宮古島市長も、自衛隊配備容認の理由を隣国の脅威から市民を守るためと言っている。

「宮古島陸自配備、市長が受け入れ表明 現計画は反対2016年6月21日 05:05」
宮古島市 自衛隊 軍事 サクッとニュース 安全保障
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/32775

>下地市長は受け入れの理由に、尖閣諸島周辺地域での中国公船による領海侵犯や中国軍艦による接続水域の航行、北朝鮮のミサイル発射などを挙げ「隣国の脅威は一段と厳しさを増している」ことを挙げた。
Unknown (東子)
2017-01-05 09:27:51
「学力調査最下位の沖縄 元凶は子連れ居酒屋と車通学? 2013年11月7日07時59分」
http://www.asahi.com/articles/SEB201311060015.html

>【泗水康信】子どもを連れて居酒屋で飲食、小中学校へは車で送迎。
>沖縄では珍しくない光景が、子どもの生活リズムを乱し、学力低下を招いている――。
>全国学力調査で「最下位」が続く沖縄県が6日、こんな報告書を公表した。
>県教委が7~9月、県内のすべての公立の小学5年と中学2年、その保護者を対象に生活習慣を調べたところ、「家族が車で送ることが多い」と答えたのは小5で26・2%、中2で33・9%いた。
>「ぎりぎりまで寝てお母さんに送ってもらうのではないか」と報告書は警鐘を鳴らしている。
>「家族で外食する際に行く店」という質問では、「居酒屋」という回答が小5で7・3%、中2で6・2%。どちらも8割強は「レストラン・食堂」だったが、報告書は「居酒屋での食事は、夜更かし傾向を助長している可能性がある」と指摘した。


「社説[アルコール依存症]問われる「飲酒文化」 2015年7月22日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=125190

>県民の飲酒行動の実態を明らかにしようと、県が実施した大規模な飲酒アンケートの結果がまとまった。
>そこから読み取れるのは、一言でいうと「アルコールに寛容な社会」である。
>沖縄の少年非行の背景に、子連れで居酒屋を利用することを含め、未成年者に対する飲酒認識の甘さが挙げられる。

アルコールに寛容な社会
 ↓
子どもの生活リズムを乱し、学力低下を招いている
 ↓
家族が車で送る

「歩いて登校全国最低」の原因を3年前に県教委は「子連れで居酒屋を利用するから」と分析している。
なのに、


「歩いて登校全国最低 車使用 小5は4人に1人 スポーツ庁調査 2017年1月4日 06:30」
沖縄 スポーツ 登校 歩かない
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-421634.html

>県教育庁担当者も「沖縄の車社会の影響が大きい」と話す。

はぁ?
アルコールのアの字もない(怒

勉強できる環境を整えてやれない親は、子供虐待ですよ(怒



【参考】
「飲酒事故死増 12人 事故割合、全国最悪か 16年県内 2017年1月1日 07:30」
飲酒 事故 運転 全国最悪 交通事故 飲酒運転
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-420574.html


「男性の4割「問題飲酒」恐れ 沖縄県20~50代、有病リスク高く 2016年12月27日 07:30」
飲酒 アルコール依存 生活習慣病 問題飲酒 全国健康保険協会 協会けんぽ 琉球病院 特定健診
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-418406.html


「多量飲酒、全国上回る 若い世代で顕著 男性3割「記憶なし経験」 県調査 2016年2月14日 05:04」
飲酒 記憶なし
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-221154.html
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-01-05 12:04:19

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「差別に抗した 先人忘れない」の那覇市・宮城政三郎さん(87)は、昨年は1月30日、3月20日、4月3、24日、6月29日の5回掲載。
「英語ニュース 誤解招く記述」の与那原町・森山次雄さん(71)は、昨年は1月10日、4月25日、5月13日、6月28日、10月14日、11月7日、12月1日の7回掲載。
「南部農林高の 祭りを楽しむ」のうるま市・比嘉順子さん(62)は、昨年は1月24日、2月14日、3月15日、4月17日、5月4、22日、6月19日、7月8、22日、8月29日、9月10、30日、10月29日、11月17日、12月21日の15回掲載。
「米国の新政権 行く末が心配」のうるま市・安里政弘さん(63)は、昨年は1月20日、2月28日、4月24日、5月11日、6月26日、7月24日、8月5日、9月19日、10月30日の9回掲載。
「基地負担減 実質伴わず」の浦添市・吉本光政さん(68)は、昨年は8月21、27日の2回掲載。
「桜坂大学」の宜野湾市・堀川恭吉さん(80)は、昨年は1月8日、2月5日、3月15日、8月16日、11月18日の5回掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (ウチナー鬼女)
2017-01-05 21:01:01
>その中国が極左暴力集団の阻止活動に連動するかのように、4日午前10時過ぎ尖閣近海を侵犯した。

毎度!お馴染み狗HK報道チクリw

①4日正午ニュースな~し

まぁね、午前10時すぎだし、お昼頃までうろうろしとみたいだから、「証拠」がなかったろうねw
辺野古は、勿論ある(  ̄▽ ̄)翁長さんの変な演説も!

②4日夕方ニュース7ない(^o^ゞ←習近平式左手での敬礼www
「2歳のスーパーヒーロー タンスの引き出しから救出」→米国ABC放送垂れ流しどうしても必要?
「仏女子大生不明チリ人の男とは?」→事件の核部分はやっぱり垂れ流しだし、どうも痴情のもつれみたいだし、女子大生の家族にしてみたら、こんなの連日流されたら居たたまれないと思うけど?。事件の輪郭がもう少しハッキリしてから報道しても良くね?少なくともNHKニュースはワイドナショーじゃないんだからさぁ
(=`ェ´=)

③夜8時45分「ニュース845沖縄」なーし
辺野古はあーるwww

という訳で、報道なし!かと思いきや、何と!2時のニュースにありました(誰が観とんねん!)いわゆる「アリバイ報道」ってやつですね!管理人さん的な表現で言うと「虫眼鏡で探してやっと隅っこにあった」というところですか。新聞など紙面なら虫眼鏡でも探せるが、NHK等テレビ放送はのぉ、どおしたもんじゃろのぉ(・ε・` )
以上。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL