狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

お門違いの極地!知事の訪米

2012-10-28 06:57:14 | オスプレイ

 

沖縄の出版界が

 

出版を拒否した

 

問題の書!
沖縄に内なる民主主義はあるか』
著者:又吉康隆 定価:税込み1575円

 

ネット販売註文先 ezaki0222@ybb.ne.jp

 

住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします<送金方法等詳細はここ>

 

やりました!

沖縄教販の売り上げで

とうとう1位になりました。(拍手)
https://www.o-kyohan.co.jp/


本の売上ランキング




 

よろしかったら人気blogランングへ クリックお願いします

 

米兵暴行事件から一週間経過するが、あいも変わらず今朝の沖縄タイムスは一面トップが米兵暴行事件関連の大見出し、そして、社会面トップは「欠陥機オスプレイ阻止」関連の大見出しが躍っている。

さすがに米兵暴行事件関連ではネタ切れをきたしたのか、「困ったときの平安名頼み」とばかり、ガセネタで勇名を馳せる平安名純代・米国特約記者が登場し、怪しげな推定記事をばら撒いている。

一方の「欠陥機オスプレイ」の阻止運動だが、時間の経過とともに「米兵暴行事件」とオスプレイの安全性とは何の因果関係もないことに気が付きはじめ、あまり米兵暴行事件で騒ぎ立てると「ミソもクソも一緒くた」と批判されるという意見が出始めたと聞く。 こんな分かり切った理屈は小学生でもわかることだが、今頃になって「ミソ・クソ」に気が付くようじゃ、プロ市民の脳ミソは小学生以下ということになる。

プロ市民の「オスプレイ阻止」運動が過激になればなるほど、尖閣侵略を目論む中国に誤ったメッセージを送ることになると何度も書いてきた。 オスプレイの沖縄配備は尖閣を狙う中国にとって目の上のタンコブになる恐れがあるからだ。

その中国の国防相がオスプレイに何の躊躇もなく搭乗していたという。 沖縄の政治家のほとんどが搭乗を拒否したというのに・・・。

沖縄タイムスも搭乗拒否をしたはずなのに・・・。(涙)

以下は「週刊オブイェクト」さんの引用です。

2012年10月28日
2012年5月9日、訪米した中国の国防相、梁光烈(リャン・グアンリエ; Liang Guanglie)上将がノースカロライナ州リジューン海兵隊基地を訪問した際にMV-22オスプレイに搭乗して移動しています。

Lejeune Marines host People’s Republic of China Minister of National Defense | II Marine Expeditionary Force | May 09, 2012 | 10 Photos


Chinese Defense Minister Visits US Marine Corps Base - YouTube

時期的に4月にモロッコでMV-22の墜落事故があった直ぐ後ですが、中国代表団は特に気にせずそのまま乗って移動しました。なおオスプレイは2007年の実戦配備以降、アメリカ及び各国の要人を乗せて飛行している実績があります。以下はアメリカ国防総省やボーイングがリリースした要人輸送中の写真を紹介します。

U.S. Senator Barack Obama, D-Ill., and Senator Jack Reed, D-R.I., exit a V-22 Osprey aircraft in Ramadi, Iraq, July 22, 2008.
http://www.flickr.com/photos/pingnews/2928727245/
U.S. Secretary of Defense Robert M. Gates exits a V-22 Osprey aircraft at Forward Operating Base Cafferata, Afghanistan, March 9, 2010.
http://www.flickr.com/photos/39955793@N07/4420737516/
Secretary of Defense Robert M. Gates exits a V-22 Osprey at a Forward Operating Base in Afghanistan on June 5, 2011.
http://www.defense.gov/photos/newsphoto.aspx?newsphotoid=14373
Defense Secretary Leon Panetta steps off a Boeing V-22 Osprey as he arrives in New York City to meet with Mayor Michael Bloomberg on Sept. 6, 2011.
http://www.flickr.com/photos/theboeingcompany/6124613047/
Defense Secretary Leon E. Panetta exits a U.S. Marine V-22 Osprey at Camp Bastion, Afghanistan, March 14, 2012.
http://www.flickr.com/photos/secdef/6854016030/
Japan's Minister of Defense Satoshi Morimoto's delegation boards a V-22 Osprey to fly to Patuxent Naval Air Station fromt the Pentagon August 3, 2012.
http://www.flickr.com/photos/3mefpao/7750089858/

オバマ大統領(2008年当時は選挙中で大統領候補)がイラク電撃訪問の際に、ゲーツ国防長官(当時)がアフガニスタン訪問時に、パネッタ国防長官はアフガニスタン訪問やアメリカ国内の移動に、日本の森本防衛大臣はアメリカ西海岸のミラマー基地で体験搭乗を、そして中国の梁光烈国防相がノースカロライナ州のリジューン基地へ訪問する際に移動で搭乗しています

           ☆

「欠陥機オスプレイ」は、ガセネタ記者の平安名純代女史などがばら撒いた眉唾記事があふれる沖縄だけの「神話」になってきたことにまだ気が付かないお年寄りたち。

今日も老骨に鞭打って野嵩ゲート前で拳を天に突き上げるのだろうか。(涙)

【動画】日本人が知らないオスプレイの魅力

【動画】オスプレイが沖縄を守る

 

              ☆

お年寄りの活動家が見当違いの「オスプレイ阻止」運動に血道を明けるのはさて置くとして、県知事や県議、市議など影響力のある指導者が、ガセネタに踊らされ、安易に抗議活動をしたり議会決議をすることは重大問題である。

米軍基地を県外に移設するのはあくまでも「国内問題」であり、これをわざわざ米国訪問をし米国高官に要請することは「お門違い」の典型である。 

伊波洋一氏が宜野湾市長の時代、毎年訪米し米軍高官に「外交交渉」を試みお門違いだとして門前払いをされたことは有名。

しい。

米太平洋軍、宜野湾市長を門前払い(琉球新報 2008
.7.29)

米太平洋軍司令部で要請
文の受け取りを拒否される伊波洋一宜野湾市長=28
日午前、キャンプ・スミス


写真を見ると、本当に(文字通り)門前払いで、米軍司
令部の建物の中には入れてもらえなかった模様。(失笑)

 

さすがに県知事の場合は、門前払いはなかったものの心中では「お門違いだよ!」と連発していたに違いない。(苦笑)

「怒り伝えられた」知事、訪米の成果強調

政治  2012年10月27日 09時51分

 沖縄の基地問題の解決の在り方を探る県主催のシンポジウム出席や2米兵による暴行事件への抗議のため訪米していた仲井真弘多知事が26日夜、帰任した。那覇空港で記者団の取材に応じた仲井真知事は、訪米の成果について「暴行事件への県民の怒りやオスプレイ配備など事が起こった時期だったので、インパクトを持って訴えることができた」と述べた。

 また、シンポジウムなどを通じて「米国がアジアを重視しようと安全保障政策を転換する時期だったので、活発な質疑があった。これから先の米国の政策の変化の予感が感じられる中で沖縄の基地、普天間飛行場の問題についても、広範な背景に基づいた意見交換ができた」と述べた。

 仲井真知事は、米国で普天間の移設先について九州や四国、中国地方などを例示して「民間空港を含め、すでに滑走路がある場所へ移す方が早い」と提言したことを明らかにし「米国でも辺野古という声はあったが、リアル(現実的)ではないことを申し上げた。沖縄の基地問題の改善を図るために、もっともっと頻繁に接触した方がいい」と述べた。

 さらに「人的ネットワークがつくられつつある」とし「来年とか再来年とか、年に1度くらいは訪米して意見交換したい」という意向を示した。 

 41市町村長らが上京し野田佳彦首相へオスプレイ配備撤回を直訴する計画があることは「政治的なインパクトは大きい」と評価した。

 仲井真知事は21日から26日まで訪米。キャンベル国務次官補やリッパート国防次官補と面談し米兵事件に抗議したほか、普天間の県外移設や日米地位協定の抜本的な見直しなどの要請を行った。

                       ☆

>仲井真知事は、訪米の成果について「暴行事件への県民の怒りやオスプレイ配備など事が起こった時期だったので、インパクトを持って訴えることができた」と述べた

血税を使った訪米なので、有意義だったと言わざるを得ないが、お門違いの相手の言う言葉は「外交辞令」であり、何の効力も持たないと受取ったほうがよい・

>シンポジウムなどを通じて「米国がアジアを重視しようと安全保障政策を転換する時期だったので、活発な質疑があった。これから先の米国の政策の変化の予感が感じられる中で沖縄の基地、普天間飛行場の問題についても、広範な背景に基づいた意見交換ができた」と述べた。

日本の防衛政策が対旧ソ連の北海道重視から、対中国の南西諸島重視にシフトしたことは、わざわざアメリカでシンポジウムを開くまでもなく、日本にいてもわかること。

日本の安全保障をより深く議論するなら、国内で各県の県知事を招待し安全保障のシンポジウムを開くほうが仲井真県知事の主張する「県外移設」にとっては、有意義ではなかったのか。

>仲井真知事は、米国で普天間の移設先について九州や四国、中国地方などを例示して「民間空港を含め、すでに滑走路がある場所へ移す方が早い」と提言したことを明らかにし「米国でも辺野古という声はあったが、リアル(現実的)ではないことを申し上げた。

それこそ国内問題であり、これを米国でいくら声高に要請しても「お門違い」というのである。

流石のガセネタ記者も、米国で行われた県主催のシンポジウムが精巧でなかったことを吐露しているではないか。

県シンポ、米国内乏しい反応

政治  2012年10月27日 09時47分

 【平安名純代・米国特約記者】沖縄の現状を米側に訴える目的で県主催のシンポジウムが23日に米ワシントン市内で開かれたが、グアム地元メディアは詳報したものの、取り上げたメディア数は少なかった。今後の課題といえそうだ。

 AFP通信は、仲井真弘多知事が講演のなかで、シンポ前日の米政府との会談で、県内で起きた2米兵暴行事件について「常軌を逸している」と抗議し、沖縄の怒りを伝えたと指摘。在日米軍が事件発生3日後に日本に滞在する全米兵の夜間外出禁止などの措置を講じた点について「素早かったという印象だ。重く受け止めている感じがよく分かった」など評価したと報じた。知事が強調していた日米地位協定の運用改定などに関する記述はなかった。

 一方で、グアムの地元紙パシフィック・ニュースセンターは、ウェッブ上院議員の基調講演を詳報するとともに、シンポジウムで知事が米政府に対して日米地位協定の見直しを要請したことを明らかにしたと指摘。ウェッブ議員も基地外での犯罪は日本政府が裁くのは当然との認識を示したなどと報じた。

             ☆

 >知事が強調していた日米地位協定の運用改定などに関する記述はなかった。

知事が訴えた米兵暴行事件も、常識で言えば個別の事件を県知事がわざわざ渡米してまで訴えるという違和感がある。

が、それはさておいても、容疑者の米兵は沖縄県警に身柄を拘束され県警による取調べが行われているし、起訴されれば日本の法律で裁かれることになる。

沖縄二紙が喧伝する「地位協定の壁」など全く関係ない。

お門違いの米国高官の外交辞令に気を良くした県知事、こんなことを言い出した。

「年に一度は訪米」 仲井真知事、米国から帰任

年に一度の米国観光を県知事が楽しむのも結構だが、それをやるなら公費ではなくポケットマネーでやって欲しいもの。

 

 

よろしかったら人気blogランングへ クリックお願いします

           ☆

 

  ■講演会の御知らせ■

 

■10・28普天間飛行場の迅速・移設返還を求める市民行進

 

◎集合場所:琉球学院前 中頭郡北谷町北前885(リージョンクラブ近く)

 

◎集合時間:10月28日・午前10:30 出発時間11:00 流れ解散

 

◎コース:琉球学院前ー普天満交差点ー宜野湾市役所まで

 

     *駐車の際は、市民会館向いジュビランス駐車場にして下さい*

 

主催:普天間飛行場の迅速な移設・返還を求める市民行進実行委員会

 

後援:沖縄駐留軍労働組合 / ブログ:沖縄対策本部 / ブログ:狼魔人日記

 

/ FM21・わんぬうむい / FM21・沖縄の真実

 

連絡先:070-5410-1675(仲村雅己)

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

■10・28祖国復帰40周年記念 

ペマ・ギャルポ講演会

 

◎と き:平成24年10月28日(日) 13:30~15:30

 

◎ところ:ジュビランス(宜野湾市役所・市民会館の道向かい)

 

◎入場料:無料

 

■基調講演:仲村覚氏(ペマ・ギャルポ講演会実行委員会)

 

       「沖縄県民に知られたくない、中国共産党の琉球独立工作」

 

■基調講演:ペマ・ギャルポ氏(桐蔭横浜大学教授)

 

       「これからの沖縄 ~今、何をなすべきか~」

 

主 催:日本再生青年の会

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

■建て直そう日本・女性塾沖縄県支部勉強会のお知らせ

 

 日時: 十一月一日(木)午後二時より四時まで

 

 場所: 沖縄県護国神社 社務所二階会議室

 

 会費: 無料

 

 講師:建て直そう日本・女性塾 伊藤玲子幹事長

 

    「日本を失ってはならない」

 

  *男女を問わず参加頂けます*

 

 お問合せ:090・9780・7272 ニシコリまで

 

よろしかったら人気blogランングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の恫喝に屈した野田内閣... | トップ | 天覧試合で騎士道精神を見た... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2012-10-28 09:53:00
「どんな機種をどのように配備するかは米軍の専権事項だから、日本政府に言っているだけではダメ」というような意見に押されて、アメリカに乗り込んでいったのでしょうかねぇ・・・?

>グアムの地元紙パシフィック・ニュースセンターは、ウェッブ上院議員の基調講演を詳報

ウェッブ議員とはこんな人です。
琉球朝日放送2012年4月3日、ウェッブ議員の意見を紹介しています。
http://www.qab.co.jp/news/2012040334758.html
根本の原因 (ルパン4世)
2012-10-28 10:34:53
最近の仲井眞知事、ご乱心かとは確かに思います。
ただ、こういう風に知事を追い込んだのは、民主党政権であり、鳩山元首相だと断言します。
そういう意味では、一刻も早く民主党政権を倒す必要があるでしょうね。
Unknown (涼太)
2012-10-28 20:29:35
狼魔人様

今日のNHK討論は酷い偏向報道でした。
狼魔人日記でも取り上げられた、元沖縄タイムスの論説委員が出演していました。彼の言い分は

1、日米安保の負担を沖縄だけに押し付けるな。
2、普天間と辺野古はわずか30Kmしかない。東京で言えば新宿、八王子の距離だ。移転も意味がない。
3、中国を含めた同盟関係の構築が必要だ。

突っ込みどころ満載でいちいち反論するのも面倒くさいのですが、米軍基地をゆすりたかり、利権に利用している連中に言われたくないですね。
Unknown (涼太)
2012-10-28 20:43:52
狼魔人様

共産党の幹部は資産をほとんど海外に移転。
こんな国と同盟関係とは。普通の頭で考えれば分かるはずなんですがね。
中国は次の自民党政権では難しくなるので、今のうちに既成事実を積み上げる作戦ですかね。
私には旧ソ連の道を歩んでいるようにしか思えませんが。


http://sankei.jp.msn.com/world/news/121028/chn12102818010004-n1.htm
Unknown (涼太)
2012-10-28 23:05:50
狼魔人様

沖縄の左翼団体が、米軍基地反対とやっていられるのも、米軍基地があるための抑止力によるものです。
それを分かっていながらあえて日本のアキレス腱を攻撃する。悪質ですね。
差別を利権にする人権マフィアとなんら変わりません。
Unknown (東子)
2012-10-29 06:39:16
涼太様がとりあげていらっしゃるNHK討論を、私も観ました。
沖縄の基地が抑止力になっているという意見に、屋良某氏は、
 ・海外駐在の兵士の数から割り出すと、実は沖縄には1000人もいないと思える
 ・オスプレイは戦闘機でなく輸送機だ
 ・その輸送機で運ぶ人も物も沖縄にはもう無い
 ・だから、オスプレイの配備は無意味
というような、オスプレイ配備反対のための珍説を述べていまして、やれやれという気分でしたが、一つ、昨日のNHK討論の論調が変わったなぁっと思った点がありました。

姜尚中氏が、いつもは日本批判一辺倒なのが、批判は少なく、むしろ李明博韓国大統領の竹島上陸を批判したこと。
外交は軍事力を背景にしてしなくては意味がないことを主張する人員を6名のうち3名用意していたこと。
そのせいか、今までならアナウンサーによって遮られる中国は決して紳士的な国でないことが堂々討論されたこと。

NHKは、中国、韓国いい国と庇うことは無理と悟ったか?
Unknown (涼太)
2012-10-29 20:36:41
東子様

レスありがとうございます。
確かに、姜尚中の意見は今までと少し違っていました。
私はこう考えます。
民主党政権が末期症状の中、彼は彼なりに日本で生きていく知恵が出たのかも知れません。
しかし、彼はこんなことも言っていました。
「アメリカは日本が利用価値があるうちは日本を大事にするが、日本の利用価値が無くなったら切り捨てる」
とも。
それとケビンメア氏の言葉、「アメリカは日本を絶対見捨てない。何故なら世界でも最大の同盟国日本を見捨てることは他の同盟国の不信感を招き、アメリカの破滅に繋がる。」
私はケビンメア氏の言葉を信じますね。
確かにアメリカも強引で日本に無理難題言いますが、面倒も見ています。中国の無理難題とは意味が違います。
Unknown (涼太)
2012-10-29 20:55:12
狼魔人様

またNHKがNHKスペシャルで中国賞賛放送を始めました。
「中華文明の謎」と言う番組です。
すなわち、世界4大文明のうち、同じ土地、同じ民族が支配しているのは中国だけだ。
中華の華は始皇帝が中国を統一した秦以前に発生した「夏」の「か」から来ている。と放送しています。
今現在も民族同士殺し合いをしているシナが4000年も同じ民族が支配したなんて冗談も休み休み言えです。
ましてや「中華人民共和国」も最近出来た国名であり、日本からの逆輸入漢字です。
NHKも焦っていますね。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL