狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

続・アップルタウンって知っていますか?辺野古の街造り構想

2010-05-01 07:07:47 | 金武町流弾事件

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

うっかり見過ごしていたが、米軍と辺野古住民の交流について、産経新聞が素晴らしい記事を書いていた。地元紙にとっては「不都合な事実だ」。

地元紙が地元の情報をスルーする異常さはさておき、「辺野古ルポ」を足で取材する熱血漢宮本雅史那覇支局長の記事に拍手を送りたい。

前回は省略した米兵と辺野古住民の交流写真を参照しながら読んでください。

◆基地との交流

これはキャンプ・シュワーブと辺野古住民の親善交流を表す親善委員会の盾である。
親善委員会
 

キャンプ・シュワーブの名は、1945年5月7日に沖縄戦で24歳で戦死し、名誉勲章を受章したアルバート・アーネスト・シュワブ一等兵(Albert Earnest Schwab、オクラホマ州タルサ出身。ドイツ系アメリカ人)の名に因んでいる。 

 

 

 

◆区民運動会のスナップ

毎年、辺野古区民運動会に11班として参加するキャンプシュワーブの人たち。

区民運動会の様子

◆大綱引き

大綱引きの観戦に招待したり、一緒に綱を引いたりしています。

大綱引き

 

記事にある辺野古の入口にある看板

 

「普天間」の現場 辺野古ルポ 米軍と育ち、恩恵を受けた (1/4ページ)

2009.11.12 10:33

米軍普天間飛行場の移設予定地米軍普天間飛行場の移設予定地

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、意思統一ができない鳩山民主党政権。ぶれる閣僚らの発言を揺さぶるように、8日には沖縄県内で「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」(主催・同実行委員会)が開かれるなど、県内世論の大勢は日米合意に基づくキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古地区)への移転反対に傾きつつある。ところが、一番の当事者である辺野古地区を歩いてみると、全く違う反応が返ってきた。現場の声をリポートする。(那覇支局 宮本雅史)

 ◆アップルタウン

 那覇から北へ約60キロ。

 県道329号線から辺野古地区に入ると、「WELCOME APPLETOWN」と書かれた看板が目に飛び込んでくる。

 「キャンプ・シュワブ」開設から間もない昭和33(1958)年、丘陵地帯だったこの地域を民政府土地課長のアップル中佐が中心となって開発したことから、米軍と辺野古住民との友好の証しとして「アップルタウン」と呼ばれるようになった。

 街は区画整理されていて、15分ほどで一周できる。スナックやクラブなどの看板が目につくが、人けがない。飲食店が入っているとみられるビルも英語のロゴが消えかかり、外壁が崩れ、朽ちている。

 53年前に移り住んだという金城秀夫さん(59)=仮名、自営業=は、米軍統治時代からの辺野古を身近に見てきた。

 「ベトナム戦争(1965~75年)のころは、スナックやクラブなどの飲食店が60軒近く並ぶ米兵相手の繁華街で、ホステスも1千人は超していた。当時の辺野古の人口は1500人ぐらいだったから、合わせると3千人近い人が住んでいたことになる」

 ◆「1晩で3千ドル」

 金城さんは、当時を思いだすように話し始めた。

 「街全体が活気に満ちていた。どの店にもホステスが7、8人はいて、1日の稼ぎも3千ドルはあった。当時、私の家は25坪の瓦ぶきの一軒家だったが、2千ドルで建てられた。それが1晩で3千ドルのあがり。25セントあれば、子供とバスで名護(市中心部)まで行き、そばを食べて帰れた時代に、ですよ」

 ベトナム戦争が終わると同時に、米兵の数も減って、街は急激に寂れていった。

 「辺野古はこれといった産業がない。米軍基地相手の商売しかない。基地と一緒に育ったわれわれは、トラブルもあったが、同時に大変な恩恵を受けながら生きてきた」

 ■反対派、多くは県外から

 ◆米軍が守った「環境」

 辺野古の街から浜辺に下りると、有刺鉄線が張られている。その向こう側が海兵隊の訓練基地だ。有刺鉄線には、普天間飛行場移設反対を訴える紙が幾重にも巻かれている。他県の団体の名前が多い。

 「反対している人の大半は、県外の人。辺野古の住民で反対しているのは指で数えられるぐらい」

 反対派はサンゴの絶滅など、環境問題を反対理由のひとつに挙げる。だが、金城さんは続けてこう言う。

 「米軍のおかげでサンゴが守られてきたともいえる。民間企業が造成したり開墾していたりしていたら赤土が海に流れ出し、サンゴや海藻類は絶滅していたでしょう。私有地がゴルフ場に造成され、流れ出した赤土でサンゴが絶滅したところはたくさんある。米軍が管理していたからサンゴは守られてきたんです」

 そしてこう付け加えた。

 「滑走路ができると被害を受けるかもしれないが、あくまでも一時的。ジュゴンが絶滅するという人もいるがそれも一時的な話だ。工事の後は反対にきれいになると思う」

 復帰前、10年間、キャンプ・シュワブでガードマンをしていた比嘉武さん(61)=仮名=も、「基地と関係ないところの住民が迷惑料として補償を求めているケースもある。8日の反対集会も辺野古の住民で参加したのは数人いるかどうかですよ」。

◆基地依存経済

 沖縄県では、基地内で働く日本人従業員の給与や土地を提供する地主の軍用地料、基地に所属する軍人や軍属とその家族らの消費活動などが大きな収入源で、その額は2115億円(平成18年)にも上っている。なかでも不労所得の軍用地料は700億円を超す。

 名護市も例外ではない。キャンプ・シュワブで年間約25億円、辺野古弾薬庫で約1億8千万円が、自治体や地主に支払われている。インタビューに応じた比嘉さんは年間83万円、タクシー運転手の伊波義男さん(58)=仮名=は70万円を得ている。住民の中には、軍用地を貸すだけで年間1千万円前後の収入を得る人もいるという。

 今回予定されている滑走路は海上のため、この軍用地料は発生しないが、辺野古への移転について、住民はどう考えているのか。

 金城さんも比嘉さんも、「滑走路ができると米兵が増えるから、飲食店なども増え、ベトナム戦争のころより活気を帯びるのは確実だ。われわれは、米軍基地とともに育ち、生活してきたから、普天間飛行場が移ってきても全く違和感はない」と歓迎する。

 もちろん、不安がないわけではない。伊波さんは、「騒音対策は着工時に決めてほしい。後々、騒音問題が起きるとやっかいだから」と話す。

 金城さんも、自身は賛成だが、住民投票をすれば賛成派と反対派は半々だとして、こう注文をつける。

 「辺野古に移設するのは決まったことだから、それでいい。ただ、一つお願いしたいのは、米軍基地での仕事。移設後は、辺野古の若者が優先して働けるように、政府に斡旋(あっせん)してほしい。はっきり賛成と言わない住民も、本音は活気が戻ればと考えている。政府が移設後の対応策を確約さえすれば100%近い住民は賛成する」

 独自の産業がない辺野古住民は、移設を生活するための手段ととらえ、早期決着を望んでいるのだ。

◆一刻も早い決断を

 鳩山由紀夫首相は先の衆院選で、辺野古への移設反対を訴えた民主党が大勝したことをとらえ、移設反対が沖縄県民の総意だと主張している。だが、民主党の勝利は自民党の敵失であって、移設問題は直接関係なかったとみる県政関係者が多い。首相が来年1月の名護市長選の結果を重視する姿勢にも反発が強い。

 ある長老の地方議員は、「鳩山政権は選挙の時、国外、県外を強調しておきながら、その意思を明確にしないばかりか、名護市長選で再度、県民に踏み絵を踏まそうとしている。早く補償問題などに話を進めるべきだ。県民大会は鳩山政権に決断を迫るのが目的だった」と本音を明かした。

 国防上の理由からも早期決着を求める声がある。

 元保守系国会議員は「日米同盟は辺野古移設を前提に成立している。中国だけでなく、朝鮮半島やインド洋対策で、沖縄の米軍基地は今まで以上に重要になっている。民主党政権は、東アジアにおける沖縄の役割は何かを明確にすべきだ」と警告する。

 (那覇支局 宮本雅史)

                       ◇

アップル中佐が名前を残した「アップルタウン」を基に、基地との交流による新しい町につくり構想を「辺野古地区HP」より一部抜粋して紹介する。

《辺野古は小さなまちです。地域の人だけではまちづくりに限界があります。
そのため、平成16年4月に開校された国立沖縄工業高等専門学校や基地、新たな企業の就業者との交流により、地域の生活環境の改善と活性化を図ろうとしています。

 まちづくり全体イメージ

アップルタウンの玄関口イメージ

アップルタウンの玄関口イメージ1 右矢印 アップルタウンの玄関口イメージ2

生まれ変わるアップルタウンの中央通り

生まれ変わるアップルタウンの中央通り1 右矢印 生まれ変わるアップルタウンの中央通り2

これを見れば、辺野古住民が基地容認どころか歓迎していることが分かる。辺野古にテントを張り、ジュゴンを守れと叫ぶグループが、いかに辺野古の民意とはかけ離れた連中であることもわかる。

同時に「辺野古に米軍基地は作らせません」と豪語する稲嶺市長が当事者である地元辺野古の民意を完全に踏みにじっていることもわかる。

辺野古住民の「小指の痛みは」切捨てなのか?

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祖国は中国!沖縄タイムスの... | トップ | 小指の痛み »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
知らない奴 (猪)
2010-05-01 10:33:13
何も知らない赤ん坊が一人でかき回して、一人で苦労して居る。苦労を売り物にしているだけで何も得るものは無い。
矢張り全てを周りの人の力でやってきた奴が、物事を決めることが出来ない、精神年齢も低いのですね。
県民大会参加者の声 (のび太)
2010-05-01 18:09:30
 先ほど県民大会に参加された方に様子を伺ったのですが、名護市のほうで用意されたバス3台で行かれたそうです。市の部長課長には動員の命令がかかっていて、誰彼かまわずに声がかかったとの事。その方は役所の友人から強く誘われたのでお付き合いで参加されたそうです。名護市民6万人の内、バス3台ですから動員にはけっこう苦労なさったはずです。本当の県民の声というのが、ますます判らなくなりました。意外に冷静に事態を見ている方が多いかもしれません。これは、保守・革新両方にとって我慢比べの時期だということでしょう。より良い情報交換と将来像の共有が図られれば、物事が良い方向に向うかもしれません。
Unknown (涼太)
2010-05-01 21:09:47
狼魔人様

例の、集団自決に関する11万県民大会(実際は2万人程度)にも、真っ先に抗議するはずの、渡嘉敷、座間味からの参加者はいなかったそうですね。
沖縄の極左反日新聞が伝える、何が何でも日本軍が悪いは、無かったと言えると思います。
同様に、地元極左反米新聞が伝える、何が何でも米軍は悪も、無いことが分かります。
むしろ多くの県民は、基地と共存共栄で、たくましく生きてきたことが分かります。浦添文藝が封殺されるように、このような県民の声はまったく報道されませんね。
家が2000ドルで建つ時代に一晩で3000ドルの売上は凄いですね。当時は確か1ドルが360円ですから、ドルの価値も高い。凄い経済効果です。
経済だけでなく、私が接した年配の方は、基地勤務で、技術を覚え独立した人達が多かったと思います。基地の仕事は、電気、機械、土木、建築と多岐にわたります。中には米軍仕様の英語で書かれた、図面を普通に理解する人もいました。
ベンツを乗り回し、オールドパーを飲んでいたと自慢する年配の方の話も、まんざらホラ話ではないかも知れないと最近思っています。
Unknown (涼太)
2010-05-01 21:22:35
狼魔人様

今でこそ日本人も多くの人が、アメリカの大学に留学しますが、沖縄では昭和の30年ぐらいから普通にアメリカの大学に留学していたと言います。アメリカ統治ですから、当然と言えば当然だし、凄いと言えば凄いです。その人達が沖縄のトップになる。
アメリカ経済に翳りが見え始めた頃、今度は世界経済をリードする日本に復帰する。不謹慎な言い方かも知れませんが、沖縄は恵まれていると思います。
え、次は中国ですか。それだけは止めたほうがいいでしょう。
のび太さん (okinawazin)
2010-05-01 22:28:57
ひさびさに、保守派のブログで保守
、革新と言う言葉を見ました
沖縄には右翼も左翼もあまり多くはいないと思います
細かく言うと、あきらかに右翼よりは左翼が多いかも?(笑)
しかし殆どの人が、保守、革新の範疇に収まると思います
今回の県民大会についても
「危険な普天間基地を、県外国外に移して貰いたい」
「普天間を県外国外に動かす事は、不安だ」
と言う、相手の考えも、それぞれ考慮して
沖縄にとって何が一番良いか
議論を深めて貰いたいです
のび太 (のび太)
2010-05-02 10:33:31
今朝、遠出ついでに名護東海岸をドライブしました。鳩山総理が来沖されるので、県道沿いに警官が一定距離お置いて立っていました。変な事故や事件が起こらないように願うばかりです。
okinawazin様、このブログは狼魔人様が所有するものですので、狼魔人様とのやりとりをなさってください。最低のエチケットだと思います。ご自分の主張はご自分のブログでなさってください。
のび太様 (okinawazin)
2010-05-02 18:20:59
狼魔人様の読者の悪口をコメントで書いたら
マナー違反かも知れませんが
のび太様が、偏ってないコメントを書いていたので、感心してコメントを書いたのですが
私のブログでは、ちょうど今、「海兵隊の常駐」について
賛成派、反対派で建設的な議論をしています
一度お越し下さい
左右が中傷合戦している時ではないと思いますよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
県民大会 (okinawazinの疑問)
いよいよ明日、4月25日(日)に 「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める県民大会」が 読谷村運動広場で開かれます。 県知事も参加することになり、沖縄の思いを日米両政府にぶつける大会にして貰いたいです。 個人的には、テニ...
5/2のつぶやき-大手メディアは在特会を報道出来ない。それが在日特権の存在の証 (ラサ#lhasaのブログ)
lhasa0619: 法的な話と道義的な話をごっちゃにするやつもいる lhasa0619: 鳩山内閣と民主党の区別ついてないやつがいるらしい lhasa0619: 小沢の韓国での講演も取り上げられない ←クリックしていただけるとうれしいです クリッ...