狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

テポドン2号、ハワイ周辺海域に照準

2006-07-08 14:05:16 | 普天間移設

 
北朝鮮からハワイまでの弾道。Hawaii
テポドン2の航路解析。



           

テポドン2号がハワイ沖に照準を合わせていたということが、産経新聞のスクープで判った。

これは「北朝鮮が虎の尾を踏んだ」ことを意味する。

ブッシュ大統領は「超えてはいけない線を越えた」と昨日のシカゴでの会見で述べた。

「リメンバー・・・・・・!」はアメリカの建国以来の得意のメッセージだ。

ブッシュの脳裏にはハワイと聞いて65年前の「リメンバー・パールハーバー」がよぎった事だろう。

ミサイルが米国領土を目標にしたことが明確になれば、米政府の対応にも影響を与えそうだ。


テポドン2号は5日早朝、北朝鮮北東部にあるミサイル基地から発射されたが日本海に着弾。

このため日米両政府は「失敗」とみている。

ハワイ沖を照準したという記事には大きな意味がある。

北朝鮮のミサイル射程距離が、沖縄やグアムまで範囲を拡大したため、米国の西太平洋における戦力はハワイに集約しようとしている。

北朝鮮はハワイも安全圏ではないと誇示する狙いがあったのであろう。

「米国を刺激しないために、わざと射程を短くして日本海に落下させた」と穿った意見を、したり顔で垂れ流す軍事専門家の意見はデタラメである。

日本の地図で見ると日本海北部やロシア領ナホトカ近海に着弾したミサイルの目標とは素人目には考え難い。

だが、上記の弾道航路解析図を見ると地球が丸いことが判る。

まさに目標はハワイだった事がわかる。

北朝鮮は次も発射するとほのめかしているが、発射されれば、今度はテポドン1号のように日本上空を越えて太平洋に落下するとみなければならない。

テポドン2号、ハワイ周辺海域に照準

≪米硬化、制裁決議へ圧力≫

北朝鮮が5日朝打ち上げた長距離弾道ミサイル「テポドン2号」は照準をハワイ周辺海域に合わせていたことが6日、分かった。複数の日米政府筋が明らかにした。北朝鮮の狙いが米国による金融制裁解除だったことが明確になったといえそうだ。一方、米国側は自国領域が狙われたことでさらに態度を硬化させ、国連安全保障理事会での経済制裁決議に向け、今後さらに国際的な圧力を強めていくとみられる。

 テポドン2号は5日午前4時59分、北朝鮮北東部の舞水端里(ムスダンリ)から発射され、約40秒で失速し、数百キロ先の日本海に着弾した。複数の日米政府筋によると、防衛庁と米軍は、イージス艦や弾道ミサイル追跡用電子偵察機「RC135S」などで収集したデータをもとに、テポドン2号の弾道を解析。発射直後の弾頭の傾斜角度や到達高度などから、照準をハワイ沖に合わせていたと断定した

 北朝鮮からハワイまでの距離は約7000キロ。これまでテポドン2号の射程は3500—6000キロとみられていたが、実際の射程はこれよりもかなり長い可能性が高まっている。

 北朝鮮がハワイ周辺海域を照準にした理由は明らかでないが、政府情報筋では、(1)米国が射程圏に入っていることを誇示したかった(2)ハワイには米海軍太平洋艦隊司令部がある(3)命中精度が低いので、アラスカ方面に向けて発射すれば誤って陸地に着弾する可能性もある—ことなどが有力とみている。(産経新聞 07/07 02:11)


http://www.globalsecurity.org/wmd/world/dprk/images/td2_sat-launch_ground-track.jpg
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和ボケがまだ覚めぬ沖縄メ... | トップ | 統計でウソをつく法 (2) ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

普天間移設」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL