狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

PTA代表と県教委がトラブル、質問状の受理をめぐって

2012-04-19 07:48:46 | 未分類

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

「慣習で教員に現金」 有志の会が公開質問状

 県立高校の「ゼロ校時」と呼ばれる早朝講座で、県教育委員会の承認を得ず保護者から教員に報酬が支払われている問題で、沖縄本島に在住する「県立高校保護者有志の会」のメンバー7人が18日、県教委に12項目の公開質問状を提出した。保護者から徴収した現金が「支給の基準、根拠も明確化されず、慣習で教職員へ手渡されてきた」として、今月末までに回答するよう求めた。


 公開質問状では「県は、ゼロ校時の廃止を検討しているのか」「教職員への手当支給を今後も禁止するのか」「教職員側から『手当が支給されないなら、ゼロ校時に協力しない』と声が上がっているが、県はどう対処するのか」などとただしている。
 八重山でも1校でゼロ校時が実施されている。


 同会によると、教職員の時間外勤務については、給与の4%を上乗せする「教職調整額」のほか、1・5%を上乗せする特別手当が支給されている。


 ゼロ校時は時間外勤務の扱いだが、同会メンバーで、那覇西高校PTA会長の手登根安則さんは「教員の給与には時間外手当が組み込まれているのに、保護者が報酬を支払っているとすると大きな問題になる」と指摘。


 全県立高校で過去10年間に保護者から教員に支払われた報酬は「概算で10億円を超える」との見方を示し「返還請求が出たら、県教委はどう対応するのか」と疑問視した。


 手登根さんによると、本島の県立高校では、進路指導費から教員に支払われている報酬総額が年間で4千万円に上る例もあるという。那覇西高では1700万円が支払われている。

                                ☆

少数のプロ市民の抗議活動は大きく報じるが、沖教組や県教委などの極悪複合体に抗議する保護者の活動は黙殺するのが「発狂3紙」のこれまでの報道姿勢だった。

だが現在問題になっている高校PTA会費流用の裏給与問題はイデオロギーには無関係の問題であり、子を持つ親なら誰でも関心のある普遍的問題である。

場合によっては刑事告発もありうるほどの全県民的重要問題である。

ところが発狂3紙は、高教組、県教委、高P連の癒着が発覚するのを恐れ、この問題には当たらず触らずの姿勢で、県民の記憶から消え去り、うやむやになるのを待つような報道姿勢である。

業を煮やした「県立高校保護者有志の会」の保護者7人が18日、質問状を携えて県庁を訪れた。

「有志の会」は県内マスコミが黙殺するのを予測し、事前に今回の県への質問は「公開質問」である旨通知の上公開質問状も送りつけてあった。

そのせいなのか一行が県庁に着いたときには既にマスコミのカメラが待ち受けていた。

対応に出た県側は、「マスコミが来るなんて聞いていない」という理由でマスコミを追い出しにかかったが、マスコミと保護者の抗議を受け撤回。 その間、保護者らは理由を告げられることなく10分以上待たされ、予想外のマスコミの取材に県側は動揺を隠しえなかった。

担当者は突然、室内ではなく廊下に保護者たちを押し出し、質問状を廊下で受け取ると申し出て、保護者らは一斉に反発。

担当者は「こんなに多くの方々が来るとは思わなかったので、廊下で受け取りたい、」
「そうでなければ、その後日を改めて来てください」と発言。

保護者らは、このような対応は余りにも不誠実であると抗議をしたところ、「少し待ってください」と、再度15分余り待たされた後小さな部屋に案内された。
そこは、倉庫のような部屋で、県の担当者が来庁した保護者と会話ができるような場所ではなかった。


結局、保護者3名、県の担当者2名で、全員立ったままという状況の中で、質問状の趣旨、内容を読み上げて質問状を手渡した。
回答期限は今月末とのこと。

有志の会によると、懇談で県との意志の疎通を図ろうと思っていたが、このような状況下では、会話することすら出来ないと判断し、県庁を後にしたとのこと。

 

さて、県庁を訪問した保護者代表にマスコミが取材に来たというだけで、県の担当者がこれほど動揺した理由は何か。

県庁内にマスコミの記者会見室もありマスコミは絶えず県庁内に出入りしているので、マスコミの取材は決して珍しいことではない。

先日県庁内で行われた「住民監査請求」の会場にも記者席が設けられていたし記者も取材していた。 だがマスコミがこれを報じなかっただけである。

だとしたらマスコミと県側の間には、県に不利な抗議団体に対しては取材しない、という暗黙の取り決めでもあるのか。

或いは今回の「裏給与」問題には、お仲間であるマスコミにも知られたくない深い闇があるとでもいうのか。

本来なら保護者の代表と県側が質問状の受け渡しに関し、一種のトラブルを起こしたわけだから。マスコミとしては絶好のネタになると思うのだが、果たせるかな本日の沖縄タイムスには一行の記載も無い。

一行の記載もないと思ったが、さすがの沖縄タイムスも、この重要問題をスルーするわけにはいかず、読み返してみたら25面[ひと・まち]という地味な面にひっそりと記載されていた。

全県民の関心事である県立高校のPTA会費流用の裏給与事件なら、当然社会面で報道と踏んだ筆者の予測を完全に裏切った。

そのため不覚にも見逃してしまったことをお詫びする。

ローカル面の[ひと・まち]に記載したのはやはり関心のある読者の目を避けての小細工なのか。

発狂新聞は地元紙としての本分を完全に放棄し極悪複合体の広報紙に成り果ててしまった。

「有志の会」によると沖縄タイムスにも「公開質問状」は事前に送付済みとのこと。

地元紙がその本分を忘れ、県民の知る権利を奪って恥とも思わない体たらくなので、発狂新聞に代わって当日記が「公開質問状」の全文を公開する。

平成24年4月18日

沖縄県教育委員会 
教育長 大城浩 様

県立高校保護者有志の会 一同

質問の趣旨

平成24年3月9日、国会にて明らかになった教職員の時間外授業への手当支給問題は、その後拡大し、沖縄県内の45校において、兼業の無届支給が判明しました。
生徒の学力向上の名の下、課外授業として行われてきたゼロ校時、放課後の課外授業及び宿泊学習、公休日の模擬試験等の実施するにあたり、教職員へ現金が手当てとして支払われ続けてきたことが明るみになりましたが、一般の保護者に、その全貌が明らかにされることが、今までなかったことは、遺憾の極みです。
また公職に就く者が、順法精神に反し、兼業の届出を怠っていたという事実は、大城教育長の掲げる5つのCにも反し、私たち保護者の信頼を大きく損ねることとなりました。
また私たちの校納金から支出される教職員への手当額が各高校で、ばらつきが出ていた現状は、教職員のやる気、教育のレベルが保護者の支出する金の額で変化するという状況を発生させていた可能性が高く、公教育の目的から大きく逸脱していたと考えています。
私たちは、今回の県教育庁の「保護者から報酬を受け取らないこと」という指導を高く評価しますが、「当面」という暫定的な文言では、次年度の予算編成が困難です。
また、今まで数十年に渡って違法な状況が放置されてきたことへの責任の所在も明らかにされておらず、また、手当てを保護者が負担するという部分について「保護者との合意」があったという学校側の説明では、きちんとした根拠さえ提示できない学校もあります。
この問題に対し、保護者の方々から数々の質問が寄せられておりますので、5月に迫るPTA総会の混乱を避けるために、どうしても県の回答が必要となっております。
一刻も早い保護者の不安解消のために、下記質問へのご回答と、保護者と大城教育長との早期な面談の申し入れを要望いたします。
なお、この質問状は公開質問状となっております、各高校が5月にPTA総会を控えておりますので、4月末迄に文書でのご回答をお願い申し上げます。

 


(1)公 開 質 問 状


1  県は、ゼロ校時の廃止を検討しているのかを明らかにされたい。

2  平成24年4月13日付「教県第20113号」県立学校団体徴収金等の適正な管理運営について(通知)の(1)記載事項は、団体徴収金から教職員への手当支給を今後も禁止するものとして理解してもよいのか。

3  なぜ学校側は手当てについての詳細を今まで保護者に明らかにしてこなかったのか。
  
4  教職調整額(本給の4%)及び特別手当(本給1,5%)でカバーされる教職員の勤務時間とは、どこまでと認識されているのか。

5  兼業の届出がなされないまま、数十年に渡って報酬を受け取ってきたことは、法に抵触すると思われるが、県の見解はどうなっているのか明らかにされたい。

6  各高校で課外授業に保護者から手当が支給されてきた現状を、県は把握していたか、把握していたのなら、どのような対策を採ってきたのかを明らかにされたい。

7  保護者から支払済みの手当ての返還請求が提起された場合、県はどう対応するのか。

8  教職員側から、「手当てが支給されないなら、ゼロ校時に協力しない」と声があがっているが、県はどう対処されるのか明らかにされたい。

9  沖縄の気候的条件を生かした、フレックスタイム等による始業時間の前倒しと、終業時間を早めることでの課外活動時間の増大、若しくは教職員の早期下校等の新たな授業形態の導入は可能なのか。
 
10 県は「兼業届」の提出を学校側に求めているが、これは課外授業への手当てを、保護者から徴収することの担保となっていないのかを明らかにされたい。

11 私たちが学校側から提出を求められている「覚書」に、課外授業開催の要請を記載することになっているが、他県の課外授業を行う高校でも、必ず保護者にこのような覚書の提出を求めているのかを明らかにされたい。

13 学校現場に民間の学習塾講師を招聘し、放課後講座等を開催しても問題はないのか。

(2)

沖縄県立高校保護者有志の会


   氏     名 (略)

※県立高校保護者有志の会とは、子供が県立高校に在籍、卒業に関わらず、教育に関心のある保護者が集まり、様々な提言や請願等を通じて、県内の教育環境の整備と沖縄県の子供たちの学力向上を目指し活動する会です。
OBが参加するのは、PTA活動の経験が豊富な保護者が参加することで、経験の浅いPTA役員の皆さんへ
的確な助言が出来ることが挙げられます。
この会は、沖縄の子供たちを皆で育もうという、原点に特化した会となります。
また、沖縄県高等学校PTA連合会のように、現職のPTA会長と校長で組織されるような厳格な参加資格は
ありませんので、多くの保護者、PTA活動経験者の皆さんが気軽に参加できると考えています。
政治活動や、特定の思想に偏った組織との連携は一切行いません。

         ☆                                 

人間、誰しも痛い所を突かれると動揺し、場合によっては逆上もする。

「有志の会」の対応に県側はマスコミが取材に来ていたことに動揺し「有志の会」とトラブルを起こした。

だが、翌日の新聞には一行の報道も無い。 その後、県側とマスコミとどのようなやり取りが会って「不都合な真実」を黙殺したのか。

高P連に関しては県教委も絡んで不透明な赤字補填問題が燻ったままになっている。

この問題に対する県教委、沖縄2紙、高P連の対応を見ていると「反戦平和は免罪符」という反日左翼の合言葉を連想する。

県内マスコミが、破廉恥ペンギン市長を告発するどころか、「不都合な真実」を隠蔽したのと同様に、

県内マスコミに事実解明を期待するのは不可能に近い。八重山教科書問題でも明らかだ。

事実の解明どころか事実の隠蔽に走る有様だ。

あとは保護者からの告発情報に期待するのと八重山日報の頑張りに期待するしかないのか。

沖縄県の浄化には極悪複合体の壊滅が必須である。

【付記】

RBCテレビが放映していたようなので、紹介しておく。

【動画】ゼロ校時問題で質問状(04/18 18:59)

04月18日 18:59

 県立高校で、課外授業の手当てとして教職員にPTA会費から現金が支払われていた問題で、保護者で作る団体が県教育庁に質問状を提出しました。
 県内の県立高校では、ゼロ校時と呼ばれる早朝の課外授業で指導に当たった教職員に対し、PTA会費から手当てが支給される事が慣習になっていますが、手当の支給が公務員の兼業規定違反にあたるなどの問題が指摘されています。
 この問題に対して、県立高校に通う生徒の保護者で作る団体が18日、県教育庁に質問状を提出してゼロ校時に関する認識や今後の対処方針などを明らかにするよう求めました。
 質問状を提出した保護者の一人は、「課外授業の効果は認識している。今後、お金は支払う、支払わないは別としてもこういった課外授業は継続してやってほしいと考えている」と話しています。
 県教育庁では、ゼロ校時が果たしてきた役割を踏まえたうえで、有識者などで組織する検討委員会を早急に立ち上げたいとしています。

 

 

■■沖縄女性塾 懇談会開催のお知らせ■■

 春たけなわ本州ではさくら前線が北上を続けれおります 皆様には益々御健勝御事と中心よりお喜び申し上げます

 さて四ヶ月ぶりの沖縄女性塾ですが、左記の如く開催致 しますので、皆様のご出席をお待ち申し上げております。

 日時: 四月二十二日(日)正午より昼食をとりながら

 場所: 沖縄県護国神社 社務所二階会議室

 会費: お弁当代 五〇〇円

   建て直そう日本・女性塾 幹事長  伊藤玲子

 お問合せ:090・9780・7272 ニシコリまで

 

 

■■第二回沖縄戦を考える集い 並びに

パンドラの箱掲載拒否訴訟七回口頭弁論のご案内■■

 

 上原正稔氏の戦いをご支持御支援賜ります皆様、第二回沖縄戦を考える集い 並びに第七回口頭弁論と報告会を左記の如く行いますので、多くの皆様の参加をお願い申し上げます。

          記

 ■第二回 沖縄戦を考える集い-裁判の報告と沖縄の再生-

 日時: 四月二十二日(日)午後二時 開演

 会場: 沖縄県護国神社 社務所大会議室

 参加費:無料

 

■第七回口頭弁論

  日時 :四月二十四日(火) 午前十時半より

  場所: 那覇地方裁判所

■報告会

  日時: 同日      午前十一時半より

  会場 :沖縄県護国神 社社務所内会議室

上原正稔を支援する三善会にご協力をお願いします。

 

--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【口座番号】記号:17010 口座番号:10347971
【名  義】サンゼンカイ.
--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【店  名】七〇八(読み:ナナゼロハチ)
【店  番】708
【口座番号】普通:1034797
【名  義】サンゼンカイ.

     ■  ■  ■  ■

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石原知事「日本人が日本の国... | トップ | 発狂新聞が錯乱!石原発言で »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2012-04-19 09:01:15
狼魔人様

過日のエントリーで、「軍人より怖い民間人」がありました。公務員と言うのはどこか威張っていますね。公共工事の発注、各種許認可の公権と私生活を混同しています。
でも今や情報化時代です。狭い社会で生きて世間知らずの公務員より、民間人の方がはるかに物事を知っています。
酔って女性に痴漢行為をはたらく公務員の不祥事も後を絶ちません。確かに一流大学を出てエリートかも知れませんが、視野は狭いですね。
前にも書きましたが、私の住んでいる町内会で、役員による不正流用問題があり、すったもんだの末全額弁償して貰いました。
今回のケースも同じですね。

追伸
パンドラの箱訴訟のカンパ金昨日振り込みました。濃密な共同体の呪縛で物言えない人たちも、自分達の代わりに上原さんが戦っていると思って、カンパに協力して欲しいですね。
「沖縄ノート」「鉄の暴風」などの本は発禁処分に追い込むべきです。私達の世代では極悪複合体も下手なことは書けませんが、10年後、20年後にまた嘘が復活するかも知れません。
マルチ商法なども世代が変わる度に被害が出ます。
Unknown (涼太)
2012-04-19 11:49:27
狼魔人様

過去にも自治体の不正経理は後が絶ちません。
ほとんどが関係者の処分、弁償で和解していますが、逮捕者が出たケースもあります。
ほとんどが税金、他人様のお金であり止められないのでしょう。どこかに特権意識があります。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%8F%E9%87%91
Unknown (涼太)
2012-04-19 11:55:03
狼魔人様

ウキの記述には

事実上の横領・背任行為、または詐欺行為である。

と記述しています。
出張に際し、全てに領収書の添付が要求される民間企業と比較し、遵法精神が緩いと言わざるを得ません。
膿の一掃 (無法者キラー)
2012-04-19 17:47:50

沖縄のヒトラーこと慶田盛竹富町教育庁のコンプライアンス無視に見られるように、県教育庁と沖教組、県P連は長年の腐れ縁で、法令無視をナーナーでやってきました。
本件はイデオロギーの問題を飛び越して公金横領疑惑も生じる刑事告発相当の案件です。

「有志の会」の皆様の勇気ある行動で、発狂新聞も無視できない状況に追い込まれています。
この際極悪複合体内部に沈溺した膿の一掃を期待したいです。
Unknown (◯◯◯)
2012-04-19 18:22:08
狼魔人様

私ごときが煽ったからというわけではもちろんないのでしょうが、コメ欄というある意味公の場で法を持ちだした責任として
この度の有志の会の皆様に敬意を表します。

この件を突破口にして極悪複合体の主力の沖縄教育界の壊滅を祈念させていただきます。

P.S. 犬HKでもストレートニュースをやったそうです、視聴者としてこの問題は県民一人ひとりが深く理解する問題だと考える、特集番組を組むべきだと申しました。
Unknown (とおる)
2012-04-19 19:46:33
琉球新報の社説は、所有権と地方自治体の自治権の違いを理解できない。

・石原氏尖閣発言 沖縄の自治権を侵すな/次世代の共生へ道筋を
 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-190205-storytopic-11.html
Unknown (◯◯◯)
2012-04-19 20:46:51
途中から見てただけですが、さっきBSフジで尖閣購入問題やってました。

ウジだからなぁ、とあまり期待してなかったのですが、好意的に伝えてて発狂新聞とは一線を画してましたね。

覚えてるのは
・今回の石原閣下の発言は政府の外交日程などを計算し尽くしたベストのタイミング。
・石垣市はこれに対し国保有を決議したが、これは今までの筋論を決議しただけで議会答弁を見ると東京都の所有を否定しているわけではない。
・むしろ国が保有すると今と何も変わらないというリスクもあるのではないか。
・石垣市は漁業、例えば高級魚のマグロ漁を中心とした漁業を経済の柱の一つにしたいという構想を持っている。
・その為に避難港として尖閣諸島の整備をしたい。
・これは石垣市のみならず竹富町・与那国町をはじめとする八重山経済圏を作りたいという壮大な構想。
・台湾とは民民で漁業関係者を中心に漁業協定を結ぼうと今まさに交渉をしている。
・課題は乱獲の防止、漁業権の確定。
・台湾は非公式には漁業権さえ確立できたら尖閣の領有権を放棄しても良いと明言している。
・支那との関係では、そもそもの支那の尖閣に対する主張は
台湾が尖閣は台湾が領有権を主張している→台湾は支那のものなので尖閣も支那のもの
というものなので、台湾がハシゴを外したら支那の主張は崩れる。
・もちろん国が責任を持って八重山を守る体制は必要。
というものでした。

このシナリオどうりに進むのかどうなのかは私にはわからないですが、ペンギン市長には絶対に思いもつかない夢のあるお話だと感じました。

八重山の未来を中山市長に託した石垣市民の選択は間違いがなかったようですね、八重山の未来に幸あれ!!
Unknown (越来の兼M性Co)
2012-04-20 02:34:48
聞くところによると琉球新報には、“いつもの”御用「識者」として、新崎盛暉なる沖大「名誉」「教授」がコメントしていたとのこと。

この「名誉」「教授」、「ダッカ事件」という日本赤軍による旅客機ハイジャック事件で超法規的釈放された、今の天皇・皇后両陛下御夫妻に対し、ひめゆりの塔でスタバのホット・コーヒーならぬ「モロトフ・カクテル」をぶちまけたテロ事件の主犯の書いた、自己弁護も甚だしい著書のあとがきで、自分はそのテロ事件の主犯の知り合いだと公言しているヤカラです。

ちなみにそのあとがきでは、現在名護市議会に市議として潜り込み、議会を占拠しているテロ事件の共犯とも知り合いと公言しており、ひめゆりの塔でのテロ事件について、機会があれば語り合いたいそうです(笑)。


話は新報でのコメントに戻りますが、この人、石原都知事の尖閣購入を、何の根拠も無しに「政治利用」などとおっしゃってます。


…「市民」団体が、ジュゴンやノグチゲラを、不法占拠や違法駐車車両の車列による通行妨害を正当化する口実に「利用」するのはよろしいんでしょうかね(笑)。
Unknown (越来の兼M性Co)
2012-04-20 02:49:17
続きまして、新報のアンケートのお話。

このアンケートで西原町長、「八重山に軍事拠点をつくろうとする国防の動きが背景にあるのではないか」、などとおっしゃってますね。

相変わらずの、陰謀説ですか…。


西原町といえば、こちらの過去の記事にあった、このようなフラー女子大生の1人の出身地でもありますね~(笑)。

・国連で先住民認定を語る愚か者、 沖国大生の2人
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/80c27f6506ee0a13063d945502257e1f

ちなみにこのフラー女子大生、高校時代は世界大会で金賞も受賞したマーチング・バンド部のご出身とのことですが、その部活で培ったマーチングのテクニックを、下にご紹介するサヨクのデモ行進で活かしてるということです(笑)。

・8・14ヤスクニ・キャンドル行動2010が成功http://www.jrcl.net/frame100823b.html
新聞を拝見 (新報購読者)
2012-04-20 08:09:23
昨日、琉球新報と沖縄タイクス両紙を拝読しました。
新報はまさに囲み記事程度で、泡瀬干潟のハマグリ記事と比較すると、悲しいくらいの小さな扱い。
タイムスのほうは、目立たない「ひと・まち」欄にひっそりと佇んでおりました。
この問題は、全県的な社会問題かと思いますが、余りにも扱いが小さすぎます。
社会的影響と、公開質問状であることを鑑みれば、質問状全文を掲載してもいいのではと思います。
また、県は検討委員会を立ち上げるとのことですが、保護者側代表として、県教委、高教組と結託している高P連だけではなく、この「有志の会」のメンバーも参加させたらいかがかと。
まさかいつも紙面を賑わす「識者」の左巻大学狂授らが、面を揃えるのでは?
そうなったら、もみ消しのための出来レースとなることが目に見えてきます。
そうそう (新報購読者)
2012-04-20 08:17:59
両紙とも、質問状の受け渡しで生じたトラブルについては、1行の記載もありません。
これでは、県はきちんとした対応をしたと誤解されます。
それにしても、最初は廊下で受け取ろうとし、次には倉庫で受け取りとは、余りにも保護者をバカにし過ぎでは。
これが教育行政?
いったいどこの方向を向いているんだか。
Unknown (東子)
2012-04-20 10:37:12
新聞では知りえない情報をありがとうございます。
本音は質問状を受け取りなかったですね(爆)


>5月に迫るPTA総会の混乱を避けるために
、どうしても県の回答が必要となっております
>この質問状は公開質問状となっております
>各高校が5月にPTA総会を控えておりますので、4月末迄に文書でのご回答をお願い申し上げます。

公開質問状になさったこと。
回答期限を区切ったこと。
それも短い期間にしたこと。
拍手喝采です。
回答が楽しみです。
Unknown (進路研修部員)
2012-04-20 17:01:09
高等学校PTA連合会は、いったい何をしているんでしょう?
動きが全く見えません。
総会を前にバタバタしてる私たちのこと知っているんでしょうか。
危機意識の大きさが、有志の会の皆さんとは、まったく違います。
わが校の会長のところに、アンケート用紙が回ってきていましたが、まさか、アンケートだけで、全体の方針を決めるつもりでしょうか。
そうならば、高P連なんて要りません。
教育委員会に責任を! (ptairanai)
2012-04-24 20:17:22
PTA会費からの裏給与ですが
税務署へ確定申告しなければいけない
所得なはずですね。

所得を隠していたとしたら
脱税案件ですが、税務署はこの問題スルー
するのかな。

結局教育委員会関連の不祥事は
隠蔽、誰も処分ナシで担当者が
代わりうやむやにされそうで
腹立たしいの一言です!!!こちら
東京都江東区も同じような教育委員会の
対応です。全国津々浦々似たりよったり
ではないのでしょうか。
教育委員会という役所は!!(怒)
回答が来たようです。 (進路研修部)
2012-05-01 17:52:14
公開質問状への回答が、メールで回ってきました。
回答が、有志の会、会員の個人宅へ「FAX」で送られてきたようです。
それも、教育長名ではなく、担当者の個人名で送られてきたようです。
どうして? ちょっと考えられません。
内容を転載します。

「貴殿より提出された公開質問状の内容は、全国の情報を収集し、かつ十分に検討をしていかなければならない旨の質問も多いことから、現状での回答は困難である。」
平成24年4月27日  長●雅●

※役職、所属無しの個人名のため伏字にします。

※原本が入手できるか聞いてみます。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「人権」というイデオロギー (日本の狂った反日スポーツライターたち)
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。↓のエントリー(青文字部分をク