狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

米国は脅威!中朝は親しみ!

2012-04-04 07:01:52 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

「戦場にさせないぞ」=市民団体が抗議-沖縄
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201204/2012040300799&rel=j&g=soc 


 地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)の装備品一式を搭載した民間フェリーが入港した沖縄県浦添市の那覇港浦添埠頭(ふとう)では3日午後、市民団体や労働組合のメンバーら約50人が集まり、配備に反対する抗議活動をした。
 午後4時すぎ、PAC3を積んだ貨物船が港に接岸。船に積まれた装備品が次々と車両で陸揚げされた。
 埠頭内に入って作業の様子を遠巻きに見ていたメンバーらは、横断幕を掲げ「沖縄を戦場にさせないぞ」「PAC3配備反対」と搬入に合わせ、一斉に声を上げていた。
 一方、宮古島市の平良港にある下崎埠頭にも同日夕、海上自衛隊の輸送艦からPAC3の装備品が運び込まれた。反対する市民ら約70人が集まり、埠頭の入り口で「宮古を軍事の島にしないで」と訴えていた。
(時事通信2012/04/03-20:35)

 

            ☆

今朝の沖縄タイムスの見出し案内

■一面トップ

PAC3本当・宮古到着

北朝鮮「衛星」迎撃用

石垣で自衛官200人宿営

■三面トップ

「衛星」防災無線で伝達

国「万が一に備える」

■社会面トップ

≪備え先行 島緊張≫

石垣で自衛隊展開

PAC3 敢行影響懸念の声も

宮古では抗議集会

■第二社会面トップ

≪軍事の影「怖い」≫

港出入り規制 58号移動

配備着々 市民不安げ

 

★社説抜粋

PAC3沖縄配備 政府のとるべき道は・・・

<北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射実験とみられる「人工衛星」をめぐって、きな臭い動きが続いている。>

<北朝鮮はこれまで一度も、「長距離弾道ミサイルの発射実験」と入っていない。地球を周回する観測衛星「光明星3号」を運搬ロケット「銀河3号」で打ち上げるーというのが公式発表だ。>

<北朝鮮の「衛星打ち上げ=事実上のミサイル発射」に対しては、多くの県民が不安を抱いている。 と同時に、PAC3の配備に対しても、心穏やかでない気持ちを抱いている。 このままだと、日米一体化となった軍事要塞化が進むのではないか、との懸念が強い。 沖縄におけるこれ以上の軍備強化は沖縄のためにならない。 それは負担軽減の流れに逆行するだけでなく、標的になる不安を高める。>

              

沖縄タイムスの対米軍観、対中・朝感は伊波洋一元宜野湾市長と同じである。

「米国は脅威だが、中朝には親しみを感じる」(伊波洋一氏)

沖縄タイムスが大見出しや社説を駆使して読者に言いたいことは次のようなこと。

 

「北朝鮮が観測衛星と言っているのだから素直に信じましょう」

「米国の扇動に乗ってPAC3など配備して日米同盟を強化するのは止めなさい」

「信じる者は救われる」

 

【おまけ】

八重山教科書問題では、「証拠捏造」までして張り切っていたQABテレビ。

裁判が原告の仮処分却下などで不利になってきたら、お得意の沈黙を守ったまま。(笑)

その鬱憤を晴らすように一部のプロ市民の反対をレポートする記者。

自分の声で興奮しているのでは。

 

 

QABテレビ 2012年4月3日 18時34分

 

【動画あり】hPAC3配備 抗議の声の中 那覇に到着

PAC3の配備がちゃくちゃくと進んでいます。PAC3を積んだ民間のコンテナ船が3日午後、那覇港に接岸しました。

市民団体が配備反対の声を上げるなか、コンテナは自衛隊の那覇基地と南城市の知念分屯地に向かいました。

石垣市には3日朝、民間の貨物船で自衛隊のトラック8台が運び込まれました。

一方、国は3日午後、県や市町村の防災関係者などを集め北朝鮮が衛星と称するミサイルを発射した際の連絡体制などについて説明しました。

今回は、エムネットと呼ばれるシステムで官邸から直接緊急情報を伝達、また、市町村の防災無線などを自動的に立ち上げるシステムを使って国民に情報提供するとしています。また防衛省は連絡要員として、陸上自衛隊の隊員を多良間村に派遣することも明らかにしました。[

 

 

【追記】13:20

石垣市民よりのコメントの紹介です。

       ☆

昨日、石垣島地方、爽やかな南風が吹いている、と書きましたが、
昨日の午後から夜間にかけ、本土各地に春の嵐が吹き荒れ、各地で
相当な被害との報道に接しました。
被災地の方々にお見舞い申し上げます。

4月4日(水)、カレンダーより

塀の向こう側にあるりんごがいちばんうまい
(G・ハーバート 1593~1633 イギリスの詩人、神学者)

う~んと考え込む、
「塀の向こう側にあるりんご」は、なぜ「いちばんうまい」か?
りんごの木は、どちら側にあるのか?

詩人は芸術家で、しかも神学者の言葉。簡単に理解できそうですが、
考えれば考えるほど難しいですね。

詩人の中には、意識的に難しい言葉並べ、相手が理解できないのを喜び自惚れる、
そういった捻くれた偏屈者もいますね。ここ八重山にも。

ところで、「塀」っていうと、隣との境界ですね。国でいえば国境ですね。
「塀の向こう側」って、お隣の敷地、国と国どおしでいえば、国境を超えた
他国の領土、領海ですね。そこにある「りんご」が「いちばんうまい」
ウッ、ウー。いや、飛躍した考えかもしれない。???

孫娘と言葉遊び。

隣の芝生はよく見える→よく見えるは、隣の花とりんご→隣の花とりんごは赤い、
→赤い国、○国、北○○→○国は「○○○○」欲しい→守りは必要→守るは国民
→国民守るは自衛隊→いちばんうまいりんご、食べさせない!!

【昨日の続きの追記】
八重山毎日新聞の3年前過去記事から、長くなりますが引用です。

時代の変化、3年で堪えられないほどですから、歴史には到底堪えられない、
ついていけないでしょう。左偏向化石脳の思考停止状態がよく分りますね。

な、な、なんと、前大浜長照市長、「非常事態宣言」を発布す!!とあります。

2011.3.11の東日本大震災でわが国にいち早く駆けつけ、仙台空港の復興など、
災害救助の足がかりとなった在日米軍の「トモダチ作戦」、そして、将来の
在日米軍が果たす役割を見据えずに、その掃海艦2隻の寄航に「非常事態宣言」を
発布するとは、とんでもない判断ですね。将来的思考はなく、過去思考に停止して
市民をミスリードする判断の誤りがあります。

「戦争反対、平和賛成」の過去思考停止の化石左偏向脳と言われる者らに共通の
典型的行動パターンです。新聞の「不連続線」コラムの筆者、前市長とお友達、
同様な思考停止パターンの典型であることが分ります。今もコラム書いてますね。
過去思考停止のままでは将来の時代変化に堪えられない証明です。

・・・・・・八重山毎日新聞過去記事の引用・・・・・・

http://www.y-mainichi.co.jp/news/13354/
★4月4日2009
米掃海艦2隻が反対押し切り入港 メア総領事らも強行上陸
反対住民とにらいみ合い 怒号、悲鳴で一時騒然

在日米海軍は3日午前、佐世保基地(長崎県)所属の掃海艦
「パトリオット」(1369トン、乗組員85人)「ガーディアン」(同)を石垣港に入港させた。
仲井真弘多県知事の自粛申し入れと大浜長照市長の反対を押し切る形で
「休養と親善・友好」を目的に強行した。ケビン・メア在沖米国総領事と両掃海艦の艦長が上陸後、
埠頭ゲートから出ようとしたが、反対住民らの阻止で5時間近く立ち往生。
最後は警察官の誘導を受けながら徒歩で強行突破を試み、反対住民が激しく抵抗したが、
力づくで押しのけて埠頭外に出た。その際、現場は怒号や悲鳴に包まれ、騒然となった。

 大浜長照市長は同日午後、「強行的に実施された寄港に強い怒りを覚える」と
抗議声明を出し、「無用な不安と混乱を与える形での友好交流はありえず、
一方的な押しつけ。寄港中は石垣市にとって非常事態と言える状況にある」と
“非常事態宣言”を行った。

 埠頭内で会見したメア総領事は、港湾管理者である市長が同意しないまま
入港したことについて「日本政府から寄港については安全保障上、権利をもらっている。
法律上もまったく問題ない。歓迎する人もいっぱいいる」と主張。
パトリオット艦長のロバート・シュウ少佐は「今回の寄港は日本と東アジア全体に対する
アメリカのプレゼンスを示している」と述べ、安全保障上の通常の寄港と強調した。

 掃海艦はこの日、「米軍は帰れ」「米軍の横暴は許さない」などとシュプレヒコールが
響くなか、パトリオットが午前8時20分ごろ接岸、約1時間後に続けてガーディアンが
パトリオットに横付けされた。

 メア総領事とシュウ少佐、ガーディアン艦長のセオドア・エッセンフェルド少佐らが
車両3台で第2ゲートを出ようとしたが、反対する市民の抵抗に遭い、
長時間のにらみ合いのあと徒歩で突破した。

 乗組員は上陸後、観光や食事などをする予定だったが、この日は抗議団の阻止で
フェンス外に出ることができないまま艦内で過ごした。

 両掃海艦は5日正午に出港予定。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/13362/
八重山毎日新聞、3年前の過去記事「不連続線」より
4月6日2009
地元住民らの強い反対を押し切って、3日石垣港に戦後初めて入港を強行した
米軍艦2隻は、小さな島で今は平和に暮らす高齢の人々に60余年前のあの悲惨な
戦争の悪夢をまざまざとよみがえらせ、市民の間にも大きな波紋を残して5日石垣を離れた
▼それにしても07年の与那国への強行入港といい、日米安保を盾に、沖縄県民に刺激的で
不愉快な発言や強権を振りかざすメア在沖米総領事に“キャラウエイ旋風”と呼ばれ、
1961年から64年まで沖縄を強権で支配したキャラウエイ高等弁務官を重ねた人もいるだろう
▼今回の寄港では、大浜石垣市長がいつになく強い姿勢で反対運動の先頭に立った
▼これに来年の5期目の市長選を意識したパフォーマンスと冷めた見方をする人もいる。
しかしこれが革新首長としては当然のあるべき姿だろう▼キャラウエイの強権支配は、
皮肉にも当時の本土復帰運動に逆に赤々と火をつけ、親米政党を弱体化させた。
今回の米艦船強行も、来年の市長選に向けて革新勢力の勢いを強め、保守陣営には
迷惑な状況になったかもしれない▼メア総領事は今回も「寄港を歓迎する人もいる」と言った。
しかし実際は県政与党でさえ批判的だ。日米安保の前に沖縄の平和の声は届きにくい。
それでも絶えず声を上げ続ける必要がある。(上地義男)

・・・・・・引用終わり・・・・・


石垣島読者より

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石垣市民の恥さらし!世にも... | トップ | 希代の大嘘つきが、PAC3... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タマ)
2012-04-04 10:21:51
琉球新報も同じように発狂してますね。ざっと読むだけで物々しい雰囲気・平和団体が抗議・迎撃は不可能(識者談)・軍備増強だ・軍備強化への地ならしだ、と内容は様々(?)です。
沖大名誉教授の新崎盛暉氏が言うには衛星を打ち上げてる国はたくさんあるのになぜ北朝鮮の時だけ騒ぐのか、日本が衛星打ち上げる時には他の国の上空を通過しないのか?だそうです・・・

あ、あと「あの」うつろな目の少女のコメントが写真付きで大きく記事で出てました。
Unknown (涼太)
2012-04-04 11:29:46
狼魔人様

2009年にも衛星とか言いながら、太平洋に落下しました。
日本海に打ち込んだ事もあります。
そんな国の言う事を信用するほうがどうかしています。
北朝鮮の意図は、何時でも周辺国に核を打ち込めるとの恫喝です。
日本は、そんなもの打ち落とすとの意思表示を明確にすべききです。
反対派はキチガイ! (Unknown)
2012-04-04 12:02:58
呆れて開いた口が塞がりません。
ミサイルが反対派の家に堕ちればイイのにっ!
その前に北朝鮮の方は反対派の家に土足で侵入して下さい。
まぁ、狂った考えの方に何を言っても解らないでしょうが!
虹色 (宜野湾より)
2012-04-04 12:45:00
輸送艦「おおすみ」は宮古島へ向けて厳かに呉を出港したそうです。
沖縄からは運動家さんはどなたも行かなかったのですね。
広島のお仲間が抗議はしたらしいです。
FAXで。
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=20120402153109647_ja

呉には国防を担って暮らす民間人もたくさんいらっしゃるので、運動家さん方はそこへ湧いて出るのは心が折れることでしょう。

今日のエントリーにある時事ドットコムの記事写真に見えるレインボーのPEACE旗。
沖縄タイムスの記事写真にはレインボーの横断幕。
これを見て、日本の面影  うぃすぱー・ぼいす さんを思い出しました。
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=324

レインボー・カラーを使って「弱者」として「強者」を差別、支配したい人たちがいる。
ただただ虹を美しいと思う人には迷惑なこと。
沖縄の、全国の新大学生の皆さん。
入学おめでとう。
春は変態左翼が新兵をリクルートする季節です。
サークルの勧誘とか、綺麗なもの、耳触りのいいフレーズでやって来ます。
観察眼と勘をお忘れなく。
おかしいと気づけば (RSV4R)
2012-04-04 12:52:51
狼魔人様

数年前のミサイル騒動時にラジオで結構有名な
DJの方がPac3を必要無いとかなぜ配置するのか等のコメントしてました。
常識的な方であればミサイルが落ちたり破片が落ちたりしたら大変な事で、まして「拉致」をした国ですから、「万が一」に備える事は誰にでも解る事でした。私はそれがきっかけで「何かおかしいぞ」と色々と調べ、狼魔人様のブログも毎日見る様になり現在に至っております。

発狂新聞が色々と訳の分からない事を書いており腹が立ちますが、この機会に「おかしい!」と気づく方が大勢いらっしゃればと思います。
追伸 (宜野湾より)
2012-04-04 13:46:44
例によってドサクサに紛れてこちらもありますので、
お心ある方々よろしくお願いします。
http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-207.html
NHKでは (やまだ)
2012-04-04 15:51:49
ちなみにNHKの全国ニュースでは反対派の抗議デモは全く取り上げられませんでした。
Unknown (S里E利)
2012-04-04 17:29:32
昨日のNHK沖縄のニュースによると、記事中の抗議活動に栄野川活(43)なる沖縄市の教員が参加していたとのこと。

たぶん勤務時間中にもかかわらず、なぜ教員がこのような活動に参加できるのかと思いますが、この栄野川活なる人物、実は…、

沖教組み中頭支部の執行副委員長だそうです。


ちなみにこいつ、他に泡瀬干潟埋め立て反対にも協力してるそうです。
宮古島から (太平山)
2012-04-04 18:59:24
狼魔人様、皆様

宮古島からの報告です。私も仕事を終え、急遽、下崎埠頭へ輸送艦「おおすみ」を観に行きました。暗灰色の船体で艦首に4001の番号がくっきりと読み取れました。大きいですね。
ここ、平良港には伊良部大橋架橋のため日本でNo.2の大型クレーン船も碇泊していますので、2船並んだツーショットはなかなか壮大なものがあります。

これまでの、ニュースで市民は今か今かと待ちかまえていたようで、老若男女、見物客が絶えませんでした。私が着いた時間は午後6時半でしたが、既に二百人程度が来ていてそれでも後から後からと見物客がやってきます。テトラポットに上って見学する人も多数いました。当然ながら、本土からと思われるマスコミ報道陣も多く見られました。

彼等はいい撮影場所を見物客に取られまいと必死な様でした。「まさか見物客がこんなに多いとは」と思ったことでしょう。私も宮古人の野次馬根性には脱帽です。

構内には入れませんので、金網越しからの見物です。警備は厳重で至るところにパトカーが見え、また海上では海上保安庁の巡視艇1隻、警察の海上警備艇が1隻遊弋していました。物々しい雰囲気が嫌でも伝わってきます。

既に15台の車両が降ろされていましたが、本命のパトリオットがなかなか見えません。外は風が強く、冷えるため薄着の人はイライラしていました。まるで大スターを待つかのように今か今かと「おおすみ」の開いた船体を注視しています。

しばらくすると、構内にいた一人の自衛官が私達の方へ歩いて来ました。「これはヤバイ!追い出される」と直感的に思いました。NHKの朝ドラモードで「コラッ!ここは撮影禁止だ!トットと帰れ!」と怒鳴られるかと思いきや、「ニコッ!」と笑って報道陣に話しかけてきました。報道陣も最初は驚いたかもしれませんが、流石はプロ、いろいろと彼の自衛官に質問していました。色白で小顔で若いハンサムな自衛官でしたので米人のようにも見えました。腕章に「統」の字がありましたので統括官の事だろうかといろいろと思量しました。それにしても自衛官は紳士だなと感心するばかりです。
鎧袖一触 (太平山)
2012-04-04 19:12:09

さて、ジェントルマンの自衛官に対して、反戦ヤクザ団体の事ですが、私が着いた時は既に解散していて、その片割れが10人程残っていました。報道陣に何人ほど来ていたかと問うと5~60人程との答えが返ってきました。

どうせまたお馴染みのメンバーでしょうと返しましたが、大半がヒマ人の自治労職員とヒマなおばさん達です。数人を除いて殆どが形式的にやっているのが見え見えですので、バツが悪くて早く帰ったでしょう。見物人はそんなもの誰も見向きはしません。殆どの人が「プリムヌ ヌ キャーヤ」(狂人達)と批判していました。

かれこれ1時間半近く待ちましたが、一向にパトリオットが現れません、これは機密保持のため夜中になるのではと思って帰る事にしました。時間もなく寒くもありましたので。

私は前の投稿で沖縄のパトリオット配備に反対の旨を書きましたが、それは偏に自衛隊に無駄金を使わせたくないということ、北朝鮮に翻弄されるなということで反対しました。同じ反対でも、反戦ヤクザとは全然意が違います。

「おおすみ」と迎撃装備、そしてテキパキと任務を遂行する自衛官達を見ると本当に感謝するばかりです。と同時に「そんなに気を遣わなくても、もったいない」という思いも湧き上がって来ます。東北の被災者達、また、きたる中国の尖閣侵攻のことを考えれば、宮古島だけが安全を享受するわけにはいかない、それに備えてくれとの思いも強いのです。

しかし、迎撃態勢に粛々と勤しむ姿を見ると「頼むぞ!領海内に囚われず必ず北朝鮮ミサイルを撃墜してくれと」願うようになりました。かつての帝国海軍はアメリカ海軍、イギリス海軍を鎧袖一触で葬る力がありました。今は昔日の面影少なく、チンピラヤクザ国家、北朝鮮、韓国に舐められている状況にあります。

取るに足らない北朝鮮ですが鎧袖一触、見事撃墜して往年の力を見せつけて欲しいと願っています。
Unknown (涼太)
2012-04-04 21:51:53
太平山様

実況中継ありがとうございます。
沖縄紙の発狂報道とは随分様子が違いますね。

>>殆どの人が「プリムヌ ヌ キャーヤ」(狂人達)と批判していました。

国民の正直な気持ちでしょう。
もしミサイルが軌道を間違えて、沖縄方面に向かったとき、パトリオットで打ち落とすことが出来れば、北朝鮮もそのバックにいるであろう中国も震え上がると思います。恫喝外交が通用しないことになりますから。
普段は温厚な農耕民族が怒ったときの怖さを一番分かっているのは他ならぬ特亜です。

私の行く居酒屋にも自衛隊の方が良く来ますが、本当に清潔で気持ちの良い青年達です。
東北から帰った隊員もいますが、業務の話は一切しませんね。
Unknown (宜野湾より)
2012-04-04 22:34:26
太平山様

宮古島の様子を知りたいと思っておりました。寒い中をありがとうございます。
「おおすみ」も島の皆さんの様子も私の期待通りのようで、嬉しく頼もしいです。

石垣島に向かう輸送艦「くにさき」も「おおすみ」の時と同様、見送られて粛々と呉を出港したようです。
両艦を護衛する潜水艦もいたことでしょう。

私も大切なミサイルを使わずに済めばそれがいちばんだと思っております。どこに置くかまで報道されていますが、これらの配備と洋上展開を支那に見せる意義はあると思います。
支那の潜水艦も来るでしょうから、なんならコーヒー大臣は海上警備行動を発令したらいいかと。
また、レーダー周波数などを探りに支那や露西亜の電子偵察機も日本領空に入ってくるかもしれません。
陸・海・空3軍の皆さんにはどうかよろしく頼みます、の気持ちです。
もちろん海上保安庁と警察の皆さんにも。

カメムシが見えたり軍靴の音が聞こえちゃう人は、支那の艦船航空機にも症状が出るのでしょうか。
もし、はずれたら、、、? (義挙人)
2012-04-05 08:45:16
おはようございます。
涼太様へ

逆に、パトリオットで、もし、もしですよ、打ち落とせなかった場合は、、彼ら、バカサヨクは大笑いするのかな、、、?  するでしょうね。

彼らは、沖縄県民の命の事は、頭に無いですから、、、。
Unknown (◯◯◯)
2012-04-05 09:37:32
義挙人様

撃ち落せないと判断(これは予定どおり台湾・フィリピン周辺に落ちると判断する場合も含みます)すればそもそも撃たないという判断もありますし、それは太平山様や宜野湾より様がご懸念されておられるようにもったいないという視点もですが、宜野湾より様がご懸念されておられるような手の内を見せないという目的もあります。
支那畜にデータ解析ができるのかどうかは不明ですが、露助は間違いなくデータ解析できるはずですが、そもそもデータを与えなければ解析もしようがありませんのでそういう判断もアリかと存じます。
兵器にはそれぞれ出来ることとできないことがあるので、洋上のイージス艦からの最新のSM3と言えども射程というものがあり、地上からのPAC3も10Km程度の射程しかありません。
そしてどちらも百発百中というわけではありません。
北鮮のミサイルが無事?海に落ちればそれはそれでいいのかと思いますが、まぁ今回の自衛隊の配備はもちろん万が一の事態に備え、日本国民を守るということと、北鮮のミサイル技術がどこまで進んでるのかいないのかの情報収集の二面あると思います。
もちろん支那畜も露助も飴も北鮮・日本両方の技術がどの程度なのか見極めていると思います。もちろん北鮮のミサイルを買おうかなと思ってる第三国もいるでしょう。そういう意味ではこれも情報戦という戦争なのですね。
アホの真紀夫に任せるのは甚だ心もとない所ではございますが、現場の自衛官様はこのような込み入った情報を瞬時に判断し、迎撃するかしないかを判断するわけですね。

私が主張したいのはその万が一ということですが、ミサイルが予定通りの軌道を取らず(もしかするとそれが予定通りなのかもしれませんが、そういうことは優秀な自衛官様が解析していただけると思います)、しかも撃ち漏らすという最悪の事態は有り得ますということです、義挙人様のご懸念もそういうところに有るのかなと思っています。
もちろん私もそんな事態を望んでいるわけではございませんが、自衛官の皆様が最善を尽くしても万が一の事態は有り得ますので、私は当狼魔人日記の読者の皆様におかれましては物的・人的被害が出た場合に、極悪複合体の悪辣な工作に騙されて自衛隊非難に転向するなどとは有り得ないとは思ってはいますが、可能性は低いですが、一応の心構えはしていただきたく存じます。
Unknown (義挙人)
2012-04-05 11:49:26
○○○様 コメヘンありがとうございます。
あなた様の仰せの通り、万が一の事態があった場合のことが心配です。、そうなると今以上に極悪複合体の自衛隊非難の餌になりそうで、、、。

自衛隊隊員皆様の実力を信じています。
那覇から (Unknown)
2012-04-06 01:19:42
昨日の琉球朝日放送のステーションQの三上智恵アナのコメントには憤り極まりなかったです!
PAC3配備を自衛隊が演習に利用しているとコメントしました!
一瞬我が耳を疑いました。
真っ赤な左翼の人は沖縄県民の命なんてどうでもイイと言っている事です。

因みに三上智恵アナのツイッターを読むと、もっとキチガイだという事が解ります!!!
ある巡洋艦のこと(1) (太平山)
2012-04-09 18:24:21

先日、海上自衛隊の輸送艦おおすみの勇姿を目の当たりにしたのだが、その際、私はある事に思いを馳せた。宮古島に大型軍艦が寄港するのは昭和19年以来実に68年ぶりではなかろうかと。大東亜戦争期、最後に寄港したのは帝国海軍のある巡洋艦であった。満州からの関東軍を昭和19年7月に輸送してきたのである。

1970年代に発刊された「宮古島戦記」に、ある一枚の写真がある。その写真には「先遣隊を迎える宮崎師団長その右陸路参謀、沖合は先遣隊を輸送した巡洋艦『昭和19年7月』」との説明が印されていた。

巡洋艦の名は無く写真の艦影も小さく不鮮明だったので、艦名の判断しようがなかったが、艦船好きの私はこのまま捨てておくには惜しく調べてみようと思い立った。しかし宮古島戦記、沖縄戦記、他の戦記、記録を読んでも手がかりがつかめず、特定するのが困難だった。1970年代後半の頃である。

そんな折、司馬遼太郎のエッセイ集「歴史のなかの日本」の「後世への義務―池田清著『重巡・摩耶』の記録」を読み、その本なら自分も持っていると、奥から捜し出して読んだ。
しかしその時は宮古島寄港の件は何も考えなかったし、それに関しての記述も本のどこにもなかった。

読後、巻末の艦誌を何げなく眺めていたが、そこに「昭和19年7月23日中城湾出石垣島へ関東軍を揚陸後マニラニ向ウ」の文字を見つけたのである。アッ!と驚くとともに「これだ!」と直感し、ようやく尋ね求めていた艦に出会えたと額に本を押し当てた。

「そうか摩耶だったのか」と摩耶であればなおさら嬉しいと、喜びが倍加するとともにその後摩耶に関心を抱くようになった。私の大好きな高雄型重巡洋艦の3番艦でそれは高雄、愛宕、摩耶、鳥海と続く。高雄型重巡洋艦は現在のイージス艦のモデルになったとも言われている。

宮古島戦記には次のように記されている。

       「一部は軍艦で急派」

<大本営では宮古島の護りを急ぎ強化するため派遣部隊の一部を軍艦で輸送した。すなわち山砲第二十八連隊主力は七月二十日巡洋艦「鹿島」で釜山発、八月十二日宮古島着、又歩兵第三十連隊主力も巡洋艦で七月二十五日到着している。>

去年、宮古島に駐屯した本土の元兵士の手記を読む機会を得たが、その中に「マヤ」で宮古島に渡ったことが記されていた。歩兵第三十連隊の方かと満腔の思いでその手記を読んだものである。

ある巡洋艦のこと(2) (太平山)
2012-04-09 18:29:10

輸送艦おおすみを観て摩耶の大きさを推量しようとしたが、共にデーター不足でそれが叶わない、去年観た豪華客船「日本丸」とおおすみの長さは同等のように思えた。調べて明朝また来ようと埠頭を後にしたが、翌朝未明にはすでにおおすみは出港していた。一抹の淋しさと哀しさ、切なさを感じたがそれは巨大化する中国海軍のことが脳裡にあったせいかもしれない。

摩耶が宮古島に寄港したのは敗色濃い昭和19年の夏である。来たるレイテ決戦に備えるためマニラそしてリンガ泊地に向かう途中に宮古島、石垣島に寄ったものである。当時もおおすみと同様、一泊もせず慌ただしく出港したのではあるまいか。

摩耶は昭和十九年十月二十三日、レイテ決戦に向かう途中パラワン水道で米潜水艦の4本の魚雷を受け旗艦愛宕と共に沈没する。雷撃を受けてからわずかに数分、轟沈に近かった。

司馬遼太郎氏はそのエッセイの中で池田清著「重巡・摩耶」について、次のように述べている。

>軍艦というものに対して、かつてどこの国の国民もそのように感じたはずだが、単なる機械ではなく、一個の人格的存在として尊敬と愛情を受けていた。さらには「摩耶」なら「摩耶」というものの誕生には人間の誕生と匹敵するドラマがあり、その生涯はいかなる軍艦でもそれなりの劇的なものをもっており、その最期は機械が海底に沈むというようなものではなく、もっとも劇的な人物の生涯がそこで終わったといったふうな巨(おおき)さがある。

池田氏は「摩耶」というものの生涯をいかにもこの人らしく人文科学的な態度で淡々ととらえているが、読みおわったときの気持ちは、すぐれた伝記を読んだときの読後感に似ていた。(略)言いきることがゆるされるとすれば、氏の余暇の仕事ではなく、政治学者としての著作物としての範囲に入れていい重量を十分に持っている。軍艦「摩耶」の生涯は薄命ではあったが、よき伝記作者をもったという意味で、他の軍艦たちよりも幸運を得たというべきであろう。<

                 以上

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL